(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.28【大幅反発、7000円割れ後に切り返す】

2008/10/28 11:23|未分類CM:2
今日も異常な相場が続くねー
今日は底だろうと毎日思ってるんだけど
業種を変えて色々と売り崩してくる

メガバンクは故意に売り崩してるだろ
三井住友がS安に張り付いてるってことで
先物もヘッジ売りで上がらない状態

日興シティが消費者金融のレーティングが売りハイリスクとか
大口の売りが大手不動産にとか
この前不動産レーティング上げて嵌め込んでなかったか?

今日は平金と住友鉱山を買って
とりあえず平金を利確して
住友鉱山も利確しようと指値で出したらその瞬間
先物ドーンってか
メガバンクにつられてドーン
まあ強かったんで下で追加して利確
イオンを買って利確
任天堂も寄り付き後の下げを買って利確
その後の下げも買って利確
その辺から日銭は稼げたんで今日もやる気なし
さいてーだな

あとはお小遣いを口座に入れて長期で買い
優待つきなんで
上がるまで沈めときます

クロスマーケティング
全然上がらないからポイしといた
1年前なら3倍は堅い銘柄なのに
時期が悪すぐる

後場、朝から今日買わんでどうするの?
100人いたら99人今日は買い目線でしょ?と
ってか昨日も買い目線だったんだけど

朝から買い買いでやってきて途中で
メガバンクやら不動産のクソ気配に一旦やる気を失いかけてたけど
後場寄り直後からやる気満々

三菱商事をバカバカ買い上がりして利確
下がってきたところ買ったらカットになって
再度底で買いなおし

あとはりそなとか
為替が円安に一気に動き出したんで任天堂とか

結局朝から強かった住友鉱山持っとけと
途中でやる気なくすなと
長期は良いところで仕込めたみたい
もうこんな異常な株価には戻ってきちゃだめだよw

景気良いねw
そして賢いねw
ジェイコム男、株大暴落でも25億円の儲け
チョムチョム秋葉原w
秋葉原駅前の築浅商業ビルを個人投資家に売却


株式オープニングコメント
引き続き後場半ば辺りの値動きに注視したいところ

27日のNY市場は下落。ダウ平均は203.18ドル安の8175.77、ナスダックは46.13ポ
イント安の1505.90で取引を終了した。アジア・欧州株式市場や原油価格の下落が嫌
気される一方、9月新築住宅販売が予想外の上昇に転じたことから、日中は昨日終値
を挟んでもみ合う動きとなったものの、引けにかけて下落幅を拡大する展開となっ
た。セクター別では電気通信・サービスや半導体・半導体製造装置が堅調な一方、
保険や自動車・自動車部品が軟調。シカゴ225先物清算値は大証比50円安の7110円。
ADRの日本株は富士フイルム、パナソニック、京セラ、トヨタ、キヤノン、三井
住友など対東証比較(1ドル92.93円換算)で全般冴えない。
 NYダウは引け前10分間で大きく値を下げている状況であり、不透明感の強い相
場展開である。昨日の日本株市場も後場半ばから大引けにかけて下げが加速してい
る状況であり、ファンドの換金に伴うリバランスの流れが大引けにかけて集中して
いるとみられている。政府の緊急市場安定化策が伝えられ、空売り禁止制度を導入
する検討に入ったが、11月4日から株券の手当てがついていないまま売り注文を出す
「ネーキッド・ショート・セリング」と呼ばれる空売りが禁止される。ただ規制強
化が進んでいるため、この手法を使っての取引は限られているとみられ、一定の効
果にとどまるとの見方も大勢だ。実際のところはヘッジファンドの解約に伴う換金
売りといった実需の売りがファンダメンタルズを無視して出ている状況であるた
め、売り禁止によって新たに実需売りが増える可能性もありそうだ。証券優遇制度
の3年延長での調整については評価されようが、直近の一段の急落で個人の需給は悪
化している状況でもあり、配当税率ゼロといった思い切った緊急措置が必要であろ
う。
 金融システムの安定化が重要であり、為替市場での円売り介入が期待されるとこ
ろである。欧州は利下げの可能性を示唆しているほか、米FOMCでの0.5%利下げ
の可能性も織り込まれている状況である。金利差縮小によって円キャリー取引の巻
き戻しが強まるとの見方もあり、FOMC後の協調介入なども意識されそうだ。物
色としてはファンドの換金、円高基調から買戻しを意識したディフェンシブ系に。
また、ニッケルなど商品の一角が反発していることもあり、非鉄セクターの一角に
も買戻し期待。ただし、引き続き後場半ば辺りの値動きにを注視したいところであ
るほか、昨日のメガバンクのように主力処でストップ安に張り付く銘柄が出てしま
うと、先物市場での売り圧力が強まることに。

