(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.8【先物需給で往ってこい】

2010/09/08 11:14|未分類CM:0
米WSJ紙(電子版)が「欧州のストレステストで、
一部銀行はソブリン債の保有高を実態よりも少なく申告していた」
と報じて、金融株が売られ
んでもってユーロも売られ
つられてダウも売られ
ついでに日本も売られ

こんなネタでここまで下げるとは
ヘッジファンドか何かが売り仕掛けるために出したのかな

日本は機械受注も国際収支の経常黒字も
めちゃんこ良い数字
ホント経済はこの円高で無策政治の中がんばってる

昨日は新興が強かったんでその辺持ち越し
クルーズ逆日歩で買われてたのか
知らずに持ち越し
寄りでさらに追加して上昇で利確とか
後は昨日売ったけど全然下がらなかったGSユアサとか
寄りとか押し目で買い増し

中小型材系買いの大型系売りかな

後場
9000円割れを買う
何か強いと思って拾ってたりそなが良く伸びた
JUKIはきれいに振り落とされた

今回も日本だけ大暴落
とうとうダウと日経の差が1300を超えた

マック売り上げ好調だとか
ミャンコんちのそばのマックは
最近になって二つ閉店になったが


[株式オープニングコメント]
先物と為替市場に振らされる展開か
 米欧景気の先行き不安感が再燃していることを背景に、為替市場では円高が進行し
ている。レーバーデー明け後の米国市場も金融株を中心に下げており、これらを受け
てのオープニング・ギャップから、日経平均は5日線水準(9126.26円)から始まるこ
とになろう。ただ、既に昨夕の段階で円高に振れていたことから、米国株の下げに対
する警戒もある程度は織り込んでいたと考えられる。日経平均は週末の先物・オプシ
ョンSQを控え、権利行使価格を挟んでの攻防が続いていたこともあり、売り一巡後に
膠着感を強めやすいであろう。
 まずは権利行使価格の9000円と9250円の中心となる9125円での攻防が予想される。
この水準での下げ渋りがみられるようであれば、9125円から9250円辺りでの推移とな
ろう。これを割り込むようだと、9000円から91250円での推移となる。テクニカル面
ではボリンジャーバンドのマイナス2σから中心線(25日)での推移が続いている。
マイナス2σはないにせよ、マイナス1σが位置する9000円前後を当面の底とみておき
たい。
 8:50に機械受注の発表が予定されているが、この内容で市場が大きく動くことは考
えづらい。SQに絡んだ商いと、為替動向を横目で睨みながらの仕掛け的な商いが中心
になりそうだ。
 また、直近で大幅に先物を買い越していたクレディ・スイスは、昨日4分の1辺りを
売り越していた。残りのポジションの動向や、商品投資顧問業者(CTA)などによる
先物に対する思惑的な動きが波乱につながる可能性には注視しておきたい。
 なお、9/7のNY市場でダウ平均は107.24ドル安の10340.69、ナスダックは24.86ポ
イント安の2208.89。シカゴの日経225先物清算値は大証比125円安の9095円。ADR
の日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、任
天堂<7974>、ソニー<6758>、京セラ<6971>、富士フイルム<4901>、オリックス
<8591>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル83.79円換算)で全般軟調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NY金反発、一時史上最高値に接近
・LMEニッケル、小幅続伸
・バルチック海運指数、続伸
・日銀総裁、追加緩和に含み

弱気材料
・NYダウ5日ぶり反落、欧州信用不安の再燃を嫌気
・米半導体SOX指数反落、半導体製造や検査装置に慎重見通し
・欧州株式市場、銀行株中心に軟調
・欧州ストレステスト、一部銀行がソブリン債を過少申告
・ドル/円、円高進行(83円74銭-76銭)
・ユーロ/円、円高進行(106円18銭-22銭)
・DRAMスポット、続落
・東証REIT指数、3日続落

留意事項
・マルチメディア放送事業者、ドコモ陣営選定へ
・銀行新規制、「自己資本」7%以上
・エコカー販売、補助金終了で年内3割減も
・7月景気先行指数、再び悪化
・鉄鋼大手、10-12月鉄鉱石価格13%値下げで合意
・NY原油先物、反落(1バレル=74.09ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.102%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.135%)
・7月機械受注
・7月国際収支
・8月貸出・資金吸収動向
・8月企業倒産
・9月金融経済月報
・8月景気ウォッチャー調査
・独7月貿易、経常収支
・英7月鉱工業生産指数
・独7月鉱工業生産指数
・米MBA住宅ローン申請指数(先週)
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・米7月消費者信用残高



