(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.11【外部環境好転を受け、続伸】13430.91円(+262.50円)

2008/08/11 11:11|未分類CM:0
大きく買い持ちも
ニッケルのやろーがアホ下げ
引け間際、買い持ち全開じゃ怖いってだけで
無駄に売った三菱UFJがGUアホ

アーバン、100円割れてディーラーのポジション解消売りかな
たしか二桁株価になったら
ほとんどのところの社内規定で触れなくなるんじゃなかったか
って分かってたなら金曜三菱UFJ売ってないでこっち売っとけよ

先物13400でしっかり買ってる感じだから
後場、上に行くのかな

後場、アーバンS安買い張り付き想定内
ってか今日は別にどうでも良い
引け間際寄ってたの
寄ったんなら
もうちょっと買っても良かった
倒産しても30くらいで寄るだろうし
寄ったらマネーゲームで45までは戻りそうだし
倒産しなければ明日あたり普通にリバウンドが入るタイミングかなと
2008.8.11先物チャート
■収支+


株式オープニングコメント
参加者限られるも地合いは落ち着く

 8日のNY市場は大幅上昇。ダウ平均は302.89ドル高の11734.32、ナスダックは
58.37ポイント高の2414.10で取引を終了した。原油価格の大幅続落を好感して終日
上昇幅を拡大する展開となった。セクター別ではエネルギーを除いて全面高とな
り、特に自動車・同部品や小売が堅調。シカゴ225先物清算値は大証比130円高。A
DRの日本株は富士フイルム、ブリヂストン、コマツ、日電産、ソニー、TDK、
京セラ、トヨタ、ホンダ、キヤノン、三井住友など対東証比較(1ドル110.18円換
算)で全般堅調。
 四半期決算については、週明けの損保各社の決算で主力処は終わることになる。
指数へのインパクトの大きいコア銘柄での、決算イベントを手掛りとした仕掛け的
な商いによる指数への影響を警戒する流れは後退することになり、売られ過ぎによ
る見直しの動きも期待されるところであろう。夏期休暇入りで商いは低調になるも
のの、相場の地合いとしては落ち着きを取り戻しそうである。
 とは言え、国内の景気後退懸念が強まる中で日本主導での上昇は考えづらく、引
き続き米国市場など外部要因を横目で睨みながらの相場展開が続くことになろう。
週末の米国市場の大幅上昇や原油相場の下落、為替相場の円安基調を受けて、リバ
ウンド色を強めることになろうが、注目されるところでは米金融不安が燻る中で、
米SECによる金融関連株へのカラ売り規制措置が12日で切れることである。再延
長もしくは規制対象拡大といった動きが出てくるかが注目されよう。AIGの赤字
決算やムーディーズのアメックスへの格下げ検討など、現在の地合いでは規制解除
となるようだと改めて金融関連へのショートにつながる可能性は警戒されるところ
である。
 そのほか、テクニカル面では7月後半から保ち合いの流れが続いている状況ではあ
るが、一目均衡表では再び基準線、転換線を捉えたほか、本日にも遅行スパンが上
方転換シグナルを発生させてくる可能性が強まってきている。また、自民幹事長は
一人当たり300万円までの株式投資について配当金を非課税とする制度の創設を提案
するなど、市場活性策といった政府によるリップサービスなども、若干でも相場へ
のインパクトを与えてくることも考えられよう。

