(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.10【反発、1万円大台乗せ試す】

2009/06/10 11:06|未分類CM:0
昨日までの下げはなんだったのかと
SQ前の水曜日は上にどんどん買われる
踏み上げの展開
SQの狙いは1万円かな

後場、高値引けで1万円直前
世界同時株高くる?
株が上がればみんな幸せ
景気も良くなって
給料も増えて
みんな気持ちが明るくなって
良い事づくしだぜ
ただ、昨日のソフトバンク3万数千株返してくれたらもっと幸せだけど

昼休み中シルバーオックスが売り禁10倍適用に
まあそうは二匹目のどじょうはないだろ
売り方は相当買い戻してそう


株式オープニングコメント 2009年06月10日08時12分
押し目は中長期スタンスでの仕込み場、仕手系は深追い禁物

 9日のNY市場はまちまち。ダウ平均は1.43ドル安の8763.06、ナスダックは17.73
ポイント高の1860.13で取引を終了した。テキサス・インスツルメンツの業績予想の
上方修正が好感される一方で、消費関連に売りが目立ち、終日上値の重い展開とな
った。また、金融大手10社のTARP(不良資産救済プログラム)資金返済が認められた
ものの、反応は鈍い。セクター別では、半導体・同製造装置や素材が上昇する一方
で食品・飲料・タバコや家庭用品・パーソナル用品が軟調。シカゴ225先物清算値は
ドル建てが大証比35円高の9815円、円建ては同40円高の9820円。ADRの日本株は
富士フイルム、ブリヂストン、コマツ、日電産、京セラ、トヨタ、ホンダなど対東
証比較(1ドル97.41円換算)で全般小じっかり。
 テキサス・インスツルメンツの上方修正を受けてハイテクセクターのリバウンド
が期待されるほか、原油価格の70ドル乗せなど商品相場の上昇から資源・素材関連
の押し目買いが期待されよう。昨日の段階で先行していた景気敏感セクターや次世
代エネルギー関連の中核銘柄へは一先ず利益確定の流れが強まってきており上値追
いは慎重だろうが、押し目買いは入りやすい。また、米金融大手10社のTARP返済に
より金融システム正常化への見方も次第に強まってくると考えられ、金融セクター
の動向も引き続き注目したいところ。内閣府が発表した4月の景気動向指数は、一致
指数が11ヶ月ぶりに改善。日銀は来週の金融政策決定会合で現状判断を上方修正す
ることを検討する。生産に持ち直しがみられてきているが、雇用情勢の改善がみら
れないため先行きの慎重姿勢は強調しているが、それ故に株式需給にとってはロン
グに傾きづらく、ショートカバーを交えての好需給相場が続くことになろう。目先
調整一服感が強まリ出した感はあるが、この押し目は中長期スタンスでの仕込み場
となる可能性はあろう。ショートポジションの積み上げは避けたいところである。
また、ここ直近で仕手系色の強い低位材料株での値幅取り狙いの商いが活発化して
いるが、あくまでの仕手系という思惑が材料となっている銘柄が少なくない状況で
ある。資金回転の速い銘柄群であり、深追いは禁物である。

