(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.6【3日続落、一時550円超す下げ】

2008/10/06 11:24|未分類CM:4
ぶん投げ祭りktkr
書くこと見つからんが
がんがれ

後場、またノックインがらみで売り仕掛けか
ってかノックインって何だよ

ノックイン投信

ノックインとはあらかじめ定めた水準(株価水準等)を下回ることをいい、ノックイン投信とは投信のリターンの決定に一定のノックイン条件が付されている投信のこと。
ノックイン投信は、“リスク限定型”、“リスク軽減型”というキャッチフレーズを打たれているものがある。
リスク限定型ノックイン投信の典型例としては、一定期間に日経平均がXXX円を下回らなければ4%の配当を支払うが、XXX円を一度でも下回ると、日経平均の動きに連動したリターンになるというった形態になる。
(一定額以上値下がりした場合にのみリスクがあるという意味でリスク限定型と呼ばれる)

リスク軽減型ノックイン投信の典型例としては、一定期間の日経平均の動きに連動してリターンを得るが、日経平均がXXX円を下回っても20%の損失軽減措置が行われ、一方YYY円を上回ってもリターンは10%までに限定されるといった形態になる。
(一定額以上値下がりしてもリスクが軽減されているという意味でリスク軽減型と呼ばれる)

ポジション的には、通常、オプションでいうプットの売りになっており、オプションの売り代金を配当に充てるものが典型的(商品によって異なる)。

運用サイドは逆にプットの買いというポジションになっていることから、リスクヘッジのため先物の買いを行っている。一定価格を下回る(ノックイン)すると、ヘッジの先物買いの必要性がなくなるため、ポジション解消の売りがでる。このような投資行動が一段とマーケットの下落を誘うという指摘もある。

日経平均ノックイン債

一定期間中の日経平均株価の終値によって、償還価格が、日経平均株価の終値に応じて、額面100%であるかどうか決定される債券をいう。

参照期間中に、日経平均株価の終値が基準価格を一度でも下回った場合は(このことをノックインすると呼ぶ)、日経平均株価に応じて一定の計算式によって償還額が決定される。
一度も下回らなかった場合は、額面100%で償還される。

今日はかなりセリクラチックだった
今まで1日に-700以上のパニック下げだと
大体短期でトレンドが変わってたから
その辺まで行けば資金の半分くらいは買おうかと
その辺まで行かなかったんで25%くらい買った
昨日の予定より全然買ってないw
チキンw


株式オープニングコメント
ファンド解約警戒だが、まずは値固め

 3日のNY市場は下落。ダウ平均は157.47ドル安の10325.38、ナスダックは29.33
ポイント安の1947.39で取引を終了した。9月雇用統計は事前予想を下回ったもの
の、下院議会での金融安定化法案可決への期待から朝方は上昇して始まった。しか
し、午後になって法案が可決成立すると当面の材料が出尽くしたとの見方から下落
に転じた。セクター別では銀行や半導体・同製造装置が上昇する一方で各種金融や
不動産が軟調。シカゴ225先物清算値は大証比40円安の10920円。ADRの日本株は
富士フイルム、コマツ、日電産、パナソニック、ソニー、TDK、京セラ、キヤノ
ンなど対東証比較(1ドル105.32円換算)で全般軟調。
 金融安定化策の修正法案が通過したとしても米経済悪化の状況には変わりないと
の見方は共通認識であるが、週末の米国市場は結局下げに転じてしまっており、法
案の実効性に対する懐疑的な見方が強まりそうである。また、米雇用統計では、非
農業部門雇用者数は15万9000人減と、悪化見通しの上限レベルではあるが、コンセ
ンサスの中心レンジである10万人減を大きく上回っている状況であり、週初はこれ
を嫌気した流れも出てきそうである。また、金融安定化法案成立によって米金融株
に対する空売り禁止措置が解除されることで金融株の動向が注目されるほか、7-9月
期決算シーズンに入ることもあり、引き続き好材料の期待しづらい米国を中心とし
た外部要因を意識しての相場展開が続きそうである。国内では週末にオプションS
Q(特別清算指数算出日)を控えていることもあり、積極的な参加者が限られる中
で先物市場に振らされる可能性もありそうだ。
 とはいえ、今現在の出血をまずは止めるといった施策の効果は次第に表れてくる
と考えられる。また、米FRBによる緊急利下げへの思惑なども一段と強まりそう
である。日経平均は2005年5月以来の水準まで下げてきたことで、2007年半ばにかけ
ての新興国の経済成長を手掛りとした資源・素材・機械・海運などを中心とした上
昇相場の上昇分を帳消しにした格好である。ヘッジファンドの解約に伴うリバラン
スの流れは引き続き警戒されることになるが、目先的なボトム意識水準までの下げ
と、金融安定化法案成立、金融再編の一段の加速などを背景に、まずは値固めから
下降トレンドの中での修正リバウンドを意識しておきたい。また、米FRBによる
緊急利下げへの期待のほか、為替介入などへの思惑が高まる可能性もあろう。

