(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.25【売り先行も底堅い展開】

2009/03/25 11:10|未分類CM:0
NYは想定通りの押し
想定通りだからか?
GUしたんだけど下に
どこも全然元気がないね

その代わり新興がつえー
CAとか値幅制限がなければどこまでも行きそう
そう言えば東証のシステムを新しくするのにあわせて
今年から値幅が1.5倍に拡大するって話しどうなったんだろう?

今日は権利付最終日ってことで
銀行に入ってた資金を入金して
寄りでまずは60銘柄ほどクロス
5000マソまで手数料1800円なんで
微妙なのもとるかもw

後場、行くんかいって買って
押したら買って買って
ダラダラとまったく買う気0の下げでぶん投げ

アトリウムがセゾンの子会社にでS高173
引け後出た合併比率が
アトリウム1対クレディセゾン0.13株
クレディセゾン900円だからアトリウムは117円か
これってm9(^Д^)プゲラじゃね?
こんなこともあるんだね覚えとこ
って言ってもいつも気づいたときには売買停止になってるんだけど

優待両建て92銘柄?
場中やることなかったってのと
今日は仕込みの日のはずがあまりに現物が弱いんで
予定より持ち越し少なめってことで余力あまって無駄に取ってしまったかもw
消してあるのは先月お安く拾ったサイバーエージェントとかで
優待に関係ない銘柄
レオパレスは一般信用で両建て
ミャンコ調べでは3000円くらいの価値があるとか
無題
無題1
無題11


株式オープニングコメント 2009年03月25日08時19分
目先一服も、配当取り、需給妙味銘柄には買い戻し強まる

 24日のNY市場は反落。ダウ平均は115.89ドル安の7659.97、ナスダックは39.25
ポイント安の1516.52で取引を終了した。昨日の急騰を受けて朝方から利食いが先行
した。午後になって一旦上昇に転じる場面もあったが上値は重く、引けにかけて金
融を中心に再び下落に転じる展開となった。シカゴ225先物清算値は、ドル建てが大
証比20円高の8420円、円建ては同60円安の8340円。ADRの日本株は富士フイル
ム、ブリヂストン、コマツ、ソニー、TDK、京セラ、トヨタ、ホンダ、三井住友
など対東証比較(1ドル97.81円換算)で全般軟調。
 日経平均は一時8500円を回復した達成感と急ピッチの上昇に対する過熱感、NY
市場の下落影響もあって戻り一服との見方が大勢であろう。一目均衡表の雲上限を
捉えていることもあり、雲の水準でのこう着が予想される。ただ、本日は権利付き
最終日となることから公的年金などによる配当取りの動きが強まる可能性はありそ
うであり、主力処にも高配当の銘柄が多く、その中で需給妙味の大きい銘柄などへ
は買戻しの動きが強まりそうである。また、NY市場では金融セクターが利食いに
押されていたが、昨日の段階で金融関連セクターは後場辺りから上げ一服をみせて
おり、反対に小売のほか、倉庫など出遅れセクターへの買戻しが強まっていたこと
もあり想定内の流れであろう。
 その他、中国政府が内需拡大に向けて、農村部で40万店舗の小売販売網を構築す
ると報じられており、小売や白物家電などのセクターや農機など農業関連などへの
手掛り材料になりそうだ。個別では大引けに、225採用となるマルハニチロ<1334>に
買い需要が発生する。材料株についてはディーラーなどは動きづらい時期でもあ
り、個人投資家も安いところを意識すると明日以降の権利落ちを狙ってくる可能性
もあるため、材料株の商いが活発化すると言うよりは、年金などのインデックスに
絡む銘柄が主導することになろう。
 日経平均は7000-7500円、7500-8200円レベルのレンジを次々にクリアし、現在は
8200-8800円のエリアに入っており、節目の8500円到達による達成感から利食いの動
きを強めたとしても、8200円レベルでは押し目買いのほか、売り方の買戻しも強ま
ろう。