株式ランチタイムコメント
現状維持ならテクニカルは反転意識

 買い先行で始まった日経平均は、その後も強い動きをみせ一時13400円を回復し、
225.96円高の13394.37円(出来高概算8億5000万株)で前場の取引を終えている。週
末の米国市場では原油相場の大幅下落によってNYダウは300ドル超の上昇をみせて
いたほか、為替相場は一時1ドル110円に乗せたことなどが好感されている。先週末
の決算がアク抜けにつながったほか、自社株買いのほか一部車種の値上げが伝えら
れたトヨタが買い気配からスタートするなど輸送用機器が堅調なほか、信用不安が
燻っている不動産セクターは、URBANが最安値を更新する一方で主力処はリバウンド
をみせてきている。そのほか銀行、ハイテク、鉄鋼の一角なども顕著な値動きをみ
せており、東証1部の騰落銘柄は値上り数が1000を超えている。一方、原油下落を背
景に鉱業や商社といったエネルギー関連の一角が冴えないほか、電力・ガス、陸
運、医薬品といったディフェンシブ系が高安まちまち。また、先週末に決算を発表
した武富士が弱い動きをみせるなど、ノンバンクが弱い。
 225先物は買い先行後は膠着をみせているが、寄り付き直後からの一段高によって
日経平均は直近の保ち合いレベルを上放れつつあり、ボリンジャーバンドではこれ
まで続けていたプラス・マイナス1σのレンジを上放れ、一目均衡表では遅行スパン
が上方転換シグナルを発生させつつある。米SECによるカラ売り規制措置の行方
や夏期休暇で参加者が限られていることもあってオーバーナイトのポジションは取
りづらい環境であるため、後場は利益確定の流れが出てくる可能性はあるが、現状
の株価水準を保てるようであれば、テクニカルではトレンド転換をみせてくること
になろう。
 物色としてもトヨタが強い動きをみせていることで全体としても決算通過=アク
抜けにつながりやすく、売り込まれていた銘柄に対しての買戻しを意識した物色が
見られてきている。

株式クロージングコメント
トヨタの上昇が心理面に作用

 買い先行で始まった日経平均は、その後も膠着を続けながらも強い動きをみせて
おり、262.50円高の13430.91円(出来高が17億9000万株)と終値ベースでは7月24日
以来の13400円を回復して取引を終えている。週末の米国市場では原油相場の大幅下
落によってNYダウは300ドル超の上昇をみせていたほか、為替相場は一時1ドル110
円に乗せたことなどが好感されている。先週末の決算がアク抜けにつながったほ
か、自社株買いに加えて一部車種の値上げが伝えられたトヨタが買い気配からスタ
ートし、後場に入っても強い動きをみせていたことから、市場全体も売り込まれて
いた銘柄に対しての買戻しを意識した物色が次第に強まっていた。
 米SECによるカラ売り規制措置の行方や夏期休暇で参加者が限られていること
もあって東証1部の売買高は18億株を割り込む低水準ながら、トヨタの上昇が心理面
に作用した格好であった。また、リップサービスの段階ではあろうが、自民幹事長
による証券優遇制度拡充の検討なども、売り込めない状況を作っている。さらに寄
り付き直後からの一段高によって、日経平均は直近の保ち合いレベルを上放れつつ
あり、ボリンジャーバンドではこれまで続けていたプラス・マイナス1σのレンジを
上放れ、一目均衡表では遅行スパンが上方転換シグナルを発生させつつあるなど、
テクニカル面でも期待されたトレンド反転の動きをみせてきている。北京五輪で北
島選手が100メートル平泳ぎで世界新での金メダル獲得も市場のマインドを明るくし
た。
 米SECによるカラ売り規制措置は延長しない可能性といった観測が報じられて
いるが、全体へのインパクトのある施策が講じられる可能性はありそうだ。NYダ
ウは先週末の上昇で一目均衡表の雲下限を捉えており、遅行スパンは上方転換シグ
ナルを発生させつつある。週明けのNY市場が週末の反動から大きく下げずに底堅
い動きをみせられれば、買戻し中心ながらもリバウンドが意識されることになろ
う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均13430.91 +262.50
TOPIX1280.00 +20.07
東証2部指数2654.28 +1.52
日経ジャスダック平均1412.10 -2.27
マザーズ指数476.26 +4.50
ヘラクレス指数746.86 +2.49
東証1部出来高17.93億株
東証1部騰落レシオ91.84%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は大幅に上昇。それを好感して日経平均も大幅高で始まる。寄
り後も先物買いにより上げ幅を拡大していく。後場も先物買いが継続しており日
経平均更に一段高。一時300円超す上げ幅になる場面も。大引けにかけやや垂れる
も大幅高で引けている。新興市場高安まちまちで指数は小動き。日経先物の主な
買い越し証券はニューエッジ、クレディスイス、リーマンB、三菱UFJ、UBS、JPモ
ルガン、メリル。売り越しはドイツ、大和、BNPパリバ、モルガンS、GS、楽天、
松井、安藤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8111ゴールドウイン 380円 -80
ストップ安。オリンピックが始まり、競泳ではスピード社水着効果出ているもの
の、材料出尽くし感が強いようで前場から軟調気味。前場引け後に行われた平泳
ぎ100M決勝で、スピード社水着を着用した日本の北島康介選手が世界新で金メダ
ルに輝いた。これを受けご祝儀相場期待もあって後場買い優勢で始まったが、買
いは続かず逆に派手に売り込まれる動きに。北島選手の世界新・金メダルでも買
われない以上、もう目先相場は期待できないと見たホルダーの投げが加速したよ
うだ。

