(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.15【「為替次第」といった見方が染み込んだ】

2010/09/15 11:08|未分類CM:0
介入ktkr
10時半、ドドスコ売られてたけど
中国が始まるなぁってことで
売りは買い戻して
下げに反応しなくなった三井住友拾ってたら介入ドッカーン
何これってことで初動で利確しちゃいましたが何か

途中野田砲来るかと三井住友2650超えたあたりで売って利確
野田砲来なかった

他の銘柄も拾ってたんでそっちは継続

自動車すげー
さすがに自動車はあのタイミングで買えん
ってか今日の持ち越し
民主党の代表選どっちになろうが
円高になりそうだったんで自動車売りとかしてたし
実際はユーロに対しては円安で
ドルに対しては円高で
あんまりGDしなかった

後場
前引けで84円に乗せ
後場途中に85円に乗せたけど
その割りに伸びなかった
300円は上げろよ


[株式オープニングコメント]
早急な為替、景気対策求める催促相場的な動きも
 昨日9/14の民主党代表選は、菅首相が再選を果たした。これを受けて為替市場では
ドル円が一時82円台に突入しており、目先は株安が予想される。菅政権による為替介
入姿勢などを試す格好で仕掛けられている面があり、今後は為替や景気対策への対応
を見極めながらの相場展開になろう。これまではリップサービスが中心であっただけ
に、早急な対応を求める形での催促相場的な動きが強まる可能性がありそうだ。
 ただし、9/17にも内閣・党役員人事を実施し、政策実行への態勢を整える予定であ
ることに注目しておきたい。党人事へ注目が集まるほか、政策期待によって先高観が
高まることも考えられる。昨日発表された8月の米・小売売上高は2ヶ月連続でプラス
となり、家電小売大手ベストバイの決算も好感されている。米景気の二番底懸念が後
退していることもあり、円売り介入には理解を得やすいとも考えられ、菅政権による
早急な対応によって株式市場もリバウンドが強まることが期待されよう。また、円高
への流れは想定されていたところであり、これを手掛かりに改めて売り仕掛けてくる
動きは限られるとみられる。
 そのため、日経平均は5日線が位置する9200円処と直近の上値抵抗線として意識さ
れている9300円とのレンジ取引になりそうだ。ただ、9200円を割り込んでくるようだ
と、瞬間的には9月SQ値(9150.32円)を意識させる仕掛け的な動きには注視しておき
たい。そのほか、二番底懸念が後退しているとはいえ、今晩の米国ではMBA住宅ロー
ン申請指数、NY連銀製造業景況指数、鉱工業生産指数、設備稼働率などが予定され
ており、手控え要因になろう。
 なお、9/14のNY市場でダウ平均は17.64ドル安の10526.49、ナスダックは4.06ポ
イント高の2289.77。シカゴ日経225先物清算値は大証比5円安の9245円。ADRの日
本株はキヤノン<7751>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、デンソー<6902>、オリック
ス<8591>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル83.06円換算)で全般小安かった。


[株式市場強弱材料]


強気材料
・米8月小売売上高、前月比0.4%増と事前予想を上回る
・米半導体SOX指数続伸、約1ヵ月ぶり高値水準
・欧州株式市場、資源関連株中心に堅調
・NY金大幅続伸、約3ヶ月ぶりに最高値更新
・LMEニッケル、続伸
・東証REIT指数、3日続伸

弱気材料
・メリル9月FM調査、日本株への弱気姿勢が強まる
・NYダウ5日ぶり反落、欧州の冴えない経済指標などを嫌気
・ドル/円、円高進行(83円06銭-08銭)
・独9月ZEW景況感指数、-4.3と事前予想を大きく下回る
・バルチック海運指数、続落
・DRAMスポット、大幅続落

