(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.24【円売り介入をどのタイミングで再発動させるか】

2010/09/24 11:30|未分類CM:0
米8月中古住宅販売件数が予想を上回るも
相変わらずあんまりいい数字じゃなく
新規失業保険申請件数も予想を上回り
さらに欧州PMIの悪化
アイルランドの金融不安とかで
連休中アメリカは2連敗

FOMC以降どうなるか分からなかったんで
ニュートラルくらいで持ち越そうと思ったんだけど
水曜引け間際の投げで思ったより買えて買い長

とりあえず持ち越し売りは寄りで利確して
買いは買い増し
戻ってきたところ利確
不動産とかCAとか早売りした

中国、レアアース対日禁輸の可能性で
非鉄とか金属とか化学の下げが大きいのかな
どうしようもないな中国は

トヨタ強い

後場
へっ!きたねえ花火だ
日銀の介入ぽい動きから急騰も
財務省も日銀も野田も何もコメントせず
日銀による米ドル資金供給オペに絡んだ
民間金融機関の入札が介入の思惑を呼んだという指摘も
結局なんだったの?

この腰の入ってなさは日銀じゃないべ

政府は引いちゃい駄目なところ引いたね


[株式オープニングコメント]
テクニカルポイントを試す
 9/23の米国市場は続落でシカゴ先物は9400円を下回っているため、本日9/24の東京
市場はこれにさや寄せする不安定な相場展開になりそうである。日経平均の一目均衡
表では雲下限が9407.02円、転換線は9387.09円に位置しており、これがサポートとし
て機能するかを見極めたいところである。現在の支持線、8月半ば以降の抵抗だった
9300円近辺を維持できるようだと、今回のリバウンド基調は継続することになるた
め、テクニカル面での重要なポイントを迎えることになる。
 物色としては、先物主導によるインデックス売りの影響から、コア銘柄が弱含むこ
とになろう。為替相場が、祝日前の水準から円高に振れていることも影響しよう。た
だ、祝日を挟んでいた分、ポジションが大きく買いに傾いていたとも考えづらく、売
り一巡後はサポートを意識した膠着といったところであろう。
 ただ、流動性の低い銘柄などへの資金集中が目立っているが、動きが鈍くなった時
の需給悪化は警戒しておく必要はありそうだ。逃げ足の速い資金が中心とはみられる
が、ストップ高で張り付いていた銘柄も多く、注目されるだろう。とはいえ、コア銘
柄が手掛けづらく、週末・期末要因から流動性の低い材料株へ資金が向かいやすい地
合いではある。
 そのほか、懸念要因としては中国による希少金属の日本への輸出禁止報道である。
中国側は否定しているようであるが、尖閣諸島問題の影響が消費関連にとどまらず拡
大してきている面は、警戒される。為替や中国問題などを避ける物色となると、アプ
リ関連などの中小型株や、仕手系色の強い材料株の一角になりそうである。
 なお、9/23のNY市場でダウ平均は76.89ドル安の10662.42、ナスダックは7.47ポ
イント安の2327.08。シカゴ225先物清算値は大証比155円安の9365円。ADRの日本
株はトヨタ<7203>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、三菱商事
<8058>、ソニー<6758>、コマツ<6301>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル84.37
円換算)で全般軟調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米8月中古住宅販売件数、市場予想を上回る増加
・米半導体SOX指数、3日ぶり反発
・NY金続伸、ユーロなどに対するドル安を受け
・LMEニッケル、続伸
・東証REIT指数、3日続伸

弱気材料
・米新規失業保険申請件数、46.5万件と市場予想を上回る
・アイルランド4-6月期GDP、前期比1.2%減と予想外の縮小
・NYダウ続落、さえない経済指標を嫌気
・欧州株式市場、銀行や医薬品株中心に軟調
・バルチック海運指数、続落
・DRAMスポット、下落
・中国、レアアース対日禁輸の可能性

