(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.12【資金回転を速めにした循環物色を心掛けたいところ】

2011/01/12 11:30|未分類CM:0
金先物や原油先物が上昇
アメリカは決算シーズンで決算次第みたいな

日本は昨日弱かった
内需系が今日は強い
循環物色か

持ち越しは三井住友とか第一生命とか東芝とか買い
三井住友持ち越しなのに寄りで利確
その後3000円回復
また欧州から買いが入ってるのかな

チタン工とかも持ってたけど
トレールで利確
アホ!って思ったけどその後しばらくして倉元みたいに下げていった
ここって倉元連動なのか?

JVC崩れて倉元も危なそうってことでノータッチ
大型にお金が流れてるのかな

後場
はいはいSQ前の水曜日
うんこうんこ

何かJVCと関係ない銘柄まで下げてたけど
高岳とか全然関係ないし
とりあえず個別銘柄は一旦売っとけみたいになったのかな


[株式オープニングコメント]
日経平均は高止まりを想定も出遅れ物色に広がり
 米国や欧州など海外株高を背景に、日経平均は戻り高値を更新してくる可能性があ
る。ドル・円相場は1ドル83円台で推移していることもあり、昨日弱含みで推移して
いたハイテクなど指数インパクトの大きい銘柄の反発が日経平均をけん引することに
なろう。また、決算や業績観測報道が次第に増えてきているが、コンセンサスを上回
る内容が続いており、今後本格化する決算発表に向けての期待感も膨らみそうであ
る。
 日経平均はテクニカル面での過熱感が台頭してきているため、買い先行で始まった
後は膠着感が強まりやすいだろう。ボリンジャーバンドのプラス2σでの推移が続い
ており、これを上放れる局面では一気に達成感につながる可能性もある。欧州の財政
不安がくすぶっていることや、週末に控えているオプションSQを前に動きづらい面
もある。そのため、ハイテクなど輸出関連や資源系セクター主導の上昇となろうが、
次第に個別材料株やテーマ銘柄にシフトしやすい環境である。日経平均は高止まりと
なろうが、好循環の物色が続いているほか相対的な出遅れ物色が広がりをみせている
こともあり、相場全体の先高期待は後退しないであろう。
 なお、1/11のNY市場でダウ平均は34.43ドル高の11671.88、ナスダックは9.03ポ
イント高の2716.83。シカゴ日経225先物清算値は大証比45円高の10555円。ADRの
日本株はトヨタ<7203>、キヤノン<7751>、三菱商<8058>、デンソー<6902>、京セラ
<6971>、三井住友<8316>、オリックス<8591>、TDK<6762>など、対東証比較(1ド
ル83.22円換算)で全般堅調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ4営業日ぶり反発、ヒューレット・パッカード買われる
・シカゴ225先物清算値10555円、大証比45円高
・ロンドンFT100指数は4営業日ぶり上昇、銀行株が買われる
・ナスダック続伸、2007年12月以来の高値
・米半導体SOX指数、7日続伸
・株、個人のテーマ物色が活発
・売買代金、年初以降1兆円超え続き需給状況は良好
・ミネアポリス連銀総裁、2011年経済成長は加速する可能性
・米小売各社、予想上回る決算相次ぐ

弱気材料
・ポルトガル財政不安
・米半導体大手AMDが大幅下落、CEO辞任で不透明感
・テクニカル面での過熱感
・バルチック海運指数の下落基調

留意事項
・ドル/円(83円20-30銭)
・NY原油先物は続伸、アラスカのパイプライン停止影響
・NY金先物は続伸、欧州財政不安で実物資産へ
・小沢氏、聴取要請への回答を保留
・仙谷官房長官交代へ最終調整、後任に岡田氏ら浮上
・オリックス、月内にも社債600億円
・国際収支(11月、財務省)
・貸出・資金吸収動向(12月、日本銀行)
・マネーストック(12月、日本銀行)
・営業毎旬報告(10日現在、日本銀行)
・トヨタ自動車、「レクサスCT200h」発表(東京国際フォーラム)
・景気ウォッチャー調査(街角景気12月、内閣府)
・印・鉱工業生産指数(11月)
・英・貿易収支(11月)
・欧・鉱工業生産指数(11月)
・米・MBA住宅ローン申請指数(先週)
・米・地区連銀経済報告(ベージュブック)
・米・財政収支(12月)
・米・ダラス連銀のフィッシャー総裁、講演
・欧・EUの欧州委、加盟国の財政評価の基礎となる成長率調査の結果を初めて公表
・欧・欧州連合欧州委員会のバローゾ委員長やレーン委員ら、会議で講演
・英・イングランド銀行、金融政策委員会(MPC)(13日まで)


