(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.2【日本株の相対的な優位性から押し目買い意欲は強い】

2010/12/02 11:24|未分類CM:4
中国のPMIに続いて
ヨーロッパのPMIが改善で景気回復が鮮明に
アメリカではADP雇用統計が大きく予想を上回ったことで
世界的に景気回復でヨーロッパ、アメリカともに大幅高

持ち越しは買いオンリーで
S高で追加して持ち越しのフルキャストを適当に利確
世界的に大幅高
為替は円安
素材は大幅高
今日は売る理由がないんだけど
半分くらい寄りで利確して
下で再び拾い

後場
もみ合い
ちょっと下押ししたところで強い銘柄を拾って利確
年末相場に期待して基本持ってるだけ


[株式オープニングコメント]
上へのトレンドは他国のパフォーマンスを相当上回る
 米ADP雇用報告での予想を大きく上回る雇用増によって、週末の米雇用統計に対
する期待感が高まった。25日線を下放れて調整トレンドに入ったNYダウは、一目均
衡表の雲上限をサポートに大きく反転をみせている。欧州の信用不安についてはユー
ロの先安感がくすぶるものの、欧州中央銀行(ECB)はアイルランドとポルトガルの
国債を購入したと伝えられており、一先ず警戒感は後退した格好である。
 これによりシカゴ日経225先物は一時10200円台に突入しており、東京市場はこれに
さや寄せする格好からのオープニング・ギャップと予想される。日経平均は9700-
10200円のレンジ上限をうかがうことになり、戻り高値を更新することになろう。た
だ、レンジ上限を捉えることにより、これを明確に上放れるかを見極めたいところで
ある。6月戻り高値レベルが当面のメドとみられているほか、週足の一目均衡表では
雲が10195-10358円辺りに位置している。まずは雲下限が抵抗として、意識される可
能性がある。
 とはいえ、日本株への出遅れ修正の流れが続き、昨日12/1も底堅さが目立ってい
た。各国との比較でのアウトパフォームが続くことも期待される。外部環境が不透明
では底堅さしか感じられないが、外部環境の落ち着きがみられたことにより、上への
トレンドは他国のパフォーマンスを相当上回るとみておきたい。また、ボリンジャー
バンドのプラス2σは、昨日の段階で10350円辺りまで拡大している。週足の雲上限辺
りと一致するため、10200円オーバーとなった場合の次のターゲットになる。
 なお、12/1のNY市場でダウ平均は249.76ドル高の11255.78、ナスダックは51.20
ポイント高の2549.43。シカゴ日経225先物清算値は大証比175円高の10175円。ADR
の日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、キヤノン<7751>、三井住友<8316>、
ソニー<6758>、デンソー<6902>、コマツ<6301>、オリックス<8591>、TDK<6762>な
ど対東証比較(1ドル84.21円換算)で全般堅調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米11月ADP雇用報告、民間部門雇用者数は9万3000人増と市場予想を上回る
・米11月ISM製造業景気指数、56.6と5月以来の高水準
・NYダウ大幅反発、雇用改善に期待感高まる
・米半導体SOX指数、大幅反発
・欧州株式市場、米中経済指標を好感し全面高
・ユーロ/円、円高一服(110円41銭-45銭)
・NY金小幅続伸、対ユーロでのドル安を受け
・LMEニッケル、続伸
・東証REIT指数、大幅反発

弱気材料
・米韓、月内にも再演習の方針で地政学リスク燻る
・米11月新車販売、トヨタは2ヶ月連続で減少
・10月鉄鋼輸出、15ヵ月ぶり減少
・バルチック海運指数、小幅続落
・DRAMスポット、大幅下落

留意事項
・米グーグル、電子書籍事業に参入へ
・米サイバーマンデー、売上高が初の10億ドル突破
・米ベージュブック、経済活動は12のうち10地区で強まる
・たばこ税収、10月は過去最高を記録
・中国ツアー予約、年末年始は尖閣問題で半減
・ドル/円(84円17-19銭)
・NY原油先物、大幅反発(1バレル=86.75ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.169%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.150%)
・法人企業統計調査
・11月マネタリーベース
・対外対内証券売買(先週分)
・ユーロ圏10月生産者物価指数
・ユーロ圏7-9月期GDP
・欧中銀(ECB)政策金利
・米新規失業保険申請件数(先週)
・米10月中古住宅販売成約指数
・FIFA2018年と2022年開催のワールドカップ開催地を理事会で決定


