(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.5【出遅れ修正への意識が次第に高まる】

2010/11/05 11:16|未分類CM:2
アメリカは金融緩和を好感して
しっかりと年初来高値を抜けて大幅高
年末まで行っちゃいそう

持ち越しはコマツとか三菱商事とか買いでよかったけど
場中売って踏まれるというアホなことしてしまった

りそな、やるやると噂はあったけど
ホントに公募増資をやって一人負け

昨日の夜は尖閣の映像が流出してお祭りだった
完全に故意にぶつけてきてるし
なぜこの映像を隠したんだか
売国、もとい仙谷は辞めてください

後場
日銀が何もしないことを決めて円高に動いてGD
ただその後踏み上げ

今日は今まで弱かった銘柄に
買戻しが入って大幅高のものが多かった

2時手前売り上がって
落ちてきたところ利確

りそなホントに5000億円分増資するのかね
増資をして公的資金返すんだと
ホントにやったら株主舐めてるわ


[株式オープニングコメント]
日銀会合の結果次第で一段高の可能性も
 追加量的緩和を引き続き好感した米国株高を背景に、シカゴ先物は9470円で取引を
終えている。225先物はイブニングで9440円をつけ、ある程度は織り込まれている感
があるものの、目先的な抵抗として意識されていた25日線を上放れる格好となろう。
物色については、米国の流れから金融、自動車、ハイテクなどに向かいやすく、金融
と輸出関連の強さが重なることで、日経平均へのインパクトとともに市場心理には相
当プラスに作用しよう。日銀の金融政策決定会合についてはサプライズこそ乏しいだ
ろうが、現状維持の政策が示されれば十分であり、REIT等の買入額が上積みされるよ
うだと、相場全体の押し上げにつながる可能性がある。
 なお、きょう11/5は決算発表が予定されている企業が380社を超え、先週末に次い
で2回目のピークとなる。また、週末要因のほか、米ADP雇用統計の予想を上回る数値
によって米雇用統計の改善が期待されているものの、やはり警戒感はくすぶるであろ
う。そのため基本的にはこう着感が強まりやすく、日経平均についても25日線の攻防
になりやすい。ただ、それ故に指値は薄い状況となるため、先物主導によるインデッ
クス買いの影響が大きく出てくることも意識しておきたい。
 11/4のNY市場はダウ平均は219.71ドル高の11434.84、ナスダックは37.07ポイン
ト高の2577.34。シカゴ225先物清算値は大証比110円高の9470円。ADRの日本株は
トヨタ<7203>、キヤノン<7751>、三菱商<8058>、デンソー<6902>、コマツ<6301>、京
セラ<6971>、オリックス<8591>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル80.73円換
算)で全般堅調だった。



[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ大幅続伸、追加量的緩和を好感
・米半導体SOX指数、続伸
・オバマ米大統領、ブッシュ減税の延長を示唆
・欧州株式市場、金融や鉱山関連株中心に全面高
・NY金、大幅反発
・LMEニッケル、小幅続伸
・東証REIT指数、反発

弱気材料
・米新規失業保険申請件数、市場予想以上に増加
・バルチック海運指数、続落
・中国、尖閣ビデオのネット流出で不快感
・りそな、公募増資で数千億円を調達へ

留意事項
・子ども手当、上乗せ3歳未満に限定
・小沢氏、政倫審を拒否
・7-9月ロボット出荷額、前年同期比2.3倍
・10月3Dテレビ販売台数シェア、3%まで上昇
・ドル/円(80円76銭-78銭)
・ユーロ/円(114円77銭-81銭)
・NY原油先物、4日続伸(1バレル=86.49ドル)
・NY債券市場、上昇(10年債利回り0.081%低下)
・長期金利、低下(10年債利回り0.925%)
・ミクシィや旭硝子、トヨタ、HOYA、オリンパス、住友不などが決算発表
・対外対内証券売買(先週分)
・10月車名別新車販売、車名別軽自動車販売
・10月輸入車販売台数
・ユーロ圏9月小売売上高
・米10月非農業部門雇用者数、失業率
・米9月中古住宅販売成約指数
・米9月消費者信用残高