留意事項
・菅首相再選、17日にも内閣改造へ
・CO2排出、国際海運で30%減
・次世代送電網、実験スタート
・人民元最高値、米にらみ元高誘導
・8月首都圏マンション販売、前年同月比18.5%増
・ユーロ/円(107円89銭-93銭)
・NY原油先物、反落(1バレル=76.80ドル)
・NY債券市場、続伸(10年債利回り0.070%下落)
・長期金利、低下(10年債利回り1.105%)
・フーマイスターエレ<3165>、ジャスダックに上場
・英8月雇用統計
・米MBA住宅ローン申請指数(先週)
・米9月ニューヨーク連銀製造業景況指数
・米8月鉱工業生産指数
・米8月設備稼働率


[サポート&レジスタンス]
終値            9299
5日移動平均        9197
200日移動平均     10080
100日移動平均      9686
先行スパンB        9672
先行スパンA        9531
標準偏差+2σ       9433
レジスタンス(2)     9368
レジスタンス(1)     9334
ピボット          9296
サポート(1)       9262
基準線           9232
サポート(2)       9224
転換線           9175
25日移動平均       9134
標準偏差-2σ       8835

[ランチタイムコメント]
催促相場から介入実施による意気込みを評価
 政府・日銀による円売り介入実施をきっかけに日経平均は急反転し、171.00円高の
9470.31円(出来高概算11億株)で前場の取引を終えた。菅首相が再選を果たしたこ
とで為替市場ではドル円が一時82円台に突入し、景気敏感セクター中心に利食い売り
が先行。その後も為替市場での不安定な値動きが続く中、先物市場での大口売買も加
わって、日経平均は一時9199.08円と9200円を下回る局面をみせた。しかし、円売り
介入観測報道を受けて一転、ドル円は84円台に切り返し、株式市場も先物に大口買い
が入り、輸出関連を中心に幅広い銘柄が反転をみせた。東証1部の騰落銘柄は値上り
1106に対して値下り373、変わらず173と、値上り数が全体の6割を占めている。
 野田財務相による「円売り介入を行った」との会見コメントが伝わっている。為替
市場では84円半ばまで円安に振れてきており、改めて為替介入を手がかりとしたイン
デックス買いなどが流入する可能性がある。
 日経平均はこれまでの抵抗線であった9300円処をクリアしており、今後は9300円処
を支持線として意識することになる。一目均衡表では雲下限を捉え、遅行スパンは上
方転換シグナルを発生させつつある。一気にテクニカル面も好転してきており、景気
敏感株への見直しの流れが強まることが期待される。一方、インデックスによるコア
銘柄へ資金が向かいやすくなるため、中小型株などのリバウンドは鈍そうである。

