(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.7【4日続落、一時1万円大台割れ】

2008/10/07 11:12|未分類CM:6
NY-800ドルとかまで行って
その後一時500ドル戻し
久しぶりに買う気を見た

とりあえず今日は買わなかったら
相場見てる意味ないだろという大チャンス
一旦1万割ってくるだろうと思いながらも
寄りで30銘柄くらい倍プッシュ
オリックスとか、りそなとか寄り付いて落下で更に倍プッシュとか
ただ銘柄いっぱい買いすぎて
S高に指して放置とか見てなかったら
直前でUターン
全然気づかなかった

日経今日一回はプラ転するだろうと思ってるんだがー
後場寄りの追証売り警戒か垂れた
後場GUからプラ転しておくれ

後場
1円円安に動いたのに
後場寄りより下がってるだけど
どんだけ警戒してるんだよ
ちまちま動かず握っとけば良いんだよ

今日はヨーロッパ上がるだろうし
NY利下げがあっても良いし
利下げを織り込んでるなら
経済対策も一緒に出せば良い
雇用が悪いならニューディール政策をやれば良いし
お金が回らないなら
お金を使えば使っただけ税金が安くなるようにすればいい
設備投資減税も良いし
利下げで原油が上がるのがイヤなら
商品にかかる税金を上げて
株にかかる税金を下げれば良いし
いくらでもやりようがあるだろ
ちゃんとやってくれアメリカ


株式オープニングコメント
一旦はリバウンドを意識したスタンス

 6日のNY市場は大幅下落。ダウ平均は369.88ドル安の9955.50と約4年ぶりに1万
ドルの大台を割り込み、ナスダックは84.43ポイント安の1862.96で取引を終了し
た。金融安定化法案の効果は限定的との見方、及び当面好材料が出尽くしたとの見
方が広がり、寄付きから急落となった。ダウは一時史上最大の下落幅となる800ドル
安となる場面があったものの、引けにかけて急速に回復、下落幅の半分を取り戻す
形となった。セクター別でも全面安となり、特にヘルスケア、ハイテク、各種金融
の下落が目立った。シカゴ225先物清算値は大証比355円安の10095円。ADRの日本
株は富士フイルム、ブリヂストン、コマツ、日電産、シャープ、ソニー、TDK、
京セラ、トヨタ、キヤノンなど対東証比較(1ドル101.46円換算)で全般軟調。
 シカゴ先物は一時9920円と1万円を割り込む場面をみせており、世界株安を背景に
日経平均の1万円割れが意識されてきている。さらに1万円割れは心理的な節目であ
り、方向性としては2003年4月安値の8000円割れが意識されることになろう。ファン
ドの解約に伴う換金の流れが一段と強まるほか、材料株などの需給も急速に悪化し
ている状況であるため、見切売りの流れも警戒される。
 ただ、NYダウの急速な戻りから下げ幅の半分を戻しているほか、週末のG7に
向けて各国の協調姿勢が強まることによって金融安定化への動きが強まることも期
待され、売り一巡後の切り返しが期待されるところである。直近の新日鉄の出来高
をみても連日1億株を超えている状況であり、セリングクライマックス的な動きを
みせていた。ファンドの解約など先行き不安は依然として根強い状況であるが、寄
り付き水準が本日の安値となることも考えられ、一旦はリバウンドを意識したスタ
ンスを取りたいところである。

