(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.28【先物主導で朝安後に切り返す】

2009/05/28 11:08|未分類CM:0
アメリカまさかの下げ
長期金利が上がったとかで(゚Д゚)ハァ?

GMがほぼ99.9%調整型破産になるってことに
車ヤバイのかなぁーと朝、気配を見てみたら
逆にいい気配
どうやら売りまくってたみたいで
買戻してるのか?
円安が進んでるなのか?

今日はやばいだろと思って
寄りで売りを買い戻さなかったら
一瞬で売値まで逆もどりんこだぷー

GUしたら売られて
GDしたら買われて
チョーやりづらいんだが

後場
前場の強さからして
後場寄りGDしたからといって
下がる気がまったくしないんで寄り買い

何なのあのクソ売り板
場中では絶対に上抜けさせない気か
NYが上がってGUしないと節目すらまともに上抜けられないのかよ

日経に出遅れてた新興が7連騰?
出来高少なくて全然取引できないんだが
新興ってこんなに板薄くて人いなかったけ



株式オープニングコメント 2009年05月28日08時15分
ハイテクや内需系が下支え

 27日のNY市場は下落。ダウ平均は173.47ドル安の8300.02、ナスダックは19.35
ポイント安の1731.08で取引を終了した。4月中古住宅販売件数が予想を上回る一方
で、米GMの破綻懸念から小動きで始まった。その後、長期金利の大幅上昇が嫌気
されて下げ幅を拡大する展開となった。セクター別では半導体を除いて全面安とな
り、銀行や不動産の下落が目立った。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比50円
安の9380円、円建ては同55円安の9375円。ADRの日本株は富士フイルム、コマ
ツ、日電産、ソニー、京セラ、トヨタ、ホンダ、キヤノンなど対東証比較(1ドル
95.27円換算)で全般小安い。
 GMの債権削減失敗によって破たんの可能性が高まっている。これについては予
想されていることではあるが、帝国データバンクでは、102社に不良債権発生の潜在
リスクがあるとの調査結果を出しており、さすがに自動車部品関連などへは利益確
定の流れが強まりやすい。一方、米ハイテク株が引き続き堅調に推移していること
が材料視されるほか、景況感の改善期待による内需系の見直し期待も。そのため自
動車関連が上値を抑える格好から、昨日の上昇に対する反動をみせるも、下値の堅
さは意識されよう。また、ドレッシング買いや投信設定による下支えも期待されて
いるため、売り仕掛け的な動きが出たとしても、早い段階でショートカバーにつな
がりそうだ。
 日経平均はレンジ上限に接近する過程で、先行していた銘柄は利食い優勢の展開
であった。上振れ期待からポジションをロングに傾ける参加者はいない状況でもあ
り、需給環境は悪くない。景況感の改善が表れ始めている状況下では、GM問題な
どで下振れる場面では、買いの好機なる可能性もあろう。テーマ銘柄などの材料株
については、回転が利いている好需給相場であり、先行する銘柄が利食われる一方
で、出遅れ感、需給妙味の大きい銘柄へ資金がシフトしやすい。

株式ランチタイムコメント 2009年05月28日11時23分
資源系のセクターに資金向かう

 日経平均は小幅下落。7.85円安の9430.92円(出来高概算10億3000万株)で前場の
取引を終えている。長期金利上昇を嫌気した米国市場の流れもあり、売り優勢のス
タートとなった。しかし、日経平均は寄り付きの9353.33円が安値となり、その後は
下げ幅を縮め、一時プラスに転じる場面もみられている。米GMの破たんの可能性
が強まるなか、損失懸念が強まっていた自動車部品株はデンソーがプラスに転じる
など、むしろ下げる場面ではショートカバーが強まりやすい地合いとなっている。
政府による蓄電池普及への総合対策が伝えられ、電気自動車など次世代エネルギー
関連もしっかり。景況感の改善に伴う資源価格の先高観から非鉄金属などが強い動
きに。ただ、下値の堅さが意識されるとはいえ、GMの行方などを見極めたいとす
るムードは根強く、日経平均は昨日同様、9400円半ば水準でのこう着が続いてい
る。東証1部の騰落銘柄は値上り948に対して値下がり570、変わらず176と値上がり
数が過半数を占めている。規模別指数では大型株の弱さが目立つなど、ソフトバン
ク、セコム、JTといったところの弱さが上値を抑える格好に。
 非鉄金属セクターが強い動きをみせているほか、自動車など輸送用機器セクター
も堅調。一部では欧州系からの買いなども観測されているようであり、景況感の改
善や新興国などの景気対策に対する期待感も強い。そのため、本日上昇が目立つ非
鉄金属のほか、鉱業、鉄鋼、商社など資源系のセクターや海運、自動車などへ、今
後資金が向かいやすくなる可能性はありそうだ。一方、直近で強い動きが目立って
いた不動産のほか、金融などには利益確定の動きが出やすくなりそうである。

