(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.7【方向感乏しく、小反落】

2009/04/07 11:22|未分類CM:0
NY4連騰してたんで
まあ妥当な調整

場中、コマツを戻ってきたところ売って
頂点でぶん投げド転
ド転したのを底でぶん投げて
再び頂点で買って底でん投げ

さすがに3回も続くと
もう株なんかやねよーって思うねw
ちょこまかとトレードするのは禁止
もうちょっと長めのスパンで
ソフトバンク1464買いで少し取り戻し

後場
ソフトバンクもっと伸びろやー
1500で通せんぼするアホがいた

●エコカー買い換えで最大30万円補助
→自動車関連
●二〇二〇年には太陽光発電量を現在の二十倍程度に引き上げる2兆円規模の支出
→電池関連
●REIT(不動産投信)への資金供給
→不動産関連
●公共事業大幅前倒し・橋梁関連株
→建設、土木関連
●省エネ家電の買い換え促進
→電気機器、小売

で今度は農業分野?
追加経済対策 農水分野で1兆円
2009年04月07日(火) 14時50分

政府は追加経済対策で農水分野での財政支出に1兆円規模の支出をする方針を固めたと日本経済新聞が報じている。米粉や飼料用米増産で補助金を上乗せするとしている。
だってこれだけ追加経済政策でお金をバラまけば
今までドルのバラまきで円高になってたのが
少しは円安になるね
円安になれば株が上がり
ばら撒いて余ったお金は株に向かう

でも、できた借金どうするか
踏み倒すかw


株式オープニングコメント 2009年04月07日08時14分
低位材料系のテーマ物色に向かい易い

 6日のNY市場は下落。ダウ平均は41.74ドル安の7975.85、ナスダックは15.16ポ
イント安の1606.71で取引を終了した。著名アナリストが銀行セクターに悲観的な見
通しを示したことで売り先行の展開となった。今週金曜日がグッドフライデーの祝
日となることや、来週から決算発表が本格化するため、一旦利益を確定する動きも
広がり、終日軟調な展開となった。セクター別では、自動車・自動車部品や資本財
が上昇する一方で銀行や各種金融が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比
45円高の8935円、円建ては同35円安の8855円。ADRの日本株はブリヂストン、ソ
ニー、TDK、デンソー、京セラ、キヤノンなど対東証比較(101.06円換算)で全
般小安い。
 NY市場の流れを受けて、金融関連中心に利食い優勢のスタートとなろう。た
だ、昨日の段階で銀行等の弱さが目立っていたこと、日経平均の9000円接近後の上
値の重さ、NYダウ8000ドル乗せによる目先的な達成感もあり、それ程嫌気する流
れにはならないと考えられる。一方、日米欧の主要5中銀が資金供給の連携強化で合
意したと発表しているほか、為替市場では円安トレンドがみられてきていることも
あり、輸出関連中心に底堅さも意識されることになり、全体としては8800円レベル
でのこう着となりそうだ。そのため、物色としては個別材料株などでの短期値幅取
り狙いの物色に向かい易く、次世代エネルギー関連のほか、経済対策の一環として
政府が検討している公共工事の前倒しが過去最大規模になる可能性から、建設・道
路などインフラ整備関連などへも向かいそうである。また、米インテルが省電力化
のMPUを発売するほか、三菱重はベルギーの発電機保守会社の買収を発表してお
り、ハイテクの一角や原発関連といった関連銘柄への手掛り材料となりそうだ。米
GMは、破産法適用申請の可能性で準備を加速させているとの一部報道も伝えられ
ていることもあり、主力処への物色は手控えられ、低位材料系のテーマ物色に向か
い易い面もあろう。