株式ランチタイムコメント
買戻しとみられる流れが目立つ

 日経平均は324.63円安の10148.46円(出来高概算14億3000万株)で前場の取引を
終えている。金融安定化法案の効果は限定的との見方、欧州金融危機を背景にNY
ダウは約4年ぶりに1万ドルを割り込んだことが嫌気され、幅広い銘柄が売り気配か
らのスタートとなった影響から日経平均は、一時9916.21円と1万円の大台を割り込
んでいる。その後は、心理的の節目に到達したことやG7を控えての欧州協調姿勢
なども意識される中、セリングクライマックス的な意識から買戻しの流れも次第に
強まってきており、先物主導で下げ幅を縮めてきている。東証1部の騰落銘柄は全
体の9割近くを占めており、三市場合算での安値更新銘柄は1200を超えている状況で
あるが、安値更新後にプラスに転じてくる銘柄なども散見されている。セクターで
はパルプ紙が堅調なほか、東京海上などの上昇の影響から保険やオリックスの反転
によってその他金融がプラス。不動産も個々にプラスに転じる銘柄が出てくるな
ど、買戻しとみられる流れが目立ってきている。
 225先物は9930円まで下げた後は、10290円まで切り返す動きをみせていた。前引
けにかけてはオーバーランチ・ポジションを避ける流れから調整をみせていたが、
アジア株安の影響なども警戒されていたようである。短期的なポジションによる影
響が大きいため、100-200円程度の価格変動は出易い地合いということである。明確
な底打ち感は出ていない状況ではあるが、心理的な1万円割れで目先的な買い戻しの
タイミングにはなっているようである。一部では警戒されているヘッジファンドの
解約の動きも一巡しつつあるとの声も聞かれている。米国の空売り規制が解除さ
れ、9日からニューショートの動きが出てくることは警戒されるが、基本的には正常
化に戻るということになり、このところのファンドの巻き戻しによる動きは修正に
向かう可能性もありそうだ。
 14時には8月の景気動向指数の発表が控えているが、コンセンサスは一致100.7(7
月 103.5)、先行89.2(7月 91.4)に低下する見通しである。1万円割れで目先的な
底打ちが意識されるとなれば、指標悪化が嫌気されて下げる場面では、押し目買い
の好機となることも考えられよう。あとは、鉄鋼、海運、商社あたりでプラスに転
じてくる銘柄が出てくるようだと、市場の押し目買いムードが高まり易いが。

