(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.2【反落、年初来安値を更新】

2008/10/02 11:12|未分類CM:5
米金融安定化法案、日本の場中にしかも上院で可決だって
問題は下院なんだけど
下院は3日らしい
3日のいつだよ
しかも3日って日本時間かNY時間かどっちだよ

昨日、今日とCMEにまったく届かずの寄り弱い
外資が売ってるとか
日本をヘッジに使うなよ
まあそれほど痛んでない日本売られれば売られるほど
そのあとのチャンスが大きくなるが

上院で可決となった後
ダウ先急落で日本も売られた
今まで強かった銀行も崩れた
鉄の下げすごいね
マッコーリーとかもっこり証券会社が
新日鉄の目標株価250円
JFEの目標株価2600円とか
酷いな

後場
酷いな、パニクっちゃって何がなんだか分からないんじゃないか?
可決から250円ほど下げたところを見ると
ダウ-250くらいは織り込んでる感じかな

来ないと思って先物下に指してたら
引け間際買えちゃったw
次の節目が11080でその下が10800
その下は短期オーバーシュートで買い方天国
まあ何とかなるでしょw

セブン銀行とかピジョンとか相変わらず逆行ぷりだな

とりあえず日本は証券税制
永久に10%とか出しな
こんな状態で20%とか誰も新しく投資しようなんて思わないから


株式オープニングコメント
修正法案の可決を見極めるまでは動きづらい

 1日のNY市場は小幅下落。ダウ平均は19.59ドル安の10831.07、ナスダックは
22.48ポイント安の2069.40で取引を終了した。9月ISM製造業景況感指数が約7年ぶり
の低水準となったことで、NYダウは一時200ドルを超える下げをみせる場面もあっ
た。その後、今晩にも上院議会で金融救済策の修正法案が可決されるとの期待感
や、著名投資家バフェット氏のGE(GE)への出資が好感され下げ幅を縮小する展開と
なった。セクター別では各種金融や銀行が上昇する一方で保険や自動車・自動車部
品が軟調。シカゴ225先物清算値は大証比160円高の11600円。
 金融救済策の修正法案の可決を見極めるまでは動きづらい相場展開が続くことに
なり、シカゴ先物は昨日と同じ水準に位置しているが、これにさや寄せしたとして
も直近急落の陰線部分であり、方向感は掴みづらい。また、米SECによる空売り
禁止措置の期限となることもあり、この行方も見極めたいところであろう。そのた
め、上値を買う流れにはなり難く、一方で下を売り込む流れにもなり難い状況であ
る。基本的にはファンドのクローズに伴うリバランスの流れが継続している状況と
考え、金融関連やディフェンシブ系の買戻しに対するリバウンド狙いといった動き
がみられよう。その他は、値動きの軽い低位材料系銘柄での短期的な値幅取り狙い
が活発化しそうだ。