株式ランチタイムコメント 2009年06月10日11時25分
トレードに一巡感が出てしまう可能性も

 日経平均は反発。98.31円高の9885.13円(出来高概算12億株)で前場の取引を終
えている。原油価格の70ドル乗せなど商品相場の上昇から資源・素材関連のリバウ
ンドが強まっている。また、クレディ・スイス、ドイツ証券などによる海運セクタ
ーへの強気見通しを受けて海運株が全面高に。目先調整ムードが強まりつつあった
次世代エネルギー関連への見直しも強まり、東証1部の値上り数は全体の7割を超え
ている。一方、仕手系色の強い低位材料株の資金シフトは速く、値を消す銘柄も目
立っている。セクターでは海運のほか非鉄、商社など資源・素材系のほか、証券、
銀行、ノンバンクなど金融関連がしっかり。225先物は先物・オプションSQを前に
動きづらいところであり高止まりをみせていたが、前引けにかけて9900円を捉えて
きている。
 225先物は9900円を捉えてきた。この価格帯では短期筋の利食いも出ている状況で
あり、これを吸収してカバーが強まるというよりは、トレードに一巡感が出てしま
う可能性はありそうだ。また、9900円を吸収させて踏み上げを狙う動きが強まるよ
うだと、短期的にはロングに傾く可能性はあり、その後のポジション調整の売りに
つながることも考えられる。現物についても直近の調整での押し目狙いの流れとな
ると、一段高を狙うよりは利益確定を強めてくることも考えられる。先行していた
仕手株は資金の逃げ足が速く、流れとしてはさらに出遅れているか、低位である
か、をキーワードに短期資金が向かう格好になりそうである。

株式クロージングコメント 2009年06月10日16時29分
1万円到達で達成感は出ないとみておきたい

 先物主導で後場一段高となり、日経平均は1万円大台に迫っている。ただ、先物市
場が幾度か1万円にタッチするものの、現物は9991.49円とあと一歩届かず、瞬間を
待ち構えていたTV局など報道関係者にとっては残念な結果であった。多くの参加
者が1万円乗せを認識していたため、接近する過程では利益確定の動きを出しやすい
ところであろう。景況感の改善傾向がみられるものの、依然として雇用情勢が悪化
している状況下では利益確定も当然の流れ。1万円乗せで目先的な達成感が強まり、
その後の調整過程で仕手系色の強い低位材料株などでの幕間つなぎといった循環物
色が期待されていたが、これもここ数日間でこなしてしまった。大台回復となれば
心理的にも達成感を強めやすい。ただ、1万円接近で利益確定に動くということはロ
ングのポジションは減少し、ショートのポジションが積み上がるということ。
 また、信託銀、生・損保各社の年度末想定日経平均株価は7500-9000円であり、3
ヶ月もかからずに達成している状況である。実際、投資主体別動向では信託銀は4月
以降売り越しが続いており、5月4週で買い越したが、先物合算では売り越し。生・
損保については4月3週以降、売り越しが続いている。これまでの上昇過程で売り上
がりを行っていた格好であり、大台接近でこの売り圧力は低下することが考えられ
る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9991.49 +204.67
TOPIX937.01 +18.77
東証2部指数2137.24 +23.98
日経ジャスダック平均1149.22 +9.00
マザーズ指数402.67 +6.12
ヘラクレス指数634.41 +13.07
東証1部出来高28.25億株
東証1部騰落レシオ135.32%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は方向感乏しい揉み合い。結局ダウは小幅安でナスダックは小幅
高で引けている。ただ為替が円高進行して返ってきており、今朝発表された機械
受注は予測を下ブレ。しかし日経平均は買い優勢で始まり寄り後もしっかりの展
開。商品市況の上昇を受け非鉄、エネルギー関連株が強い。後場もしっかりの展
開。先物にまとまった買い見られており、先物は一時1万円を付ける場面も。しか
し日経平均は1万円付けられず。その後やや垂れるも大引けに再度買われて日経平
均高値引け。日経先物の主な買い越し証券はGS、クレディスイス、UBS、日興シテ
ィ、ひまわり、SBI、大和、楽天、三菱UFJ、野村、ニューエッジ。売り越しはJP
モルガン、BNPパリバ、モルガンS、カブコム、岡三、安藤、水戸、バークレイズ、
松井、藍澤、トレイダーズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3231野村不動産HD 1819円 +78
一時1900円まで買われる場面も。今日は全体的に不動産株が堅調となっている。
不動産株は年初からの上昇率が他と比べ出遅れ感あるとの見方もあるようだ。ま
た同社は昨日引け後に公募価格決定したと発表。公募価格決定後は良く買われる
パターンが多いことも追い風になっている。ちなみに来週月曜日から水曜日のど
れかに公募価格決定を予定している8316三井住友FGは今日年初来高値を更新して
いる。それだけに公募価格決定日へ向け売り込まれる場面出てくるとの見方も・
・。