[サポート&レジスタンス]
終値           10511
5日移動平均       10472
レジスタンス(2)    10571
レジスタンス(1)    10541
標準偏差+2σ      10521
ピボット         10508
サポート(1)      10479
サポート(2)      10446
転換線          10380
25日移動平均      10309
基準線          10235
標準偏差-2σ      10096
200日移動平均      9911
先行スパンA        9810
100日移動平均      9671
先行スパンB        9641

[ランチタイムコメント]
出遅れセクターや銘柄への機敏なシフトが必要
 日経平均は上昇。52.65円高の10563.33円(出来高概算12億7000万株)と、戻り高
値を更新して前場の取引を終えている。欧州財政不安の後退を背景とした海外株高の
流れを引き継ぎ、コア銘柄主導の上昇となった。これにより日経平均は寄り付き段階
で戻り高値を更新した。しかし、日中の値幅が20円程度にとどまるなど、引き続き膠
着感の強い展開が続いている。また、メガバンクなど金融関連セクターや輸出関連、
資源系の上昇が目立つが、一方で材料系の銘柄については前場半ば辺りから次第に利
食いの動きが強まってきている。東証1部の騰落銘柄は値上り1041に対して値下り
454、変わらず172と、値上り数が全体の6割を占めている。
 日経平均は戻り高値を更新したが、その後はこれまで同様のこう着。コア銘柄には
海外ファンドによる買いが観測されており、これが日経平均をけん引している状態で
ある。ただ、値上り数は1000を超えているものの、個人の資金流入が強まっていた材
料系の一角には次第に利益確定の動きが強まってきている。比較的流動性の高い銘柄
等は問題はないが、新興市場の中小型株については資金の流れが一方向に傾きやすい
ため、一気に需給が悪化するリスクはある。連日の急騰からは当然の一服の範囲内で
あるが、地合いは明らかに日経平均が反落だった昨日よりは悪いだろう。
 ただ、欧州不安が後退したとはいえ、ポルトガルの国債入札を見極めたいほか、米
インテルの決算、オプションSQを控えていることからみれば、当然の膠着である。
先行していた銘柄についても過熱感が台頭していた。出遅れ感の強い銘柄や需給妙味
の大きい銘柄への循環は続くとみておきたい。また、第一生命<8750>の株価が売り出
し価格の14万円を回復した。株式市場に資金が流入しやすくなり、これが中小型株な
どへの資金シフトにつながる好循環にもつながろう。出遅れセクターや銘柄への機敏
なシフトが必要である。

[クロージング]
資金回転を速めにした循環物色を心掛けたいところ
 日経平均は小反発。2.12円高の10512.80円(出来高概算25億1000万株)で取引を終
えた。戻り高値レベルでの膠着が続くなか、利食いの流れから後場に入り下げに転じ
る局面もあったが、10500円を割り込まずに底堅さが目立った。前場半ば辺りから先
行していた材料株などに利益確定の動きが強まったほか、欧州不安が後退したとはい
えポルトガルの国債入札への見極め、米インテルの決算、週末にオプションSQを控
えていることからみれば、当然の膠着であろう。
 東証1部の値上り数が前場の1000銘柄を上回る状況から、大引けでは600銘柄弱に減
っていた。規模別指数では小型株指数の弱さが目立っていた。ただ、これについても
前場半ば辺りから兆候がみられており、利益確定を強めた結果であろう。中小型株の
一角には急速に値を下げた銘柄も散見されるが、基本的には資金回転が利いていると
みられる。
 セクターではメガバンクなど金融関連に加え、後場からは不動産の強い値動きが目
立った。先高期待の強い相場展開が続くとみられるが、ここ日経平均の10500円辺り
での膠着を見る限り、資金回転を速めにした循環物色を心掛けたいところ。
 なお、短期的には過熱を冷ます意味合いでの調整が望まれるが、価格調整というよ
りも、日柄調整との見方。米インテルの決算が転換点になりやすいとの見方から警戒
されているが、指標としては米アップルに代わっている感もある。インパクトは限ら
れる可能性もあるため、失望で売られるような局面では、押し目買いの好機になるこ
とも意識しておきたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10512.80 +2.12
TOPIX929.64 +2.70
東証2部指数2268.82 +2.58
日経ジャスダック1299.26 +3.90
マザーズ指数458.34 -0.92
東証1部売買代金1兆5492億円
東証1部出来高25.10億株
東証1部騰落レシオ141.42%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は日本がEU債購入意向を示したことなどから欧州財政懸念がやや
後退し、しっかりの展開。また原油先物相場の上昇からエネルギー株が買われ相場
を支えた。ただ上値は重くプラス圏での方向感乏しい揉み合いだった。為替は欧州
懸念後退からユーロ買い戻され、円安に振れており、日経平均は堅調に始まる。寄
り後は方向感乏しい揉み合いだったが、後場に入ると上値の重さを嫌気した売りも
出て、日経平均上げ幅縮小。一時マイナスとなる場面も見られたが、結局小幅高で
引けている。日経先物の主な買い越し証券は、みずほ、松井、BNPパリバ、大和、
ニューエッジ、ゴールドマン、メリル、UBS。売り越しはJPモルガン、クレディス
イス、ABNアムロ、モルガンS、SBI、岡三、水戸、野村など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6632JVCケンウッド 392円 -80
ストップ安。公募増資発表をうけ、アク抜けから派手に上昇してきたが、ようやく
買い戻し終わったようだ。それにより反動安となっている。18日にも公募価格が決
定するだけに、それまでは実需の買いも入らないと見る向き多い。狙うならば18日
か19日、もしくは公募株が市場に出てくる日の買いだと・・・。