株式クロージングコメント 2009年05月28日16時29分
総強気ムードの上昇ではなく、不安感のなかでのショートカバー

 日経平均は小幅続伸。12.62円高の9451.39円(出来高概算22億4000万株)で取引
を終えた。長期金利上昇を嫌気した米国市場の流れもあり、売り優勢のスタートと
なった。しかし、日経平均は寄り付きの9353.33円が安値となり、切り返した格好で
ある。米GMの破たんの可能性が強まるなか、損失懸念が強まっていた自動車部品
株がしっかりなど、むしろ下げる場面ではショートカバーが強まりやすい地合い
に。政府による蓄電池普及への総合対策が伝えられ、電気自動車など次世代エネル
ギー関連も強い。また、資源系の銘柄の上昇が目立っていたが、景況感の改善に伴
う資源価格の先高観のほか、欧州系の資金流入との見方もされていた。個人投資家
のリスク許容度が高まるなか、出遅れ感の強い低位材料株への見直しの流れも強ま
っている。
 日経平均は結局のところは9500円の心理的な節目に押さえられる格好だが、上値
の重さを嫌気する流れにはならず。GMの行方に対する見極めムードからみれば当
然であり、反対に下値の堅さは評価されよう。野村の半導体投信の設定額が862億
円、金融株投信が782億円、通貨選択型11本の合計が654億円と、高水準の設定額で
ある。外部環境が依然不透明ながらも景況感の改善が表れ始めるなか、中長期スタ
ンスでの投資タイミングとみる向きが増えているということであろう。明日は週末
要因と週明け後にも決まるであろうGMの結果待ちから、全体としてはこう着感が
強まると考えられる。材料株などを中心とした物色になりがちではある。しかし、
総強気ムードのなかでの上昇ではなく、不安感がくすぶるなかでのショートカバー
主導による上昇となる。ロングには傾かない需給では、節目の9500円突破後の上昇
ピッチは一段と強まる。反対に跳ね返される格好から9000円前半レベルの調整があ
るならば、現在の需給環境からは押し目買い意欲が強まることになろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9451.39 +12.62
TOPIX895.59 +2.74
東証2部指数2009.15 +10.64
日経ジャスダック平均1095.64 +3.76
マザーズ指数385.60 +10.07
ヘラクレス指数580.55 +10.42
東証1部出来高22.41億株
東証1部騰落レシオ111.60%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に反落。前日の大幅高の反動もあり利食い売り押されて始
まるも底堅さも見られていた。しかし午後に入って長期金利が上昇し始めると、
景気敏感株などに売り圧力強まってダウは一段安に。結局大幅安となって引けて
いる。ただ為替はドル売りの流れにはなっておらず、逆に円安進行してくる動き
に。それを好感してか、日経平均寄り後は先物主導で下げ幅を縮小。プラスに転
じるもその後は小幅安水準での揉み合いに。後場は更に円安進んだ事を背景に先
物買い強まり輸出株なども買われて日経平均再度プラスに転じ9500円を睨んだ揉
み合いに。結局日経平均は今日も9500円は行かずにやや垂れて引けるもプラス引
け。日経先物の主な買い越し証券はバークレイズ、野村、ニューエッジ、立花、
オリックス、ひまわり、GS。売り越しはモルガンS、ソシエテジェネラル、JPモ
ルガン、岡三、BNPパリバ、ドイツ、SBIなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6502東芝 348円 +4
昨日公募価格が333円に決定した。朝方は地合の影響もあって軟調に始まったが下
値も限定的に。公募価格が近付けば安定操作が入るだけに、売り方の買い戻しや
押し目買いも入りやすいようだ。ただ大規模な公募増資なだけに、実際に公募分
が市場に出てくる6/4までは上値も追いにくいとの見方も強い。ただ基本的には公
募組はすぐに売らない向きも多く、すぐに売りたい短期資金の多くはそれまでに
つなぎ売りしているだけに、一時的な需給悪化となる懸念も乏しいとの見方も・
・・。

