(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.14【引け味は悪いが循環物色で需給状況は良好】

2011/01/14 11:20|未分類CM:0
新規失業保険申請件数が予想に反して増加とか
期待されていた治療薬の臨床試験を一時停止したメルクが大幅下落とか
決算発表を控えたインテルの手仕舞い売りとかで
アメリカは軟調

インテルの決算それほど良くないとか言われてたけど
引け後インテルが好決算で時間外で上昇
四半期ベースで過去最高とか

SQ値10470.13円で下で決まって幻のSQ値

持ち越しは銀行とか商社とか新興とかプロミスとかアークとか買い
ラウンドワン売り
Dガレージ持ち越してたのに
寄りで利確した奴
スカイマーク毎日毎日1210で通せんぼされてきたけど今日やっとこ上昇
ラウンドワンは売りを追加してトレール入れといたら
利確されちゃった

高岳とかJVCの巻き添えで一緒に売られちゃった銘柄戻してきたね

後場
いつもお馴染み週末売り
週末の引けにかけて下がるの見飽きた

Dガレージ250kで買って
投げさせられた後引けにかけて上昇
上昇についていって
利確した直後に特買いでS高
おーまーえーはーあほーかー


[株式オープニングコメント]
インテル効果で幻のSQか、ハイテク主導も内需系の出遅れセクターへ
[株式オープニングコメント]
 本日1/14の東京市場は、米インテル効果を織り込む形でのしっかりのスタートが期
待される。注目された米半導体大手インテルの決算は、市場コンセンサスを上回る内
容だった。これが好感されて時間外では、インテルのほか半導体関連株の上昇に波及
している。NY市場は雇用情勢への不安や医薬品大手メルクの大幅安の影響から下げ
ているが、インテル効果で吸収することになろう。
 また、本日はオプションSQ(特別清算指数算出日)となる。225型で1銘柄辺り2-
3万株の買い越しとの見方がされている。SQ値がその後の心理的な支持・抵抗とし
て意識されるため、インテル効果も加わった上振れ次第では、幻もありえそうであ
る。ただ、その後の上値抵抗として膠着感が強まったとしても、本日も海外勢による
バスケット買い観測が出ている状況でもあり、出遅れ修正の流れから下値の堅さは目
立つだろう。
 物色としては、インテル効果から半導体関連への資金シフトとなろうが、買い一巡
後はメガバンクなど金融関連セクターを中心とした内需系の出遅れセクター・銘柄へ
の資金シフトとみておきたい。為替市場でのやや円高傾向の流れも内需系に向かわせ
よう。
 なお、1/13のNY市場でダウ平均は23.54ドル安の11731.90、ナスダックは2.04ポ
イント安の2735.29。シカゴ日経225先物清算値は大証比5円高の10565円。ADRの日
本株はドコモ<9437>、キヤノン<7751>、ソニー<6758>、伊藤忠<8001>、オリックス
<8591>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル82.8円換算)で全般小安い。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米インテルが時間外で上昇、予想上回る見通し
・時間外でAMATなど半導体関連上昇、インテルが設備投資の増額方針
・ポルトガルに続いて、スペイン、イタリア国債入札も順調
・シカゴ225先物清算値10565円、大証比5円高
・メガバンクなど金融関連セクターへの資金流入
・信用評価損益率、8ヶ月ぶり低水準
・内需系出遅れ物色の流れ、好循環継続

弱気材料
・NYダウ反落、雇用指標の悪化を嫌気
・テクニカル面での過熱感
・ロンドンFT100指数は反落
・インド市場全面安、ITや銀行の下げ目立つ、新興国からの資金流出