2159フルスピード 45600円 +7000
ストップ高。昨日同社はTwitter、Facebook、Ustreamなどのソーシャルメディアや
多数のポータルサイトを活用したマーケティングPR支援サービスを開始すると発表。
これを好感し買われたようだ。物色難から短期資金も集まってきたようでありスト
ップ高まで。基本的に物色続く材料ではないものの、個人投資家の買い意欲は旺盛
だけに、取りあえず昨年4月につけた昨年来高値辺りまでは行きそうだと見る向き
多い。

3843フリービット 459500円 +50000
大幅上昇。前場後半まで軟調推移だったものの、傘下のフルスピードがストップ高
まで買われたことを機に、短期資金がここにも集まってきたようだ。プラスに転じ
ると、フルスピード関係なく、単独で物色されていく動きに。後場には更に個人投
資家の買い集めて大幅上昇。先週は好材料出て派手に上昇していたが、過熱感強く、
高値警戒感も強まっていた。今日の上昇で更に過熱感強まっており、危険な状況に
なっていると・・・。

6621高岳製作所 473円 -37
大幅安。特に悪材料は出ていないが、最近はEV急速充電器関連株として、強い相場
続けてきただけに過熱感も高まっていた状況。それだけに買いにくさも強まってお
り、今日は手仕舞い売り優勢となったようだ。今日は他にも6507シンフォニアや、
スマートフォン関連株として派手に物色された6801東光などに大きく下げている銘
柄目立っている。今日の大きな下落から、暫く調整色強めそうだが、いずれまた派
手に物色される時は来ると見る向きは多い。

6915千代田インテグレ 1332円 +103
大幅上昇。昨日同社は第1四半期決算を発表。大幅な増収増益となっており中間期
への進捗率も高く好決算。中間、通期見通しは据え置いているものの上方修正期待
高いとの見方多い。1Q時点の連結1株当たり純資産は1666.46円であり、連結PBRは1
倍を大きく下回っている状況。それだけに見直し買いのきっかけになった面もある
ようだ。

6255エヌピーシー 1752円 +71
昨日同社は第1四半期決算を発表。赤字決算となっているが、想定通りとの見方多く
嫌気する動きは見られない。逆に1Q赤字を想定し警戒されていたこともあり、決算
通過でアク抜け感強まっているようだ。また一緒に発表した受注額が高水準であり、
計画以上になっていると・・。それを好感する買いも入ってきた模様。昨年からの
新興市場の好地合でも、同社株は買われていなかっただけに、決算を機に出遅れ的
に買われていくのではと期待する市場筋もいるようだ。