9104商船三井 691円 +36
ここに来てバルチック海運指数は連日下落となっているものの、今日は海運株が
総じて高い。地合の影響もあるが、クレディスイスが大手海運3社の投資判断を最
上位に格上げし、ドイツも日本郵船、商船三井株の投資判断を最上位に引き上げ
たことが要因。先週にはメリルが大手海運3社の投資判断を格下げしたことを機に
手仕舞い売り優勢な展開続いていただけに、クレディスイスとドイツによる格上
げには素直に好感する動きに・・。ただ見方も大きく分かれていると言うことだ
けに積極的には買いにくいとの声も少なくない。ちなみに大和は9101日本郵船を
格下げしている。

6506安川電機 645円 +9
前場は売られる場面もあったが、後場は切り返す動きに。引き続き先日報じられ
たマツダへの水素ハイブリッド車向け駆動装置の供給を始めたという材料を好感
されているようだ。またクレディスイスがこれに関してレポートを出しており追
い風になっている模様。中長期的な成長の道筋が見えてきたと・・。またこの材
料は株価に十分に織り込まれていないとも指摘している。高値圏だけに上値追い
にくいが、押し目買い狙っている向き多いだけに上げずとも底堅い動きは続きそ
うだと見る向き多い。

9984ソフトバンク 1934円 +96
昨日同社は、米アップル社の新型iPhoneを26日から国内で発売すると発表した。
これを好感する買いが入っているようだ。昨日には久しぶりに年初来高値を更新
しただけに、回転が利き始めており狙いやすさもある模様。上げれば短期資金も
集まりやすい銘柄なだけに値幅妙味も出てくる事が多い。ここまで来れば節目の
2000円を取りあえずは目指す動きになりそうだと・・・。本日の日経平均寄与度
はファーストリテイリングに次いで2位となっている。

4321ケネディクス 43700円 +4000
ザラバ寄らずのストップ高。最近は不動産ファンド株戻り基調が続いていたが、
ここに来て加速気味に上げてきている。今日は日興Cのレポートが刺激になってい
るようだ。投資判断は最上位を継続し目標株価を49100円まで引き上げている。同
社株に刺激をうけ他の不動産ファンド株もストップ高まで買われている銘柄目立
っている。いずれもテクニカル的な過熱感強く、日興Cの目標株価が既に射程圏な
だけに、今週が取りあえずのピークになりそうだと見る向き多い。

===============
◆◇6/11(木)の主な予定!◇◆
===============
1-3月GDP改定値(8:50)
5月オフィス空室状況(11:00)
学情、ロックフィールド、オハラ、フルスピード、ACCESS、ウインテスト、
三井ハイテック、Drシーラボ、ケネディクスRなど決算発表
中国5月貿易統計
中国1-5月都市部固定資産投資(11:00)
米新規失業保険申請件数(21:30)
米5月小売売上高(21:30)
6月10日(水)

H「日経平均は大幅反発となった。ついに1万円目前だ。先物はザラバ1万円にタッチする場面もあったしな。」

K「強引のようにも思えるが、買い意欲の旺盛さが、ここまで上昇させたとも言えるだろう。当然SQを睨んだ先物売買が結構入っているんだが、今の買い気の多さだと下げるより上げる方が楽だろうな。」

H「ああ。日経平均1万円射程圏に入ってきただけに、オプションのコールを売っていた向きがヘッジのための先物買いを入れてきたようだ。」

K「昨晩の米国市場は方向感乏しい揉み合いでダウは小幅に反落となった。しかもドル円相場は円高進行して返ってきている。更に言えば、今朝発表された機械受注は市場予測を大きく下回りネガティブ材料になった。でも株価は強く上げた。」