[サポート&レジスタンス]
終値            9359
5日移動平均        9248
200日移動平均      9964
標準偏差+2σ       9699
100日移動平均      9443
レジスタンス(2)     9439
25日移動平均       9428
基準線           9420
レジスタンス(1)     9399
先行スパンA        9351
ピボット          9338
先行スパンB        9302
サポート(1)       9298
転換線           9292
サポート(2)       9237
標準偏差-2σ       9158

[ランチタイムコメント]
現状維持は想定されていたこと、いったん利食いもショートは避けたい
 日経平均は大幅続伸。251.52円高の9610.30円(出来高概算10億4000万株)で前場
の取引を終えている。追加の量的緩和策を引き続き評価した米国株の上昇、これを受
けてのシカゴ先物相場の強い流れを引き継ぎ、日経平均は9500円を回復して始まっ
た。その後も為替市場でのドル円、ユーロ円などのやや円安傾向のほか、日銀による
金融政策決定会合での結果に対する期待感から、上げ幅を広げている。
 東証1部の騰落銘柄は値上り1536に対し、値下り74、変わらず44と、値上り数が全
体の9割を占めるほぼ全面高商状に。規模別指数についても大型、中型、小型株指数
ともに2桁の上昇となっている。また、セクターではその他金融、非鉄金属、卸売、
鉄鋼、不動産、輸送用機器、精密などの強い値動きが目立つ。
 225先物は9620円まで上昇し、その後は高値保ち合いが続いている。ちょうどオプ
ション権利行使価格の9500円と9750円の中心値である9625円近辺での攻防である。こ
れをクリアしてくると、ヘッジに伴うカバーが強まりやすく、9750円の権利行使価格
を意識したトレンドに向かいやすそうである。このきっかけとして期待されるのが、
日銀の金融政策決定会合の結果であろう。
 金融政策決定会合の結果がランチタイムで発表された。過去の経緯から後場の13時
から13時半辺りの時間帯が注目されやすかったが、早めの発表によって後場スタート
からのインパクトを狙った格好か。買入れ対象のREITはAA格相当以上のもので信用力
に問題がないもの、売買成立日数が年間200日以上で年間売買累計額が200億円以上、
ETFについてはTOPIXまたは日経平均に連動するものとしており、相場全体の底上げ
狙いが意識される。
 また、今後の金融政策運営に関しては、先行きの経済・物価指数を注意深く点検し
たうえで、適切に政策対応を行っていく、との姿勢を強調している。為替相場はやや
円高に振れているため、今日のところは週末要因によって次第に利食い優勢の展開も
意識しておく必要はあろう。ただ、ショートポジションの組成はひとまず避けたい。
 なお、中国の尖閣諸島での漁船衝突の映像が流出した。再び日中問題が行き詰まる
可能性があるが、映像では漁船が故意に衝突してきていることが明らかになったた
め、中国関連セクターなどへの過度な警戒にはつながらないであろう。