[サポート&レジスタンス]
終値            9226
5日移動平均        9126
200日移動平均     10092
100日移動平均      9780
標準偏差+2σ       9675
先行スパンB        9672
先行スパンA        9459
レジスタンス(2)     9352
レジスタンス(1)     9289
基準線           9274
ピボット          9248
25日移動平均       9211
サポート(1)       9185
サポート(2)       9144
転換線           9054
標準偏差-2σ       8747

[ランチタイムコメント]
先物需給を注視、外部リスクを避けた投資スタンスに
 日経平均は下落。181.61円安の9044.39円(出来高概算6億2000万株)で前場の取引
を終えた。米欧の景気不安感が強まっており、為替市場では円高が進行しているこ
と、欧州信用不安が再燃の兆しを見せていることを嫌気された海外株安の流れが波及
している。機械受注の結果が事前予想を上回ったこともあり、売り一巡後に下げ渋り
をみせる局面もあったが、先物市場では直近で大幅に買い越していたクレディ・スイ
スが売り越しているとの観測もあり、先物主導でじりじりと下げ幅を広げる展開とな
っている。
 東証1部の騰落銘柄は、値上り146に対して値下り1366、変わらず99と、値下り数が
全体の8割を占めている。セクターでは空運が唯一プラス。その他金融、精密機器、
証券、保険、輸送用機器などの下げが目立つ。物色は一部材料株やFTSE Japan Index
の銘柄入替えなどを手掛かりとした物色。また、外部リスクを避けた形で、JASDAQ市
場などの銘柄に短期資金が向かっている。
 日経平均は9000円割れが意識されているが、テクニカル面ではボリンジャーバンド
のマイナス1σと中心線(25日)との推移であり、想定された調整である。先物市場
で週初に225先物を大幅に買い越していたクレディ・スイスが昨日売り越していたこ
ともあり、本日も売りが出るとの見方は想定されていたことであろう。そのため、ク
レディの売りが前場段階で一巡しているかが注目されるところであろう。ニュートラ
ル後に売りに転じるとも考えづらく、ニュートラルになった段階で一先ず底打ちが意
識されると考えられる。
 ただ、為替市場では1995年の79円台をみるまではボトム形成が意識されづらく、政
府・日銀による円高けん制発言なども飛び交っているが、79円台に突入するまでは介
入はないとみられる。そのため、下への警戒感はくすぶることになり、為替や先物市
場を横目で睨みながらの相場展開が続くことになる。物色としても外部リスクを避け
た投資スタンスになろう。

[クロージング]
先物需給で往ってこい
 日経平均は大幅下落。201.40円安の9024.60円(出来高概算14億7000万株)で取引
を終えた。為替市場で一段の円高が進んでいるほか、先物市場での断続的な売りの影
響から、日経平均はじり安基調が続いた。ただ、後場寄り付き直後に一時8997.63円
と9000円割れの局面がみられたが、日中の値幅は100円程度であり、これまでのレン
ジ内での膠着といったところである。
 特に先物市場では、週初に225先物の大幅買い越しが目立っていたクレディ・スイ
スが昨日売り越していたため、本日も売りに回るとの意識は高まっていた。レーバー
デー明けの米国市場についても、米大統領の景気対策は効果薄であり、材料出尽くし
につながる可能性もあった。じり安基調が続き、心理的な9000円割れ、為替市場での
止まらない円高など、相当プレッシャーにはなったが、先物の需給要因では、往って
こい、は想定されていたことであろう。
 週末の先物・オプションSQを控え、権利行使価格の8750円、9000円、9250円のそ
れぞれの中心値である8875円、9125円、9375円辺りの攻防が続いている状況である。
本日は9000円から9125円での推移であった。9000円割れが続くならば、8875円から
9000円といったレンジとみておきたい。また、基本的には調整トレンドの中での修正
リバウンドをみせてきたところであるため、現時点では8750円から9375円のレンジで
振れやすいであろう。
 ボトム意識、先高観が高まらないため、薄商いの中をインデックス売買によって大
きく振れる状況も続きそうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9024.60 -201.40
TOPIX820.99 -13.93
東証2部指数2071.04 +1.79
日経ジャスダック1175.90 -5.09
マザーズ指数374.67 -5.55
ヘラクレス指数567.53 -6.27
東証1部売買代金1兆62億円
東証1部出来高14.73億株
東証1部騰落レシオ93.45%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅安に。WSJの報道をうけ欧州信用不安が再燃。欧米市場共
に金融株が売られ、全体的にもリスク回避の動きに。為替が円高進行して返っ
てきており、日経平均大幅安で始まる展開。寄り後も弱い動きで下げ幅を拡大
する動き。日経平均は節目の9000円で下げ渋るも、戻りも鈍く、後場には円高
が更に進行したことを受け日経平均9000円割れに。しかし、その水準では買い
意欲も強く下げ渋る。結局、9000円は維持して引けるが大幅安には変わりなし。
日経先物の主な買い越し証券は、メリル、大和、BNPパリバ、三菱UFJMS、松井、
楽天。売り越しは水戸、クレディスイス、アーク、ニューエッジ、安藤、バー
クレイズ、UBS、ドイツなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
1899福田組 183円 +17
大幅高で直近高値を更新。5月に付けた年初来高値に迫る場面も。小沢氏関連
銘柄として依然として相場続いている状況。既に売り禁となっているが、売り
方の買い戻し進んでおらず、踏み上げ期待もまだ燻っているようだ。昨日分の
逆日歩が3日分で1.5円付けており、今日は買い戻しの動きも見られている模様。
更なる上値を取っていくという期待は乏しいようだが、下値も限定的で高値圏
揉み合いが民主党代表選まで続くのではと見る向き多い。その後は、小沢氏敗
北なら失望で売られ、勝利でも出尽くしで売られそうだと・・・。

