(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.1【戻り売り圧力強まり反落】

2008/12/01 11:12|未分類CM:0
原油減産んはなかったってことで
今日は資源系弱いかと思ったら
今日も強い

とりあえず今日はドレッシングはがれで
売りから入ってみたけど
現物がめちゃんこつおい
ド転で買いに回ったら
先物がめちゃんこ弱くてカットと
一体どっちについたら良いんだ状態
このパターンは天井サイン!?

輸出系の弱さはやっぱり戻り天井示唆なのか?
ただ単にビッグ3前の売り?

後場、うごかねーところ取っていって
最後みずほ247.3kの指値が約定すると思ったところで一
気に上昇
死ね

ブラックフライデーがあんまりよくなかったのに
任天堂とか伸びてるのは意味分からん
乗ったけど

野村フォーラムで任天堂山内社長が発言
2008年12月01日(月) 14時49分
ブルームバーグの速報では、今日の午前の野村フォーラムで任天堂・山内社長が「金融危機の影響は軽微」と発言したとブルームバーグで報じている。

これか
ウソつけ、為替だけでもめっちゃワリくってるやないかーい


株式オープニングコメント
各国金融政策が下支え

 11月28日のNY市場は上昇。ダウ平均は102.43ドル高の8829.04、ナスダックは
3.47ポイント高の1535.57で取引を終了した。収穫感謝祭翌日のいわゆる「ブラック
フライデー」で株式市場が午後1時までの短縮取引となる中、週初に実施されたシテ
ィグループへの救済案が引き続き好感される形で堅調な展開となった。セクター別
では自動車、金融が上昇をリードする一方で小売やハイテクが軟調。シカゴ225先物
清算値は大証比5円安の8515円。ADRの日本株はコマツ、日電産、京セラ、三井住
友が小安い半面、ブリヂストン、富士通、ホンダ、キヤノンが小じっかりと対東証
終値比(1ドル95.52円換算)で高安まちまち。
 日経平均はNYダウ同様、25日線レベルを捉えてきているが、これを確実に上放
れることが出来るかが注目されるところである。週末の米国市場はシティ救済が引
き続き好感されたが、まずはXマス商戦入りとなったブラックフライデーでの小売
売上速報受けた週明けの米国市場の動向が注目され、動きづらいところはあろう。
また、ビッグ3に対しては依然として楽観的にはなりづらい状況が続いている。2日
までに再建計画を提出し、5日に公聴会が開催されて翌週に審議に入るため様々な報
道も出てきそうだが、対応が決まるまでは期待感だけでは動きづらいところであ
る。週末のOPECの緊急会合では、追加減産を見送ることで合意。12月の総会ま
では、これまでの日量200万バレルの減産を維持となり、週末リバウンドをみせてい
た資源系には利食いの流れもでてきそうだ。
 ただ、今週は4日に欧州中央銀行(ECB)理事会が予定されているほか、日銀は
企業の資金繰りを支援するため、今週中にも臨時の金融政策決定会合を開くと伝え
られており、主要国の利下げ期待などが下支えとして意識されそうである。金融政
策次第では中旬に控えたFOMCでの利下げ期待などへ結びつき、さらにオバマ新
政権に対する期待感も加わって相場全体の押し上げにつながる可能性はありそう
だ。

株式ランチタイムコメント
外人のオーダーも少なく

 日経平均は反落し、166.44円安の8345.83円(出来高概算6億9000万株)で前場の
取引を終えている。週末の米国市場は上昇していたが、GLOBEXナスダック100先物が
時間外で軟調に推移していたほか、ブラックフライデーでの小売売上高を受けた週
明けの動き、GMなどビック3などの行方も不透明であり、さらに週末のドレッシ
ング買いとみられる反動もあって利食い優勢の展開となった。ただ、今週にも日銀
は臨時の金融政策決定会合を開くと伝えられており、金融政策への期待感から下値
も堅く8300円半ばレベルでのこう着感を強めている。全般利食いに押される中、セ
クターでは鉱業や輸送用機器、精密機器などの下げが目立っているほか、モリモト
の経営破たんなど不安感が払拭されない不動産も全面安。東証1部の値下がり数も全
体の7割を占めている。物色は低位材料株などへ向かっているほか、政府の小型家電
のリサイクル整備報道を受けて、非鉄などの関連銘柄が個別に動意づいている。
 日経平均は反落となるものの先週の上昇によって抵抗線意識の25日線を捉えてい
たこともあり、想定内の調整といったところであろう。朝の外資系経由の売買注文
動向やバスケット動向をみてもオーダー自体が少なく、週明けの米国市場の動向待
ちといったところである。そのため、物色は引き続き材料株での短期的な値幅取り
狙いが中心となり、関連銘柄でもより低位に向かうことになろう。

