(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.5【テーマ銘柄は終日強含み】

2011/01/05 11:16|未分類CM:0
別に何も無いけど
利確売りとか
金が下げたとかで
弱く始まってFOMCで戻し

日本は今日もSQ値を抜けられずにいる展開
持ち越しプロミスとかオリックスとか高岳とか
プロミス買って回転
オリックス、高岳はトレールで
高岳はすぐ降ろされる
シナジーも持ってたけど意味分からん動きでポイ
朝から銀行売ってみたが
底堅くなってきたんで利確

今日は前場から睡魔との闘いが激しい

後場
お昼休みちょっと横になったら
がっつり2時半までワープした

商社、原油系つおい
金融は弱い
EV関連、スマートフォン関連、リチウムイオン電池関連物色か
この辺ばっかり見とけばOK


[株式オープニングコメント]
12月SQ値近辺で一進一退か
 2011年相場は好スタートを切ったが、米ナスダックの反落や商品市況の急反落を背
景に、本日1/5は昨日の反動も出やすい。今晩の米ADP全米雇用報告など経済指標
を見極めたいとする機運も強まりやすいため、上値追いには慎重になりやすいだろ
う。また、シカゴの日経225先物の動きをみても、12月SQ値(10420.74円)を間近
に捉え、一進一退といったところか。
 ただ、11月の米・製造業受注指数が予想外に上昇したことなど、米国では好調な経
済指標が相次いでおり、押し目買い意欲は強い需給環境と考えられる。また、昨日は
高値保ち合い銘柄も多かったが、テーマ物色は活発であり、新興市場以外でのストッ
プ高も散見された。12月SQ値での攻防が続いたとしても、上値の重さを嫌気する流
れはないと考えられるほか、大きくポジションが買いに傾いているわけではなく、日
本株の出遅れ修正は継続しているとみられる。
 商品市況の急反落の影響によって、資源系セクターには利食いが出やすい。ナスダ
ック調整の影響から、ハイテクも手掛けづらい。そのため、物色は昨日動きの鈍かっ
たディフェンシブセクターなどに向かう可能性がある。また、テーマ株についても引
き続き活発な売買となろうが、原発関連などに注目したい。
 なお、1/4のNY市場でダウ平均は20.43ドル高の11691.18、ナスダックは10.27ポ
イント安の2681.25。シカゴ日経225先物清算値は大証比15円高の10395円。ADRの
日本株は、ドコモ<9437>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>が小じっかり。半面、デン
ソー<6902>、菱地所<8802>、オリックス<8591>が小安いなど、対東証比較(1ドル
82.01円換算)で高安まちまちだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ小幅続伸、2年4カ月ぶり高値
・米半導体SOX指数、小幅続伸
・米11月製造業受注指数、+0.7%と予想外の上昇
・欧州株式市場、石油や銀行株など中心に堅調
・LMEニッケル、上昇
・東証REIT指数、3日続伸

弱気材料
・NY金大幅反落、ポジション整理の売りが加速
・バルチック海運指数、大幅下落
・トヨタ、2010年の米自動車販売は3位に後退
・昨年12月貸金利用者の延滞率、29%へ上昇

留意事項
・米FOMC議事録、最近の景気改善はQE2変更に不十分
・東芝、大型原子炉を中国企業と開発
・昨年11月たばこ税収、値上げ響き過去最低
・EU、レアアース備蓄検討
・原料炭、豪洪水の影響で最高値水準も
・中国移動、次世代移動通信を6都市で実証実験
・スズキ、インド昨年出荷は26%増で過去最高
・JVCケンウッド、100億円以上を調達へ
・サムスン電子、次世代半導体「DDR4」を開発
・10年薄型テレビ販売、前年比約9割増の2700万台
・12月百貨店売上高、伊勢丹など3社プラス
・小麦の国際価格急騰、豪で供給懸念強く
・ドル/円(82円03-05銭)
・ユーロ/円(109円24銭-28銭)
・NY原油先物、大幅反落(1バレル=89.38ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.005%低下)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.165%)
・東証1部騰落レシオ、134.89へ上昇
・DRAMスポット、横ばい
・12月マネタリーベース
・11月デジタルカメラ出荷実績
・12月新車販売台数、軽自動車販売台数
・ユーロ圏10月鉱工業新規受注
・ユーロ圏11月生産者物価指数
・米MBA住宅ローン申請指数(先週)
・米12月チャレンジャー人員削減数
・米12月ADP全米雇用報告
・米12月ISM非製造業景気指数