株式ランチタイムコメント 2009年04月07日11時25分
内需・ディフェンシブ系にリバウンドの動きも

 日経平均は8800円を挟んだこう着が続いていたが、前引けにかけてじりじりと切
り返しており、26.52円高の8884.45円(出来高概算10億7000万株)と前場高値で取
引を終えている。金融セクター主導による米国市場の下落の影響から利食い優勢の
スタートとなったが、昨日の段階で金融関連セクターは弱い動きをみせていたこと
もあって、米金融株の影響はみられていない。ホンダ、トヨタ、デンソー、スズキ
など自動車関連セクターが引き続き堅調なほか、KDDI、ドコモなど通信や保険、医
薬品、不動産、陸運などの主力処が強く、これが日経平均をけん引する格好となっ
た。また、公共工事前倒しが過去最大規模になるとの報道もあって、建設株などイ
ンフラ整備関連もしっかり。東証1部の騰落銘柄は、値上り894に対して値下がり
657、変わらず139と、値上り数が全体の過半数を占めている。
 昨日の日経平均の9000円接近で目先的な達成感が出易いところであるが、トヨ
タ、ホンダなどリバウンドを強めていた銘柄が高値レベルでのもみ合いとなるも、
情報通信や医薬品、陸運といった内需・ディフェンシブ系にリバウンドの動きがみ
られており、これが日経平均の下値の堅さにつながっている。また、テーマ性があ
り、信用取組み妙味の大きい材料株などへの物色も散見されており、こう着ながら
も市場のムードは悪くない。政策決定会合を見極めたいとするムードもあるようだ
が、そもそも期待感からロングに傾いている需給ではないため、売り仕掛け的な動
きが出てくる場面では、その後のカバーを狙った押し目買いスタンスとなろう。

株式クロージングコメント 2009年04月07日16時08分
好循環の物色にむかえるか

 日経平均はこう着が続き、25.08円安の8832.85円(出来高概算22億7000万株)
と、小幅ながら5営業日ぶりに反落となった。金融セクター主導による米国市場の下
落の影響から利食い優勢のスタートとなったが、昨日の段階で金融関連セクターは
弱い動きをみせていたこともあって、米金融株の影響はそれ程みられていない。自
動車関連セクターが引き続き堅調なほか、JR3社など陸運のほか、KDDI、ドコモ
の通信や保険、医薬品、不動産などの主力処が強く、これが日経平均を下支えして
いる。また、2009年度補正予算案は10兆円を超え、過去最大規模になるのが確実と
なったことを背景に、建設株などインフラ整備関連もしっかり。ただ、為替市場で
円安一服となっていたことや、前日までの上昇によって先駆していた銘柄などは利
益確定の動きも出てきており、日経平均が8900円に近づく過程では、上値を追う動
きは限られた。このこう着のなかで、テーマ性のある材料株への物色は目立ってお
り、木村化、東芝プラがストップ高となるなど、原発関連の一角が動意付いていた
ほか、CSKなど業績懸念で売り込まれていた銘柄などには、踏み上げ狙いから短
期資金が集中していた。
 日経平均は朝方こそ8800円を下回る場面もあったが、後場は60円程度の狭い値幅
での推移だった。これまでの8200-8800円レベルのレンジから8800-9300円のレンジ
への移行に向けた価格帯でのこう着であり、上値の重さを嫌気するというよりも、
底堅さが評価される。先駆していた銘柄などは利益確定が出易いところでもあった
が、反対に内需・ディフェンシブ系のリバウンドによって全体を下支えした動き
は、注目される。特にこれまではリバランス中心の売買であったため、売り対象と
買い対象との跛行色が強かった。景気敏感が底堅さをみせ、出遅れのディフェンシ
ブに見直しが入るようだと、相場全体の押し上げとともに、物色の広がりがみら
れ、さらに市場参加者の物色意欲の改善にもつながろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均8832.85 -25.08
TOPIX832.60 +1.63
東証2部指数1864.81 +12.14
日経ジャスダック平均1025.71 -0.51
マザーズ指数315.37 -0.76
ヘラクレス指数486.38 +2.57
東証1部出来高22.76億株
東証1部騰落レシオ127.08%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場では金融株中心に売られて5日ぶりに反落。著名アナリストが複数
の米大手銀行株に弱気な見解を示したことが嫌気されている。ダウは一時150ドル
安という場面もあったが、大引けにかけ下げ幅縮小し小幅安程度で終了。日経平
均は小幅安で始まり寄り後は揉み合い。軟調となる場面もあったが売り込む動き
も見られず前場引けにかけ買われてプラ転に。しかし後場には再び売られてマイ
ナス圏となるも下値もまた限定的。結局前日終値を挟んだ揉み合いが大引けまで
続いた。日経平均小幅安で終了。日経先物の主な買い越し証券はみずほ、UBS、
バークレイズ、野村、岡三。売り越しはニューエッジ、ソシエテ、モルガンS、
JPモルガン、三菱UFJ、藍澤、安藤、大和、クレディなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3632グリー 5730円 +310
昨日同社は同社が提供するSNSサービス「GREE」の会員数が1000万人を突破したと
発表。3月は過去最高となる85万人の月間純増数を記録したと・・・。TVCMなど積
極的な広告宣伝活動などが功を奏したようだ。これにより改めて同社の成長性が
期待され今後の業績拡大期待が強まっている模様。直近の戻り高値を超えたこと
により6000円が次なるラインとして意識されている。そこまで行けば否応なく上
場来高値6300円が意識されそうだ。同社は4月30日に第3四半期決算発表を予定し
ている。

