(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.7【7日続伸し、75日線を突破】

2009/01/07 11:19|未分類CM:0
年後半から徐々に景気が回復していくだろうという思惑があるようで
半年後を織り込んで動く株式市場は上昇
20日大統領就任式までの上昇とみてる人が多いみたいなんで意外と
上昇は続くかもしれない

今日はそんなわけで円安進行で
輸出関連株はちょーつよ
特に車の強さは異常でこれが相場を引っ張ってる
こんなのも出てるし
米GM 追加融資の必要なしの可能性
2009年01月07日(水) 10時01分

ブルームバーグは、米GMが「米経済が一段と悪化しなければ追加融資必要ない可能性。134億ドル融資とGMACへの公的資金は十分な支援の可能性」などとスポークスマンが述べたと報じている。

買い持ちのミャンコもウハウハなんだが
トレード自体はサイテー
日立金属を昨日引けで買い増しのつもりが買い増ししてないし
東洋炭素も引けで買い増しの予定が
引け間際利確してるし
冶金工と住友鉱山持ってるくせに大平金持ってないし
昨日三菱マテリアル持ち越し予定で買ったのに昨日売っちゃったし
持ち越しの大日本スクリーンは寄りの付近の売り板にだまされて安売りしてるし
持ち越しのCAも売り板にびびって寄り付近で利確
持ち越しの沖電気もって書き切れん
ちゃんと予定通りトレードしろよ
それができてたらとっくに億プレイヤーになってるだろうが

売り持ちの王子製紙は売り増しして利確

昨日活況だった新興も東1の個別がこれだけ動いてくれれば出る幕無し
まあCAとか押し目かな

後場
時価総額上位銘柄 ストップ高続出
2009年01月07日(水) 14時39分
シャープ<6753>、キヤノン<7751>、ダイキン<6367>、カシオ<6952>、三井物産<8031>など時価総額上位の銘柄のストップ高が続出している。売りヘッジファンドの解約の買戻しが殺到しているとの観測が一部で流れているようだ。
明日あたり一服しそうだけど
ヘッジファンド次第?
上がりすぎとか自分勝手の感覚なんか
市場にはお構いなしだからねー
上がりすぎとか下がりすぎとかをあらわす
オシレーター系の指標も
あくまでもトレンド系の補助として使うものだし

と言いつつポジションはニュートラルに
明日GDなら買い戻してド転買い
GUなら利食いして様子見
結局日替わりで電池やら機械やら車やら循環物色の相場
うまく乗り換えていければ大きく取れる

アメリカは負債を膨張させることで
赤字を解消させると言う見方が結構ありますね
負債を増やして印刷機でドル紙幣をドンドン刷って
ドルの流通量を増やすことでインフレを起こす
ドルの価値を下げて赤字をチャラにした後
新ドルを発行する
一番現実的な方法と見られてます
ほんとにこうなったらジム・ロジャーズの言ってるように
1ドル9円とかになるかも
そうなったらイチローの年俸は日本円で10分の1になっちゃったりするのかぁー
今16億だから、10分の1になれば1億6千万
一流のメジャーリーガーが日本に押し寄せたりするのかなぁーw

インフレに強いのは不動産とか金
買っておく?


株式オープニングコメント
指数高止まりしたとしても物色意欲衰えず

 6日のNY市場は反発。ダウ平均は62.21ドル高の9015.10、ナスダックは24.35ポ
イント高の1652.38で取引を終了した。12月ISM非製造業景気指数が予想を上回った
ことや原油価格の続伸を好感し、朝方は上昇して始まった。その後、一時下落に転
じる場面もあったものの、FOMC(連邦公開市場委員会)の議事録が公開され、
低金利政策が当面維持されるとの見方が示されると再び上昇する展開となった。セ
クター別では不動産や半導体が上昇する一方で医薬品・バイオテクノロジーや食
品・生活必需品小売が軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比175円高の
9245円、円建てが同95円高の9165円。ADRの日本株はシャープ、ソニー、京セ
ラ、日産自、トヨタ、ホンダ、キヤノンなど対東証終値比較(1ドル93.66円換算)
で全般小じっかり。
 NY市場の上昇やシカゴ先物の堅調地合いが好感されるが、過熱感も高まり易い
状況であるため、利益確定の流れも強まり易く、全体としては買い一巡後は戻り高
値レベルでのこう着感の強い展開となりそうである。ただ、NY市場で一時94円台
に突入した円相場は、現時点では93円台半ばで推移しているが、一先ずこれまでの
円高基調の一服は引き続き材料視されそうであり、売り込まれていたハイテク、自
動車関連といった輸出関連などへの買戻しにつながることが期待される。また、金
融庁は、地銀・第二地銀の半数近くに当たる40行以上に対して、今年度末に公的資
金を一斉に注入する方向で検討に入ったと報じられており、年度末に向けての金融
不安が後退する格好から、金融株が全体を下支えすることも期待されよう。そのほ
か、対日投資の促進に向けた課税見直し策なども先行き海外資金流入への期待につ
ながりそうだ。
 そのほか、昨日のように底堅い動きながらも指数がこう着を強めてくる状況では
個別材料株へ向かい易いが、政府は環境対策を通じて雇用創出などを図る日本版
「グリーン・ニューディール」の構想をまとめる方針が伝えられていることもあ
り、次世代エネルギー関連への物色が続くことになろう。短期資金中心ながらも回
転が利く好地合いであるため次の物色対象といった手掛り材料に貪欲な状況でもあ
り、材料が出た銘柄のみではなく、関連銘柄などへ幅広く物色資金が向かいそうで
ある。

