(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.13【SQ値が抵抗になっても出遅れセクターや銘柄への物色は継続】

2011/01/13 11:17|未分類CM:0
ポルトガルの国債入札が順調
金融機関に対する投資判断の引き上げとかで
ヨーロッパ、アメリカともに上昇

日本は今日も先物に抑えられる感じでうんざり
資金は新興に
持ち越し
新興あたり来るかな
スタートトゥデイとか買ってたけどハズレ
デジタルガレージも持ってたけど
こんなもん持ってられるわけも無く
後は三井住友とか持ち越し
とりあえず寄りで利確

新興祭り
CAの上抜けとか見落とした

場中はチタニウムあたりを動き出しでつかめた

地価の回復を織り込む形?
外国人が買ってるぽく不動産上昇
昔、含み資産銘柄祭りとかあったよね

後場
新興祭り続く
MCJ持ってて張るかと思ったけど全然
S高前で売ってくるなよ

後はDガレージとかアクロディアとか
なんだよDガレージ
朝振り落とすなよ


[株式オープニングコメント]
オプションSQを控え上へのトレンドが強まる可能性も
 金融関連セクター主導での買い優勢のスタートになろう。注目されていたポルトガ
ル国債入札が、予想に比べて順調な結果になった。これを受けて欧州市場、米国市場
ともに金融株がけん引する形で上昇している。また、JPモルガン・チェースのCE
Oが増配の意向を表明しており、これが米国での金融株への見直し機運を高める一因
にもなっている。シカゴ日経225先物にさや寄せする格好から、日経平均の10600円台
回復が期待されるところである。
 寄り付き前に発表される11月の機械受注では、予測中央値は前月比2.0%増と、3ヶ
月ぶりの増加が見込まれている。2ヶ月連続で減少した後の反動が出るとみられてい
る。予想を大きく下振れしない限りは、プラスとして材料視されることが期待され
る。
 また、米インテルの決算が転換点になりやすいとの見方から警戒されているが、指
標としては米アップルに代わっている感もある。東エレク<8035>の10-12月期の連結
受注高が7四半期ぶりに減少していることで、弱い決算への見方にもつながりそうで
ある。インパクトは限られる可能性もあるため、失望で売られるような局面では、押
し目買いの好機になることも意識しておきたい。
 そのほか、オプションSQを明日1/14に控え、現在の建て玉などからは買い越しが
予想されている。物色の裾野が広がりをみせているほか、日経平均の10500円台での
底堅さも目立つなか、上へのトレンドが強まる可能性もありそうだ。オプション権利
行使価格の10500円と10750円との中心値である10625円に接近するような局面がみら
れるようだと、ヘッジ対応に伴う要因も加わって10625-10750円へのレンジに向かい
やすくなりそうだ。
 なお、1/12のNY市場でダウ平均は83.56ドル高の11755.44、ナスダックは20.50ポ
イント高の2737.33。シカゴ日経225先物清算値は大証比75円高の10595円。ADRの
日本株はキヤノン<7751>、ソニー<6758>、三井物産<8031>、三井住友<8316>、京セラ
<6971>、オリックス<8591>など、対東証比較(1ドル82.99円換算)で全般堅調。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ続伸、欧州不安和らぎ、約2年5ヶ月ぶりの高値
・シカゴ225先物清算値10595円、大証比75円高
・ポルトガル入札は予想に比べ順調な結果
・米ベージュブック、米景気の緩やかな拡大を指摘
・ロンドンFT100指数は続伸、銀行・保険株が上昇をけん引
・JPモルガンCEOが増配意向
・米半導体SOX指数、8日続伸
・昨年来高値更新138銘柄、8ヵ月半ぶり高水準
・街角景気2ヶ月連続で改善
・産業機械受注、3ヶ月ぶり増

弱気材料
・テーマ株の一角に利食い強まる、目先調整意識も
・欧州財政問題
・テクニカル面での過熱感
・民主党内部混乱
・東エレク、7四半期ぶり受注減

留意事項
・ドル/円(82円95-83円05銭)
・NY原油先物は続伸、在庫の大幅取り崩しやドル安進行を受け
・NY金先物は3日続伸、対ユーロでのドル安を受けて
・機械受注(11月、内閣府)
・工作機械受注(12月速報、日本工作機械工業会)
・豪失業率(12月)
・英鉱工業生産指数(11月)
・英中銀(BOE)政策金利(1月)
・欧中銀(ECB)政策金利(1月)
・加貿易収支(11月)
・米新規失業保険申請件数(先週)
・米生産者物価指数(12月)
・米貿易収支(11月)
・人民元、上昇再加速


