(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.31【小幅続伸、膠着感の強い展開】13376.81円(+9.02円)

2008/07/31 08:39|未分類CM:0
NYが186ドル上げたにもかかわらず
寄り+70円
この時点でどうしようもなく弱い
ってかメガバンクが今日も寄り気配からとんでもなく弱く
持ってたみずほは寄りで利確
みずほは今日の引け決算

NYが上と見て強気だったけど
これだけ寄りから弱さを見せられると
さっさと利確して9時半からはノートレ
今まで強かった銘柄が下げそうってことで
GSIクレオス寄りで売っちゃって更にド転したら踏まれたアホダ
決算がらみの弱さなら今週過ぎまでってことで売る気もしないし
かと言って上がる気がまったくしないんで買う気もなし

アセマネはすごいIR出してきたね
投資先潰れーの
赤字転落しーの
無配
ここもあとワンパン貰えば潰れそうだな
あとジョイントも赤字転落

それにしてもこの弱さって決算ってだけの弱さなのか?
確かに今日の引けはみずほ、三井住友、ロンシール、CCI、三菱地所、三井住友不動産、伊藤忠などなど
場中に新日鉄(13時)住金(14時)JFE(14時)神戸鋼(14時)鉄系
今日が決算ピーク

後場
13300付近に大口の買い
13600付近に大口の売りがあると言われてたんで
後場寄りちょとやりすぎだろうと買い
ソフトバンクが一番おいしかったか
見るの忘れてた

んで13:30~14:30までお昼寝
前場書いた決算予定時間アバウトすぎ
新日鉄の決算13:30で住金が14:30
フィスコちょっともっと正確に書いて
やっぱり正確を期すなら
個々のHPまで決算発表予定時間見に行かなきゃダメぽい
2008.7.31先物チャート
収支+


株式オープニングコメント
リバウンド意識も四半期本格化で参加しづらく

 30日のNY市場は大幅上昇。ダウは186.13ドル高の11583.69、ナスダックは10.10
ポイント高の2329.72で取引を終了した。7月ADP雇用報告で雇用者数が予想外の増加
となったことを好感し、朝方から上昇して始まった。また、SECによる金融19社のカ
ラ売り規制、FRBによる大手証券への貸し出し延長を発表したことも市場を後押しし
た。セクター別では、銀行など金融のほか原油在庫の減少を受けた原油価格の大幅
上昇を受けてエネルギーが上昇する一方、不動産や小売が軟調。シカゴ225先物清算
値は大証比130円高の13500円。ADRの日本株は富士フイルム、旭硝子、ソニー、
TDK、任天堂が冴えない。反面、日電産、京セラ、トヨタ、キヤノンがしっかり
など、対東証比較(1ドル108.12円換算)で高安まちまちだった。
 昨日、5日線と25日線に挟まれた格好での膠着が続いていた日経平均であったが、
シカゴ先物にサヤ寄せする格好となるようだと5日線を上放れ、直近戻り高値レベル
が意識されてこよう。ADP雇用統計の予想外の増加によって週末に控えている雇用統
計に対する過度の警戒感も後退することになろう。また、SECによる規制措置につい
ては対象の拡大とはならなかったものの、金融株への買戻しが一段と強まる可能性
からメガバンク、証券などへの波及効果が期待されるほか、原油相場の大幅上昇に
ついては調整トレンドの中での反発との見方からそれほど嫌気されず、反対に商社
など弱い動きをみせているエネルギー関連への上昇につながり、これが日経平均を
けん引することになりそうだ。
 金融株などへの買戻しの流れについては積極的にカバーの動きを強める可能性は
なくリバウンドも緩やかとなろうが、下値の堅さが次第に意識されてくるようだと
次第に買戻しの動きを強めてくる可能性はありそうだ。日経平均についても調整ト
レンドの中ではあるが、日柄調整でトレンド転換を見せてくる可能性も出てきてい
ることから、リバウンドを意識した押し目買い姿勢を意識しておきたいところ。引
き続き米国市場の影響を受けることになろうが、月末要因でディーラーなどの参加
が限られるほか四半期決算本格化で様子見姿勢が強まる一方、月末ドレッシングが
期待されることもあり、基本的には5日線と直近戻り高値レベルでの膠着となろう
が、薄商いの中で大引けにかけてリバウンドを強める値動きが出てくることも考え
られる。

