(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.18【3日続落、一時7500円割り込む】

2009/02/18 08:39|未分類CM:2
無題
SBI証券の手数料値上げ
信用アクティブ
1日の約定代金合計1000万の人
今まで 1000円
3月2日から 4280円

2000万の人
今まで 2000円
3月2日から 8480円

3000万の人
今まで 2000円
3月2日から 12680円

4000万の人
今まで 2000円
3月2日から 16880円

5000万の人
今まで 2000円
3月2日から 21080円

今日は寄り買いだお
取れたお

SBIは女陰ベストと同じような手数料10倍値上げ
しかも女陰ベストみたいにいろんな注文出せるわけでもなし
普通の逆指値が使える程度のSBI
板乗りが女陰ベストに比べて遅いSBI
誰が使うの?

どこの世界に手数料を10倍にする会社があるんだお
とりあえずそっこーSBIから資金を引き上げるお
SBIは100マソ未満のトレーダー相手してれば良いじゃん

後場、あれだけ場中上値が重かったのにヘラタイムに上値ブレイク
ヘラタイムっていらないよねー
ヘラタイムがあるから場中動かねーし
何で大証は引けだけわざわざ10分長いんだよ
ほんとうぜー
東証終わってから大証に移動してくる資金で
小銭でも稼ごうとか思ってるのだろうか

まあ、普通に考えれば今日のNYはリバウンドするだろうから買いポジ
万が一下げても今日みたいに寄りで買っとけば戻る確率高いし
上がればGUで利益出るし
ド転売りかましやすいし

とりあえず100マソほど残してSBIから移動しようかと
サブ口座として100マソでトレード
メイン口座をどこにするか
この3つかな
信用手数料
約定代金立花証券クリック証券岡三オンライン証券
100万500550420
500万750900700
1000万750900700
2000万170018001960
3000万170018001960
4000万170018001960
5000万170018001960
7000万340036003220
1億340036003220
1.5億510054004480
2億680072005740
3億10200108008260
5千万ごとに+1700円5千万ごとに+1800円5千万ごとに+1260円
リテラクレア証券
新規口座開設者、信用取引口座新規開設者は取引手数料を全額キャッシュバック (~2009年3月31日)

アイディーオー証券
信用取引手数料無料 (~2009年3月31日)

エイチ・エス証券
口座開設日から2ヶ月間 株式取引手数料が無料(~ 2009年3月31日(火))

丸三証券
口座開設後2ヶ月間手数料無料
も一時的にはありかな


株式オープニングコメント 2009年02月18日08時18分
報道による反応も限られる、トヨタの動向に注目

 17日のNY市場は大幅下落。ダウ平均は297.81ドル安の7552.60、ナスダックは
63.70ポイント安の1470.66で取引を終了した。朝方発表された2月のNY連銀製造業
景気指数が事前予想を下回り、統計開始以来の低水準となったことで下落して始ま
った。その後も金融機関の業績悪化懸念が根強いほか、GM、クライスラーの再建
計画提出期限となっていることで手控える向きも多く、軟調推移となった。セクタ
ー別では食品・生活必需品小売を除き全面安となっており、特に銀行や各種金融の
下落が目立っている。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比185円安の7455円、
円建てが同215円安の7425円。ADRの日本株は富士フイルム、ブリヂストン、コマ
ツ、日電産、パナソニック、TDK、京セラ、トヨタ、キヤノン、三井住友など対
東証比較(1ドル92.39円換算)で全般軟調。
 シカゴ先物は昨年11月安値水準であり、本日はここでのボトム意識が強まりそう
だが、方向性としては昨年10月安値を下回るトレンドへの警戒感が強まり易いであ
ろう。テクニカル面では、昨日の段階でボリンジャーバンドのマイナス2σは7566円
辺りであり、これを大きく下回ることから行き過ぎの修正が意識される。ただし、
10月末にかけての下落過程ではマイナス2σを割り込みながら下げを加速していただ
けに、この修正も期待しづらいところか。引き続き、GM、クライスラーに関する
報道等に振らされる動きとなろうが、日々の報道に対する反応も限定的になりつつ
あり、最終決着を見極めるまでは様子見姿勢が強まりそうである。
 また、18-19日には日銀政策委・金融政策決定会合が開催される。政策決定会合で
は、コマーシャルペーパー買い取りと社債などを担保に低利の資金を金融機関に貸
し出す金融支援オペの期限延長が予想される。ただ、政局が混迷している現在の状
況からは日本の政策に対する期待は小さい。そのため、サプライズ的な報道等によ
って好感する場面をみせたとしても、持続性に欠けそうだ。手掛り材料としては、
外部環境の不透明感に加え、ニトリの追加値下げ発表などもあって、円高メリット
など内需系にシフトし易い。また、GM、クライスラー問題で揺れる一方、トヨタ
は5月に増産する方針を固めたと報じられており、市場の評価に注目したいところで
ある。トヨタが底堅い動きをみせてくるようだと、外部リスクに対する警戒意識は
後退する可能性もある。そのほかは、逃げ足の速い資金中心に、仕手系色の強い材
料株での短期的な値幅取り狙いの売買にとどまろう。