留意事項
・中国、4邦人を拘束
・経産省、自社株使うTOB容易に
・明治安田、東京海上と提携
・次世代送電網、市場規模10年で6倍
・ドル/円(84円49銭-51銭)
・ユーロ/円(112円50銭-54銭)
・NY原油先物、反発(1バレル=75.18ドル)
・NY債券市場、横ばい(10年債利回り0.007%低下)
・長期金利、低下(10年債利回り1.015%)
・日米首脳会談
・独9月IFO景況感指数
・米8月耐久財受注
・米8月新築住宅販売件数
・国連食糧農業機関(FAO)臨時会合


[サポート&レジスタンス]
終値            9566
5日移動平均        9564
200日移動平均     10086
標準偏差+2σ       9663
先行スパンB        9659
レジスタンス(2)     9658
レジスタンス(1)     9612
100日移動平均      9611
ピボット          9580
サポート(1)       9534
サポート(2)       9501
先行スパンA        9407
転換線           9387
基準線           9250
25日移動平均       9202
標準偏差-2σ       8741

[ランチタイムコメント]
為替を睨みながら反転にむかえるか
 日経平均は下落。119.61円安の9446.71円(出来高概算6億4000万株)で前場の取引
を終えた。日経平均は寄り付き直後に9415.96円まで下げる場面もみられたが、その
後は膠着感を強めており、やや下げ渋りの格好である。日中の値幅は50円弱であり、
寄り付き後30-40分辺りで付けた価格帯でのもみ合いが続いている。為替市場ではや
や円安傾向をみせているが、日米首脳会談の詳細を見極めたいところ。また、尖閣諸
島の問題の緊張が拡大しており、中国関連などへの買い手控え要因につながってい
る。週末・期末要因から積極的な参加者も少なく、薄商いの中を個別物色での幕あい
つなぎといった展開である。
 東証1部の騰落銘柄は、値上り522に対して値下り959、変わらず179と、値下り数が
全体の過半数を占めている。規模別指数は大型、中型、小型株指数ともにマイナスで
あるが、小型株指数の底堅さが目立つ。セクターでは、石油・石炭、食料品、建設、
その他製品が小幅ながら上昇。一方、保険、ガラス・土石、海運、鉄鋼、非鉄金属な
どの下げが目立っている。
 日経平均は、ちょうどサポートとして意識されている一目均衡表の雲下限、転換線
辺りでの攻防をみせている。ボリンジャーバンドでは、プラス1σ辺りでの膠着であ
る。まずは、このレベルでの底堅さを維持できるかが注目され、その後は為替相場の
動向を横目で睨みながら、反転にむかえるかがポイントとなる。日米首脳会談で円売
り介入に関する米側からの見解は示されなかったようであり、再び円安傾向を強めて
くるようなら、インデックスに絡んだ商いによって、薄商いの中を上昇させることは
可能であろう。
 それ以外はボリュームの増加は期待しづらい。ディーラーなども期末要因から手控
えており、短期的な資金が向かうとしても物色対象を広げてこないであろう。前場段
階で堅調な銘柄へ、引き続き値幅取り資金が向かうことになりそうだ。