[サポート&レジスタンス]
終値           10398
5日移動平均       10324
標準偏差+2σ      10467
レジスタンス(2)    10464
レジスタンス(1)    10431
ピボット         10376
サポート(1)      10343
転換線          10296
サポート(2)      10288
25日移動平均      10234
基準線          10164
標準偏差-2σ      10001
200日移動平均      9916
先行スパンA        9783
100日移動平均      9632
先行スパンB        9578

[ランチタイムコメント]
高岳にみる個人投資家の需給環境の良さ
 日経平均は小幅下落。12.66円安の10385.44円(出来高概算8億3000万株)で前場の
取引を終えた。商品市況の急反落を背景に利食いが先行したが影響は限られ、日経平
均は一時10413.45円と、戻り高値を更新した。ただ、12月SQ値(10420.74円)が上
値抵抗として意識されたほか、上海市場が反落で始まったこともあり、ポジション調
整の流れから寄り付き水準に戻している。
 東証1部の騰落銘柄は値上り866に対して値下り573、変わらず230と、値上り数が過
半数を占めている。また、規模別指数では大型株指数のみがマイナスであり、一方で
小型株指数の強さが目立つ。テーマ物色は引き続き活発であり、EV充電器やリチウ
ムイオン電池、スマートフォン、原発関連などへの資金集中が目立った。
 商品相場の急反落の影響が警戒されたが、国際帝石<1605>は小幅な下げにとどまっ
ているほか、三菱商<8058>についてはプラスで推移するなど影響は限定的だった。日
経平均は12月SQ値を目前に一進一退であるが、突破出来なくとも嫌気売りにつなが
るような需給関係ではないだろう。日経平均は膠着ながらも、EV充電器やスマート
フォン、原発関連といったテーマ銘柄への売買は活発である。また、EV充電器関連
で中核となる高岳<6621>だが、昨年末からの急騰にもかかわらず、利食いをこなしな
がらの底堅さは個人投資家の需給の良さを感じさせる。
 上海株の下げや、今晩の米ADP全米雇用報告などの経済指標を見極めたいとする
ムードも強まりやすく、12月SQ値突破は明日以降に持ち越しといったところであろ
う。しかし、テーマ銘柄など材料については資金回転が利いており、適度な調整を交
えながら大きなトレンドにつながる銘柄が相次ぎそうである。

