(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.26【権利落ち分を埋めて反発】

2009/03/26 11:14|未分類CM:2
NY150ドルくらいは上げて
配当とGUでウハウハだと思ってたのに
米国債入札が低調に終わり
長期金利が上昇したことで一旦下落する場面があった
だってよ

毎年、配当落ち分
すぐに埋めてる印象があるんだけど「
今日も配当落ち分埋め
高配当のその他金融が配当と値上がりでうまー状態
クレディセゾンのS高が影響してるのかな

昨日の弱さは安く仕込むためだったのか?
今日は結構強い
だまされたか

後場、最近思うのが
『底で買おうとしない、天井で売ろうとしないこと』
上がりすぎだからそろそろ下がるだろうと売り
下がりすぎだからそろそろ上がるだろうと買い

昔あるトレーダーが
急落してる銘柄を買って
急騰してる銘柄を売って
基本ロスカットしない、してもかなり遅い
っていう手法の人がいた。
勝ってるうちは『今年負けなしじゃないですか天才ですね』とか言われてたけど
ミャンコには破滅願望があるとしか思えなかった
結局最後は大きくやられたのか
ある日忽然とブログはなくなってた

何が言いたいのかというと
後場そろそろ下がるだろうと空売りして
利益になったけど
それ運が良かっただけですから
へたくそのくせに何トレンドに逆らってんだよ
何様?
という戒め

上がりすぎだからそろそろ下がるだろう
下がりすぎだからそろそろ上がるだろう
下手にトレンドに逆らわず
上がってるならどこまでも上がる
下がってるならどこまでも下がると思って
そのトレンド崩れるまで乗っていけ

後場後半はトレンドに乗れた


株式オープニングコメント 2009年03月26日08時15分
ショートカバーの流れは引き続き継続

 25日のNY市場は反発。ダウ平均は89.84ドル高の7749.81、ナスダックは12.43ポ
イント高の1528.95で取引を終了した。2月耐久財受注や新築住宅販売を好感して朝
方は上昇して始まった。米国債入札が低調に終わり長期金利が上昇したことで一旦
下落する場面もあったが、引けにかけて再び上昇に転じている。セクター別では銀
行や各種金融が上昇する一方で運輸や電気通信サービスが軟調。シカゴ225先物清算
値はドル建てが大証比20円高の8460円、円建ては同65円安の8375円。ADRの日本
株はブリヂストン、デンソー、三井物、花王が小安い半面、日電産、ソニー、トヨ
タ、ホンダがしっかりなど、対東証比較(1ドル97.68円換算)で高安まちまち。
 米国ではこのところの住宅関連指標の改善傾向がみられてきているほか、米財務
省が発表した銀行以外の金融機関を対象にした破綻処理法制の概要発表などの金融
安定化策を受けて、市場は一先ず落ち着きをみせている。そのためショートカバー
の流れは引き続き継続することになりそうである。実質新年度相場入りとなるが、
配当落ち分は概算で82円程度であり、これを考慮すると日経平均は8400円を挟んだ
スタートが予想される。これまでの急ピッチの上昇によってテクニカル面での過熱
感を指摘する向きも多かっただけに、権利落ちによる価格低下によって改めて物色
意欲が強まるかが注目されるところであろう。一方、期末株価を意識する半面、月
中平均意識によって月末までの株価をそれ程気にする動きがないとの見方もある。
昨日段階での月中平均は7615円程度であり、7500円オーバーで問題がなければ機関
投資家の売却の動きが強まる可能性も考えられる。ただ、みずほコーポ銀が日銀の
銀行保有株買い取り制度を利用したことが伝えられている。今後相場が上昇する過
程で同制度を利用する銀行が増えるであろうが、市場への売り圧力がない半面、シ
ョートカバーが一段と強まる需給となるため、昨12月末株価の8800円レベルへの上
昇も意識しておく必要はありそうだ。また、外国人の売りについても、各国金融市
場の安定化によって反対に保有を比率を引き上げてくることも考えられる。引き続
き、売り込まれていたセクターや需給妙味の大きい銘柄に対する買戻しの動きに注
目したい。