[クロージング]
円売り介入をどのタイミングで再発動させるか
 日経平均は下落。94.65円安の9471.67円(出来高概算19億1000万株)と、終値ベー
スでは6営業日ぶりに9500円を下回って取引を終えた。午後1時以降、政府・日銀によ
る円売り介入観測、白川総裁辞任観測などによって円相場が急速に円安に振れ、これ
をきっかけに日経平均は一時9600円を回復する局面をみせた。
 しかし、あくまでも介入に対する思惑によるところが大きく、週末・期末要因もあ
って、その後は急伸部分を帳消しにする格好。介入観測で一時は3%を超える上昇を
みせたトヨタ<7203>も、結局は20円高(+0.65%)の上昇にとどまった。東証1部の騰
落銘柄についても、この反動が大きく、値下り数は7割を超え、前引け段階からは200
銘柄以上、増加した格好である。
 為替動向に振らされる展開となったが、株価変動要因としては「為替次第」という
ことを決定付けた相場だった。来週は9月期末株価への心理が働くことによって、よ
り為替相場への意識が高まりそうである。欧州の信用不安が再燃してきていることも
あり、政府・日銀が円売り介入の切り札をどのタイミングで再発動させるかが注目さ
れよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9471.67 -94.65
TOPIX838.41 -8.11
東証2部指数2095.64 -8.65
日経ジャスダック1190.66 -0.30
マザーズ指数368.92 -4.05
ヘラクレス指数568.12 -2.40
東証1部売買代金1兆4340億円
東証1部出来高19.12億株
東証1部騰落レシオ104.38%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本市場休場中の米国市場は連日の下落となっており、為替が円高進行している
ことを嫌気して、日経平均は輸出株中心に売られ大幅安で始まる展開。日経平均
は150円安となる場面も見られたが、売り一巡後は下げ渋る展開。ただ戻りも鈍
く日経平均狭いレンジでの推移が前場引けまで続いた。後場も揉み合いだったが、
再び売り圧力強まる展開となり朝方付けた今日の安値に迫る動きに。しかし13:15
頃から突如為替が円安へと進行。介入の思惑から先物に買い戻しの動き強まって、
日経平均は一気にプラス圏まで浮上。買い戻し一巡後は前日終値近辺での揉み合
いに。しかし為替が再び円高へと進行してくると日経平均は再び下げ拡大に。引
けにかけ一段安となり終了。日経先物の主な買い越し証券はクレディスイス、大
和、立花、ABNアムロ、モルガンS、野村、JPモルガン。売り越しはニューエッジ、
バークレイズ、安藤、ドイツ、BNPパリバ、水戸、三菱UFJMS、UBS、メリルなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
3036アルコニックス 1645円 +80
一時1730円まで買われる場面も見られたが、引けにかけ上げ幅縮小して引けてい
る。尖閣諸島問題で中国がレアアースの対日輸出を禁止しているとの憶測報道を
受け、レアアース関連株が総じて買われている。中国はレアアース世界生産の97
%を占めることから、禁輸となるとレアアースの価値が跳ね上がるとの思惑のよ
うだ。ただ大引け前に拘束していた中国船の船長を釈放したと報じられると、関
連株も上げ幅縮小する動きに。他にも7456松田産業なども関連株として買われて
いた。両銘柄共に今朝のGRAILメールで取り上げた本日の注目材料株。

4063信越化学工業 4225円 -150
大幅安。中国がレアアースの対日輸出を禁止しているとの報道が重石となってい
るようだ。原材料にレアアースを利用することから、この報道が事実ならば、コ
スト増に繋がり悪材料だとの見方がある模様。他にも5486日立金属、6674GSユア
サなどが、レアアース対日禁輸によって悪影響を受けるとの思惑で売られている。
中国当局はレアアースの対日禁輸は否定しており、中国船の船長も釈放されたこ
とから続く売りにはならないとの見方多い。

5214日本電気硝子 1117円 -14
小幅安。一昨日引け後には中間業績の大幅下方修正を発表。下方修正は警戒はさ
れていたが、市場コンセンサスを下回っており、3Q業績見通しに関しては予測が
困難との理由で開示していないこともネガティブ視する向き多いようだ。10/26
の中間決算発表時に公表する予定との事。ただ寄り後は売り込む動きは限定的で
逆に押し目買い意欲強い動きで、下げ幅を縮小する動きに。同社は28日から日経
平均新規採用されるだけに、それに伴う特需買い期待が株価を支えている模様。
それだけに28日以降反動安が警戒されている。

