(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.24【膠着とはいえリバウンドのトレンドは継続】

2010/12/24 11:17|未分類CM:0
ダウ続伸も円高とかでGD
フィッチがポルトガルの長期格付けを「Aプラス」に1段階引き下げで
ヨーロッパの信用収縮懸念とか
格付け会社いらんわ

強かった不動産がお安く孵るってことで
寄り買い指ししてたんだけど
1ティック上で寄ってそのまま上昇

原油の在庫が減少で
原油が上昇2年2ヶ月ぶりの高値で
原油系が強い

持ち越しは強かった
不動産と原油、商社と金融買い
フタバ売り
どれもまあまあの寄りで利確

場中は三井住友を2883で拾って
2898で利確した程度

今夜はアメリカ、ドイツが休場
イギリスとフランスが半日なんで
日本もほとんど動かず

後場も動かず
ジャスタイムが一番動いた

JX底で降ろされた
死ねばいいのに

途中からお昼寝に入って
14時に起きるつもりが14時55分まで寝てしまった


[株式オープニングコメント]
材料系の銘柄や中小型株での短期的な値幅取り狙いの売買が中心に
 欧州信用リスクの再燃によって、ユーロ・円相場は108円台に、ドル・円について
も82円台に突入するなど、為替市場での円高の影響から利食い優勢の展開が想定され
る。また、米国が連休に入ることで海外勢のオーダーが限られるほか、朝鮮半島の地
政学リスクに対する影響も様子見につながる要因となりそうだ。
 コア銘柄についてはこう着感が強まりそうであり、材料系の銘柄や中小型株での短
期的な値幅取り狙いの売買が中心になろう。12/22の商いも個別では急騰している銘
柄があり、年末に向けての“掉尾の一振”を意識させる展開もありそうだ。商品相場
の上昇の加え、米国では非鉄大手アルコアが2%を超す上昇となっており、セクター
では素材・資源系が物色されやすい。また、欧州信用不安の再燃によって、欧州の金
融機関の売りに対して日本の金融機関への買いといったリバランスの動きが出てくる
か否かも注目されよう。
 そのほか、材料系では小さいエネルギーでの値幅取り狙いとして3桁、4桁で1株単
位や100株単位の銘柄。また、トルコの原発受注への期待で原発関連、米ボーイング
の飛行試験再開による炭素繊維などの関連銘柄にも注目しておく。また、次世代電池
やアプリ関連などの一角への物色もみられそうだ。
 なお、12/23のNY市場でダウ平均は14.00ドル高の11573.49、ナスダックは5.88ポ
イント安の2665.60。ADRの日本株はトヨタ<7203>、キヤノン<7751>、三井住友
<8316>、コマツ<6301>、京セラ<6971>、オリックス<8591>、TDK<6762>など対東証
比較(1ドル82.96円換算)で全般軟調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ3日続伸、連休前で閑散取引も堅調推移
・東証REIT指数、大幅続伸
・東芝、サムスンと先端LSI分野で提携
・トルコ、日本との原子力協定「来年3月までに」

弱気材料
・フィッチ、ポルトガルの長期格付けを「Aプラス」に1段階引き下げ
・米11月耐久財受注額、前月比1.3%減で市場予想を下回る
・米半導体SOX指数反落、半導体大手マイクロンの急落が重し
・欧州株式市場、鉱山株中心に軟調
・ユーロ/円、円高進行(108円77銭-81銭)
・NY金続落、休日前の持ち高調整で
・LMEニッケル、続落
・バルチック海運指数、続落
・DRAMスポット、下落
・北京、新車登録数を制限へ

留意事項
・三洋、車載電池を増産
・米11月新築住宅販売、前月比5.5%増
・12月月例報告、景気「足踏み」を維持
・米7-9月期GDP確定値、年率2.6%増で0.1ポイント上方修正
・11月国内薄型テレビ出荷台数、前年同月比2.6倍
・三菱自、スズキから小型車
・ドル/円(83円02-04銭)
・NY原油先物、続伸(1バレル=91.51ドル)
・NY債券市場、下落(10年債利回り0.035%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.135%)
・東証1部騰落レシオ、147.44へ上昇
・NTTドコモ、「Xi(クロッシィ)」サービス開始
・対外対内証券売買(先週分)
・11月パソコン出荷
・11月工作機械受注(確報値)
・米クリスマスの振替休日