株式ランチタイムコメント
こう着が望ましいが、ショートポジションは禁物

 日経平均は7営業日続伸となり、182.31円高の9263.15円(出来高概算14億3000万
株)で前場の取引を終えている。NY市場の堅調な展開のほか、為替市場で円相場
が一時94円台に突入していることもあり、昨日同様、売り込まれていた自動車、ハ
イテクなど輸出関連への買戻しが強まったほか、商品市況の上昇も支援材料とな
り、鉄鋼、非鉄などへの物色につながっている。一方、これまで円高やディフェン
シブ志向から物色されていた紙・パルプ、電力・ガス、小売、情報通信などへは利
益確定の流れが強まっていた。東証1部の騰落銘柄は値上り1109に対して値下がり
485、変わらず110と値上り数は全体の7割近くを占めているほか、規模別指数では大
型株指数の強さが際立っている。また、次世代エネルギーなどの材料株物色は、一
部で利益確定の動きが目立ち始めてきているが、新たな物色対象を探る流れが活発
化している。
 FリテイやKDDIなどが弱い動きながら、指数インパクトの大きい値がさハイ
テク株などが軒並み強い動きをみせていることもあって、日経平均は一時9300円を
回復している。テクニカル面では過熱感が強まり易い水準まで回復してきている
が、リバランスとみられる流れとは言え、指数へ与えるインパクトからはショート
は振りづらい状況であろう。円相場が1ドル94円台で定着してくるようだと、なおさ
ら売れない状況となる。また、週末のオプションSQを控え、ヘッジに伴うカバー
も強まり易い。一気に達成感を強めてしまうよりは、9200円辺りでのこう着が望ま
しいが、ショートポジションは禁物であろう。

