(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.3【機関投資家の売買は来週がピークに】

2010/12/03 11:35|未分類CM:0
ヨーロッパは
スペイン国債入札の需要堅調とかで
ECBが無制限の資金供給を継続とかで
ヨーロッパの金融不安後退で大幅高

アメリカも雇用指数はよくなかったけど
中古住宅販売成約が良かったことで
消費の堅調さを確認
クリスマス商戦期待から大幅上昇

そして日本もと言いたいところだけど
下げるときだけ元気で
寄り天はしょうがないとしても
前引けにかけて投げまくり
ダサい
とりあえず今日も買いオンリーで持ち越し
高いものはとりあえず寄りで一旦利確のタイミングかなと
コマツとか利確して
まだ上値がありそうなのは逆指値入れて放置

後場
引き続き雇用統計前警戒やら
アメリカがここ2日で大きく上げてきたんで
そろそろ一服するだろうと
先取りする下げ

アメリカは押した方が日本上がるな
下手に上がると寄り天で延々上がらん



[株式オープニングコメント]
10250円と10500円のレンジに移行か、そろそろ銀行が主役に
 シカゴ日経225先物は10300円台に突入しており、日経平均は現在のレンジ(9700-
10200円)上限を上放れてくることになる。これにより来週の先物・オプションSQ
を前に、権利行使価格の10250円と10500円のレンジに移行する可能性がある。その場
合には中心値(10375円)辺りへの意識に向かうため、ヘッジに絡んだ商いによって
上へのバイアスが強まりやすい。この水準はボリンジャーバンドのプラス2σ、週足
の一目均衡表の雲上限レベルとなる。テクニカル面でも10200円辺りに位置する週足
の雲下限突破から、雲上限へのバイアスが強まることになろう。
 米雇用統計を控えているほか、週末要因による手控えなどから、高値保ち合いとな
る可能性はある。ただ、10200円辺りでの底堅さがみられるようだと、押し目買い意
欲が高まりやすく、持たざるリスクなども意識されてこよう。また、米雇用統計につ
いては非農業部門雇用者数は概ね前月並みの14万5千人増が見込まれている。先日の
ADP雇用報告によって、ポジティブサプライズとなる公算が大きいとみておきたい。
 昨日12/2は後場に入り、REITへの利益確定の流れが強まっていた。ただ6月安値を
ボトムに上昇が続いていたほか、REIT指数は11月以降でも10%超上昇していたため、
当然の利食いであろう。また、代表的なトヨタ<7203>がマイナス圏で推移していたこ
とを気にする声も聞かれていたが、11月から20%近く上昇していたため、当然の一服
だろう。ソニー<6758>についても3000円超えで、昨日は陰線を形成していた。
 利食いが出やすい水準ではあるが、ピークというよりも上昇トレンドの中での上げ
一服であろう。こういった流れが、相対的に出遅れているセクターや銘柄への物色に
向かわせることになり、きれいな循環物色での日本株全体の上昇につながる。そう言
う意味では、銀行セクターなどは、そろそろ物色対象として本格的なリバウンドが意
識されてきそうである。既存店の落ち込みによる影響が警戒される、Fリテイ<9983>
の下落影響は吸収できそうだ。
 なお、11/2のNY市場でダウ平均は106.63ドル高の11362.41、ナスダックは29.92
ポイント高の2579.35。シカゴ日経225先物清算値は大証比155円高の10315円。ADR
の日本株はトヨタ<7203>、キヤノン<7751>、三井住友<8316>、三菱商事<8058>、コマ
ツ<6301>、京セラ<6971>、オリックス<8591>など、対東証比較(1ドル83.87円換算)
で全般堅調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米11月小売業既存店売上高、前年同月比6.0%増と市場予想を上回る
・米10月中古住宅販売成約指数、市場予想に反して改善
・NYダウ続伸、好調な小売や住宅関連指数を材料視
・米半導体SOX指数、続伸
・欧州株式市場、ユーロ圏債務危機の波及回避に期待感高まり
・NY金続伸、3週間ぶり高値
・LMEニッケル、小幅続伸
・バルチック海運指数、反発
・東証REIT指数、続伸