[クロージング]
テーマ銘柄は終日強含み
 日経平均は小幅下落。17.33円安の10380.77円(出来高概算17億3000万株)で取引
を終えた。一時10413.45円と、12月SQ値(10420.74円)を目前に膠着感の強まる展
開だった。ただ、上海などアジア市場の弱い値動きや、今晩の米ADP全米雇用報告
などの経済指標を見極めたいとするムードも強まりやすい状況を考慮すれば致し方な
く、反対に底堅さが意識されよう。
 物色については、主力処は手控えられたものの、EV充電器やリチウムイオン電
池、スマートフォン、原発関連などへの資金集中が目立った。これまでの相場展開で
あれば、大引けにかけてのポジション調整による失速も多くみられていたが、テーマ
銘柄は終日強含みで推移するなど、明らかに地合いは好転している。
 また、個人投資家の需給関係は良好とみられるが、総強気に転換するまでには至っ
ていないと考えられる。そのため、これらテーマ銘柄については個人投資家主導とい
うよりも、短期志向のヘッジファンドなどの資金流入もあるとみられる。資金回転は
利いており、適度な調整を交えながら大きなトレンドにつながる銘柄が相次ぎそうで
ある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10380.77 -17.33
TOPIX911.69 -0.11
東証2部指数2235.63 +8.42
日経ジャスダック1273.44 +6.39
マザーズ指数439.75 -1.52
東証1部売買代金1兆2099億円
東証1部出来高17.32億株
東証1部騰落レシオ139.87%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は高安まちまち。原油や金先物が大きく下落したことから、エネ
ルギー、素材株が売られて相場の重石となったものの、FOMC議事録では景気回復
と量的緩和継続を示唆する内容だったことが好感され値を戻す動き。ダウは小幅
高、ナスダックは小幅安で引けている。それをうけ日経平均大人しく始まるも売
り一巡後は買われて10400円台に乗せる場面も。ただ上値は重くその後は小幅安
水準での揉み合いが続いた。後場は下げ拡大する場面も見られたものの下値は限
定的。結局、日経平均小幅安で終了。日経先物の主な買い越し証券は、メリル、
JPモルガン、ゴールドマン、三菱UFJMS、UBS、バークレイズ。売り越しは、ニュ
ーエッジ、野村、シティG、みずほ、BNPパリバ、楽天、モルガンSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3848データアプリ 161000円 +30000
3連続ストップ高。きっかけは年末に一部で2011年に株価が倍になりそうな銘柄と
して取り上げられた事だが、明日にも株価が倍になる見通し。新興銘柄の割りに
低PERということからも勢い付いた格好。同様に今年倍化期待として取り上げられ
た2782セリアも連日買われている。同じく取り上げられた7566ジャパンケアもし
っかりながら、上げ幅は他の2銘柄と比べ小さくなっている。やはり流動性の低さ
と最低投資金額の大きさがネックになっているようだ。

6723ルネサスエレクトロニクス 918円 +90
大幅上昇で上値抵抗線となっていた200日移動平均線を上抜け。今朝の日経新聞で
はスマートフォンに搭載するカメラ向けに高精細画像を処理するシステムLSIを開
発し、3月から月産100万個で量産を始めると報じられたことが好感されている。旬
なテーマのスマートフォン絡みの材料とあって、短期資金の食い付き良いようだ。
信用取り組みも良いことから踏み上げ的な動きも加わっている模様。今朝のGRAIL
メールで取り上げた本日の注目株。

6507シンフォニア 298円 +76
大幅上昇。急速充電器を手掛けると事から年末から物色続いている。急速充電器の
中心的な銘柄は6621高岳製作所だったが、今日は主役交代といった感じ。シンフォ
ニアの方が仕手性強く低位ということもあり、短期資金の物色の矛先が同社株に変
わってきた模様。高岳製作所は今日から貸株注意喚起が入ったことも、物色シフト
してきた要因だと。いずれにしろ今後も急速充電器関連として、両銘柄共に物色さ
れる場面は度々ありそうだと・・。

6378木村化工機 674円 +56
大幅上昇。東芝が中国の国策原子力企業と大型原子炉を共同開発すると今朝の日経
新聞一面で報じられており、原発関連株としての位置付け強い同社株に短期資金集
まったようだ。同社に恩恵があるとは考えにくいものの、原発といえば同社株とい
う印象が短期資金には強く、短期物色の理由にされている。小型の貸借株であり値
動き軽く仕手性も強いことから、信用取り組み次第では相場続くと期待する市場筋
も少なくない。過去には逆日歩は値上がり大相場演じた経緯もある。

6778アルチザネット 69900円 +10000
ストップ高。チャイナモバイルが上海市など6都市で次世代移動通信TD-LTEの大規模
な実証試験を実施すると報じられており、LTE関連株として同社株に物色資金集まっ
たようだ。チャイナモバイルは同社の主要取引先でもあるだけに、恩恵を受けるの
ではとの思惑。LTEは今年期待されるテーマの一つだと市場で期待されていることも
あり関連株は、今年期待出来るとの見方多いようだ。同じくLTE関連株である6754ア
ンリツは小幅高にとどまっている。