[クロージング]
「為替次第」といった見方が染み込んだ
 政府・日銀による円売り介入実施をきっかけに日経平均は急反転し、217.25円高の
9516.56円(出来高概算23億5000万株)で取引を終えた。日経平均は約1ヶ月ぶりの
9500円を回復し、出来高は先週末のメジャーSQを上回り、7月22日(26億5000万
株)以来の水準に膨れている。円相場はドル円が85円台、ユーロ円は110円台と、と
もに対円で2円程度円安に振れたこともあり、輸出関連を中心に大きく切り返してい
る。欧州の景気不安が再燃していたこともあり、上昇率ではトヨタ<7203>の3.8%、
ホンダ<7267>の3.9%に対し、マツダ<7261>は6%を超えるなど、欧州比率の高い銘柄
の切り返しの大きさも目立った。
 日経平均はテクニカル的にもベストなタイミングで上へのトレンドをみせた。真空
地帯であるため強弱感が対立するところではあるが、円売り介入は「1回だけではな
い」と継続介入を示唆しており、調整局面での押し目買い意欲は次第に高まることに
なろう。
 また、本日の上昇は為替を受けての先物市場への反応、これによるインデックスに
絡んだ売買が中心とみられる。投資家の市場心理としては、やれやれのところでもあ
り、まずは直近抵抗線であった9300円処を支持線として機能させることが必要。ま
た、本日の上昇によって「為替次第」といった見方が染み込んだわけであり、断続的
な介入を考えると、今後は為替の円高局面での押し目買い、円安局面での利食い売り
といった投資行動に向かいそうである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9516.56 +217.25
TOPIX848.64 +13.77
東証2部指数2099.88 +17.22
日経ジャスダック1181.55 -1.01
マザーズ指数377.78 +1.52
ヘラクレス指数575.54 -0.32
東証1部売買代金1兆6735億円
東証1部出来高23.58億株
東証1部騰落レシオ109.72%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は高安まちまち。米小売売上高は予測上回ったものの連日上昇し
ていたと言うこともあり手仕舞い売りも見られ上値押さえている。ダウは小幅安、
ナスダックは小幅高で引けている。追加の米金融緩和観測も浮上した事からドル
が売られ為替は円高進行して返ってきている。それを嫌気し日経平均軟調に始ま
る展開。ただ寄り後は下げ渋りプラスに転じる場面も見られた。しかし為替が再
び1ドル82円台まで円高進んで来たこともあり、日経平均下げ拡大の動きに。と
ころが10時半過ぎに日銀が為替介入を実施し、急速に円安へと進行。それに合わ
せて先物買い戻し強まって日経平均は再びプラ転し上げ拡大していく動きに。輸
出株が買われ日経平均は前場に190円高となる場面も。昼には更に円安が進行し、
後場日経平均一段高に。日経平均は上げ幅280円に迫る場面も見られた。ただ買
い一巡後は戻り売りに押されて上げ幅をやや縮小。しかし下値も限定的で日経平
均は200円超す上げ幅で引けている。日経先物の主な買い越し証券は野村、クレ
ディスイス、UBS、シティG、メリル、ゴールドマン、ABNアムロ。売り越しは大
和、立花、モルガンS、BNPパリバ、松井、SBI、楽天、ニューエッジ、みずほ、
安藤、バークレイズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2766日本風力開発 124700円 +21900
大幅上昇。今朝の日経新聞ではトヨタや日立、パナ電工の3社が日本風力開発と青
森県六ケ所村でスマートグリッドの実証実験を今週から始めると報じられている。
既にこの計画は昨年発表していることであり目新しさはないものの、同社株は最
近は小動きで揉み合いの動きだっただけに、動意付くきっかけになったようだ。
上げれば短期資金も集まる銘柄だけに派手に上昇した模様。今朝のGRAILメールで
取り上げた本日の注目材料株。

7203トヨタ自動車 3010円 +111
今日は自動車株が総じて高く、業種別指数では輸送用機器が値上がり率トップと
なっている。同社株は8/24以来の3000円台回復。引値ベースで8/19以来の25日移
動平均線超えとなっている。為替介入により為替が円安へと急速に進行したこと
を受け、買い戻しの動きと見直し買いが入って来ている。ただこれにより円安基
調に転じたとは言い難いだけに、ここから上値追いは難しいと見る向きは多い。
3000円付近でのシコリも多大なことから、まずは3000円を固められるかが重要だ
と・・・。

3753フライトシステム 62600円 +14000
ストップ高。4営業ぶりにザラバ寄りつく。ソフトバンクと資本提携を発表してか
ら昨日まで3連続ストップ高となっていた。今日は上限のみ値幅制限が2倍になっ
ているが、好材料発表してからザラバ初めて寄りついただけに寄り後も買い集ま
った様子。材料が良いだけに物色が続く期待はあるものの、明日からは短期的な
急騰による過熱感と好材料との綱引きになると・・・。