弱気材料
・S&P、3ヶ月以内にギリシャの格付けを引き下げる可能性
・ユニクロ11月既存店売上高、前年同月比14.5%減
・米政府、油田開発解禁を撤回
・DRAMスポット、続落

留意事項
・22年W杯、カタール開催で日本落選
・NASAなど、異質な生命体を発見
・温暖化ガス削減、国内は20年に90年比15%減
・子ども手当、「3歳未満2万円」で合意
・高速料金、普通車上限2000円
・公取委、グーグルとヤフーの提携容認
・BHPビリトン、11年1-3月期の原料炭を1割値上げ
・アルジェリア高速道建設、工期を2年延長へ
・島根の鳥インフルエンザ、強毒性と確認
・JASDAQ-TOP20指数連動ETFが上場
・ドル/円(83円83-85銭)
・ユーロ/円(110円78銭-82銭)
・NY原油先物、続伸(1バレル=88.00ドル)
・NY債券市場、続落(10年債利回り0.028%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.200%)
・中国11月非製造業購買担当者指数(PMI)
・中国11月HSBC中国サービス業購買担当者指数(PMI)
・英11月サービス業購買担当者指数(PMI)
・ユーロ圏10月小売売上高
・米11月非農業部門雇用者数、失業率
・米11月ISM非製造業景気指数


[サポート&レジスタンス]
終値           10169
5日移動平均       10052
標準偏差+2σ      10387
レジスタンス(2)    10211
レジスタンス(1)    10190
ピボット         10166
サポート(1)      10145
サポート(2)      10122
転換線          10046
200日移動平均      9913
25日移動平均       9762
基準線           9656
先行スパンA        9491
100日移動平均      9484
先行スパンB        9257
標準偏差-2σ       9138

[ランチタイムコメント]
手控えの理由は多いがピークにつながる膠着ではない
 日経平均は小幅上昇。13.73円高の10182.25円(出来高概算7億7000万株)で前場の
取引を終えた。海外株高を背景に買いが先行したが、日経平均は寄り付き直後につけ
た10254.00円が高値となり、その後はやや利食いに押されている。6月戻り高値を更
新したほか、テクニカル面では一旦は達成感につながりやすいところであり、見極め
ムードも高まりやすい。また、指数インパクトの大きいFリテイ<9983>が既存店の落
ち込みが嫌気されて下げていることも、心理的には上値は追いづらい。膠着となる
と、次第に今晩の米雇用統計待ちのムードにもつながる。
 東証1部の騰落銘柄は、値上り944に対して値下り489、変わらず229と、値上り数が
過半数を占めている。セクターでは精密機器、ゴム製品、保険、石油石炭、医薬品な
どが小じっかり。半面、非鉄金属、海運、その他製品、小売などが小安く推移してい
る。
 テクニカル面での目先的な達成感や、米雇用統計の結果待ち、為替市場ではドル、
ユーロともに対円でやや円高に振れていることなど、手控えの理由は多い。また、来
週に先物・オプションを控え、権利行使価格の10250円での攻防が続いていることも
動きづらい。下値の堅さは意識され売り仕掛ける流れにはならないが、10250円を明
確に上放れないと、ヘッジに伴う上振れは期待しづらいところである。
 とはいえ、手控え理由がありながらも、プラスレンジで推移している状況は評価さ
れる。ピークにつながる膠着ではないことを意識しておきたい。

