(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.2【オープニング・ギャップ後は膠着に】

2010/09/02 11:16|未分類CM:2
ADP雇用統計が予想より悪かったけど反応せず
逆にISMが予想より良く大幅高
アメリカは上げたかったのね
これでアメリカのチャート上向いた
ADPが悪かったことによって
週末の雇用統計が悪くても織り込み済みかな
アメリカを信じて買っていいんですか
ってか日本はついて行くんですか

昨日はなんか監視銘柄300のうち
9割以上上昇してたもんだから
ついつい買い長に
とりあえず売りもりそなとか持ってた
それ以上に三井住友買ってたけど
あと買いはGSユアサとかホンダとか
なかなか良かった

楽天の下げが酷いけど
ファイナンス実施懸念とか

後場
為替が昼休み中15銭くらい円高で
アホみたいにGD
胡散臭い
その後gdgd
2時から勃起
でも現物の反応よえー

強いのか弱いのか良く分からん
現物は後場ゴーストタウン

男と女って平均寿命違って
平均寿命まで生きた時
もらえる年金違ってくるのに
何で払う年金一緒の額なの?


[株式オープニングコメント]
買い一巡後はこれまで同様に膠着ムード
 日経平均は8月末に空けたマド(9008.36円-9117.87円)埋めを意識したオープニン
グ・ギャップからのスタートとなりそうだ。米国では8月製造業活動、ISM製造業指数
の内容がポジティブに評価され、NYダウが250ドルを超える上昇となり、1万ドルを
ボトムと確認した形となった。シカゴ日経225先物は9115円であり、これにさや寄せ
することが期待される。
 ただし、ADP全米雇用報告を背景に、週末の雇用統計への警戒感はくすぶることに
なる。買い一巡後には再び膠着感を強めてくることが想定され、為替相場のほか、先
物主導によるインデックスに絡んだ商いに振らされる格好となろうが、来週の先物・
オプションSQを控えていることもあり、大きく振れされたくはない局面。9000円を超
えてくることが想定されるため、オプション権利行使価格の9000円と9250円とのレン
ジに移行するが、あっても中心レンジの9125円辺りで上値を抑えられよう。下値メド
は9000円と8750円との中心レンジである8875円となる。国内の政治空白によってトレ
ンドが強まることは考えづらく、SQを控えてポジション調整による影響を受けやすい
とみられる。
 物色としては材料系の銘柄に向かいやすい。昨日9/1は小沢氏出馬を受けて建設、
不動産の一角が動意付いていたが、本日9/2は米アップルの新製品発表を受けた関連
銘柄に注目が集まりそうだ。アップルは配信管理ソフト「iTune」を刷新し、音楽関
連のSNSやネット配信への対応を強めており、新興市場を中心としたSNS、アプリ関連
銘柄などが注目されよう。
 なお、9/1のNY市場はダウ平均が254.75ドル高の10269.47、ナスダックが62.81ポ
イント高の2176.84。シカゴ日経225先物清算値は大証比185円高の9115円。ADRの
日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、京セラ
<6971>、オリックス<8591>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル84.42円換算)で全
般堅調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米8月ISM製造業景気指数、予想外に上昇
・NYダウ大幅続伸、製造業活動の拡大を好感
・米半導体SOX指数反発、調査会社の世界半導体売上高見通し上方修正を好感
・欧州株式市場、米中の強い経済指標を好感し全面高
・LMEニッケル、反発
・バルチック海運指数、続伸
・東証REIT指数、4日続伸

弱気材料
・米8月ADP全米雇用報告、民間雇用者数は予想外に減少
・ユーロ圏8月PMI製造業指数、前月から低下
・NY金小幅反落、利益確定売り優勢
・DRAMスポット、続落
・7月鉄鋼輸出、前年同月比4%増に減速