[サポート&レジスタンス]
終値           10513
5日移動平均       10495
レジスタンス(2)    10604
レジスタンス(1)    10559
標準偏差+2σ      10541
ピボット         10531
サポート(1)      10485
サポート(2)      10457
転換線          10393
基準線          10335
25日移動平均      10322
標準偏差-2σ      10103
200日移動平均      9910
先行スパンA        9851
100日移動平均      9684
先行スパンB        9656

[ランチタイムコメント]
指数は10625円突破を見極め、材料系の循環物色は継続
 日経平均は上昇。67.78円高の10580.58円(出来高概算10億9000万株)で前場の取
引を終えた。ポルトガル国債入札の結果を受けた欧州、米国金融株の上昇の流れを引
き継ぎ、金融関連セクター主導で日経平均は戻り高値を更新した。ただ、寄り付き直
後につけた10620.57円が高値となり、その後はこれまで同様、狭いレンジでの膠着が
続いている。とはいえ、11月の機械受注が予想に反してマイナスとなった影響は限ら
れたほか、海外勢によるバスケット買い観測なども出ており、先高期待の強い相場展
開だった。
 東証1部の騰落銘柄は値上り986に対して値下り482、変わらず197と、値上り数は全
体の6割近くを占めている。セクターでは不動産、鉱業、銀行、証券、その他金融な
どが強い一方、ゴム製品、鉄鋼、情報・通信、機械がさえない。規模別指数では大
型、中型、小型株指数ともに上昇しているが、大型株指数が優勢に。
 日経平均は10620.57円、225先物は10620円までの上昇だった。明日のオプションS
Qを控え、ちょうど権利行使価格の10500円と10750円との中心値(10625円)で抑え
られた格好である。このレンジを捉えてくるようだと、ヘッジに伴う売買によって
10625-10750円へのレンジが意識されてくるが、突破を見極めるまでは10500-10625円
のレンジといったところであろう。
 また、材料株については昨日辺りから利食いの流れが目立ち始めているが、需給妙
味の大きい銘柄などは踏み上げに近い動きをみせている。短期的な調整が予想された
高岳<6621>などの強さも目立つ。個人の需給状況は依然として良好とみられる。資金
回転の速さから値動きは荒くなる局面も想定されるが、乱高下するほど需給は悪化し
ないとみられる。

[クロージング]
SQ値が抵抗になっても出遅れセクターや銘柄への物色は継続
 日経平均は上昇。76.96円高の10589.76円(出来高概算22億6000万株)で取引を終
えた。欧州財政不安が和らいだことによる欧州、米国金融株の上昇の流れを引き継
ぎ、金融関連セクター主導で日経平均は戻り高値を更新した。ただ、寄り付き直後に
つけた10620.57円が高値となり、その後はこれまで同様、狭いレンジでの膠着が続い
た。とはいえ、11月の機械受注が予想に反してマイナスとなった影響は限られたほ
か、米インテルの決算やオプションSQを控えていることからみれば、先高期待の強
い相場展開だった。
 インテルの決算については、米国の時間外で日本の寄り前には伝えられるため、時
間外の動向などに振らされることになりそうだ。ただ、決算が転換点になりやすいと
の見方から警戒されているが、指標としては米アップルに代わっている感もある。弱
い決算との見方もあって、マイナスの影響は織り込まれているとも考えられる。失望
で売られるような局面では、押し目買いの好機になることも意識しておきたい。
 また、オプションSQが心理的な支持・抵抗になることも考えられる。抵抗となる
ようだと、週末要因による様子見ムードを強める一因になりそうだ。ただ、現在の需
給状況からみれば嫌気売りから調整相場へ移行するとは考えづらい。先行していたセ
クターや銘柄には利益確定が出やすいだろうが、より出遅れているセクターや銘柄へ
の物色は続こう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10589.76 +76.96
TOPIX937.74 +8.10
東証2部指数2274.04 +5.22
日経ジャスダック1303.27 +4.01
マザーズ指数474.43 +16.09
東証1部売買代金1兆5226億円
東証1部出来高22.61億株
東証1部騰落レシオ143.71%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はダウナスダック共に昨年来高値を更新。ポルトガル国債の入札
が順調だったことから欧州財政懸念が後退。米国市場でも金融株中心に買われ堅
調な展開。為替はユーロ円が大きく円安へと進行し返ってきており、日経平均堅
調に始まる。10600円台に乗せる場面も見せたが、その後は上値追う動きは見ら
れず手仕舞い売りに押される動き。ただ下値も限定的で方向感乏しい揉み合いが
続いた。後場も方向感乏しい揉み合いが大引けまで続いた。日経先物の主な買い
越し証券は、ニューエッジ、ドイツ、大和、楽天、光世、カブコム、SBI。売り
越しは、ゴールドマン、JPモルガン、野村、クレディスイス、三菱UFJMS、みず
ほ、シティG、モルガンSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4751サイバーA 191100円 +9100
大幅上昇で昨年3/25につけた昨年来高値を更新。特に新たな材料は出ていないが、
先月中旬以降揉み合い続けており、調整十分との見方強く循環物色的に同社株に
短期資金集まってきたようだ。一部では海外勢の買いが入ってきているとの見方
も・・・。2006年ぶりの高値水準まで上げてきたことから、取りあえず節目の20
万円目指す動きになりそうだと期待する市場筋多いようだ。マザーズ市場の主力
株だけに、今日はマザーズ市場が総じて堅調となっている。