8925アルデプロ 1409円 +105
朝方はストップ高近くの1599円まで買われる場面も見られ、年初来高値を更新し
ている。昨日同社は継続企業の前提に関する注記解消を発表。それを好感して買
われているようだ。ただ既定路線だということもあり、買い一巡後は上げ幅縮小
している。同様に継続企業の前提に関する注記解消となった8927明豊エンターも
朝方大きく買われたが大幅安で引けている。継続企業の前提に関する注記解消で、
相場になることもあるが相場にならないことも非常に多い。事前にある程度相場
作っていると、継続企業の前提に関する注記解消で出尽くしとなる事が多いよう
だ。

7974任天堂 23710円 +530
モルガンスタンレーがゲームセクターのカバレッジを開始しており、同社株に関
しては新規Overweight、目標株価3万円としていた。しかしながら好感する動きは
見られず朝方から軟調推移となっていた。昨日から為替が円高へと進行している
事から、円高懸念が非常に強い銘柄なだけに強気カバレッジは材料視されず。し
かしながら政府日銀が為替介入を実施したことにより、同社株も急速に戻し見直
し買いが一気に強まった模様。明日から始まる東京ゲームショウの思惑もあるも
のの、上値は積極的に追いにくいと見る向きはまだ多いようだ。

6796クラリオン 161円 +2
昨日同社は中間業績の大幅上方修正を発表。これを好感して買われたものの、ほぼ
寄り高状態で上値の重さが目立っている。同社は日経平均定期入れ替えにより、除
外されることが決定しており、それだけにインデックスファンドなどの売りが重石
となっている。9/30引値ベースで8804東京建物と入れ替えられるだけに、取りあえ
ずそれまでは積極的に買う向きは乏しいようだ。ただ逆に言えば10/1以降は面白い
と期待する声もある様子。

===============
◆◇9/16(木)の主な予定!◇◆
===============
7月第三次産業活動指数(8:50)
国際中央銀行ジャーナル(IJCB)秋季コンファレンス(~17日)で白川日銀総裁が講演
東京ゲームショウ2010(~19日 幕張メッセ)
ツルハHDなど決算発表
NZ準備銀行金融政策決定会合
インド中銀金融政策決定会合
非公式欧州理事会(EU首脳会議)
米新規失業保険申請件数(21:30)
米8月生産者物価(21:30)
米9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(23:00)
北米8月半導体製造装置BB レシオ(17日 7:00)
オラクル、フェデックス、リサーチ・イン・モーションなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*スミダコーポ<6817> 723 +39
輸出比率8割以上で急速な円安反転を評価。