===============
◆◇1/13(木)の主な予定!◇◆
===============
11月機械受注(8:50)
12月工作機械受注(15:00)
民主党大会
ゲーツ米国防長官が来日(~14日)
ファーストリテ、東洋炭素、東洋電機、日医工、ドトール日レス、ダイセキ、アウン、
アイケイコーポ、ディップ、レナウン、メディア工房、サマンサ、ベスト電器、島忠、
松屋、いちごGHD、エスプール、ワッツ、JIN、テクノアルファ、クリーク&リバー、
竹内製作所、新星堂、リベレステなど決算発表
豪12月雇用統計(9:30)
韓国中銀金融通貨政策委員会
ECB 理事会
スペイン国債入札
米新規失業保険申請件数(22:30)
米11月貿易収支(22:30)
米12月生産者物価(22:30)
米30年国債入札(130億ドル)
インテルなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*前澤工業<6489> 217 +50
特に目立った材料なく材料株循環物色の動きか、明日決算予定で思惑も。

*図書印刷<7913> 159 +17
前日辺りから目立った材料がないまま急伸する材料株も多く。

*高田機工<5923> 193 +17
0.2倍台というPBR水準の割安感に関心も。

*飯田産業<8880> 984 +64
タクトホームの好決算発表などが刺激材料にも。

*住友不動産<8830> 2056 +83
銀行株の上昇に追随する形から不動産株も買われる。

*日コークス<3315> 177 +7
三井松島の動意などが連想感を高めさせる。

*三井製糖<2109> 325 +12
PBR1倍割れの低位材料株として循環物色の矛先も。

*岩崎電気<6924> 170 -10
前日の株価急騰の反動で短期資金の利食いに押される。

*OKK<6205> 134 -7
工作機械受注の発表など接近で一旦は利益確定も。

*クボテック<7709> 30050 -1450
12月の高値水準では戻り売り圧力も強まりやすく。

*大同工業<6373> 189 -9
先週末からの急伸で短期的な過熱警戒感も強まる。

*一工薬<4461> 314 -14
リチウム電池関連の一角として直近人気化の反動。

*巴川製紙<3878> 275 -12
年初からの上昇率が高い銘柄で利食い売り圧力強まる。

*アイダエンジ<6118> 392 -17
バロンズ紙で取り上げられたことなどを背景に人気化した反動。

*フージャース<8907> 36250 -1550
昨年の上昇率トップ銘柄であり、利食い優勢の展開続く。



(前場)
*東洋シヤッター<5936> 449 カ
特に材料ないまま前日に急伸、思惑強まり短期資金の関心集める。

*大倉工業<4221> 313 +63
リチウム電池関連の一角として循環物色の流れが波及。

*文化シヤッター<5930> 262 +34
東洋シヤッターの株価急伸が刺激と観測。

*井筒屋<8260> 70 +5
前日に決算発表、通期収益予想は上方修正へ。

*日本金属<5491> 179 +12
前日の鉄鋼株高の流れも波及する格好か。

*アコム<8572> 1192 +77
武富士のスポンサー5社に絞られるとの報道も手掛かり材料か。

*GMOインタ<9449> 509 +30
GMOペイメントの株価上昇なども支援材料に。

*宇部興産<4208> 257 +15
今期業績の上振れ観測報道をストレートに好感材料視へ。

*サカイオーベ<3408> 140 +8
東レの評価の高まりなども手掛かり材料か。

*GMOペイメント<3769> 243500 +13800
新規材料は観測されないが、短期資金の値幅取り商い活発化へ。

*イワキ<8095> 212 +12
決算発表接近で今期の業績変化率期待も。

*ドワンゴ<3715> 190600 +10400
野村ではメディアセクターでの注目銘柄とも。

*コナカ<7494> 437 +23
低PBR、好取組銘柄として上値追いの動きが継続。

*日立ハイテク<8036> 2048 +102
前日に伝わった業績観測報道など改めて買い材料視か。

*セ硝子<4044> 424 +21
三菱UFJでは新規に「アウトP」、目標株価490円に設定。

*アルテック<9972> 332 +16
材料性の強さに加えて、12月高値水準突破による上値妙味の広がりで。

*チヨダ<8185> 1203 +53
先週末の第3四半期決算内容を引き続き評価へ。

*東亜道路工業<1882> 140 +6
仕手性強い低位材料株として循環物色の流れに乗る。

*JSR<4185> 1723 +73
300万株の自己株式取得を買い材料視で。

*新生銀<8303> 104 +4
りそなHDも含めて大手銀行株は総じて強い動きとなり。

*三井松島<1518> 190 +7
豪資源探査会社への出資発表を好材料視する。