4819デジタルガレージ 224500円 +16800
大幅上昇。今朝の日経新聞では3774IIJとミニブログサービスを始めると報じられ
ている。大した材料でもなく朝方は売られる場面もあったものの、売り一巡後は
材料視され後場には個人投資家や短期資金も更に集まり一段高に。IIJ株も大幅高
となっている。また7日に提出された大量保有報告書では、スコットランドの投資
ファンドがデジタルガレージ株を5.24%取得していることが判明しており、その
思惑買いも継続している模様。ここまで来れば、昨年4月に付けた昨年来高値が意
識されそうだと。

4680ラウンドワン 494円 -27
大幅安。昨日同社は12月の月次動向を発表。既存店売上高は前年比+3.3%となり
好調は継続。ただ前回月次発表からも結構上げてきたこともあり、今回の月次へ
の期待も結構あった様子。発表された月次は好調ながらも期待されていたほどで
は無いとの見方も多いようで、今日は手仕舞い売り優勢となったようだ。なお依
然として会社計画を下回っている状況だと言うことも重石となっている様子。明
日以降、調整色強めていくと警戒する声もあるようで動向が注目される。

9983ファーストリテイリング 12120円 -150
大引け前に本日15時過ぎに開示予定だった決算を一旦延期と発表。決算数字の最
終確認に手間取っているとの理由であり、本日中には開示すると・・・。ただ主
力企業では異例の事と言えるだけに、色々な思惑が強まり株価は派手に売り込ま
れる動きに。もともと決算はかなり厳しい数字になるとの見方あったことから、
尚更警戒感高まったようだ。15:45に決算開示しているが、内容は売上高を下方
修正しているが、利益面は据え置いている。明日の同社株の動向が注目される。

4098チタン工 404円 +4
14時半にリチウムイオン2次電池部材製造設備を増設すると発表。これを好感し
急騰する場面もあったが、買い一巡後は上げ縮小している。好材料だが、既に随
分と買われており高値圏と言うこともあり、改めて買い上がる向きは乏しい模様。
この発表をまだ知らない向きも多いようで明日改めて好感されると言うこともあ
るのではと見る向きも。

5726大阪チタニウム 4220円 +315
大幅上昇。昨日、欧州航空機大手エアバスが、インドの格安航空会社から、中型
旅客機を180機受注したと発表。1社からの受注では過去最大の受注になると・・。
昨日昼前から、色々なメディアで報じられていたが、昨日は全く材料視はされて
いなかった。ただ昨晩の米国市場で、このエアバスの材料を理由に同業の米チタ
ニウムメタルズが大幅高したことが刺激になったようだ。今日は5727東邦チタニ
ウムも一緒に大幅高となっている。

===============
◆◇1/14(金)の主な予定!◇◆
===============
オプションSQ
12月企業物価(8:50)
ユニオンツール、松竹、東京スタイル、関門海、イワキ、アルテック、リンクワン、
プライムワークス、アクロディア、ウエストHD、コネクト、テークス、シンワアート、
オプトエレクトロ、T&CHD、ケイブ、ファンクリ、プロパストなど決算発表
米12月消費者物価(22:30)
米12月小売売上高(22:30)
米12月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:55)
JPモルガンなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*アルテック<9972> 358 +25
前日から動意づく、値動きの軽さ妙味に短期資金の関心続く。

