(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.27【大幅続落、バブル崩壊後安値を更新】

2008/10/27 11:20|未分類CM:2
正直、ヨーロッパはしょうがないとして
NYの暴落はないと思ってた
ってかもしかしたら変わらずくらいで返ってくるだろうと
で日本なに狼狽してるのm9(^Д^)プギャー
になるかと思ってたんだが
結局木曜のレンジで推移して
引け成りで-100ドル無駄に投げられて-300ドルくらいで終了

微妙すぐる
GUか悶絶GDしか想定してなかったw
GUなら利食い
GDならリバウンドの入るタイミングなんで買い増し
どうせなら悶絶GDした方がとりやすかった

それにしてもメガバンクの売られ方は酷い
外国人が日本を潰そうとしてるとしか思えない
日本を潰して儲けた金で
自分たちは助かろうとしてるんじゃないか

金融市場安定化策、とりあえず証券税制無税にしてくれ
んで証券会社のレーティング禁止
機関による無限空売り禁止とかにならないかな

バブル後の安値を割ったことで達成感
ここを割れてくるにはパワー不足かな
海運の決算は良かったみたいだし
後場は横横か上の気がする

後場
ONE PIECE見ながらまったりと
日経もかなり泣けるが
やっぱりアーロンパークの話は泣ける

トレードは三角を下に抜けたところで売り攻撃と
戻ってきたところ売り攻撃

テクニカル的には何か出て良いところだけど
それは日本の話で
NYは前の安値すら割ってないし
ってかITバブル崩壊後の安値もまだ割ってない

持ち越しなし
ただ東建コーポ10株だけ優待両建て


株式オープニングコメント
金融・資本市場の安定化待ちの状況

 24日のNY市場は下落。ダウ平均は312.30ドル安の8378.95、ナスダックは51.88
ポイント安の1552.03で取引を終了した。アジアや欧州市場の急落を受けて、取引開
始前にダウ平均先物が値幅制限いっぱいとなる550ドル安となるなど、朝方から急落
して始まった。景気後退や企業業績の悪化懸念から終日軟調な展開となった。セク
ター別では保険を除いて全面安となっており、特に金融や不動産が軟調。シカゴ225
先物清算値は大証比70円安の7550円。ADRの日本株は富士フイルム、コマツ、日
電産、パナソニック、シャープ、ソニー、トヨタ、ホンダ、三井住友など対東証比
較(1ドル94.31円換算)で全般軟調。
 今週も金融・資本市場の安定化待ちの状況が続くことになるが、既に週末段階で
英7-9月GDPが16年ぶりマイナスとなったことが嫌気されユーロ/円は113円台、ドル/
円は90円台に円が急騰し、225先物はイブニングセッションで7100円まで売り込まれ
ている。為替相場では、ドル/円が3月安値を割り込んだことで方向としては79円台
が意識され、日経平均も週初に2003年4月のバブル後安値を更新することになろう
が、今後は1970年代後半の5000円割れが意識されてしまうことになるため、オーバ
ーシュート気味な下振れをみせたとしても、その後のリバウンドで結果的にこの水
準(バブル後)最安値水準を中長期的なボトムとすることが出来るかが注目され
る。
 VIX指数(ボラティリティ・インデックス・恐怖指数)は同時多発テロ時の
43.74から週末には89.53まで急騰している状況であり、最終的なボトム水準を維持
できないと不安心理がさらに増幅することになるため、今週は正念場を迎えること
になる。政府が公的資金枠を10兆円に拡大する方向で調整するなど不安感払拭を狙
って追加の緊急市場対策を検討しているが、各国の安定化策などが効かない状況に
まで市場の動揺が膨らんでいるためタイミングが重要である。円売り介入などの示
唆されているが、FOMC辺りなどを狙っての主要国での協調対策などが期待され
るところである。

