(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.13【反発も、5日線を前に失速】

2009/02/13 11:08|未分類CM:0
アメリカが下げたまま終わってくれれば
絶好の買い場到来だと思ってたのに
引けにかけて戻されて
日本はモミモミ

昨日に引き続き
任天堂、りそな買って
オリックス売りとか

昨日あたりから
ヘッジファンドのディフェンシブ銘柄売り止まった?

日本って往って来い大好きだね
特に休み前は
景気刺激策成立した後どうなるか
下がる気もするけど
-2σはしっかり意識されてる感じ


株式オープニングコメント 2009年02月13日08時29分
米景気刺激策の成立待ち

 12日のNY市場はまちまち。ダウ平均は6.77ドル安の7932.76、ナスダックは
11.21ポイント高の1541.71で取引を終了した。今週中にも成立の期待が高まってい
る景気刺激策だが、企業や住宅購入者への減税処置が当初の政府案よりも縮小され
る可能性が高まったことを嫌気してダウは一時250ドル近く下落する場面もあった。
しかし、住宅ローン支払いを援助する対策を政府が検討していることが明らかにな
ると、引けにかけて急速に下げ幅を回復する展開となった。セクター別では食品・
飲料・タバコやメディアが上昇する一方で、銀行や自動車・自動車部品が軟調。シ
カゴ225先物清算値は、ドル建てが大証比60円高の7810円、円建ては同20円高の7770
円。
 NYダウは急速に切り返してはいるが、これまでのサポート水準を一旦は割り込
んでいることもあり、景気刺激策の成立を見極めたいところである。日経平均につ
いても下ブレが警戒される水準でもあり、NY市場の流れを受けてリバウンドをみ
せてくる可能性はあるものの、上値の重さが意識されるようだと先物主導による売
り仕掛け的な動きに押される可能性はありそうだ。オプションSQについては波乱
を警戒する向きはなく、SQ通過によるアク抜け感も出てくることが考えられる
が、引き続き決算発表企業は多く、週末要因もあって積極的な売買は手控えられる
ことになりそうだ。そのほか、為替市場では円相場が90円台後半で推移しており、
これが再度89円台に突入するようだと売り材料視され易いため、為替市場の動きを
横目で睨みながらの相場展開になろう。 物色としては新エネルギー関連を中心と
した材料株のほか、決算内容を手掛りとした短期的な値幅取りにとどまりそうであ
る。

株式ランチタイムコメント 2009年02月13日11時36分
こう着だが押し目買い意欲は強そう

 日経平均は反発。113.60円高の7818.96円(出来高概算9億7000万株)で前場の取
引を終えている。12日の米国市場でNYダウが一時250ドル超の下げから急速に回復
したほか、オプションSQでは若干ながら買い越しとなった影響から、買い優勢の
スタートとなった。その後は7700円台でのこう着感の強い展開が続いていたが、前
場半ば辺りにSQ値(7811円93銭)を超えてきたこともあり、7800円レベルでの底
堅い動きをみせている。東証1部の騰落銘柄は値上りが1000を超えてきているほか、
規模別指数では、朝方弱さが目立っていた大型株指数もプラスに転じており、イン
デックスに絡んだ買いなどが入っているようである。直近のボトムが意識されてい
る水準でもあり、年金資金との観測も。セクターではブリヂストン、住友ゴムなど
ゴム製品が堅調なほか、パルプ・紙、鉱業、医薬品が堅調な半面、海運と保険セク
ターの軟調さが目立つ。
 上値の重さが意識されているが、為替市場では円相場が1ドル91円台に入ってきて
おり、支援材料となるため下を売り込む流れにはなり難いであろう。また、米景気
刺激策については上下両院が13日に再可決し、オバマ大統領が目指していた16日ま
での法案成立は確実な情勢でもあるため、押し目買い意欲は強そうである。週明け
のGDPの悪化が警戒されるところではあるが、国内政局が混迷している状況でも
あり、米国頼みの面が強いことを考えれば、新エネルギー関連や売り込まれていた
主力株辺りには買いが向かい易そうだ。また、日経平均は直近ボトム水準でもあ
り、引き続き年金資金などによる下支えも意識される。