株式ランチタイムコメント 2009年03月26日11時37分
ショートカバー中心の上昇を強め易くなっている

 日経平均は反発し、43.10円高の8523.09円(出来高概算9億株)で前場の取引を終
えている。小反落で始まったものの、権利落ち分(82円程度)を下回らず底堅いス
タートとなった。その後は8400円を挟んだこう着が続いていたが、前場半ば辺りに
8500円を回復してくると、大引けにかけてはショートカバーを強める格好から前場
高値で取引を終えている。先物市場でも、寄り付き直後に8500円を付け、その後調
整をみせていたがイブニング取引とのマド埋めレベルで下げ止まり、8500円回復後
は売り買いが交錯していたが、ショートカバーによって踏み上げの動きにつながっ
たようである。権利落ちの影響から東証1部の騰落銘柄は値下がり数が上回っている
状況であるが、次世代エネルギー関連を中心とした材料株物色が強まっており、実
質新年度入りにより短期筋のフットワークは軽い。
 テクニカル面での過熱感などが強く意識されており、積極的にロングポジション
を取りに行く参加者は限られているとみられる一方、米金融安定化策による金融不
安後退の影響からショートカバーの流れが継続している状況であり、下値の堅さが
意識される毎に、カバーの動きを強めている。次世代エネルギーなどの材料株物色
が目立っているが、株価水準をみると100-300円台の低位よりは1000円未満程度の価
格帯の銘柄に資金が向かっている。短期資金は少ない株数での値幅取り狙いであ
り、低位株での株数を増やしての小幅な値幅取りにはリスクを感じているようであ
る。それだけ市場環境自体にも安心感が持てない状況であるためポジションが大き
くロングに傾き難く、ショートカバー中心の上昇を強め易くなっている。引き続
き、需給妙味の大きい銘柄でのカバー狙いのほか、日経平均では12月末の8800円レ
ベルを意識しておきたい。

株式クロージングコメント 2009年03月26日16時31分
12月末の8800円レベルを引き続き意識

 日経平均は、156.34円高の8636.33円(出来高概算19億株)とほぼ本日の高値水準
で取引を終え、終値ベースでは1月9日以来の水準を回復してきている。権利落ち分
(82円程度)を下回らず底堅いスタートとなった後は、8400円、8500円レベルでの
こう着もみられていたが、米金融安定化策による金融不安後退の影響からショート
カバーの流れが継続している状況であり、下値の堅さが意識される毎に、カバーの
動きを強めている。前場段階ではこう着が目立っていたことから、次世代エネルギ
ー関連の物色が強まっていたが、後場は先物へのカバーによってインデックスに絡
む主力中心の上昇となっていた。
 金融市場の安定化によってショートカバーの動きを強めているが、ベア型ファン
ドの基準価格が急速に下がってきていることもあり、換金(解約)の動きが出てい
るとの見方もされており、225先物への買いにつながっている。信用残高についても
倍率が1倍を下回る取組み妙味の大きい銘柄が依然として多い。また、日経平均をみ
ても、過熱感が相当強い中では積極的なロングポジションを取る向きもなく、一方
でこれといった調整がないことでショートカバーが一段と強まっている状況であ
る。本日も心理的な節目である8500円が抵抗から支持線に変わったとなると、ショ
ート筋にとってはカバーを強めざるを得ない。また、三菱UFJが、米モルガンと
の証券子会社を2010年3月末をメドに統合すると発表した。米紙WSJでは、さらに
米シティ傘下企業の買収を行い、証券事業拡大を目指すと報じており、報道通りの
動きが出てくるようだと、さらに金融市場への不安感が後退する可能性がある。ま
た、月内に米GMなど自動車問題が解決の方向に向かうとなれば、カバー中心で期
末に向けて一段高の可能性も強まる。まずは、12月末の8800円レベルを引き続き意
識しておきたいところである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均8636.33 +156.34
TOPIX826.81 +8.32
東証2部指数1837.99 -14.19
日経ジャスダック平均1018.86 -8.95
マザーズ指数306.62 -2.08
ヘラクレス指数468.95 +0.94
東証1部出来高19.04億株
東証1部騰落レシオ121.66%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は反発。予想を上回り経済指標が相次いでダウは一時200ドル以上
も上昇する場面あったが、午後には失速。マイナスに転じるも大引けにかけ再度
買われてプラスで終了。日経平均は権利落ちと言うこともあって軟調に始まるも
売り一巡後は主力株中心に買われていく。配当落ち分を完全に埋めて日経平均は
8500円台に。グロベの米先物しっかりな事が買い安心感に繋がっている面もある
ようだ。後場もしっかりの展開で大引けにかけては先物にショートカバーの動き
加わって日経平均一段高に。ほぼ高値で引ける。先物はヘラタイムに一段高。日
経先物の主な買い越し証券はBNPパリバ、立花、バークレイズ、ソシエテ、GS、
UBS、ニューエッジ、モルガンS。売り越しは大和、SBI、松井、クレディ、ドイツ、
野村、楽天など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6674GSユアサ 479円 +22
今日は電池関連株が総じてしっかり。明日設定されるトヨタFS・ハイブリッドカ
ーファンドへの期待があるようだ。同社株などは組み入れられると期待されてい
るだけに、先回り的な買いも入っている模様。また同社株はディーラーなども入
りやすい銘柄であり、今日から実質新年度相場と言うこともありディーラーも動
きやすくなっている事も影響しているようだ。やはり目先は500円が意識されそう
だと見る向き多し。