株式ランチタイムコメント 2009年02月18日11時37分
一部で出てきた変化を評価する地合いに向かえるか

 日経平均は、寄り付き直後に一時7479.18円と昨年11月21日以来の7500円を割り込
む場面をみせたが、その後は下げ幅を縮めてきており、90.86円安の7554.65円(出
来高概算9億2000万株)で前場の取引を終えている。金融機関の業績悪化懸念や自動
車再建問題で揺れる米国市場の下落が嫌気され、幅広い銘柄が売り先行のスタート
となった。しかし、売り一巡後は年金資金とみられる買いが下支えとして機能した
ほか、押し目買いの動きも強まり、じりじりと下げ幅を縮めてきている。GM、ク
ライスラーの再建計画提出期限となる中、GMがギリギリで計画書を提出したこと
で、一先ず最悪のシナリオは後退した。また、ホンダのハイブリッド車好調に続
き、トヨタの5月増産報道が伝えられており、過度な警戒感が後退した面なども、そ
の後の買戻しなどにつながったと考えられる。また、織り込み済とは言え、米景気
対策法が成立したことで、直近で調整を強めていた次世代エネルギー関連などへの
リバウンドにもつながった。
 東証1部の騰落銘柄は、値上り517に対して値下がり1036、変わらず133と、値下が
り数が全体の6割を占めているほか、規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに
マイナスであり、全体の基調は弱い。しかし、トヨタが売り一巡後に切り返しをみ
せているなど、プラスに転じている銘柄も多く、指数のマイナスほど市場のムード
は悪くないであろう。米金融機関の業績悪化懸念や自動車再建問題の行方、国内政
局不安など外部環境の不透明感は根強いが、トヨタ、ホンダなど一部で出てきた変
化を評価する地合いに向かえれば、外部リスクに対する警戒意識の後退とともに、
見直しの動きが出てこよう。

株式クロージングコメント 2009年02月18日16時20分
外部リスクに対する警戒意識の後退に期待

 日経平均は3日続落となり、111.07円安の7534.44円(出来高概算19億5000万株)
で取引を終えた。金融機関の業績悪化懸念や自動車再建問題で揺れる米国市場の下
落が嫌気され、寄り付き直後に一時7479.18円と昨年11月21日以来の7500円を割り込
む場面をみせた。売り一巡後は年金資金とみられる買いが下支えとして機能したほ
か、押し目買いの動きも強まっていたが、後場は50円程度の狭い値幅と前日同様、
こう着感の強い相場展開であった。ただ、GM、クライスラーの再建計画提出によ
って目先の最悪シナリオが後退したほか、5月増産報道が伝えられたトヨタが、売り
先行後は強含みで推移していたことで、過度な警戒感が後退した面はある。また、
織り込み済とは言え、米景気対策法が成立したことで、直近で調整を強めていたG
Sユアサなど、次世代エネルギー関連などのリバウンドも、市場のムードを変えて
いた。昨日賑わいをみせていたインフラ関連も、銘柄は絞られていたが本日も物色
されており、持続性が出てくると参加意欲につながる。
 引き続き、米金融機関の業績悪化懸念や自動車再建問題の行方、国内政局不安と
いった外部環境の不透明感は根強い。本日は内需系が軟調であり、リターンリバー
サルによって指数としてはこう着相場が続き易いであろう。しかし、本日みられた
トヨタの底堅さなど、一部で出てきた変化を評価する地合いに向かえれば、次第に
外部リスクに対する警戒意識の後退とともに、見直しの動きが出てくる可能性はあ
りそうだ。外部リスクへの対応力がついてくるようだと、大きく調整し、ショート
に傾いている銘柄などへのリバウンド狙いの動きが強まってくることも考えられ
る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均7534.44 -111.07
TOPIX749.26 -7.27
東証2部指数1828.98 -4.14
日経ジャスダック平均1027.90 -3.00
マザーズ指数303.48 -2.09
ヘラクレス指数471.04 -2.47
東証1部出来高19.56億株
東証1部騰落レシオ81.70%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に続落。ダウは昨年11/20以来の安値水準に。金融懸念から
金融株が派手に売られており市場心理を悪化させている。依然として一部の銀行
に国有化懸念も拭えていない模様。それを受け日経平均は大幅安で始まるも、寄
り後は買い優勢の展開で下げ幅縮小していく展開に。公的年金買い観測もあり、
グローベックス米先物しっかりな事も追い風に。しかし上値は追えず後場は狭い
レンジでの揉み合い。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、バークレイ
ズ、BNPパリバ、大和、GS、クレディスイス、メリル、野村、岡三。売り越しはド
イツ、大和、UBS、みずほ、楽天、JPモルガン、モルガンS、松井、SBIなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7203トヨタ自動車 3060円 +50
逆行高。今朝の日経新聞では同社は5月に国内生産台数を2-4月の月平均台数に比
べ約3割増産する方針を固めと報じられている。同社は現在世界販売の縮小幅を大
きく上回る減産を続けており、4月までに在庫を適正水準に圧縮できると見ている
ためだと・・。これにより減産基調に底入れ感という期待が浮上し買い戻しや見
直し買い入っている模様。ただ依然として不透明感は強く、実際に減産の底打ち
になるとは限らないとの声は当然多くまだ本格的に買うには早すぎるのではと見
る向き多い。