[クロージング]
出遅れ修正への意識が次第に高まる
 日経平均は大幅続伸。267.21円高の9625.99円(出来高概算21億2000万株)で取引
を終えた。各国の金融緩和を好感した流れによって出遅れ修正の流れが強まった。日
経平均は一時9680.68円まで上げ幅を広げ、10月SQ値(9692.73円)に迫る局面もみ
られた。大引けにかけては今晩の米雇用統計を見極めたいとのムードもあって上げ幅
を縮めているが、オプション権利行使価格の9500円と9750円との中心値である9625円
処での底堅さが意識されていた。セクターではその他金融、証券、精密機器、非鉄金
属、卸売、機械など、金融緩和による過剰流動性相場を反映したセクターの上昇が目
立つ。
 まずは今晩の米雇用統計の結果を受けた米国市場次第の面はある。ただ、これが通
過することによって重要イベントが一巡するため、出遅れ修正の流れが一段と強まる
可能性はありそう。日経平均はボックスレンジ(9300-9700円)を回復し、上限レベ
ルに接近している。ボックス内での推移であり、一気に強気に転じることは時期尚早
だが、来週末にオプションSQを控え、10月SQ値(9692.73円)を捉えることがで
きれば、トレンド転換を意識させる展開が期待されてこよう。
 中小型株や低位材料株の一角などは需給調整が続いているが、この2日間の急伸に
よって4月高値期日による需給整理も確実に一巡したとの見方につながりそうであ
る。来週はメガバンクの決算が予定されているが、これが通過すれば、増資懸念など
も後退するとみられ、出遅れ修正への意識が次第に高まることが期待される。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9625.99 +267.21
TOPIX834.98 +18.65
東証2部指数1986.53 +14.07
日経ジャスダック1150.36 +5.89
マザーズ指数355.37 +6.10
東証1部売買代金1兆5899億円
東証1部出来高21.24億株
東証1部騰落レシオ77.38%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に続伸。ダウは遂にリーマンショック以前の水準に。追加
緩和策により過剰流動性相場や景気回復期待が強まった。ほぼ全面高だが、特に
エネルギー、素材株が大きく買われ相場を押し上げた。商品相場上昇を好感。為
替はやや円高気味となっているが、日経平均大幅高で始まる。寄り後は先物に継
続的に買いが入り一段高に。日銀の決定会合では追加緩和はなく、目新しい事は
無かったものの、為替が落ち着いていることもあり後場日経平均一段高に。一時
前日比300円以上の上昇となる場面も。大引けにかけてはやや上げ縮小するも大
幅高で終了。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、メリル、バークレイ
ズ、岡三、JPモルガン、UBS、ABNアムロ。売り越しはみずほ、BNPパリバ、野村、
モルガンS、シティG、SBI、安藤、松井、マネックス、ゴールドマン、クレディス
イスなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8951日本ビルファンド 844000円 +22000
堅調で後場一段高に。日銀はJ-REIT買い取り対象を格付けがAA格想定以上と発表。
これをうけ対象となる同REITに買い集まったようだ。ただ対象REITでも後場買わ
れていないものもあり、高安まちまちといった状況。対象外となるREITもまちま
ちとなっている。基本的には出尽くしであり、売り込まれなくても、上値追う動
きは限定的だと見る向き多い。

8308りそなHD 512円 -100
ストップ安。今朝の日経新聞などで数千億規模の公募増資を実施する方針を固め
たと報じられている。それを嫌気され売り込まれているが、かなり前から増資の
懸念は強く売り込まれていた面もあっただけに、実際増資発表されれば出尽くし
になっても不思議はないとの見方も多かった。しかしながらロイターが5000億円
規模の増資と報じており、その規模だと出尽くしにはなれない模様。いずれにし
ろ正式発表されるまで買いにくいとの声多い。

8410セブン銀行 155500円 +7200
同社は13時に中間決算を発表。同時に3万株・50億円を上限とする自社株買いを発
表。決算は大した事無くサプライズ無いものの自社株買いを素直に好感。最近は
ザラバ中の自社株発表銘柄には短期資金集まりやすくなっており、昨日の4528小
野薬など派手に上昇する銘柄が目立っている。今は増配よりも自社株の方が株主
還元として好感されやすいとの声もあるようだ。ただ単に短期資金のネタにされ
ているだけとの見方も。

9987スズケン 2423円 -164
14時に中間発表と通期業績の大幅下方修正を発表。中間期は下ブレ着地なった。
市場コンセンサスでは通期業績若干の上方修正との見方だっただけに、下方修正
は失望招いた模様。修正要因も競争激化や価格交渉の難航が要因と言うことから、
先行き懸念抱く内容であり、不透明感強まったようだ。それに加えて、デイトレ
ーダーなどの短期資金も売ってきている模様。