株式ランチタイムコメント
売り方にとっては安心感につながる地合いか

 日経平均はじりじりと下げ幅を広げる流れが続いており、393.81円安の10544.33
円(出来高概算10億2000万株)と10600円を割り込んで前場の取引を終えている。米
金融安定化法案成立後の米国市場の弱い流れを受けて、不安感が強まっているよう
である。ヘッジファンドの解約に伴う景気敏感株への換金売りに対してディフェン
シブ系の買戻しといったリバウランスの動きが目立っているが、下げ止まらない日
経平均を横目にディフェンシブ銘柄の上昇も鈍さが窺える。東証1部の騰落銘柄は値
下がり数が全体の9割を超えている状況であるほか、規模別指数も大型株、小型株の
下げが目立っており、主力処の下げにはとどまらず、小型株ファンドの解約売りへ
の警戒感も強まっている。また、GLOBEXのナスダック100先物が20ポイント安程度で
推移している状況であり、押し目買いも入れづらい。参加者が限られる中で先物市
場ではリンク債のノックイン価格を意識した売り仕掛け的な動きも出ているようで
あり、これによるインデックス売りなども警戒されている。
 10500円割れレベルに位置するリンク債のノックイン価格や、GLOBEXのナスダック
100先物がマイナスレンジで推移していることから押し目買いは入りづらい状況であ
る。短期筋は先物中心にショートから入っている状況であり、リバウンド狙いを意
識する向きは限られている。マイナスレンジで推移しているナスダック100先物が切
り返しをみせられないようだと、年初来安値レベルでのこう着が続きそうである。
週末に控えているオプションSQについても現時点では建て玉からみて売り超にな
ることも、売り方にとっては安心感につながっているようである。物色も引き続き
ヘッジファンドの換金に伴うリバランスが中心とみられ、押し目を入れるとなると
引き続き、ディフェンシブ系に向かいそうである。