1888若築建設 47円 +11
海洋土木関連株の物色が目立っている。追加経済対策で公共事業拡大が期待され
ている。その中には羽田航空の滑走路を延長し国際線の大型旅客機が離着陸出来
るようにする事業を盛り込むとの報道もあり、関連株として海洋土木株が買われ
ているようだ。他にも1890東洋建設、1893五洋建設、1813不動テトラなどが物色
されている。基本的に公共事業期待で買われていると言うよりは単に低位株物色
の流れが強いと思われ、その物色理由に公共事業という背景を加えている格好だ
と・・・。それだけにこれ以上続く相場にはなりにくいのではと。低位株物色は
かなり色々な銘柄に波及しているだけに、ピークも近いと見る向きも少なくない
ようだ。

8972ケネディクス不動産投資法人 248900円 +35700
今日はREITが総じてしっかりとなっている。派手に物色されている状況ではない
が、プラスとなっているREIT目立っている。今朝の日経新聞では破綻したニュー
シティーレジデンス投資法人が、米大手投資ファンドのローンスターが買収する
と報じられている。また東京新聞では、政府がゆうちょ銀行と日本政策投資銀行
を活用し年間4000億円の融資をREIT支援のために行うと報じている。これらを好
感されているようだ。ニューシティのスポンサーに外資が名乗りを上げた事や、
買収価格も想定より高いとの見方もあり、非常に好材料だとの見方もあるようだ。

4651サニックス 119円 +30
ストップ高。特に材料は出ていないが、低位株物色の流れが同社株にも波及した
模様。昔から仕手性強い銘柄なだけに、上げてくれば短期資金も何処からともな
く集まってくる。小型の貸借銘柄と言うことも思惑を誘いやすく、商い伴ってス
トップ高まで買われた。空売り多く入っているようだと小型株だけに逆日歩跳ね
上がる期待に繋がり、物色も続く可能性はあると期待する市場筋も。明日も商い
伴って空売り更に誘い込めるかが鍵だと・・・。

6255エヌピーシー 4480円 -260
昨日同社は中間決算発表している。既に先日、中間期と通期業績の上方修正を発
表しているだけにサプライズはない。それだけに出尽くし感強まっているようだ。
また昨日一緒に発表されている受注高と受注残高を嫌気している向きも多いよう
だ。9-2月の累計受注高は前年同期比26%減の55億円にとどまっており、受注残高
は前期末から大幅に低下している。受注の鈍化鮮明であり業績伸び一服感を懸念
する声も・・・。今期業績計画は受注残高から達成は十分可能だが、受注の改善
が今後見られないと来期業績は警戒されると。ただ受注の落ち込みは一時的との
見方も当然多い。

===============
◆◇4/8(水)の主な予定!◇◆
===============
3月景気ウォッチャー調査(14:00)
ABCマート、リンクセオリー、さが美、パルコ、大黒天、DJHDなど決算発表
英中銀金融政策委員会(~9日)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
FOMC議事録(9日3:00)
米証券取引委員会(SEC)が空売りの価格規制に関する会合を開く予定
4月7日(火)

H「日経平均は5日ぶりの下落となった。今月初の下落だ。まあ当然の下落だが、逆にもっと下落しても良いくらいだが・・・。」

K「そうだな。反落となったが小幅程度であり、TOPIXはプラス引けだ。非常に底堅いと言えるだろう。」

H「昨晩の米国市場は反落となったが、やはり小幅程度にとどまった。一時は結構派手に下落していたいだけに懸念されたが終わってみれば小幅安だ。」

K「ただ金融懸念が出て来たのが今後どう市場に影響が出てくるのか気になるところだ。昨晩の米国市場では著名なアナリストがバンカメやシティ、JPモルガンなどの大手銀行株を弱気でカバレッジ開始した。これが嫌気され昨晩の米国市場では金融株が総じて売られ市場全体に悪影響を与えた。」