8924リサパートナーズ 119000円 -20000
ザラバ寄らずのストップ安。先週末に中間決算と公募増資を発表している。決算
内容は厳しい不動産不況の状況を考慮すれば、非常に好決算だと言える。ただ一
緒に発表した公募売り出しを嫌気されているようだ。これにより希薄化懸念も当
然あるのだが、不動産企業への投資意欲乏しい地合状況だけに、公募増資中止と
なる恐れもあり、そうなったとき資金繰り懸念が出てくるのではという思惑もあ
る様子。ただ調達資金目的は借入金返済ではなく投融資目的の為、例え中止にな
っても問題はないと。過剰反応といえるが、それだけ今は不動産関連企業への警
戒感が強い証拠だと。

6330東洋エンジニアリング 656円 -34
大幅安。先週末同社は決算を発表。計画通りの好決算であり、寄り付きは好感さ
れ買われている。ただ寄り後は手仕舞い売りが優勢に。決算にサプライズはなく、
既に先月まで地合無視してしっかりと相場を作っていただけに、この決算を機に
手仕舞い売りを出してくる向きも多い様子。つまり出尽くしの動き。更に下げれ
ば押し目買いも入るだけに、600円台での揉み合いが暫く続くのではと・・・。

8035東京エレクトロン 6600円 +250
堅調。先週末決算を発表。今期大幅下方修正と配当見通しの下方修正も発表。既
に下方修正は報じられていただけに織り込み済みだが、報じられた数字以上の下
方修正となっておりネガティブ視する向きは多い。それだけに今日は売り優勢で
始まったが、売り一巡後は買い戻し優勢に。先週末の米株が派手に上昇しており、
半導体関連企業の株価も大きく上昇しフィラデルフィア半導体株指数は5連騰と
なっている。それが、同社株にも押し目買い意欲と、空売りの買い戻しを誘った
模様。

4755楽天 55000円 +5000
ストップ高。先週末発表された決算を好感。前年同期比大幅造酒増益であり素直
に好感されている。また利益率が改善に向かっているのが今回の決算で確認でき
たと高評価する向きも多いようだ。これを受けみずほ証券では投資判断を最上位
に格上げしている。また同社株の好決算を受け、他のネット関連株に物色されて
いる銘柄が目立っている。2121ミクシィ、4689ヤフー、2371カカクコム、3715ド
ワンゴなどもしっかり。

===============
◆◇8/12(火)の主な予定!◇◆
===============
7月企業物価(8:50)
6月鉱工業生産改定値・設備稼働率(13:30)
7月消費動向調査(14:00)
電通、風力開発、トレンドマイクロ、東海カーボン、シマノ、日揮、電通、
サイバーA、横河電機、IHI、松田産業、ワタミ、T&DHD、イーアクセス、
インボイス、トランスコスモスなど決算発表
米SECの緊急空売り規制実施最終日
米8月穀物需給
米6月貿易収支(21:30)
アプライドマテリアルズ、ホームデポなど決算発表

8月11日(月)

H「日経平均は大幅続伸となった。先週末の米国市場が随分と派手に上昇し、為替も1ドル110円台まで円安が進んだからな。ユーロ円は円高に進んでいるが、もともとユーロ円は円安状況だっただけに懸念は無いようだ。」

K「ただ先週末の米国市場の上昇も、原油安などが好感されたようだが売り方の買い戻しによる上昇だと言えるだろう。決して実需の買いが入っている上げではない。ただどんな理由にしろしっかりと上げれば上げるほど、市場心理が良くなるのは間違いないからな。後から実需の買いが付いてくると言う事もあるしな。」