2914JT 267200円 -19700
軟調。昨日、民主党税制調査会副会長の古川衆議院議員が、タバコ税率は引き上
げるべきだとの考えを示したと報じられている。これを嫌気し今日は朝から軟調
に始まり、寄り後も売られる展開に。ただこの報道は昨日の午後には流れていた
報道であり、昨日の後場は反応薄だった。それだけに単に短期資金が売り仕掛け
の背景に利用しただけではと見る向きも・・。また一方では既に市場は民主党政
権を織り込みつつある動きだとの見方もあるようだ。

6674GSユアサ 745円 +28
5/8に付けた年初来高値をザラバ更新。ハイブリッド車の需要好調が日々伝えられ
ており、関連株としての物色も続いている模様。また明日の引け値基準でMSCIに
組み入れられることも先回り買いを誘っているようだ。高値更新とはいえ、鬼よ
り怖い一文新値となっており、明日更に上値取れないとダブルトップとなる懸念
強まりそうだと・・・。もともと同社株は、今の株価は高過ぎると見るアナリス
トも非常に多く、MSCI組み入れ後は出尽くし感も加わって調整入りが懸念されて
いたが・・。果たして思惑通りになるのか注目されている。

7244市光工業 172円 +50
ストップ高。今朝のGRAILメールで本日の注目材料株として取り上げた銘柄。昨日
同社はインドの車部品メーカーと資本業務提携で基本合意したと発表。これを足
がかりにインド市場開拓を進めると・・。インドは自動車産業が今絶好調という
こともあって、素直に好材料視されている。最近は株価も横ばいの動き続けてお
り手垢も付いておらず、低位株であることも短期資金集まりやすかったようだ。

8508イッコー 223円 +40
大幅上昇で年初来高値を更新。決算を発表して以来、見直し買いが継続している。
もともと仕手性強く仕手株としての印象が強かった銘柄だが、今の相場は仕手相
場ではなく見直しによる株価是正相場だと・・・。テクニカル的な過熱感強いも
のの株価は待ったなしで買われている。それだけに上値余地は大きいと見る声も。
ちなみに同社株は弊社スイング特選で買い推奨中の銘柄。目先の売値目処は
×××円。

9123太平洋海運 139円 +35
大幅高。14時に日本郵船が第三者割当増資を引き受け、株式交換により完全子会
社化すると発表。これを受け一時売買停止となっていたが、売買再開後は買い優
勢の展開。まだ交換比率などは決まっていないものの、大引け前であり低位株と
言うこともあって短期資金のターゲットになった模様。基本的に株式交換比率は
同社の株主にとっては不利になる可能性が高いと見られているだけに、現状で買
い材料とはなりにくいと・・・。

9984ソフトバンク 1760円 -33
軟調。昨日発売された週刊文春によれば、使用実態がない「寝かせ」端末を利用
し携帯電話の契約者数を水増ししていると報じている。これを嫌気され売られて
いる面もあるようだ。ただ週刊文春なだけに、記事を鵜呑みにする向きは乏しい
と思われるが、株価位置も直近の高値圏ということもあって利食いを考慮してい
た人たちには良いきっかけになったようだ。もちろん同社はこの記事を否定して
おり、適正な方法で集計しており何ら問題ないと・・。ただ一部では火のないこ
とに煙は立たぬとの声も。

===============
◆◇5/29(金)の主な予定!◇◆
===============
4月失業率(8:30)
4月有効求人倍率(8:30)
4月消費者物価(8:30)
4月鉱工業生産(8:50)
4月住宅着工戸数(14:00)
MSCIのリバランス実施(終値基準)
SUMCO、日本駐車場開発など決算発表
米1-3月GDP改定値(21:30)
米1-3月個人消費改定値(21:00)
米5月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
トリシェECB 総裁講演(モロッコ)
ティファニー、ノベルなど決算発表
5月28日(木)

H「日経平均は驚いたが続伸となった。昨晩の米国市場は派手に下落したものの、逆行高となっている。」

K「意外だな。米国市場は前日の上昇分の多くを吐き出した格好となったが、日本株は影響薄だった。まあ昨日、米国市場の上昇の割に上値重かった反動もあるんだろうけど、何もプラス引けしなくてもな。」