留意事項
・内閣改造
・スペイン市場は入札成功を好感して銀行株が上げを主導
・米半導体SOX指数は9日ぶり反落
・ドル/円(82円75-85銭)
・NY原油先物は反落
・NY金先物は4日続伸、雇用指標とドル安を受けて
・1月オプションSQ(特別清算指数算出日)
・企業物価指数(12月、日本銀行)
・対外対内証券売買(先週分、財務省)
・発受電速報(12月速報、電気事業連合会)
・中古車販売台数(12月、日本自動車販売協会連合会)
・特定サービス産業動態(11月、経済産業省)
・「生活意識に関するアンケート調査」(第44回、日本銀行)
・印卸売物価指数(12月)
・英生産者物価指数(12月) 
・欧消費者物価指数(12月)
・欧貿易収支(11月) 
・米消費者物価指数(12月)
・米小売売上高(12月)
・米鉱工業生産指数(12月)
・米設備稼働率(12月)
・米ミシガン大学消費者信頼感指数(1月)
・米企業在庫(11月)
・米リッチモンド連銀のラッカー総裁、講演(リッチモンド)
・米ボストン連銀のローゼングレン総裁、講演(コネチカット州マシャンタケット)
・JPモルガン・チェース決算


[サポート&レジスタンス]
終値           10590
5日移動平均       10537
レジスタンス(2)    10647
レジスタンス(1)    10618
ピボット         10592
標準偏差+2σ      10573
サポート(1)      10563
サポート(2)      10537
転換線          10415
基準線          10357
25日移動平均      10339
標準偏差-2σ      10104
200日移動平均      9909
先行スパンA        9884
100日移動平均      9698
先行スパンB        9689

[ランチタイムコメント]
出遅れ修正は継続、材料株物色は終わりそうにない
 日経平均は小幅下落。30.83円安の10558.93円(出来高概算11億6000万株)で前場
の取引を終えた。注目された米半導体インテルの決算は予想を上回り、ハイテクなど
関連銘柄へはこれを好感した動きがみられた。しかし、オプションSQに絡んだ売買
が予想に反して売り越しだったこともあり、日経平均はシカゴ先物を下回り、反落で
始まった。ただ、寄り付きの10502.77円が安値となり、その後はじりじりと下げ幅を
縮めるなど、引き続きこのところ目立つ10500円処での底堅さは確認された。
 東証1部の騰落銘柄は、値上り785に対して値下り680、変わらず205と、若干ながら
値上り数が上回っている。規模別指数では大型、中型株指数はマイナスの一方、小型
株指数の強さが目立つ。セクターでは、水産・農林、小売、銀行、その他金融などが
堅調な半面、ゴム製品、パルプ・紙、食料品、鉱業がさえない。
 オプションSQは売り物となり、SQ値概算は10470.13円で決まった。インテル効
果の影響が加わって上で決まるとみていたが、それでも結果的にはサポートとして意
識されることとなり、強い幻のSQといったところである。225先物をみると、前日
の価格レンジ内での推移であり、週末要因もあって戻り高値レベルでの膠着が続きそ
うである。ただ、トヨタ<7203>が連日強含みの展開をみせるなど、コア銘柄へは海外
ファンドとみられる資金流入が続いていることをうかがわせる。膠着ながらも上を意
識したスタンスであろう。
 物色としては需給妙味の大きい銘柄や出遅れ感の強いセクターや銘柄への修正リバ
ウンドを想定。また、高岳<6621>の強い動きをみても、個人主体による材料株物色の
流れは、そう簡単には終わりそうにない。