[クロージング]
機関投資家の売買は来週がピークに
 日経平均は小幅上昇。9.80円高の10178.32円(出来高概算15億6000万株)で取引を
終えた。海外株高を背景に買いが先行したが、日経平均は寄り付き直後につけた
10254.00円が高値となり、その後はやや利食いに押されている。6月戻り高値を更新
したほか、テクニカル面では一旦は達成感につながりやすいところであり、見極めム
ードも高まりやすい。また、指数インパクトの大きいFリテイ<9983>が既存店の落ち
込みが嫌気されて下げていることも、心理的には上値は追いづらい状況に。膠着とな
ると、次第に今晩の米雇用統計待ちのムードにもつながっていた。出来高は11/17以
来の15億株台にとどまっており、手詰まり状態だった。
 まずは今晩の米雇用統計次第ではあるが、注目としては週末の先物・オプションの
メジャーSQとなろう。国内外の機関投資家の売買も年内はSQでピークを迎えると
考えられる。メジャーSQによって取引量が増えるところでもあり、SQに絡んだ商
いにニューオーダーをぶつけてくる可能性はある。日本株の相対的な出遅れ修正の流
れが継続しているほか、今週の動きについても外部環境の不透明要因に対する影響は
限られている。海外経由のバスケット買いなども観測されており、上へのバイアスが
強まる可能性はありそうだ。
 現在のレンジ(9700-10200円)上限での攻防が続いているが、オプション権利行使
価格の10250円を明確に上放れてくるようだと、10250-10500円のレンジに移行するこ
とも考えられる。その場合にはレンジの中心値である10375円辺りは意識しておく必
要はあろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10178.32 +9.80
TOPIX879.22 +2.01
東証2部指数2099.22 +7.33
日経ジャスダック1199.89 +2.11
マザーズ指数392.29 +1.51
東証1部売買代金1兆1639億円
東証1部出来高15.61億株
東証1部騰落レシオ128.05%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に続伸。11月小売各社の既存店売上高や中古住宅販売成約
指数が市場予測を上回ったことが好感された。またゴールドマンが銀行セクター
を強気に格上げしたことも追い風に。それを好感し日経平均も堅調に始まる展開。
しかし週末と言うこともあり、寄り後は手仕舞い売り優勢で上げ縮小の動きに。
底堅さも見せていたが前場後半には先物にまとまった売りが出て、日経平均更に
上げ縮小。後場には前日終値付近まで垂れたものの、その後は落ち着いて小幅高
水準での揉み合いが続いていたが、終盤にマイナスに転じる場面も見られた。し
かし売り続かず結局日経平均は小幅高で引けている。日経先物の主な買い越し証
券はニューエッジ、ゴールドマン、ABNアムロ、安藤、水戸、カブコム、UBS。売
り越しはクレディスイス、モルガンS、みずほ、野村、シティG、三菱UFJMS、大和、
JPモルガンなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6050イーガーディアン 3150円 +391
朝方売られる場面あったものの、その後はしっかりと買われる動き。前場には再び
公募価格3000円に迫る場面もあったが、初値買いの戻り売りやVC売りの警戒で失速。
しかし後場には再び買われて遂に初値超え。その後は上場来高値も更新し、後半に
はストップ高まで買われる。ただストップ高維持出来ずに引けている。VCの売り一
巡感もあるものの、依然としてVC売りの警戒感は強いようだ。まだVC売り出てくる
恐れはあるものの、3000円割り込まなければ回転利くだけに期待は続くと・・・。

4680ラウンドワン 439円 +26
後場急伸し今日の高値で引けている。11月は40ヶ月ぶりに既存店売上高が前年同月
比で増加したことから、見直し買いにより派手な相場を演じたものの、下旬辺りか
ら調整局面に入っていた。しかしながら、来週にも11月月次売上高が発表されるこ
とから、再び期待する買いが入ってきたようだ。11月月次売上高も堅調となれば、
更なる見直し買いが期待出来ると見る向き多く、先回り買いも入ってきた様子。

4565そーせい 121900円 +6700
大幅上昇で先月末の戻り高値を抜いてきている。先月末には厚生労働省が緊急避妊
薬ノルレボについて製造販売を承認しても差し支えないとする意見をまとめたと報
じられ、派手に買われたものの、翌日には手仕舞い売りに押されていた。その後は
徐々に戻してくる動きで今日、急伸。やはり好材料だけに下げれば買いたい向きも
多い様子。怖いのが同社株を大量に保有しているフィデリティ投信の手仕舞い売り
だと・・・。