*フューチャー<4722> 38850 +2500
12月高値更新で買戻しの動きが先行へ。

*IIJ<3774> 255300 +16200
デジタルガレージとクラウド分野で事業提携と。

*プロミス<8574> 611 +38
26週移動平均線突破などテクニカル妙味もはやされる。

*レオン自動機<6272> 216 +12
PBR水準割安な低位材料株として循環物色の動き。

*サンフ不動産<8934> 13290 -620
短期的な過熱感から、前日より利食い売りが優勢に。

*有沢製<5208> 501 -15
特に材料は観測されない、上昇トレンドレンジ範囲内の動き。

*合同製鐵<5410> 191 -5
前日は高値圏で上ヒゲ残し、信用買い残整理売りの圧力も。



(前場)
*ダイジェット<6138> 149 +35
低位材料株循環物色の動き、直近ではOSGが好決算を発表。

*東建不販売<3225> 318 +47
東京建物など含めて不動産株の上昇が刺激に。

*日精樹脂<6293> 322 +39
0.3倍台というPBR水準の割安感から循環物色向かう。

*日本山村硝子<5210> 256 +28
株式新聞が注目銘柄に取り上げている。

*東天紅<8181> 160 +17
特に材料なし、仕手性の強さなど背景に仕掛け的な動きへ。

*石塚硝子<5204> 181 +13
PBR水準割安な低位材料株として短期資金の矛先向かう。

*前澤工業<6489> 233 +16
前日の後場から急伸、思惑主導で上値追い継続の格好に。

*ニチハ<7943> 749 +43
9月高値更新以降は関心が高まる状況で。

*ダイニック<3551> 180 +9
値頃感の強さや値動きの軽さを背景に短期資金の関心強まり。

*富士エレク<9883> 1459 +71
足元の好決算発表を評価する動きが強まり。

*中央三井トラスト<8309> 354 +17
新会社の配当性向を30%にしたいとの社長インタビューが伝わる。

*大阪チタ<5726> 4095 +190
エアバスの大量受注などが買い材料視される格好か。

*住友信託銀行<8403> 534 +24
統合会社社長のインタビュー報道伝わり、中央三井同様に上昇へ。

*河合楽器<7952> 203 +9
値動きの軽さや材料性をはやして短期資金の押し目買い。

*東急リバブル<8879> 1044 +46
不動産株高の流れに乗る格好、個別の材料は観測されない。

*東邦チタ<5727> 2078 +91
大チタと同様にチタン需要の回復期待高まる状況へ。

*リンテック<7966> 2290 +98
光学フィルム膜の増産報道が伝わっている。

*東エレデバイス<2760> 183500 +7500
引き続き、月末のTOPIXリバランスを先取りの動き。

*東急不動産<8815> 446 +17
不動産株高の流れのなか値頃感が妙味にも。

*アコム<8572> 1241 +47
武富士のスポンサーに多くが手を挙げたことを引き続き材料視。

*NTT都市開発<8933> 84600 +3100
大手不動産の一角として不動産株一斉高の流れに乗る。

*東京都民銀行<8339> 1299 +47
銀行株が強い動きのなか、自社株買い実施など需給妙味もあり。

*東光<6801> 205 +7
前日急落の反動で自律反発狙い、テーマ物色改めて強まる。

*電通<4324> 2660 +89
12月売上高は6.3%増と引き続き計画上回る伸びが続く。

*三菱地所<8802> 1612 +54
不動産株高の流れに乗るほか、北新宿の再開発事業概要も発表で。

*タカタ<7312> 2663 +89
野村では「1」に格上げ、3350円目標としている。

*クレセゾン<8253> 1505 +50
消費者金融株高の流れにも乗る格好へ。

*東京建物<8804> 408 +13
不動産株高の流れに乗り、買い戻しも優勢となる状況に。

*高岳製<6621> 488 +15
トヨタの次世代電池量産報道などが反発の刺激材料にも。

*ニッパツ<5991> 952 +29
バークレイズでは買い推奨を継続、電気自動車関連としても。

*大倉工業<4221> 303 -16
前日に突飛高となった反動安で。

*文化シヤッター<5930> 231 -12
東洋シヤッターに連れ高で直近強い動きが目立った。

*GMOペイメント<3769> 231300 -9400
前日は上げ目立ったが上ヒゲも残す格好で。

*コナカ<7494> 400 -16