株式ランチタイムコメント
終値で安値更新なら目先リバウンドを意識するところ

 日経平均は前引けにかけて下げに転じており、125.61円安の11242.65円(出来高
概算9億5000万株)で前場の取引を終えている。1日の米国市場は、NYダウが一時
200ドルを超える下げをみせるものの、金融安定化法案成立期待から下げ幅を縮めて
いたこともあり、金融関連主導でリバウンドスタートとなった。しかし、米9月ISM
製造業景気指数が2001年10月以来で最低に落ち込み、米新車販売台数が今年最大の
減少となるなど、金融システム悪化による実体経済への影響が明らかにみられたこ
となどが嫌気され、じりじりと上げ幅を縮めていた。その後、米金融安定化修正案
が上院で承認と伝わり先物主導で上昇する場面もみられていたが、金融安定化法案
が可決と伝わると反対に戻り売り圧力が強まっていた。下院の採決待ちは理解して
いるものの、GLOBEXナスダック100先物も弱い動きをみせていたこともあり、堅調な
スタートをみせていた金融株も下げに転じてしまっている。東証1部の騰落銘柄は値
下がりが全体の7割を超え、規模別指数では大型・中型・小型株指数ともに下げに転
じている。
 米上院での安定化法案可決が伝わるとほぼ同時に先物主導で下落基調を強めてし
まっており、日経平均は寄り付きレベルから200円近く押してしまっている。これに
より9月30日安値11160.83円が意識されてきてしまっているため、押し目買い姿勢は
強まらず、様子見姿勢が強まってしまいそうである。金融安定化法案の下院採決が
日本時間で3日未明となるほか、週末の米雇用統計を控えていることも、様子見につ
ながりそうだ。ただ、前回のNYダウ777ドル安をみていることもあり、下院での否
決は考えづらいであろう。雇用統計についても織り込み済みと考えられ、反対に法
案成立と重なることでアク抜け感が強まる可能性はある。米SECによる金融株の空売
り規制措置延長もあるほか、法案通過後の効果を見極める流れとはなろうが、目先
的には底打ちが意識されることは考えられる。
 日経平均は9月30日終値11259.86円を若干でも下回って終わるようだと、テクニカ
ル面ではその後の反転シグナルへのハードルがこれまでの12100円レベルから11600
円レベルに下がる。捉えやすい価格水準に下がるため短期トレンド反転への可能性
が早まるほか、目先的な底値は2005年5月の10800円とみると、下値はあってもあと
400円である。不安感の強いところではあるが、目先的なトレンド反転を意識して一
旦はリバウンド狙いの押し目買いを入れるところにきている。

株式クロージングコメント
若干でも押し目買いを入れるところに

 日経平均は後場一段安となり、213.50円安の11154.76円(出来高概算21億3000万
株)と年初来安値を更新して取引を終えている。1日の米国市場は、NYダウが一時
200ドルを超える下げをみせるものの、金融安定化法案成立期待から下げ幅を縮めて
いたこともあり、金融関連主導でリバウンドスタートとなった。しかし、米9月ISM
製造業景気指数が2001年10月以来で最低に落ち込み、米新車販売台数が今年最大の
減少となるなど、金融システム悪化による実体経済への影響が明らかにみられたこ
となどが嫌気され、じりじりと上げ幅を縮めていた。その後、米金融安定化修正案
が上院で承認と伝わり先物主導で上昇する場面もみられていたが、金融安定化法案
が可決と伝わると反対に戻り売り圧力が強まっていた。後場に入ると下院の採決待
ちや雇用統計も控えていることから様子見ムードが強まる中、ヘッジファンドの換
金売りとみられる動きが強まっており、日経平均はじりじりと下げ幅を広げてい
た。セクターでみるとディフェンシブ系の顕著さの半面、鉄鋼、機械などの下げが
きつく、東海カーボンのストップ安をみても、アルゴリズムを使った2005年以降か
ら目立っていた資源・素材系などを中心とした上昇の反対売買の動きが強まってい
ることが窺える。米SECは金融安定化法案が成立するまで空売り規制を延長すると
伝えられていることもあり、新たなショートを作れないとなれば、ロングポジショ
ンを外すといった動きも強まろう。
 ただし、金融安定化法案の下院採決が日本時間で3日未明となるが、前回のNYダ
ウ777ドル安をみていることもあり、下院での否決は考えづらい。雇用統計について
も織り込み済みと考えられる。反対に法案成立と重なることでアク抜け感が強まる
可能性はあるため、法案通過後の効果を見極める流れとはなろうが、目先的には底
打ちが意識されることは考えられる。日経平均は目先的な底値は2005年5月の10800
円とみると、400円を切ってきている状況である。明日も雇用統計を控えて様子見色
が強まろうが、ボトム形成から目先的なトレンド反転を意識して若干でも一旦はリ
バウンド狙いの押し目買いを入れるところにきていると考える。基本的な物色とし
てはファンドのクローズが続くため全面安・全面高といった流れにはなりづらく、
ディフェンシブ系買い、資源・素材系の売りが続く。ただ、金融安定化法案で目先
的な底打ち感が強まるようだと、新興国などの景気減速懸念も後退することにな
り、海運などのリバウンドが意識されそうだ。川船のPBRは1.04倍と1倍割れに近づ
いている状況である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均11154.76 -213.50
TOPIX1076.97 -24.16
東証2部指数2303.48 -39.64
日経ジャスダック平均1258.10 -14.65
マザーズ指数373.84 -19.21
ヘラクレス指数594.52 -25.39
東証1部出来高21.36億株
東証1部騰落レシオ68.42%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はISM製造業景気指数が市場予測を大幅に下回ったことを嫌気さ
れダウは一時200ドル以上の下落となる場面も見られた。しかし金融安定化法案
可決期待が根強く、更にバフェット氏の投資会社がGEに出資との発表を受け全
体的に買い戻されて結局小幅安で引けた。それを受け日経平均は堅調に始まる
が買い一巡後は全体的に売り優勢。金融安定化法案の上院での採決を控え銀行
株はしっかりだったが、他は売られている銘柄目立っている。上院で可決され
たと報じられると米先物が時間外で下げ拡大となり、銀行株が売り込まれ日経
平均一段安に。ごばも軟調続きで大引けにかけては一段安となり日経平均年初
来安値更新。日経先物の主な買い越し証券はメリル、立花、SBI、松井、GS、
BNPパリバ、楽天、カブコム、大和、UBS。売り越しは野村、JPモルガン、モル
ガンS、ドイツ、岡三、ニューエッジ、三菱UFJなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8306三菱UFJFG 896円 -27
米国の金融安定化法案が上院で可決されるまでは比較的にメガバンクしっかり
の展開だった。しかし可決後は手仕舞い売りが優勢に。材料出尽くしの動きと
なっている。可決されるまで売り込みにくさもあったといえ、可決後言うほど
買いが入らなかったことから強気で売りに回った向きもいるようだ。それにま
だ下院で採決が週末に控えており、現状で強気では買いにくいと・・・。しか
し売り一巡後は下げ渋りも見せている。週末の下院での可決濃厚と言われてい
るだけに売り方の買い戻しも早く、押し目買い入るのも早いようだ。