8574プロミス 383円 +65
大幅上昇。昨日中間期決算を発表。警戒されたほど純利益の赤字幅大きくなく7-9
月期だけで見れば黒字となっている。通期見通しは依然として非開示であり、大幅
な赤字が想定されているものの、取りあえず目先のアク抜け感に繋がったようだ。
また決算発表での社長会見で、利息返還請求は減少トレンドが見えてきているとの
見方を示し、三井住友銀行のバックアップも従来通り厚い支援を確約していると
・・。それらを好感されている面もあるようだ。

7731ニコン 1616円 +64
大幅上昇。昨日同社は通期業績を大幅に下方修正。市場コンセンサスでは上方修正
期待だっただけにネガティブ決算。それにより朝は売られて始まったものの、寄り
後は買われる展開に。地合の良さも手伝ったと言えるが、内容的に主な下方修正要
因は円高であり、主力とも言えるコンパクトデジカメ販売は計画を上回っている。
それだけに押し目買いも入れやすいようだ。ただ依然として為替に大きく影響をう
ける企業体質が懸念だと・・・。

2121ミクシィ 430500円 -18000
大幅安。本日引け後に決算発表控えていることから、出尽くしなどの警戒から手仕
舞い売り優勢だったようだ。引け後発表された中間決算は会社計画上ブレての着地
となったものの、ほぼ市場コンセンサス通り。注目の通期業績は上方修正が期待さ
れていたが据え置かれた。今日売られているだけに失望と言う状況にもなりにくい
とは言えるものの、積極的に買い上がる決算でもないとの見方多いようだ。

===============
◆◇11/8(月)の主な予定!◇◆
===============
10月携帯電話契約数
9月景気動向指数(14:00)
協和エクシオ、DIC、Jオリル、ダイワボウ、電化、いすゞ、三井金属、三菱マテリアル、
住友鉱、古河電、ローム、大日本スクリーン製造、シチズンHDなど決算発表
米3年国債入札
カメコ、シスコなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*CCC<4756> 378 +31
前日に上半期決算発表、通期計画の修正も無く安心感。