株式クロージングコメント
コツンと音はしないが

 日経平均は後場一段と下げ幅を広げ、465.05円安の10473.09円(出来高概算25億
6000万株)で取引を終えている。米金融安定化法案成立後の米国市場の弱い流れを
受けて売りが先行したが、その後もGLOBEXのナスダック100先物が弱い動きを続けて
いたことで押し目買い意欲は後退している。物色はヘッジファンドの解約に伴う景
気敏感株への換金売りに対してディフェンシブ系の買戻しといったリバウランスの
動きが目立っている状況であり、ヘッジファンドの換金の流れが収まらないようだ
と、底打ち意識も出難い。先物市場では売り安心感も出ている状況であり、ショー
ト優勢のポジションであり、リンク債のノックイン価格を意識した売り仕掛け的な
動きも出ていたようだ。買い方不在の中で価格を無視したファンドの換金の流れが
出ているため、イレギュラー的に大きく下押す銘柄も少なくない状況であろう。
 引き続き、米金融政策の実効性や各国の協調姿勢などを横目で睨みながらの相場
展開が続きそうであるが、政策への期待感からヘッジファンド閉鎖による換金売り
への注目度が増している。明らかに売られ過ぎの水準としても、機械的に出される
売りが一巡したと見極めるまでは行き過ぎの修正も入りづらいところであろう。サ
イバーのストップ安をみても小型株ファンドなどの解約の影響が大きいと考えら
れ、しばらくは価格というより需給への注目度が高まりやすいところである。その
ため、売り込まれた割安感を手掛りに出来ず、割高感はあったとしても解約に伴う
買戻しを意識した内需系に向かいやすいようだ。ただ、新日鉄の出来高が増加傾向
にあって連日1億株を超えてきていることをみると、コツンと音はしないものの、セ
リングクライマックス的と感じられる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10473.09 -465.05
TOPIX999.05 -48.92
東証2部指数2121.15 -127.51
日経ジャスダック平均1179.60 -56.40
マザーズ指数320.59 -35.06
ヘラクレス指数516.79 -50.93
東証1部出来高25.66億株
東証1部騰落レシオ63.35%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の米国市場は金融安定化法案が可決されたことを受け、出尽くし的に売り
込まれる展開に。大幅高から大幅安となっている。それを受け日経平均大幅安で
始まる。時間外で米先物が派手に下落していたこともあり、寄り後も売りが継続。
後場には円高進行などを嫌気され一段安に。日経先物の主な買い越し証券はメリ
ル、ニューエッジ、野村、GS、JPモルガン、クレディスイス、ドイツ、安藤、岡
三、SBI、松井。売り越しはみずほ、UBS、バークレイズ、三菱UFJ、モルガンS、
BNPパリバ、大和など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4974タカラバイオ 222000円 +21300
画期的エイズ遺伝子の成果を10/17にバイオジャパン2008で緊急発表すると一部で
報じられている。世界で初めて患者の体内からAIDSウイルスを駆逐できる可能性
があるエイズ遺伝子治療の最新データを発表するようだ。これを受け、思惑から
朝から買い優勢で始まり、一時ストップ高まで買われるが上値は重い。地合が非
常に悪い状況だと言うことも上値を抑えているようだ。またこの材料が即同社の
業績へ影響与えるモノでもないだけに、強気で買える材料でも無いとの見方も・
・・。ただ10/17まで思惑から再度買われる場面も出て来そうだと。

2121ミクシィ 507000円 -89000
一時ストップ安まで売り込まれる場面も。連日の上場来安値を更新している。特
に悪材料は見当たらないが、個人投資家の投げに加え海外勢の投げ売りが継続し
ている模様。内需系の銘柄とはいえ、世界的な景気悪化はネット広告需要減少に
繋がり、同社業績懸念も強まっているようだ。もっとも、業績懸念と言うよりは
世界的なリスクマネーの縮小による資金の引き上げという要因が大きいと見られ
ている。同社株だけでなく、今日は主力系の新興市場銘柄は総じて売り込まれて
いる。

8201さが美 177円 +50
ストップ高。先月発表された上方修正後派手に物色されたが、最近は連日下落し
ており調整していた。今日は明確にリバウンドしてきたことから短期資金集まっ
たようだ。ここ数日地合悪いが小売り銘柄には買われている銘柄も目立っており、
低位の値動きが期待できる同社株などは上げれば短期資金も集まりやすいようだ。
ただ逃げ足も早い資金だけに、何処まで物色続くかは非常に不透明だと・・。今
週9日中間決算発表控えているだけに、それまでは物色続くと期待する声も。ただ
既に中間、通期業績は上方修正されているだけにサプライズは無いと。