株式クロージングコメント 2009年02月13日16時04分
引き続き米国次第とはなりそう

 日経平均は反発。74.04円高の7779.40円(出来高概算19億7000万株)で取引を終
えている。4営業日ぶりに反発となったがこう着感が強く、7800円を挟んだ直近安値
水準での取引となった。12日の米国市場でNYダウが一時250ドル近い下げから急速
に回復したほか、オプションSQでは若干ながら買い越しとなった影響から、買い
優勢のスタートとなった。その後は7700円台でのこう着感の強い展開が続いていた
が、前場半ば辺りにSQ値(7811円93銭)を超えてきたことからやや上げ幅を広
げ、後場寄り付き直後には一時7887.74円まで値を伸ばしている。ただ、同水準に位
置している5日線を超えることが出来ず、反対に大引けにかけてはポジション調整の
流れから上げ幅を縮めてしまっている。セクターではゴム製品やパルプ・紙が堅調
な半面、業績懸念から保険やノンバンクが弱いほか、先週強い動きをみせていた海
運株は、週を通じて調整が続いた。
 決算発表は今週でピークアウトするため、見極めムードから手控えていた向き
も、幾らかは参加し易い状況となりそうだ。米景気刺激策については上下両院が13
日に再可決し、オバマ大統領が目指していた16日までの法案成立は確実な情勢でも
あるため、週明け16日のプレジデンツ・デーの祝日の時に発表される可能性が高
い。今週は米金融政策で一旦ハシゴを外されたこともあって、発表後の米国市場の
動きを見極めるまでは参加しづらいが、評価が強まるようだと、景気敏感株への買
戻しが再び強まり易いほか、新エネルギー関連物色が強まる可能性はある。また、
17日に経営再建中の米自動車大手、GMとクライスラーの、政府への再建計画の提
出期限を迎えるが、救済論議などの報道に振らされる可能性はある。国内では10-12
月GDP、政策決定会合などが予定されているが、結局のところ、引き続き米国次
第とはなりそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均7779.40 +74.04
TOPIX764.59 +4.30
東証2部指数1849.65 -1.90
日経ジャスダック平均1036.48 -0.68
マザーズ指数316.74 -2.50
ヘラクレス指数477.70 +0.99
東証1部出来高19.77億株
東証1部騰落レシオ72.54%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅安から小幅安まで戻して引けている。ナスダックは小幅に
続伸。金融株中心に売られて大幅安での推移だったが、住宅ローン救済策計画が
報じられると急速に買い戻された。為替は円安で返ってきており日経平均は反発
して始まる。寄り後はやや売りに押されたが下値も限定的で底堅い揉み合い。後
場には先物に公的年金買いが入ってきたようで一段高に。しかし買いも続かず後
半には垂れてしまい日経平均上げ幅縮小して引けている。日経先物の主な買い越
し証券はクレディスイス、JPモルガン、BNPパリバ、岡三、モルガンS、
UBS。売り越しはバークレイズ、野村、ニューエッジ、大和、GSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4062イビデン 2095円 +85
一時2190円まで買われる場面も。先日にゴールドマンが同社株をコンビクション
(強い買い推奨)リストに新規採用した事を引き続き好感する動きのようだ。節
目の2000円で何度か弾かれていただけに、今日の動きで上離れの様相に・・・。
空売りがかなり入っている状況だけに踏み上げ的な動きも加わっている模様。来
週しっかりと2000円台固める動きとなれば、上値余地もまだ期待できそうだと。
ゴールドマンは目標株価を2300絵人設定しているだけに、まずはその辺が意識さ
れそうだと。