*バルス<2738> 87700 +6700
10月の既存店売上はほぼ前年比横ばいまで回復で。

*丸山製<6316> 152 +11
前日に業績上方修正、通期営業利益は7.5億円から10.8億円に。

*スズケン<9987> 2423 -164
場中に上半期決算発表、上半期は予想外の大幅下振れに。

*キッセイ薬<4547> 1561 -75
前日に大幅高となった反動、戻り売りが先行へ。

*石油資源<1662> 2986 -89
場中に上半期決算発表、通期予想は下方修正へ。

*日鉄鉱業<1515> 306 -9
場中の決算発表を受けて当面の出尽くし感が先行へ。

*科研製薬<4521> 912 -24
取引時間中の好決算発表で前日に上昇した反動安。

*日本水産<1332> 252 -6
通期営業利益は130億円から95億円に下方修正へ。

*ヤマダ電機<9831> 5110 -120
前日に決算発表、修正計画通りの着地で出尽くし感も。

*ABCマート<2670> 2861 -66
前日には10月の月次回復を映して上昇、利食い売り優勢に。

*東邦HD<8129> 1109 -23
スズケンの大幅下方修正なども影響か。



(前場)
*セキュアード<2392> 78100 カ
香港投資会社がTOB、TOB価格86000円に鞘寄せ。

*フェイス<4295> 6650 カ
上半期営業利益は4億円から10.1億円に上方修正。

*プロミス<8574> 375 +57
前日発表の決算にはインパクト無く、買戻しの動きにつなるが。

*河合楽器<7952> 129 +12
上半期営業益は8億円から13億円に上方修正へ。

*日本シイエムケイ<6958> 314 +28
真空地帯を自律反発していく流れに。

*タカタ<7312> 2148 +179
通期営業利益は200億円から250億円にまで上方修正で。

*ルネサスエレ<6723> 657 +52
材料観測されず底打ち期待のリバウンドか、エルピーダ反発も刺激に。

*アコム<8572> 860 +66
プロミスの決算内容が安心感を強めさせる。

*市光工業<7244> 157 +11
営業利益は上半期下方修正も通期では上方修正に。

*栃木銀行<8550> 361 +25
上半期最終利益は17億円から22億円に。

*平和<6412> 1099 +76
前日に決算発表、上半期実績は計画比で上振れ着地に。

*ミツミ電機<6767> 1441 +98
今期純損失は37億円から15億円に縮小見込み。

*太平洋工業<7250> 342 +21
上半期業績は上振れ着地となり通期予想を上方修正へ。

*特殊陶<5334> 1126 +67
プラグやセンサの需給逼迫が予想以上に長期化の公算とも。

*オリンパス<7733> 2307 +128
対ユーロでの円安の動きなどを好感で。

*りそなHLDG<8308> 512 -100
数千億円規模の公募増資を実施と報じられ。

*油研工業<6393> 151 -11
上半期経常損益は一転赤字に下方修正で。

*JMS<7702> 277 -14
通期営業利益は25億円から14億円に下方修正へ。

*カカクコム<2371> 389000 -19000
想定どおりの好決算発表も短期的な出尽くし感強まる。

*みらかHLDG<4544> 2819 -120
7-9月期は前年同期比減益に転じる格好で。

*レオパレス21<8848> 99 -4
週末要因に伴う手仕舞い売りが優勢にも。

*オークマ<6103> 466 -16
通期最終損益は3億円の黒字から12億円の赤字に下方修正。

*シスメックス<6869> 5500 -150
昨日好決算を発表も想定線で利食い売りにも。

*バイタルKSK<3151> 638 -15
短期リバウンドにも一巡感で換金売りが優勢に。

*スク・エニHLDG<9684> 1588 -34
前日に決算発表、FF14開始による課金売上の遅延などマイナス視も。

*トモニHLDG<8600> 288 -6
TOPIXイベント通過後も乱高下続く形。

*GSIクレオス<8101> 98 -2
前日に上振れ決算発表も出尽くしムードが強まる。

*昭和産業<2004> 217 -3
通期営業利益は83億円から62億円に下方修正。

*伊藤忠テクノ<4739> 2895 -39
決算発表後は株価急伸も、本日は利食い先行へ。

*島忠<8184> 1648 -18
ディフェンシブの一角には相対的に資金向かわず。

*愛知機械工業<7263> 279 -3
前日に決算発表、通期予想修正幅は想定以下で。

*みずほFG<8411> 119 +2
りそなHD増資報道の影響は銀行株に波及せず。

*三菱UFJ<8306> 379 +8
海外金融株高の流れを映して銀行株堅調。

*住金<5405> 200 +9
前日のGSの2段階格上げなど引き続き評価。

