(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.9【続落、心理的節目7000円に急接近】

2009/03/09 11:05|未分類CM:0
両建てで持ち越してたんだけど
寄りの気配で車が弱いんで
とりあえず買い持ちマツダは寄りで売っらないといけないと寄り売り
売り持ちの三井住友海上とか三菱UFJを放置したり
その他いろんなもん持ってたんだけど省略

原油や非鉄の上昇から
それ関連は強いけど
それ以外はダメ
特に不動産は恐ろしい弱さ
終わってる

いやーねー奥さん見ましたー
ドレッシング買いならぬ
ドレッシング売り?
引けで怒涛の引け成り売り祭りじゃありませんか
引け間際下がり始めたのは
引け売りが多いと見た
ディーラーが売ってたくさい
どう考えても引けでの注文数が見えるのは不公平だよな

金曜日に確定申告行ってきた
配当がくるたびにコツコツエクセルにメモって
配当控除の申請をしたら
約4マソほど返ってくるらしい
知ってるのと知らないのじゃ大違いだね

億劫でも知ろうとする人
知るための努力をめんどくさい、時間がないから無理と考える人
何年もたてば大きな差が


株式オープニングコメント 2009年03月09日08時12分
今週も米国の動向が警戒要因だがショートの修正は強まる

 6日のNY市場はまちまち。ダウ平均は32.50ドル高の6626.94、ナスダックは5.74
ポイント安の1293.85で取引を終了した。2月雇用統計で非農業部門雇用者数が65万1
千人減と概ね予想通りにとどまったことが好感されて朝方は上昇して始まった。そ
の後、アップルなどハイテク大手の業績見通しや銀行大手の資本不足に対する懸念
が根強く軟調推移となったが、引けにかけて買い戻される展開に。シカゴ225先物清
算値はドル建てが大証比10円安の7160円、円建ては同20円安の7150円。ADRの日
本株は富士フイルム、ブリヂストン、日電産、TDK、トヨタ、キヤノン、三井住
友など対東証比較(1ドル98.27円換算)で全般小安い。
 米GMの破産法申請が近づいているとの見方や、シティの一時1ドル割れといっ
た金融不安から下振れの可能性が燻り、今週も米国の動向が警戒要因となるが、期
末に向けた公的年金資金による買いが下支えする形となり、ショートに傾いている
ポジションの修正を誘発させる動きを意識しておきたい。景気敏感株の買い戻しに
対して内需・ディフェンシブの売りといったリバランスが強まりつつあるが、内需
企業の業績下方修正などが目立ち始めている状況でもあり、リターンリバーサルの
流れが一段と強まる可能性はありそうだ。週末には先物・オプションSQを控えて
おり、基本的にはロールオーバーが中心となるが、米国がGM問題などで最終的な
下振れとなるようならば、アク抜け意識で反対にショートの修正が強まる可能性も
あろう。
 また、全人代が開催されているが、追加景気対策などへの期待はそれ程膨らまな
いものの、開催期間中の報道等に反応し易く、次第に米国離れへ向かうことが期待
される。中国首相は全人代の政府活動報告において、2009年の経済成長率目標を8%
程度にすると発表した。内容的には目新しさはかったが、8%台成長の達成に全力を
尽くすとなると、関連セクターなどへの支援材料となる。

株式ランチタイムコメント 2009年03月09日11時31分
下振れ警戒と言うよりはショートカバーを意識

 日経平均は下落。57.91円安の7115.19円(出来高概算7億1000万株)で前場の取引
を終えている。鉱業、石油・石炭、海運など資源系主導で小じっかりのスタートと
なり、寄り付き直後に一時7241.02円まで上昇する場面をみせていた。しかし、前引
けにかけては先物主導でじりじりと下押す形で下げに転じてしまい、本日の安値で
前場の取引を終えている。セクターでは資源系の一角が堅調な半面、不動産、保
険、医薬品が弱い。東証1部の騰落銘柄は値上り568に対して値下がり987、変わらず
151と、値下がりが全体の6割近くを占めている。規模別指数では大型株指数の弱さ
が目立つ。
 出来高は7億株台と低水準であり、欧米金融機関の行方など外部環境の不透明感に
加え、週末に先物・オプションSQを控えていることから動きづらくなっている。
個別の動きをみても、木村化が急騰していたが他の原発関連に波及をみせておら
ず、材料株志向の短期物色も限られている状況のようだ。年金資金による下支えは
意識されているものの、上値追いは慎重であるため、前引けにかけての下げをみる
と、昼のバスケット買いは期待しづらく、下を見に行く可能性はある。7000円レベ
ルでの底固めからどれだけショートを積み上げられるかが、その後の切り返しにつ
ながりそうだ。引き続き、下振れ警戒と言うよりはショートカバーによる反転を意
識しておきたい。