[サポート&レジスタンス]
終値            9988
5日移動平均       10034
標準偏差+2σ      10350
レジスタンス(2)    10034
レジスタンス(1)    10011
転換線           9978
ピボット          9965
サポート(1)       9942
200日移動平均      9912
サポート(2)       9895
25日移動平均       9731
基準線           9641
100日移動平均      9475
先行スパンA        9462
先行スパンB        9257
標準偏差-2σ       9111

[ランチタイムコメント]
高値圏での膠着だが次第に上へのバイアスが強まる
 日経平均は大幅上昇。178.07円高の10166.12円(出来高概算9億5000万株)で前場
の取引を終えた。米雇用情勢の改善期待やスペイン政府が打ち出した健全化計画、欧
州中央銀行(ECB)によるアイルランドとポルトガルの国債購入などを受けた欧州信
用不安の後退を背景に、東京市場は買い先行のスタートとなった。日経平均は寄り付
き直後に10187.59円まで上げ幅を広げ、11/22以来の戻り高値を更新した。
 ただ、オープニング・ギャップ後は膠着感が強まっており、日経平均は40円程度の
狭いレンジでの推移が続いている。東証1部の騰落銘柄は、値上り数が全体の8割を占
めている。セクターでは証券、機械、不動産、ゴム製品、精密機器が堅調。半面、電
力・ガスがさえない。
 日経平均は戻り高値を更新し、その後は高値圏での膠着ではあるが、想定された値
動きであろう。抵抗線として意識される水準に到達しているため、利食いが出やすい
ほか、上放れを見極めたいとする様子見も強まりやすい。為替市場ではドル、ユーロ
ともに対円で、やや円高に振れている。これが上値追いの展開になりづらい状況にさ
せている可能性がある。
 ただ、直近の抵抗だった10150円処を上回っている状態が続くようだと、レンジ切
り上げへのバイアスが強まる可能性はある。また、来週の先物・オプションSQを前
に、オプション権利行使価格の10250円に近い水準に位置しており、上に行きやすい
とも考えられる。
 権利行使価格の10250円と10500円のレンジに移行する可能性もあり、その場合には
中心値(10375円)辺りへの意識に向かいそうである。この水準はボリンジャーバン
ドのプラス2σ、週足の一目均衡表の雲上限レベルとなる。テクニカル面でも週足の
雲下限での攻防から、雲上限へのバイアスが次第に強まることになろう。

