(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.21【反落、模様眺めムード強い展開】

2009/05/21 11:29|未分類CM:0
ミャンコが大きく買い持ちすると下がると言うアノマリー
昨日は珍しく上昇から始まったかと思ったら
やっぱり下がりやがった

FOMCがGDPを下方修正とかで最後売りを誘いやがった

まあ持ち越しは非鉄とかあったんでそんなにひどくないが
GSユアサ強いんで放置で上昇
その後行って来いって
おねが~い、死んでぇ~

後場、うわぁー集めきれず
全然買えなかった
ってことでミャンコが持ってない日はNY爆上げだな
日産は再び上昇トレンドだし
マツダも爆上げだし
車も下げ止まり来そうだし
銀行も下げ止まりだし
400ドルくらい上がるんじゃね
まあ株は下げるより上がったほうがいいに決まってるしいいけどー
出来ればミャンコがいっぱい買った日に上げてくれろ


株式オープニングコメント 2009年05月21日08時11分
材料株物色は活発に

 20日のNY市場は下落。ダウ平均は52.81ドル安の8422.04、ナスダックは6.70ポ
イント安の1727.84で取引を終了した。バンク・オブ・アメリカ大規模増資完了や、
小売大手ターゲットの決算が好感されて上昇して始まった。しかし、FOMC議事
録で成長見通しが引き下げられるなど、一段の景気悪化懸念が示されたことを嫌気
して、引けにかけて下落する展開となった。セクター別では、家庭用品・パーソナ
ル用品や消費者サービスが上昇した一方、銀行や各種金融が軟調。シカゴ225先物清
算値はドル建てが大証比10円安の9320円、円建ては同30円安の9300円。ADRの日
本株は富士フイルム、日電産、ソニー、京セラ、トヨタ、任天堂など対東証比較(1
ドル94.85円換算)で全般小安い。
 昨夕の225先物イブニング取引では9400円に乗せる場面をみせていたが、シカゴ先
物の弱い動きもあって9400円レベルの抵抗意識が強まりそうである。そのため本日
も9300円を挟んだこう着感の強い相場展開が予想され、物色は次世代エネルギーな
どのテーマ銘柄、や原油相場の上昇を背景とした資源系、業績見直しによる個別材
料株物色が中心となりそうである。ただ、こう着ながらも材料株物色が活発となる
ことから市場の雰囲気はそれ程悪くなることはないと考えられる。また、欧州系な
ど海外勢のリスク許容度が強まっていることから押し目買い意欲は相当強いとみら
れる。
 テーマ銘柄では明電舎を中心に太陽電池、水関連などに広がりがみられていた
が、この流れのほか日立(合弁会社のGE日立)がインド重電大手と原発事業で提
携したと報じられており、原発関連に向かう可能性がありそうだ。同時にインド関
連にも向かいやすく、米ウォールマートのインド進出報道も手掛り材料となろう。
米GMの副会長らが自社株を売却したと再び報じられていることもあり、6月1日に
再建計画の提出期限を迎えるGMの行方に対する警戒から輸出関連の一角には様子
見ムードも強まりそうだ。それを避ける意味でもテーマ銘柄、資源系、業績見直
し、需給妙味などの銘柄への資金シフトが強まることが考えられる。なお、新型イ
ンフルエンザ感染が首都圏でも確認された。関連銘柄への物色が活発化するという
よりは、さらなる関連銘柄を探る流れが強まろう。