[クロージング]
引け味は悪いが循環物色で需給状況は良好
 日経平均は下落。90.72円安の10499.04円(出来高概算24億5000万株)と、終値ベ
ースでは1月5日以来の10500円を下回った。注目された米半導体インテルの決算は予
想を上回り、ハイテクなど関連銘柄へはこれを好感した動きがみられた。しかし、オ
プションSQに絡んだ売買が予想に反して売り越しだったこともあり、日経平均は反
落して始まった。その後はじりじりと下げ幅を縮める局面もみられたが、為替市場で
はドル、ユーロともに対円で円高に振れていたほか、金融引き締め策が警戒される中
国市場の弱い動きなどもあり、次第に様子見ムードにつながっていた。
 利益確定の流れにより、東証1部の値下り数は全体の過半数を占めている。また、
規模別指数では大型、中型株指数が下げ幅を広げたほか、前場段階でプラスだった小
型株指数についても下げに転じている。セクターではFリテイ<9983>の上昇に支えら
れた小売が唯一プラスに。
 日経平均は10500円を下回り、引け味は悪い。ただ、週末要因に加えて、昨年末か
らの上昇による過熱感も意識されていたこともあり、利益確定が出やすいところだろ
う。本格化する米国の決算発表のほか、中国の主要経済指標などを来週に控えている
こともあり、一息つきたいところでもある。ただ、トヨタ<7203>が連日強い動きをみ
せるなど、海外ファンドとみられる資金流入は継続している。循環物色の流れも続い
ており、需給状況は良好である。日経平均はテクニカル面での調整が意識されるもの
の、需給妙味の大きい銘柄や出遅れ感の強いセクターや銘柄への修正リバウンドを想
定。また、個人主体による材料株物色の流れは、そう簡単には終わりそうにないだろ
う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10499.04 -90.72
TOPIX930.31 -7.43
東証2部指数2273.56 -0.48
日経ジャスダック1304.73 +1.46
マザーズ指数474.10 -0.33
東証1部売買代金1兆7867億円
東証1部出来高24.59億株
東証1部騰落レシオ134.16%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は小幅に反落。先週の新規失業保険申請件数が予測より悪かった
ことが重石に。また製薬大手メルクが有力候補だった新薬の臨床試験を中止する
と発表したことから、大幅安となっておりダウを押し下げた面もあるようだ。
ドル円が円高へと進行しており、日経平均軟調に始まる展開。SQに絡んだ寄り付
き売買が売り越しだったようで、それが寄り値を抑えた面もあるようだ。その反
動もあり寄り後は下げ幅縮小の動き。しかし買い一巡後は方向感乏しい揉み合い。
後場は上海市場の下落や円高が進行気味と言うことから日経平均下げ幅拡大。節
目の10500円も割り込み、ほぼ今日の安値で終了。SQ値は10470.13円となり一応
幻のSQ値となっている。日経先物の主な買い越し証券はクレディスイス、ニュー
エッジ、ゴールドマン、大和、カブコム、マネックス。売り越しはUBS、JPモル
ガン、ドイツ、野村、シティG、水戸、立花など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
9983ファーストリテイリング 12900円 +780
大幅上昇。同社株の上昇で日経平均を約31円押し上げている。昨日発表した決算は
売上高を下方修正したものの、利益面は据え置かれ為、警戒されたほど悪くないと
の見方多いようだ。またこの決算をうけ野村が最上位に格上げした事も買い安心感
強まった。昨日は決算開示を延期すると引け間際に発表し思惑から空売りも入って
おり、その買い戻しも入った様子。今日はSQということもあり寄り値を押さえられ
た面があり、寄り後はその反動から急騰する動きに。今日は買い戻しの面も強く、
上値を追っていくような展開にはなりにくいと見る向き多い。

8574プロミス 671円 +60
大幅上昇。今日は8572アコム、8515アイフルも大きく上昇しておりサラ金株が高い。
最近強い動き続いており、今日は上げ足早めた格好。ヘッジファンドなどが、借り
株による空売りを買い戻しているとの見方多いが、海外勢の見直し買いも入ってい
るとの声も・・・。テクニカル的な過熱感高まっているが、安易な空売りは危険だ
との声多い。まだ買い戻しの動き続く恐れもあると。来週以降の動向が注目される。

4819デジタルガレージ 274500円 +50000
ストップ高。特に新たな材料は出ていないが、昨日発表したIIJとのミニブログサー
ビス開始を引き続き材料視との見方。ただこれほど買われる材料ではなく、別の理
由があるのではと・・。基本的には短期資金中心の物色に加え、空売り多く入って
いることから踏み上げ的な相場だと。海外ファンドが買っている事から思惑も出や
すいようだ。海外勢が更に買っている可能性もあるとの見方も。また米フェースブ
ックが上場準備を行っている事から、一部ではデジタルガレージが出資している米
ツイッターの上場期待の思惑もあるようだ。

