(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.31【続落、外部環境の不透明感を警戒】

2009/03/31 11:15|未分類CM:0
NY250ドル下げ
予想より下げたけど
昨日400円も下げるほどじゃないよなー
いつまでGMの問題やってるんだか

為替は95円台まで行って
またも行って来いで98円台に
もうどっかで100円乗せてくると見たほうが自然な感じがするが

FDKとかCAとか持ち越してたけど
FDK持ち越すならGSユアサのほうだった
FDK使えね
東日カーライフもうすでに逆日歩とか関係なしか

後場
初戻しは売れって戻してねーし
3日続落だし

メガバンク売りの
ボロ株、仕手買いすか

場中はオリックス売りのホンダ買い
ホンダは崩れたところで返済して
メガバンク底抜けで売り
りそなってこの前一瞬売り禁だったような気がしたけど
もう解除されたの?


株式オープニングコメント 2009年03月31日08時16分
日計り中心となろうが、一旦は押し目買いのタイミング

 30日のNY市場は大幅下落。ダウ平均は254.16ドル安の7522.02、ナスダックは
43.40ポイント安の1501.80で取引を終了した。ガイトナー財務長官が、幾つかの銀
行は多額の支援が必要になるとの見方を示したことで金融不安が再燃したほか、G
Mなど自動車大手の追加支援の結論が先送りされたことも嫌気された。セクター別
では、銀行や各種金融、保険を中心に全面安となった。シカゴ225先物清算値はドル
建てが大証比5円安の8195円、円建ては同85円安の8115円。ADRの日本株は富士フ
イルム、コマツ、日電産、ソニー、TDK、デンソー、京セラ、トヨタ、キヤノ
ン、三井住友など対東証比較(1ドル97.38円換算)で全般軟調。
 米紙WSJは、オバマ米政権がGMとクライスラー債券に関する最有力案とし
て、破産法適用を考えていると、匿名の政府当局者の話として報じており、手控え
要因となりそうである。NY市場は大幅下落となっているが、昨日の段階でこれを
織り込む格好から日経平均は400円近い下落となっており、売り先行となろうが下値
の堅さも意識されよう。また、日経平均は昨日の急落によって懸念されていた過熱
感を一気に冷ます格好であった。一目均衡表ではサポート意識の雲上限レベルを捉
えているほか、ボリンジャーバンドのプラス1σに接近してきており、テクニカル的
には一旦は押し目買いのスタンスを取るところでもある。年度末でのドレッシング
期待のほか、若干ながらも投信買いが下支えとなる可能性もありそうだ。とは言
え、年度末要因から積極的な売買は手控えられる可能性もあり、昨日同様、先物市
場での大口売買に振らされる可能性もあるため、先物市場を横目で睨みながらの展
開に。また、昨日は後場に入り失速してしまったが、政策期待からGSユアサなど
次世代エネルギー関連の材料株などへは、日計り中心ながらも値幅取り狙いの資金
が向かおう。

株式ランチタイムコメント 2009年03月31日11時25分
雲上限での底堅さ確認ならカバー強まる

 日経平均は反発。72.75円高の8308.83円(出来高概算10億4000万株)で前場の取
引を終えた。30日の米国市場の下落の影響が警戒されたが、昨日の段階で日経平均
は400円近い下げをみせたこともあり、織り込み済みといった流れとなった。また、
GMについては60日間の猶予、クライスラーについては伊フィアットとの提携合意
とも伝えられており、リバウンドの動きが次第に強まっていた。年度末を意識した
ドレッシング期待のほか、投信設定、為替相場の落ち着きなども下支えとなったよ
うだ。また、政府による経済対策などへの期待感も根強い。東証1部の騰落銘柄は値
上り690に対して値下がり867、変わらず145と、値下がり数が過半数を占めている状
況であるが、トヨタがプラスに転じるなど、コア銘柄がけん引した格好であった。
そのほか、昨日、全体の地合いに押されてしまった次世代エネルギー関連なども再
動意をみせている。
 日経平均は直近で空けたマド埋めを完了し、一目均衡表の雲上限レベルでの推移
が続いている。この雲上限レベルでの底堅さがみられているうちは、リバウンド狙
いの買いも入り易いであろう。政策期待から次世代エネルギー関連の中で、信用取
組み妙味の大きい銘柄などへは、日計り商い中心ながらも値幅取り狙いの動きはあ
りそうだ。先高観の強まりづらい環境であるためポジションはロングには傾きづら
く、下値の堅さが意識されてくるようだとリバウンド基調を強めてくる可能性はあ
ろう。新年度入り以降の公的年金による買い期待はなく、需給懸念は燻っている状
況ではあろうが、自民党の国際金融危機対応プロジェクトチームは、政府機関によ
る市場からの株式購入の仕組みを整備するとしており、政策期待からショートカバ
ーが強まることを意識しておきたい。