株式ランチタイムコメント
引けで13310円レベルは上回りたいところ

 米国市場の上昇を好感する格好から13400円を回復して始まった日経平均であった
が、寄り付き直後に13467.67円まで上昇した後はじりじりと上げ幅を縮めており、
前引けにかけて下げに転じると78.93円安の13288.86円(出来高概算8億7000万株)
と13300円を割り込んで取引を終えている。米ADP雇用指数が予想外の増加となった
ほか、米SECによるカラ売り規制措置、FRBによる大手証券への貸し出し延長といっ
た金融安定化が好感され、メガバンクなど金融の一角が買い先行で始まったもの
の、総じて下げに転じてしまっている。原油先物相場の上昇を背景に鉱業、石油石
炭、商社などエネルギー関連が強い動きをみせているが、寄り付き価格よりは下げ
てしまっている状況である。四半期決算が前半戦のピークを迎えるほか、GLOBEXの
ナスダック100先物が下げに転じたこと、また月末要因から積極的に動けない状況な
どが影響しているようである。特に、四半期業績については昨日決算を発表した任
天堂がストップ安となったことで、決算に対する警戒感が強まってしまい、決算通
過待ちといった流れにつながっているようである。東証1部の規模別指数では大型株
指数の下げが目立っており、騰落銘柄は値下がり数が全体の過半数を占めている。
 任天堂の4―6月決算は次世代ゲーム機の好調が確認されたが、通期見通しを据え
置いたことが嫌気されてしまっている。こういった動きをみせてしまうと、決算内
容というより市場コンセンサスを上回ったかどうかであり、決算通過後の株価反応
を見てからでないと参加しづらい状況である。本日は、決算発表前半戦のピークで
400社近い会社の発表が予定されているため、必然的に様子見姿勢は強まってしまう
ようだ。
 先物市場では一方向に下げている状況であり、リバウンド狙いの買いも入れづら
いところである。GLOBEXのナスダック100先物が下げ幅を広げてきていることで今晩
の米国市場の動向も気掛かりとなっている。そのため、月末ドレッシング期待も後
退してきているようである。ただ、月末要因で参加者が限られることから薄商いの
中で値幅が出てしまう状況は想定されていたことであり、大引けにかけて切り返し
てくる可能性はありそうだ。まずは、日経平均で昨日突破した一目均衡表の基準線
が13310円レベルに位置しており、これを上回りサポートとして意識させたいとこ
ろ。可能性は後退したが、月足陽線を意識なら13514.86円突破となる。月足ベース
の一目均衡表では雲下限をテストし、下ヒゲを残す格好で切り返しをみせている状
況であり、陽線で終われると今月の安値が3月安値と2番底との見方にかわる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均13376.81 +9.02
TOPIX1303.62 +0.63
東証2部指数2764.00 -7.87
日経ジャスダック平均1451.07 -1.82
マザーズ指数510.06 -11.16
ヘラクレス指数801.90 -11.56
東証1部出来高20.80億株
東証1部騰落レシオ86.95%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅続伸。ADP雇用統計が予想以上の数字となり好感された。そ
れを受け日経平均も堅調に始まるも買い一巡後は先物主導で下落基調に。マイナ
スに転じその後も売られて後場寄り直後には100円以上下落する場面も。ただその
後は買い戻し優勢となり結局日経平均は小幅高で引けている。新興市場は軟調気味。
日経先物の主な買い越し証券はカブコム、安藤、リーマンB、JPモルガン、BNPパ
リバ、UBS、ドイツ、GS。売り越しはニューエッジ、野村、モルガンS、クレディス
イス、藍澤、楽天など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7974任天堂 52600円 -5000
ストップ安。昨日発表した1Q決算を嫌気されているようだ。会社計画通り順調な
好決算だが、市場期待が強すぎたため失望感を招いている。DS販売がマイナスに転
じていることを嫌気する見方もあるようだ。今年度販売計画は前年度より減少見込
みながらも、4-6月からマイナスに転じた事から計画未達懸念を抱く向きもいるよ
うだ。ただそうなっても業績的にはWiiの好調な販売で補えると思われ、依然とし
て上ブレ余地があると・・。