株式クロージングコメント
達成感などは判断しづらいところ

 日経平均は7営業日続伸となり、158.40円高の9239.24円(出来高概算28億株)と
終値ベースでは11月5日以来の9200円を回復したほか、出来高もSQを除くと2ヶ月
ぶりの高水準だった。NY市場の堅調な展開のほか、為替市場で円相場が一時94円
台に突入していることもあり、昨日同様、売り込まれていた自動車、ハイテクなど
輸出関連への買戻しが強まったほか、商品市況の上昇も支援材料となり、鉄鋼、非
鉄などへの物色につながっている。一方、これまで円高やディフェンシブ志向から
物色されていた紙・パルプ、電力・ガス、小売、情報通信などへは利益確定の流れ
が強まるなど、リバランスの流れが強まっている。指数インパクトの大きい値がさ
ハイテク株などが強い動きをみせていることもあり、リバランスながらも指数は上
昇基調を強め易いようである。金融不安を背景とした昨年9月以降の急ピッチの下落
過程で輸出関連などのポジションは一気に低下し、ディフェンシブの比率が高まっ
ていたこともあり、金融システムの安定化や為替相場の落ち着き、米景気対策に対
する期待感からこのバランスを修正する動きが強まっている状況の中では、達成感
などは判断しづらいところである。これまでの上昇過程でも積極的にオーバーナイ
トでロングポジションを取りに行く向きは限られており、短期資金が中心ともなれ
ば、過熱感が強まったとしてもしこりを残すような流れにはならず、リバウンド基
調が長期化する可能性もありそうだ。週末のオプションSQ、米雇用統計を控え、
連休も重なるため手掛けづらい状況だが、達成感というよりも、この辺りで大きな
トレンドが出てくる可能性もあろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9239.24 +158.40
TOPIX888.25 +12.05
東証2部指数1970.48 +4.56
日経ジャスダック平均1106.12 +2.57
マザーズ指数340.27 -3.61
ヘラクレス指数511.75 -5.50
東証1部出来高28.07億株
東証1部騰落レシオ115.42%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は反発。ISM非製造業景況指数は市場予測を上回り好感されるも
上値の重さも見られている。ただ下値も限定的でオバマ新政権への期待感が相場
を支えている面もあるようだ。為替も円安気味であり日経平均は今日も堅調に始
まる。グローベックスで米先物軟調推移となっている事から上値は追えないと見
られていたが、今日もハイテク株や自動車関連株などの輸出株がしっかりと買わ
れて日経平均大幅高に。先物にショートカバーの動きも入っている模様。後場は
垂れ気味となるも下値も限定的で揉み合い。結局日経平均は大幅高で7連騰。日
経先物の主な買い越し証券はGS、メリル、クレディスイス、ドイツ、ニューエッ
ジ、バークレイズ、JP。売り越しは日興シティ、BNPパリバ、モルガンS、
三菱UFJ、UBS、野村、松井など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6255エヌピーシー 4810円 -30
昨日は買い一巡後は大きく垂れていたが、今日も再び朝方はしっかりと買われた。
今朝の日経新聞では、環境大臣が日本版グリーンニューディール構想をまとめる
考えを表明したと報じられており、改めて太陽電池関連株への買い意欲が強まっ
たようだ。ただ同社株は本日引け後に決算発表を控えていると言うこともあって
手仕舞う動きも強い様子で結局マイナスで引けている。引け後、発表された1Q決
算は非常に好決算で受注残からも今期上方修正も必至の状況。明日出尽くしの動
きになるか注目されている。

2685ポイント 4000円 -440
一時、二日連続のストップ安に。5日引け後に発表された12月月次売上高を嫌気さ
れている。既存店売上高は前年同月比7.6%減に。ただここまで売り込まれる程の
悪材料でもなく、資金シフトの動きが大きな要因だと見る向き多い。同社株に限
らず小売り株は総じて売り込まれており、投資資金が内需株からハイテク株など
の輸出株へとシフトしていると・・・。小売り株は輸出株などと比べれば先月ま
で買われていた。他にもパルプ紙、電気ガス株なども総じて売り込まれている。

2651ローソン 4630円 -310
軟調。ドイツ証券が同社と8028ファミリーマート株を新規BUYとしているが材料
視されていない。投資資金が内需株から外需株へとシフトしている動きが要因。
同様にファミリーマート株も今日は大幅安になっている。好調な月次を発表して
売られているファーストリテイリングの動きを見ても、小売り株は好材料出ても
売り込まれており、資金シフトは本格的のようだ。この流れはオバマ新政権発足
まで続くのではと見る向きも多いが、ある意味これら小売り株の絶好の買い場が
到来するとの声も・・・。

6801東光 156円 +50
ストップ高。13時に半導体事業を旭化成に譲渡すると発表。この発表を機に物色
されてストップ高まで。ただこの材料、既に今朝の日経新聞で報じられており、
朝方多少物色された程度で、株価も落ち着いていた。しかし13時に正式発表する
と再び物色され始め、上げ加速してストップ高に。結局そのままストップ高で引
けている。非常に解せない動きながら、この報道を知らなかった個人投資家辺り
が正式発表で気が付き物色してきたのではと・・。

7751キャノン 3310円 +340
一時ストップ高まで買われる場面も。為替が円安気味になってきており今日もハ
イテク株に買われている銘柄が目立っている。新年入りしたことによって中長期
資金が日に日に入ってきており、ハイテクの国際優良株中心に買ってきていると
の話。国内勢と言うよりは海外勢の買いとの観測であり、不景気の株高というシ
ナリオが本格的になってきたようだと・・・。ただ輸出株買いの流れの背景には
為替があるだけに、円安基調が止まってしまうと、再度売り込まれる恐れもある
と警戒する声も少なくないようだ。

===============
◆◇1/8(木)の主な予定!◇◆
===============
10年国債入札
ローソン、セブン&アイ、リンクセオリー、カッパクリエイト、スター精密、
インターアクション、ダイセキ環境、 マルエツなど決算発表
米新規失業保険申請件数(22:30)
新しい資本主義を模索する有識者サミット(パリ~9日)
CES国際家電ショー(ラスベガス~11日)
米11月消費者信用残高(9日5:00)
1月7日(水)