株式クロージングコメント 2009年03月31日16時40分
仕切り直しで8200円レベル突破を目指したい


 30日の米国市場の下落の影響が警戒されたが、昨日の段階で日経平均は400円近い
下げをみせたこともあり、織り込み済みといった流れから底堅いスタートとなっ
た。また、年度末を意識したドレッシングや追加の経済対策期待などから、次第に
リバウンドの動きが強まり、前場半ばには一時8382.66円まで上昇する場面をみせて
いた。しかし、後場もやや強含みで始まったものの、8383.74円と前場の高値レベル
で上値の重さが嫌気されたほか、年度末による持ち高調整の動きからか、金融関連
セクターを中心に下げに転じてしまった。特に寄り付き水準を割り込んだ辺りから
先物主導で下落基調が強まっており、大引け間際には8088.45円と8100円を割り込ん
でしまっている。8100円は辛うじて維持したものの、126.55円安の8109.53円(出来
高概算23億1000万株)と安値水準で取引を終えている。
 日経平均はサポートとして意識されていた一目均衡表の雲上限レベルを下回って
おり、今後は8200円レベルがレジスタンスに変わることになる。新年度入りを迎え
るが、公的年金による新資金流入への期待がないほか、日銀短観への警戒感なども
影響したようである。目先的には8000円の節目と、25日線レベルが意識され易いと
ころであり、まずは早期に8200円レベル突破を目指したいところであろう。米自動
車問題に対する懸念は燻っているが、GMについては60日間の猶予、クライスラー
については伊フィアットとの提携合意とも伝えられている。また、政府による政策
期待は根強く、追加の経済対策のほか、政府機関による市場での株式買い取り構想
なども検討されているため、仕切り直しの展開に期待したい。また、次世代エネル
ギー関連の材料株についても、本日までは日計り資金中心であり、新年度入り以降
は物色意欲が強まることが期待される。なお、3月の日銀短観の事前予想では、大企
業製造業DIはマイナス55程度と前回のマイナス24から悪化する見通しである。設
備投資計画で注目される09年度の当初計画は、予想レンジがマイナス5.0%からマイ
ナス17.0%、予想平均値はマイナス12.0%辺りとなる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均8109.53 -126.55
TOPIX773.66 -15.88
東証2部指数1822.87 -8.52
日経ジャスダック平均1017.65 -1.76
マザーズ指数306.45 -2.01
ヘラクレス指数467.94 -3.84
東証1部出来高23.18億株
東証1部騰落レシオ115.96%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に続落。米大手自動車メーカー問題についてオバマ大統領
が支援先延ばしを決めた。これにより破綻懸念も再燃し大幅安に。またガイトナ
ー米財務長官が複数の銀行に大規模な支援が必要だと先週末に発言したことから
金融株も大きく売られている。それを受け日経平均軟調に始まるも、昨日は既に
先回り的に派手に下げていたと言うこともあって下値も限定的。また為替が円安
に戻し気味なことやグローベックス米先物しっかりな事も追い風となり日経平均
プラスに。その後、与謝野氏による株価対策発言もあり日経平均一段高に。ただ
前場引けにかけやや垂れ気味に。後場には再び買われるも、買いも続かずその後
はダレダレ。ドレッシング買い期待も強かったが、徐々に期待が剥がれ投げも出
て大引けにかけ一段安に。日経先物の主な買い越し証券はバークレイズ、大和、
三菱UFJ、BNPパリバ、メリル、JPモルガン。売り越しはみずほ、クレディ、ソシ
エテ、野村、モルガンS、ドイツ、UBS、藍澤、ニューエッジなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3105日清紡 928円 +100
ザラバ寄らずのストップ高。今朝の日経新聞では燃料電池向け新触媒を開発した
と報じられている。従来の白金と比べコストが約6分の1となる炭素材料を実用化
し来年春から量産すると・・・。画期的な材料であり燃料電池の普及に弾みが付
きそうだと・・。そうなれば当然、同社の技術はコア技術となるだけに息の長い
収益貢献が期待できるとの見方もあり非常に好材料だと。目先は大台1000円が意
識されそうだが、テクニカル的な過熱感もあるだけに、ザラバ回転されることが
必要だと。