[クロージング]
日本株の相対的な優位性から押し目買い意欲は強い
 日経平均は大幅上昇。180.47円高の10168.52円(出来高概算18億5000万株)で取引
を終えた。米雇用情勢の改善期待やスペイン政府が打ち出した健全化計画、欧州中央
銀行(ECB)によるアイルランドとポルトガルの国債購入などを受けた欧州信用不安
の後退を背景に、東京市場は買い先行のスタートとなった。日経平均は寄り付き直後
に10187.59円まで上げ幅を広げ、11/22以来の戻り高値を更新した。
 しかし、オープニング・ギャップ後は高値水準での膠着感が強まっていた。週末の
米雇用統計の内容を見極めたいとする様子見もあったようだが、ユーロ安の流れなど
も上値を追いづらくさせたようだ。また、東証1部の8割近くが上昇するなか、代表的
なトヨタ<7203>がマイナス圏で推移していたこと。さらに、日銀の買い入れ期待から
強い動きをみせていたREITが、後場に入り急速に利食いに押されたことも上昇一
服感につながった。
 ただ、日経平均の10200円辺りはレンジの上限であるほか、テクニカル面での抵抗
もあり、まずは利益確定が出やすいところであろう。一方、それでも下値の堅さが目
立つ状況をみると、次第に上へのバイアスが強まってくる可能性はあるとみられる。
 明日は週末要因と米雇用統計待ちによって、引き続き膠着感が強まりやすい。しか
し、先高観が日増しに高まる中、日本株の相対的な優位性から押し目買い意欲は強い
と考えられる。また、来週の先物・オプションSQを前に、オプション権利行使価格
の10250円に近い水準に位置しており、上に行きやすい。10150円辺りを上回っての推
移が続くようだと、権利行使価格の10250円と10500円のレンジに移行する可能性もあ
り、その場合には中心値(10375円)辺りへの意識に向かいそうである。この水準は
ボリンジャーバンドのプラス2σ、週足の一目均衡表の雲上限レベルとなる。テクニ
カル面でも週足の雲下限での攻防から、雲上限へのバイアスが次第に強まることにな
ろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10168.52 +180.47
TOPIX877.21 +11.14
東証2部指数2091.89 +16.48
日経ジャスダック
マザーズ指数390.78 +3.63
東証1部売買代金1兆3746億円
東証1部出来高18.56億株
東証1部騰落レシオ124.67%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅上昇。欧州財政懸念が和らいだ事や、中国や欧米で堅調な
経済指標が発表された事から、世界的に景気回復期待が高まり買い安心感に繋が
った。またゴールドマンが2011年の米国と世界の成長見通しを上方修正したこと
も追い風に。ベージュブックでも景気改善が確認された事も好感。為替は円安へ
と進行しており、日経平均は大幅高で始まる展開。ただ寄り後は上値追う動き限
定的。しかし下値もまた限定的で、日経平均は非常に狭いレンジでの揉み合いが
続く展開。後場に入っても流れは変わらず揉み合い続き、結局そのまま大引けま
で小動きの揉み合いが続いた。日経先物の主な買い越し証券はゴールドマン、
UBS、クレディスイス、大和、日産センチュリー、みずほ。売り越しはニューエ
ッジ、メリル、モルガンS、シティG、ドイツ、JPモルガン、ABNアムロ、野村、
バークレイズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6050イーガーディアン 2759円 +59
乱高下。主幹事の野村がレーティング未付与ながら強気なレポート出しており朝
方は好感されて派手に買われる場面も見られた。初値の3000円にあと一歩の2999
円まで付けたが、それが今日の天井に。この動きからもロックアップが解除され
たベンチャーキャピタルの売りが結構出ているのではと見る向き多い。その売り
が一巡しないと、上げていくのは難しそうだと・・・。やはり、その手の売りが
出にくくなる年末年始には面白そうだと期待する声も。

9984ソフトバンク 3020円 +77
約3年8ヶ月ぶりの3000円台乗せ。日経平均寄与度が大きい銘柄なだけに、米株高
などを受け先物の買い戻しにより、必然的に同社株にも裁定買いなどが入ってく
る。特段、同社株に実需の買いが入ってきている状況ではないとの見方であり、
指数連動しやすい銘柄として短期売買されている面が強いと・・。以前は同社株
が強くなると、個人投資家が活発になったが、最近は言うほど個人投資家への心
理に影響は与えないと・・・。

7203トヨタ自動車 3290円 -20
好地合にも逆行安。日本時間の朝方に発表された米11月新車販売台数で同社は前
年同月比で減少となった。主要メーカーで唯一のマイナスとなっており先行き不
透明感強まっているようだ。一方、7201日産自動車などは好調な数字となり、今
日はしっかりと買われている。ただオイルマネー観測も一部で出ている事や、日
銀による指数連動ETF買い付けも今月中旬以降に始まることから、同社株の下値も
限定的と見る向きは多い。まだ暫く揉み合い相場が続くのではと・・・。

7541メガネトップ 807円 -23
大幅安。昨日は引け後に11月既存店売上高の発表を控えて期待されて買われていた。
その既存店売上高は前年同月比4.5%増となり4ヶ月連続の増加となった。しかし10
月より伸び鈍化しており、期待されたほどではないとの見方多いようだ。朝方は好
地合の影響もあり、買い優勢で始まったものの、寄り後は手仕舞い売りに押される
展開。11月中旬以降、軟調気味の相場となっていた事からも、今回の月次への警戒
も一部ではあったようだと・・・。ただ一時的な鈍化で懸念する必要は無いとの見
方も多いようだ。

4689ヤフー 31300円 +650
13時半過ぎに日経新聞電子版が公正取引委員会はネット検索で世界最大手の米グー
グルが日本国内最大手のヤフーに検索技術を提供する提携について容認する方針を
固めたと報じている。これが報じられてから徐々に上げ拡大する動きとなっている。
一方、競合相手の4755楽天は提携に反対していた事もあり、この報道後、売り圧力
強まってマイナス圏まで売られている。既に想定されていた事で、目新しいことで
はないものの、これを材料に短期資金が食い付いたようだ。