株式ランチタイムコメント 2009年03月25日11時31分
想定内のこう着、大引けにかけて買戻しの動きも

 日経平均は反落。61.58円安の8426.72円(出来高概算9億株)で前場の取引を終え
ている。昨日の一時8500円回復による目先的な達成感や急ピッチの上昇に対する過
熱感が燻る中、NY市場の下落の影響もあって利食い押される展開となった。た
だ、寄り付きは若干ながらプラスで始まっているほか、その後の下げ幅も小さく、
全体としては底堅さが意識されている。下げの目立っている証券、ノンバンクなど
も直近のリバウンドの反動といったところであり、メガバンクは底堅い値動きであ
る。セクターでは鉄鋼が堅調なほかは、電力・ガス、情報通信、食料品、陸運とい
った内需系ディフェンシブが上位に位置しているが、リバランスの動きと言うより
は、買戻しからリバウンドを強めていたセクターが一服している影響であろう。東
証1部の騰落銘柄は値上り925に対して値下がり644、変わらず136と、値上り数が過
半数を占めている状況である。
 想定されていた一服といったところであり、日経平均は一目均衡表の雲上限レベ
ルでの攻防を続けている。年度末の影響から積極的な商いは限られており、材料株
についても強い銘柄が散見されるものの、短期資金集中による盛り上がりに欠けて
いる。8200円レベルまで調整してくるようだと押し目狙いの動きも出てきそうであ
るが、これといった押しもないため、様子見姿勢となっているようだ。また、目先
的な達成感なども意識するものの、売り仕掛け的な動きも取りづらく、ショート筋
に取っても参加しづらい。
 ただし、8400円レベルでの底堅さが意識されてくるようだと、年金資金による買
いのほか、大引けにかけて買戻しの動きが強まる可能性はありそうだ。また、新年
度以降の需給面に対する不安があるものの、実質新年度入りする明日以降、月内ま
での強い相場展開を意識した先回り的な動きも意識されてこよう。引き続き、売り
込まれていたセクターや需給妙味の大きい銘柄に対する買戻しの動きに注目した
い。