3715ドワンゴ 216800円 +21100
大幅上昇。特に材料は見当たらないが、連日デジタルガレージが大幅高となってい
ることが刺激になっているようだ。同社子会社はネット上でニコニコ動画を手掛け
ており、将来性に期待されている。共に将来性期待されるネット関連事業を手掛け
ることから連想も働きやすい様子。同社株も空売り多く入っており、逆日歩も発生
していることから、踏み上げに期待した短期資金の物色も多いようだ。

5310東洋炭素 4955円 -165
大幅安。昨日同社は中間決算を発表し、同時に通期業績の上方修正も発表。朝方は
それを好感し買い優勢で始まったものの、寄り後は売られる展開に。後場には一段
安となっている。上方修正期待はもともと強く出尽くしの動きのようだ。上方修正
も市場コンセンサスにはやや届いておらず、期待外れとの見方も・・。ただ保守的
な見通しを出す企業だけに、今期再度の上方修正期待は根強く、あくまでも一時的
な手仕舞い売りだと・・。

4680ラウンドワン 467円 -27
連日の大幅安。月次発表してから手仕舞い売り続いている状況。また今日はいちよ
しが同社株の投資判断をAからBに格下げしていることも売り要因となっている。格
下げの理由は最近までの株価の上昇によって割安感が薄れたとの理由。また今期業
績は会社計画未達の可能性も指摘しており嫌気されているようだ。下値も限定的に
なりそうだが、やはり暫く日柄調整するのは仕方ないと・・。

===============
◆◇1/17(月)の主な予定!◇◆
===============
12月消費者態度指数(14:00)
ホギメディカルなど決算発表
米国市場休場「キング牧師誕生日」
ユーログループ(非公式ユーロ圏財務相会合)
[動いた株・出来た株]

