(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにプールに行って泳いだら、200m行かないで上腕三頭筋と鳥口腕筋が破壊、筋肉痛ぱない

2009/06/14 02:26|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週はSQ週だけに波乱も懸念されたが、終わってみれば今まで以上に強い相場
となった。」

M「ああ。日経平均殆ど下げることはなく、着実にSQへ向け上げていったと言える。
今週のほぼ高値で週末を迎える結果となった。」

T「SQ値が高くなりすぎて懸念もされが、取りあえず昨日の後場にはSQ値を超えて
おり幻のSQ値は消滅した。これは結構大きいだろう。」

M「ああ。終値ではSQ値超えられなかったが、一時的にも超えたことは確かに心理
的に大きいだろう。」

T「4月も5月もSQ日付近がその月のほぼ高値になっていただけに、今月もそうなる
懸念も警戒されたが、この調子だと来週更に上値目指すという期待もありそうだ。」

M「節目の1万円でも達成感でない動きを続けられるならば、確かにその期待は強
い。10500円程度までは訳ないだろう。テクニカル的な過熱感は確かにあるものの、
勢い付いた相場はテクニカルなど無視出来るからな。」

T「だよな。それに最近は実需の買いも徐々に見られてきたというのが大きいよな
。」

M「ああ。空売りの買い戻しや、短期資金中心の相場だったと言えるが、これだけ
強い動きを続けると、実需も買わざるを得なくなる。もちろん本気で買い向かうに
はまだ早いが取りあえず打診的にも買わないわけにはいかない。その手の買いが見
られており確かに良い流れになっている。」

T「それに何と言っても個人投資家だろう。ここに来て続々と市場に戻ってきてい
る。昨日の楽天証券では入金件数急増にともない、朝のシステム再開時間が遅延と
いう自体になったようだ。忘れてしまったパスワードなどの問い合わせも殺到して
いるようだ。」

M「ようは凍結口座が復活してきているということだな。一時は市場から去り株も
やめた個人投資家が、ここ最近の強い上昇続きの相場を見て持たざるリスクを感じ
始めた。それで続々と市場に帰ってきている。」

T「当然、楽天証券だけでなく、他の証券会社へも顧客復活という状況になってい
ると思われ、証券株が最近買われているのも頷ける。」

M「既に下値では買っている個人投資家には利食いの動きも目立っているが、新た
な個人投資家の資金が日々市場に入っていることを考えれば、その利食いも十分こ
なせてしまう。今の強い相場はまさにその動きなんだろう。」

T「確かに投資主体別売買動向を見ると、個人投資家の現金による売買は売り越し
が続いている。もっと株価が安い場面では個人投資家の現金による売買は買い越し
だったため、早くも利食いに動いてきた向きも多いことが伺える。」

M「まあ長期のつもりで買っても、短期間にこれだけ上げりゃ利食いもしたくなる
からな。ただその資金は市場から無くなる訳じゃない。押し目では再度買い直そう
と思っている向きが殆どだ。それだけに近いうちにそれらの資金も買いに転じる。」

T「確かに信用取引での買い越しが目立っており短期資金中心との見方は多いが、
結局下げりゃ中長期資金が買うことになるだけに、そうそう下げない状況になって
きたといえるかもな。」

M「押し目を待っている投資家は非常に多い。それだけに押し目待ちに押し目無し
と言う状況になる可能性もあるだろうな。」

T「しかしこのテクニカル的な過熱感バリバリの状況で上値を買い向かうのも勇気
がいるぞ。」

M「確かに。中長期投資家は無理に上値を追う必要は無いだろう。いずれは本格調
整は来るんだ。それを待つのが妥当だろう。まあ多くの投資家は、それを待てずに
結局上値を買い向かってしまい高値掴みと言うことになるんだが・・・。」

T「良くあるパターンだ。耐えて耐えて耐えられず上値を買うが、見事な高値掴み
ということが・・・。」

M「ああ。最終的に上値買うなら、逆に耐えない方が良い。即上値買ってしまって
はどうだろうか。下手に耐えるから更に上値で買うことになる。耐えずに迷わず上
値を買う。」