株式ランチタイムコメント 2009年05月21日11時32分
手掛けやすい仕手系色の強い銘柄に向きやすい

 日経平均は下落。109.49円安の9235.15円(出来高概算9億9000万株)で前場の取
引を終えている。世界的な景況感の改善期待が高まるなか、商品市況の上昇から非
鉄金属など資源系関連の上昇が目立つ一方、成長見通しの下方修正が嫌気された米
国市場の下落や円高が嫌気される格好から金融株や輸出関連が下げている。新型イ
ンフルエンザ感染が関東でも確認されたことから経済への影響が懸念されているほ
か、米GM幹部による自社株売却も伝えられており、GMの破たんを警戒する向き
による手控えもあるようだ。物色としては非鉄株のほか次世代エネルギー関連、イ
ンフルエンザ関連などの材料株中心に。ただ、材料株についても全般軟調ななかで
は積極的には動きづらい面もあり、下げ幅を縮めている銘柄も少なくない。東証1部
の騰落銘柄は値上り428に対して値下がり1125、変わらず134と、値下がり数が全体
の7割近くを占めている。
 日経平均は一時9200円を割り込む場面もみられたが下振れはなく、その後は9200
円レベルでの底堅い値動きが続いている。輸出関連や金融関連の主力処が弱い動き
をみせていることもあり、指数の切り返しは期待しづらいところであろう。そのた
め物色は材料株に向かうことになろうが、先行していた銘柄には値幅取り妙味も薄
れてきている面もあり、こう着が続くとなると、その中でも低位、若しくは100株単
位などの手掛けやすい仕手系色の強い銘柄に向きやすいであろう。ただ、京セラ、
ホンダなどをみてもテクニカル的には、いったんはリバウンドが期待されるところ
まで調整している主力銘柄も多く、全体としては下を警戒するよりは買戻しによる
反転を意識した押し目買いスタンスであろう。

株式クロージングコメント 2009年05月21日16時09分
材料株中心だが物色意欲の強さの表れ

 日経平均は下落。80.49円安の9264.15円(出来高概算20億3000万株)で取引を終
えている。世界的な景況感の改善期待が高まるなか、商品市況の上昇から非鉄金属
など資源系関連の一角が上昇する一方、成長見通しの下方修正が嫌気された米国市
場の下落や円高が嫌気される格好から金融株や輸出関連が下げている。新型インフ
ルエンザ感染が関東でも確認されたことから経済への影響が懸念されているほか、
米GM幹部による自社株売却も伝えられており、GMの破たんを警戒する向きによ
る手控えもあるようだ。ただ、前場半ばに9189.92円と9200円を割り込んだ後は9200
円台でのこう着が続いており、大引けにかけてはポジション調整とみられるショー
トカバーによって寄り付き水準まで下げ幅を縮めていた。
 投信設定を控えていることもあって、これに期待する向きによる押し目買いなど
も入っていたようである。ただ、下振れへの警戒を強める状況ではなかったが、終
日マイナスレンジで推移していたこともあり、材料株物色についても次第に手控え
られていた。米GM問題の行方や新型インフルエンザによる経済の影響、そして週
末要因もあって明日も動きづらい相場展開となりそうである。投信設定による買い
や、このところ目立ち始めている欧州系からのインデックス買いが下支えとして意
識されようが、上値を追う材料にはなり難いであろう。ただ、材料株物色は活発で
ある。新型インフルエンザ関連などは連想ゲーム的にもなっているが、それでも物
色意欲の強さの表れでもあり、テーマ銘柄などの材料株物色が続きそうである。来
週発表される月例報告では景気判断が引き上げられるが、これを確認することによ
って改めて先高期待が強まることが期待される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9264.15 -80.49
TOPIX881.44 -4.86
東証2部指数1965.24 +5.79
日経ジャスダック平均1066.67 -3.44
マザーズ指数352.52 +1.79
ヘラクレス指数531.30 +7.17
東証1部出来高20.36億株
東証1部騰落レシオ104.53%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はダウ続落。FOMC議事録から景気先行き不安が強まった事が売ら
れた要因。それまではガイトナー米財務長官が銀行の不良資産買い取りを6週間
以内に開始すると発言したことを好感されダウは100ドル以上も上げた場面もあ
ったが、結局下落して引けている。為替もドル売りによりドル円が円高進行。そ
れらを嫌気し日経平均は軟調に始まり寄り後も下げ幅を拡大する動きに。前場引
けにかけやや戻すも大幅安水準で前場引ける。後場は今日も狭いレンジでの揉み
合いの展開。しかし大引けにかけ先物主導で戻す展開となり、日経平均はやや下
げ幅縮小して引けている。日経先物の主な買い越し証券は日興シティ、ひまわり、
みずほ、モルガンS、野村、JPモルガン、藍澤、SBI。売り越しはクレディスイス、
メリル、光世、UBS、GS、ニューエッジ、ドイツ、水戸、バークレイズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3107ダイワボウ 344円 +1
昨晩、東京都の八王子市と神奈川県の川崎市で新型インフルエンザの感染が確
認された。いよいよ関東上陸との事で、蒸し返し的に関連株物色に・・。ただ
東京にも感染者出てくることは遅かれ早かれ想定されていただけに、以前ほど
の物色エネルギーは見られていない。上値で掴まっているシコリも多いことか
ら、関連株物色も徐々に沈静化していきそうだと見る向き多い。ただ同社はマ
スク生産が追いつかない状況が続いており、感染拡大動向次第では上値余地も
高いと見る向きもいるようだが・・・。