昨日は長い上ヒゲ残し短期的な達成感にも。

*PGMHLDG<2466> 52500 -1800
アコーディアGの株安に連れ安する状況か。

*ブリヂストン<5108> 1618 -54
野村では投資判断を「1」から「2」格下げ。

*コスモス薬品<3349> 3140 -95
上半期の好決算を発表しているが、想定線として出尽くし感が先行へ。

*ラウンドワン<4680> 506 -15
月次はプラス転換もインパクトは強まらずで。

*小森コーポ<6349> 960 -26
1000円大台レベルでは戻り売り圧力も強まる状況で。

*トプコン<7732> 488 -13
上値の重さ意識でもみ合い下振れ懸念なども台頭へ。

*JVCケンウッド<6632> 382 -10
増資発表後の急騰に対する過熱警戒感強く。

*不二家<2211> 162 -4
前日は長い上ヒゲ残して伸び悩み上値の重さ意識へ。

*日本基礎技術<1914> 244 -6
直近で急騰した反動安が継続。

*エディオン<2730> 737 -18
ヤマダ電機の月次の落ち込みなども警戒視か。

*電産サンキョー<7757> 711 -16
天井到達感も広がって利益確定の動きが続く格好に。

*巴川製紙所<3878> 269 -6
足元まで上昇が目立っていた材料株として利食い売り。

*みずほFG<8411> 171 +3
世界的な金融株高の流れを受けて一段高の展開に。

*野村HLDG<8604> 546 +11
株式市場の先高期待を反映する動き。

*大京<8840> 174 +3
前日からの不動産株高の流れに連れ高へ。

*日本板硝子<5202> 234 +6
対ユーロでの円安反転が見直し材料につながる。

*富士通<6702> 547 -4
UBSでは投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げ。

*丸紅<8002> 627 +14
GSでは目標株価を引き上げ、商社内でのトップピックに。

*伊藤忠商事<8001> 904 +20
GSでは目標株価を880円から950円に引き上げ。

*トヨタ<7203> 3530 +30
環境車向け次世代リチウム電池を量産と報じられる。

*キヤノン<7751> 4215 +60
為替の円安反転などを見直し材料に。

*信越化学<4063> 4825 +135
米国株高支援に、ハイテクセクター内での出遅れ修正へ。

*国際帝石<1605> 493000 +10500
原油市況など資源価格の上昇を好材料視。

*ファナック<6954> 13000 +80
機械受注下振れも、JPモルガンでは目標株価を引き上げで。

*KDDI<9433> 485500 -8500
みずほではややネガティブなレポートもリリースで前日の反動。

*オーベクス<3583> 151 +12
5月高値突破により前日から上昇ピッチに弾みがつく。

*村田製<6981> 6060 +50
GSやJPMで目標株価を引き上げの動き。

*堺化学<4078> 461 +12
前日にはコスモが投資判断を新規に「A」とする。

*Jトラスト<8508> 383 +16
武富士スポンサー候補の一社と伝わっており。

*フルスピード<2159> 52600 +7000
引き続き新マーケティング支援サービスの開始が材料視され。

*Dガレージ<4819> 215700 +8000
IIJとの新ミニブログサービス開始を材料視。

*ACCESS<4813> 121200 +6600
マザーズの主力ネット関連銘柄が物色され。

*イナリサーチ<2176> 51000 +7050
不整脈を確認する治験の受託事業参入が報じられ。

*メデカJ<9707> 68 +5
通期業績見通しを上方修正したことを受けて買いが殺到。

*ジャストシステム<4686> 322 +27
MSの半額程度のオフィス総合ソフトを夏に投入と発表。

*1stHD<3644> 530 +16
10年3-11月期決算が好調と報じられ。

*MCJ<6670>  26170 +3670
昨日の大幅安を受けて短期的な過熱感も後退。

*日本ベリサイン<3722> 39000 +1700
NTTレゾナントと企業サイトの安全性を認定するサービス開始が報じられ。

*シナジーM<3859> 6330 -300
引き続き、短期的な過熱感が高まっていることで利益確定売りが優勢に。

*日本通信<9424> 13750 -200
昨日の大幅上昇を受けて利益確定売りに押される。
1月13日(木)