株式ランチタイムコメント
後場半ばから大引けにかけての先物、為替の動きに注意

 日経平均は一時6994.90円と7000円を割り込む場面をみせるなど不安定な相場環境
が続いており、67.76円安の7095.14円(出来高概算12億6000万株)で前場の取引を
終えている。週明けの米国市場はNYダウが引け前10分間で大きく下押すなど、世
界の金融システム不安の動揺がおさまらない中、昨日ストップ安で張り付いていた
メガバンクや不動産などを中心に下落基調が続いている。メガバンクは三菱UFJがス
トップ安近辺まで売られたほか、みずほは一時ストップ安を付け、三井住友はスト
ップ安売り気配、不動産では三井不、三菱地所など大手不動産が一時ストップ安を
付けている。電力ガス、食品などディフェンシブ系のほか、自動車、鉄鋼、非鉄の
一角などが小じっかりで推移しているものの、金融関連の下げが響いている状況で
ある。日経平均は寄り付き直後に一時プラスに転じる場面もみられたが、先物への
まとまった売りなども観測され、一時7000円を割り込んでいた。東証1部の騰落銘柄
は値上り433に対して値下がり1185、変わらず81と値下がりが全体の7割近くを占め
ている。
 空売り禁止が本日から行われることが発表された。一定の効果はありそうだが、
現在はヘッジファンドの実需の売りであり、新たなロングショートのポジションが
取りづらくなるとすると、さらに実需の売り圧力が強まってしまう可能性はありそ
うだ。本日は内需系の一角やファナック、富士フイルム、自動車の一角などがしっ
かりであるため、指数はやや落ち着いた動きをみせてきているが、メガバンクや大
手不動産などが再びストップ安で張り付くようだと、波乱の展開につながりそうで
ある。先物市場では6990円を付けたが、イブニングでつけた6830円を付けに行く流
れも出てくる可能性はありそうだ。特に後場半ばから大引けにかけて動きが強まる
傾向にあるだけに、注意が必要である。また、為替の円売り介入への意識が強まっ
てきているため、為替の動向にも注視する必要があり、円安に向かうような場面が
あるとすれば、コア30辺りには年金によるバスケット買いなども意識されそうだ。