株式クロージングコメント
底打ち意識へこれから数日間が正念場となる

 日経平均は大幅続落。317.19円安の10155.90円(出来高概算29億6000万株)で取
引を終えている。金融安定化法案の効果は限定的との見方、欧州金融危機を背景に
NYダウは約4年ぶりに1万ドルを割り込んだことが嫌気され、幅広い銘柄が売り気
配からのスタートとなった影響から日経平均は、一時9916.21円と1万円の大台を割
り込んだ。しかし、心理的の節目に到達したことやG7を控えての欧州協調姿勢な
ども意識される中、セリングクライマックス的な意識から買戻しの流れも次第に強
まってきており、先物主導で下げ幅を縮めてきている。後場に入るとラマダン明け
によるオイルマネー観測や、鉄鋼、機械、商社、海運などの一角に切り返す動きが
目立ち、これによりヘッジファンドの巻き戻しの流れが一巡したとの見方にもつな
がった。さらにGLOBEXのナスダック100先物がプラスで推移していたこともあり、今
晩の米国市場の反発期待などから一時10363.14円まで上げ幅を縮める場面もみられ
た。大引けにかけてはポジション調整から再び下げ幅を広げてしまっているが、心
理的なボトム意識からリバウンドへの期待感が高まりつつある。
 明確な底打ち感は出ていない状況ではあるが、心理的な1万円割れで目先的な買い
戻しのタイミングになっているようである。このところ出来高を伴っての下落ピッ
チの強さでセリングクライマックス的な意識も出ていた。警戒されているヘッジフ
ァンドの解約の動きも、コマツ、日立建がプラスに転じたほか、新日鉄、三菱商、
川崎汽などが一時プラスに転じ、さらに直近でストップ安をみせていた東海カーボ
ンの反転によって大きな解約の流れは一巡したとの見方にもつながった。鉄鋼、商
社、海運などの主力処が、プラスで終えられなかったことが現在の先行き不安の地
合いを表していると考えられるが、明日以降の動向が注目されよう。
 米国の空売り規制が解除され、9日からニューショートの動きが出てくることは警
戒されるが、基本的には正常化に戻るということになり、このところのファンドの
巻き戻しによる動きは修正に向かう可能性はある。欧州の金融危機についてもG7
での協調姿勢が期待されるほか、三菱商事の英ヘッジファンド取得報道も日本企業
の体力の強さとしてプラス評価されよう。明確な底打ちを示していない状況であろ
うが、ヘッジファンドによる売りに押されていた機械、鉄鋼、商社、海運などがリ
バウンドをみせてくるようだと、1倍割れのPBR修正などの動きに向かう可能性
もあろう。まずは、底打ちを意識させるため、これから数日間が正念場となる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10155.90 -317.19
TOPIX977.61 -21.44
東証2部指数2037.52 -83.63
日経ジャスダック平均1127.83 -51.77
マザーズ指数304.07 -16.52
ヘラクレス指数495.16 -21.63
東証1部出来高29.65億株
東証1部騰落レシオ55.87%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に下落。ダウは節目の1万ドルも割り込み、一時過去最大
の下げ幅800ドル安という場面もあった。大引けにかけ大分戻したがそれでも大
幅安で引けている。日経平均は円高も急速に進んでいる事も嫌気され大幅安で始
まり、寄り後は1万円も割り込んでしまう。ただ下値では押し目買い意欲も強く
徐々に戻してくる展開に。先物の買い戻しも手伝って日経平均は急速に下げ幅縮
小する。後場も更に買い戻されるが、買い一巡後は弱含みの揉み合いで再び下げ
幅を広げてしまう。結局日経平均は1万円を維持したものの大幅安で終了。商い
は現物、先物共に活況。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、カブコム、
JPモルガン、UBS、GS、モルガンS。売り越しはドレスナー、大和、クレディスイ
ス、野村、BNPパリバ、メリル、三菱UFJ、ドイツ、安藤、松井。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4314ダヴィンチHD 11880円 -2000
連日のストップ安。前場は寄らずでストップ安売り気配となっていたが、後場全
体的に戻り気味になってきた影響から、ストップ安崩れて派手に戻す展開。揉み
合いながらも一時ストップ高付近まで上昇するも、結局売り込まれてストップ安
で引けている。不動産ファンド株には今日もストップ安で引けている銘柄も多い
ことから海外ファンドの投げ売りがまだ続いているとの見方が多い。今後海外勢
が日本の不動産からも資金を引き揚げるとの見方も強く、関連株は先行き不安が
強まっているようだ。

5301東海カーボン 555円 +6
朝方は510円まで売られる場面も見られ、連日の年初来安値を更新。しかし全体的
に戻り基調になってきたことを受け同社株も急速に値を戻しプラスで引けている。
海外ファンドの売りがかなり出ていると見られており約1ヶ月で株価は半減してい
た。今朝の日刊産業新聞では同社製品の値上げが報じられている。野村では値上
げ報道を好感、来期業績へ好影響が期待できると指摘しており、それを材料視し
て買われた面もあるようだ。今日の動きからもファンドの売りは一巡した感も強
く明日からリバウンド相場を期待する声も少なくない。

6753シャープ 910円 -93
大幅安。1000円割れは2001年9月以来の事。同社は昨日引け後に今期業績の大幅下
方修正を発表。想定されていた事ながら、想定以上の下方修正だと見る向きも多
いようだ。三菱UFJ証券はこれを受け同社の投資判断を4まで格下げ。下期以降も
業績低迷続く可能性があると指摘し、通期の営業利益を900億円と予想している。
ちなみに昨日下方修正された通期営業利益は1300億円となっている。三菱UFJでは
再度の大幅下方修正もあると見ているようだ。ただ既にPBR1倍割れとなっている
ことから売り込みにくさも強まっているとの声も。