[サポート&レジスタンス]
終値           10346
5日移動平均       10310
標準偏差+2σ      10443
レジスタンス(2)    10423
レジスタンス(1)    10385
ピボット         10356
サポート(1)      10318
サポート(2)      10289
転換線          10288
25日移動平均      10161
基準線          10044
200日移動平均      9919
標準偏差-2σ       9879
100日移動平均      9590
先行スパンA        9554
先行スパンB        9352

[ランチタイムコメント]
材料株の日計り物色ながら回転が利きやすい需給関係
 日経平均は下落。73.52円安の10272.96円(出来高概算6億4000万株)で前場の取引
を終えた。欧州ソブリンリスクの再燃によるユーロ安の影響、海外投資家のクリスマ
ス休暇入りによる参加者減少の影響もあり、膠着感の強い相場展開となっている。出
来高は6億株台にとどまり、225先物は10260-10280円での狭いレンジで取引が続いて
いる。
 そのため、物色は個人主体による材料株となり、木村化<6378>を筆頭に原発関連の
一角が急伸したほか、原油先物相場の上昇を受けた鉱業、石油・石炭などが堅調。東
証1部の騰落銘柄は値上り353に対して値下り1131、変わらず169と、値下り数が全体
の6割を占めている。
 予想されていたとはいえ、膠着感が強く方向性の出難い状況である。225先物は3
ティックにとどまり、10260円での買いが出来たら10270円で売り、10280円の売りが
できたら10270円で買い戻すといった散発的な売買に限られている。個別については3
桁、4桁で1株、100株単位で仕手系色の強い材料株に向かいやすい。そのなかで、ト
ルコでの原発報道による受注期待が関連銘柄への思惑買いにつながっている。これら
も日計り的な売買になりやすく、材料が出た銘柄や関連テーマなどでの循環物色が続
こう。ただ短期的な売買とはいえ、個別に資金が集中することでトレンドが大きく
出やすく、回転は利きやすい需給関係である。

[クロージング]
膠着とはいえリバウンドのトレンドは継続
 日経平均は下落。67.29円安の10279.19円(出来高概算12億8000万株)で取引を終
えた。膠着感の強い相場展開が終日続き、日経平均の値幅は約25年ぶりの小ささにな
った。出来高については8月23日以来の12億株台だった。欧州ソブリンリスクの再燃
による為替相場の円高傾向、今晩の米国市場が休場なほか、海外投資家の多くがクリ
スマス休暇に入っている影響が大きかった。物色は個人投資家を主体とした個別材料
株にとどまっていた。
 来週はロンドンが27日、28日と休場となるため、海外勢による資金流入への期待は
小さい。そのため、比較的ボラティリティ(変動性)の大きい材料株に、短期的な値
幅取り狙いの資金が向かいやすいと考えられる。物色対象が広がりをみせてくる可能
性は低く、テーマ性があったとしても一部の銘柄に資金が集中しやすい状態だろう。
 ただ、膠着とはいえ欧州ソブリンリスク、アジア市場の弱い動きなどがあるもの
の、底堅さは意識されている。利食いの流れが強まるといった相場にはならず、日本
株に対する相対的な出遅れ修正は継続している。日経平均は週間では下げているが、
陽線を形成している。11月からの8週では陰線がわずか2回であり、中長期的なリバウ
ンドのトレンドは継続している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10279.19 -67.29
TOPIX901.66 -4.12
東証2部指数2175.20 -5.03
日経ジャスダック1243.30 -3.58
マザーズ指数433.96 +4.71
東証1部売買代金8824億円
東証1部出来高12.83億株
東証1部騰落レシオ138.87%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はダウは小幅ながらも3日続伸したが、ナスダックは小幅に反落。
経済指標いくつか発表されているが、強弱まちまちで材料視されず。クリスマス
休暇入りしている投資家も多く、薄商いで閑散相場。ただ為替が円高へと進行し
ており、日経平均は軟調に始まる展開。寄り後は売り込む動きにはならず、非常
に狭いレンジでの方向感乏しい揉み合いが大引けまで続いた。日経平均値幅は今
年最小となり、日経先物は日中わずか30円の値幅しか無く、ほぼ動きがない状況。
日経先物の主な買い越し証券は野村、大和、カブコム、ドイツ、ニューエッジ。
売り越しはクレディスイス、メリル、光世、BNPパリバ、ゴールドマンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6418日本金銭機械 683円 +26
カジノ関連株として物色されている。昨日、橋本大阪府知事がマカオから帰国し、
カジノに前向きな姿勢を示す発言をしたことが刺激になっている模様。来年の通
常国会でカジノ法案が提出される見込みであり、その期待感が高まったようだ。
他にも関連株として6428オーイズミ、6425ユニバーサルエンターテイメントなど
もしっかりと買われている。