5196鬼怒川ゴム 383円 +16
しっかり。今朝の日経新聞では「アジアで稼ぐ」との記事で同社が紹介されている。
好感出来る内容であり見直し買いのきっかけになった様子。昨日には同じ記事で
6755富士通ゼネラルが取り上げられておりゼネラル株が昨日上昇したことから、今
日取り上げられた同社株にも思惑から短期資金も入ってきたようだ。同社株は昔か
ら仕手性あることから個人投資家好みの銘柄であり、それだけにシコリも多く株価
の重石となっていた。見直し余地はまだあると見る向き多い。今朝のGRAILメールで
取り上げた本日の注目材料株。

4661オリエンタルランド 7610円 -150
軟調。昨日上昇した分を全て吐き出す動き。昨日は場中にディズニーランド、ディ
ズニーシーの入場料を引き上げる方向で検討に入ったと日経新聞電子版などで報じ
られ一段高となっていた。しかし今朝同社は、報道に関し従前より検討を続けてい
るが、現時点で決定している事実はないとコメントしている。これが手仕舞い売り
を誘ったとの見方。ただ基本的に入場料値上げが近いことは既に想定されていたこ
とであり、目新しさも無いだけに、昨日買い向かった短期資金が今日上げないこと
から手仕舞いに来たのではと・・。

===============
◆◇12/6(月)の主な予定!◇◆
===============
菅首相会見
米倉経団連会長会
ピジョン、一建設など決算発表
ユーロ・グループ(非公式ユーロ圏財務相会合)
[動いた株・出来た株]