3116トヨタ紡織 878円 +29
朝方は大きく売り優勢で始まっているが、寄り後は買われるトヨタ系自動車部品
関連株が目立っている。今朝の日経でトヨタが5月にも増産へと報じられている事
を材料視。実際増産となれば部品メーカーも恩恵を受けるだけに業績底入れ感の
期待に繋がると・・。自動車部品関連株の多くは空売り大量に入っているだけに、
買い材料には反応しやすいようだ。ネットメール会員に毎朝送信しているGRAIL
メールで本日の注目材料銘柄として取り上げた銘柄。他には6902デンソー、7259
アイシン精機も一緒に取り上げている。

1803清水建設 408円 +35
大手建設株が総じてしっかり。今日はメリルが大手ゼネコン4社の投資判断を全て
最上位に格上げしたことを材料視。昨日には政府与党が追加経済対策として大規
模な公共事業計画を検討すると報じられており、大手ゼネコン各社収益にも恩恵
があると・・。また先日には野村が同社と1802大林組を最上位に格上げしており、
買い安心感強まっているようだ。空売り多く入っている為、買い戻しの動きも手
伝っている模様。目先上値重くても底堅い展開は期待できそうだと見る向き多い。

6749マスプロ電工 924円 +47
大幅高。自民党が追加景気対策の一環として地デジTV購入した全世帯に一律2万円
程度の支援金を配布する方向で検討に入ったと後場に報じられている。これを受
け関連株として物色された。同社は地デジチューナーなどを手掛けており、恩恵
を受けるとの見方のようだ。流動性乏しい銘柄なだけに参加者限られるだけに続
く相場にはなりにくいと見る向き多いが、小型の貸借だけに安易に空売りするの
もリスキーだと。まだ今日はこの報道知れ渡っていないだけに消化不足と言え、
明日も物色される期待はあると注目する向きいるようだ。

8939大和システム 175円 +50
ストップ高。空売り多く入って昨日から売り禁になっていたが、昨日引け後には
日証金が18日申し込み分から逆日歩最高10倍措置を実施すると発表。これを受け、
今日は大幅高で始まり後場にはストップ高まで買われた。仮に10倍逆日歩付くと
なると1日分で15円となる。それだけにリスク追いたくない売り方が買い戻しに
動いたり、信用買い入れてヘッジする動きが強まったようだ。また逆日歩10倍付
く事期待した信用買いも当然入っている模様。続くかどうかは明日発表される逆
日歩次第だと・・。今日の夕方に発表された日証金速報では空売り買い戻され買
い増えており株不足は減っただけに10倍は厳しいと見る向き多いが、結局は明日
の入札次第であり注目されている。

===============
◆◇2/19(木)の主な予定!◇◆
===============
1月全国百貨店売上(14:30)
日銀白川総裁定例記者会見(15:30~)
2月月例経済報告
ブリヂストン、大塚家具、セシールなど決算発表
米新規失業保険申請件数(22:30)
米1月生産者物価(22:30)
米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(24:00)
米1月コンファレンスボード景気先行指数(24:00)
北米1月半導体製造装置BBレシオ(20日朝)
BNPパリバなど決算発表
2月18日(水)

H「日経平均は大幅続落となった。節目の7500円割り込む場面もあったが、今日もやたらと底堅さは見られた。引けでは辛うじて7500円台は守っている。」

K「ただニッセイラインは守れずだな。昨晩の米国市場があれだけ下げりゃ仕方ないと言える。まあダウは昨年来安値射程圏まで下落しているだけに、今日の日本市場はまだ頑張ったと言えるだろう。」