6140旭ダイヤモンド 1517円 -25
軟調。朝方は1600円台まで買われる場面も見られたものの、買い一巡後は上げ幅
消す展開に。野村が同社株の投資判断を新規1とし目標株価2300円としたことが、
朝方は材料視されたようだ。ただ買いも続かずに手仕舞い売りに押されている。
一昨日もまとまった売りにより結構売られている事から、手仕舞いに動いている
ファンドなどがいるのではとの見方が多い。ただ売り尽きれば、再び買われる期
待もある銘柄なだけに、良い調整だとの見方も多く、ある意味同社株の下落は歓
迎ムードのようだ。

7974任天堂 24120円 +290
しっかり。朝方は地合の影響から売り優勢で始まったものの、寄り後は押し目買
いによりプラスに転じ、その後もしっかりの展開で後場には一段高となっている。
新たな材料が出ていないが、同社は来週29日に任天堂カンファレンス2010を予定
しており、その期待感からの先回り買いが入っている模様。そこで期待の次世代
ゲーム機「ニンテンドー3DS」の詳細が発表される予定。ただその時に今期業績
の下方修正も発表されるとの見方もあるようだ。下方修正の度合いはニンテンド
ー3DSの発売時期で大きく変わると・・・。年内発売なら好感されそうだと見る
向き多い。

6665エルピーダ 903円 -34
大幅安で年初来安値を更新。昨日の日経新聞では半導体メモリなど電子部品の値
下がりが鮮明になってきたと報じており、先行き不透明感強まって売り材料視さ
れているようだ。以前から借り株により空売りしている投機筋が多いとの見方が
あったが、依然として貸株市場では同社株の需要が旺盛であり、株券調達し市場
で売ってきている投機筋まだまだ多い様子。一部では増資の可能性が再び強まっ
ているのではとの憶測も強まっているようだ。心理的節目の900円を維持出来るか
が注目される。

6208石川製作所 77円 -3
反落。尖閣諸島問題により中国との緊迫状況強まっていたことから防衛関連株と
して一昨日には物色されていた。今日も朝方は物色されて始まったものの買いは
続かず、引け前には中国船の船長釈放との報道で見切り売り強まったようだ。ま
た東証が今日から売り禁にすると発表した事も重石になっているとの見方もある
ようだ。株不足になっていない状況での売り禁であり、小型株の貸借銘柄だけに
踏み上げという期待は消えたのは重石だと・・。中間期末前ということもあり、
この時期は売り禁になりやすい。

===============
◆◇9/27(月)の主な予定!◇◆
===============
8月貿易収支(8:50)
9月末権利取り最終売買日
西松屋チェーン、ウェザーニューズ、CFSコーポ、イオンクレジット、
ライトオンなど決算発表
IAEA理事会(オーストリア・ウィーン)
ドナウ流域のEU戦略会議(ベルギー・ブリュッセル)

[動いた株・出来た株]