株式クロージングコメント 2009年03月09日15時48分
反転につなげるための調整が必要に

 日経平均は下落。87.07円安の7086.03円(出来高概算17億3000万株)で取引を終
えた。7100円レベルでのこう着が続く中、大引けにかけて下げ幅を縮める場面もみ
られたが武田のストップ安のインパクトも大きく、プラスに転じることは出来なか
った。先物市場でも週末の先物・オプションSQを控えてロールオーバー中心の商
いであり、方向感は掴みづらい状況であった。結局、7000円接近では公的年金意識
により売り込みづらいものの、日経平均は終値で10/27終値の7162.90円を割り込ん
でしまったため、10/24の7649.08円から11/5の9521.24円までの新値足の陽線がダマ
シとなってしまった。この新値足を一気に陽転させるためには9521.24円を上回る必
要があるため、ハードルを下げる意味でもまずは下を意識する必要はありそうだ。
7000円まで86.03円あるが、これを2日間以上で下げ、3本足を完成させてから、その
後の反転を目指したいところである。
 出来高は17億株台と2日以来の低水準であり、欧米金融機関の行方など外部環境の
不透明感に加え、週末に先物・オプションSQを控えていることから動きづらくな
っている。ストップ安となった武田の明日の動向も注目されるところである。一
方、公的年金とみられる下支えや「銀行等保有株式取得機構」の買い取り再開とい
った受け皿によって下は売り込みづらく、ショートに傾いている需給面からの7000
円レベルでの底堅さが確認されている状況下では、買戻しを意識しておきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均7086.03 -87.07
TOPIX710.53 -10.86
東証2部指数1765.75 -6.94
日経ジャスダック平均1001.25 -3.93
マザーズ指数280.49 -3.38
ヘラクレス指数422.80 -4.20
東証1部出来高17.37億株
東証1部騰落レシオ77.74%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場はダウ小幅反発。雇用統計は予測より悪化したが事前に警戒さ
れていた事もあり、買い戻し優勢で始まる。しかし買い一巡後は根強い金融不安
などから金融株売られダウはマイナスに転じる。しかし大引けにかけ買い戻され
辛うじてプラス引け。それを受け、日経平均は小高く始まりプラス圏での推移だ
たったが、買い一巡後は徐々に売り優勢に。全体的に手控え感強く商い低調。前
場引けにかけては一段安となり日経平均安値で前場引ける。後場は上海、香港市
場の下落を嫌気し一段安に。日経平均7000円付近まで下落するも、公的年金買い
観測により下げ渋る。徐々に戻す展開となるも、大引けにまとまった売りが出て、
日経平均は7100円割れ水準で引ける。日経先物の主な買い越し証券はGS、三菱UFJ、
ニューエッジ、大和、メリル。売り越しはBNPパリバ、UBS、ドイツ、モルガンS、
JPモルガン、野村、クレディ、岡三など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6731ピクセラ 178円 +50
ストップ高まで買われる。地デジチューナー関連株として物色されている模様。
今朝の日経新聞では、全国約2000の家電量販店のデータでは地デジチューナーの
2月販売台数が前年同月の3倍強に達したと報じている。定額給付金支給もチュー
ナー販売の追い風になりそうだと・・。この報道を受け、関連株である同社株に
物色の矛先が向かったようだ。またこの報道には6749マスプロ電工、6916アイオ
ーデータの名が出ているが、それら2銘柄は物色対象外となっている。やはりピ
クセラはその2銘柄と比べ低位株であることや仕手性も強いことが物色対象になっ
たのではと・・・。