===============
◆◇12/3(金)の主な予定!◇◆
===============
臨時国会会期末
防衛省・自衛隊が日米共同統合演習を実施(~10日)
クックパッド、野田スクリーン、東栄住宅など決算発表
米11月雇用統計(22:30)
米11月ISM非製造業景気指数(4日 0:00)
[動いた株・出来た株]

*インボイス<9448> 1367 +106
値幅取り妙味強まり短期資金の関心向かう。

*松屋<8237> 585 +38
調整一巡感から再度買い戻し優勢の展開に。

*サンケン<6707> 377 +23
説明会を受けてJPMでは買い推奨を継続。

*パイオニア<6773> 347 +18
ここにきてカーエレ関連への評価高まる、取組妙味も。

*ショーワ<7274> 588 +30
自動車株高支援に買い戻し圧力も強まるか。

*リケン<6462> 340 +17
TIWで投資判断格上げとの観測も。

*ニチコン<6996> 1068 +53
前日は長い下ヒゲ示現、買い戻し優勢の展開に。

*オービック<4684> 14400 -480
ロシア私募債償還の行方など思惑視とも。

*キャンドゥ<2698> 67300 -2200
信用買い方の手仕舞い売りに押される展開へ。

*タクトホーム<8915> 77000 -1900
業績上振れ観測好感した動きにも一巡感で。

*伊藤園<2593> 1334 -31
通期上方修正発表も短期的には出尽くし感で。

*ポイント<2685> 3645 -70
11月の既存店売上高は前月比でマイナス幅拡大。

*北国銀行<8363> 287 -5
株式売出による需給懸念を引き続き警戒視。



(前場)
*コナカ<7494> 291 +40
調整一巡感、改めて今期の大幅黒字転換見通しを評価で。

*フージャース<8907> 24150 +2450
11月の戻り高値を突破で一段と上値妙味が広がる格好へ。

*ラサ工業<4022> 73 +5
中国のリン輸出抑制を受けて思惑とも。

*千代建<6366> 766 +52
資源価格の上昇などを背景に買い戻しの動きが優勢ともなる。

*セガサミー<6460> 1545 +97
高水準の自社株買い実施発表を評価材料に。

*芙蓉総合リース<8424> 2624 +152
直近では岡三が「強気」判断を継続へ。

*ルック<8029> 145 +8
値動きの軽さから短期資金の関心は続く。

*新光電気工業<6967> 964 +52
イビデンには格上げの動きも観測で、連想感も働く格好か。

*イーグル工業<6486> 782 +40
ショートカバー主導で一段高の格好か。

*日本板硝子<5202> 201 +10
円安ユーロ高反転を受けて買い安心感。

*フルキャスト<4848> 16060 +750
短期資金の値幅取りの動きが引き続き優勢に。

*アマダ<6113> 603 +28
アイダエンジとの業務提携による事業リストラを好感で。

*シロキ工業<7243> 286 +13
アイシンの資本参加を引き続き期待材料視で。

*加藤製作所<6390> 177 +8
本日は建設機械関連株の強い動きが目立ち。

*山一電機<6941> 377 +17
スピード調整一巡感、強いテーマ性はやして短期資金の押し目買い。

*SBI HLDG<8473> 11870 +530
株式市況の改善が買い材料にはつながるか。

*アドバンテスト<6857> 1777 +78
マッコーリーでは投資判断「アウトP」を継続している。

*ニチハ<7943> 665 +29
調整一巡感からの押し目買い、特に新規材料は観測されず。

*東芝プラント<1983> 1070 +46
突っ込み警戒感からの買い戻し、プラント関連の一角強い。

*SUMCO<3436> 1358 +56
前日はモルガン格下げで軟化も、海外半導体株高で買い戻しも。

*イビデン<4062> 2408 +97
バークレイズでは「オーバーW」格上げ、2620円目標とする。

*コマツ<6301> 2428 +92
世界的な景気回復期待に加え、需給妙味からの買い戻し期待も。

*住友重<6302> 532 +20
コマツや日立建機など建設機械株の強い動きが目立ち。

*太陽誘電<6976> 1164 +43
バークレイズでは「アンダーW」ながら目標株価上げ。

*乾汽船<9113> 499 -11
急ピッチの上昇に短期的な過熱警戒感強まる。