5401新日鐵 319円 ±0
2005年8月以来の300円割れを付ける場面もあったが、何とか下げ止まりの様相。
商いが日々増加基調続けており連日の1億株超となっているだけに、底打ち感強ま
っているとの見方が増えている。景気敏感株でど真ん中の主力株と言うこともあ
って保有している海外ファンドも非常に多く、換金売りが日々出ているが、逆に
下げれば下げるほど買い手も増えてくる銘柄。底打ちとは言い切れないが一旦は
リバウンド見せる場面なのは確かなようだ。

8306三菱UFJFG 811円 +5
大幅安から切り返し後場には829円まで買われる場面も見られた。全体的にリバウ
ンドの動きになっていることに加え、昼にオーストラリア準備銀行が政策金利を
1%引き下げを発表。利下げは想定されていたが、これほどの大幅利下げはサプラ
イズとなった。これを受け各国中央銀行による協調利下げの可能性もあり得ると
の期待感が膨らみ、後場には買い戻しが更に強まる展開に。ただ依然として金融
不安も根強く、上げれば戻り売り強まるのも仕方ないと・・。また同社は米国で
の金融持ち株会社の資格を取得したと今朝発表。これにより米国での投資銀行ビ
ジネスを包括的に展開することが可能となる。

===============
◆◇10/8(水)の主な予定!◇◆
===============
9月企業倒産(13:30)
9月景気ウォッチャー調査(14:00)
10月日銀金融経済月報(14:00)
ミニストップ、イオン、イオンクレ、イオンモール、イオンディライト、
DJHD、リンクセオリー、マルマエ、東洋炭素、クリード、三協立山HD、
マックスバリュ東海、パルコ、中央コーポなど決算発表
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米8月中古住宅販売保留指数(23:00)
英中銀金融政策委員会(~9日)
ノーベル化学賞発表
10月7日(火)

H「日経平均は遂に1万円割れた。2003年12月以来の事だ。まあ前場数分だけだったが、ある意味それで売り達成感も出たのかも知れない。」

K「それならば良いけどな。ただ今日は先物に買い戻す動きが前場から見られていた。そのことからもやはり1万円割れ水準では買い戻そうとする向きは非常に多いんだろう。」

H「しかし、まさかこれほど早く1万円割れ見せるとは・・。正直驚きだな。先月下旬には12000円あったんだからな。」

K「ここに来て下げ加速してきたからな。日経平均は昨年7月に18000円台付けていたが、1年数ヶ月でここまで下げてきた。一方米ダウは昨年高値は14000ドル台だ。そこから下げてきて昨晩1万ドルを割り込んだ。」

H「そう考えると日本株の下落率が明らかに大きい。」

K「まあ、2003年から昨年2007年までの上昇率が日経平均の方が米ダウより断然大きいから仕方ないだろう。」

H「昨晩の米国市場は下げるとは思っていたが、あれほど波乱的に下げるとは・・。つい先日過去最大となる下げ幅777ドルを記録したが、昨日はザラバ中ながら一時800ドル安だもんな。」

K「ああ。日本と同様にファンドのクローズの動きが加速したんだろうな。やはり日本と同様の動きとなってしまった。」

H「まあ引けかけ、かなり米ダウは下げ幅を縮めたが、それでも1万ドルは回復できなかった。為替も結構戻したと言え、昨日より円高で返ってきた。それだけに今日の日本市場の下落は仕方ないとも言える。」

K「昨日あれだけ下げただけに、何もこれほど下げなくてもという気もするが、為替がこれだけ急速に円高となると仕方ない。ただその為替もザラバ中には円安方向に戻している。」

H「しかしまだまだ円高水準であり、輸出企業の平均的な想定為替レートよりかなり円高となっている。だいたい1ドル105円、1ユーロ155円というのが多いからな。」

K「まあ輸出企業の下方修正はかなりの部分織り込んでいるが、世界的な景気悪化に加え為替差損のダブルパンチだからな。」

H「いずれにしろ先がある程度見えないとなかなか強気では買いにくいのかもな。為替にしてもいったい何処まで円高へと言うのがある程度見えないと・・。」

K「確かにそうだけどな。ただ今日はオイルマネーの買いも観測されていた。既にラマダン明けとなっているだけに期待はされていたが・・・。この買いが続くようだと良いんだけどな。」