8306三菱UFJFG 806円 -82
大幅安。先週末米国では注目の金融安定化法案が可決成立された。ただそれを受
け米国市場は派手に下落しているだけに、日本のメガバンクにも失望売りが出て
いるようだ。また週末の日経新聞では大手銀行8グループの今期中間決算は当初
予想を大幅に下回ると報じられていることも売り材料になっている。先週まで比
較的に底堅かった同社株が今日は反動でもっとも売り込まれている。全体的に海
外ファンド売りが見られているが、メガバンクは売り出遅れていただけに、まだ
まだ売られるのではと警戒する声も。

5631日本製鋼所 929円 -79
あっさりと節目の1000円割れ。僅か1ヶ月程度で株価は半値になっており、売られ
方がきつくなっている。世界景気減速の悪影響を受けやすい業種と言うことや、
現状PERやPBRが他と比べ高めであり、配当利回りも比較的に低いことから、買い
が入りにくい為下げきつくなっているのではと・・。海外ファンドのクローズ売
りがかなり同社株にも出ているようであり、数年前に買っていた長期資金もまだ
利益が乗っている状況であることも売られやすくなっていると・・。

===============
◆◇10/7(火)の主な予定!◇◆
===============
9月携帯電話各社の契約件数
8月景気動向指数(14:00)
日銀白川総裁定例記者会見(15:30~)
2182メディサイエンスが新規上場
サイゼリヤ、イオン北海道、ケーヨーなど決算発表
香港市場休場
豪中銀政策金利発表(12:30)
米大統領選第2回大統領候補討論会
米FRBバーナンキ議長講演(8日1:30~)
米9月FOMC議事録(8日3:00)
ノーベル物理学賞発表
アルコアなど決算発表

10月6日(月)

H「どうにも止まらないな。この水準から下げ加速してきたようだ。」

K「日経平均は10500円も割り込み、TOPIXは1000ポイント割れだ。TOPIXは1000ポイント割れは2003年12月以来の事だ。」

H「日本市場が大底を打ったのが2003年だろ。既にその近くまで下落してきたと言うことか・・・。幾ら何でも急ピッチ過ぎないか・・。」

K「確かにこの分だと日経平均もTOPIXも2003年に付けたバブル後最安値を更新するじゃないかという勢いだ。」

H「しかし見方によってはセリングクライマックスという可能性もあるかもよ。」

K「どうだろうな。狼狽的な投げというより本格的に売っている感じだ。主な売り手は海外ファンドだが、長期資金が本格的に資金を世界の株式市場から引き揚げてきているといえるだけに、まだ暫く続く恐れはあり得る。」

H「そうだな。投資主体別売買動向を見ると、外国人投資家は去年まで毎年買い越しを続けていた。今年は売り越しになりそうだが、それでも買い越して来た分を考えれば、まだまだ売りが出て来ても何ら不思議はないからな。」

K「まあ買い越して来た分が全て売られるわけでは当然無いんだが、安易にもう売りが尽きるとは考えない方が無難だろうな。その気になれば幾らで出てくるからな。」

H「ただテクニカル的に見れば滅多に無いと言えるほどの反転場面だと言える。」

K「テクニカル的だけでなくファンダ的に見ても下げ止まっても何ら不思議はない。業績悪化をかなり考慮しても解散価値を下回っている企業もかなり増えてきている。それだけに今の状況が異常なのは間違いない。ただ如何せん買い手がいない。」

H「まあ、この状況じゃなかなか強気では買い向かえないからな。下値を丁寧にコツコツと拾っていくという買い手は多そうだが、それでは下支えにはならないからな。」

K「そうだな。しかし注目の米金融安定化法案が無事可決され、出尽くしとなる可能性はあったにしろ米国市場あそこまで売られるとは驚きだな。まあ先週末の米国市場の下落は仕方ないと言える。週末で勢い的に投げられた面もあるだろうからな。ただ今朝の時間外で米先物随分売られていたのは驚いた。」

H「ああ。それが日本市場の今日の押し目を買おうという気を失わせたとも言えるかもな。」

K「それに今日は大型連休明けの中国市場への懸念も強かっただけに、なかなか寄り後買ってくる投資家は乏しかったようだ。」

H「後場は投げから始まるも寄り後は戻す動きも見せた。しかし為替が急速に円高進行していることを背景に先物売りが強まって日経平均は更に下抜ける動きとなってしまった。そうなると市場はもう諦めムードだったと言える。」