*エルピーダ<6665> 1039 +38
前日は業績観測報道嫌気で軟化も、徐々にアク抜け感も強まる。

*JVCケンウッド<6632> 398 -74
急ピッチの上昇に短期的な過熱警戒感も強まり。

*日本基礎技術<1914> 242 -24
年初からの急騰の反動で利食い優勢の展開に。

*東光<6801> 199 -14
スマートフォン関連として人気化してきたが、本日は利食い集まる展開に。

*タクトホーム<8915> 99500 -5500
前日に好決算を発表も、短期的な利食い売りのきっかけとされる。

*サンフ不動産<8934> 14250 -630
足元で値幅取りの対象となってきた銘柄の一角には利食い優勢へ。

*シンフォニア<6507> 298 -13
充電器関連として連日の急騰となってきた反動安。

*高岳製作所<6621> 489 -21
直近で上昇ピッチが早かった低位材料株には利食いの動き。

*アコーディア<2131> 72400 -3100
引き続き、売出実施による需給悪化懸念強く。

*シンニッタン<6319> 412 -16
前日に急騰の反動、短期資金の利食い中心か。

*アルフレッサ<2784> 3560 -125
バークレイズでは「イコールW」から「アンダーW」格下げ。

*JUKI<6440> 171 -6
連日の株価急騰の反動で利食い売り優勢に。

*河合楽器<7952> 202 -7
前日に上昇の反動、短期資金の回転早まる。

*FCC<7296> 2002 -68
戻り高値更新で一旦はリバウンド達成感も。

*IIJ<3774> 242100 -7400
前日には上げ幅も広がっており、本日は戻り売りが集まる。

*エンシュウ<6218> 100 -3
前日急伸も100円回復場面では利食い売りも。

*古河機械金属<5715> 102 -3
信用買い残も高水準で戻り売りのニーズは強いもよう。

*東邦HLDG<8129> 1136 -31
中国合弁の営業開始受けて前日に上昇した反動。

*丸栄<8245> 114 -3
昨日上昇した分の反動、特に材料などは観測されず。

*サイゼリヤ<7581> 1643 -43
前日に第1四半期決算発表、想定以上の減益幅との見方に。

*三菱UFJ<8306> 457 +15
欧州銀行株高などが買い安心感を誘う格好にも。

*日立製作所<6501> 455 -2
高値圏で利食い優勢に、特に悪材料は観測されずで。

*野村HLDG<8604> 549 +13
株式市場の上昇が証券株の買い手掛かり材料に。

*新日鉄<5401> 304 +1
前日はCSの格上げを好感で賑わう展開となったが。

*りそなHLDG<8308> 500 +15
銀行株高の流れに乗って自律反発狙いも。

*東芝<6502> 485 +5
シティでは目標株価を670円まで引き上げ。

*プロミス<8574> 571 +17
アコムと同様に買われる、買戻しなども主導へ。

*大和証券G<8601> 446 +6
CSでは投資判断格下げも好地合いを背景に。

*トヨタ<7203> 3525 +70
為替の円安反転は自動車株の買い材料に。

*三菱商事<8058> 2401 +19
UBSでは目標株価を2400円から2700円まで引き上げ。

*三菱電機<6503> 913 +16
メリルでは目標株価を1000円にまで引き上げ。

*第一生命<8750> 140600 +1100
金融関連株高の流れに乗って公募価格を一気に回復へ。

*星光PMC<4963> 339 +49
割安低位材料株として循環物色か、目立った材料観測されず。

*フルスピード<2159> 45100 +6500
新しいマーケティング支援サービスの開始を発表。

*エヌ・ピー・シー<6255> 1750 +69
10年9-11月期決算での好調な業績を受け。

*豆蔵OSHD<3756> 154900 +10400
東芝のクラウド関連報道が刺激材料に。

*クラスターT<4240> 50900 +4400
調整一服による仕切り直しの動きに短期値幅取り資金も流入。

*サムティ<3244> 41150 +6300
通期業績見通しを上方修正したことを受けて買いが殺到。

*パスポート<7577> 271 +35
通期業績予想の上方修正と増配発表を好感。

*マイクロニクス<6871> 1070 +48
一部証券紙に注目株として取り上げられ。

*倉元<5216> 393 -32
一時495円まで上昇するも過熱感が意識され利益確定売りが優勢に。

*ミクシィ<2121> 442500 -4500
野村による投資判断、目標株価の引き下げを受け。

*MCJ<6670> 23360 -1140
短期的な過熱感が意識され利益確定売りが優勢に。

*スタートトゥ<3092> 364500 -8000
昨日の大幅高による反動を受け。

1月12日(水)