H「もはや理屈じゃないだろう。それだけ買い気満々ということもあるし、やっぱりSQの思惑なんだろうな。」

K「ただ中国本土や香港市場も随分と強いからな。アジア株高の流れとも言えなくもない。」

H「商品市況が昨晩は上昇したことも大きいようだな。特にWTI原油相場が終値で1バレル70ドル台に乗せてきたのが大きいようだ。」

K「そうだな。それによって石油、石炭、鉱業はもちろん、商社まで買い材料になる。更に非鉄も上げているだけに素材株が総じて買われた。」

H「それに今日は海運株が久しぶりに買われたのが大きい。これは外資の格上げが要因だ。」

K「ドイツとクレディスイスが大手海運株を格上げしたようだな。しかし何故このタイミングで外資2社が海運株を格上げしたのか?単なる偶然か??」

H「どうだろうな。いずれにしろ株価を上げたい向きは多いようだ。それがSQ目的なのか、それとももっと長い目で見ているのか・・・。」

K「SQだろ・・明らかに。ここに来て日経平均寄与度の大きなソフトバンクやファーストリテイリングが直近高値を抜いてきていることからも、明らかにSQに絡んだ意図がある。」

H「ただ単純にSQだけが目的と言うわけでもないだろう。買い気が強いのはSQ関係無いことだし、商品市況の強さも当然SQには関係ないだろうしな。」

K「もちろんそうだ。それらの状況を上手く利用して望みのSQ値に出来るだけ近づけたいと言うことだろうな。それだけにSQ通過後も強い相場が続くという可能性は当然ある。ただSQ通過後はSQに絡んだ売買が無くなるだけに、エネルギー不足となりやすいが・・。」

H「それでも下げない買い気が続くかどうかだな。あとは商品市況の強さが続くかどうか・・。」

K「そうだな。昨晩GSがユーロドルの買いを推奨した。つまりドル安になるとの見解だ。また米3年債入札は問題なく消化し、前日に浮上した早期利上げ懸念は後退している。それだけに暫くドル安の流れが続く懸念はある。」

H「まあそうなるとドル円が円高進行する懸念に繋がるわけだな。」

K「ただそうなっても基本的にはユーロ円は円安進行するだけに、言うほど懸念視されない可能性はあるけどな。」

H「それよりも問題は長期金利だろう。米国では10年債、30年債の入札を控えており無事通過出来るかどうか・・・。」

K「そうだな。結局今の日本市場の強さも短期資金が中心と言えるだけに、悪材料次第ではガラッと投資家心理が変わる懸念がある。取りあえず今朝の機械受注の悪さは無視だったけどな。」

H「ただ国内指標に関してはもともと期待もされていなければ注目度も最近は低い。それよりも今はSQやアジア市場、米国市場などの方が投資家の関心が高いようだ。」

K「そうかもな。とにかくSQ通過後の動きだろう・・大事なのは。今はSQに絡んだ動きもあるだけにあまり信用は出来ない。」

H「そうだな。」

K「ただ流れ的には悪くはないだろう。出遅れ気味だった金融株がここに来て買われてきている事からも上手い具合に循環物色の動きとなっている。これで今後、まだまだ出遅れ強い小売りなど内需株にも物色資金回ってくるようだと更に良い流れとなるんだが・・。」

H「こんなに堅調な相場がいつまでも続くようだと良いんだが。」

K「確かに・・・。大した押し目も作らないような強い相場続くようだと投資家は持たざるリスクを感じ始める。まあ既に感じ始めている向きも多そうだが。そうなると過熱感など無視してどんどん上値を追うようになり、株価は更に加速して上昇していくことになる。」

H「でもそうなればなるほど、その後の反動的な調整が待っているといえるだろ。」

K「ああ。ただそういう動きが相場の面白いところでもあるからな。理屈通り素直に動かないのもまた面白い。」

H「そういうことだ。理屈通りに動かない事が多い相場の動向を予測して投資する。それもまた相場の醍醐味だな。」

K「ああ。とにかく明日、日経平均が1万円奪取出来るかどうか注目したい。」
2009.6.10先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。