株式ランチタイムコメント
本日の処は円相場が後場の取引に与える影響が限定的か

 日経平均は小幅上昇。30.42円高の7679.50円(出来高概算12億4000万株)で前場
の取り引きを終えている。金融市場の混乱が収まらず、日経平均は寄り付き段階で
2003年4月のバブル崩壊後安値を更新して始まり、その後7486.44円まで下げ幅を広
げる場面をみせている。売り一巡後は大口買いが断続的に入った先物市場での切り
返しや、年金資金の流入観測などもあって急速にリバウンドをみせており、一時
7878.97円まで切り返しをみせてきていたが、前引けにかけて再び上げ幅を縮めるな
ど、方向感が定まらない相場展開であった。海外勢とみられるリバランスの流れ
が目立っており、海運など売り込まれていた銘柄などのリバウンドが目立つほか、
陸運、小売などディフェンシブ系がしっかり。半面、最大1兆円の増資を検討してい
ると伝えられた三菱UFJなど銀行株が大きく値を下げている。東証1部の騰落銘柄は
値上り568に対して値下がり1044、変わらず91と、値下がり数が全体の6割を占めて
いる。
 日経平均はバブル後の安値を更新したが、その後は小康状態を続けており、ユー
ロ/円は朝方115円をつけていたが現在は118円レベル、ドル/円も94円を挟んでの落
ち着きをみせている状況であるため、本日の処は円相場が後場の取引に与える影響
が限定的となりそうである。積極的なリバウンドを狙いに行く参加者はいないこと
から上値追いは厳しいとみられるが、目先的にはSQ値の7992円を意識しておきた
いところ。また、先物市場では戻りの鈍さが意識されると売り仕掛け的な動きが出
易い半面、下値では年金資金とみられる買いも観測されており、下押す場面では短
期的なリバウンド狙いも一考であろう。

株式クロージングコメント
信用システム不安が落ち着くまでは、不安定な動き

 前場段階で小幅上昇をみせていた日経平均は後場に入り波乱展開を強め、486.18
円安の7162.90円(出来高概算30億9000万株)で取引を終えた。金融市場の混乱が収
まらず、日経平均は寄り付き段階で2003年4月のバブル崩壊後安値を更新して始まっ
たが、売り一巡後は大口買いが断続的に入った先物市場での切り返しや、年金資金
の流入観測などもあって一時7878.97円まで切り返しをみせていた。しかし、後場に
入るとユーロ/円、ドル/円ともやや円安傾向と比較的落ち着いた動きをみせていた
ものの、225先物が下げ基調を強め、次第に先週末のイブニングセッションでつけた
7100円が意識された動きに引きづられ、為替相場も再び円高基調と悪循環が重なっ
てしまった。引け前1時間辺りから下へのバイアスを強めており、225先物は7100円
を付け、その後は達成感から下げ幅を縮める動きをみせていたが、メガバンク3行な
どがストップ安で張り付いている状況から反転ムードは強まらず、結局は安値水準
で取引を終えている。
 前引け段階では為替相場が落ち着いた動きをみせていたため、後場はこう着とみ
ていたが、本日は株式の下げが為替相場に影響した格好だった。政府の緊急安定化
策や日銀の円売り介入などへの期待もあるが、一方で米GMとクライスラーへの合
併不成立の可能性といった警戒感も強く、さらにメガバンクがストップ安で張り付
いている状況では押し目買い姿勢は強まらず、反対に先物市場では明日の下げを想
定したショートの動きが強まってしまう。また、このところ引け前1時間辺りからの
値動きの荒さが目立っており、アルゴリズムを使ったファンドの換金の流れが集中
しているとの見方もあるため、信用システム不安が落ち着くまでは、不安定な動き
が続きそうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均7162.90 -486.18
TOPIX746.46 -59.65
東証2部指数1898.01 -54.95
日経ジャスダック平均1061.51 -22.92
マザーズ指数277.01 -19.78
ヘラクレス指数441.12 -24.88
東証1部出来高30.95億株
東証1部騰落レシオ57.66%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は大幅安。世界的な景気悪化懸念などから乱高下しながらも結
局大幅安で引けている。日本、欧州市場の大幅安の流れが米国にも続いた格好。
あらゆる市場で投資家のリスク回避の売りが出て来ている様子。日経平均は今日
も軟調で始まるも、売り一巡後は買い戻し優勢に。一時日経平均は大幅高となる
場面もあったが、後場は再びマイナスとなり後半には為替と共に再び大波乱に。
結局今日も日経平均は大幅安で引けており、約26年ぶりの低水準に。日経先物の
主な買い越し証券はニューエッジ、クレディスイス、メリル、BNPパリバ、モル
ガンS、藍澤、岡三、日興シティ。売り越しはドイツ、バークレイズ、GS、大和、
三菱UFJ、野村、JPモルガン、SBI、楽天、安藤など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8306三菱UFJFG 583円 -100
ストップ安。今日はメガバンク3社揃ってストップ安引けとなっている。日曜日
の日経新聞1面では今年度中に最大1兆円規模の増資を検討していると報じられて
いる。株安などが自己資本比率の低下要因となっており、増資により財務の健全
性を高めるとの事。また今朝に日経新聞には他のメガバンクも増資検討との報道
も・・。日本のメガバンクは財務は安心との見方も強かったが、これにより先行
き懸念も強まったとの見方。実際にそれだけの資金が集められるかという心配も
あるようだ。また増資出来たとしても希薄化を嫌気する声も・・・。

