(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.19【指数膠着だが海外勢による資金流入は継続、個人の需給も良好】

2011/01/19 11:30|未分類CM:0
シティが好調な決算だけど予想を下回ったってことで
アメリカは寄り安く始まったけど
悪材料出尽くし
決算期待から上昇

アップルも安く始まったけど下げ幅縮小
引け後、過去最高の決算で時間外で上昇

日本は今日にも中国の利上げがある懸念で?円高
先物が売られて上げ幅縮小
持ち越しはオール買いで
高く始まったけど
逆指値に引っかかって利確
そのまま軟調って感じ

決算期待でアメリカ強いのに
中国の利上げ懸念でよえー

後場
中国大幅上昇も日本全然上昇せず
引けにかけてやっと上昇

CA買ってたけどトレールに引っかかって安売り
その後さらに上昇
4万とかで買って10万で売った淡い記憶が


[株式オープニングコメント]
基本膠着も修正リバウンドは継続
 注目された米国市場でのアップルの動向については、ジョブズCEOの病気療養に
よる影響は限られる一方、取引終了後に発表された決算では予想を上回る内容が好感
されて時間外で4%超の上昇となっている。IBMも決算内容が好感されて時間外で
強い動きをみせており、ハイテクセクターに対する支援材料になりそうだ。シティグ
ループは予想に届かなかったことが嫌気されているが、メガバンク中心に目標株価引
き上げの動きも観測されており、売り込む流れにはならないだろう。ゴールドマン・
サックスなど金融株の決算が相次ぐなか慎重姿勢もありそうだが、かえって相対的な
出遅れ修正の動きが強まる可能性も期待される。
 基本的には、日経平均は引き続き戻り高値水準での膠着感の強い相場展開が想定さ
れる。しかし、アップルへの警戒感後退や指数インパクトの大きいハイテクセクター
が強含みで推移するようだと、これまでの保ち合いレンジを上放れてくることは十分
考えられよう。海外ファンドによる資金流入も継続しているとみられるほか、昨日
1/18の動きをみても、これまでの外部要因に振らされる地合いからは完全に脱してい
ることがうかがえる。
 また、昨日は高岳<6621>が昨年来高値を更新したほか、GSユアサ<6674>もしっか
りなど、材料銘柄への売買も活発であり、需給状況の良好さが確認されている。テー
マ株物色についても循環による資金回転が利いている状況である。日経平均は過熱感
を冷ますための日柄調整との認識であり、修正リバウンドは継続しているとみておき
たい。
 なお、1/18のNY市場でダウ平均は50.55ドル高の11837.93、ナスダックは10.55ポ
イント高の2765.85。シカゴ日経225先物清算値は大証比55円高の10575円。ADRの
日本株はキヤノン<7751>、三井住友<8316>、菱地所<8802>、京セラ<6971>、オリック
ス<8591>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル82.6円換算)で全般小じっかりだ
った。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米アップル、10-12月期決算は市場予想を上回り時間外で下げ渋る
・NYダウ続伸、主要企業決算発表への期待感が下支え
・シカゴ225先物清算値10575円、大証比55円高
・欧州株式市場、銀行や鉱山株中心に堅調
・NY金反発、対ユーロのドル安を受け
・メリルFM調査、日本株昨年5月以来のオーバーウエイト
・10-12月期電子部品受注、スマートフォン向け好調で堅調続く

弱気材料
・米シティグループ、10-12月期決算は市場予想を下回り6%安
・米半導体SOX指数、反落
・東証REIT指数、3日続落
・国連予測の世界経済成長率、2011年は3.1%に減速

留意事項
・NTTドコモ、中韓大手と提携し「LTE」のインフラ技術で協力
・10年全国百貨店売上高、14年連続減少
・米ボーイング、「787」の納入が再延期
・KDDI、SNS入会時の年齢確認に協力
・豪州産牛肉7%上昇 洪水で供給減少観測
・ドル/円(82円67-69銭)
・ユーロ/円(110円52銭-56銭)
・NY原油先物、反落(1バレル=91.38ドル)
・NY債券市場、下落(10年債利回り0.045%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.225%)
・東証1部騰落レシオ、128.14へ低下
・11月第3次産業指数
・12月マンション発売
・ユーロ圏11月経常収支
・英12月失業率
・米MBA住宅ローン申請指数(先週)
・米12月住宅着工件数
・米12月住宅着工許可件数
・ブラジル中銀政策金利を発表
・米中首脳会談
・米決算、ゴールドマン・サックスやウェルズ・ファーゴ、eベイなど