*伊藤忠テクノ<4739> 2980 -55
内需系の一角は利食い売りの対象にも。

*メガネトップ<7541> 817 -13
11月の既存店売上高は前月比で伸び率鈍化となり。

*クミアイ化学<4996> 269 -4
手掛かり材料乏しくなり、見切売りが優勢の展開に。

*クラリオン<6796> 152 -2
足元で強い動きが目立ち短期資金の利食い売りも先行へ。

*三菱UFJ<8306> 403 +6
欧州財政問題への警戒感後退も安心材料に。

*日立製<6501> 405 +6
主力株の一角には海外投資家の資金流入も継続へ。

*東芝<6502> 445 +6
SOX指数の大幅高などで半導体関連は反発へ。

*日産<7201> 818 +18
11月の米国自動車販売はコンセンサスも上回る好調で。

*野村HLDG<8604> 494 +16
外部環境の改善に伴う株式市況の先高期待で。

*太平洋セメ<5233> 110 +3
引き続き、MSCI除外による出尽くし感で出遅れ水準訂正の動き。

*トヨタ<7203> 3285 -25
11月の米国販売は主要メーカーで唯一のマイナス成長となり。

*新日鉄<5401> 283 +5
世界的な景気回復期待映して素材株にも買い優勢。

*三菱マテ<5711> 270 +7
銅など非鉄市況の上昇が非鉄関連株の買い材料に。

*マツダ<7261> 237 +5
対ユーロでの円安反転などをポジティブ材料視へ。

*昭和電工<4004> 180 +4
前日に発表したアグレッシブな中期計画を評価材料視。

*ソフトバンク<9984> 3005 +62
前日にはウィルコムの会社説明会なども開催と。

*ファストリ<9983> 13390 +130
本日月次売上発表予定も先物高による裁定買いなど先行で。

*ソニー<6758> 3055 +40
CSでは目標株価を3200円から3600円に引き上げ。

*ホンダ<7267> 3135 +55
米国自動車販売台数の上振れなど自動車株のプラス材料へ。

*三菱商事<8058> 2166 +32
世界的な景気回復期待の高まりや資源価格の上昇を受け。

*都築電気<8157> 500 +47
タワー投資顧問の保有比率上昇など手掛かりか。

*イー・ガーディアン<6050> 2833 +133
上場2日目による値動きの軽さから短期の値幅取り資金が集中。

*1stホールディングス<3644> 516 -42
初値形成後も下値模索の展開が続き見切り売り圧力が強まる。

*スカイマーク<9204> 1068 +65
日本航空の退職者470人を採用する計画を材料視も。

*一建設<3268> 2589 +61
JASDAQ-TOP20指数連動ETFの上場を明日に控え期待先行も。

*インフォテリア<3853> 77600 -1800
昨日ストップ高の反動から利益確定売り優勢。

*ジアース<8922> 5920 +180
リクルート「SUUMO」とデータ連携に関する業務提携契約を締結したと発表。

*豆蔵OSHD<3756> 50000 +7000
米SymbioSys Inc.と合弁会社を設立すると発表。

*アプリックス<3727> 118000 +5600
自社ソフトが「ドコモ スマートフォン GALAXY Tab」に対応と発表。

*シコー<6667> 136500 +7200
株式新聞で取り上げられたことを材料視とも。

*テックファーム<3625> 153500 +15100
目立った材料はないがアンドロイド関連のテーマ性を蒸し返す向きも。

*竹内製作<6432> 848 +33
ユーロ/円の円高一服やコマツの強い動きが支援材料に。

12月2日(木)

H「日経平均は大幅な上昇となった。一気に直近高値を超えてきており、下離れ懸念が一気に後退した。」

K「そうだな。一昨日には派手に下落し1万円も割り込んでいただけに、200日移動平均線維持出来るかが注目の焦点だったが、その懸念が一気に後退したと言えるかもな。」

H「ただ、このまま上げていくと見る向きは意外と少ない。」

K「確かにそうだな。まだ日柄調整不足との見方も多いし、色々な懸念が消えたわけでもないからな。」

H「でも欧州財政懸念は結構後退したと言えるだろ。」

K「まあそうだな。米国がIMF通じた欧州救済基金の拡大を支援する用意があるとの報道もあったし、トリシェECB総裁が大幅な国債買取拡大を示唆したと報じられ、欧州財政懸念が和らいでいる。」