株式クロージングコメント 2009年03月25日16時15分
権利落ち分入れても雲がサポートに変わる可能性

 日経平均は小反落。8.31円安の8479.99円(出来高概算22億5000万株)で取引を終
えた。昨日の一時8500円回復による目先的な達成感や急ピッチの上昇に対する過熱
感が燻る中、NY市場の下落の影響もあって利食いに押される展開となった。た
だ、寄り付きは若干ながらプラスで始まっているほか、その後の下げ幅も小さく、
全体としては底堅さが意識されている。後場に入るとインデックスに絡む売買によ
って再び強い動きをみせ、一時8553.01円まで上げ幅を広げていた。セクターでは、
下げの目立ったノンバンクは直近のリバウンドの反動のほか、クレセゾンの下落イ
ンパクトが大きい。一方、電力・ガス、情報通信、食料品、陸運、医薬品といった
内需系ディフェンシブが上位に位置しているが、リバランスの動きと言うよりは、
売り込まれていたセクターの買戻しのほか、年金資金による配当取りの買いなども
入ったと観測される。日経平均は小反落ながらTOPIXはプラスレンジで引けているほ
か、東証1部の値上り数は1000を超えている状況であり、警戒感だけでは売り込めな
い状況であった。
 日経平均はこう着感の強い相場展開ではあったが、一目均衡表の雲上限を辛うじ
て突破してきている。且つ、この雲は明日には8400円レベルに下がるため、70円程
度とみられる配当落ち分を考慮しても横ばいであればサポートとして意識されるこ
とになりそうだ。テクニカル的な過熱感などが燻っている状況でもあり、権利落ち
後の安いところを拾うスタンスもあったとみられ、実質新年度入りとなることもあ
って、押し目買い意欲は強まりそうである。また、過熱意識からショートポジショ
ンも改めて積み上がっている感もあり、底堅さが意識されるようだとショートカバ
ーによる一段高が期待されよう。新年度以降の需給面に対する不安があるものの、
実質新年度入りする明日以降、月内までの強い相場展開を意識した先回り的な動き
も意識されるため、引き続き、売り込まれていたセクターや需給妙味の大きい銘柄
に対する買戻しの動きに注目したい。日経平均は8200-8800円の価格レンジに移行し
ており、2月の戻り高値レベルをサポートしている間は、12月末価格の8800円レベル
を意識したスタンスである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均8479.99 -8.31
TOPIX818.49 +5.77
東証2部指数1852.18 +8.38
日経ジャスダック平均1027.81 +5.89
マザーズ指数308.70 +10.53
ヘラクレス指数468.01 -0.65
東証1部出来高22.52億株
東証1部騰落レシオ116.99%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は前日の急騰の反動で反落に。金融株中心に利食い売りが出て指
数を押し下げている。押し目買いも入って底堅さも見せたが、結局ダウは100ドル
以上の下落となった。しかし日経平均は小高く始まる展開に。だが寄り後は手仕
舞い売り優勢の展開で日経平均マイナスに。売り一巡後は売り込む動きも見られ
ず揉み合い。今日は3月末権利取り最終日ということもあって全体的に手控え感
強い。後場は公的年金買い入ったようで日経平均プラスに転じ8500円台乗せて来
るも、その後は再び失速。しかし下値も限定的で結局小幅安で終了。日経先物の
主な買い越し証券はBNPパリバ、クレディ、野村、バークレイズ、GS、UBS、JPモ
ルガン。売り越しはドイツ、大和、モルガンS、藍澤、メリル、安藤、ソシエテ、
ニューエッジなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4813ACCESS 239100円 +14300
今日は新興市場銘柄にしっかりと買われている銘柄目立っている。権利取り最終
日だけに物色難の状況だけに短期資金などが、比較的に配当妙味など乏しい新興
市場に流れた面もあるようだ。また同社株に関しては本日引け後に本決算発表を
控えており、先日上方修正しているだけに期待感強まっている様子。前期分に関
しては既に上方修正済みだけにサプライズは無いが、注目は今期業績見通しだと
・・・。増益が見込まれているだけに期待感の買いも多いのではと。引け後発表
された今期業績見通しは増益ながら期待外れとの声も。明日の動向が注目される。

8993アトリウム 173円 +50
ストップ高。14時に日経ニュースでクレディセゾンが同社株を完全子会社化する
方向で最終調整に入ったと報じた。この報道を受け株価は急騰。ストップ高まで
一気に上昇し、直後に売買停止に。そのまま引けている。報道によれば株式交換
方式による完全子会社化を軸に調整しているとの事ながら、細かい交換比率など
は不明。引け後に両社は正式に発表。交換比率は同社株1株に対してクレディセ
ゾン株0.13株を割り当てると・・。アトリウム株主に取ってはかなり不利な交換
比率となっている。ただこうでもしないとアトリウムは破綻していた可能性高い
だけに仕方ないと。明日は反動安は避けられそうもないと見る向き多い。

8253クレディセゾン 900円 -120
大幅安。14時の日経ニュースを嫌気し派手に売り込まれている。アトリウムを完
全子会社化とのことから、同社に取って負担が増すとの懸念が強まったようだ。
今の連結子会社の状態でも同社の業績に悪影響与えているだけに、完全子会社化
となれば更に同社の業績圧迫に繋がるとの見方多いようだ。引け後同社は下方修
正を発表。今期純利益は大幅な赤字に転落。連結子会社であるアトリウムの事業
再建計画に絡んだ特別損失を計上する事が主な要因。最近株価も戻り基調だった
だけに明日以降も手仕舞い売り続きそうだと見る向き多い。