[サポート&レジスタンス]
終値           10519
5日移動平均       10525
標準偏差+2σ      10601
レジスタンス(2)    10599
レジスタンス(1)    10559
ピボット         10508
転換線          10489
サポート(1)      10468
サポート(2)      10416
基準線          10402
25日移動平均      10378
標準偏差-2σ      10155
200日移動平均      9905
先行スパンA        9890
100日移動平均      9737
先行スパンB        9691

[ランチタイムコメント]
指数の膠着をよそに需給状況の良好さがうかがえる相場展開
 日経平均は小幅上昇。19.95円高の10538.93円(出来高概算11億7000万株)で前場
の取引を終えている。注目された米アップルは、CEOの病気療養による影響が限ら
れる一方、取引終了後に発表した予想を上回る決算が好感された。これにより日経平
均は買い優勢のスタートとなり、前場半ばには一時10580.68円まで上げ幅を広げてい
る。ただ、為替市場で円高が進んでいるほか、上海株が反落で始まったこともあり、
次第に利益確定の流れも目立ち始めている。
 東証1部の騰落銘柄は値上り795に対して値下り648、変わらず210と、若干ながら値
上り数が上回っている。また、規模別指数は大型、中型、小型株指数ともに小じっか
り。セクターでは炭素繊維やニッケル価格の上昇などを背景に、繊維、非鉄金属が高
い。また、低位材料株への物色が活発であり、水産・農林関連への資金流入の動きが
目立った。また、新興市場ではネット関連の主力処に海外資金流入の観測も聞かれて
いた。
 日経平均は戻り高値レベルでの膠着ではあるが、テーマや出遅れ銘柄への物色が活
発である。また、新興市場ではネット関連の強さが目立っており、指数の膠着をよそ
に需給状況の良好さがうかがえる相場展開である。水産・農林関連の材料株への物色
が際立っていたが、いずれもPBRが1倍を下回る銘柄であり、仕手系色の強い低位材料
株についても、割安銘柄への修正リバウンドの流れが強まっている。一方、高岳
<6621>、ツガミ<6101>、GSユアサ<6674>といったコアの材料株は一服となっている
が、上昇トレンドのなかでの利食いによる一服だろう。低位材料株やネット関連の値
動きをみても、循環物色の流れによる資金回転が利いている状況である。
 ちなみに、昨年9月以降の上昇過程でTOPIXを下回るパフォーマンスだったセクター
は、電力・ガス、陸運、空運、パルプ・紙、水産・農林、医薬品、その他製品、情
報・通信、ゴム製品、金属製品、小売、海運、サービス、鉄鋼、銀行、精密機器とな
っている。循環の流れで出遅れセクターへの修正リバウンドも次第に強まりそうだ。