株式クロージングコメント
金融政策への期待から下値は堅いが、参加しづらい

 日経平均は後場に入り一段とこう着感を強めており、115.05円安の8397.22円(出
来高概算15億株)で取引を終え、売買代金は1兆1092億円と今年最低となった。週末
の米国市場は上昇していたが、GLOBEXナスダック100先物が時間外で軟調に推移して
いたほか、ブラックフライデーでの小売売上高を受けた週明けの動き、GMなどビ
ック3などの行方も不透明であり、さらに週末のドレッシング買いとみられる反動
もあって利食い優勢の展開となった。ただ、今週にも日銀は臨時の金融政策決定会
合を開くと伝えられており、金融政策への期待感から下値も堅く8400円レベルでの
こう着感を強めている。後場に入ると一旦は上値を窺う流れをみせたが前場高値は
超えられず、下も安値を下回らない状況であり、高安は前場の160円弱から後場は70
円程度に縮まっている。
 ブラックフライデーでの小売売上高や、11月のISM製造業景況指数を受けた週
明けの米国市場の動向待ちといったところであるが、ナスダック100先物の弱い動き
から反落は織り込まれている感はある。ECBでの利下げ観測や日銀による臨時の
金融政策決定会合での利下げ期待などもあり、下値は堅そうである。ただし、上値
はGMなどビック3再建の行方を見極めたいとのムードから参加しづらく、物色は
引き続き材料株での短期的な値幅取り狙いが中心となり、関連銘柄でもより低位に
向かうことになろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均8397.22 -115.05
TOPIX827.47 -7.35
東証2部指数1941.20 -5.33
日経ジャスダック平均1087.97 +1.19
マザーズ指数314.35 +0.59
ヘラクレス指数498.93 -9.58
東証1部出来高15.11億株
東証1部騰落レシオ95.76%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場はしっかりと続伸となったが、ユーロ円が円高進行して返って
きており、輸出株中心に売り優勢で始まる。時間外で米先物軟調推移となってい
ることも重しとなっているようだ。全体的に商い低調で手控え感強い様子。後場
も方向感乏しい揉み合い。東証1部の売買代金は今年最低を記録。日経先物の主
な買い越し証券はニューエッジ、立花、BNPパリバ、バークレイズ、JP。売り越
しはクレディスイス、メリル、ドイツ、SBI、UBS、GS、モルガンS、カブコム、
野村など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6764三洋電機 164円 +13
前場は軟調推移だったが、後場いきなり買い気配で始まり大幅高水準で始まる。
寄り後は大引けまで今日の高値圏での揉み合い続いた。前場引け後に、共同通信
がパナソニックによる同社の買収について、同社の大株主の三社と今週中にも合
意を目指して大詰めの交渉に入ったと報じた。注目のTOB価格は100台半ばから
200円未満での綱引きになっているとのこと。先日は120円程度を目処との報道も
されていただけに、TOB価格高くなるとの思惑が出ているようだ。ただGSがその
程度の価格で応じるかも不透明で、更に普通株にTOB実施するかも不透明だけに、
今日の動きは短期資金や売り方の取りあえずの買い戻しが中心との見方。

7456松田産業 1044円 +100
朝から大きく買われており後場にはストップ高に。昨日の日経新聞では経産省な
どが携帯電話などの小型家電について回収・リサイクル体制を整備すると報じら
れている。これにより都市鉱山(家電や電子機器類に含まれる金属資源)から貴
金属を回収・精錬する同社は恩恵を受けるとの思惑のようだ。同様の理由で5855
アサヒプリテック、5714DOWA、7826フルヤ金属なども物色されている。都市鉱山
のリサイクルは遅かれ早かれ重要なテーマになり得るだけに、続くようだと非常
に面白いと見る向き多い。

5563日本電工 481円 +66
久しぶりの大幅上昇。最近は物色対象外で小動き続いていたが、今日はいきなり
派手に物色されている。特に材料は見当たらないが、非鉄株などの資材関連株に
物色されている銘柄が最近目立ってきたことも刺激となっているようだ。12月末
の配当取りを狙った買いが入って来たとの見方や、投信が買ってきたとの見方も
出ている模様。目先500円を超えられるかが大きな鍵だと・・。超えられるよう
だと物色続く期待もありそうだと期待する声も多い。同業他社の5566中央電気工
業も大幅高となっている。

3823アクロディア 85500円 +10000
ストップ高。後場中頃突如物色が始まり、どこからとも無く買いが集まってスト
ップ高まで買われている。ファンドの買いが入ってきたとの噂も飛び交っている
が真偽は不明。ストップ高したといっても株価は安値圏だけに、本格的に買いが
入ってきたら戻り余地は大きいとの声も・・・。新興市場にポツポツとまともな
買いが目立ってきており、今日のここの上昇もその流れだとの見方も。同社株の
上昇に刺激を受けたのか同業に近い4813ACCESSも派手に物色された。新興市場の
主力系である、同社やACCESS、ミクシィなどの物色が続いてくると新興市場物色
が活発になってくると期待する市場筋も。