H「そうだな。日本市場でもオイルマネーの買い見られたと言うことは、今晩の米国市場でもその買いが期待できるんじゃないか・・・。」

K「どうだろうな。日本株は比較的に安全と言われているだけに、日本株買ったからと言って米株も買うかは解らない。」

H「まあ暫く日経平均1万円割れなんて見たくはないが、結局今晩の米国市場次第だろうな。時間外で米先物はしっかりと上昇していたけど、実際引けるまで解らない。」

K「だろうな。今日の日本市場の下げ幅縮小は、その時間外で米先物が上昇していた事も要因となっている。つまりある程度の米株上昇は織り込まれていると言える。それだけに仮に下落して返ってくると明日は再び日経平均1万円割れという場面も当然あり得るだろう。」

H「ただ今日は先物も現物も商いは久しぶりに多い状況だ。これを見ても底打ち感出たと言えるんじゃないか・・・。」

K「もちろんそうだが、この状況で今日の安値をあっさりと下回れば、逆にシコリとなるからな。まあ基本的にこの水準で買ってきた向きの多くは長期資金でそうそう売ってくるとは思えないが・・。」

H「まあ例え明日1万円再度割り込んだとしても再度下げ止まる可能性もあるだろうしな。日本だけでなく欧州や米国もセリングクライマックス的な状況だからな。」

K「ただそういう安易な考えがもっとも危ないと言えるんだが・・・。欧州市場は一部の報道により金融不安が再燃し急速に垂れているし、為替が再び円高へと動いている。それらを受けイブニングでは日経先物が急落し1万円割り込む場面も出て来ている。」

H「波乱になっているな。まあ早急に落ち着けば良いんだが・・・。」

K「そうだな。昨日は随分と派手に下落しているだけに、ここから売り込まれるとしても恐らく今晩は知れているだろう。まあ明日以降は知らないが・・。」

H「オーストラリアも大幅利下げしただけに、この際だから欧米も緊急利下げでもやってしまえば良いんだが。」

K「せめてそれを匂わすとか、噂を流すとか位はして欲しいモンだけどな。まあ今晩米国ではバーナンキ議長講演が予定されているから、そこでリップサービスでも期待したいモンだな。」

H「そうだな。まあ今晩どういう展開になって明日返ってくるのか楽しみだ。」
2008.10.7先物チャート
スポンサーサイト
コメント
ミャンコ先生おちち~♪

昨日は落ちるナイフで狼狽してしまった…orz
ドル円想像以上の急落だったぉ 反省

投げたあと買ったけど

きりままさんからコメもらってうれしいべ(。・ω・。)b

oku #-|2008/10/07(火) 11:23 [ 編集 ]
okuしゃん、昨日のは酷かった
1分で1円くらい落ちたし
クリックなんて成行注文がまったく通らないし
指しじゃ売れない買えないだし

100.40で買ったのまだ持ってる
急落の出来高がほとんどない真空地帯
102.50あたりまでは簡単に戻すんじゃないかと
102.40に売り指し後場来てくれないかな
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/07(火) 11:33 [ 編集 ]
ミャンコ先生おちち~♪

おっなんかポジが似ててうれちいw
okuは100.3指で一旦102で利碓~
今は102で買って102.4指。

なんか弱っちょろいよ
oku #-|2008/10/07(火) 11:58 [ 編集 ]
弱いのは利下げ織り込んでるからだべ
ミャンコ先生。 #sSHoJftA|2008/10/07(火) 12:00 [ 編集 ]
一気に1円上がって安売りになってもうたんですけど
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/07(火) 15:31 [ 編集 ]
okuもかきこんだあと眺めてたら
バイーンときたよw

勢いあったからユロ円とびのったじぇv-218
oku #-|2008/10/07(火) 15:44 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。