(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しいこといちいち考えたって意味がないよ、GM後どっちに動くかでついて行けばいいんだよ

2009/05/24 01:52|株のことCM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週はよく頑張ったと言える一週間だったと言えるだろう。円高は結構進んだ
し、米国市場も波乱含みだった。」

M「米国市場も波乱気味だったと言えるが、先週末と比べれば僅かにプラスとなっ
ている。週明けの月曜日に派手に上げた分が貯金となり、辛うじて週間ベースで
は上昇したと言うことになる。」

T「月曜日に派手に上昇したが、火曜日からは4日続落となっているからな。」

M「月曜日の米国市場では好材料が相次いだ。金融株の格上げやホームセンター大
手のロウズのサプライズ決算など・・・。」

T「ただ翌日には更に大手のホームデポの決算が嫌気され売られた。翌日にはFRB
が経済見通しを下方修正し、楽観ムードが一変した。」

M「そして今度はS&Pによる英国債格付け見通しの引き下げにより、米国債の格下
げ懸念が強まった。このように今週は結構な悪材料が出ていたんだが、その割に
は底堅さはあるといえるかもな。」

T「確かにそうだな。それだけ市場心理の良さがまだ残っているんだろう。心理の
良さが悪材料を和らげている。」

M「確かに・・・。日本市場も同様だろう。よく頑張っていると言えるぞ。為替は
昨日は1ドル93円台まで突っ込む場面もあったし、輸出企業の平均想定レートであ
る95円を下回って推移している。それにより確かに輸出株は軟調気味だったが、
底堅さは見られているし、他のセクターが頑張っている。」

T「今週頑張ったのはなんと言っても素材、エネルギー関連セクターだな。石油、
鉱業、商社、非鉄金属、鉄鋼など・・・。これら商品市況の好調さが背景となって
いる。」

M「商品市況の好調は世界的な景気回復期待もさることながら、リスクマネーが膨
らんできた事の方が大きいと言える。主要国が利下げを続け、大量の資金供給を続
けている。それにより金余り状態が徐々に強まってきていると言えるだろう。」

T「過剰流動性相場の兆しだな。」

M「ああ。株式市場が意外と底堅いのも、その要因があるといえるかもな。ただこ
の状況で世界的に景気悪化底入れとなり、回復に向かう兆しでも見えてくれば、一
気に過剰流動性相場が勢いづく事になりそうだな。」

T「幸いかどうかしらんが、世界経済はまだその兆しが見えてはいない。底入れ期
待が出てきたという程度だろう。」

M「ジムロジャースの発言が今週話題になった。彼によれば今の相場が既に過剰流
動性相場だと指摘している。根本的な問題が解決されておらず、資金供給だけを繰
り返している為、上手くいくわけがないと・・。」

T「彼はそれを理由に年後半から来年に米国市場は安値を付けると予言しているよ
うだな。」

M「ああ。このまま商品相場が過剰流動性相場によって上昇続けるようだと、今の
世界経済には重しとなってしまう恐れがある。」

T「そうだよな。確かに商品相場は新興国の経済回復期待から買われる理由はある
ものの、過剰に買われていくのは好ましくはない。」

M「その通りだ。ただ本当に世界的に景気回復の兆しが見えてくれば、株式市場が
過剰流動性相場となり勢いよく上昇することが期待できる。それはそれで今から楽
しみだ。」

T「それがいつ来るのか・・・。今ではないだろうからな。」

M「だろうな。さて来週の動向だが、来週はGM問題がいよいよ大詰めを迎える。恐
らく破産法申請となるだろうけど、問題はそれを受けて相場の動向だろう。株式市
場や為替市場の・・。」

T「まあ織り込み済みと言われているが、多くの投資家は織り込み済みと見込んで先
回り買いなどには走っていない。結局様子見している感じだ。」

M「結局は見極めたいと言うのが本音だろう。それに昨日の米国市場では、来週に
回答期限を迎える債務削減策を債権者が拒否すると報じられていたが、それによっ
てGM株が派手に売り込まれた。この動き見ると、本当に織り込みか?って思うよな
。」

T「そうだな。債権者が債務削減策を拒否すると言うことは破談と言うことだろ。イ
コール破産法申請となる。ただ既に破談は免れないと今まで何度か報じられている
し目新しいことでもない。」

M「いずれにしろ来週はそのGM問題の行方を確認しないことには動かないと言う向き
は多そうだ。それらの報道や憶測によって相場は結構不安定な動きとなるだろうな
。」

T「日本市場もこの辺での行ったり来たりの相場ならば問題は無いんだけどな。今週
はザラバ9000円割れとなる場面もあったが、その後はしっかりとキープしている。
ただ上値も限定的のため、結局今週はどっちつかずの展開となった。」

M「来週は月末の週となることや設定される投信も何本かあるだけに、下支えてくれ
る期待はありそうだが、上値を買う向きは乏しいかもな。海外勢による買い戻しも
ほぼ終わっているし、頼みは個人投資家くらいだ。」

T「先週外国人は売り越しに転じた。更に英ファンドのTCIも残っていた東芝株の空
売りポジションを大量に整理してきた。これらから確かに海外勢による買い戻しはほ
ぼ終わっているとも言えそうだ。」

M「先週なんて個人投資家の一手買いだ。外国人、国内金融機関、投信と全て売り越
している。」

T「ここから上げて行くには新たな外国人買いか、国内機関投資家の買いが必要とな
る。国内機関投資家の買いは正直期待薄だろうし、外国人買いはどうだろうか?」

M「まともに考えれば厳しいだろう。時期が時期だし、為替の問題もあるからな。」

T「まあ来週は9000円維持できれば取りあえずは良しといった感じだろう。米国や為
替など波乱要因もありそうだしな。」

M「そうだな。主力系株は言うほど期待できそうもないが、小型株辺りは期待できる
かもな。昨日は小型株が総じてしっかりだったし、小型株物色が続く可能性もあると
言える。」

T「とにかく日経平均調整気味になるとしても物色意欲はまだ続くと言うことだな。」

M「ああそうだな。まあ来週どういう一週間になるのか楽しみだ。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。