H「日経平均は7日続伸だ。これは2006年4月以来の事だ。ただちょっと急ぎすぎという感じもするけどな。」

K「そうだな。主力株が複数銘柄ストップ高まで買われたりと確かに過熱感も出て来たと言える。それに随分と幅広く物色されてきたからな。」

H「ああ。これだけ派手に上げている主力系の銘柄多いのに日経平均の上昇は150円程度というのも少なく感じる。」

K「結局買われているのは輸出株だけだからな。内需株には派手に売り込まれている銘柄も多い。つまりリターンリバーサルの動きが中心だと言うことだ。」

H「今まで比較的にしっかりしていた内需株を売って、売り込まれてきた外需株を買う流れだな。ただ海外勢からの長期資金も入ってきているとの観測もあり、決して悪い流れではない。」

K「まあそうだが、彼らが買ってしまった後は果たして誰が買うのだろうか。長期資金買ってきているとは言え、まだまだ本格的な買いではないし、ごく一握りの投資家だろう。まだまだ動けない投資家や、様子見決め込んでいる投資家も非常に多い。」

H「そういう向きが本格的に買いに来れば良いが、つい数ヶ月前まで売り込んで来た向きがそうそう買いに転じてくるとも思えないからな。」

K「ああ。まあもしかすれば、対日投資促進のためファンドを通じて日本に投資する海外勢への株式譲渡益を原則非課税にする案が浮上した事を好感された可能性もある。実際に実現されれば海外勢は日本への投資意欲は間違いなく増すからな。」

H「確かに今日の動きは強かったと言える。幾ら円安進行したからといっても、グローベックスでの米先物は終始軟調推移だったし・・・。まあSQ絡みの売買も影響しているのかも知れないが。」

K「まあとにかく日経平均7連騰悪い事じゃない。個別に過熱感出て来ている銘柄も目立ってきたが、それらが一服となったとしても出遅れ気味の銘柄が買われる動きは続きそうだ。つまり全体的に底上げとなる展開だろう。」

H「昨晩の米国市場は期待通り反発した。上値の重さも目立っていたが底堅さも見られており、悪い動きではない。米国でも中長期資金が買ってきているとの観測も出ていたようだし・・・。」

K「まあ米国市場の堅調さが続けば為替もドル買いの流れ続く期待はあるものの、米国の財政赤字の拡大は懸念だよな。景気刺激策などガンガン打ち出してくるだろうけど、その影響で財政赤字の拡大に繋がる。結果、ドル売りに繋がり日本株には懸念となる。」

H「今の輸出株買いの背景は何と言っても為替だからな。それが最近円安基調となっていることが主な買い材料だ。その背景が消えたとき、反動が怖い・・・。」

K「ああ。米国市場軟調になったとしても為替が円安へ振れてきていれば恐らく言うほど日本株は売られないだろうけど、逆に米国市場上げても為替が円高へ振れてくれば日本株は売られてしまうだろう。まして最近の輸出株の買い手が海外勢が中心となれば尚更だ。まあ本当に中長期資金ならば、そう簡単に売ってくるとは思えないが・・。」

H「ただ円高を背景に仕掛け的な売りをしてくるヘッジファンド辺りは結構出て来そうだ。それでなくても最近の派手な上昇でテクニカル的な過熱感あるからな。」

K「そうだな。まあ連騰により市場心理もかなり良くなってきているが、そういう時こそ気を引き締めるべきだろう。何と言っても世界の株式市場はまだまだ病み上がりだ。ちょっとした事で180度流れが変わる恐れもあるからな。」

H「あまり考えたくはないが、いずれにしろ今の強気相場がオバマ新政権発足までと見るならば、そろそろ警戒感強めていく必要はあるだろうな。」

K「まあ、もうはまだなりというから意外とまだまだ上昇していく可能性も当然あるが、それもこれも為替次第だろう。その為替市場は日本株式市場引け後にドル円相場が円高進行している。まだ許容範囲だと言えるが、今晩更に円高進んでしまうと明日の株式市場懸念だな。」

H「ただ日経平均も7連騰しているだけに、ここいらで一服しても何ら問題はない。問題は一服の度合いだろう。」

K「確かにその通りだ。下げても底堅さを見せていれば期待は続く。取りあえず今晩の米国市場しっかりとした展開を期待したいもんだ。」
2009.1.7先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。