*オーイズミ<6428> 365 +31
もみ合い上放れに追随買い、踏み上げ期待の動きが中心か。

*ミヨシ油脂<4404> 146 +10
スカイツリー関連の一角として人気化。

*日本農薬<4997> 485 +29
食料価格の上昇報道を受けて、農薬需要の増加期待も。

*イワキ<8095> 223 +12
前日に業績修正、最終損益は上方修正の格好となり。

*前澤工業<6489> 241 +12
一昨日から急動意、前日の決算にはインパクトなかったが。

*インプレス<9479> 161 +8
株価水準の値頃感を妙味に、12月高値も更新で。

*クミアイ化学<4996> 301 +14
日本農薬の上昇などに連れ高する展開へ。

*コナカ<7494> 383 -20
一昨日の上ヒゲ懸念、利食い売りの対象とされる。

*ネクスト<2120> 96000 -3800
不動産株が反落となり、利食い売り圧力強まる。

*日CMK<6958> 469 -17
UBSでは電子部品数社の投資判断を引き下げ。

*SMK<6798> 472 -17
アルプスなどタッチパネル関連の一角にも利食い売り。

*日信工業<7230> 1521 -54
円高ドル安などをきっかけに利食い売り優勢の展開に。


(前場)
*ジェイコム<2462> 116700 +11700
12月の月次売上確認以降、上昇ピッチを早める展開に。

*レナウン<3606> 228 +21
前日に決算発表、第3四半期で収益は通期計画を超過。

*アコム<8572> 1431 +115
消費者金融株高続く、売り方の買い戻し主導とはみられるが。

*不二越<6474> 322 +23
三菱UFJでは「アウトP」格上げ、380円目標とする。

*岩谷産業<8088> 273 +18
燃料電池車の水素供給拠点拡大報道受けて関連銘柄として。

*フューチャー<4722> 41450 +2600
前日の後場から動意、短期資金の値幅取り商い中心か。

*チタン工業<4098> 431 +27
チタン酸リチウムを増産などと報じられており。

*ファストリ<9983> 12890 +770
前日発表の第1四半期決算は想定以上の底堅さ、野村は格上げへ。

*常磐興産<9675> 135 +8
石炭関連の一角として資金向かう流れにも。

*コープケミカル<4003> 122 +7
食料価格が騰勢を強めているといった報道なども手掛かりに。

*イー・アクセス<9427> 55000 +2800
協調融資で1650億円調達と伝わっており。

*ルック<8029> 144 +7
レナウンの株価急伸が刺激材料に。

*サカタのタネ<1377> 1206 +58
好決算、並びに自社株買いの発表などを評価で。

*ドワンゴ<3715> 205500 +9800
一昨年末の高値水準も突破と上値妙味の広がりもあり。

*日阪製作所<6247> 1199 +54
日揮の大型受注などからプラント関連として関心向かうとも。

*日本M&A<2127> 380000 +15500
前日のGCAサヴィアン急伸も刺激か。

*スクリーン<7735> 665 +26
インテルの設備投資計画がポジティブサプライズに。

*NTT都市開発<8933> 87500 +3200
空室率の低下を背景に前日から不動産株は強い動きで。

*東エレデバ<2760> 190700 +6800
引き続き、TOPIXリバランスに向けた需給期待で。

*東建不販売<3225> 321 +11
中小型の不動産株として短期資金の関心も向かう状況か。

*東京エレク<8035> 5530 +150
米インテルの設備投資計画を受けてSPE各社にはメリット寄与期待。

*ユニヘアー<8170> 979 -84
前日に第3四半期決算発表、通期最終赤字は大幅拡大見通しに。

*ダイセキ環境<1712> 71500 -4900
第3四半期累計最終損益は95%の大幅減益に。

*東洋シヤッター<5936> 415 -25
週末要因も重なって短期資金の手仕舞い売りが進む。

*島忠<8184> 1871 -107
第1四半期大幅増益も上半期比進捗率低く。

*ダイジェット工業<6138> 135 -6
前日に突然急騰も手掛かり材料乏しく資金の回転早まる。

*ダイセキ<9793> 1595 -65
昨日の決算受けて大和では格下げも検討と。

*カシオ<6952> 676 -27
特に目立った材料観測されないが、主力ハイテクの一角軟調。

*ラウンドワン<4680> 476 -18
前日にはいちよしがレーティングを格下げしている。

*コムシスHLDG<1721> 873 -32
特に材料は観測されず、利益確定の動きに押される展開か。

*東芝テック<6588> 405 -13
ユーロ高などは支援材料となるが、利食い売り優勢の展開に。

*横浜ゴム<5101> 427 -13