H「今はどんな理由しろ、上げる事が大切だろう。やはり傷ついた心理がいち早く回復する事は非常に重要だからな。」

K「ああ。今日の日本市場の上昇も先物の買い戻しとの見方も多いが、取りあえず上げたからOKだと受け止めるべきだろうな。果たして買い戻し終わってしまえば後は誰が買うんだと言う懸念もあるんだが、心理改善していれば押し目買い意欲も強まるし、それが少しでも下値を支える事に繋がればOKだ。」

H「そうだな。決算悪くても悪材料出尽くしとして買われている銘柄も目立ってきており心理は結構改善してきてるとは言える。ただまだまだ心理も不安定だから、突如悪化する恐れはあるから注意は必要だけどな。」

K「ただ不安定ながらも米国株式市場は徐々に下値を切り上げて行っている。この流れが続くかどうか微妙だが、取りあえず下値を切り上げる動き続いて行ければ日本市場も上げられなくても下値を切り下げていく懸念は乏しくなる。」

H「恐らく米国市場が下値を切り上げる動き続いていれば、為替も円安基調は続く可能性があるだろうし、それが日本株に追い風になるからな。」

K「そうだな。しかし日経平均今日も派手に上げているが、個別的に見るとやっぱりとても安心出来る状況にはない。買われているのは自動車、ハイテク株であり、それらは日経平均寄与度も高い。他のセクター株には弱いモノもまだまだ多いし、上げていても上値の重さが顕著に見られるセクターもある。」

H「そう言う銘柄は売りが上値を抑えているのか、それとも買いが入らないのか・・。」

K「両方だろうな。それら銘柄も強さが見られてくれば、日経平均も更に上昇という期待は出てくるんだが、そこまで投資家の買い意欲が強まっていないし、やっぱりまだまだ様子見感も強いからな。」

H「新興市場もまだまだ様子見感強いという感じだ。今日は買われていた銘柄も見られていたが、やっぱり上値の重さも目立っているし、失速してしまう新興銘柄も少なくない。新興系不動産企業の下落が依然として続いており、それが新興市場の心理を悪化させている面もあるんじゃないか・・。」

K「確かに心理面では影響ありそうだが、これらの下落は今に始まったわけでもないし、基本的には影響はもはや限定的だろう。それよりも新興市場は上げが続かず結局下値を切り下げていく動きを続けていると言うのが物色意欲を乏しくしている。」

H「やはり物色意欲が強まるには、強い実需の買いが継続的に入ってくる必要があると言う訳か・・。ただまともに考えれば、厳しそうだよな。実需筋もわざわざ新興市場を買うかどうか・・。」

K「確かにそうだが、狙っている向きは当然多い。ただダラダラと下げ続けている状況だけに、今はタイミングを待っている状況だと言える。下げれば下げるだけ妙味が出てきていると言えるし、更に買いを狙ってくる向きが増える事になる。」

H「その手の買いが出動してくるにも、やっぱり全体的な地合がある程度は不安定さ無くなってこないとな。」

K「そうだな。全体的な地合の不安定さがある内は確かに買いにくさはあると言えるからな。」

H「今週終われば、取りあえず大半の新興企業の決算発表が終わる。ある意味、実需が動いてくるきっかけとなる期待もあるだろう。それだけに全体的な地合がこのまま落ちつて来れば良いんだが・・・。」

K「ああ。その為には米国市場の堅調さが必要となるが、ドル買いの流れを見る限り、そうなる期待は出てきているとは言える。ただ米国の場合は金融不安という爆弾抱えているようなモンだけに、いつ悪材料が飛び出すかは不透明だ。それだけにどうしても不安定な動きが続く事になる。」

H「まあ、それでも下値を切り上げる動き続けられれば、徐々に安心感強まるだろうし、下げても懸念されなくなってくるからな。」

K「取りあえず、今晩の米国市場がどういう展開になるのか注目だな。派手に上昇した後だけに尚更だ。」

H「そうだな。しっかりと連騰してくれれば面白いんだが・・。」

K「ああ。オリンピックも日本人が昨日今日と連日金メダルを取っているからな。株式市場もその調子で連騰続けて欲しいモンだ。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。