9104商船三井 379円 -28
海運大手三社が本日前場引け後に中間決算を発表。いずれも中間業績は大幅増益
となったものの、通期業績を同社と川崎汽船が下方修正しており後場嫌気される。
ただ既に十分織り込まれている状況なだけに底堅さも見られている。今日の下落
は地合に押された格好であり、地合反発すれば海運株は買われるのではとの見方
も多いようだ。来期大幅減益との見方は強いが、今の株価は既にそれすらも織り
込んでいるとの声も少なくない。

5411JFEHD 1961円 -74
年初来安値を更新。先週末同社は通期業績の上方修正を発表。既に事前に報じら
れていたこともあって上方修正にはサプライズは無い。ただ同時に大規模な自社
株買いを発表しており、それを好感して前場は堅調に推移してた。最大で発行済
み株式数の9.05%の自社株買いでありサプライズと受け止める向きは多いようだ。
ただ後場には地合の影響を受けて結局連れ安している状況。これだけの自社株買
い実施しても下げ止まらない今の地合状況はかなり深刻だと懸念する市場筋多し。

4689ヤフー 28260円 +1730
先週末に発表した中間決算を好感されている。前年同期比2ケタ増益を確保してお
り、外部要因に左右されない内需株の主力の一つとの位置付けもあるようで朝か
らしっかりと買われた。ただ成長鈍化との指摘もあることや地合が悪いことも影
響して上値は重い状況。今日はディーラー筋がかなり出入りしていた模様。地合
の弱さを背景に空売りした短期資金が踏み上げられる場面が何度も見られていた。
基本的には暫く揉み合い相場ではと見る向き多い。

8151東陽テクニカ 971円 +45
大幅高。先週末も日経平均大幅安ながらも逆行高していた銘柄。大規模な自社株
買い実施中と言うことに加え、輸入企業だけに円高の恩恵を受ける企業として買
い材料になっている面もあるようだ。同社の想定為替レートは1ドル105円、1ユ
ーロ160円となっているが、現状は想定以上の円高での推移となっている事から、
業績の上ブレは必至との見方。日証金ベースでは株不足状態となっている事も底
堅さ期待できると・・・。

===============
◆◇10/28(火)の主な予定!◇◆
===============
20年国債入札
9月商業販売(8:50)
日本銀行「家計の金融行動に関する世論調査」(14:00)
3629クロスマーケティングがマザーズに新規上場
キッコーマン、パナソニック、ホンダ、DeNA、ソネットエムスリー、日立建機、
リコー、野村HD、大阪証券取引所、JR東海など決算発表
米8月S&Pケースシラー住宅価格指数(22:00)
米ポールソン財務長官講演(23:00~)
米10月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00)
米FOMC(~29日)
10月27日(月)

H「日経平均は遂にバブル後最安値を更新し、それでも下げ止まらず何と26年ぶりの安値で引けている。」

K「弱いと言うか、もはや打つ手が無しといった感じだ。やりたい放題だな。」

H「今日も明らかに売り仕掛けだと言えるだろう。先物だけでなく為替市場も・・・。」

K「もちろんそうだと思うが、単にそれだけで、こうも簡単に売り崩せるモンか。やはりそれなりに背景があると言える。世界的な景気悪化懸念を抱いている投資家が非常に多い為、リスクマネーの縮小がここに来て加速してきている。売り仕掛けはそれを考慮して仕掛けているだけで、決して強引に仕掛けている状況でも無いと言えるだろう。もちろん仕掛けによって下げも大きくなっているのは確かだけどな。」

H「先週末の米国市場も結局大幅安となったが、日本や欧州市場と比べれば、頑張ったとも言える状況だ。今朝には時間外で米先物もしっかりしていた。」

K「ああ。取りあえず今日は落ち着くかなという期待感はあった。ただメガバンクに増資報道があり、大幅安となっていたため朝方は強弱感対立して乱高下していたが、その後は日経平均も派手に上昇する場面も見られた。」