6702富士通 628円 +28
地合に逆行高。今朝の日経新聞一面では、同社のHDD事業を米大手に売却する方
向で調整に入ったと報じられている。国内の電機大手の事業売却では過去最大
規模になると・・。HDD事業は同社の売上高に占める割合は小さくないものの、
収益は赤字続きの事業だけに、不採算事業撤退を素直に好感されている模様。
地合悪く無ければ、もっと買われていた可能性もある好材料だと見る向きも多
い。

6305日立建機 2055円 -355
大幅安で年初来安値更新。今日は6301コマツなどの建機株が総じて派手に売り
込まれている。昨日の米国市場で発表されたISM製造業景気指数が予想以上の悪
い結果となり7年ぶりの低水準となったことから、世界的な景気悪化懸念が強ま
っている。また同業といえる米キャタピラー株が昨晩年初来安値を更新してい
ることも売り材料になっているようだ。建機企業は景気敏感企業と言えるだけ
に、中長期資金の見切り売りが出ているようだと見る向き多い。また同社株は
1日から日経平均新規採用となっており、それに伴う特需買いが先月まで入って
いたため、コマツと比べ先月の下げ甘かった。その反動も昨日今日と出ている
ようだ。

5471大同特殊鋼 446円 -83
今日は鉄鋼株が総じて派手に売り込まれている。特に特殊鋼関連株の下げきつ
い。昨晩の米国で発表された9月自動車販売が大きく減少しており嫌気されてい
る。同社は自動車向けが主力なだけに、業績の先行き懸念が更に強まっている
ようだ。鉄鋼株だけでなく自動車関連株も同じ理由で派手に売られている銘柄
が目立っている。昨晩の米国では米自動車販売の他にもISM製造業景気指数も悪
化していることから、世界経済の減速は市場が懸念していた以上に酷い状況に
なっているとの見方が強まっているようだ。