*東洋鋼鈑<5453> 450 +22
飲料缶材など猛暑効果の恩恵期待織り込む格好か。

*シャープ<6753> 870 +42
ショートポジションが溜まっていた銘柄でもあり買戻し先行へ。

*ブラザー<6448> 1016 +49
マッコーリーでは「アウトP」格上げ、1300円目標に。

*シチズン<7762> 484 +23
JPMが格下げの一方、東海東京では投資判断を格上げへ。

*古河電工<5801> 338 +16
スマートグリッド関連としてのテーマ性もリバウンド材料に。

*富士重工<7270> 494 +23
為替市場での円安反転受けて自動車株は一斉高に。

*三井ハイテク<6966> 497 +23
前日に上半期決算発表でアク抜け感も強まる。

*小森コーポ<6349> 926 +42
ハイブリッドUVシステムの海外展開に期待とも。

*TDK<6762> 4945 +220
先物上昇に伴う裁定買いの影響なども大きいと見られ。

*メルコHD<6676> 2823 -143
特に材料観測されず、目先の買い戻し一巡感から短期筋の利食い売りか。

*五洋建設<1893> 122 -5
民主代表選受けて低位建設株の一角には処分売り。

*HIS<9603> 1705 -55
野村では「1」から「2」へ投資判断を格下げ。

*松屋<8237> 552 -17
三越伊勢丹との提携解消観測など引き続き重しへ。

*イノテック<9880> 453 +50
超小型CPUモジュール「TX-50」の発表で。

*ソディック<6143> 257 +18
安値もみ合い上放れで追随買いの動き強まる。



(前場)
*日本鋳鉄管<5612> 125 +11
上水道向け耐震管に期待などと一部ではやされている。

*カカクコム<2371> 470000 +26500
出来高伴って上昇した8月初旬の高値水準を意識する動きにも。

*アサツーDK<9747> 1926 +108
広告大手、海外の採算が急改善などとも伝わっており。

*富士機工<7260> 229 +12
調整一巡感強まるなか自動車株高の流れもリバウンドの支援に。

*パイオニア<6773> 276 +14
クラリオンの業績上方修正でカーエレ関連の一角として連想感も。

*日本軽金属<5701> 152 +7
アルミ市況の上昇なども手掛り材料と。

*タカラレーベン<8897> 465 +20
シティがポジティブレポートで見直し買い。

*日東紡績<3110> 192 +8
目立った材料もなく、買戻しの動きが主導する展開か。

*マツダ<7261> 197 +8
対ユーロでの円安進行を手掛かりに。

*新光電気工業<6967> 948 +38
直近ではCLSAの2段階格下げなども売り材料となっていたが。

*プレス工業<7246> 303 +12
建設機械株などは中国の金融引き締め懸念後退も手掛かりに。

*日本精線<5659> 411 +16
旭ダイヤの足元の株価上昇が刺激とも。

*日本曹達<4041> 311 +12
特に材料観測されないが、地合い好転もあって売られ過ぎ修正の動き続く。

*フォスター電機<6794> 1874 +72
出遅れ感の強さなどからリバウンド期待高まる格好にも。

*住友大阪セメント<5232> 159 +6
中国のエネルギー消費抑制策はセメントの需給逼迫にもつながると。

*ワコールHLDG<3591> 1164 +42
信用倍率低く買い戻しの動きが牽引する展開と。

*日本特殊陶業<5334> 1117 +40
自動車関連株上昇でショートカバー先行へ。

*山善<8051> 341 +12
工作機械関連の出遅れ材料株として短期資金の物色続く。

*ミツミ電機<6767> 1337 +47
モルガンでは新規に買い推奨、1850円目標とする。

*大東建託<1878> 5150 +180
自社株買い実施などの需給期待も強い状況で。

*津田駒工業<6217> 144 +5
過度な中国金融引き締め懸念など後退する格好にあり。

*カヤバ工業<7242> 437 +15
業績変化率の高い低位材料株として注目が継続する格好に。

*ホンダ<7267> 2930 +98
自動車セクターの中でも、円高ドル安の影響懸念強かったため。

*ダイキン<6367> 3100 +102
為替介入により、対ユーロでの円安も進み。

*デンソー<6902> 2456 +78
円安反転を背景とした自動車株高の動きに連れ高へ。

*信越化学<4063> 4375 +135
ウエハー値上げ先送り織り込み済みとしてCSが買い推奨継続。

*福田組<1899> 158 -9
民主党代表選の小沢氏敗北を受けて処分売り優勢。

*日本橋梁<5912> 183 -10
小沢関連の一角と位置づけられ、手仕舞い売り集まる。