H「日経平均は反発となったが小幅にとどまった。昨日は底堅さが見られたが、今日は上値の重さが見られている。結局10500円から大きく乖離したくないという感じだ。」

K「そうだな。今週はSQ週だけに、それに絡んだ先物売買も入っているようだからな。10500円のオプション行使価格から大きく乖離してしまうと困る向きも多いんだろう。」

H「だろうな。結局、そう言う思惑もあり上げれば上値押さえられ、下げれば下値が支えられる。SQに絡んだ多数の投資家の思惑が交錯しており、必然的に10500円から大きく乖離できないと言うことになっているようだ。」

K「まあ、大きく乖離するような材料も乏しいからな。米国市場も小幅安、小幅高と言う展開を続けているし、米国株や為替市場に大きな変化が出てこないと、日経平均結局は揉み合いだ。」

H「ただ個別を見ると、しっかりと買われている銘柄もあるし、弱い銘柄もある。ただ全体的にはまだしっかりとしているという感じか・・。」

K「今日は銀行、保険などの金融株、それに大手不動産株が強かった。いずれも海外勢の買いが入っている。7203トヨタなどにも海外勢の実需買い入っているようだし、海外勢による日本株の見直し買いは依然として継続しているといえるだろう。」

H「そうだな。指数の上値は重いものの、主力株が循環的に買われているといえ悪くない相場だな。」

K「ただ手仕舞い売りも結構見られてきている。特に今日は中小型株が弱い銘柄目立っている。」

H「ああ。指数で見ると今日は大型株指数は堅調で、中小型株指数が軟調となっている。特に小型株指数がもっとも下げた。」

K「まあ過熱感高い状況まで買われていた銘柄も多いからな。ただ派手に物色されている銘柄もあり、小型株の中でも循環的な物色になってきていると言えるだろう。」

H「そうだな。ただ物色されている銘柄は徐々に質が悪くなっているようにも思えるが・・。随分と流動性乏しい銘柄も目立つし、テーマも何もなく物色されてきている銘柄もある。」

K「結局、まだ物色されていない銘柄を探して短期資金中心に物色してきていると言うことだろう。つまり完全なる短期資金中心であり、しかも個人投資家主導の相場だ。逃げ足も当然早いし、テーマも材料も無いだけに相場の寿命も短い。」

H「確かこういう乱発的な物色になってくると、そろそろ全体的な短期物色相場は終焉近いと言うことが多いんだよな。」

K「ああ。ただ短期資金は無くならないからな。主力株や材料株などへ戻っていくだろう。まあ、そろそろ決算発表が意識されてくることから、決算期待の銘柄へと短期資金も移っていくかもな。」

H「決算といえば、明日の米国市場ではインテルが決算発表を予定している。まあ日本時間で言えば金曜日の朝方だ。市場でもかなり注目されている。」

K「まあ、インテル決算をきっかけに相場の流れが変わることも、過去何度もあったからな。もちろん米国市場も日本市場もだ。それだけインテルの決算は重要であり、その後の相場展開を決める可能性もあると言うことだ。そりゃ注目度高いだろう。」

H「インテルの決算が日本のハイテク株にも大きく影響を与えるともいえ、ハイテク株は日経平均寄与度も大きな銘柄も多いからな。今の底堅い揉み合い相場も、インテル決算後は流れ変わる恐れもある訳か・・・。」

K「ただ更に強くなり上値追っていくという流れになる可能性も当然あるからな。いずれにしろインテル決算前には、上値も買いにくいが、下値も売り込みにくい。」

H「そうだな。」

K「まあ、もはや日本のハイテク株に与える影響度が大きいのは、インテルじゃなくアップルだとの見方多いようだけどな。」

H「なるほど。確かにアップルの業績動向に影響を受ける日本企業も少なくない。」

K「ああ。今はハイテク業界はアップルが主導していると言っても過言ではないかもな。スマートフォンやタブレット型PCをこれだけ流行らしたんだから。」

H「今はそれらの需要拡大の恩恵をうける日本のハイテク企業も少なくない。」

K「アップルの決算発表は18日予定だ。それだけに、インテル決算で流れ悪くなってもアップル決算で切り返すと言うことはあるかもな。」

H「そうだな。いずれにしろ、米国市場も主力企業の決算発表で動き大きくなってくる可能性はありそうだ。そうなれば必然的に日本市場も動きが大きくなってくる。」

K「ああ。良い方向に進んで行ければ良いけどな。」

H「まあ期待したモンだ。」
2011.1.12先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。