7974任天堂 39500円 -1500
連日の年初来安値更新で、2007年5月以来の3万円台。ユーロ円が円高進行して
おり、業績懸念も強まっている。また数年前から保有している長期資金が最近
は幅広い銘柄に手仕舞う動きが見られているとの指摘も・・。その動きは徐々
に加速気味となっており、リスクマネーの縮小がここに来て急速に強まってい
るようだ。後場には新型DSの詳細が報じられているが、目新しさは無いようで
材料視はされていない。

===============
◆◇10/3(金)の主な予定!◇◆
===============
津田駒、ポイント、セキド、クラウディア、CFSコーポなど決算発表
米9月雇用統計(21:30)
米9月ISM 非製造業景気指数(23:00)

10月2日(木)

H「日経平均はあえなく反落だ。しかも大幅安で年初来安値を更新した。」

K「今日の下落は先行き心配な下げだな。恐らく市場関係者の多くが意図しなかったほどの下落だと言える。」

H「まあ昨晩の米国市場は下げたとはいえ、随分と下げ幅縮小して引けているし、シカゴ日経先物も高く返ってきていた。更に日本の前場中に米上院で金融安定化法案が可決された。まあ想定内の事とはいえ、これほど売り込まれる理由にはならない。」

K「ああ。しかし前場の早い時間から海外勢のまとまったバスケット売りが観測されており、日経平均の下げの割に派手に売られている銘柄が目立っていた。」

H「特に景気敏感株中心に売られていたようだな。」

K「ああ。後場には指数を比較的に支えていた銀行株が下げ拡大しており日経平均一段安となった。」

H「銀行株は米上院で金融安定化法案が可決された後から売り圧力が強まった感じだ。」

K「そうだな。出尽くし的に売られたと言えるだろう。というより可決するのを待ってから売りに来た向き多いようだ。」

H「今日は主に主力株が派手に売られており、非常に先行き不安を感じる結果となった。」

K「既に随分と売られている状況でのこの下げだからな。市場心理は最悪だ。まあ今日は追証絡みの投げも幅広い銘柄に出ていたようだが、それだけでなく明らかにまとまった売りが出ていると言える。」

H「市場ではファンドの手仕舞い売りが結構出ていたとの話だ。」

K「それも出ているだろうな。あとは長期資金が売ってきた感がある。数年から保有続けていた長期投資家がいよいよまずいと言うことで投げてきたとの話もある。」

H「そんなのとっくに投げてきているんじゃないか・・。」

K「当然既に投げてきたり利食いしてきた長期投資家は多いだろうけど、買値が良い投資家に取っては保有続けている向きも少なくない。しかし最近の日米経済指標からも景気悪化まだまだ酷くなるとの見方が強まり見切り売りが出ているとの見方だ。」

H「まあ、昨日の日銀短観もそうだが、昨晩米国で発表されたISM製造業景気指数は酷い数字となった。更に自動車販売もかなり酷く、これを見て見切ってきた長期投資家確かに多いかも知れない。」

K「それに狼狽売りも今日の後半には結構出ていたんじゃないか・・・。」

H「まあ、今日の下落でセリングクライマックスとなりアク抜けとなれば良いが、雰囲気的にとてもそんな状況ではなさそうだが・・。」

K「結局ファンドのクローズなどいつまで続くかどうかだろう。今日の動きからも新たな実需買いが入るとの期待は後退していると言えるだけに、売りたい向きがいつ売り切るか、それが重要だ。」

H「取りあえずイブニングでは日経先物随分と戻している状況だが、明日はどうなる事やら・・。」

K「香港市場が派手に戻してプラスで引けているし、欧州もしっかり上げている。更に時間外で米先物が急速に戻している。しかし為替は引け後、円高へ進んでいる。ドル円もユーロ円もだ。ユーロドルも下げている事からユーロ売りだな。」

H「今晩にはECB理事会があるからな。ユーロの政策金利引き下げの思惑でも出たのかも知れない。」

K「かもな。米国も利下げ観測は強まっている。ここに来て加速して色々な事がおきており、投資家はめまぐるしくてついて行けないという向きも増えているようだ。派手に上げたと思えば派手に下げたり、好材料出ても悪材料も尽きない。非常に先行き不透明さ強まっているからな。」