4358TYO 67円 -3
一時83円まで買われ大幅上昇となる場面も。昨日分の逆日歩が3日分で4.5円付
けており踏み上げの様相。この株価で、この逆日歩はデカイとの事から、逆日
歩期待の買いや、逆日歩回避の買い戻しなどが入ったようだ。前場は高値引け
となるものの、昼に一部の買い方が期待した売り禁で逆日歩10倍措置という事
にはならず。売り禁にすらなっていない。これをうけ、後場は手仕舞い売り優
勢に。それでも売り禁にならなかった事から空売り増えるという期待も残って
おり、押し目買いも見られていた。しかし後半に突如まとまった売りが出て急
落してしまう。相場終わったと見る向き多いが、あとは信用取り組み次第との
声も・・・。

8714池田泉州 138円 +11
今日は銀行株には軟調銘柄目立っているが、ここは朝からしっかりの展開。英
FTSE指数の銘柄入れ替えが昨日発表されたようで、同社株などが新規採用され
た模様。それによりインデックスファンドなどの特需買い期待から買われてい
るようだ。特に同社株に関しては買いインパクト強いようで、他の新規採用さ
れた銘柄よりも強い動きとなっている。他には3632グリー、4527ロート、
4555沢井製薬、4666パーク24、9086日立物流が採用されたようで、いずれも今
日はプラス引けとなっている。一方、3002グンゼ、6723ルネサス、6730アクセ
ル、8522名銀、8564武富士、8848レオパレス、9719住商情報が削除される模様。

4575キャンバス 1070円 +129
大幅上昇で今日もストップ高まで買われる場面も見られた。連日派手に上昇し
上げてきただけに、さすがに今日は厳しいとの見方も多く、前場は派手に売ら
れる場面も見られた。後場も軟調推移だったが徐々に戻してくると、再び短期
資金が集まってきて前場高値を抜くと物色加速。大台もクリアし、揉み合いな
がらもストップ高まで駆け上がった。その後は急落気味の動きを度々見せるが
押し目買い意欲強く、大幅高維持して引けている。単純な短期物色だけでなく、
武田薬品に変わる新たな提携先決まる事への期待感の買いも続いている模様。
いずれにしろ、ここから先はチキンレースだと・・。

9641サコス 114円 +30
ストップ高。寄り後、4分でストップ高まで駆け上がった。特に材料は見当たら
ないが、最近は低位株物色が盛んになっており、日替わり的に新たに物色される
銘柄が出て来ている。特にジャスダックの低位株に物色されている銘柄目立って
おり、今日は同社株以外にもストップ高まで買われた銘柄も見られている。中に
は連日の派手な物色と言う銘柄もあるものの、単発で終わるものも当然あり、物
色が続くかどうかは値動き次第と・・。ジャスダックの低位株物色の柱は3318メ
ガネスーパーのようであり、その動向が注目だとの見方もあるようだ。