H「しかし予想を裏切って昨晩の米国市場上げる結果とはならなかったな。まさに警戒されたとおりに派手に下げてしまった。」

K「ウォルマートの決算は予測を上回っただけに、市場に好影響与えると思ったが殆ど影響なしだ。ウォルマート株はしっかりと買われていたが市場心理好転には繋がらなかった。」

H「やはり金融株の下落が目立つよな。あの米ガイトナー財務長官が金融安定化策を発表してからというもの金融不安が強まっているように感じる。」

K「早いところ具体的な詳細を詰めて、公表しないと市場はますます不安になる。バンカメの国有化懸念も一部では再燃しているようだし、早く手を打たないとドンドン株価が下げ、更に金融機関を苦しめる。」

H「それに金融株弱いのはGMなどの米大手自動車問題も関係しているんだろうな。もしGMが再建のため破産法適用という手段を米政府が取るのであれば、金融機関への悪影響は非常に大きいと警戒されている。」

K「そうだな。その懸念も強いんだろうな。だから金融株が異常に弱く、市場心理を冷やしている。」

H「そのGMとクライスラーは日本時間の今朝に再建計画を提出した。もしかすれば提出期限に間に合わないとの懸念もあったんだが、取りあえず提出は出来たようだ。ただ内容的には厳しいと言えそうだ。」

K「ああ。抜本的な解決策は示してい無いようだし、これだけで再建可能かどうか判断は出来ない。この状況で果たしてGMなどが要請している多額の追加支援を米政府は受けるのかどうか・・。」

H「疑問だよな。今後この計画を米政府は精査するようだが、仮にノーという答えになれば破綻と言うことになる。」

K「その可能性は低いとはいえ、本気で再建させるにはかなりの公的資金を入れる必要が出てくる。3月末に追加融資したとしても、それで果たして足りるのか解らない。更なる融資を求めてくる可能性は極めて高いだろう。」

H「確かに米政府は難しい決断を迫られることになりそうだな。米政府の決断が、国民の反感を買いオバマ政権の支持率下げるという状況になると、こりゃまたやっかいだ。」

K「一気にオバマ政権への期待剥落となるからな。そうなると政策もやりにくくなるし、景気対策が上手く機能しなくなる恐れもある。」

H「だからといってGMなど見捨てるって選択肢は無いだろう。仮にGM見捨て破綻となれば、GMだけのい問題では済まない。それに連鎖して関連企業は総崩れ、更に金融危機にも繋がるだろう。」

K「そうなんだよな。まさに、にっちもさっちもいかない状況だ。こりゃ正直どうすることも出来ないだろうな。取りあえず支援して後は米景気を出来るだけ早く回復させるしかないだろう。」

H「そう期待通りになるには、ある意味、神頼み的な要素も必要かも知れない。それほど米国は厳しい状況に陥っている可能性がある。」

K「まあ米国だけではないけどな。いずれにしろ米国に立ち直って貰わないことには日本も厳しい事に変わりない。」

H「今日の日本市場は米株派手に下げた割に底堅かったと言えるが、その主な要因はやはり公的年金買いによる影響のようだ。グローベックス米先物しっかりと言うことや、為替が円安気味と言うことも当然あるんだが、公的年金買いによる下支え面がとても大きい。」

K「だろうな。海外勢の売りも依然として出ているようだし、国内勢もヘッジ売りを入れてきている。なら誰が買っているのかといえば、一部の個人投資家と売り方の買い戻し、それに公的年金買いだ。」

H「しかも海外勢の売りは長期資金などの実需の売りも結構出ているだけに、先行きは非常に不安だ。」

K「今は公的年金買いに期待するしかないな。まあ全体的に空売り多く貯まっているだけに何かきっかけあれば、その買い戻しも手伝って上げやすくなるんだが・・。」

H「きっかけか。オバマミラクルに期待か。もしくは国内要因でサプライズ的な解散総選挙かな。無いとは思うが・・。そういや今晩、オバマ大統領が住宅市場安定化策の概要を発表するようだ。それが好感されれば良いんだが・・。」

K「そうだな。まあ今晩の米国市場どういう展開になるのか注目したい。」
2009.2.18先物チャート
スポンサーサイト
コメント
自分もEトレ派なんで残念ですね・・・。みんな手数料無料とかキャンペーンやってる最中の値上げ。
証券会社もかなり苦しいんですかね。でもこれじゃあ逆効果のような気もしますが。
坊や #fIlCsAQE|2009/02/18(水) 09:47 [ 編集 ]
坊やさん、手数料を10倍に上げれば
短期トレーダーの3分の2に逃げられても
トータルで利益が出るっていうのと
SBIが上げれば他も上げるだろうという考えじゃないかな
それにしてもたった5000マソの約定で2マソ以上の手数料でぼり過ぎ
たいした逆指値もないのに
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2009/02/18(水) 23:09 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。