(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.2【利益確定売り圧力強まるも5日続伸】

2009/06/02 11:24|未分類CM:0
ジョルトカウンター
やっとGM決着
去年の秋からずっとつぶれるつぶれると言われてやっと
何ヶ月もかけて織り込んできたんで
NYは上昇
とっとと再建してくだせい
5月のISM製造業景況指数が良かったんで
ドル買い戻しで円安に

昨日まで上げてた銘柄は早速利確売りですかそうですか
その中今日も鉄は何でか強いのは?
レーティングでも上げた?
逆に昨日まで警戒されてた車が上昇

後場
すっげー利確売り
ここ最近では一番地合いが悪いんじゃね?ってくらい売られたな

引けで色々と拾ってみたけど
NYがふつーで戻ってくればGUだと思うんだが


株式オープニングコメント 2009年06月02日08時11分
自動車へはショートカバー、目先的には達成感も

 1日のNY市場は大幅上昇。ダウ平均は221.11ドル高の8721.44、ナスダックは
54.35ポイント高の1828.68で取引を終了した。4月個人所得や5月ISM製造業景気指数
など予想を上回る経済指標の発表を受けて朝方から上昇して始まった。GMの破綻
は織り込み済みで、むしろ早期再建への期待感から好感する向きが多い。原油や商
品価格の上昇も手伝って、終日堅調推移となった。セクター別では、自動車・自動
車部品や小売が上昇する一方で銀行や電気通信サービスが軟調。シカゴ225先物清算
値はドル建てが大証比135円高の9825円、円建ては同125円高の9815円。ADRの日
本株は富士フイルム、ブリヂストン、コマツ、日電産、パナソニック、ソニー、京
セラ、トヨタ、ホンダ、三井住友、三菱商など対東証比較(1ドル96.56円換算)で
全般堅調。
 GMの再建スピードに今後の注目が向かうことになり、経済への影響などに対す
る警戒感はくすぶることになる。ただ、本日のところは自動車関連セクターへの悪
材料出尽くしとの見方からショートカバーが強まりやすいであろう。国際優良株主
導によって日経平均はシカゴ先物水準にさや寄せする展開となりそうだ。これによ
り目先抵抗とされていた週足の一目均衡表の雲下限は確実に上放れる格好となり、
市場のムードは次第にリーマン・ショックでの急落分の吸収を意識することになり
そうだ。このところ上昇が目立つ資源系のセクターについても、ゴールドマン・サ
ックスによるUSスチールの格上げが追い風になろう。
 ただ、ショートカバー中心の上昇であり、好需給相場が続くとみられるが、目先
的には達成感も強まりやすい。週末の米雇用統計を控えていることも積極的にはな
りづらいところ。ボリンジャーバンドのプラス2σは9777円処に位置しており、これ
を大きく上放れるというよりは2σレベルでの攻防とみておきたい。週足の2σは1万円
を超えていることもあり、過熱を抑えながらの上昇が期待される。そのほか、、今
来週辺りに「MSCI新興市場指数」に含まれる韓国を「MSCI先進国指数」に組入れる
かの発表が予定されている。韓国が先進国指数に組入れとなれば、日本の比率低下
による売り圧力への可能性が指摘されている。