H「日経平均はしっかりと続伸した。今日は小幅とは言わせない。」

K「確かに小幅でもないが、ザラバ中の動きは相変わらず小幅にとどまっている。SQ前日だけに、今日などはもうちょっと動いても良さそうなモンだが・・・。」

H「まあ、この水準であれば、上手い具合に売り買い交錯したという感じじゃないのか。10500円からも大きく乖離している訳でもないし・・。」

K「今日の大人しい動きからも明日のSQは波乱にはならないとの見方が多い。つまり明日の寄りで強引にSQ値作ってくる向きは乏しいと言うことだ。」

H「先月のSQは波乱になったからな。強引にSQ値を高くしてしまい、今年に入るまで幻のSQ値だった。」

K「ああ。SQ以降、SQ値が意識され上値の重い展開が余儀なくされた。まあ、それでも売られていくわけでもなく、底堅い推移だっただけに問題は無かったが・・・。」

H「いずれにしろ明日のSQは注目だな。」

K「ああ。SQ値を上回って引けるか、下回って引けるかでも心理的に変わってくるからな。日経平均もTOPIXも高値圏だけに、明日のSQ値は高く決まらない方が本当は良い。」

H「高く決まるとそれが上値抵抗になりやすいと言うことだろ。」

K「ああ。逆に安く決まって、それが下値抵抗線となる方が、良いと言える。来週以降の事を考えればな・・。」

H「そうだな。ただ何だかんだ言って海外勢の実需買いが主力株に継続的に入っている事から、それほど心配も無いんじゃないのか。例えSQ値高くなったとしても・・・。」

K「それを更に超えて上げていけると・・・。」

H「ああ。」

K「まあそうなればベストだが、SQを境に投機資金のスタンスが変わることも多々あるからな。もちろん実需の買いが継続すれば下支えにはなると言えるが、投機資金のスタンス次第では上値は抑えられる恐れはあるだろう。」

H「まあSQも重要だが、今晩の米国市場ではインテル決算を控えている。取りあえず欧州財政懸念は収まったようだが、インテル決算次第では海外勢の動向にも変化が出てくる可能性はあるからな。」

K「そうだな。まあ、インテルもそうだが、これから米国では主力企業の決算発表が続々と出されてくる。基本的に好決算発表する企業が多いと思われるだけに、素直に好感されるかどうかが注目だ。」

H「再来週には日本企業の決算発表も本格的に始まってくる。その期待もあるだけに、やはりまだまだ強い相場展開続くんじゃないのか。新興企業はともかく主力企業には好決算期待されている銘柄も多いからな。」

K「そうだな。主力企業だけでなく、東証1部の製造業などは好決算が期待される。ただ、それだけに事前に期待感高まるだろうし、株価も事前に上昇してくれば、発表後は出尽くしになりやすい。」

H「今日は新興市場が随分と強さを見せていた。特にマザーズ市場が総じて高く、マザーズ指数は去年5月以来の高値水準まで上昇した。昨年来高値も意識される水準まで来たと言える。」

K「そうだな。新興市場にも海外勢の買いは銘柄によっては入っているようだし、個人投資家も買い意欲も旺盛だからな。このまま高値更新となっても不思議はないだろう。」

H「新興市場は良くオーバーシュートする市場だけに、勢い付くと想定以上に上げていったりする。まあ逆に下げる時もオーバーシュートしやすく、想定以上に下げていくと言うこともあるんだが・・・。」

K「今は上昇基調だけに、上にオーバーシュートしやすく、もうはまだなり的な相場になるかもな。」

H「いずれにしろ、高値警戒感もマヒしてきてイケイケ相場になってくると要注意だろう。」

K「まだ、そう言う状況にはないからな。ただ決算発表シーズンにはやはり注意したい。新興銘柄は2月に決算発表予定しているところが多いが、決算発表で投資家の目が覚めると言うこともあるからな。」

H「今晩はスペイン、イタリア国債の入札だな。まあ昨日のポルトガル国債の入札が順調だっただけに、問題は無さそうだけどな。市場心理も悪くないし。」

K「そうだな。それよりもやはり米国のインテル決算だろう。良い結果となれば良いけどな。」

H「ああ。期待したいモンだ。」
2011.1.13先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。