7974任天堂 30100円 +480
後場プラスに転じ値を伸ばす。今日から始まっている野村インベストメントフォ
ーラムで同社の社長が強気な発言をしたようだ。金融危機の影響は軽微であり、
米国のクリスマス商戦では昨年以上のペースで売れているとのコメントも・・・。
これらを好感して後場しっかり買われた模様。ただ同社の場合、為替動向が非常
に懸念であり、それらが落ち着かないことには本格的には買われにくいとの見方
もあるようだ。

===============
◆◇12/2(火)の主な予定!◇◆
===============
11月マネタリーベース(8:50)
豪準備銀行政策金利発表(12:30)
米11月新車販売
米自動車大手3 社の再建計画提出期限
12月1日(月)

H「名実共に師走相場入りとなった日本市場はあっさりと反落となった。先週末の米国市場は続伸となったが、材料視されなかった。」

K「まあ確かに米国市場大きく上昇したが、半ドン営業だっただけにアテに出来ないと言うことや、ユーロ円が円高に振れていたことも日本市場にはネックだった。グローベックスで米先物軟調だったことも嫌気されている。」

H「そうだな。ただ日銀が今週中に臨時の金融政策決定会合を開くとの報道もあり、もっと材料視されても不思議はなかったんだけどな。」

K「まあこの商いじゃな。様子見感強いようで商いは非常に低調だ。特に海外勢の参加者が乏しかった。」

H「他にも米ブラックフライデーの店舗小売売上高が、前年比3%増となったと一部報じられていた。ただこれに関しては見方も別れているようだな。」

K「ああ。思ったより良かったと言う見方もあるが、昨年は8%以上の増加だったことからも、やはり悪かったとの見方もある。」

H「そうだな。クリスマス商戦のスタートが言うほど悪くなくても、これから悪さが鮮明になってくるとの警戒も多いようだ。」

K「まあ、今晩の米国市場がどう動くかと言うことだろう。グローベックス下げていたことから軟調になるのではという見方が強いけどな。それにネット経由での売上高がどうなるかも重要だ。ネット販売は今日がピークとの見方も多く、これに関してはまだ織り込まれていないといえる。」

H「ただ今週は重要なイベントが非常に多い。クリスマス商戦ばかりに市場の関心は定着していないだろう。」

K「そうだな。今後はGMなどのビッグスリー問題もそうだし、欧州などの金融政策決定会合も市場の関心は高い。ECB理事会では0.5%の政策金利引き下げは既に織り込み済みだが、1.0%の大幅な利下げもあり得るとの見方も強まっている。」

H「だよな。ただそれによって為替が円高へ進行してしまうと日本市場にはネックとなってしまう。」

K「ただ発表後は恐らく円安へ戻す展開になる可能性はあるだろう。徐々にユーロ安へとなってきているだけに実際利下げとなれば出尽くしとなってユーロ買い戻される可能性は高い。」

H「しかしそれまでの円高が、日本株の売り材料になってしまう。日経平均は今日の下落で25日線下回ってしまったし一旦8000円まで押すのではという見方も強まっている。8000円で下げ止まるならばまだ良いんだが・・・。」

K「確かにそれは言えるな。まあ米国はオバマ新政権への期待が非常に強いし、ビッグスリー問題さえ無事に解決されれば強い動向が続く可能性が高い。まあそのビッグスリー問題が懸念なんだが・・。」

H「そうだな。せっかく日米市場共に買い意欲が強まって来たと言えるだけに、水を差すような事にはならないで欲しい。」

K「ただ今のような世界的に不安定な経済状況だと、好材料も悪材料も出やすい状況だと言える。それだけに正直良くも悪くも何が起こるか読みにくい。」

H「そんな事言っている間に為替市場がエライ事になっているが・・・。」

K「ああ。急速に円高進行している。欧州市場も結構下げておりグローベックス米先物も下げ拡大しているな。恐らく英当局のユーロ採用検討との事を嫌気されているとの見方のようだな。それによってポンドが派手に売り込まれ、その流れで円に対してユーロやドルまで売られている。」

H「ただ英国のユーロ採用検討の報道は既に昼過ぎには流れていたが、殆ど反応は見せていない。」

K「確かにそうだな。欧州勢が本格的に動き始める時間になって売り材料にされた可能性はある。まあ他にも悪い経済指標や、ロンドンスコティッシュ銀行が管財人の管理下にという報道も出ている。これらも要因だろうな。」

H「う~ん・・・。しかしこうなると明日の日本市場懸念だな。まあ結局は米国市場次第とも言えそうだが、米ダウは5日連続上昇しているだけに普通に考えれば手仕舞い売りに押される展開だろうな。」

K「まあ、それでも底堅さは見せて欲しいよな。それに今の状況だと悪材料も出やすいが好材料も出やすいため、明日の朝になって見ないと為替も米国市場も解らないだろう。まあどうなるのか注目したい。」
2008.12.1先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。