[クロージング]
指数膠着だが海外勢による資金流入は継続、個人の需給も良好
 日経平均は小幅上昇。38.12円高の10557.10円(出来高概算22億1000万株)で取引
を終えた。米アップルCEOの病気療養による影響が限られる一方、取引終了後に発
表した予想を上回る決算が好感された。これにより日経平均は買い優勢のスタートと
なり、前場半ばには一時10580.68円まで上げ幅を広げている。ただ、為替市場で円高
が進んでいるほか、米ゴールドマン・サックスなど本格化する米企業決算を前に手掛
けづらさもあり、後場に入るとこれまで同様、戻り高値水準での膠着感が強まってい
る。
 とはいえ、東証1部の値上り数は全体の6割を占めているほか、出来高は20億株を超
えるなど海外勢による資金流入は継続。また、テーマ株の循環が続いているほか、低
位材料株への物色も活発化している。さらに楽天<4755>が昨年来高値を更新し、サイ
バーエージェント<4751>が2006年6月以来の20万円を回復するなど、新興市場ではネ
ット関連の主力処の強さが目立っていた。
 日経平均は膠着が続き、後場の値幅は20円程度にとどまっていた。ただ、指数の膠
着は想定されていたことでもあり、様子見ムードといった見方にはならないだろう。
それよりも、循環的な物色が続いていることは、好需給の状況が続いている表れであ
り、出遅れているセクターや割安な銘柄への修正リバウンドは継続しよう。
 また、今晩の米国市場ではゴールドマン・サックス(GS)の決算が予定されてい
る。シティが予想に届かなかったこともあり、GSへ注目が集まりやすい。さすがに
予想を下回るようだと、少なからずメガバンクの利益確定などにつながる可能性があ
る。一方、シティを払拭する強い内容ともなれば、金融セクターへのインパクトは相
当強いものになり、メガバンクの上昇は市場心理に好影響をもたらそう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10557.10 +38.12
TOPIX936.87 +5.29
東証2部指数2289.35 +10.84
日経ジャスダック1311.94 +2.42
マザーズ指数473.62 +3.34
東証1部売買代金1兆3441億円
東証1部出来高22.15億株
東証1部騰落レシオ131.32%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はアップルCEO休養やシティG決算下ブレが重石となるも、しっかり
の展開。企業決算への期待は根強く、景気敏感株中心にしっかりと買われた。ダウ、
ナスダック共に昨年来高値を更新。それをうけ日経平均も堅調に始まる。上げ拡大
する場面もあったが、上値も限定的。前場引けにかけ上げ縮小するも、上海市場大
幅上昇を好感して後場は再び上げる動き。ただ上値はやはり重い。結局、日経平均
は小幅高で終了。日経先物の主な買い越し証券はモルガンS、三菱UFJMS、水戸、
UBS、ゴールドマン、クレディスイス、ドイツ。売り越しは野村、松井、光世、
アーク、安藤、SBIなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
9743丹青社 383円 +33
一時397円まで買われる場面も見られた。特に材料は出ていないが市場では仕手株と
しての認識が強いようだ。12月から相場を作ってきておりテクニカル的な過熱感も
強まっていたが、今日は早くも上離れ。特定筋介入などの噂もあるようだが、基本的
には業績相場だと・・。相場始まるまではPBR1倍割れ状況だったことや、3Q時点で通
期への進捗率の高さから今期業績の上ブレ期待が強いことが、継続的な買いに繋がっ
ていると。今日の上昇で連結PBR1倍を超えてきており、更に買い続くのか注目される。
小型の貸借銘柄だけに空売り多く入ってくれば面白いとの見方も。

4751サイバーA 203100円 +16000
大商いで大幅上昇。2006年以来の20万円台に。同社は前場にFacebook Ads、AdExchange
向け入札ソリューションの販売契約を締結したと発表している。これを好感している
ようだが、最近は強い買いも見られており、海外勢の買いが入ってきているとの見方
もあるようだ。ファンドなどの機関投資家も好む銘柄なだけに、その手の買いが入っ
ていても不思議はないと・・。同社株が強いと新興市場全体的に好影響を与えるだけ
に、新興市場の強さはまだ続きそうだと期待する市場筋も少なくない。

6461日本ピストン 228円 -12
終始軟調な展開。特に悪材料は見当たらないが、息の長い相場もそろそろ終焉との見
方も多いようだ。引値ベースで25日移動平均線を下回ったのは昨年9/2以来の事。それ
以降、息の長い相場を作ってきたが、更に買い上がる向きは乏しいようだ。昨日から
増担保規制解除となっているものの、好感する動きにはなっておらず、このことから
も投資家の注目が無くなっているのは明らかだと・・・。ファンダ的に割高感は乏し
いことから、下値は限定的との見方は多いが、日柄調整暫く続くのは仕方なさそうだ
と・・。

6501日立 465円 +17
大商いで大幅上昇。昨年来高値を更新。海外勢の実需買いが入っているとの見方のよ
うだが、業績への期待買いも本格的に入ってきたようだ。同社は2/3に決算発表予定し
ているが、通期業績の上ブレ期待は強い。また今日は、みずほ証券とモルガンSが同社
株の目標株価を共に500円まで引き上げたことも追い風になっている様子。明日以降も
強い動き続けられるか注目される。

3401東レ 556円 +25
連日の大幅上昇。3402帝人と共に強い買いが入ってきている。昨日は炭素繊維が高騰
しているとの報道を受け買われていたが、今日もそれを好感する買いが続いている。
海外勢による買いのようで、長期資金との見方もあるようだ。昨晩の米国市場ではボ
ーイングが新型旅客機「787」の納入再延期を発表したが、アク抜けからボーイング株
は上げていた。それも関連株として追い風になった面もあるようだ。いずれもテクニ
カル的な過熱感強まっているだけに、上値重くなりそうだが、底堅い推移は続きそう
だと見る向き多い。