7956ピジョン 2330円 +200
大幅上昇。先週末同社は2009.1月期本決算を発表。育児用品が海外で好調で純利
益94%増となっている。注目の今期業績見通しも増収増益見込みであり見直し買
い入っている模様。また増配も発表しており好感されている。業績好調ながら先
月末には1800円程度まで売られていただけに見直し買いも入りやすいようだ。2月
の株価下落要因は昨年同社株を新規取得したAIGインベストメンツが一時7%以上
保有していたが、持ち株を急速に処分してきておりそれが株価の下落要因になっ
ていたようだ。

4502武田薬品 3320円 -500
先週末に同社は販売許可を申請している糖尿病治療薬「SYR-322」が統計的要件を
十分に満たしていないとの通告を受けたと発表しており、新薬承認の遅延に繋が
るとの懸念から嫌気されている。これを受け同社株の投資判断を格下げする証券
会社相次いでおり、売り圧力強めている。株価は安値圏ながら、取りあえず売り
が一巡しないことには買いにくくなったとの見方も・・。ただ一方では買い場到
来と見る長期資金も少なくないのではと。武田薬品は日本代表する主力株の一つ
だけに、同社株のストップ安が市場心理を冷やしている面もあるようだ。

6758ソニー 1764円 +49
逆行高。特に新たな買い材料は出ていないが、海外勢による買いが見られている
模様。先月末に同社はストリンガー会長が社長を兼務すると発表。それにより本
格的な構造改革に乗り出すとの思惑が浮上しており、強い動きが続いている。ス
トリンガー会長の社長兼任には見方が別れているが、海外勢には結構好感されて
いるようだ。ただ本格的な買いというよりは、買い戻しが中心で、後は打診買い
という状況ではないかと見る向きは多い。

9832オートバックス 2755円 +150
連日で年初来高値更新。9882イエローハットと共に、ETC関連株として買われて
いるようだ。景気対策として今月28日から高速道路料金が大幅に引き下げられる
が、ETC利用者限定となっている。また高速道路交流推進財団がETC車載器の新規
購入者に対し3/12から助成金を出すと正式に発表しており、同社やイエローハッ
トなど恩恵を受けるとの思惑。最近は物色テーマないだけに、暫く続くテーマに
なるのではと期待する声も多いようだ。

8801三井不動産 885円 -79
大手不動産3社株が揃って年初来高値更新。新たな悪材料は見当たらないが、実需
の海外勢売りが出ているようだ。特に大手不動産株は海外勢の持ち株比率も非常
に高いだけに、世界的なリスクマネーの縮小により換金売りが加速気味に出て来
た模様。また派手な下落によって機関投資家のロスカットルールに抵触している
所も多いだけに、その手の売りも加わっている様子。不動産株は買い手不在の状
況だけに下値目処が見えないと懸念する声も少なくない。業種別指数は不動産業
が本日の値下がり率トップとなっている。

8306三菱UFJFG 381円 -20
年初来高値更新。今日はメガバンク総じて安い。週末に英大手銀行ロイズバンキ
ンググループが実質国有化されたことを受け、欧州での金融不安が強まっている。
米国でも依然として金融不安が拭えていない状況であり、金融株は軟調続きなだ
けに、日本の金融株だけが買われる状況にはなり得ないようだ。また日本の銀行
も最近の株安による評価損拡大懸念があるだけに、株安となればなるほど、銀行
株は売られやすく買われにくくなってしまうと・・・。銀行保有株買い取りの株
価対策は機能しにくいだけに、やはり市場での買い取り案が早急に実現する事が
必要だとの声も。

===============
◆◇3/10(火)の主な予定!◇◆
===============
1月特定サービス産業動態統計(13:30)
1月景気動向指数(14:00)
2月工作機械受注(15:00)
中国1-2月固定資産投資
米FRB バーナンキ議長講演(21:30~)
米1月卸売在庫(23:00)
米3年国債入札
3月9日(月)

H「日経平均は昨年10月に更新したバブル後最安値を遂に更新した。26年5ヶ月ぶりの安値水準だそうだ。」

K「先週末の米国ダウは辛うじて反発したんだが、買い材料には繋がらなかった。まあ米国ダウの上昇も週末と言うことから引けにかけ買い戻されて結果小幅高で引けたと言うかんじだからな。」