株式クロージングコメント
あと月内3日間をこのレベルで維持できれば

 日経平均は後場に入り強い動きをみせており、459.02円高の7621.92円(出来高概
算31億6000万株)で取引を終えている。前場段階では一時6994.90円と7000円を割り
込む場面をみせるなど不安定な相場環境が続いており、昨日ストップ安で張り付い
ていたメガバンクや不動産などを中心に下落基調が続いていた。しかし、後場寄り
付き段階から主力銘柄へ年金とみられる買いが入ったことから急速にリバウンド基
調を強めている。依然として不安定な相場環境であるため、先物市場では短時間で
200円超の上下をみせていたが、為替相場も円が対ユーロ、対ドルともに円安傾向を
みせてきていたこともあり、次第に下値切り上げ型の戻りをみせている。ファナッ
クが後場一段高で17%超の上昇をみせ、トヨタや前場段階でマイナスで推移してい
たキヤノンが7%超の上昇、TDK、京セラなども5%近い上昇をみせていた。その
ほか、新日鉄が20%超の上昇、JFEがストップ高など鉄鋼が業種別指数で上昇ト
ップとなったほか、前場段階でストップ安をつけていた三井不、三菱地所など不動
産や三井住友はストップ安であったが売り物は吸収するなど銀行も下げ幅を縮めて
いる。東証1部の騰落銘柄は、前場段階で値下がりが1000を超えていたが、後場から
の反転によって値上りが1356(値下がり300、変わらず54)と700銘柄超がプラスに
転じた。
 真空地帯であるため値動きが荒く、底打ちを意識させるには時期尚早ではあろう
が、本日のように上下を繰り返しながらも下値を切り上げていく状況となれば年金
の下支えとしての効果は大きい。また、政府の空売り禁止措置についても株の手当
をしない空売り(ネーキッド・ショート・セリング)がどれほどあるのかが判ら
ず、また全面禁止となった場合、信用など空売り自体の定義でどこまでが禁止なの
かが不明であり、過去の商いも調査するとのことで、これが売り方の慎重姿勢につ
ながったとの見方も一部ではされていた。
 今晩からの米FOMCでの0.5%利下げは織り込まれている状況であるが、29日の
決算が予定されているGMのクライスラーとの合併に向けた動きも進展が期待され
てきており、さらに30日の日本の追加安定化策など、日程的にはFOMC後の各国
協調姿勢が期待される状況である。日経平均は下落トレンドが続いている状況では
あるが、本日の上昇で2003年4月レベルを回復し、あと月内3日間をこのレベルで維
持できれば、7000円割れはオーバーシュート範囲として月足ベースでは下ヒゲを残
して2003年4月安値とのボトム形成の意識に向かうことになる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均7621.92 +459.02
TOPIX784.03 +37.57
東証2部指数1882.91 -15.10
日経ジャスダック平均1045.06 -16.45
マザーズ指数275.57 -1.44
ヘラクレス指数453.75 +12.63
東証1部出来高31.65億株
東証1部騰落レシオ58.71%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅続落。終始プラス圏で推移していたが、大引けにかけファ
ンドの売りにより一気にマイナス圏まで売り込まれて引けている。それを受け、
今日も日本市場は軟調気味。寄り後は買い優勢となるも、その買いも続かずあっ
さりと下落していき節目の7000円を割り込む場面も。その後は売り方の買い戻し
も見られ下げ渋る。後場に入ると、香港市場の上昇を好感して買い優勢に。更に
グローベックス米先物しっかりとなってきたことや為替が円安へ戻してきている
事を好感して徐々に買い優勢となってくる。大引けにかけては踏み上げ的に一段
高に。日経平均は大幅高で終了。日経先物の主な買い越し証券はBNPパリバ、大
和、ドイツ、メリル、JPモルガン、野村。売り越しはニューエッジ、松井、UBS、
モルガンS、クレディスイス、SBI、カブコム、藍澤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8306三菱UFJFG 551円 -32
連日の大幅安だが、今日はかなり下げ幅を縮小している。一時500円割れの水準ま
であった。世界的な株安により株式を大量に保有する銀行株の財務懸念が強まっ
ている。日本のメガバンクは財務の懸念無いとの見方が強かったが、それが剥が
れ落ちた格好で海外勢の売りを誘っているようだ。ただ過剰反応との見方も強く
売りたい向き出尽くせば自然と買われると・・・。今日の後場には長期資金の買
いも同社株に入っているとの観測も。大規模増資に関しては、ここまで売られる
材料じゃないとの見方が大勢。