*ニチハ<7943> 662 +41
一昨日にはCSがポジティブなレポートをリリース。

*プロミス<8574> 774 +26
引き続き、買戻し優勢の展開が継続する格好で。

*福田組<1899> 158 +5
調整一巡感からの買い戻しが優勢の格好か。

*トリドール<3397> 148400 +4300
ハワイで飲食店展開へ、初の現法などとも伝わっている。

*キョーリン<4569> 1366 +37
改めて業界再編の進展を期待する動きが先行へ。

*スクエニHD<9684> 1905 +48
中国展開への期待感など背景にショートカバー優勢の展開。

*シミック<2309> 26720 +600
期末配当予想を190円から340円に増額。

*さが美<8201> 114 -7
上半期業績上方修正も短期的な出尽くし感に。

*堀場製<6856> 2011 -106
JPMでは自動車計測事業はややスローの印象と。

*ダイセキ<9793> 1514 -77
ダイセキ環境の株価下落基調が続いており。

*JUKI<6440> 145 -7
日中関係の緊張などで中国関連銘柄として買い手控え。

*芝浦メカ<6590> 293 -14
上半期末配当は無配と発表している。

*ITHD<3626> 867 -39
高水準の信用買い残が重しとなる格好で。




(前場)
*JVC・ケンウッド<6632> 291 +24
コスモでは投資判断を新規に「B+」とする。

*石川製作所<6208> 85 +5
日証金では貸借取引申込停止措置を実施へ。

*巴コーポ<1921> 262 +15
政策期待など手掛かりか、好取組の割安材料株として。

*松田産業<7456> 1428 +78
中国レアアース問題受けて貴金属リサイクル関連の一角に関心も。

*三井製糖<2109> 336 +17
田辺三菱のジレニア承認受けロイヤリティ収入期待とも。

*東洋精糖<2107> 102 +4
三井製糖の株価上昇が刺激となる格好か。

*日機装<6376> 643 +22
8月初旬のマド埋め意識した動きにも。

*東芝プラント<1983> 1076 +35
東芝の社会インフラ統括組織立ち上げなども思惑材料視か。

*日本M&A<2127> 255200 +8000
経済産業省のM&A促進策報道なども手掛かりに。

*レナウン<3606> 211 +6
一昨日から出来高も増加と人気化の兆しで。

*積水ハウス<1928> 750 +19
底値の堅さ意識でリバウンド期待高まる形にも。

*田辺三菱<4508> 1365 +33
FDAがノバルティス社のジレニア承認でロイヤリティ期待も。

*ヤフー<4689> 29850 +720
円高で内需系に関心向かうなか、出遅れ感などに関心も。

*日本オラクル<4716> 4080 -370
一昨日に発表した業績下方修正を嫌気で。

*大京<8840> 120 -6
連日の急伸のあとで短期資金の利食いが優勢となる。

*ジェイテクト<6473> 768 -38
一昨日にはUBSが目標株価を引き下げている。

*新光電気工業<6967> 950 -44
為替市場での円高、株価1000円レベルでの上値の重さなど嫌気で。

*T&D HLDG<8795> 1785 -82
株価下落による含み益の縮小懸念などか、保険セクター軟調。

*THK<6481> 1547 -68
フィデリティ投信の保有比率低下などが伝わる。

*荏原製作所<6361> 371 -16
400円乗せで達成感、利食い集中の格好にも。

*ユニプレス<5949> 1417 -58
パリバの取材メモなど受け一昨日に人気化の反動。

*コニカミノルタ<4902> 799 -32
ドイツでは投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ。