9684スクウェアエニックス 2070円 +30
昨日同社は3月下旬に予定していた「ドラクエ9」の発売を7月に延期すると発表。
それに伴って今期業績の大幅下方修正も発表している。それを嫌気され朝方は大
幅安で始まったが寄り後は押し目買いや買い戻しが優勢で下げ幅を縮小する展開
に。結局プラスに転じている。昨日同社は英ゲームソフト開発会社の買収も発表
しており、それを好感する動きとの見方も。買収成功するかは、まだ不明ながら
買収する英ゲームソフト開発会社は世界的に有名な「トゥームレイダー」などの
主力ソフトを手掛けるだけに好感できる買収だとの見方は多い。

6773パイオニア 142円 -36
大幅安でザラバ昨年来安値にツラ合わせる。同社は昨日3Q決算と通期業績の下方
修正を発表。最終損益は過去最悪の1300億円の赤字となる模様。同時に大幅な人
員削減や薄型テレビ事業全面撤回などの経営再建策を発表したが好感する動きは
見られない。想定以上の赤字であり、財務懸念も強まっている。この決算を受け
格下げや目標株価引き下げが相次いでおり、日興Cや野村では債務超過に陥る可
能性も示唆している。野村は投資判断を失効、日興Cは3Sに格下げし目標株価を
90円としている。ネットメール会員へ毎朝配信しているGRAILメールで空売りで
の注目株として取り上げた銘柄。

3878巴川製紙所 239円 +25
同社は14:10に3Q決算と通期業績の下方修正を発表。これを受け一時的に売られる
も、すぐに切り返して派手に上昇する展開。もともと空売り多く入っており逆日
歩も日々付いていたことから、踏み上げの動きも加わっている模様。同社は決算
発表と一緒にキャパシタ・電池用電極事業の合弁会社をエアウォーターと共同設
立と発表しており、これを好感した買いが入っているようだ。ただ基本的には短
期資金中心との見方が多く、来週以降も買われるかどうかは信用取り組み次第と
の声も・・・。空売り更に増えていれば続く期待はあるものの、買い戻されてい
れば厳しいのではと。

4755楽天 50300円 +3100
大幅反発。昨日同社は2008.12月期連結決算で子会社の減損処理などで101億円の
特別損失を追加計上すると発表。先日にはTBS株の評価損654億円を特損計上する
と発表しており、更に赤字拡大する見通しに。ただ膿出しという見方も強く、今
日はアク抜けの動きになっている。本業は堅調なだけに今期業績への期待感が根
強いようだ。また引け後に決算発表を控えていることから、出尽くし期待の買い
や売り方の買い戻しが今日は入っている模様。上値にはシコリが非常に多い銘柄
なだけに短期的には戻りも限定的と見る向き多い。

===============
◆◇2/16(月)の主な予定!◇◆
===============
10-12月GDP(8:50)
1月首都圏マンション発売(13:00)
12月鉱工業生産指数・確報値(13:30)
ミヨシ油脂、パイロット、三菱鉛筆など決算発表
米国務長官来日
米国市場休場「プレジデンツデー」
2月13日(金)

H「13日の金曜日の日本市場は反発となった。比較的にしっかりだったと言えるが、決して強い動きではないわな。」

K「まあ週末だし米国は週明け休みだけに海外勢は動きにくいからな。SQ算出日だと言うことを考慮すれば、今日はかなり薄商いだ。」

H「だろうな。G7会合を控えているということも手控え要因だろうな。更に言えば週明けの国内GDP発表も警戒されている面もありそうだ。」

K「取りあえず全体的に反発はしたものの、SQ値を上回って引けられなかった。後場はSQ値を上回っての推移が続いていただけに大引けにかけ踏み上げ的に一段高もあるのではと期待した市場筋多かったが見事不発に終わり、あっさりとSQ値を割り込んでしまった。」