9022JR東海 592000円 +48000
大幅上昇。昨日同社は2月の東海道新幹線の乗客数が前年同月比10%減となったと
発表。しかし嫌気する動きにはなっていない。それよりも3/1から23日までの速報
値が前年同月比5%減となっているとも発表しており、3月は2月よりも改善する可
能性が高いとの事から好感されているようだ。また今日は年度末売買最終日であ
り、借り株による空売りの買い戻しが活発に入っているとの見方も。優待目当て
の買いも入っているようだが、権利取り最終日に優待目当てで普通はここまでは
買われないと・・。

2432DeNA 35万円 +12000
連日で今年の高値を更新。特に材料は出ていないが先月からしっかりの展開を続
けている。ファンド勢が拾ってきている数少ない銘柄だと・・・。ここに来て株
価は揉み合い上離れ、上げ足も早めてきているだけに目先200日移動平均線の40万
円辺りが意識されているのではと。もしくはモルガンSの目標株価である38万円辺
りか・・。今日は他のネット関連株のミクシィやグリーやサイバーAなども買われ
ていただけに、同社株にも刺激になっている面もあるようだ。弊社スイング特選
で2/25付けで推奨した銘柄で現在も推奨中銘柄の一つ。売り時はXXXX。

9424日本通信 32450円 +3040
ザラバ寄らずのストップ高。今朝の日経新聞ではパソコン世界2位の米デルが日本
通信と提携し自社パソコンを購入した時点ですぐに無線データ通信が出来る新サ
ービスを日本で始めると報じられている。これを受け、同社への業績寄与も期待
できるとの思惑から買い殺到。どの程度業績寄与が期待できるかは不透明ながら、
久しぶりに暫くストップ高続ける事が出来そうな好材料だと・・。

9501東京電力 2620円 +105
今日は内需株にしっかり買われている銘柄目立っている。電気ガス、通信などが
特に買われている。配当利回り悪くないディフェンシブ系に公的年金買いが入っ
ていたの見方もあり、配当権利取り前に駆け込み的に買ってきたようだとの見方
も・・。長期資金だけにどうせ買うなら配当権利落ち前にという動きのようだ。
内需株だけでなく海運株やトヨタなど輸出株でも比較的に高配当銘柄はしっかり
買われている。

===============
◆◇3/26(木)の主な予定!◇◆
===============
2月貿易収支(8:50)
2月企業向けサービス価格指数(8:50)
2191テラが新規上場
日本オラクルなど決算発表
国際原子力機関(IAEA)事務局長選挙
米新規失業保険申請件数(21:30)
米10-12月GDP確定値(21:30)
米ガイトナー財務長官議会証言(23:00~)

3月25日(水)

H「日経平均は3日ぶりに反落となった。ただ大した下げでもなく相変わらず異常に底堅いと言えるだろう。」

K「昨晩の米国市場は100ドル以上ダウが下げたにも関わらず日本株は下げずだ。引き続き公的年金買いが入っている事が大きい。海外勢の売りは継続しているものの、しっかりと吸収している格好だ。」

H「まあ米国市場下げたと言っても明確な下げ理由も無く、派手な上昇の反動安だといえる。それだけに続く下落ではなく利食い一巡後は更に上げるとの見方も多いからな。」

K「そうだな。取りあえず金融不安が後退しているだけに買い戻しの流れは続く期待はあるだろう。現にグローベックス米先物はプラスに転じており、それが後場の日経平均プラ転に繋がった面もある。」

H「それに今日は日本市場年度末最終売買日だったという事も、底堅かった要因とも言える。やたらと高配当銘柄が買われていたしな。その動きからも長期資金が駆け込み的に買ってきた様子が伺える。」

K「確かにそうかもな。長期資金にして見りゃどうせ買うつもりならば配当権利落ち前に買って権利取りたいだろう。長期資金にして見りゃ目先の上げ下げはどうせ意識しないだろうし、配当落ち後を待つ必要性もあまりない。公的年金買いにしてもそういう意図はあると思われる。」