*日立製<6501> 381 +8
地合い改善も加わり、足元の好業績を見直す動き強まる。

*野村HLDG<8604> 428 +12
連日の株式市場の大幅上昇などをはやし。

*新日本製鉄<5401> 269 +8
世界的な過剰流動性相場の流れプラスに作用へ。

*日産<7201> 768 +47
前日に上半期決算を発表、想定どおりの好決算素直に評価へ。

*東芝<6502> 420 +10
米SOX指数の大幅上昇なども支援となり。

*日本板硝子<5202> 183 +6
前日に上半期決算を発表、3カ年計画も策定へ。

*三井物産<8031> 1317 +54
ドル安に伴う資源価格の上昇を受けて、資源関連株は総じて買われる。

*コマツ<6301> 2163 +91
好決算評価の動き続く、もみ合い上放れに追随の動きも。

*三菱重工業<7011> 292 +9
造船・重機セクター決算の特集記事掲載、中国向け好調など評価も。

*三菱商事<8058> 2088 +63
資源価格の上昇背景に総合商社は一斉高となる。

*住友化学<4005> 347 +13
子会社の大日本住友製薬には格上げの動きも。

*日本郵船<9101> 349 +9
バルチック指数は下落も資源価格上昇に連れ高へ。

*GSユアサ<6674> 553 +16
パナソニックのテスラ出資などで電池関連に再度関心も。

*全日本空輸<9202> 304 +9
直近ではSMBCフレンドが投資判断を格上げ。

*ニコン<7731> 1585 +33
通期営業益下方修正も地合い好転であく抜け感に。

*東京エレク<8035> 4850 +180
好決算や増配など受け、昨日はアナリストの目標株価引き上げ目立ち。

*住友鉱<5713> 1369 +69
非鉄市況が一斉高となり、資源関連の中心格として物色。

*ファストリ<9983> 11990 +290
引き続き、10月の既存店回復傾向などを評価の動きに。

*国際帝石<1605> 442500 +12000
原油市況の大幅上昇なども追い風となる。

*森下仁丹<4524> 315 +55
レアメタル回収技術特許を大阪府立大と共同出願へ。

*TOWA<6315> 567 +27
ハイテク株高の流れに乗って10月の戻り高値を更新へ。

*青山商事<8219> 1269 +56
デリバティブ評価損計上で昨日は急落も、本業ベースは順調で。

*サイバーエージ<4751> 148900 +11400
発行済み株式数の3.33%を上限とする自社株取得枠の設定を好感。

*オプト<2389> 98700 +6700
UBSが投資判断を「ニュートラル」から「バイ」へ格上げ。

*ミクシィ<2121> 432000 -16500
本日の決算発表を控え出尽くし警戒感が高まる。

*トランスG<2342> 40400 +7000
早期がんマーカーの特許が国内で成立したと発表。

*アクセルマーク<3624> 50700 -2800
今期営業利益見通しが前期比45%減の2000万円となったことを嫌気。

*比較.com<2477> 60000 -2100
好業績観測報道を手掛かりに大幅高となった反動で利益確定売り優勢。

*日本通信<9424> 4000 -215
昨日は好決算を期待した先回りの動きも見られ、上方修正発表で出尽くし感先行。

*東カソード<6868> 190 -26
昨日ストップ高の反動で利益確定売りに押される。

*ウェブマネー<2167> 148800 -7700
今期営業利益見通しを7.7億円から9.2億円へ上方修正も四季報予想に届かず。

*インフォマート<2492> 116400 -27700
今期営業利益見通しを8.0億円から6.0億円へ下方修正。

*Dアーツ<2326> 53700 +4100
25日線水準までの下落で短期的な調整一巡感が意識され。

11月5日(金)

H「週末の日経平均は大幅な続伸となった。昨日以上の上昇となりサプライズ的な動きとなった。」

K「ああ。昨日はまだ疑心暗鬼だったが、昨晩の米国市場の動きから、こりゃ買い戻さないとまずいと見た向きも多いのかも知れない。」

H「先物にはヘッジファンド御用達の手口が大幅な買い越しとなっている。日経225先物はニューエッジ、TOPIX先物にはクレディスイスが大量に買い越している。」

K「ああ。特にクレディスイスの動向が注目される。日経先物もTOPIX先物もまだ売りポジション抱えているからな。」

H「特にTOPIX先物に関してはかなり売り建てが残っている。先週末時点でクレディスイスは22478枚の売り越し状態だった。今週は今日含め買い戻してきているとはいえ、まだ18000枚程度はあると思われる。」

K「ただ、全て買い戻して来るとは限らないし、改めて売ってくると言うこともある。いずれにしろ来週はオプションSQを控えていることから、先物主導で結構大きな動きになりそうだけどな。」