===============
◆◇1/20(木)の主な予定!◇◆
===============
12月粗鋼生産(14:00)
12月日本製半導体製造装置BBレシオ(16:00)
12月コンビニエンスストア売上高(16:00)
安川情報システム、日本鋳造など決算発表
NZ10-12月期消費者物価(6:45)
中国10-12月期GDP(11:00)
中国12月鉱工業生産(11:00)
中国12月生産者物価・消費者物価(11:00)
中国12月小売売上高(11:00)
トルコ中銀金融政策決定会合
米10 年インフレ連動国債入札
米新規失業保険申請件数(22:30)
米12月中古住宅販売(21日 0:00)
米1月フィラデルフィア連銀指数(21日 0:00)
北米12月半導体製造装置BBレシオ(21日 8:00)
欧州システム・リスク理事会(ESRB)の初回役員会を開催、初代議長にトリシェECB
総裁が就任
AMD、モルガン・スタンレー、グーグルなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*中外炉<1964> 353 +28
タッチパネル関連の材料株として後場入り後から短期資金向かう。

*住江織物<3501> 188 +13
調整一巡感から短期資金の物色シフトの対象に。

*松屋<8237> 722 +46
株価上昇に伴って売り方の買戻しの勢い強まるか。

*マクロミル<3730> 1053 +56
1000円大台を明確に突破で、上値余地広がったとの見方に。

*冶金工<5480> 268 +14
住友鉱など非鉄関連の一角が高く、ニッケル関連として物色へ。

*JVCケンウッド<6632> 378 -13
前日も長い上ヒゲ残して上値の重さ意識。

*コナカ<7494> 382 -11
利食い売り圧力も強く、前日急反発した反動へ。

*共英製鋼<5440> 1255 -34
東京製鐵の決算発表など電炉株の警戒材料にも。

*日本化成<4007> 212 -5
前日急伸の反動で利食い優勢の展開に。



(前場)
*東都水産<8038> 161 +19
仕手系色強い材料株として循環物色、水産物関連が本日強いが。

*フルキャスト<4848> 22350 +2000
急反発に転じた前日からの好地合い継続で、値幅取り資金向かう。

*ポケットカード<8519> 300 +25
出来高を伴って急伸した12月の高値水準を突破で。

*片倉チッカリン<4031> 292 +20
丸紅系の農業関連銘柄の一角として関心も。

*ドワンゴ<3715> 217000 +13000
スピード調整一巡感、依然として高成長を背景とした水準訂正期待続く。

*日東製網<3524> 102 +6
食料関連の一角として短期資金の矛先が向かう形か。

*ノリタケ<5331> 332 +19
目立った材料はなく買い戻し中心の展開か。

*林兼産業<2286> 95 +5
前日には大和が養殖関連のレポートをリリースしていたが。

*井関農機<6310> 246 +12
食料・農業関連物色の流れが本格的に波及へ。

*帝人<3401> 414 +19
前日に伝わった炭素繊維価格の高騰報道を引き続き材料視へ。

*三井金属<5706> 288 +13
モルガンでは前日に投資判断を格上げしている。

*GMOペイ<3769> 229000 +10000
短期的な調整一巡感も強まり、改めて値幅取り資金が向かう格好に。

*ホウスイ<1352> 117 +5
水産物関連の低位材料株が賑わう展開となってきており。

*リョービ<5851> 379 +16
4-12月期の業績観測報道が買い安心感にもつながる。

*ヤマハ発動機<7272> 1456 +60
ジャパンインベやCLSAなど高評価が続く。

*三益半導体<8155> 1014 +41
シリコンウエハの需要回復期待が波及する格好にも。

*丹青社<9743> 364 +14
調整一巡感から低位材料株の資金シフトの流れが向かう。

*北陸電気工業<6989> 183 +7
電子部品各社の受注堅調が続くとの報道も支援材料に。

*東レ<3402> 552 +21
ボーイングの株価上昇も支援材料視される格好に。

*ザッパラス<3770> 128700 +4800
直近では、SMBCフレンドが買い推奨を継続。

*東京製綱<5981> 288 +10
和歌山に新工場設置で増産と伝わる。

*シーケーディ<6407> 814 +27
再度、リチウムイオン電池関連の一角として期待感も高まる。

*住友鉱<5713> 1435 +47
ドイツやマッコーリーで目標株価引き上げの動き。

*不二越<6474> 356 +11
前日の前引け後に発表した今期の業績見通しが引き続き材料視される。