T「それもどうかと思うが・・。」

M「当然上値を買う以上、高値掴みとなる可能性は常に秘めている。ただそれを恐
れ下手に耐えるなら、とことん耐えるべきだ。過熱感乏しい別の銘柄を探すという
のも良いだろう。」

T「そうだよな。もしくは調整するまで短期で細かく回しておくとかな。」

M「超短期ならば高値だろうが比較的に買いやすい。逆に高値の銘柄の方が超短期
で狙いやすい事も多い。既に動意付いているだけに投資家の注目も集まっていて短
期資金も集まりやすいからな。超短期で派手に上げる期待もある。下手に上値にシ
コリが多い銘柄よりは高値圏の銘柄の方が超短期に向いていると言えるだろう。」

T「あとはリスク管理だな。ようはロスカットをしっかりと出来るかどうか・・。
これは超短期投資ならば必須の事だ。」

M「超短期投資じゃなくても大切なことだ。ただ長期投資は超短期投資ほど機敏に
行う必要はない。逆に目先の上げ下げなど気にしない方が良いことも多い。基本的
に長期より短期の方がリスクを大きく取ってはいけない。期待できる利益が全く違
うからな。それに合わせてリスク許容度も変える必要がある。」

T「そうだな。短期で期待できる利益には限界がある。それだけにリスクもそれに
合わせて限定する必要がある。期待できない利益以上にリスクを取るのは博打と
一緒だ。」

M「ああ。つまり短期投資なのか長期投資なのかによってロスカットするべき位置
が変わってくると言うことだ。短期投資の場合、大きな損切りしてしまうと短期で
取り返す事が困難になる。小さい損切りならば、取り返すことも出来るが・・。」

T「結局、そうなると損切りせず、長期投資に切り替える人も多いよな。切り替え
るというより、気付いたら長期間も保有続けているなんて人も多い。」

M「ああ。超短期投資のつもりで買ったんだが、下げてしまいどんどん含み損膨ら
んで売るに売れず、気が付いたら数ヶ月も保有している。まあ個人投資家には良く
あることだ。」

T「それじゃ効率も良くないし、その銘柄が買値以上に戻るかどうかも微妙なこと
も多い。そもそも超短期で狙うような場面は高値圏ということも多く、長期で仕込
む場面ではないことが多いからな。」

M「それに銘柄自体も長期で期待出来る銘柄なのか、そうでないのかも買うときは
基本的に考慮していない。当然だよな。超短期のつもりで買っているんだから。」

T「まあ今の相場など個別的にも随分と過熱感強い銘柄も多いため、こういう事に
陥らないよう十分気をつけるべきだろう。」

M「環境関連株などそのような状況になっている銘柄も多いからな。特に環境とい
うテーマ株はタチが悪い。将来的に確かに期待できるテーマだけに、ついつい含み
損に耐えてしまう投資家も多そうだ。終いには長期で持てば戻すと期待する。実際
期待できそうだしな。」

T「ああ。でも投資効率考えれば例えいずれ戻したとしても、一相場終わってまで
保有続けるより、とっとと投げ、再度相場始まってから買い直す方が余程効率良い
だろう。その方がリスクも少ないだろうし・・。」

M「当然のことだ。ただロスカットに抵抗を感じる個人投資家も結構多い。例え数
万円でも損切りは抵抗あるらしい。損切りしなければ損じゃないなんて事を言う人
もいる。まあ投資に対する考え方は自由だけどな。」

T「あとはその人にもよるだろう。例えば含み損が幾ら膨らんでも経済的にも精神
的にも全く悪影響無いならば、別に放置でも構わないかもな。ただ経済的にも精神
的にも含み損が悪影響を与えるならば、絶対にロスカットしてしまった方が良い。」

M「そうだな。その後も売買にも悪影響を及ぼすからな。基本的には経済的にも精
神的もきつくなるまで含み損膨らましてはダメだけどな。そうなる前にロスカット
しておく必要がある。」

T「まあせっかく久しぶりに株式市場に帰ってくる人は、早期退場とならないよう
十分気をつけて欲しいモンだ。」

M「ああ。そうだな。来週以降の強い相場が続くことに期待したし、実際期待でき
そうだが、警戒は怠ってはいけない。」

T「だな。米国市場が上値重くなってきているのが心配だしな。まあ来週どういう
展開となるのか楽しみだ。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。