H「まあそれでも指数は結構戻しただけに問題はないだろう。」

K「そうだな。ただ来週から始まるシティなどの大手銀行決算への警戒感強まったのは確かだろう。決算発表近くなれば、それに絡んだ報道が出てくる可能性もあり、それが悪材料となれば再び金融懸念によって全体的に売られてしまう恐れもある。」

H「取りあえず今晩の米国市場ではアルミ最大手のアルコアが引け後に決算発表を行う。これを皮切りに本格的に1-3月の米企業決算発表が出てくるわけだが、場合によっては大きく流れが変わる恐れもあるからな。」

K「そうだな。ある程度は織り込まれているとはいえ、もし予測以上に悪化していれば今後出される企業決算への警戒感が強まるからな。ただ米国市場も日本市場同様に需給が良くなっており買い意欲が強まっている。それだけに押せば買いが支えて意外と底堅さ継続という可能性はある。」

H「今はダウは8000ドル、日経平均は9000円で足踏みという状況になっているが、目先これを超えていけるかどうかだろう。何日も超えられないと、一旦下へ調整という動きになりやすい。」

K「そうだな。ただ今週末はSQだけに、明日辺り大きく動きを見せるんじゃないか。今日は日経平均非常に狭いレンジでの揉み合いだったが、明日は大きく動く事が多いSQ週の水曜日だ。」

H「上に大きく動くならば良いが、下へと言うのは勘弁して欲しいモンだ。」

K「まあそうだが、明日の晩には米国で新たな空売り規制が発表される予定であり、売り込みにくさは強いと思われる。それだけに今晩の米国市場しっかりでアルコア決算も問題なければ、明日は上に抜けるという可能性もあるかもな。」

H「日経平均オプションの建玉残高が過去最高を更新する勢いで膨らんでいる。それだけにSQまでは動いた方向に加速して動くという可能性がある。」

K「どちらかに大きく動いてくればヘッジの売買が活発になり、更にその方向に大きく動くことになるからな。日経平均9000円を超えれくれば、コールを売っている向きがヘッジ買いを先物などに入れてくるため一段高となる期待が強まっている。」

H「逆に派手に下げるようだと、プットを売っている向きがヘッジに動く。」

K「まあ可能性としては空売りの多さなど需給面を考えれば上に派手に抜けるという可能性の方が大きいかも知れない。もちろん米国などで悪材料でも出なければの話だが・・・。」

H「ただ買い上がって行くにも材料が欲しい場面だ。当然9000円は超えさせまいと抵抗する向きだっているだろうし、突破するのもそう簡単ではないだろう。」

K「確かにそうかもな。しかし今日の日本市場は日経平均揉み合いだっただけに、物色資金が低位株に流れたようで、値上がりランキングには低位株がズラリと並んでいる。」

H「まあ低位株物色は今日に始まったわけではないが、明らかに幅広い銘柄に広がっているよな。」K「ああ。中には公共事業関連とかの材料もある低位株もあるが、単純に低位と言うだけで買われている銘柄まで出て来ている。」

H「幕間つなぎ物色との見方も多いようだが・・・。」

K「確かに今日の拡がり方を見れば基本的には幕間つなぎ的な物色だと言える。ただここ数日の動きを見ると全体的な底上げ相場とも言えなくもない。世界的な景気悪化に底入れ感が出て来た為だ。ちょうど2003年に100円割れとなっていた銘柄が次々と買われてきたような状況に近いと言える。」

H「なるほど。それならば本当に株価の底打ちということになるが・・。」

K「どうだろうな。正直まだ何とも言えないだろう。景気悪化の底入れだって疑心暗鬼だしな。」

H「とにかく、景気悪化の底入れによる全体的な株価の底上げという可能性はあるわけだな。」

K「ああ。単純に低位の仕手性ある銘柄や流動性の乏しい銘柄だけが買われているだけではないからな。低位でも比較的にまともな銘柄が先行して買われてきただけに、その可能性はあると言える。」

H「まあこれら低位株も明日以降どういう展開になるか注目したい。」
2009.4.7先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。