H「弱いよな。まあ後場買い一巡後は上値追えなかったと言うのが心理を冷やした感じだ。公的年金買いも前場から入っていたようだな。」

K「そのようだが、言うほどの買いでも無いと言える。まあ支え的な買いなんだろうな。」

H「ただ13日の金曜日ということもあって、波乱を懸念されていただけに、取りあえずプラスで引けただけ良かったと言える。」

K「まあ波乱となる要素はあったんだけどな。昨晩の米国市場は一時200ドル以上の下落となり、日本市場の波乱も避けられない状況だったんだが、終わって見りゃ小幅安まで戻しての引けだし、ナスダックはプラスで引けた。」

H「住宅ローンの借り手救済案が浮上してきたことが要因のようだな。それが報じられると、それまで売り込まれていた金融株が中心的に買い戻されて全体的に下げ幅を縮小した。引けにかけ1時間位でダウは200ドル以上の下落から前日終値付近まで戻したからな。」

K「引け前と言うこともあってショートカバー的な動きも結構入っていたんだろう。確かに見方によっては、この住宅ローン対策は消化不足との声もあるが・・・。」

H「つまり、今晩も引き続きそれを好感する買いが入る期待はあると・・・。」

K「どうだろうな。そうなる可能性も確かにあるが、基本的には逆じゃないか。昨日は勢いであそこまで戻したが、今日は3連休前の週末と言うこともあり一転して手仕舞い売りが優勢になりそうだが。」

H「それに連休明けの17日には米自動車大手のGM、クライスラーの経営再建計画の提出期限だ。場合によっては再び破綻懸念に繋がってしまう恐れもあるだけに、今晩は確かに手控える向きも多そうだし、手仕舞う動きが中心となっても不思議はない。」

K「ああ。まあ昨日報じられた住宅ローン対策がもっと具体的に報じられたり、正式に発表なりコメントが出てくれば再度好感されるという期待はある。」

H「それに一本化された景気対策法案が13日にも可決される見通しだけに、その期待買いと言う期待もあるんじゃないか・・。」

K「どうだろうな。確かに売り込みにくさにはなりそうだが、買われる事に繋がるかどうか微妙だけどな。」

H「まあ上昇して欲しいモンだけどな。ところで昨晩米国市場は住宅ローン対策を検討との報道があるまで派手に売り込まれていたが、為替市場は比較的にしっかりだったな。」

K「ああ。昨日の日本時間では1ドル90円割れとなっていたが、米国市場始まる頃には90円台に戻していたし、その後米株派手に下落しても非常にドルは底堅かった。朝方には91円台だったからな。」

H「この動き見る限りやはりドル円相場の下値は限定的といえそうだし、底は既に打った可能性が高いようだ。」

K「確かにそうかもな。まあG7を前にしてドルの買い戻しという動きになっている面もあるんだろうけど、基本的には1ドル90円割れはドル買い意欲は強いと見て間違いない。怖いのは米自動車大手の破綻懸念浮上する事や、金融不安が強まることだろうけどな。それがなけりゃ円高は限定的だろう。」

H「まあ即円安へ戻せなくても、しっかりと1ドル90円のラインをを固める動きになれば良いけどな。」

K「ただこのまま為替が落ち着くか、円安へ向かうようならば日本市場に取っては追い風となる。」

H「ああ。輸出企業は世界的な景気悪化の悪影響は当然ながら、その他に円高という悪影響もあるだけに、その一つが消えることによって買い安心感膨らむからな。」

K「輸出企業の業績底打ち感出て来ると言うことは、日経平均にも底打ち感出てくることに繋がるだけに非常に好感できる。もちろん円高懸念後退したとしても、世界的な景気悪化が止まらない限り、輸出企業の業績底打ち感は出てこないけどな。」

H「まあ早期に底打ちして欲しいモンだ。」

K「取りあえず目先的に株価がどういう展開になっていくのか注目したい。取りあえず無難に13日の金曜日を通過しただけに、来週海外勢の売りが減ってくるか注目だな。それに公的年金買いが来週はどういう買い方をしてくるのか・・・。」

H「そうだな。まずは今晩米国市場しっかりと上昇して欲しいモンだ。」
2009.2.13先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。