3325ケンコーコム 57100円 +5900
一時ストップ高まで買われた。蓮舫行政刷新相が21日、都内で漢方薬販売店やネ
ット通信販売会社を視察し、一般用医薬品のインターネット販売規制緩和を検討
すると記者団に発言したと、一昨日に報じられている。それを材料視して一昨日
買われていたが、上昇は限定的だった。しかし今日になって改めて好感され派手
に買われているようだ。昨年6月から改正薬事法が全面施行され、ネット販売で
の一般医薬品の販売が出来なくなっている。規制緩和となれば同社には追い風と
の見方。

4563アンジェスMG 111000円 +15000
ストップ高。13時に6277ホソカワミクロンと共同出願していた「NF-κBデコイオリ
ゴ」の製剤特許が日本と米国で成立したと発表。これを好感して派手に物色され、
ストップ高まで買われている。同社株は最近小動きで揉み合いだっただけに、買い
やすさもあったようだ。ザラバ中の発表とあって短期資金中心の買いとの見方だが、
来週以降この材料でどの程度中長期資金が入って来るかだと・・。基本的には買い
も続かないと見る向き多い。ホソカワミクロン株もしっかりと買われて大幅高。

7201日産自動車 785円 -10
今日は自動車株軟調銘柄目立っている。中国の北京市政府は23日、自動車のナンバ
ープレート発行を年間24万台に制限することなどを柱とする渋滞対策を発表。今年
の登録台数見込みの3分の1への大幅減となる。また個人の車保有を1人1台に限定す
ることなども盛り込まれており、自動車メーカーにはネガティブとの見方。今後中
国の別の都市でも規制強化になるのではとの懸念もあるようだ。ここに来て円高へ
と進行していることも自動車株の重石となっている様子。今日は海外勢クリスマス
休暇で参加していない向きも多いことから、来週の動向が懸念されると・・。

6871日本マイクロニクス 977円 +60
大幅上昇。今日は1551JASDAQ-TOP20ETF軟調で、売られているJASDAQ-TOP20銘柄も
目立っている。同社もJASDAQ-TOP20銘柄だが、今月殆ど買われていなかったことも
あり、手仕舞い売りも乏しいようだ。逆に出遅れとの見方もあるようで、見直し買
いが入ってきている模様。PERやPBRといった指標も低く、他のJASDAQ-TOP20銘柄と
比較しても割高感は乏しいと・・・。今日の上昇を機に、揉み合い相場上離れ、再
度の大台乗せを目指すのではと期待する向きは多いようだ。

3843フリービット 291800円 +47800
大幅高。同社は今朝9時に中国合弁会社のプラットフォームが標準搭載した携帯が、
世界第3位の携帯電話事業者チャイナユニコムが正式採用したと発表。更に両社は戦
略提携を締結したと・・。東証開示でも発表されていたが、朝方は殆ど材料視はさ
れず。しかしQuick端末などでこのIRが10:35に流れると、徐々に買われて前場引け
にかけ一段高に。後場には更に一段高に。この動きからも材料を好感した買いとい
うよりは、値動きを好感した買いも多いようで、個人投資家の短期資金中心の物色
と見る向き多い。

6378木村化工機 614円 +46
大幅高。政府はトルコと原子力協定を締結する方針との報道から原発関連株として
同社株に短期資金集まったようだ。値動き軽い銘柄と言うことも短期資金集まりや
すいようで、個人投資家中心に物色されている模様。最近は原発関連のニュースが
出ても、昔のように反応はしておらず材料視もされなくなってきていたが、今日久
しぶりに派手に物色されていることから、続く可能性もあるのではと期待する見方
も。超小型の貸借銘柄と言うこともあり、空売り多く入るようだと面白いと期待す
る声も・・・。