5482愛知製鋼 599円 +37
大幅上昇。高値圏揉み合い続けていたが、今日は上離れてきた格好。きっかけはク
レディスイスが強気継続で目標株価を680円まで引き上げたこと。特殊鋼需要が想定
以上に好調であり、今期営業利益は会社計画110億円に対して、170億円を予測して
いるようだ。大幅な業績上ブレが意識され買われている。また来期業績に関しても
大幅増益を予想しており、割安感が顕著だと・・・。昨日までは550円付近での揉み
合い相場だったが、今後は600円台での推移になっていくのではと。

6632JVCケンウッド 307円 +24
大幅高。今朝の日経新聞では、月内にも公募増資や自己株売却で100億円以上の資金
を調達する方針を固めたと報じられている。今日にも発表するとの事。朝方は売り
優勢で始まったものの、売り一巡後は買い戻し優勢の展開。既に12/9に読売新聞電
子版が1月にも100億円規模の増資に踏み切ると報じているだけに、既出の材料。株
価はそれ以降軟調推移続けていたことから、いよいよ正式発表されるとの事で悪材
料出尽くしの動きになったようだ。ただ正式に公募スケジュール決まれば再び売ら
れる動きになるのではと警戒する声も・・・。

===============
◆◇1/6(木)の主な予定!◇◆
===============
12月オフィス空室率(11:00)
山下医科器械、日本MDM、インテリックス、セブン&アイHD、久光製薬、トーセ、
カッパクリエイト、F&Aアクア、丸久、AIT、イオンディライト、吉野家、ミニストップ、
ワンダーコーポ、ウッドフレンズなど決算発表
米新規失業保険申請件数(22:30)
CES国際家電ショー(米ラスベガス ~9日)
[動いた株・出来た株]