6255エヌピーシー 4650円 +250
同社株や6728アルバック、6890フェローテックなど太陽電池製造装置関連株が総
じてしっかり。今朝の日経新聞では太陽光発電などの新エネルギーの家庭への普
及を目指す企業の商戦が熱を帯びてきたと報じられている。政府や各自治体の補
助制度により新エネルギー導入家庭が増えることが見込まれており、改めて関連
株の将来性に期待する買いが入っているようだ。またこれらは今年の有力テーマ
になり得るだけに、新年度入り後に買ってくる機関投資家なども多いのではと言
う期待感もあるようだ。

8253クレディセゾン 970円 +70
ザラバ寄らずのストップ高。昨日はアトリウムを完全子会社化するとの報道を受
け、大きく売り込まれていた。引け後には下方修正も発表していたが、アトリウ
ムの再建策なども発表しておりアク抜け感に繋がっている模様。またこれを受け、
UBSがBuyに格上げし、他にもGS、CSが買いを継続している事も買い安心感に繋が
っている模様。一方完全子会社化されるアトリウムは交換比率にサヤ寄せする格
好でストップ安まで売られる場面も見られた。しかしクレディセゾンが明日以降
更に上げるとの見込みから、交換比率に先取り的にサヤ寄せする動きで下げ縮小
して引けている。

4553東和薬品 4380円 +330
ジェネリック薬品株が総じてしっかり。今日の日経新聞一面では厚労省が2013年
度までに全国145カ所の国立病院で使用する後発医薬品の比率を現在の2倍以上に
引き上げる方針を固めたと報じている。これを受け関連企業は将来的に業績拡大
が期待出来るとの思惑が働いたようだ。他にも4555沢井製薬、4541日医工もしっ
かりと買われている。今朝のGRAILメールで今日の注目材料株として取り上げた
銘柄。

6208石川製作所 70円 +7
防衛関連株として物色されている模様。北朝鮮のミサイル問題で、既に発射台に
設置されたと報じられた事によりテポドン2号発射近いとの懸念が強まっている。
過去にも北朝鮮ミサイル発射で同社株が物色された経緯があるだけに、今回もそ
れを背景に物色されているようだ。また以前から短期筋が出入りしている銘柄な
だけに、仕掛け的な動きも入っているのではと見る向きも・・・。それだけに明
日以降の動向が注目されている。

5563日本電工 296円 +30
大幅上昇。先日、リチウムイオン電池材料の新工場を建設すると報じられていた
こともあり、電池関連株として物色されているようだ。明日設定されるハイブリ
ッドカーファンドへの期待もある模様。今期業績は大幅な減益を見込むが、今期
が底で来期以降は再び増益基調に戻るとの期待も強い銘柄なだけに、地合改善で
は買われやすいと・・・。目先300円を超えられればPBR1倍程度の400円辺りが目
処になりそうだと期待する声も。

===============
◆◇3/27(金)の主な予定!◇◆
===============
2月消費者物価(8:30)
2月商業販売(8:50)
ニトリ、トーセ、ジーンズメイト、ウェザーニューズ、ナイガイ、日本化薬、
宝印刷など決算発表
上海万博のチケット販売開始
米2月個人所得及び個人支出(21:30)
米3月ミシガン大学消費者信頼感指数改定値(23:00)
KBホームなど決算発表

3月26日(木)

H「日経平均は大幅な反発となった。日経平均は150円以上の上昇となったが、配当落ち日だったことを考えれば実質的には230円以上の上昇だとも言える。」

K「配当落ち分を全て即日埋めてしまった。この動きは非常に強い動きだと言える。TOPIXに関して言えば9日続伸だ。つまりSQ日から毎日TOPIXは上げていると言うことになる。昨晩の米国市場が上昇したことが好感されているが、実質的には公的年金買いによる上昇と言えるだろう。」