H「ただ、これで欧州財政懸念が消えたわけではないが、ひとまず落ち着くと言う期待はありそうだな。」

K「そうだな。まあ来年になれば再び懸念視される時は結構な確率で来るだろうけどな。」

H「昨晩の米国市場は欧州財政懸念が和らいだ事に加えて、景気回復期待が強まったことも好感された。中国PMIは良かったし、欧州でもドイツ小売売上高や英PMIが強い数字となった。そして何より米ADP雇用統計が市場予測を大きく上回ったことも景気回復期待に繋がった。」

K「ああ。更に言えばゴールドマンだ。ゴールドマンは来年の米国と世界の成長見通しを上方修正した。これにより昨晩の米国市場では、更に景気回復期待が強まったとも言えるだろう。」

H「ゴールドマンは来年の最適投資先として米銀行株とジャンク債、商品、中国人民元、日本株の買いを勧めたようだ。」

K「まあ今日の先物手口見ると、それを裏付けるかのように日経先物もTOPIX先物もゴールドマンがもっとも買い越している。ゴールドマンが顧客に日本株勧めたんだから当然の動きといえるけどな。」

H「ただ、今日のザラバの動きは上値の重さも目立っていた。」

K「そりゃ仕方ないだろう。寄り付きからこれだけ大きく上げているし、つい最近まで何日か揉み合っていた水準だ。戻り売りだって出るだろうし、手仕舞い売りも出やすい場面だろう。」

H「まあ、それでも下値も限定的だったと言うことを考えれば、確かに今日はこれで上出来だといえるのかもな。」

K「そうだな。まあTOPIXが200日移動平均線を超えて引けられなかったのは気になるが・・。」

H「問題ないだろう。突破に時間をかければかけるほど、突破した後の動きに期待が出来る。」

K「確かにそれは言えるかもな。焦らして焦らしてエネルギーを大量に貯めてから一気に放出させるように上離れた方が、上昇力が増すのは確かだ。」

H「まあ、明日にもあっさりと上抜いてしまうかも知れないが・・。」

K「ただ、まだ調整不足なのは否めない。騰落レシオは120%超えてきている状況だし、ここから上げていっても長続きはしないだろう。」

H「でも時期的にも投資家は前向きになりやすい時期でもあるし、足下の懸念が次々と後退して行くなら、過熱感など無視してまだまだ上げていくと言う期待はあるだろう。」

K「確かにそう言うことも多々あるけどな。北朝鮮問題も既に懸念視する声もかなり減ってきているだけに、来週まで何もなければ、誰も言わなくなるかもな。あとは中国金融引き締め懸念だな。」

H「それも再来週までには後退すると言う期待はあるだろう。まあそれまでは、まだ警戒される恐れはありそうだが・・・。」

K「いずれにしろ、いつ突発的に懸念が強まっても不思議はなく、その状況で果たして上値買い上がっていく向きがどれだけいるかどうかだろう。その懸念を打ち負かすほどの追い風でも吹けば良いが・・。」

H「そうだな。円安とかな。」

K「ああ。昨日は円高へと向かった為替も、昨晩からかなり円安へと戻してきているからな。このまま円安方向へ進んでいけば、確かに待ったなしで日本株買われていくという期待もありそうだ。」

H「そう期待したいモンだな。」

K「取りあえず今晩の欧米市場、強い展開が続けられるのか注目したい。」

H「ああ。期待したいモンだな。」
2010.12.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
(`ノ∇´) みゃんこ今年かなり資産増やしてるんじゃね?
      大台乗ったら正直に私に教えなきゃ駄目よ!
      銀座で待ち合わせて一緒にヴィトンにでも行こうか?ww
きりまま #-|2010/12/02(木) 19:35 [ 編集 ]
(`ノ∇´) みゃんこ今年かなり資産増やしてるんじゃね?
      大台乗ったら正直に私に教えなきゃ駄目よ!
      銀座で待ち合わせて一緒にヴィトンにでも行こうか?ww
きりまま #-|2010/12/02(木) 19:36 [ 編集 ]
2回もゴメンww
きりまま #-|2010/12/02(木) 19:37 [ 編集 ]
まんま、全然増えねーぞ
ボラなさ過ぎ、出来高なさ過ぎ、市場にエネルギーなさ過ぎで
ミャンコのやる気もなさ過ぎだべ
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/12/02(木) 22:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。