9104商船三井 554円 -14
今日は海運株が総じて安い。ゴールドマンが同社の投資判断を2段階引き下げ売りと
したことが嫌気されている。他の大手2社の目標株価も引き下げている。引き下げ理
由としてばら積み船運賃の更なる下落や、円高による利益目減りなどを挙げている。
ばら積み船の国際運賃指標であるバルチック海運指数は昨晩まで13日連続下落とな
っており、海運業界の先行き不透明感強まっているようだ。最近の原油価格の上昇
も、コスト増に繋がるため、海運業界に逆風だとの見方も多い。

===============
◆◇12/27(月)の主な予定!◇◆
===============
11月自動車生産(13:00)
11月住宅着工戸数(14:00)
ウェザーニューズ、ライトオン、ハイデイ日高、象印マホービンなど決算発表
米2年国債入札
香港市場休場「The first weekday after Christmas Day」
英国市場休場「クリスマス」
[動いた株・出来た株]

*ホソカワM<6277> 357 +30
アンジェスではNF-kBデコイオリゴの製剤特許が日米で成立と発表。

*ダイフク<6383> 572 +25
中国市場向け物流システムの開発機能を現地に移管と。

*フージャース<8907> 32400 +1150
中小型不動産株には値幅取りの動きが強まり。

*東栄住宅<8875> 1358 +37
好業績期待支えに再度上値追いへ、権利取りの動きなども。

*日本化成<4007> 186 -12
引けにかけて急落、特に目立った材料は観測されないが。

*ラサ工業<4022> 97 -6
100円が支持線ともならず、下値不安強まる。

*三晃金属<1972> 178 -9
一昨日に人気化の反動、短期資金の回転は早く。

*前田建設<1824> 262 -13
上昇トレンドライン割り込んで利食い売りなど集まる。

*合同製鐵<5410> 175 -7
東京製鐵の値上げ発表以降、電炉株には売り圧力強まり。


(前場)
*国際航業<9234> 204 +22
特に材料は観測されず、仕掛け的な動きか。

*木村化工機<6378> 614 +46
トルコとの原子力協定締結で原発関連が賑わう。

*サンフ不動産<8934> 11250 +750
中小型不動産株物色の裾野が広がる格好で。

*オーイズミ<6428> 317 +16
カジノ関連銘柄の一角が循環物色の動きとなっており。

*ミニストップ<9946> 1350 +64
一昨日に発表した業績の上方修正が買い材料視される。

*日鉄鉱業<1515> 393 +18
子会社が銅の増産を行うと発表している。

*ケネディクス<4321> 24140 +930
もみ合い上放れから一段と値幅取り妙味も高まり。

*日本オラクル<4716> 4025 +155
一昨日に発表の上半期決算は従来計画を上振れて着地。

*ウェザーニューズ<4825> 1508 +54
来週初の決算発表控えて期待感も先行へ。

*ジャックス<8584> 234 +8
調整一巡感から再度ショートカバー優勢に。

*アルコニックス<3036> 1685 +54
公募売出株の受渡期日迎えて、今後の需給改善期待高める。

*Uアローズ<7606> 1272 +39
衣料品専門店の勝ち組として再評価の動きにも。

*旭有機<4216> 218 +6
株式新聞では注目銘柄に取り上げている。

*チタン工業<4098> 292 +8
東芝のリチウム電池大幅増産報道を思惑材料視で。

*ウッドワン<7898> 281 +6
一昨日から急動意、流動性向上で割安感に意識も。

*日本新薬<4516> 1160 +24
底打ち機運が強まり、買戻しの動き強まる格好にも。

*CCC<4756> 463 +9
メディアドゥやオプトなど積極的な出資などを評価材料視。

*国際帝石<1605> 481000 +8500
原油市況の上昇をストレートに好材料視。

*DeNA<2432> 2979 +48
調整一巡感から押し目買い、内需系に物色シフトで。

*日本無線<6751> 245 -21
TOB期間終了による処分売りに押される。

*フコク<5185> 801 -48
今期最終利益は20億円の従来予想から7億円に減額。

*システナ<2317> 83000 -4900
子会社の売却などもマイナス材料に捉えられる格好か。

*三協・立山<3432> 101 -5
未定としていた上半期末配当金は無配としている。