H「しかし主力株に実需の買いも見られているとの声もあったぞ。」

K「まあ、これだけ上げれば確かに実需も動き出してきたといえるものの、まだ本格的に買ってきているとは言い難い。それに日本株に関して言えば、依然として円高懸念燻っている状況だしな。少なくとも上値をガンガン買ってくるような実需筋は乏しいと言える。」

H「ただこの状況で為替の流れが大きく変わってくれば、日本株は面白い。」

K「そうなると、米国市場が一服となる可能性はあるけどな。ただ米株を手仕舞いし、日本株を買いに来るという動きが出てくるという可能性はあるだろう。日本株は円高さえなければ明らかに出遅れているからな。」

H「ただ日銀政策決定会合も今日終わってしまったし、それで為替の流れ変わらないとなると、難しいかもな。」

K「しかし幸いにもドル円でドルを売り込む動きに言うほどなっていない。やはり介入の思惑があるのか・・・。」

H「案外、このまま低金利通貨同士で膠着相場になるかもな。つまり1ドル80円~81円での膠着相場だ。」

K「そうだな。クロス円は円安へと向かうだろうから、日本株には多少なりとも追い風となる。ただやはりドル円がこの水準で推移していると、なかなか輸出株への警戒が無くならない。」

H「どうせなら、もっと円安の水準で推移してくれればまだ良いのだが・・。今の状況だと多くの輸出企業が下期想定する為替水準ギリギリだからな。」

K「ああ。現状よりも円安水準に想定している輸出企業も少なくない。82円とか83円とかな。」

H「ところで昨晩の米国市場は随分と強かったな。FOMC結果発表後の動きを見ると、とても想定できない動きだが・・・。」

K「FOMC結果発表後は僅か20ドル高程度で引けているからな。まあFOMC結果発表から大引けまで、言うほど時間もあるわけじゃないだけに、様子見に徹していた向きも多いようだ。」

H「一日おいて、改めて好感されたと言うことか・・。」

K「あとはバーナンキFRB議長がワシントンポストに寄稿し、その内容が好感されたとの見方もある。それによれば株価上昇が米消費を刺激するという見解も示しており、株高容認と市場は受け止めたんだろう。」

H「つまりバーナンキFRB議長は株高政策を取ってくると・・。」

K「ああ。政策に売り無しという相場格言もあるくらいだ。それによって売り方の買い戻しなどが入ってきたと思われる。」

H「となれば、強い米国市場はまだ続くと言う期待はあるわけだな。」

K「ただダウはリーマンショック後の下げを全て取り返した格好だ。ある意味、良い手仕舞い場面とは言えるだろう。それでなくても高値警戒感燻っていた状態だ。あっさりと短期的な天井打つという懸念は否めない。」

H「そうだよな。」

K「ただ短期的な天井打ったとしても、派手に下げていくと言う状況は考えにくいよな。結局高値圏揉み合いといった相場になるんじゃないのか。」

H「そうなれば、日本株も出遅れながらも徐々に戻していくと言う展開か・・。為替を睨みながら。」

K「そうだな。日銀によるETFなどの買入れも始まるし、下げれば買ってくる向きは多いと思われる。それだけに下値はかなり限定的になったと言えるかもな。」

H「問題は上値を買っていけるかだな。」

K「取りあえず今晩の米国では雇用統計が発表される。それによって為替が大きく動く可能性もあり注目だな。」

H「日本市場に追い風となるような動きになれば良いけどな。」

K「ああ。期待したいモンだ。」
2010.11.5先物チャート
スポンサーサイト
コメント
>> 売国、もとい仙谷は辞めてください
御意 永遠に消えることのない汚辱を歴史に刻み込んだ男です
リークしてくれた憂国の人、うれしかったです、感激感謝です
本当にありがとうございました 必ず支援・カンパいたします  
FUON #-|2010/11/06(土) 15:52 [ 編集 ]
sengoku38さんには逃げ切って欲しいですねw
中国船長が釈放されて動画をアップした人が捕まったら
この国はもう終わってます
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/11/08(月) 03:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。