===============
◆◇9/9(木)の主な予定!◇◆
===============
7-9月期法人企業景気予測調査(8:50)
8月オフィス空室率(11:00)
8月消費者態度指数(14:00)
8月工作機械受注(15:00)
積水ハウス、ミライアル、Drシーラボ、オハラ、クミアイ化学、インスペックなど
決算発表
OPEC月報
ブラジル8月消費者物価(21:00)
米30年国債入札(130億ドル)
米新規失業保険申請件数(21:30)
米7月貿易収支(21:30)
[動いた株・出来た株]

*りそなHD<8308> 850 +24
銀行新規制報道など受け安心感先行か、再編思惑といった指摘も。

*トリドール<3397> 148900 +3900
前日に8月の月次発表、マイナス転落も想定線と受け止められる。

*一休<2450> 50400 +1300
ネット関連株の一角には消去法的な資金も向かう格好と。

*大幸薬品<4574> 1215 -122
いちよしの「C」継続などで利食い売り集まる。

*スミダコーポ<6817> 635 -36
円高進行のなか、輸出比率の高さなど警戒視で。

*ペガサス<6262> 204 -11
一昨日株価急騰の反動安が続く格好で。

*新光電工<6967> 907 -47
バークレイズでは「イコールW」に投資判断格下げ。

*セディナ<8258> 138 -7
ノンバンク売りの流れに押される格好にも。

*日本無線<6751> 200 -10
リバウンド一巡感から信用整理の動きにも押される格好へ。

*ケネディクス<4321> 12970 -640
全般的な信用リスク高まる中では手控えムード強まりやすく。

*CSK<9737> 284 -14
日経平均継続採用も昨日以降買い安心材料とはされずで。

*パイオニア<6773> 247 -12
中間期末は無配と引け後に発表している。



(前場)
*池田泉州HLDG<8714> 138 +11
FTSEリバランスのなかでも需給インパクト強い銘柄として。

*SMK<6798> 380 +11
自社株買いの実施発表で需給改善期待など高まる。

*日本橋梁<5912> 215 +6
値動きの軽い低位材料株として幕間つなぎ的に物色へ。

*大京<8840> 120 +3
メリルでは低金利恩恵の不動産株が有望とも。

*福田組<1899> 170 +4
前日の急反落を受けて短期資金の買い戻し先行へ。

*ハイデイ日高<7611> 1115 +25
今期業績の上ぶれ観測報道が伝わっている。

*松田産業<7456> 1286 +28
金市況の上昇に加えて、前日にはコスモが格上げへ。

*丸一鋼管<5463> 1700 +37
50万株を上限とする自社株買い実施を発表。

*東洋水産<2875> 1848 +40
シティでは投資評価「1M」に格上げ、2600円目標とする。

*日本軽金属<5701> 147 +3
タイでアルミ薄板を増産などと報じられている。

*パーク24<4666> 928 +17
FTSEへの新規組み入れが買い材料視される。

*グリー<3632> 6460 +110
同社もFTSEに新規組み入れとなっており。

*GMOペイ<3769> 156800 +2600
連日の急伸、値動きの軽さが短期資金の値幅取り商いを誘う。

*沢井製薬<4555> 7650 +110
FTSEで新規採用された銘柄の一つで。

*旭ダイヤ<6140> 1404 +14
引き続き、自社株買いや好業績観測などが支えに。

*シンプレクス<4340> 50000 -3500
目立った材料観測されないが、直近安値更新で需給懸念など強まる格好。

*イビデン<4062> 2115 -144
バークレイズでは格下げ、インテルの投資判断格下げも観測され。

*名古屋銀行<8522> 285 -19
FTSE除外で売りインパクト大きい銘柄と。

*アンリツ<6754> 484 -32
CB発行を発表で希薄化や需給懸念が強まる形に。

*シップヘルス<3360> 67400 -4000
昨日の伸び悩み受けて利食い売り集まる格好に。

*サンケン電気<6707> 264 -15
三菱UFJでは目標株価を310円から280円に下げ。

*武富士<8564> 182 -10
欧州ソブリンリスクなど信用リスク上昇懸念も逆風に。

*住商情報システム<9719> 1260 -69
名古屋銀行に続きFTSEリバランスで売りインパクト大の銘柄。