*ソースネクスト<4344> 24700 +2750
目立った材料が観測されず、短期資金の値幅取り狙いの動きが集まったか。

*中山製鋼<5408> 119 +11
前場から電炉各社の強い動きが目立ち連想買いも。

*JVCケンウッド<6632> 307 +24
公募増資観測報道伝わるが徐々に出尽くし感が優勢に。

*シークス<7613> 1035 +60
12月の高値水準突破で上値妙味も広がる格好となったが。

*富士通ゼネ<6755> 516 +28
JPMでは投資判断「オーバーW」を継続へ。

*大崎電気<6644> 747 +39
電気自動車関連物色はスマートグリッド関連にも波及へ。

*SMK<6798> 486 +25
タッチパネル関連として前日から人気化の兆しも。

*明電舎<6508> 415 +21
電気自動車関連銘柄人気の流れに乗る。

*T&Gニーズ<4331> 8160 -250
連日の長い上ヒゲ受けて上値の重さを意識も。

*ガス化<4182> 581 -16
原油市況の反落などで資源関連の一角には利益確定の動きも。

*一休<2450> 38450 -1050
高値期日も接近で信用買い方の処分売りに押される。

*ヤマダ電機<9831> 5500 -140
今年の薄型テレビの反動減などに対する警戒感で。

*ソニーFH<8729> 320000 -8000
個別材料観測されないが、金融関連株安の流れに押され。



(前場)
*シンフォニア<6507> 263 +41
充電器関連の低位材料株として短期資金の矛先が向かう。

*日本基礎技術<1914> 271 +38
目立った材料ないまま前日から急伸、仕手化の様相へ。

*ルネサス<6723> 907 +79
高機能携帯カメラ用LSIを量産と報じられ。

*チタン工業<4098> 370 +24
電気自動車関連の材料株として上値追いの動きが継続する。

*グリー<3632> 1094 +60
GSでは投資判断を新規に「買い」、セクターのトップピックに。

*合同製鉄<5410> 185 +10
電炉の一角高いが特に材料観測されず、割安感などはやすか。

*第一工業製薬<4461> 282 +14
電池材料など手掛け、電気自動車関連としての側面材料視か。

*木村化工機<6378> 650 +32
東芝が大型原子炉を中国企業と共同開発と伝わり、原発関連として。

*愛知製鋼<5482> 591 +29
CSでは「買い」推奨を継続、目標株価を680円とする。

*テイカ<4027> 323 +14
薄商いだが前日は急伸、株価上昇が関心集める。

*日本冶金工業<5480> 257 +11
特に材料観測されず、資源関連の出遅れ的な感覚か。

*GMOペイ<3769> 225500 +9600
前日から上放れ、短期の値幅取り資金が集まる格好にも。

*ジャックス<8584> 261 +11
昨年来高値更新で買い戻しの動きが一段と活発化へ。

*東京製鉄<5423> 949 +39
一時乱高下する展開、短期の買い戻しが主導か。

*エルピーダ<6665> 1009 +39
経営統合も視野に台湾メーカーに再接近と伝わっており。

*HIS<9603> 2133 +81
スカイマーク株の一部売却など買い材料視も。

*有沢製作所<5208> 475 +18
下値の堅さ確認から3D関連としての材料性改めてはやす。

*前田建設工業<1824> 273 +10
新規材料観測されないが、低PBR水準見直しの動きなどで。

*大同メタル工業<7245> 657 +24
自動車部品に関心向かうなか、取組妙味なども注目され。

*北陸電気工業<6989> 171 +6
特に目立った材料なし、電子部品の低位株として循環物色へ。

*サニックス<4651> 202 +7
新エネ関連の材料株として昨年末から賑わう展開で。

*ユニデン<6815> 265 +9
為替の落ち着きなども支援に、戻り高値水準意識の動きへ。

*ヤマハ発<7272> 1382 +40
信用安値期日なども接近で買戻しの動きが先行か。

*双信電機<6938> 571 -37
昨年末にかけて急ピッチに上昇した反動が続く。

*ヤフー<4689> 30400 -1300
GSでは投資判断を再開、「売り」スタンスとしている。

*アコム<8572> 1101 -30
消費者金融利用者の延滞率上昇報道などが利食いのきっかけにも。

*東海旅客鉄道<9022> 665000 -17000
来年の設備投資額は過去最高と伝わり、資金負担増懸念などが強まる。

*国際航業HLDG<9234> 204 -5
直近の上ヒゲ水準突破しきれず手仕舞いも。

*ポーラ・オルビス<4927> 1638 -40
上場来安値を割り込んで処分売り圧力が一段と強まる。

*電気化学工業<4061> 384 -9
野村では投資判断を「1」から「2」格下げ。

*メガネトップ<7541> 798 -18