*石油資源<1662> 3465 +100
マッコーリーでは「ニュートラル」から「アウトP」に格上げで。

*エルピーダ<6665> 1131 +32
前日のDRAM価格値上げ方針報道が引き続きはやされる。

*テイカ<4027> 369 -31
前日、酸化チタン各社の急伸に連れ高した反動。

*チタン工業<4098> 532 -43
短期的な上昇ピッチの早さに過熱警戒感も強まり。

*巴川製紙所<3878> 286 -17
足元で人気化していた低位材料株の一角には利食い売りが先行で。

*日本ピストン<6461> 227 -13
信用取引規制緩和を受けた昨日から手仕舞い売り優勢の展開に。

*シップヘルス<3360> 949 -50
前日のメリルの格下げが引き続き響く格好となっており。

*日本橋梁<5912> 196 -10
橋梁の補修工事拡大期待で前日に人気化した反動。

*あおぞら銀行<8304> 171 -8
前日急伸の反動、足元ではニューショートなども増加へ。

*宇徳<9358> 279 -12
週初の長い上ヒゲが引き続き上値の重さを意識させ。

*ダイエー<8263> 308 -13
メリルでは「買い」から「アンダーP」に投資判断2段階格下げ。

*東光<6801> 203 -8
全般的に直近で強い動きの材料株が軟化してきており。

*第一工業製薬<4461> 336 -13
直近はリチウム電池関連の低位材料株として人気化が目立っており。

*イー・アクセス<9427> 52100 -2000
協調融資受けて急伸した分は完全に埋まる格好で。

*シンフォニア<6507> 301 -11
高岳製などと同様に利食い売りが優勢の展開となる。

*サイボウズ<4776> 25550 -810
証券紙に取り上げられたことで前日は人気化したものの。

*ツガミ<6101> 623 -19
足元で上昇していた材料株の中心的な銘柄は総じて軟化の展開で。

*GSIクレオス<8101> 133 -4
前日は目立った材料ないまま急伸しており。

*高岳製作所<6621> 509 -14
安川電機の充電器参入も心理的な利食いのきっかけ材料に。

*駒井ハルテック<5915> 220 -6
前日人気化した橋梁関連の一角、資金の回転は早まる。

*日本配合飼料<2056> 114 -3
週初からの急伸に過熱警戒感、短期資金の利食い先行。

*みずほFG<8411> 171 +1
ドイツでは大手行の目標株価を一斉に引き上げ。

*石原産業<4028> 126 +2
直近上昇の材料株が反落で伸び悩みへ。

*日立製作所<6501> 458 +10
みずほやモルガンなど目標株価の引き上げ相次ぐ。

*新日本製鉄<5401> 290 -3
引き続き、今期業績の下振れ観測がマイナス材料視される。

*三菱ケミカル<4188> 591 -14
一本調子の上昇が続き、本日は機関投資家の利食い売りも。

*コマツ<6301> 2542 +33
モルガンでは目標株価を2600円から3100円に引き上げ。

*TDK<6762> 5980 -40
前日にはCLSAが投資判断を「アンダーP」格下げ。

*TAIYO<6252> 183 +20
先日に好決算を発表、今通期は変速決算ながら上方修正へ。

*森下仁丹<4524> 327 +27
バイオカプセル事業の展開力期待、前日急反落で押し目買い。

*ボルテージ<3639> 1155 +50
今期営業利益見通しを6.4億円から7.4億円へ上方修正。

*楽天<4755> 75200 +3400
年末商戦の好調など業績上振れ期待は根強く。

*サイバーエージ<4751> 196500 +9400
「アメーバ」のスマートフォン向け月間利用者が350万人を突破したと発表。

*エイジア<2352> 141800 +30000
同社などが加盟するMIJSが中国へ進出すると伝わり。

*プロパスト<3236> 10110 +1500
引き続き、「継続企業の前提」注記解消を材料視。

*ウエストHD<1407> 729 +32
工場向け太陽光発電設備の販売事業に参入すると報じられている。

*エンJPN<4849> 137000 +8600
引き続き、今期の大幅増益観測報道を材料視。

*シナジーM<3859> 5600 -440
支持線となっていた25日線を割り込み手仕舞い売りが膨らむ。

*東研<6738> 121 -24
連日の急伸で利益確定売り優勢。

*C&R<4763> 14600 +3000
株式新聞で取り上げられたことを材料視。

*ミクシィ<2121> 447500 -5500
SNSの年齢確認にKDDIが協力と伝わり心理的な重しに。

*アルク<2496> 15750 +1200
目立った材料はなく短期の値幅取り資金が集中か。

1月19日(水)