H「取りあえず手仕舞いして後は静観というスタンスを取る投資家確かに今後も増えていきそうだ。」

K「まあ明らかに異常だと言える水準まで売られている銘柄も多いけどな。もはや理屈で株価が動く状況じゃなく、いずれ戻しても目先更に下へという懸念がある以上、なかなか積極的になれないのも良く解るけどな。」

H「確かに異常に売られてしまっている銘柄も多いよな。中には2003年日経平均が7000円台付けたときの株価まで売られている銘柄もある。その時の業績や財務体質を比べても今の方が断然良いのに株価は一緒。そういう銘柄が主力株にあるってんだからな。」

K「まあ、今は業績もどれだけ悪化していくのか、それがいつまで続くのかと言うことが不透明だ。企業の資産だって今後業績悪化続ければ、どんどん減っていくかも知れない。今は悪いように悪いように考えてしまう市場心理なんだろう。」

H「つまり最悪の結果を想定して売られているというわけだな。」

K「まあそういうことだ。当然その最悪の結果にならないようなら、株価は大きく是正されることになる。それがすぐに来るのか、かなり先になるのかは、不透明だけどな。ただそうは遠くないと思うけどな。」

H「とにかく3日の米下院で金融安定化法案しっかりと可決される事が大切だろうな。まあ可決されても出尽くしとなる可能性はあるが、否決されるより余程ましだろう。」

K「そうだな。いずれにしろ金融危機を出来る限り早く収めて行くには必要な法案だからな。」

H「それに明日の晩には注目の米雇用統計も控えている。無事に通過して欲しいモンだな。」

K「ああ。取りあえず今晩の米国市場どういう展開になるのか注目だな。」
2008.10.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
センセ、お疲れサマー
セブン銀行ってわかり易いよね^^

あのね・・・明日寄りで11000を割って9時半頃から爆上げキボンw
金曜日だし売り方の買戻しも期待できるかなぁ~

・・・寄りがめっちゃ高かったらどうしよう(--)
tomoti #-|2008/10/02(木) 16:56 [ 編集 ]
みゃんこ先生いつも本当に為になる記事有難うございます。<(__)>

今日は*アービトラージに関しての質問なのですが
【例えば】
*同セクターでもアコムとアイフルではもう最近完全に違うチャートになっていますのでアービには使えませんね?

*以前の記事でも銀行のアービで簡単に鞘が抜けるような記事があった記憶があるのですが、そんなに簡単で確実ならばなぜそうされないのか不思議に思っておりましたが?単に利幅が小さく魅力が無いからだけでしょうか?^^;書いてるうちに思いましたが、自分でやってみりゃわかることなんですよね。。++;

おばかな質問ですみません。。<(__;)>


またこの銀行アービを実行されてると思われる有名な方の収支が安定感はありますが時折意外なほど大きめの損失も出るようですので全く安全なわけではないのですね。。
そりゃ売ってた方に好材料が出て、買ってた方に悪材料が出れば当然又裂きですものね。。@@;


hahaha #-|2008/10/02(木) 20:43 [ 編集 ]
ともちん、おちち~♪
セブン銀行はマッコーリーが目標株価引き上げとからしい
またマッコーリーか
ここはソフトバンクにふざけた目標株価設定して暴落させたりしたところ

先物、適当にイブニングで150円くらい上に指して寝たら
寄り付いてあっという間に約定してた模様
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/02(木) 22:45 [ 編集 ]
hahahaさん、アービトラージは取れる値幅が小さく
あんまり賢いトレードだと思わないのでやりません
大人が大量な資金を背景に
先物と現物の差を狙ってやるちまいトレードです

時々大きな損失が出ることがあるのは
弱い銘柄のリバウンドと
強い銘柄の調整が重なった場合じゃないですかね

同じセクターで買いと売りを持つのは何となく敬遠してます
両建てるなら強い銘柄を買って
弱い銘柄今なら鉄とかを同量売った方がいいかなと
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/10/02(木) 23:09 [ 編集 ]
v-278
解りやすく丁寧なお返事本当に有難う御座います。<(__)>
hahaha #-|2008/10/03(金) 11:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。