H「だろうな。実質新年度相場入りとなる今日も果たして公的年金買い入るか注目されていたが、しっかりと入っていた。やはり年度末へ向け株価をある程度作っておきたいという意図があるようだ。」

K「そうだな。まあこれだけ上げればもう十分とも言えるが、あからさまに月末にガツンと株価をつり上げてくる可能性もある。それだけに安易に空売りなどは入れにくい。どうせ売るなら月末だと思っている向きも多いだろう。」

H「ただそう単純に4月から下げることになるかね。ここに来て米国市場もしっかりだし、為替も円安水準で依然として推移している。それに米国で発表された経済指標が最近改善が見られており、もしかして景気悪化の最悪期は既に脱したのではという期待もある。」

K「確かにそうだな。実際に最悪期を既に脱しているのであれば、今の株価が高いとも言えないかもな。つまり4月以降の反動安も無い可能性もあるかもしれない。」

H「だろ。昨晩の米国で発表された耐久財受注は市場予測を大幅に上回り前月比増加となった。新築住宅販売も同様だ。前月比減少見通しが増加だからな。最近は住宅関連指標がことごとく予想を上回っており、住宅市況の底打ちが見えてきたと期待する声も多い。」

K「住宅問題から始まった今回の不況だからな。住宅市況の改善は非常に好感される材料だ。しかし最悪期は脱したと判断するには時期尚早だろう。」

H「まあ確かにそうだな。昨晩の米国市場はそれらの経済指標を好感しダウは一時200ドル以上も上げる場面見られた。しかし後場には大きく失速してしまった・・。」

K「ああ。米5年物国債の入札が低調だった事が伝わると全体的に利食い売りが優勢となった。ダウは結局+200ドルから-100ドルという荒い展開となった。その後結局大きく戻して引けているものの、先行き懸念残した格好だと言える。」

H「確かにそうだな。乱高下し始めると過熱感も強いと言え、そろそろ戻りのピークかと警戒する見方も出てくる。それにやはり国債の入札が低調なのは先行き懸念だ。国債の需給悪化が続くようだと米国は財務懸念が強まる。」

K「まあそれを避けるため、FRBが国債を買い取るのだが、一歩間違えればドルの急落に繋がることだからな。確かに懸念材料だと言える。」

H「米国債の入札が低調なのはたまたまというならば良いんだが・・・。」

K「いずれにしろ今後は注目しておくべきだろう。」

H「そうだな。取りあえず日本市場は今月一杯は堅調な展開は期待できそうだし、あと3日間で何処まで上げられるのか注目だな。既に9000円も射程圏だ。」

K「ああ。強気な見方では今年の高値である9300円台もあり得ると見ている向きもいるようだ。幾ら何でもそりゃ厳しいとは思うが・・・。」

H「ただこの先上げれば上げるだけ4月以降の反動安が懸念されることになる。それだけは注意したい。」

K「ただそのタイミングで追加の景気対策や株価対策など打ち出せれば大した反動安にもならないかも知れない。まあ難しいとは思うけどな。とにかく海外勢の動向が重要だろう。依然として奴らの売りは継続しているだけに、その流れが今後再度強まるのか、衰えていくのか、結局はそれ次第だ。」

H「でも米国市場これだけ戻してきている状況でも海外勢の売りが止まらない所を見ると、米国関係なく取りあえず売らなきゃいけない向きはまだまだ多いように思える。」

K「そうだな。まだまだ解約を凍結しているヘッジファンドも多いと言われており、それらが凍結解消となれば、再び嵐のような売りが出てくる懸念は否めない。それだけに楽観的になるのは、全くもって早すぎる。」

H「だろうな。まあ取りあえず今月あと3営業日。しっかりとした展開を見せて欲しいモンだ。」
2009.3.26先物チャート
スポンサーサイト
コメント
ズキューーーンな戒め。
反省するきっかけをありがとうございます。
妻突き #-|2009/03/27(金) 03:27 [ 編集 ]
妻突きさん、こんちわ

順張りなら上がると思って買って
上がらなかったらロスカットすればいいだけですが
トレンドに逆らっての逆張りと素早いロスカット
両立させるのは至難の業ですね
ある程度自分が思ったほうと逆に動くことを許容してるんで

ミャンコの場合含み損が嫌いなんで
損が出てる銘柄からばんばかカットします
だから逆張りなんて絶対できませんw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/03/27(金) 15:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。