8316三井住友FG 335000円 -50000
連日のストップ安。メガバンクの中で今日は一番弱さが目立っていた。昨日アイ
スランドの銀行最大手カウプシング銀行が発行したサムライ債がデフォルトとな
ったことを受け、事務代理人を務める三井住友銀行が、このサムライ債を大量に
保有しているのではとの思惑が生じている模様。その警戒買いから売ってきてい
る海外勢いるようだ。ただ同社はこれに対して保有している事実もなく、保証し
ている事実も無いとの否定コメントを発表したが、その後の反応も薄い状況だっ
た。

4755楽天 42700円 -3350
一時ストップ安まで売られる場面も。地合に逆行安となっている。特に悪材料は
出ていないが、海外勢などによる換金売りが強まっているとの見方。東証1部の
主力系の輸出株はいち早くその手の売りが出て随分と派手に売り込まれていたが、
その手の売りがここにも出て来ているとの見方。とにかく保有株式を全て順番に
処分を続けている海外勢もいるようで、数日前から同社株にも順番が回ってきた
ようだ。今日は大手不動産株も派手に売り込まれているが、同様の流れだと・・。

6758ソニー 1996円 +175
前場は連日の年初来安値を更新していたが、後場には派手に切り返して大幅反発
で引けている。後場に一部の主力株に長期資金と思われるまとまった買いが入っ
た模様。また為替が介入の思惑から徐々に円安へと戻してきていたことも買い戻
しを誘い押し目買いも呼んだ。為替の影響が大きいこれら輸出株は随分と派手に
売り込まれてきただけに、その反動的な動きのようだ。同社株の他にも後場派手
に買われた輸出企業株目立っている。戻り続くかどうかも為替次第だと・・。

8058三菱商事 1445円 +120
大幅反発。野村證券が同社の投資判断を3から2に格上げしたことが買い安心感を
誘った模様。その影響で前場から比較的に底堅く推移していた。後場は地合も好
転して一段高に。野村は今期以降の業績予想を下方修正としているが、絶対的な
企業価値として割安だと指摘。また野村は商社セクターに関して強気を継続。
100年に一度の危機が、商社に取って100年に一度の投資機会をもたらすと指摘し
ている。個別には同社の他に三井物産を1継続し強気としている模様。

===============
◆◇10/29(水)の主な予定!◇◆
===============
9月鉱工業生産(8:50)
液晶関連の見本市「FPDInternational」(~31日)
新日鐵、コマツ、東芝、ソニー、アサヒビール、日本ガイシ、住友金属鉱山、
富士通、NECエレ、JR東日本、東京ガスなど決算発表
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米9月耐久財受注(21:30)
ビザ、P&G、コーニングなど決算発表

10月28日(火)

H「日経平均はようやく反発した。先週の水曜日から下げ続け、今日も前場は売らる場面もあり一時7000円も割り込んだ。」

K「ああ。先週の火曜日の引け値が9300円台だ。そこから僅か5営業日で7000円割れだからな。ある意味この程度反発しても当然といえる。というより下げてきた分を考えればこの程度の反発、反発とは呼べないだろう。反発というより下げ一服という感じだ。」

H「確かにそうだ。ただ随分とボラ大きいよな。今日の日経平均は下は7000円割れから上は7600円台と非常に荒い展開だ。まあ個別株の動きを見ても荒さが解る。普段は値幅妙味など無い大型株も最近では仕手株のように乱高下する。」

K「本当だよな。まあそれだけ参加者も少なく、板も薄くなっているとは言えるだろう。まさに空中戦だ。」

H「短期資金もこれら大型株にかなり入っているようであり、個人投資家は結構振り回されてしまいそうな動きだ。ザラバ強弱が目まぐるしく変わるからな。」

K「取りあえず今日は反発したモノの、果たして明日も上げるかは微妙だよな。」

H「冷静に考えれば、まだまだ上げて行っても良い状況だが、依然として海外勢の売りが継続している。まあ今日の後場にはまとまった買いが主力株の一角に入っていたようだが、まだまだ売りたい海外勢は多そうだ。」