12月の既存店売上高は5ヵ月振りにマイナス転換へ。

*三井松島産業<1518> 182 -4
石炭価格の上昇期待で昨日は低位の石炭株が揃って人気化したが。

*センコー<9069> 282 -6
特に材料ないが、天井到達感も強まって利食い優勢に。

*みずほFG<8411> 154 -2
前日賑わった金融関連株には利食い売りなども先行で。

*東芝<6502> 459 +10
大型原子炉を中国企業と共同開発などと報じられ。

*高岳製作所<6621> 484 +11
電気自動車普及へ充電器設置の手引書が作成されると伝わり。

*プロミス<8574> 542 -4
消費者金融利用者の延滞率上昇報道などを受け。

*新日本製鉄<5401> 291 -2
原料炭価格の先高懸念からコストアップへの警戒感も。

*日産<7201> 812 +6
12月の米国販売は、想定比若干下振れも相対的に高い伸び。

*三菱商事<8058> 2311 +21
豪州の洪水被害による原料炭価格の上昇期待が強く。

*シャープ<6753> 873 +20
中小型の液晶パネル、閉鎖ラインを再稼動とも伝わり。

*ラウンドワン<4680> 534 +14
もみ合い上放れ、直近高値更新で踏み上げ期待なども。

*GSユアサ<6674> 580 +8
電気自動車関連物色の流れがコア銘柄などにも波及の格好で。

*三井物産<8031> 1381 +7
資源価格伸び悩みも総合商社には海外投資家の資金流入期待で。

*トヨタ<7203> 3295 +30
12月の米国販売は相対的に低迷もコンセンサスは上振れで。

*コマツ<6301> 2542 +22
中国市場の堅調推移なども買い安心感につながり。

*ニコン<7731> 1779 +32
三菱UFJとJPMが揃って投資判断を格上げへ。

*住友鉱<5713> 1427 -22
金市況や銅市況など非鉄価格の下落を嫌気で。

*ファストリ<9983> 13110 -110
本日の月次発表を控えて警戒感なども先行へ。

*マーベラス<7844> 19100 +1600
値幅取り妙味の高まりから、短期資金の関心も一段と高まる。

*セルシス<3829> 151000 +7300
電子書籍関連として年初からテーマ物色の動きが続く。

*FDK<6955> 142 +6
金属表面の傷を磁気で検出へなどと一部報じられている。

*任天堂<7974> 22960 -390
6歳以下の3D使用控えるよう勧告で。

*アルチザ<6778> 68000 +8100
中国移動がLTEの大規模実証試験を実施と伝わったことを材料視。

*ゲームオン<3812> 68800 カ
韓国ウェブゼン社と3DアクションRPGの独占ライセンス契約を締結。

*インフォコム<4348> 130800 +8600
電子書籍関連に物色の動きが継続。

*データアプリ<3848> 161000 +30000
昨年末には子会社の清算完了を発表しリストラ策を評価も。

*MCJ<6670> 16610 +1580
引き続き、タブレット端末関連として水準訂正の動き。

*倉元製<5216> 248 +26
スマートフォンやタブレット端末関連のテーマ性をハヤす。

*アンジェス<4563> 116300 +2400
HGF遺伝子治療臨床研究の長期成績が医学雑誌に掲載されたと発表。

*サイバーエージ<4751> 176600 -2800
GSが投資判断「中立」、目標株価16.8万円でカバレッジを開始。

*スカイマーク<9204> 1139 -39
HISによる保有株の追加売却懸念も高まる。

*ボルテージ<3639> 1206 +60
直近IPO銘柄に見直しの動きが目立つ。

*NaITO<7624> 943 +45
10年3-11月期の業績観測報道を好感。

1月5日(水)

H「日経平均は小幅に反落した。ただ底堅いな。今日は昨日の反動もあり、もう少し下げても不思議はなかったんだが・・・。」

K「そうだな。米国市場もダウは小幅に上げたものの、ナスダックやS&P500指数は小幅に下落していた。何よりも原油相場や金相場が派手に下落しており、それが今日の日本市場にネックになると警戒されていた。」

H「ああ。ただ関連株は下げたもの多かったが非常に底堅かった。商品相場に影響受けやすい商社株など逆に上げていたからな。」

K「強いよな。こういう動きを見ると強い実需の買いが入っているようにも思えるが、海外勢が買っているとの観測は乏しい。ただ海外勢が買ってくるとの期待は根強いようだが・・。」

H「まあ結局、昨日の原油や金の下落も一時的な利食いとの見方なんだろ。つまり単なる一服であり、上昇基調には変化無しと・・。つまり先高感はまだ強い状況なんだろ。」

K「だろうな。そう見ている向きが殆どだろう。ただ気をつけた方が良いけどな。これら商品相場の下落が続くようだと、本格的に手仕舞いに動いてきた向きが増えてきたと言うことであり、調整してくる恐れがある。」