*ミツミ電機<6767> 1356 -54
アナリストの買い推奨などで人気化してきた反動も。

*武富士<8564> 176 -7
リコールなどによるファンドの買戻しの動きなども一巡か。

*スクリーン<7735> 413 -16
JPMでは、思ったほど受注は悪くない印象としているが。

*電化<4061> 372 -14
一昨日まで連騰が続いてきた反動で。

*旭硝子<5201> 867 -32
電気硝子の株価下落に連れ安する格好へ。

*IIJ<3774> 207800 -7600
特に材料観測されず、短期資金の手仕舞い売りに押される。

*クラレ<3405> 1049 -38
電気硝子などの下落から液晶関連として連れ安も。

*CSK<9737> 306 -11
リバウンドも一巡感で短期資金の手仕舞いに押される。

*パイオニア<6773> 280 -10
短期リバウンド一巡感によって利益確定の動きが先行へ。

*東京海上HLDG<8766> 2291 -81
明治安田生命と提携報道伝わるが、特に好材料視はされず。

*富士火災<8763> 116 -4
もみ合い下放れに、本日は保険株安もマイナスに。

*みずほFG<8411> 127 -3
米国市場では連日で金融株の下落が目立ち。

*野村HLDG<8604> 430 +1
マッコーリーでは「アンダーP」から「ニュートラル」格上げ。

*日本板硝子<5202> 183 -4
引き続き、需給面での重しが感じられる状況で。

*新日本製鉄<5401> 285 -6
8月の世界粗鋼生産鈍化報道なども伝わり。

*東芝<6502> 393 -7
AMDの売上高見通し下方修正など半導体関連にマイナスか。

*日産自動車<7201> 696 -6
ルノーと車台共同開発などと伝わるが為替の円高傾向など嫌気で。

*日本電気硝子<5214> 1107 -24
一昨日に上半期業績予想の下方修正を発表で。

*川崎汽船<9107> 317 -10
バルチック指数の下落基調が継続で。

*トヨタ<7203> 3070 +30
売り一巡後は切り返し、機関投資家の押し目買いか。

*三井物産<8031> 1198 -18
一昨日の戻り高値更新で一旦は達成感も。

*ファナック<6954> 10340 -180
外国人の売り注文が比較的集まっているとの指摘も。

*旭ダイヤ<6140> 1521 -21
野村の新規「1」格付けで買い先行も、利食い圧力強く。

*デンソー<6902> 2452 +1
一昨日にはGSが投資判断を「強い買い」まで格上げ。

*セント総合<3238> 213 +32
週初に急騰、一昨日の急反落で押し目買い。

*コスモスイニシア<8844> 331 +80
引き続き、低位株には値幅取り狙いの短期資金が集中。

*アズジェント<4288> 101800 +13000
セキュリティ関連としてあらためて物色も。

*ラクーン<3031> 117000 +3500
日本未進出ブランド品の輸入販売支援を開始と報じられている。

*シニアC<2463> 319 -54
上場廃止に伴い、本日が最終売買日。

*LTTバイオ<4566> 21700 -2290
「PC-SOD」吸入製剤の臨床試験開始を発表し急伸となった反動。

*ジパングHD<2684> 4520 -415
引き続き、信用取引の手仕舞い売りなどが膨らむ。

*ユビキタス<3858> 179100 +2100
任天堂「3DS」の詳細発表を控えて思惑も。

*スタートトゥ<3092> 233000 +3900
不安定な為替市場の動向を受け、主力のネット関連株に物色の動き。

*クルーズ<2138> 304500 +14000
ソーシャルゲーム関連として短期資金による物色も。

*鉱研工業<6297> 300 +80
引き続き、短期資金による物色で賑わう。

9月24日(金)

H「週末の日経平均は3日続落となり節目の9500円も割り込んで引けてしまった。」

K「まあ、仕方ないだろうな。日本休場中の米国市場が連日下落しており、為替も円高へと進行していたからな。」

H「そうだな。ただ今日は荒い展開だったな。誰もがこのまま淡々と引けまで推移すると思っていたがものの、後場13時15分から事件は起こった。」

K「まあ、事件でもないが、為替が急速に円安へと進行した。この動きから誰もが介入されたと思っただろう。」

H「1ドル84円50銭台で推移していたドル円相場がほんの2分程度で85円台まで円安へと進行した。誰が見ても介入だろう。」

K「まあ、この勢いも普通じゃない。単なる噂や思惑の動きと見るより、介入と見るのがもっとも妥当だ。」

H「でも、当局はノーコメントだし、円安進行も続かずに、夕方には元の84円50銭台まで戻してしまっている。これを見る限り、とても介入とは思えない。」

K「まあ、介入するなら単発のドル買いということは考えにくく、今日だけは円売りドル買いを継続的に続けるという可能性が高い。それがあっさりと元に戻していることから、介入じゃない可能性は確かに高いと言える。」

H「だよな。これに関しては色々な憶測が飛び交っているが、共同通信は介入を実施したと報じていた。確か9/15に介入したとき、共同通信が真っ先に介入を伝えている。それだけに今回も共同通信の報道で介入が実際に入ったと市場でも殆ど決めつけられていた。」