8291東日カーライフグループ 131円 +25
連日物色されており依然相場が続いている状況。最初は上方修正を受け物色され、
その後は逆日歩跳ね上がりに伴う踏み上げ的な思惑で物色された。しかし既に逆
日歩は大きく減少しており、空売りも徐々に進んでいる状況。既にそういう思惑
も通り越して短期資金が集まってきている模様。誘導している短期筋が介入して
いるとの噂もあるようだが、ディーラー救済銘柄との見方も・・・。最後はスト
ップ高してピークを迎えるとの声もあるだけに、まだ続くと見る向き多いが、い
つハシゴを外されても不思議無いだけに注意が必要だと。

2191テラ 316円 -9
上場後、連日小幅に上昇していたいが、今日は一服。昼休みに同社は「サーバイ
ビン」由来のがん抗原ペプチドの独占的実施許諾を取得と発表しているが材料視
する向きは乏しい模様。この材料が良く解らないと言うことや、流動性が乏しす
ぎるという点から、見送る向き多いようだ。また公募価格310円だけに、それより
上値では公募組の戻り売り圧力が非常に強く、それが上値を抑えている面もある
ようだ。

4321ケネディクス 9610円 +1000
昨日同社は三井住友銀行と三菱東京UFJ 銀行を共同アレンジャーとする158億円の
シンジケートローン契約を締結したと発表。これにより暫く資金繰りは大丈夫だ
との見方から好感されている。これを受け日興シティではレポート出しており、
不動産関連セクターの中で、借入金を長期化出来る企業は少なく、金融機関が同
社を支援している為だと指摘し、買い推奨を継続している。昨日まで連日ストッ
プ高していた事などから、寄り付きは大人しかったか売り物こなして結局ストッ
プ高まで買われた。基本的には続かないと見る向きは多いが・・。

6674GSユアサ 484円 +19
しっかり。ここ数日上値の重さも目立ってきているが、次世代電池関連株の中心
的な銘柄と言うこともあって、毎日買われる場面は見られており、買い意欲は依
然旺盛な銘柄のようだ。ディーラーも参加しやすい銘柄だと言うのも底堅さに繋
がっている模様。また一部報道では三菱自動車が電気自動車の販売台数増へと報
じられており、三菱自動車と共同でリチウムイオン電池事業を行っている同社に
思買い惑生じた面もあるようだ。節目の500円をいつ超えてくるのか注目されて
いる。

===============
◆◇4/1(水)の主な予定!◇◆
===============
3月調査日銀短観(8:50)
2月デジタルカメラ出荷(10:00)
3月新車販売(14:00)
国民年金保険料引き上げ
「年金定期便」を全加入者に発送開始
日本郵便と日本通運が宅配便事業を統合した新会社「JPエクスプレス」を設立
2269明治HD、3151バイタルKSK、3635コーエーテクモHD、5857アサヒHDが設立・新規
上場
西松屋チェーン、ハニーズなど決算発表
中国政府が輸出時の増値税還付率引き上げ
中国3月CLSA製造業PMI
ユーロ圏2月失業率(18:00)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米3月チャレンジャー人員削減数(20:30)
米3月ADP雇用統計(21:15)
米3月ISM製造業景気指数(23:00)
米2月中古住宅販売保留指数(23:00)
米2月建設支出(23:00)
米3月新車販売
3月31日(火)