K「確かにそうだな。今日はメガバンクや大手不動産株などが随分と派手に売り込まれたが、これらの要因も海外勢の整理売りだろう。彼らは為替の影響度が強い輸出企業株を先に処分してきたが、ここに来て内需系の銘柄にその処分売りが出て来ているようだ。」

H「メガバンクの急ピッチな下落は確かに凄いな。一週間前まではメガバンクは他の主力株と比べても売り込まれていなかったが、その反動が今来ている様子だ。」

K「その手の売りが果たしていつ尽きるのか、今後の展開はそれ次第だろうな。」

H「空売り規制の前倒し実施ということも好感されているようだが、基本的には海外勢が保有株を叩き売っている状況だけに、殆ど効果無いとの見方も多いけどな。」

K「確かに規制対象となるネイキッドショートセリングをやっている向きいたとしても、海外勢の処分売りが尽きないことには確かに効果薄だ。」

H「ファンドの売りだけでなくオイルマネーのような長期資金も売ってきている可能性あるだけに、まだまだ続く恐れはあるかも知れない。」

K「ただ理論的に時間と共にその売りは減ってくるし、逆に買いは増えてくる事になるだろう。下げ止まりがある程度見えないと、なかなか買い手が出てこないとは思うが、いずれは株価も落ち着いてくるだろう。」

H「やっぱり問題は為替だよな。今日の後場には為替も落ち着き円安方向への推移となっていた。これが後場日経平均上げて行った大きな要因だろう。」

K「為替介入の思惑が出ていたようだが、そんな思惑は続きそうもないからな。ただ今晩から始まる米FOMCが開催されるだけに、数日為替市場は一服感見せる可能性はある。まあ明日の晩に政策金利発表されるがほぼ0.5%の利下げで確定だろう。」

H「利下げ発表後は再び円高へという恐れはあるよな・・・。」

K「まあそうなるんだろうな。ただ週末には日銀金融決定会合も控えている。ここで利下げでもすりゃサプライズになるんだが・・・。」

H「日本の利下げに期待する向きは非常に多いが、どうせ据え置きだろという見方が殆どだ。それだけに実際に利下げでもすれば確かにサプライズとなりそうだな。」

K「ああ。とにかく日本は立て続けに行動を起こさないと本当にヤバイ事になる。欧米市場が落ち着いても日本株だけ下げ止まらないなんて事もあり得るかも知れない。」

H「そうだな。この国にはあまり期待は出来ないが、この状況を打破するには日本が自分で何とかしなければいけない。つまりこの国に期待するしかない。米国も欧州も自国の事で精一杯だから、正直日本の事など構っちゃいられないという感じだろう。そういう意味でも今の円の独歩高はある意味容認されているとも言えるかもな。」

K「確かにドル安は困る国も多いが、円高は言うほど困らないだろうしな。」

H「将来的にはやっぱり外部頼みの経済でなく、内需主導で成長していける経済にして欲しい。でも今の少子化というこの国ではそれも非常に難しい。」

K「ああ。それだけに結局は外需頼みになってしまう。米国は当面期待できそうも無いだけに、やはり新興国に期待する他ない。ただ現状は新興国も世界的な景気悪化に思いっきり巻き込まれているからな。」

H「確かに新興国経済も減速気味だが、立ち直りは欧米以上に早いだろう。」

K「まあそうなることに期待したモンだ。まずは目先底打ち感が見えてくるか注目したい。」

H「そうだな。今晩の米国市場しっかりと上昇して日本株明日も続伸として欲しいモンだな。」
2008.10.28先物チャート
スポンサーサイト
コメント
車運転してたら、日経7000円割れをラジオの臨時速報で
やってて、今日もダダ下げかと思ってたw
BUZZ #mQop/nM.|2008/10/28(火) 19:01 [ 編集 ]
バズタン、6000円は基地外すぐると思うんだが
みんなネガティブすぐるねw
最近長期でコツコツ拾ってる
これが数年後には5倍くらいになれば良いんだけどw
って短期トレードの方が効率良いw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/29(水) 00:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。