H「まあ正確に言えば、そういう資金が今日いきなり買ってきたと言うより、今日までに継続的にその手の買いが入っていたと言えるけどな。」

K「そうだな。今日は手控える向き多かっただけにそういう動きがいつも以上に目立ったとも言える。」

H「ただ明日以降心配はあるよな。明日から多くの銘柄が実質新年度相場入りとなる。それだけに配当目当ての長期資金の買いも一旦収まる懸念もあるし、公的年金買いが明日以降も引き続き入ってくるのか注目される。」

K「そうだな。まあ長期資金はともかく公的年金買いは続くんじゃないか。株価を意識するとすれば月末の株価か、3月の平均株価だ。いずれにしろ月末まで買い手を緩めるとは思えない。問題は海外勢の動向だ。」

H「というと・・。」

K「年度末まで買い戻したい売り方も多かったと思われ、新年度相場入りすることによってその買い戻しの動きが乏しくなる可能性がある。場合によっては新たに空売りしてくる海外勢増える可能性もあるだろう。それが懸念だ。」

H「なるほど。ただ国内機関投資家などは実質新年度相場入りすることによって動きやすくなる面はあるだろう。少なくても年度末に伴う換金売りは無くなるわけだし・・・。」

K「そうだな。ただ実質新年度相場入りしたといって即買ってくる状況か?せめて4/1の日銀短観を確認してからでも遅くはないと考えるのが普通だ。ただその直後には金融サミットもあるし、公的年金買いが4月から衰える懸念もあるだけに、それらも確認してから動き出すのが普通だろう。」

H「確かにそうかもな。そう考えれば国内機関投資家は4月入りするまでは期待薄か・・。」

K「ああ。とにかく明日の動向が注目だろう。配当落ち分を埋められるかどうか。配当権利落ち分以上に下落するようだと市場心理的に懸念が出て来るからな。」

H「その為にも今晩の米国市場はしっかりと反発して欲しいモンだな。」

K「今晩の米国では耐久財受注や新築住宅販売件数など注目の経済指標発表もある。最近は経済指標も市場予測より良い事が多いだけに、その流れ続くようだと市場心理は更に改善される。それだけに注目だな。」

H「ところで今日は新興市場が結構しっかりだったんじゃないか。マザーズ指数は終始しっかりだったし、新興市場の主力株と言えるミクシィやグリーがストップ高まで買われたし、サイバーエージェントもストップ高付ける場面見られた。」

K「そうだな。特に材料は見当たらないが、短期資金が新興市場に流れたようだな。今日は権利取り最終日だったけに、権利付き銘柄は狙いにくい。権利取りに絡んだ売買入るだけに売り買い交錯しやすく方向性が読みにくいことが多いためだ。」

H「確かに新興市場銘柄は配当あっても大した額でもないし、優待も無い銘柄多いからな。ミクシィは3月決算期銘柄ながら無配だし、グリーやサイバーエージェントは3月決算期じゃない。」

K「それだけに権利取りに絡んだ売買は入らないだけに、短期資金も入りやすいという面があるんだろう。」

H「ということは、この新興市場買いの流れは続く買いではないと・・。」

K「残念ながらそうだろうな。しかし別の見方としては世界景気状況にあまり左右されにくいネット関連株に見直し買いが入っているとの見方もある。現にサイバーエージェントなどは最近しっかりとした展開続けていたが、フィデリティ投信の買いがその主な要因だと判明している。」

H「なるほど。単なる短期資金だけでなく、そのようなファンドの買いが入っている期待もあるわけだな。」

K「まあ今日の上昇は短期資金中心だとは思うが、ファンドの買いなどが入っているならば明日以降も底堅い展開は期待できるだろう。」

H「日経平均に比べ、新興市場の戻りが鈍いだけに、新興市場物色続くようだと面白くなるんだけどな。」

K「そうだな。まあ明日以降新興市場もどういう展開を見せるのか注目しておきたい。」
2009.3.25先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。