日興コーデでは投資判断を新規に「3」格付けへ。

*GMOペイ<3769> 222400 -6600
週末要因も利食い売り圧力を強めさせる格好へ。

*オリンパス<7733> 2425 -69
ユーロ高にも反応薄、第3四半期決算など警戒材料にも。

*ソニーFH<8729> 309000 -8500
目立った材料観測されないが、戻りの鈍さなどを嫌気か。

*コニカミノルタ<4902> 849 -23
ドイツでは目標株価を790円に引き下げ。

*JVC・ケン<6632> 381 -10
引き続き、株価急伸の反動による利益確定の動き優勢。

*電通<4324> 2633 -67
好調な月次売上を好感して前日大幅上昇となった反動。

*ケネディクス<4321> 22800 -580
不動産株反落の流れが手仕舞い売りを誘う格好にも。

*大日住薬<4506> 749 -19
メルクを中心に米国ではヘルスケアセクターがさえない。

*東洋ゴム工業<5105> 203 -5
昨日のブリヂストンの株価下落が波及の格好に。

*コナミ<9766> 1720 -42
前日にはバークレイズの目標株価引き上げも上値重く。

*みずほFG<8411> 174 +2
各国の国債入札無難に通過などで欧州財政懸念も後退へ。

*東芝<6502> 494 +8
ドイツでは「バイ」に格上げで目標株価600円に。

*長谷工<1808> 80 +2
日経平均新規採用候補の一社といった声もあり。

*高岳製<6621> 499 +13
三菱自動車の増産報道など電気自動車関連のプラス材料にも。

*プロミス<8574> 630 +19
引き続き消費者金融株にはショートカバーの動きが優勢。

*伊藤忠<8001> 918 +8
ドイツでは目標株価を1500円まで引き上げ。

*エルピーダ<6665> 1092 +22
インテルの好決算発表なども半導体関連として支援材料に。

*三井物産<8031> 1437 -14
昨日の資源価格は総じてさえない動きとなり。

*トヨタ<7203> 3580 +45
海外自動車株安も為替の円安基調を好材料視で。

*ファナック<6954> 12890 -160
前日発表された機械受注の下振れなど引き続きマイナス材料視か。

*イビデン<4062> 2840 +11
米インテルの好決算発表を受けて、関連銘柄として物色向かう。

*ダイキン<6367> 2919 -41
米グッドマン買収観測に伴う資金負担の増加懸念などで。

*寺岡製<4987> 438 +38
前日のリンテックの人気化が刺激か。

*ソディック<6143> 447 +23
工作機械受注の好調推移から関連銘柄の一角として物色。

*イノテック<9880> 655 +23
インテル関連の一角として思惑買いの動きにも。

*ダイビル<8806> 788 +42
前日の不動産株物色の流れをきっかけに上値追い姿勢強める。

*アールテック<4573> 92000 +15000
便秘治療薬の実用化に向けた第3相治験開始を発表。

*Dガレージ<4819> 247200 +22700
引き続きIIJとの新ミニブログサービス開始を材料視。

*Vコマース<2491> 32350 +1600
電子商取引における特許取得を好感。

*サイバーエージ<4751> 195800 +4700
昨年来高値更新で関心高まる。

*旭化学<7928> 655 +100
通期業績見通しを上方修正したことを受けて。

*オンキヨー<6628> 164 +8
低位株物色による短期値幅取り資金が流入。

*スターティア<3393> 2340 +152
ミニ三角もち合いを上放れ。

*日本通信<9424> 15360 +1960
10年10-12月期営業利益が初の黒字見通しとなると発表。

*ナノキャリア<4571> 47050 +7000
引き続き誘導体ミセルに関する発表を材料視。

*スカイマーク<9204> 1283 +79
一部証券会社による目標株価引き上げを材料視。

*MCJ<6670>  25500 -940
前日の大幅高による反動。

*いちごHD<2337> 11330 -660
第3四半期決算が想定線の着地だったことで材料出尽くし感台頭。

*セルシード<7776> 1011 -63
引き続き大幅高による短期的な過熱感が意識され。

1月14日(金)

H「週末の日経平均は大幅安となってしまった。まあ3桁の下落とまでは行っていないが、9983ファーストリテイリングの上昇で日経平均を31円も押し上げている事考えれば、実質的には3桁の下落とも言えるだろう。」

K「まあ、ある意味ファーストリテイリングが日経平均を支えたとも言えるかもな。昨日同社は決算開示が遅れるとの発表をしており、今日はファーストリテイリングが日経平均押し下げるのではと悪者扱いだっただが、実際は全く逆となった。」