H「年度末の日経平均は大幅続落となって引けた。今日はさすがに反発して引けるかと思ったが、期待のドレッシング買いは不発に終わった。」

K「昨晩の米国市場は想定通り派手に下落して引けた。米自動車メーカー問題が要因だが、昨日の日本時間から報じられていた内容とほぼ同じで、結局米国市場はどんでん返しなく派手に下落した。」

H「それに米ガイトナー財務長官の発言も嫌気されたようだ。金融不安を煽るような事を先週末テレビで発言したらしい。」

K「そのようだな。いくつかの銀行が多額の資金注入が必要だと・・。せっかく乏しくなっていた金融不安も再燃した格好で、昨晩の米国市場では金融株が随分と売られていた。」

H「でも為替が円安に戻してきていたな。昨日の夕方にはエライ円高進んでいたが、その水準と比べれば随分と戻したと言える。」

K「そうだな。今日の日本市場は為替が戻した安心感もあったんだろう。売り一巡後はそうそうに買い優勢となった。更に与謝野氏がETF買い取りなどの株価対策を検討していると発言したことが伝わると日経平均上げ拡大していった。」

H「でも市場ではどうせ口先だけだという見方が大勢であり、買い一巡後はダラ下げだ。後場にはドレッシング買い期待もあっただけに再び買われたが、それもそう続かず結局売られて終わっている。」

K「明日の警戒もあったんだろうな。明日の日銀短観を確認したいという・・。正確にはそれを受けどう市場が反応するのか確認したいと言うことだろうな。」

H「ただグローベックス米先物伸び悩んでいるとはいえプラス圏での推移だったわけだし、いくらなんでも日経平均弱すぎだろう。日銀短観にしても、ほぼ織り込み済みだろうし・・・。」

K「でも年度末にポジション整理しておきたいという向きも多いだろうし、米国市場だって今晩どうなるか不透明だ。」

H「確かにそうだが・・。」

K「それと後場には先物にまとまった売りが見られており、売り仕掛けとの話もある。ドレッシング買いが入らないと踏んで仕掛けてきた可能性もあるだろう。それをやられるとドレッシング買い期待で買っていた向きの投げを誘うことなるからな。」

H「まあ今日は下げてしまったが、為替が円安水準に戻してきたのは大きいな。ユーロ円は戻しきってはいないものの、それでも結構戻したし、ドル円はほぼ元に戻している。」

K「そうだな。明日から名実共に新年度相場入りだ。気持ちよいスタートとなって欲しいが、果たしてどうなる事やら。」

H「ただ株価対策や追加の景気対策などの期待もあるだけに、日銀短観無事通過できれば昨日今日の下落の反動で素直に買われると思うけどな。」

K「ああ。しかし解消されると期待されていた米大手自動車メーカー問題が結局問題先送りという結果となったし、GMに関しては破産法申請しての政府救済との可能性が非常に高まったと言える。そうなれば景気への悪影響はある程度避けられない。それは正直まだマーケットに織り込まれていないと言える。」

H「つまり今後はそれを徐々に織り込みに行くと・・・。」

K「その可能性はあるだろう。ただ猶予が60日間あるだけに暫くは大丈夫じゃないか。いずれにしろ嫌な問題があとに先延ばしにされたと言うことだけに、いずれはまた懸念材料になるのは間違いない。」

H「今日引け後に発表された先週末時点の信用買い残だが、遂に売り残が買い残を上回った。これは7年ぶりの事だ。買い残は大きく減少し9000億円も割り込んだ。一方の売り残は増加し1兆円弱まで膨らんだ。」

K「希に見る好需給状態だな。これで好材料でもポポポンと飛び出せば、非常に面白い相場になるんだが・・・。」

H「好材料ね~。明日の日銀短観は期待薄だし、2日の金融サミットでも微妙だな。それより週末の米雇用統計か・・。これがサプライズ的に言うほど悪くないジャンということになれば面白いかもな。」

K「いずれにしろ新年度相場入りそうそう活発に動く向きは乏しいだろうからな。多くが方向感を探りながらの手控え気分でという取り組みになるだろう。」

H「そうだな。まあ新年度相場どういう展開になっていくのかしっかりと見極めたい。」
2009.3.31先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。