H「ああ。流石に朝方は売り優勢で始まったものの、寄り後は買い優勢の展開だった。というより序盤の戻しは完全に先物主導だろう。まとまった買いが連発して入っていたからな。」

K「だろうな。後場にも大量の先物買いが継続的に見られており、非常に気になる動きだ。」

H「ドレッシング的な意味合いで株価を支えているとの声もあるようだな。明日が月末だし、ヘッジファンドには5月末が決算期というところも多いからな。」

K「ただ単に先物主導だけと言うことでも無いようで、現物株にも買いが見られている。恐らく為替が円安に急速に触れてきたことが買いを誘ったようだが・・・。」

H「海外勢の買いも見られているようで、案外このまま上昇していってしまうような気もしてくる。」

K「相変わらず個人投資家は買い気満々だし、それに海外勢の買いも加われば、確かに向かう方向は上しか無くなる。オイルマネーとの見方もあるからな。」

H「ただ昨晩の米国市場の動きを見ると、やっぱりまだまだ波乱含みだろう。前日の派手な上昇は強かったが、あっさりと昨晩下落したのを見ると、非常にもろい。」

K「昨晩の下落は長期金利が急上昇したことが要因となった。5年債入札は好調だったが、金利上昇は止まらなかった。暫くは米長期金利が株式市場でも意識されそうだ。」

H「やはり長期金利が上昇すると景気回復の足かせになるからな。当然好ましくはない。」

K「ああ。株高による債券売り、結果長期金利が上昇という展開なら悪くはないんだが、今の米国はそうじゃないからな。米国債格下げ懸念や、米国債増発懸念から米国債が売られている。つまり債券売りが先に来て株安に繋がっていると言う最悪の動きだ。」

H「なるほど。これでドル安ならトリプル安だが、何故か昨晩からドルは買われている。」

K「ドルショートポジションの買い戻しが中心との見方もあるが、オプションの絡みかもな。いずれにしろ、このドル買いが続くとは考えにくい。」

H「ただ日本にとっては追い風だ。それにより急速に円安進行しているからな。

K「今日の日本株が米株安にも関わらず上昇したのは、当然円安進行したという要因もあるが、それ以上に昨晩の米長期金利急上昇の要因が強いと思われる。つまり米債券安だ。この流れから日本の債券先物も売られた。それに伴い株式先物が買われた面が強いようだ。」

H「なるほど。債先売りの株先買いだな。良く海外勢の短期資金が行う手法だ。CTAとかな・・。」

K「ああ。そういった動きが今日は中心だったと思われる。」

H「ただどんな要因にしろ日経平均は200日線を維持しているし、節目の9500円を超えてくれば踏み上げ的に一段高も期待できるんじゃないか・・・。」

K「そうなりゃ良いけどな。今しきりに買い向かっている個人投資家も多くが9500円超えてくれば売りに回ると見られている。オイルマネーが本気になって買ってきているのであれば期待も出来るが、本気で買う必要性が本当にあるんだろうか?打診的に買いは入れているとは思うが、続く買いだとは言い難い。」

H「かといって大きく崩れる気配も無いからな。」

K「確かにそれは言える。それだけにこのままどっちつかずの揉み合いが続くと言うこともあるが、もう十分揉み合い続いているとも言えるし、そろそろ派手にどっちかへ動き出す可能性は高まっている。」

H「やっぱり米国のGM問題がキーポイントになるような気がするけどな。」

K「そうだな。破産法申請がほぼ確実となってきているが、そうなった場合改めて嫌気される動きとなるのか、本当に織り込み済みでアク抜けとなって買われるのか・・・。」

H「いずれにしろそれを確認する意味でも動きにくい。恐らく破産法申請は今週末といわれている為、明日の日本市場は膠着状態となりそうだ。」

K「そうだな。明日は月末だけにドレッシング買い期待もあり、更に投信設定もある。それだけに大きく売り込む動きは想定しにくいが、一緒になって買い上がってオーバーナイトするのもどうかと思うぞ。」

H「当然、明日には利食いしたい向きも多いと思われ、売り圧力も強まりそうだしな。まあ明日はどういう展開になるのか見物だな。」
2009.5.28先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。