H「そうだな。まあ決算自体も警戒されたほど悪いと言う感じでも無かったし、決定的なのは野村の格上げだな。」

K「ああ。昨日は引け間際に、開示延期の発表するモンだから空売りした短期資金や、ヘッジ売りしたホルダーも多いようだ。今日はそれらが買い戻される羽目となった。」

H「ただ、それでも日経平均これだけ下げたのは弱いと言えるかもな。」

K「そうだな。しかも今日はSQ算出日だったが、そのSQ値は幻のSQ値となった。ザラバ全く付けていない値であり、先月とは逆の下方への幻のSQ値となっている。」

H「ああ。これも意外だったと言えるかもな。SQ値は10470.13円となった。10500円割り込んでおり、寄り付きでSQ絡みの現物売りが結構出たようだ。」

K「そのようだな。その為、寄り値が抑えられた日経採用銘柄も少なくない。それだけに寄り後は反動的に上昇する銘柄目立っていた。日経平均も寄り後は下げ縮小する動きで、ある意味良いSQとなったと言える。」

H「だよな。SQ値高く決まるようだと、それが上値抵抗線となりやすいのだが、今日は逆にSQ値安く決まった。つまりSQ値が下値抵抗として意識されやすく、下支え要因になるからな。」

K「ああ。しかし引け方見ると、とても安心感は感じられない。下値での幻のSQ値になったとは言え、そのSQ値も目と鼻の先だ。週明け安く始まれば寄り付きからSQ値下回る恐れもある。そうなると、今度はSQ値が上値抵抗線に変わってしまい、一気に形勢は逆転する。」

H「今日なんて、インテル決算良かっただけに、もっとしっかりとした展開になっても不思議はないんだが・・・。」

K「ああ。それも気になる要因だ。まあドル円が随分と円高へと進行していたことが重石となったとも言えるが、後場の弱さはそれだけでもないだろう。中国市場の下落も重石となっている。」

H「確かにそれはあるだろうな。」

K「問題は中国市場の下落要因だ。幾つかあるのだが、主な理由は金融引き締め懸念だ。追加利上げも近いうちにやるのではという思惑が強まったことや、今日にも取りあえず預金準備率引き上げるのではという思惑も浮上していた。」

H「今に始まった懸念でもない。それに週末だけに手仕舞い売りも出やすいということもあるだろう。何だかんだ理由を付けて・・。」

K「もちろんそれもあるだろう。日本市場の今日の弱さも週末要因と言うこともある。ただ、どうも今日の相場は違和感を感じる。円高や中国市場の下落が、今日の弱い要因だったと言えるんだが、本当にそれだけだろうか。」

H「SQ日だし、違和感感じるのも仕方ないだろう。」

K「もちろんそうだけどな。いずれにしろ、SQやインテル決算、共に相場の流れを変えることがあるイベントだからな。今日を境に流れ変わらなければ良いのだが・・・。」

H「そうだな。実際に米国ではインテル決算を機に、手仕舞いに動く投資家も多いようだ。インテル株だけに限らずに・・・。」

K「ああ。国内では、SQを機にヘッジファンドが方向性を変えてくることも少なくない。」

H「確かに・・・。取りあえず今晩の米国市場は注目だな。インテルは好決算で時間外でもインテル株上げていたが、市場全体も上げられるかどうか・・・。」

K「そうだな。市場では今の日本市場の状況が昨年4月に良く似ていると話題になっている。昨年4月のSQも下方での幻のSQになったことや、それまで中小型株が随分と強く買われてきていて、騰落レシオも高水準続けていた。更にいえば、信用買いの評価損益率も、ほぼ同レベルだ。そう言う理由で昨年4月に似ていると・・。」

H「なるほど。確か、昨年4月はSQ以降、数日揉み合った後に調整入りとなっている。」

K「ただ、あの時は欧州財政懸念が非常に高まっていたからな。今の欧州財政懸念は依然として燻っているものの、去年ほど懸念になるとは思えない。」

H「ああ。それだけに同じような展開になるとは言えないだろう。」

K「いずれにしろ、そろそろ警戒感を抱くのも悪くはないかもな。」

H「そうだな。とにかく海外勢の動向には注視するべきだろうな。まだ海外勢の中長期資金による買いは継続しているようだが、それが衰えてくると気をつけたい。」

K「まずは今晩の米国市場どういう展開になるのか注目したい。」
2011.1.14先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。