株式ランチタイムコメント 2009年06月02日11時35分
ショートに傾きやすい需給相場継続

 日経平均は5営業日続伸。86.39円高の9764.14円(出来高概算13億2000万株)で前
場の取引を終えている。米GMの破産法申請といった最大のヤマ場を越えたこと
で、悪材料出尽くし感からショートカバー優勢の展開となった。自動車など輸出関
連が指数をけん引する格好となり、日経平均は一時9793.47円まで上げ幅を広げてい
る。また、商品市況の上昇が続いているほか、ゴールドマン・サックスによるUS
スチールの格上げが刺激材料となり、鉄鋼、商社、非鉄など資源・素材関連が堅
調。米中の景況感の改善期待から機械セクターなどもリバウンドを強めている。た
だ、目先的な過熱感が強まりやすいレベルであり、GM破たんによる今後の経済へ
の影響、週末の雇用統計なども控えており、全体としては高値レベルでのこう着を
強めている。そのため、物色は材料株などへ向かいやすく、次世代エネルギー関連
などテーマ銘柄や低位材料株への物色が一段と強まる格好に。一方、メリルリンチ
による格下げの影響から海運は下げに転じているが、利食いは出るもののトレンド
を崩す下げにはならず。東証1部の騰落銘柄は値上り1122に対して値下がり422、変
わらず151と値上り数は全体の7割近くを占めている。
 日経平均は9800円手前レベルでのこう着感を強めている。テクニカル的にいっぷ
くが意識されるところでもあり、利食いの流れも出てきている。ただ、一気に利食
いが強まる流れにもならず、売り仕掛け的な動きも出難い。下値の堅さから結局は
ショートカバーにつながるため、高値水準でのこう着が続きそうである。海運が格
下げによって下げに転じているが、朝方の見切売りによる下げにとどまっており、
トレンドは崩れていない。需給相場のなかでは、結果的に踏み上げにつながるショ
ートポジションが積み増す格好であろう。全体としてもバリュエーション面や外部
環境からは割高感が指摘されやすい水準であるが、それ故にショートに傾きやすい
需給相場が続くことになる。中期的な方向性としては、リーマンショックによる金
融システム崩壊によるイレギュラーな下落分を、今後吸収していく流れが意識され
よう。リーマンショック分を埋めて、ポジションがニュートラルに戻るといったと
ころであり、業績や外部環境などを材料視した物色は、それ以降である。

株式クロージングコメント 2009年06月02日16時26分
需給相場継続

 日経平均は5営業日続伸。26.56円高の9704.31円(出来高概算26億7000万株)で取
引を終えた。米GMの破産法申請といった最大のヤマ場を越えたことで、悪材料出
尽くし感からショートカバー優勢の展開となった。自動車など輸出関連が指数をけ
ん引する格好となり、日経平均は一時9793.47円まで上げ幅を広げていた。その後
は、目先的な過熱感が強まりやすいレベルであり、GM破たんによる今後の経済へ
の影響、週末の雇用統計なども控えており、全体としては高値レベルでのこう着を
強めている。大引けにかけては利益確定の流れから直近リバウンドを強めていた資
源・素材関連などが大引けにかけて下げに転じていた。これにより、日経平均は本
日の安値で取引を終えている。
 テクニカル的にいっぷくが意識されるところでもあり、利食いの流れも出てきて
いる。ただ、一気に利食いが強まる流れにもならず、売り仕掛け的な動きも出難
い。今後は雇用統計を控えている米国市場の動向に振らされる可能性はあろうが、
調整をみせる場面では押し目買い意欲は強まりやすいであろう。また、過熱感など
が警戒されるようだと物色は材料株などへ向かいやすく、次世代エネルギー関連な
どテーマ銘柄のなかでも出遅れ感の強い銘柄や、低位材料株への物色が一段と強ま
る格好に。全体としてはバリュエーション面や外部環境からは割高感が指摘されや
すい水準であるが、それ故にショートに傾きやすい需給相場が続くことになる。中
期的な方向性としては、リーマン・ショックでの金融システム崩壊によるイレギュ
ラーな下落分を、今後吸収していく流れが意識されよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9704.31 +26.56
TOPIX913.56 +1.04
東証2部指数2045.57 +4.13
日経ジャスダック平均1117.59 +5.25
マザーズ指数398.94 +2.24
ヘラクレス指数602.57 -7.11
東証1部出来高26.77億株
東証1部騰落レシオ125.03%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅続伸。GM破産法申請によりアク抜け感強まったことや、
アジア、欧州市場が大きく上昇した事、更に経済指標が予測を上回ったことな
どが買い材料となりダウナスダック共に大幅高。為替も急速に円安進行して返
ってきており、日経平均も大幅高で始まる。しかし寄り後は手仕舞い売りに押
される展開。しかし売り一巡後は徐々に買い優勢となり日経平均も戻してくる。
だが後場は香港市場の下落やグロベの米先物安が重しとなり上値は追えず。大
引けにかけては手仕舞い売り優勢となり上げ幅縮小し日経平均プラスながらも
安値引け。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、カブコム、ひまわり、
三菱UFJ、クレディスイス、安藤、松井、大和、SBI。売り越しはJPモルガン、
ソシエテジェネラル、GS、立花、メリル、野村、UBS、モルガンSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7745エーアンドデイ 415円 +70
一時ストップ高まで買われる。特に新たな材料は出ていないが、後場ちょっと
した買いによって動意付き、踏み上げ的に上げ加速。更に短期資金も巻き込ん
でストップ高まで買われている。小型株の貸借銘柄、しかも既に日証金ベース
では株不足状態となっているだけに、上昇の勢いが付いてしまったようだ。た
だ同社は今期黒字転換見通しで連結ベースの一株当たりの純資産701円という
ことから見直し余地があるとの見方も多く、安易な空売りは危険との声も・・
・。