6769ザインエレクトロニクス 133500円 -2500
大幅高で一時ストップ高に。年初来高値も更新。昨日同社は携帯電話向け800万
画素対応画像処理用LSIの量産出荷開始したと発表。これを素直に好感されて買
われたようだ。5/13に発表した1Qと中間期上方修正を好感し派手に買われてい
たが、相次ぐ好材料にテクニカル的な過熱感無視して買われていた。その影響
か、後場は大きく失速して結局マイナスで引けている。通期業績上方修正期待
もあるだけに、更に下げれば買いたい向きは多いといえるが、流動性の乏しさ
がネックだと・・。

7717ブイテクノロジー 435000円 +50000
ストップ高。12時半に新たな新型露光装置の大口受注を発表。今回は総額45億
円との事。ただ今期業績には既に織り込まれているとの事で出尽くし的な面も
あるようだ。その為、発表後買われていたが暫くは売り圧力も強く上値を抑え
ていたものの、結局は売り物こなしてストップ高まで買われている。業績への
寄与は織り込み済みとはいえ、好調な受注を背景に今後も受注が期待できると
の期待感が強いようだ。テクニカル的な過熱感強いものの回転が利いているだ
けに、まだ上値期待できそうだと見る向き多い。

8426ニッシン債権 3010円 +405
ストップ高。昨日空売りが多く入って、逆日歩1株100円付けたことが材料視さ
れている。それにより後場逆日歩期待の買いや、売り方の買い戻しによってス
トップ高まで買われた。小型株だけに逆日歩跳ね上がりやすく、ストップ高癖
もあることから信用取り組み次第では更に上値もありそうだと・・。ただ流動
性の乏しさから株数行きにくい銘柄なだけに妙味も乏しいとの声も。

6326クボタ 678円 +19
地合に逆行高で1/6に付けた年初来高値をえらい久しぶりに更新。中国をはじめ
新興国の農機需要拡大期待が根強いようだ。昨日付けでUBSと野村が同社株の投
資判断を強気継続としており、目標株価を引き上げたことも追い風になってい
る。UBSは850円、野村は800円としておりいずれも時価よりかなり上値となって
いる。信用取り組みも良いだけに、揉み合いながらも、まだ上値を取ってくる
のではと期待する市場筋は多いようだ。やはり農機を手掛けている6310井関農
機も年初来高値を更新している。

===============
◆◇5/22(金)の主な予定!◇◆
===============
4月全国スーパー売上高(14:00)
白川日銀総裁定例記者会見(15:30~)
第5回太平洋・島サミット(北海道占冠村 ~23日)
バーナンキFRB 議長講演(ボストン大学)
リンクワン、ミドリ薬品など決算発表
5月21日(木)

H「日経平均は反落となった。大した下落ではないが、先行き不安強まったのは確かだな。」

K「ただ依然として強さはあるよな。日経平均もっと下げても良さそうなモンだが、結構底堅く押し目買いも見られている。」

H「確かにそうかもな。昨晩の米国市場は確かに大した下げ幅でもないが、下げた理由が良くない。しかも為替がこれだけ円高進行している事を考えれば、日本市場底堅いと言える。」

K「ああ。米国市場の下げの要因はFRBが経済見通しを下方修正したためだ。それまではガイトナー米財務長官が銀行の不良資産買い取りを6週間以内に開始すると発表したことが好感され、ダウも上昇して推移していた。しかしFRBが経済見通し下方修正した事が判明し売り込まれた。」