H「ただその上昇も踏み上げだろうな。短期資金が先物を買い仕掛けたのではと言う見方もあった。踏み上げ一巡後はダラダラと前場引けにかけ垂れ気味だった。」

K「昼には政府が空売り規制などの緊急対策を検討しているとの報道があったが、市場への反応は殆ど見られていない。それより香港市場が派手に下落していたため、それを嫌気する売りも多かった。」

H「後場寄り後にはG7の声明もあった。日本が呼びかけて実現したようで、声明は円高に関して懸念を示した。ただ驚くほどに為替市場は殆ど反応せずだ。」

K「ああ。最悪だ。G7声明で反応しなかったことに、逆に円買いの安心感強まったと言える。後場後半にはクロス円売り再び強まり、ドル円も売られて、再び円高進行へという流れになってしまった。」

H「それに伴い株式先物売りが強まって日経平均も一段安だ。ほぼ為替も株先も一緒に動いており、お互いがそれぞれを意識して売っているような感じだな。」

K「というより一緒に仕掛けている可能性すらあるだろう。まあ単なる仕掛けだけならば今後の戻りも期待できるんだが、海外勢の投げ売りが現物株にかなり出て来ているのがネックだ。逆に買いに来ている海外勢は売り方の買い戻し意外殆ど見られていないとの事だ。」

H「しかも今日はオイルマネーの売りが観測されたようだな。」

K「ああ。これはかなりヤバイ状況だろう。唯一海外勢で買ってくると期待されていたオイルマネーが、売りに転じている恐れがあると言うことだ。完全に世界的な株離れだ。」

H「日経平均は先週水曜日から下げ続け、4日間で9300円台から7100円台まで下落した。さすがにテクニカルだのファンダだのを理由に買い材料にする投資家は消えた感じだ。もはや今の株価が異常に安いとかそういう理屈では買える状況じゃない。売られすぎなのは、かなり前からだし、既にまともな買いが入る状況じゃなくなっているといえるかもな。」

K「まさにそうだな。買いを入れているのは短期資金や売り方の買い戻しが大半であり、個人投資家の長期資金はある程度入ってはいるが、ファンドや機関投資家の実需の買いというのは殆ど見られていない。ポジション整理売りで一杯一杯だ。こうなるともう落ち着くのをただ待つしか無いとも言えるだろう。」

H「先物も証拠金跳ね上がっているだけに、大口の思うがままという状況にもなっている。ヘッジファンドやCTAが主導している状況だな。」

K「しかしこのまま放置しておくと、日本株は何処までも下げ続けるぞ。日本は何とか本気で動かないとエライことになる。今日、緊急対策などを発表しているが正直こんなんじゃ話にならない。逆に安心して売り込まれるだけだ。もっとびっくりするような事をやらないとな。」

H「取りあえず日本株の売られている背景として円高があるだけに、まずはそれを食い止めないとダメだろう。それにはやはり利下げだな。思い切って量的緩和に戻し、証券税制の完全無税化だな。取りあえずこれくらいはやらないと・・。その他にも経済対策を徹底的に行う。」

K「確かにそのくらい、やって欲しいが難しいだろうな。特に今の政権では無理だろう。市場に完全に馬鹿にされていると言うことを気付くべきだ。」

H「まあ、これだけいいように売り崩されているんだからな。明らかにナメられているとしか言いようがない。」

K「引け後に円高は更に進んでおり、現時点でイブニング先物は7000円を大きく割り込んでいる。欧州市場も派手に下落しグローベックス米先物も派手に下落だ。このままじゃ今晩の米国市場も懸念される。」

H「そうだな。意外と米国市場がプラス引けで買ってくれば良いが、例えそうなっても為替が言うほど円安に戻していなければ明日の日本市場も警戒だろうな。」

K「ああ。やはり今の状況は米国市場の動向よりも為替動向が意識されているからな。明日も乱高下必至だと思わるが、どういう展開になるのか注目だ。」
2008.10.27先物チャート
スポンサーサイト
コメント
よう下がってますなぁ(^^;
BUZZ #mQop/nM.|2008/10/27(月) 14:48 [ 編集 ]
バズタン、酷すぐるね
なんとも先物7160っていう数字はしょぼく感じる
まったく重厚感がない
先物って5000から呼値5円になったりするのかな?
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/27(月) 16:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。