*クレディセゾン<8253> 1068 -51
世界的な信用リスク上昇懸念でノンバンクは全般軟化へ。

*ニッパツ<5991> 710 -33
バークレイズの目標株価引き下げも響く格好か。

*帝国ピストン<6463> 586 -27
出遅れ物色からのリバウンドにも一巡感強まり。

*シチズンHLDG<7762> 457 -21
特段の材料ないまま直近で目立ち、戻り売りに押される。

*グンゼ<3002> 268 -12
同社もFTSE除外銘柄となっている。

*JSR<4185> 1290 -57
次世代蓄電装置開発報道などにも反応薄の格好で。

*ルネサスエレ<6723> 694 -30
FTSE除外銘柄の一社となっており。

*みずほFG<8411> 132 -1
バーゼル委の銀行新規制は、ややネガティブに捉えられる。

*日本板硝子<5202> 185 -6
本日から公募価格の決定期間入りとなっており。

*東芝<6502> 386 -7
海外半導体株安に連れ安する格好で。

*新日本製鉄<5401> 291 -6
中国鉄鋼市況上昇で昨日は逆行高も短期資金の利食いで。

*三菱UFJ<8306> 401 -7
欧州財政懸念の再燃なども銀行株のマイナス材料へ。

*野村HLDG<8604> 466 -13
外部環境悪化に伴う株式市場の下落を嫌気する。

*日本触媒<4114> 715 -2
本日、公募株の受渡期日で売り買い交錯へ。

*全日本空輸<9202> 316 +3
7月の輸送実績はプラス基調を継続させており。

*東京建物<8804> 315 -4
前日は日経平均新規採用を好感して上昇となったが。

*日産自動車<7201> 650 -19
円高進行やエコカー補助金の反動懸念で自動車株はさえない。

*川崎汽船<9107> 317 -11
バルチック指数は上昇も景気敏感株には注目度高めにくく。

*ユニチャーム<8113> 9460 -320
想定外のCB発行にはネガティブな見方も。

*トヨタ<7203> 2867 -69
エコカー補助金事実上終了や為替の円高で自動車株軟化。

*三菱商事<8058> 1849 -43
ギラード政権持続で豪州の資源課税に対する警戒感再燃も。

*東京エレク<8035> 4035 -105
米国市場では投資判断格下げなどで半導体製造装置の一角が軟調。

*アドテスト<6857> 1583 -72
今期業績観測報道伝わるがコンセンサスは下ブレの水準で。

*ロンシール<4224> 95 -7
前日は大幸薬品の連想から急伸となっていたが。

*明星工業<1976> 274 +17
特に材料ないまま寄り付きから急伸、割安感などはやした仕掛けか。

*ロート製薬<4527> 1057 +31
FTSE新規採用の一社で。

*森精機<6141> 734 -35
機械受注の上ブレも材料視されず、地合い悪化で戻り売りに押される。

*FPG<7148> 3385 +345
初値である3300円を回復したことが需給面の支援材料にも。

*アクロディア<3823> 40150 +2900
引き続き、GMOインターネットとの資本・業務提携を材料視。

*アスカネット<2438> 53500 +4500
好調な第1四半期業績や自社株取得枠の設定を好感。

*ウェブマネー<2167> 174500 +6000
電子マネーの日常利用拡大が伝わったことを材料視とも。

*ブロードメディ<4347> 148 +19
動画配信などコンテンツサービスを手掛けることから関心高まり。

*スカイマーク<9204> 630 +19
高値更新で需給妙味も高まり。

*一建設<3268> 2227 -29
今期業績見通しを上方修正もコンセンサスに沿った内容で出尽くしへ。

*メディビック<2369> 12300 -800
昨日大幅高の反動から利益確定売り優勢。

*スタートトゥ<3092> 235400 +2700
根強い円高警戒感からネット関連株を物色の動き。

*OSGコーポ<6757> 325 -19
今期業績見通しの上方修正と増配を発表も、事前の観測報道に沿った内容で。

9月8日(水)

H「日経平均は大幅な続落だ。再び9000円割れを伺う展開となってしまい、今月4連騰してもこうも派手に売られては意味はない。」

K「仕方ないだろう。この円高状況では・・。昨晩の海外市場では為替が更に円高へと進行しており、1ドル84円台すら戻せなくなっている状況だ。特にユーロの売られ方が酷く、ユーロ円が大きく円高と進行した。」