*ラウンドワン<4680> 439 +26
後場から切り返し、月次発表などの接近も思惑材料視か。

*CKD<6407> 679 +32
11月高値を更新して上値妙味の広がる格好に。

*アコム<8572> 995 +37
オリコの人気化が消費者金融株の刺激材料に。

*DeNA<2432> 2619 +96
中国、日本のソーシャルゲームデベロッパーを共同で発掘・支援へと。

*北陸電工<6989> 164 +6
最終損益下方修正の影響も織り込み、出尽くし感も優勢に。

*太平工業<1819> 354 -10
特に材料は見当たらず、個人投資家中心に処分売りか。

*沢井製薬<4555> 6820 -190
キョーリンへの経営統合提案受け、後発薬市場の成長期待など低下も。

*ポイント<2685> 3550 -95
11月の既存店売上高の伸び悩みをネガティブ視。

*住友大阪セメ<5232> 190 -5
上値の重さ嫌気で見切売り、相対的に太平洋セメに出遅れ感意識も。




(前場)
*フルキャスト<4848> 20170 +4000
値幅取り狙った資金流入が一段と活発化へ。

*インボイス<9448> 1487 +120
MBOを実施と発表、TOB価格1500円に鞘寄せへ。

*ラサ工業<4022> 83 +6
昨日同様に、中国のリン輸出抑制を思惑材料視。

*キョーリン<4569> 1427 +77
沢井製薬が経営統合提案でプレミアム付与期待。

*駒井ハルテック<5915> 176 +8
出来高膨らんだ11月の戻り高値水準も突破で。

*シップヘルス<3360> 1024 +44
野村の目標株価引き上げ以降は上昇ピッチに弾みで。

*クミアイ化学<4996> 283 +12
前期最終利益は9.5億円から12.9億円に上方修正。

*グンゼ<3002> 318 +12
タッチパネル関連との位置づけや低PBR水準などを見直す動き。

*フランスベッド<7840> 110 +4
低位材料株の循環底上げの動きに乗る。

*カカクコム<2371> 442000 +16000
岡三の格上げなどで見直しの動き強まる格好にも。

*野村総研<4307> 1779 +59
GSでは「買い」推奨を継続としている。

*KOA<6999> 892 +29
もみ合い上放れに追随買いの動きも。

*鬼怒川ゴム<5196> 378 +11
アジアで稼ぐ企業として特集記事が掲載される。

*ユニプレス<5949> 1496 +42
日産の米国販売好調なども支援材料か。

*トレンドM<4704> 2701 +71
月替りで配当権利取りの動きも強まるか。

*ヤマダ電機<9831> 5550 +140
中国展開や新規分野への参入などにより成長期待あらためて。

*エプソン<6724> 1440 +35
足元では投資判断の格上げなど目立った銘柄で。

*日本電設工業<1950> 757 -28
特に目立った材料は観測されず、買いもの薄のなか処分売りに押される。

*ハニーズ<2792> 1072 -39
一昨日に発表した11月の月次動向が嫌気材料に。

*コナカ<7494> 283 -9
今週の上昇が目立った銘柄だけに利食い売り優勢へ。

*ファストリ<9983> 12990 -400
11月の既存店売上高は前年同月比14.5%減となる。

*りそなHLDG<8308> 510 -15
引き続き、増資実施懸念が株価の上値を抑える背景に。

*CCC<4756> 406 -11
目先の上値到達感も広がって、引き続き手仕舞い売り優勢に。

*シロキ工業<7243> 273 -7
アイシン精機との資本提携受けた上昇にも一服感、過熱感冷やす展開に。

*イーグル工業<6486> 763 -19
前日の上昇も目立つなど短期的な過熱警戒感は強く。

*大同メタル工業<7245> 605 -14
個人主体の株価上昇銘柄には週末要因への警戒高まりやすく。

*三菱UFJ<8306> 402 +1
米国市場ではGSの格上げによって銀行株が強い動きとなり。

*富士電機<6504> 237 +1
JPMでは「オーバーW」格上げで290円目標に。

*マツダ<7261> 240 +3
過度なユーロの先安懸念など後退する状況にもあり。

*太平洋セメ<5233> 112 +2
引き続き相対的な出遅れ感などを埋める動きにも。

*日産自動車<7201> 820 -5
本日は為替の円高傾向がマイナス材料視される展開へ。

*トヨタ<7203> 3285 -5
引き続き、11月の米国販売動向などが不安材料視される格好で。

*プロミス<8574> 471 +2
オリコの株価急伸が消費者金融株の刺激材料にも。

*昭和電工<4004> 181 +2
前日にはコスモの投資判断格上げなど観測されている。

*JX HLDG<5020> 537 +3
原油市況の上昇は支援材料につながる状況へ。

*日本ピストン<6461> 216 -2
週末要因に伴う手仕舞い売り圧力は強いか。

*コマツ<6301> 2431 -13
個人投資家を中心に利食い売り先行の展開か。

*ファナック<6954> 12620 +230
11月高値更新で上値妙味が広がる。

*オリコ<8585> 69 +8
みずほの追加支援報道などが伝わっている。

*都築電気<8157> 529 +19
タワー投資顧問の保有比率上昇をはやし。

*大真空<6962> 374 +18
スマートフォン向け部品需要拡大期待や低PBR水準などを手掛かりに。

*神戸電鉄<9046> 234 -22
連日の株価急落が信用買い方の狼狽売りなども誘う格好か。

*イー・ガーディアン<6050> 2892 +133
短期資金による値幅取りで賑わうも初値の3000円が上値抵抗線として意識される。

*ベクター<2656> 138100 -4000
JASDAQ-TOP20指数連動ETFの上場で目先の出尽くし感も。

*アルチザ<6778> 46700 -3000
第1四半期営業損益が6000万円の赤字継続となったことを嫌気。

*ビットアイル<3811> 86500 +4000
第1四半期営業利益は前年同期比43.9%増の大幅増益となり。

*インフォテリア<3853> 84900 +7700
米ソフトウエア会社との協業によるクラウド事業に期待感高まり。

*シコー<6667> 143700 +7200
光学3倍ズーム装置で世界最小クラスの製品を開発したと報じられている。

*綜合臨床HD<2399> 38000 +1300
台湾社などと医療用モニター販売に関わる協業で合意と発表。

*Dアーツ<2326> 62700 +3100
イー・ガーディアンの強い動きがネットセキュリティー関連の刺激材料にも。

*アクロディア<3823> 45100 +3600
引き続き、アンドロイド関連のテーマ性から物色も。

*ADワークス<3250> 14800 -770
昨日は目立った材料なく急伸となった反動で。

*アズジェント<4288> 154500 +5100
株式新聞で取り上げられたことを材料視とも。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。