*三ツ星ベルト<5192> 455 -21
もみ合い下放れ、タイヤ株同様にゴム価格の上昇などを警戒視も。

*クボテック<7709> 28240 -1260
過熱警戒感からの利食い優勢の展開が続く。

*アイダエンジ<6118> 371 -15
一昨日の長い上ヒゲ示現で達成感も。

*プロミス<8574> 426 -17
NISの貸金業登録取り下げなども警戒材料に。

*黒崎播磨<5352> 327 -13
鉄鋼株安の流れもマイナス要因につながるか。

*東光<6801> 151 -6
スマートフォン関連として足元でも賑わったが。

*シンプレクス<4340> 34000 -1300
年初来安値を更新で見切売り圧力が強まる。

*中山製鋼所<5408> 111 -4
値上げ発表後の東京製鐵の株価下落に連れ安も。

*日清紡HLDG<3105> 897 -32
グループ再編に伴う業績修正を発表、最終利益は下方修正。

*山一電機<6941> 404 -14
取引規制緩和で直近上昇の反動も。

*東京製綱<5981> 261 -9
上値の重さ意識から利食い売りが優勢の展開に。

*有沢製<5208> 449 -15
10月のマド埋め完了でリバウンド一巡感、トレンドからも下放れで。

*三菱UFJ<8306> 438 -5
メガバンクは全般的に戻り売りに押される。

*東芝<6502> 443 +5
ソニーへの長崎工場の売却が評価材料視される。

*日本電気<6701> 246 -4
一昨日に人気化の反動で短期資金の利食い先行か。

*新生銀行<8303> 97 -2
株価100円台回復で達成感も。

*日本板硝子<5202> 220 -5
円高ユーロ安の流れを嫌気材料視する。

*商船三井<9104> 556 -12
GSでは「強い買い」から「売り」に投資判断を格下げ。

*ラウンドワン<4680> 510 +6
直近での信用取組改善などを改めて材料視で。

*太平洋セメント<5233> 110 -3
ドイツでは業績予想を減額修正している。

*JX HLDG<5020> 553 +2
原油市況の上昇なども買い手掛かり材料に。

*全日空<9202> 307 +5
GSでは投資判断を「売り」から「中立」に格上げ。

*日本郵船<9101> 364 -5
バルチック指数の下落基調は早まる格好となり。

*日産<7201> 791 -4
北京の車登録制限との報道などもネガティブ視される。

*三菱マテ<5711> 263 -3
非鉄市況は総じてマイナスサイドになっており。

*大塚HD<4578> 2049 +18
一部国内証券で投資判断を新規に買い推奨との観測も。

*三井不<8801> 1624 +11
引き続き不動産セクターには見直しの動きが強まる格好に。

*電気硝子<5214> 1183 -17
一昨日に第3四半期業績見通し発表、コンセンサスは下振れ。

*ファストリ<9983> 13120 -120
衣料品各社の12月月次は総じて低調で。

*倉敷機械<6211> 169 +19
引き続きTOB価格170円に鞘寄せの動き。

*フリービット<3843> 277500 +33500
中国合弁会社のプラットフォームを標準搭載した携帯をチャイナユニコムが採用。

*サイバーエージ<4751> 177700 +2400
こう着感から主力のネット関連株への物色が目立つ。

*日本通信<9424> 8900 +1400
引き続き、スマートフォン関連として賑わう。

*セルシード<7776> 816 +31
歯周組織再生シートの臨床研究実施計画が了承されたと発表。

*アーク<7873> 115 -5
引き続き、事業再生ファンドによる支援を材料視も短期的な過熱感強まる。

*メディア工房<3815> 60800 -2300
11月の月次動向は好調継続も、伸び率が鈍化したことを嫌気。

*いい生活<3796> 38550 +5400
目立った材料は観測されておらず短期の値幅取り中心か。

*コムチュア<3844> 164500 カ
引き続き、クラウド関連として物色される。

*エイブルCH<3272> 403 +16
発行済株式数の6.65%にあたる自社株取得枠の設定を好感。

*JMNC<3645> 1722 -123
短期的な過熱感から利益確定売り優勢。

*オプトエレ<6664> 317 -15
前期配当予想を無配へ下方修正したことを嫌気。

*マイクロニクス<6871> 949 +32
株式新聞で取り上げられたことを材料視。

12月24日(金)