H「欧州金融不安の再燃が主な要因のようだ。米WSJの報道がきっかけになったようだが、こんな事は日本市場では昨日の朝から流れていることだ。」

K「想定以上に、海外勢が嫌気したと言うことだろうな。昨日の日本市場は米国レーバーデーの絡みで海外勢の参加者乏しかったからな。為替も欧州時間に入ってからユーロ売りが加速している。」

H「欧州市場でも米国市場でも金融株中心に幅広く売られてリスク回避の動きが強まった。」

K「ただリスク回避の動きというより、単に手仕舞い売りのきっかけになったとも言えるだろう。最近までは欧米市場共に堅調だったからな。」

H「だとしたら日本市場の下落は過剰反応にも思える。」

K「ただ日本の場合は、欧州懸念というよりは円高進行を嫌気して売られた面が強いだろう。」

H「昨日の日銀総裁の会見を聞いて、安心してドル売り円買いが出来ると豪語している投機筋もいるようだ。」

K「そうだな。昨日の総裁の発言では追加緩和を示唆しているものの、日銀が為替相場を自在にコントロール出来ているわけでないとも言っており、日銀に打つ手無しと受け止めた投機筋も多いようだ。」

H「なるほどね。今日は野田財務相が円高牽制発言を行っているが、まったく効果無しだ。」

K「効果無しも何も、逆効果だろう。市場では野田財務相が出てくると円高に進行するとまで言われている。中には野田財務相の会見を材料に円買いに動く短期資金もいるようだ。」

H「ただ夕方になって円高も落ち着いてきているのは幸いだ。」

K「小沢一郎氏が記者懇談会で為替介入も腹を据えてやるべきだと発言したようだ。更に円高進めば国債増発も、なんて発言までしている。これをうけ円安へと動いている面もあるようだ。」

H「まだ総理になるかどうかも解らないのに、小沢氏の発言で為替が動くって言うのもどうかと思うが・・・。」

K「現大臣の野田財務相より、小沢氏の発言の方が効果的っていうのも現政権が如何に市場にナメられているかという証拠だろう。何とも情けない。」

H「ただこれで実際に小沢氏が代表選で勝利し、総理になれば、円安基調に変わるかも知れないな。総理になる前の発言でもこれだけ影響度があるんだ。」

K「どうだろうな。確かに市場では、小沢氏勝利で円安株高になると見る向きは多いようだ。」

H「小沢氏関連銘柄といわれている1899福田組が依然として強い動き続けているのも、その期待の表れか・・。」

K「さあな。とにかく今の円高状況を何とかしないと、日本経済も今後悪影響がかなり出てくることになる。誰でも良いから、何とかして欲しいモンだが・・・。」

H「今日は日経平均9000円割れとなる場面もあったが、その水準ではやたらと買いも見られていたな。先物は売り買い交錯で、何とか引けでは9000円台維持した格好だ。今日もある意味、先物主導で売られたと言えるかもな。」

K「だろうな。先物手口を見ると今日もクレディスイスが売ってきている。まあ欧米株安に円高と悪材料揃えば、そりゃ売ってくるんだろうな。期近物だけでなく、期先物まで売ってきているだけに、単にSQ絡みの売りというわけでも無さそうだ。」

H「それだけにSQ後の動向も懸念する市場関係者も多いようだ。」

K「ただ基本的に短期資金だといえ、買い戻すきっかけがあれば買い戻してくる。円安へ向かうとか株高の材料が出るとか・・。」

H「しかし今朝発表された機械受注は市場予測を大きく上回って非常に良い数字だった。市場は殆ど無視していたけどな。」

K「国内経済指標など今は興味もないだろう。やはり警戒されているのは外部要因であり、為替や欧米市場の動向だからな。」

H「取りあえず今回再燃した欧州懸念も一時的にとどまってくれれば良いけどな。」

K「そうだな。今晩の米国市場でベージュブックが公表される。それをうけ米国市場どういう動きになるのかも注目したい。雇用統計で過度な景気減速懸念は後退したとはいえ、ベージュブックであっさりと覆される恐れもあるからな。」

H「ベージュブックは各地区の連銀が現状の景気判断を示したものだが、弱気一色という内容だと、景気減速懸念強まる恐れもあるし、それがドル売り円買いへと繋がるからな。」

K「ああ。逆にそうなれば、更なる米金融緩和期待が強まるんだが、それ自体ドル売り材料だからな。米国市場はそれが支えになったとしても、日本市場には支えにはなりにくい。」

H「とにかく今晩どうなるのか注目しておきたい。」
2010.9.8先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。