*レオパレス21<8848> 148 -5
引き続き、需給不安なども拭えずで。

*ピーエス三菱<1871> 210 -7
日本橋梁と同様に民主党代表選の結果を嫌気する格好で。

*サイボウズ<4776> 27000 -870
通期予想の修正もなく短期的な出尽くし感に。

*みずほFG<8411> 133 +2
朝方から大口買いの動きなども散見され。

*野村HLDG<8604> 454 -4
7月安値を一旦更新で戻り売り圧力も強まる格好か。

*三菱UFJ<8306> 421 +7
新自己資本規制などが明らかになって以降、銀行株には安心感強まる。

*東芝<6502> 403 +7
政府が関係国との原子力協定などを急ピッチで進めていると。

*新日本製鉄<5401> 298 +3
米鉄鋼株安も地合い改善で影響乏しく。

*GSユアサ<6674> 603 +12
地合い改善から材料株にも強気ムードが反映される。

*日産自動車<7201> 697 +20
為替の円安反転で大手自動車株は揃って切り返す。

*全日本空輸<9202> 328 +4
優待権利取りの動きなども強まる格好か。

*日本カーバイド<4064> 228 -1
短期的な過熱警戒感から利食い売りが優勢の形で。

*日本板硝子<5202> 179 -1
明日には公募売出株の還流を控えており。

*日本郵船<9101> 345 0
バルチック指数の下落基調などで買い手控えも。

*クラリオン<6796> 162 +3
上半期業績予想の上方修正発表で朝方から強い動き。

*トヨタ<7203> 3000 +101
為替介入による急速な円安反転を材料に。

*三井物産<8031> 1175 +9
非鉄市況の上昇など総合商社にはプラス材料へ。

*ドコモ<9437> 148100 +3000
前日にはモルガンのポジティブなレポートも。

*東京エレク<8035> 4300 +70
JPMでは投資判断格下げも全体地合いとともに切り返し。

*日電硝<5214> 1099 +33
米コーニングの株価上昇も刺激材料となる。

*ニコン<7731> 1426 +17
みずほでは投資判断格下げも円安反転などによる地合い改善で。

*住友鉱<5713> 1241 +14
深紫外線発するLED向け基盤技術を開発と。

*アドテスト<6857> 1649 -1
JPMでは投資判断を一気に2段階格下げで。

*任天堂<7974> 23570 +390
モルガンでは新規「オーバーW」、目標株価30000円に。

*ローム<6963> 5400 +150
メリルでは業績予想や目標株価引き下げも地合い改善で。

*シマノ<7309> 4285 +110
20億円を上限とした自社株買いの実施を発表。

*フーマイエレ<3165> 1047
本日JASDAQ市場に上場、初値は公開価格比マイナス3%の970円となる。

*アルチザ<6778> 57800 +3900
KDDIから通信測定機の提供ベンダーに選定されたと発表。

*中小企業信用機構<8489> 122 -29
振興銀破綻で債務超過に陥る可能性があると発表。

*テックファーム<3625> 89800 +14600
引き続き、今期業績見通しが大幅増益となったことを材料視。

*ヴィレッジV<2769> 294000 +13000
円高警戒感から内需・ディフェンシブ関連の一角として物色の動き。

*日風開<2766> 121900 +19100
スマートグリッドの実証実験を開始すると発表。

*アルデプロ<8925> 1554 +250
継続企業の前提に関する注記の記載解消を好感。

*ユビキタス<3858> 192500 +8500
MSが任天堂の投資判断を「オーバーウェイト」としたことも刺激材料に。

*データアプリ<3848> 61300 カ
今期営業利益見通しを8900万円から2.6億円へと上方修正。

*デザインEX<4794> 212 +50
過年度訂正報告書の提出で先行き警戒感が後退。

*OTS<4564> 172900 +4100
食道癌治療用ワクチンの臨床試験開始に伴うマイルストーン受領と発表。

*シーシーエス<6669> 92000 -10500
継続企業の前提に関する注記の記載を嫌気。

9月15日(水)

H「日経平均は大幅に反発した。8/10以来の9500円台だ。朝方は為替もやっぱりとばかりに円高へと進行しており、日経平均も100円以上も下落する場面も見られていただけに市場心理も結構悪かったんだが、10時半過ぎから状況が一変した。」

K「ああ。やってくれたな。市場が諦めムードとなっている状況での介入実施だ。昨日、代表選が終了し菅首相の続投が決まった矢先だけに、タイミング的にサプライズとなった。」