H「だよな。引け1時間前にはダウは7500ドル割れていた。いずれにしろ海外市場は中国以外、期待は乏しく買い材料にはなりにくい。その中国市場も今日は下落しており材料にならずだ。」

K「後は、公的年金買いしか期待はないからな。その公的年金買いも前場は不発に終わったようだし、後場それが入らなければ7000円割れもあるんじゃないかとの警戒があったが、辛うじて粘った格好だ。」

H「後場は流石に公的年金買い入ったようだが、規模的には大きなモンでもない。本当に支える気があるのか不安になってくる。」

K「だよな。というより早いところ株価対策案の拡大が必要だろう。つまり市場での買い取り案を早急に決め実行に移さないと、本当に年度末エライことになるぞ。」

H「年度末の日経平均今より大きく下回っているようだと、本当に日本でも金融危機という懸念が浮上する。現にそれを警戒してか、金融株は最近弱さが目立っている。」

K「幾ら銀行保有株の買い取りを始めたといっても、実際に実損出してまで保有株を売却する銀行が実際に出てくるか疑問がある。出てこないなら、その株価対策など全く無意味だ。それよりも、やはり市場での買い取りが必要だろう。幾ら公的年金買い支えると言っても、来月以降は買い支え小さくなるとのは間違いなく、その懸念ある以上、強気で上値は買えないだろう。」

H「だろうな。上げた所は絶好の逃げ場と捉えられ結局売り物に押される展開になってしまう。」

K「やはり20兆円という枠をちらつかせ、市場での買い取りもOKにすれば、4月以降も売り込みにくさは当然続くだけに、効果がある程度は期待できる。少なくても今の売り方は一旦は買い戻しに動く他なくなるだろう。」

H「それが実現されないと、海外勢売りの受け皿がなくなるだけに、確かに怖い。」

K「今日の海外勢の売り方を見ても奴らの売りはまだ止まりそうもない。今週辺りから徐々に減ってくるかと期待したが、その様子は伺えない。逆に売り圧力強まっているんじゃないかと思える程だ。」

H「まあ日経平均はこの程度の下落幅だが、大手不動産株の下げ方など見ると確かに酷い。全体的にも大引けにまとまった売りがかなり出ており、先安感を示しているとも言える。」

K「単純にヘッジファンドの売りと言うだけでなく、実需勢もかなり売ってきているんだろう。というより世界的にリスクマネーが縮小しているだけに世界中の株式市場から資金を引き揚げている向きも少なくないんだろうな。」

H「ただ、そんな状況だがフランスの年金基金が日本株に投資することを決めたと発表している。大した規模ではないが悪い話でもないだろう。」

K「そうだな。年金資金は基本的に長期資金だけに大歓迎だろう。このような動きがもっと活発になってくれば良いんだが、どう考えても今はそのような買い手より売り手の方が多い状況だからな。」

H「日経平均は今日は何とか7000円守っているが、今晩の米国市場下落するようだと7000円割れも覚悟する必要がありそうだな。公的年金買い入ると言っても寄り付きから強引に買い支える事はしないだろうしな。」

K「ただやっかいな事に今週はメジャーSQ週だ。節目を割り込んでしまうとヘッジ売りが先物に出やすい。更に仕掛け的な売りも追随する恐れもあり懸念だ。」

H「救いは為替か・・。依然として円安基調となっており、それが救いといえば救いだ。」

K「そうだな。ただ今の市場心理では買い材料にはなりにくく、せいぜい売り控えが多少出てくるという感じだろう。」

H「まあ皆が弱気になったとき、買い場になることが多いのが相場だが、果たしてどうなることやら・・・。」

K「今は公的年金買いが強力な買いを入れてくることに期待する他ないだろう。今日は大人しかったが明日どの程度買い入れてくるのか注目したい。」

H「そうだな。まずは寄り付きから日経平均7000円割れになるのは避けたいモンだ。そうなるかどうかは今晩の米国市場次第だけどな。」
2009.3.9先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。