H「週末の日経平均は軟調だった。ただ寄り付きからは殆ど動いていない。日中の値幅は今年最小を記録した。」

K「まあ、仕方ないだろう。海外勢はクリスマス休暇中だし、国内勢も手控えている向きは多い。動いているのは個人投資家が中心と言える状況だ。」

H「そうだな。昨晩の米国市場も休日モードだった。商いは低調で参加者乏しく、指数も小動きだった。ダウは小幅に続伸したが、ナスダックは小幅に反落した。経済指標発表も多かったんだが、強弱まちまちだけに材料視もされていない。」

K「ただ為替がな。一昨日から昨日にかけ結構円高へと進行している。ドル円も、ユーロ円も1円程度円高へと進行しており、今日は輸出株中心に売り優勢で始まった。まあ寄り後は参加者乏しいだけに更に売り込む動きにならなかったのは幸いだが・・。」

H「でも懸念だよな。この円高は。クリスマス休暇明けの海外勢が来週改めて手仕舞いに動くのではという警戒も一部で強まっている。今日は海外勢休んでいる向き多いため、この程度の下落で済んだとの見方だ。」

K「ただ海外勢は日本株買いスタンスに変わっているだけに、そうすぐに売りスタンスに変わるとも思えない。今月は短期資金だけでなく、海外勢の中長期資金も日本株を買ってきていただけに、そう言う向きが、円高進行したからってすぐに売りに転じるとは考えにくいだろう。」

H「確かに中長期資金にしてみれば、目先の為替動向でそうそうスタンスなど変えないからな。」

K「ただ、買い手控えに繋がる要因になるだけに、短期資金やヘッジの先物売りで下落してしまうという懸念は否めない。ただ下げてくれば、まだ買っていなかった中長期資金が拾ってくると言う期待もあるし、日銀によるETF買いも下支えとなるだろう。」

H「そうだな。それに個人投資家の買い気がここに来て強まっているからな。信用買いの評価損益率は改善しているし、信用買い残高もまだまだ低水準であり、個人投資家の買い余力は強まっている。」

K「ああ。もちろん海外勢が本気で売りに転じてくれば、個人投資家の買いでは支えられないが、海外勢の中長期資金がまだ買いスタンス続ける可能性は高く、投機筋などによる売りだけならば下値も限定的だろう。」

H「そうだな。でも為替が更に円高へと進行していくようだと、そうも言ってられないだろ。」

K「ただ今日政府は2011年度予算案で為替市場介入の原資を5兆円積み増す事が決まった。これにより更なる円高へ進行するようなら介入して阻止してくるんじゃないのか。まあ実際に介入しなければ宝の持ち腐れだけどな。」

H「介入しないんじゃないのか。それに介入するとしても、もっと円高へと進行してからだろう。」

K「確かにそれは言えるかもな。1ドル80円を再度割り込んでこないと確かに介入の期待は乏しいだろう。」

H「それに何よりも、介入では円高進行を根本的に止められない。」

K「そんなことは解っている。良いんだよ。時間稼ぎで。その間、米景気回復が鮮明になってくれば、自然とドル買いの流れになっていく。まあ短期的に言えば、年末はドル需要多いことから、更なる円高も限定的と思えるが、問題は年明け以降だよな。」

H「そうだな。年明け以降、円高へと進行していくと見る向きは非常に多い。実際にそうなるようなら、そう言った場面でガツンと介入でもしてくれば面白いんだが・・・。」

K「欧州財政懸念も依然として残っているし、まだまだ先行き懸念は多い。それだけに疑心暗鬼相場は続きそうだ。ただその方が相場も長続きしやすとは言えるけどな。」

H「そうだな。そう言った外部要因に左右されにくい、新興市場などの中小型株、それに内需系がまだまだ買われていくという可能性はあるからな。」

K「ああ。REIT指数は今日高値を取り直してきている。日銀によりREIT買い入れスタートで出尽くし的に売られたものの、スピード調整で早くも上値取っており、この動きからも投資家の買い気は強い。外部要因で懸念材料多いとはいえ、買い気が強い状況続いていれば、何かしら買われてくるからな。」

H「そうだな。とにかく今年も残すところあと4日営業日。受渡ベースで言えば週明け月曜日が今年の最終売買日となる。それだけに週明けはしっかりと反発して欲しいモンだな。」

K「ああ。期待したい。」
2010.12.24先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。