H「そうだな。やはりタイミングが良いと、効果も出るわな。」

K「そう言うことだ。前回の追加金融緩和などタイミング最悪だったため、効果は限定的だったからな。」

H「だよな。散々批判されていた野田財務相もやれば出来るジャンと褒めてやりたい。」

K「10時半くらいまでは為替が1ドル82円台に再び突っ込んできていたからな。既に昨晩付けていたが、何とか更なる円高は止まっていた。しかしザラバ中に再び円高へと進行してきたことを受け、先物売ってきた向きもいるようで、日経平均は今日の安値を取ってきていた。」

H「ああ。それだけにショートポジション取っていた向きも多く、10時半過ぎからの動きにビックリしただろうな。」

K「10時半過ぎから実際に円売り介入を始めたようだ。為替が急速に円安へと進行し、それに伴い先物に買い戻しが殺到した。明らかに不自然な動きであり、この動きで介入報道ある前から介入されたと察知した向きは多い。」

H「だろうな。以前から1ドル82円台で介入してくるのではという噂はあったからな。ただ単なる噂で実際に介入は出来ないだろうとの見方も多かった。」

K「でも本当にやってきたわけだ。円安に動き出してから数分後には野田財務相が10時50分から会見を行うと報じられており、これで介入を確信した向きが多いようだ。その数分後には介入実施報道があった。」

H「んで会見で実際に介入したことを公表した。これは非常に珍しい。」

K「そうだな。介入した後、わざわざ会見して公表なんてしないからな。当然介入されればそれなりの動きがあるので、そう言った話は出てくるが、単なる噂だったと言うことも良くある。」

H「財務省が毎月介入実績を公表しているが、それで初めて解ることもあるからな。」

K「ああ。更に言えば、詳細、つまり何月何日に幾ら買い付けたかなどは四半期ごとの公表となる。まあ今回も介入は公表したが規模までは公表していない。」

H「でも介入を公表すること自体珍しいだけに、やはり今回は牽制という意味も強いんだろう。」

K「しかも明確に82円台が防衛ラインと言うことにも言及している。こうなると1ドル82円台は当面付けない可能性が高まった。」

H「そうだな。今回の介入で円安基調に転じれば幸いだが、そうなるかどうかはまだ解らない。ただインパクトあっただけに結構円安へと戻しているから、暫く時間稼ぎにはなるだろう。」

K「ああ。でも噂では結構な規模の介入だということで、後場に入っても継続的に介入はされていたとの話だ。」

H「だとすれば、これを機に暫く円安基調続くという可能性もありそうだな。」

K「まあそう期待したいけどな。ただ昨晩の米国市場では追加の金融緩和観測まで出ているしな。しかも来週には米FOMCがある。」

H「ただ米金融緩和は来週のFOMCで実施に踏み切るかは不透明だ。もっと先のFOMCでいう見方も多い。それだけに来週のFOMCで追加緩和無ければ、暫く円安基調にと言う期待もあるんじゃないのか。」

K「そうだな。取りあえず今晩だろうな。今晩持つかどうか。日銀が欧米時間で介入するには海外の中央銀行に介入を委託する事になる。果たしてそこまでやるかどうかだな。そこまでやるようだと、結構本気だといえ、投機筋などは暫く円買いポジションは取りにくくなる。」

H「問題は米国がちゃち入れるかどうかだな。ちゃち入れてくるようだとやっかいだ。何せ米国はドル安容認態勢だからな。」

K「そうだな。現時点ではノーコメントとしているが、今後釘を刺してくるという懸念は確かにある。」

H「まあ、米国もある程度は容認するだろうけど、あまりに円安ドル高へと進んで行くようだと牽制せざる得ない。」

K「ただ、取りあえず行けるとこまで行って欲しいモンだけどな。円買いポジション抱えている投機筋は非常に多い状態だっただけに、これを機に一気に締め上げて踏ませてしまえば思った以上に円安へと行く期待もあるだろう。」

H「そうだな。取りあえず今晩も円安基調続くかどうか注目したい。」

K「ああ。期待したいモンだな。」
2010.9.15先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。