4739CTC 3020円 -500
連日のストップ安。決算発表後連日で売り込まれている状況。決算発表前には派手
に急騰しただけに、反動の動きも強いようだ。下方修正必至との見方が多いが、受
注残高が高水準であることから、更に売り込まれれば買い場との見方も出て来てい
る。昨日今日とまともにザラバ動いていないだけに回転利いておらず、取りあえず
売り一巡後の動向が注目されている。

2337アセットマネジャーズ 25000円 -3000
ザラバ寄らずのストップ安。昨日同社は今期業績見通しを大幅に下方修正。赤字転
落となり、配当も無配に転落。投資先の建設会社、多田建設が会社更生手続き開始
を申し立てた事が一つの要因。それ以外にも不動産投資や企業投資でも想定通りい
売却できない事も要因となっている。同社の下方修正によって再び不動産関連株に
は懸念拡がり、今日は派手に売り込まれている関連株目立っている。いつになれば
アク抜け感出てくるのか先が見えないと・・・。

8473SBI HD 25850円 +1240
しっかり。同社は昨日1Q決算を発表。既に先週末に速報値を出しておりサプライズ
は無い。出尽くし感から売り方の買い戻しによって大きく上昇したようだ。また大
和では9月に行われる日経平均採用銘柄の定期入れ替えに関するレポートを本日付
けで出しており、同社株も候補として取り上げている事も刺激になったのではと
・・。ただ毎回、同社株は最有力候補に取り上げられながらも何度も落選となった
経緯があるだけに、今回は言うほど期待はされないのではと・・・。

3715ドワンゴ 191000円 -149000
大幅安。ミクシィやDeNAが今日も売られており、ネット関連株として同社株にも見
切り売りが相次いでいるようだ。特に決算発表後売られ続けて年初来安値を更新し
たDeNAが直近安値を割り込んだ事がネット株への心理悪化させている。同社は一部
の雑誌で「経営の継続性に疑義があると監査法人から指摘された企業」として以前
報じられたことに対して、その後の経緯のIRを昼に出しているが、反応薄で後場は
更に売り込まれた。

===============
◆◇8/1(金)の主な予定!◇◆
===============
6月デジタルカメラ出荷(10:00)
7月新車販売(14:00)
マグロ漁一斉休漁
イビデン、オリンパス、大塚商会、ミサワ、アサヒビール、アステラス製薬、
ブラザー、日産自動車など決算発表
国際原子力機関(IAEA)理事会
米7月雇用統計(21:30)
米7月ISM 製造業景況指数(23:00)
米6月建設支出(23:00)
米7月自動車販売
サンマイクロシステムズ、NYSEユーロネクスト、シェブロンなど決算発表

7月31日(木)

H「日経平均は辛うじて続伸だ。ただ殆どマイナス圏での推移だったからな。弱いっちゃ弱い。」

K「昨晩の米国市場が結構大きく上昇しただけに期待もしたが、そう単純な展開とはならなかった。昨晩の米国市場はADP雇用統計を好感された。市場予測は前月比減少見込みだったが、それが前月比増加となったからな。それがサプライズとなった。」

H「それに一部金融株の空売り規制の延長発表も素直に好感されているようだ。原油相場が反発し一時嫌気するような動きも見せたが、限定的だった。」

K「今晩のGDP、それに明日の雇用統計とISM製造業景況指数が良ければ、かなり安心感に繋がる。」

H「そうだな。好材料と悪材料が交互に出て上げたり下げたりするより、やはり好材料連発となればそれだけ市場心理が良くなるからな。経済指標良い内容が続けば、言うほど米国経済悪化していないという見方が拡がる。」

K「ただそれは恐らく間違いだけどな。言うほど経済悪化していないと言うより、まだ悪化していないと言うほどが恐らく正しい。企業業績にも本当に悪影響が出てくるのはこれからだと見る向きも少なくない。金融不安が一服しても、すぐに実経済に好影響となるわけではないからな。」