H「そうだな。リスクマネーが商品相場で手仕舞いに動いてきたとなれば、その動きが株式市場にも出てくることが多いからな。」

K「ああ。米国市場なども手仕舞い売り強まって、調整してくる展開になる可能性があるだけに、今晩の商品相場は注目だろう。まあ現状では単なる一服と見るべきだが、今後も派手な下落度々見られてくるようだと警戒すべきだ。」

H「現状は市場心理も良いだけに、商品相場の下落が即株式市場の下落に結びつかない可能性はあるが、確かに商品相場は株式市場に先行する恐れはあるからな。」

K「ああ。まあ、米国市場下落しても日本株下落するとは限らないが、基本的には米株安で海外勢の動きが止まるだけに日本株の重石になるのは間違いない。」

H「寄り前の外資注文状況は今日も売り越しだった。まあ大した売り越しでもないが、連日の売り越しはえらい久しぶりであり、明日以降の動向が注目される。」

K「今週はあまりアテにならないが、売り越し続くようだと市場心理にも悪影響を与えるからな。注意して見ておきたい。」

H「ただ日経平均軟調気味だったものの、今日も物色意欲は旺盛だな。随分と派手に物色された銘柄も目立っている。」

K「そうだな。短期資金中心だが、個人投資家も結構活発に動いてきているようだ。先月までの上昇でかなり個人投資家の戻り売りをこなしており、資金枠膨らんだ向きも多い。信用買い残も増加してきたと言え、まだまだ低水準であり、買い余力は大きい状況だ。」

H「ああ。新年相場になって個人投資家も買う気満々になってきているからな。去年までは買う気は乏しく、戻り売りに精を出していたが、年明けて気持ちも新たに買い向かってきている個人投資家多いようだ。」

K「良い傾向だ。まだ中長期資金が動いているという感じではないが、個人の短期投資家はかなり元気になってきている。」

H「でも新年相場は例年こんな感じだからな。この勢いが続いていくとは限らないが、続いていくようだと面白い。」

K「ああ。ディラーもやりやすい相場だと言えるからな。主にテーマ株や材料株が物色のターゲットになっているが、オーバーシュート気味に物色されており短期資金には非常に面白い相場だと言える。」

H「ああ。日経平均自体はボラティリティ乏しくても、個別には随分とボラ大きい銘柄も目立っているからな。」

K「取りあえず今週一杯はこの様な相場展開は続くだろう。まあ出来れば来週以降も続いて欲しいが、来週からは実需筋が本格的に動き出すだけに、それらの動向によって短期資金も動きを変えてくる可能性はあるからな。」

H「そうだな。ただ基本的に米景気回復期待も高まっているし、実需筋が売ってくると言う状況にはなりにくそうだが・・・。」

K「まあ、今年の相場は日本だけでなく米国も上昇すると見る向きが非常に多いからな。しかも20%程度は上昇するという見方も多い。それだけに、目先高値圏だろうが中長期資金にしてみれば、今年それだけ上昇するならば、目先の上げ下げは気にならず構わず買い向かってくると言う期待はある。」

H「そうだな。そう言う展開になれば、来週以降も面白い相場が続いて行きそうだが・・・。」

K「ただ米国市場にしてみれば、随分と中長期資金も既に去年から買ってきているだけに、更に買う向き出てくるかが問題だ。まあ過剰流動性相場だけに、まだまだ投資資金は何処からともなく沸いて出てくるとの見方もあるが・・・。」

H「米国市場はそうでも、日本株はまだ出遅れ気味とも言えるだろうし、買い付け出来ていない海外勢も多いと聞く。それだけに、米国市場上げられなくなったとしても、日本株は上げて行くという展開もアリだろう。」

K「どうだろうな。その為には円安進行が必要不可欠だと思われるけどな。中長期資金入ってきても、投機筋によって売り込まれれば上値は追えないからな。」

H「まあ、取りあえず今晩の米国市場注目だな。あと商品相場が今晩どうなるか注目したい。」

K「ああ。今晩の米国市場では重要な経済指標もあるからな。期待したいモンだな。」
2011.1.5先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。