1407ウエストHD 274円 +22
しっかり。昨日はヤマダ電機などの家電量販店が太陽光発電装置の販売を本格
化すると報じられている。ヤマダ電機に関しては取扱店を今年度中に全店の約
7割にあたる400店弱に増やす計画だと・・。同社とヤマダ電機は太陽光発電シ
ステム・オール電化工事などに関して業務提携しており、恩恵を受けるとの期
待から昨日から好感されているようだ。上値余地は高そうだがテクニカル的な
過熱感がネックになり上値を抑えている面もあるようだ。

6728アルバック 2215円 +140
連日の大幅上昇。昨日には昨年11月5日以来、約7ヶ月ぶりに2000円台に乗せ、
200日移動平均線も上抜いていた。それにより値動き軽くなってきている模様。
また昨日同社は工場見学会を開催しており、太陽電池製造装置の先行きについ
て明るみ通しを示した模様。それを好感して買われている。また野村が目標株
価を引き上げている事も追い風になっているようだ。同社株の上昇を受け、今
日は太陽電池製造装置を手掛ける6255エヌピーシーも買われている。

9104商船三井 698円 -21
今日は海運株が総じて軟調。朝方は米株高やバルチック指数の21連騰を好感し
買い優勢で始まるも、寄り後は手仕舞い売りが優勢。メリルが大手海運3社を
一斉に売りに格下げし目標株価も引き下げたことが嫌気されている。上期のコ
ンテナ運賃やドライバルク運賃は下落を想定しており、海運市況悪化を踏まえ
3社の業績予想を減額修正したようだ。連日上げてきていただけに、この格下
げが利食いのきっかけになったようだ。

8729ソニーFH 241400円 -40000
ザラバ寄らずのストップ安。昨日同社はソニー生命保険の2009年3月末のエン
ベディッド・バリュー(EV)が前の期比51%減の4009億円だったと発表。EVは
生命保険会社の企業価値を示すとされており、企業価値半減と言うことを嫌気
されたようだ。これを受けGSやモルガンSが売りに格下げしており、目標株価も
引き下げている。モルガンSは短期的には20万円割れの可能性もあると指摘して
模様。ただ実際に20万円割れまであるならば、買いたい向きは結構出てくると
見る向き多し。

===============
◆◇6/3(水)の主な予定!◇◆
===============
伊藤園、くらコーポ、積水ハウス、ピジョン、楽天地など決算発表
英中銀金融政策決定会合(~4日)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米5月ADP雇用統計(21:15)
米5月ISM 非製造業景気指数(23:00)
国際労働機関(ILO)総会(スイス・ジュネーブ ~19日)
バーナンキFRB 議長が下院予算委員会にて証言
6月2日(火)