H「いずれにしろ、目先安心感拡がる事になったとしても油断は禁物だろうな。どうせ9~10月の米金融機関決算発表近くなれば、金融懸念が再燃するだろうしな。」

K「ああ。それに空売り規制解除後の反動も怖い。まあ形を変えながらも規制を続ける事にはなりそうだけどな。」

H「いずれにしろ米国は食い止める事に必死だ。それだけヤバイ状況だと裏読みも出来るが、本気で株安を食い止めようとしているだけに、何とかしてくれるんじゃないかと言う期待はある。そういう見方が市場に拡がれば、一気に買い安心感強まるんだけどな。現状ではまだ疑心暗鬼だ。何とかしたいのは良く解るが、本当に何とか出来るのかと言う疑問もある。」

K「ああ。最終的に打つ手が無いとなるのを市場は恐れているからな。つまり色々と対策しても効果限定的で結局売られていく事が最悪だ。最終的に打つ手がなくなれば、支えが無くなり下げ加速と言う懸念も出てくるからな。」

H「とにかく目先は、再度来るであろう波乱相場の被害を抑える為にも、しっかりとした戻り相場見せて欲しいモンだ。」

K「米国市場の上昇の割には日本市場今日は弱かったが、その要因とし為替もあるだろう。為替は円安で返ってきたとは言え、言うほどという感じだ。と言うより1ドル108円台の重さが鮮明に見られている。円安が頭打ち的な動きとなっている以上、日本株も買い上がりにくいと言う面もあるのかも知れない。」

H「確かにここ二ヶ月くらいドル円相場は105~108円のレンジ相場となっている。一時的にレンジ離れする場面もあったが、すぐにレンジ内に戻す展開となっているからな。このレンジをどっちに抜けるかは非常に重要だな。」

K「ああ。今回の1Q決算発表で、想定為替レートを105円辺りに修正した企業も目立っている。当初は1ドル100円前後の想定だった企業も結構あったが、それを105円まで修正しているだけに、今後ドルが105円以下まで安くなると輸出企業の利益を押し下げる要因となる。それでなくても米景気悪化によって利益悪化懸念強いだけに、更に円高懸念まで出てくると、日本株はまだ派手に売られる事もあり得るからな。」

H「円安方向へと抜ければ良いんだけどな。」

K「そうだな。今日の日本市場弱かった要因として為替の他には、任天堂のストップ安も影響したとの見方も多い。任天堂は昨日決算発表したが、内容は見事に計画通りだった。と言うよりやや計画を上回るといった感じだろう。しかし派手に売り込まれた。それが市場心理を冷やした面もあるようだ。」

H「そのようだな。まあ任天堂に関して言えば、事前の期待が強すぎたと言う事だな。決算発表直前に決算期待で買われていた事も悪影響になってしまった。」

K「しかも事前に外資系証券が好決算を指摘するレポートを出していただけに尚更だ。市場の期待が高まっていただけに、それだけ失望感高くなるのは当然だからな。」

H「まあそれが全体の市場心理を悪化させたと言うのは確かにありそうだな。」

K「ただ恐らく前場の下げは先物の売り仕掛けだぞ。上値の重さを良い事に、売り仕掛けてきたという感じだろう。そしたらディーラーなどが皆付いてきた為、見事に下げていったという感じだな。」

H「でも後場は買い戻し優勢だった。月末と言う事もあってドレッシング買い入るという思惑も働いたんだろう。投信設定もあったしな。」

K「まあハナからデイトレ的な仕掛けだったんじゃないか・・・。それに後場には決算発表する主力企業も複数あり、動き読みにくいだけに更に売り込むにも無理があったんだろう。」

H「今日は決算発表集中日で、かなりの企業が決算発表を行った。ザラ場発表した企業も多く、内容的には結構まちまちだな。好決算とも言える企業もあれば、悪いところもあるしな。」

K「決算見る限り、過度に警戒されていると言う印象もあるが、全体的には確かに良くはないよな。これでは上値を何処まで追えるか疑問もある。」

H「そうだな。まあ明日どういう展開になるのか注目したい。今日の引け後に主力株決算多かっただけに、それら銘柄がどういう動きを見せるのかも市場心理に影響を与えるだけに注目だ。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。