K「ただ10500円の攻防は結構見応えがあった。10500円割れでは流石に現物株に押し目買いが見られている。まあ国内年金資金だろうな。しかし先物の仕掛け的な売りもかなり見られており、見事ストップロスを巻き込んで一段安となった。」

H「今週はSQ週だけに先物売買も活発だ。ただ今日の下落は先物の仕掛け的な売りだけでなく、当然現物株主導と言える下げだろうな。」

K「後場はともかく前場の下落は現物株主導だろう。朝から海外勢のかなりの規模の売りバスケットが入っていたからな。」

H「日本市場でこれだけ売りが出ていたと言うことは恐らく今晩の米国市場でも結構な売りが出るんだろうな。」

K「当然そうなる。日本株だけ売ってきている訳ではないからな。世界中の株式市場からファンドや長期資金が資金を引き上げているんだからな。まあ米国市場は日本市場より規模が大きいだけに、当然売り圧力も半端じゃない。もちろん逆に買い手も日本より多いと言えるけどな。」

H「市場では緊急利下げという期待感が広がっているようだ。これだけ下げりゃFRBもやらざるを得ないと・・・。」

K「確かにその期待は非常に強い。ただ利下げして一時的に買われても再び売られるようになる可能性が高く、FRBも頭痛いところだろうな。利下げ後、売られると打つ手もなくなる。それならば利下げを匂わしながら引っ張るの方が良いかも知れない。」

H「なるほど。利下げを示唆させていれば株価も下支えになる期待もあるわけだな。」

K「まあ明日の晩にバーナンキ議長講演あるだけに、そこでの発言は注目だろう。」

H「しかし市場も利下げを催促してきている面もあるのかもな。」

K「確かに・・・。まあ日経平均もここまで来れば1万円割れの覚悟は必要だろうな。もはや割り込んでも市場は驚きも無いだろう。それよりも市場の関心はそこで下げ止まるのかどうかだろうな。」

H「TOPIXは1000ポイント割れ、日経平均1万円割れとなりゃ、取りあえずは買いたい気はするよな。というか、買い手は一時的にしろかなり増えると思われる。」

K「ああ。取りあえずはリバウンドは見せてくれるだろう。皆が日経平均1万円割れを想定してきており、買いを狙っているとなれば、実際は1万円は割れないというのが基本だけどな。」

H「それか、1万円割れでもリバウンド見せずに下げ続けると言うパターンもあるかもよ。」

K「まあ今日の下落は今晩の米国市場の下落を結構織り込んでいるといえるだけに、小幅安程度にとどまれば明日の日本市場は反発も期待できるだろう。ただ結局は時間外の米先物動向がかなり意識されそうだけどな。」

H「取りあえず今晩の米国市場どういう展開を見せるのか注目だな。」
2008.10.6先物チャート
スポンサーサイト
コメント
ミャンコ先生おちち~♪

朝からぶん投げw
一応買い目線だけど、あがったら買う作戦に変更~
とにかくがんがるw
oku #-|2008/10/06(月) 11:32 [ 編集 ]
o(T◇T)o みゃんこ~~~!セリクラはまだ~~?
     アタシもう頑張れな~~~い!!
   
ヽ( ¬_¬)ノ あ、okuさん。ぶん投げられただけエライと思う。
       
       
       
きりまま #-|2008/10/06(月) 14:25 [ 編集 ]
okuしゃん、ミャンコは拾い祭りktkr
103円割れるとは行き過ぎすぐる
NYを下げたのを嫌気とかダウ先が下げてるのを嫌気とか分かるけど
ここまで売られる意味が分からん
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/06(月) 16:28 [ 編集 ]
まんま、ダウが10000ドル割れれば
何か対策出してくるんじゃね
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/06(月) 16:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。