H「日経平均は3日続伸となった。ただ上げきれない感は強い。今日も小幅高にとどまっている。」

K「先物に厚い売り板並んでおり、それを食っていくような強い向きが出てこない。まあ下値も厚い買い板並んでおり、これじゃ動くに動けないといった感じだ。」

H「ただ個別株見ると強い銘柄も目立っている。日経平均は揉み合いながらも、主力系株には非常に強く買われている銘柄も見られており、商いも大商いだ。」

K「ああ。完全に個別物色の流れだな。全体的に買われている訳ではなく、個別に選別して買われている。まあ先物があまり付いてこないことから、裁定取引とかではなく、海外勢による中長期資金といえるかもな。」

H「つまり実需の買い手か・・。」

K「そうだな。全体的には買われていないが、循環的には買われている様子だ。それまで大人しかった銘柄が、突如商い伴って大きく上昇するという銘柄も少なくない。そうかと思えば昨日まで強い買いが入っていた銘柄がピタッと動かなくなったりしている。」

H「確かに。それだけに明日は何処が買われるかという判断が難しくなっていると言えるかもな。」

K「そうだな。それだけに短期資金は中小型株中心の材料株などに集まっている。ただそれらには、物色続かない銘柄も多く、まさに日替わり物色と言う感じだ。」

H「まあ例え日替わりでも、派手に物色される銘柄があることは良いことだ。」

K「逆に言えば、物色続かない銘柄も多いことから、物色資金も短期化しやすい。つまり手仕舞いも皆速めてくる。」

H「指数的に見ると、上げきれない様子が伺える。日経平均やTOPIXだけでなく、新興市場指数も同様だ。個別に見ればしっかりと買われている銘柄もあるが、全く物色されずダラダラと下げている銘柄も少なくない。」

K「そうだな。物色対象外となってしまっている銘柄も確かに多い。それだけに、派手に上げている銘柄あるものの、なかなか上手く乗れていないという個人投資家も多そうだ。」

H「まあこの状況から、全体的に買われていく展開になっていけば良いが・・・。」

K「昨晩の米国市場の動きを見ると依然として強さが見られており、市場心理は悪くない。それだけに日本市場もまだしっかりとした展開続く期待はあるものの、為替動向が非常に気になる。」

H「今日はザラバ中にドル円が円高へと進行しており、日経平均も上げ幅縮める場面も見られていた。」

K「まあ強く売り込む動きは見られないが、更なる円高進行は海外勢の心理に悪影響を及ぼす懸念もあるからな。基本的に実需の向きは目先の為替動向によってスタンスなど変えてこないとは思うが、重石となる懸念は否めない。」

H「でも、取りあえずSQもインテル決算も通過したが、海外勢の動向に変化は見られていない。いずれも相場の流れを変えることがあるイベントだけに警戒もあったが、今のところは問題無さそうだ。」

K「そうだな。昨晩の米国市場ではアップルのジョブスCEO休養で売り込まれたが、全体への影響は殆ど見られなかった。アップル株も結局下げたとは言え、下げ縮小して引けている。まあ引け後に決算発表控えていただけに売り込みにくさも強かったとは言えるが・・。」

H「そのアップル決算は市場予測を大きく上回る好決算となった。そもそも期待はされていたが、期待以上の好決算だ。」

K「そうだな。アップルの好決算は今日の日本市場にも好影響を与えた面もあるだろう。今やインテルよりもアップルの業績の方が市場に与える影響が大きいとの見方も多いしな。」

H「実際、アップルの快進撃に恩恵を受けている日本企業も少なくないしな。」

K「日本企業だけじゃない。韓国や台湾でもアップルの恩恵を受ける企業は非常に多い。このアップルの好決算をうけ、米企業決算への期待感がより高まれば面白い。まだまだ米国では主力企業の決算発表も多いからな。」

H「ただ時間外米先物はハイテク株多いNASDAQ100先物はしっかりとなっていたが、S&P500指数先物は軟調気味となっている。今晩の米国市場果たしてアップル効果が出るのか注目だな。」

K「上海市場は今日は大幅高となっているし、世界的な株高になって行ければ良いけどな。」

H「ああ。市場心理に水を差す事が出てこなければ良いけどな。」

K「取りあえず今晩の米国市場どういう展開になるのか注目しておきたい。」

H「期待したいモンだな。」
2011.1.19先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。