H「日経平均は辛うじて続伸だ。日経平均は一時9800円台付けかと言う所まで行ったんだが伸びなかった。」

K「まあ仕方ないだろうな。急ピッチな上昇により過熱感も強まっているし利食いに押されるのも仕方ない。」

H「ただ昨晩の米国市場の派手な上昇には驚いたな。上げる期待はあったとはいえ、何もあれほど上げることもないだろう。出尽くしとはいえGM破綻だぞ。」

K「だよな。ただ破綻となってあれだけ派手に上げられるとGMも多少マーケットに借りを返したと言えるんじゃないか・・。今まで散々マーケットを押し下げてきたんだ。」

H「それを言うなら、昨日の上げくらいでは全く足りないだろ。」

K「ただ市場は楽観的過ぎやしないだろうか。まあ昨晩の米国市場の上昇は経済指標が予測を上回ったと言うことも要因となっているが・・・。」

H「ここに来て景気回復期待まで出て来ているからな。」

K「それだけ市場心理良いと言えるんだが。それに為替も驚いたな。昨日の夕方には1ドル94円半ば辺りまで円高進行していたんだが、その後は徐々に円が売られて随分と円が急落した。ドル円だけでなくクロス円でも円が売られ、まさに円の独歩安となった。」

H「ただこの動きは続かないだろう。」

K「だろうな。今週末には雇用統計を控えており、それを無事に通過できるかが次のマーケットの関心だろう。」

H「ああ。ただ基本的には大きく悪化するような流れでも無いけどな。ある程度悪いのは予測されているし、それを更に下回るような悪化になる可能性は低い状態だ。それだけにその雇用統計過ぎちゃえば取り合えず懸念無くなると言えるんじゃないか。」

K「つまり株価下落となる懸念が目先無くなると・・。確かにそう思う投資家は増えるだろうな。結果、更に市場は楽観ムードに覆われる。ただそうなった時こそ警戒が必要かもよ。」

H「ようは、皆が楽観的になったときがピークだと言うことだろ。」

K「まあそう言うことだ。それにGM問題はこれで完全に終わったわけでもない。ボディブローのようにじわじわと効いてくるモンだ。更に言えば長期金利の上昇懸念はくすぶっている。それだけに決して警戒感を払拭してはいけない。」

H「だな。警戒しつつも相場に乗っていくというのが理想だ。」

K「ただ騰落レシオは今日で125%まで上昇してきた。取りあえず一服が欲しい場面だが、騰落レシオ行くときは130%台も簡単に乗せるからな。先月もそうだったように・・・。」

H「まあ東証1部一服となるならば、物色資金は新興市場へと向かうんじゃないか。新興市場は過熱感高くても関係なく上げることも多いからな。」

K「まあ新興市場物色する投資家も新興市場なら過熱感あっても狙えると思っている向き非常に多い。過熱感高い方が妙味がある場合すらある。」

H「確かにそうだな。過熱感高い方が注目度は高いし、利食い売り出ても短期資金が受け皿となって吸収することも良くある。それで更に上げると利食いした向きも再度狙ってきたりもするからな。」

K「過熱感高いだけに利食いも自然と早くなるが、その分回転が利くようになる。回転が利き始めると利食いが一斉に出る事が少なくバラける事になる。それだけに急落もしにくいし、押し目買いもムラ無く入ることになる。」

H「そうだな。」

K「ただ新興市場銘柄に限らないが、個別株が上値を取れなくなってきたら要注意だ。回転が利かなくなるからな。」

H「ああ。まあとにかくまだ暫くは物色銘柄に困らない楽しめる相場が続きそうだな。」

K「まあそうだな。ただ東証1部の主力大型株に上値取れなくなっている銘柄が目立っている。輸出株もそうだが、メガバンクも上値の重さ目立つ。まあ輸出株に関してはやはり更なる円安が必要だろうな。いずれにしろこれら主力大型株が上値取ってこないと日経平均も上値追えなくなるのは必然だ。」

H「ただ結局4月も5月も日経平均上値追えない期間結構あったからな。それでも市場心理は言うほど悪化はしていなかったし問題ないだろう。」

K「まあそれならばいいが、上値追えない事を嫌気し主力大型株に手仕舞い売りが一斉に出てしまうと怖いけどな。」

H「取りあえず今晩の米国市場どういう結果で返ってくるのか注目しておきたい。当然為替もな・・。」
2009.6.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。