H「下落している途中で場が引けたとも言え、消化不足の感も否めないからな。それだけに今晩の米国市場が注目される。」

K「それに米ダウは昨晩の続落によってテンコ相場が終わってしまった。それまでは上昇、下落を交互に繰り返していたが、昨晩は続落となってしまった。それだけに今後は下落方向へ行くのではと警戒する声もあるようだ。」

H「それにやはり懸念は為替だよな。今日は終始1ドル94円台での推移となっており、このまま定着するとやっかいだ。」

K「定着する可能性は低いが、早いところ95円台戻せないと更なる円高が懸念されるからな。」

H「昨晩の為替市場は円高と言うよりドル安だろうな。米国経済見通し下方修正をうけドル売り圧力が強まったようだ。日本時間には一時94円20銭台まで円高が進んだ。それからは円安にある程度戻しているものの、とても底打ったと見ている向きは乏しい。」

K「ただこれ以上ドル売りとなるには、新たな悪材料が必要だな。それに先日の財務省の杉本次官の円高けん制が投資家心理に残っておりドル円を本格的に売り込めない。」

H「あの一言で、ドル円は96円台半ばまで戻したからな。再度円高けん制でもされれば、再び急速にドルが買い戻される懸念あるからな。」

K「ただ口先介入ではそうそう効果は得られない。かといって為替介入してくるとは思えないしな。」

H「まあ現に円高けん制後、一旦は円安に戻したものの、あっさりと円高へ戻ってきている。この動きからもけん制だけでは、次は効果できないと見るのが妥当だろう。」

K「そうだな。日本株式市場はやはり為替動向の影響を大きく受けるだけに目が離せない。つまり為替が落ち着かないと日本株も手掛けにくいと言える。」

H「今日は商い低調だったな。昨日以上に手控え感強かったようだ。」

K「為替がこれだけ円高進行しているし、新型インフルエンザが都内でも確認されたとの事から先行き不透明強まっているんだろうな。それに米国市場の動向も懸念なんだろう。」

H「だろうな。取りあえず米国市場が流れ変わるのかどうか見極めたいと言うことだろうな。」

K「ああ。どうでも良いけど欧州市場が暴落している。S&Pが英国の格付け見通しを安定的からネガティブに修正したようだ。これにより為替市場ではポンドが急落している。こりゃ今晩の米国市場への悪影響も懸念されるな。」

H「米国市場始まるまでに欧州市場や為替市場も落ち着けば良いんだが・・・。」

K「ただ英国格付けの見通しを引き下げたと言うことは、米国も引き下げるとの警戒感出て来ても不思議はない。それがドル売り、米株売りに繋がらなければ良いんだが・・・。」

H「そうなると日本市場も懸念だよな。今は日経平均も揉み合い相場となっておりチャート的には崩れていない。それだけに揉み合い調整後は日経平均1万円目指すとの見方も強い。しかしチャート崩れてしまうと調整長引くという懸念が強まる。」

K「先週の投資主体別売買動向が発表されたが、やはり外国人は売り越しとなった。その前まで買い越していたが、あっさりと売り越しに転じて来たということは、やはり売り方の買い戻しが中心だったと言えるだろう。逆に個人投資家は大きく買い越した。」

H「懸念だな。」

K「どうだろうな。何だかんだ言っても結局海外勢は結構損しているようにも思えるしな。逆に個人投資家の方が売られたときに買い、上げた時に売るという機敏な売買に徹しているように思え、それが上手い具合に相場動向にかみ合っている。」

H「確かに海外勢は安い場面で散々空売りしてきた向き多いが、それが3月SQから踏み上げられてきたんだからな。確かに海外勢の動向の方が相場にかみ合っていない。」

K「ただこのまま下落していくようだと、個人投資家も相場にかみ合わなくなってくる。それだけに今週は言うほど下落せず上昇していくのが好ましいのだが・・。」

H「今週は明日で最後だ。それだけに明日は上昇してくれるのが望ましな。出来るだけ派手に。」

K「ただ下げなきゃ良いじゃないか。今週は揉み合いでも、来週上げりゃ問題ない。まあとにかく今晩の米国市場と為替市場の動向がどうなるかは重要だろうな。」

H「そうだな。しっぱりと反発して欲しいモンだが・・・。どうなるのか注目したい。」
2009.5.21先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。