K「でも円安基調は続かず、介入期待で株買いに走った向きが手仕舞いに動いてきて、株価も結局失速してしまった。」

H「介入説の他には、白川日銀総裁辞任の噂が浮上したことが円急落の要因だとの見方もある。」

K「ああ。丁度その時間帯に、白川日銀総裁が辞任するとの噂が市場を駆けめぐった。基本的に金融緩和に消極的な白川日銀総裁の辞任は、円売り要因となり得る。もしかすれば、それがきっかけとなりまとまった円売り注文が入って、その動きが介入観測に繋がり更に円売り強まったという可能性はあり得る。」

H「ただ日銀総裁の辞任が単なる噂であり、事実無根と言うことだ。ならその噂は何故浮上したんだ。」

K「だよな。火のないところには煙は立たぬというが、この場合は火のないところに煙が立ったと言えるかもな。根も葉もない噂を誰かが意図的に流した可能性もあり得る。」

H「何のために?」

K「もちろん円安誘導だろう。まあこんな噂流すのは決まって投機筋だけどな。」

H「だろうな。」

K「ただ邦銀経由でまとまった円売りが入ったのは事実のようであり、単に噂だけで今日のような動きになった訳でもないようだ。まとまった円売りが介入によるものなのかは不明だが、円売りが続いていないことから、介入によるものではないだろう。」

H「なら別の理由で邦銀がまとまった円売りを行ったということか。」

K「それに色々な噂や憶測などの尾びれが付いて、今日のような派手な動きになったと思われる。」

H「まあ、日米首脳会談直後ということもあり、その会談では為替介入に関しての言及が無かったと言うことから、ちょっとしたまとまった円売り注文入れば、介入だという見方に繋がり、円売りが追随されるのも解るけどな。」

K「ああ。しかし今回の動きが介入で無いならば、政府日銀はこれ以上介入する気はないのかという疑問が生じる。1ドル85円を割り込んで円高進行している状況であり、そのような状況でも介入しないとなれば、ある意味問題だけどな。」

H「だよな。昨日までは日米首脳会談前ということもあり、介入しにくいと言う面があっただけに、百歩譲って仕方ない。でも会談終わったし、それでも1ドル85円割れ状況を放置しておくならば、ある意味問題だよな。」

K「ああ。政府日銀の意図が1ドル85円台は最低限維持という姿勢ではないという事が言える。これは市場を大きく失望させる。1ドル85円でも物足りないって言う見方が大半であり、出来れば1ドル90円台までという声も多い中、85円すら維持させないならば、何のための介入なのか意味解らん。」

H「だよな。せっかく介入に踏み切ったんだ。とことんやって欲しいモンだ。中途半端は逆効果だろう。」

K「その通りだ。まあ日米首脳会談で介入に言及しなかったと言っているが、実際は何か言われたという懸念もある。それで新たな介入に踏み切れないのかも知れない。」

H「別問題だが、中国船の船長を今日釈放した。これには賛否両論だが、どうも今の政府が頼りなく感じる人は多いようだ。」

K「そうだな。中国レアアースの対日輸出が滞っているとの報道もあったが、結局日本は中国の報復に折れた格好になる。」

H「まあ、中国はレアアース問題に関しては否定しているけどな。」

K「建前的にはだろ。実際に中国の税関でレアアースの積み荷が止められたのは事実のようだし、中国の圧力なのは間違いないだろう。ニューヨークタイムズは、ハッキリと中国がレアアースの対日輸出を禁止したと報じている。」

H「まあいずれにしろ、中国船の船長は既に釈放したんだ。レアアース問題が中国の圧力だとしても、解消されるだろうけどな。」

K「だとしても、為替介入にしろ、中国問題にしろ、政府の対応は先行き不安を感じさせる。中国船の船長釈放の報道があったのは引け前だが、それを好感する動きは殆ど見られていない。つまり政府の対応を好感する向きは乏しいと言う証拠だろう。」

H「だろうな。いずれにしろ、円高懸念が再び強まっているだけに、来週は警戒だろう。更に円高へと進行するのか、実際に介入に動くのか・・。」

K「そうだな。どういう展開になるのか注目しておきたい。」
2010.9.24先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。