留意事項
・民主代表選、公約修正と消費税で応酬
・米アップル、「アップルTV」の新型機を発表
・8月国内新車販売、補助金駆け込み需要で37%増
・韓国、全土に高速鉄道網を拡大
・日銀新設オペ、効果限定的
・8月FX取引売買高、倍率規制で12%減
・4-6月世界TV出荷、日本や中南米伸び26%増
・8月百貨店大手売上高、3社が前年割れ
・ドル/円(84円40銭-42銭)
・ユーロ/円(108円05銭-09銭)
・NY原油先物、反発(1バレル=73.91ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.106%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.020%)
・8月マネタリーベース
・対外対内証券売買(先週分)
・英8月住宅価格指数
・ユーロ圏7月生産者物価指数
・ユーロ圏4-6月国内総生産
・ECB政策金利
・米4-6月期非農業部門労働生産性指数
・米新規失業保険申請件数(先週)
・米7月製造業新規受注
・米7月中古住宅販売成約指数


[サポート&レジスタンス]
終値            8927
5日移動平均        8960
200日移動平均     10105
100日移動平均      9861
標準偏差+2σ       9831
先行スパンB        9714
先行スパンA        9553
25日移動平均       9282
基準線           9278
転換線           9042
レジスタンス(2)     9021
レジスタンス(1)     8974
ピボット          8885
サポート(1)       8838
サポート(2)       8750
標準偏差-2σ       8734

[ランチタイムコメント]
13時からNHKをみながらのマネーゲームに
 日経平均は続伸。108.70円高の9035.72円(出来高概算6億8000万株)で前場の取引
を終えた。海外株高の流れを背景にオープニング・ギャップで9000円を回復して始ま
ったが、9時5分につけた9083.37円が高値となり、その後は予想された通りのこう着
相場が続いた。前引けにかけて為替市場ではやや円高に振れていたこともあり、様子
見ムードも強く、東証1部の売買高は6.8億株と低水準に。
 規模別指数は大型、中型、小型株指数ともにプラスではあるが、寄り付き段階で2
ケタポイントの上昇からは失速。寄り付きからの値上り銘柄については、その多くが
新興市場の中小型株に集中している。セクターでは鉱業、ゴム製品、非鉄金属、海
運、空運がしっかりな半面、不動産、電力・ガス、パルプ・紙、石油・石炭などがさ
えない。
 先物市場ではCSなどによるショートカバーが期待されていたが、オープニング・
ギャップの5分間で材料は出尽くした格好である。為替市場でも円高に振れ始めてお
り、息切れした格好。なお、後場の注目は菅首相と小沢氏による討論会での発言であ
る。日本記者クラブ主催の討論会は13時から15時に予定されており、この内容はNH
Kで13時05分から放送されるため、内容が伝えられる度に為替市場で反応をみせ、こ
れが株式先物への思惑につながり、さらに現物へのインデックス売買に波及する格好
か。
 ただ、これについても材料視されないようだと、一段と膠着感を強めることにな
り、中小型株を中心とした短期的な値幅取り狙いの流れにとどまりそうである。ボリ
ュームは膨れず、日経平均が9000円辺りでの底堅さを見せている間は、年金資金など
による押し目買いも期待しづらいであろう。

[クロージング]
オープニング・ギャップ後は膠着に
 日経平均は続伸。135.82円高の9062.84円(出来高概算15億8000万株)で取引を終
えた。膠着感の強い相場展開が続いており、為替市場で円高に振れていることもあっ
て後場寄り付き直後には8958.81円まで失速する場面をみせた。ただ、先物主導によ
る売買が中心であり、大引けにかけてはショートカバーとみられる商いによって、
9000円を回復して取引を終えた。とはいえ、参加者の様子見姿勢は強く、出来高は15
億株台にとどまっている。
 13時から日本記者クラブ主催による菅首相と小沢氏による討論会が行われ、これに
よる論戦次第では為替市場が反応し、次いで株先物への思惑につながり、現物へのイ
ンデックス商いに波及することが期待されたが、大きな影響はみられなかった。
 日経平均は下に走らなかったこともあってか切り返しをみせたが、日経平均の後場
高値は9065.82円と、今日の寄り付きの9069.62円を超えられない辺りは、現在の地合
いの悪さをうかがわせる。引き続き米国市場など外部環境に振らされる流れは続くと
みられ、米国の非農業部門労働生産性指数、新規失業保険申請件数、製造業新規受
注、中古住宅販売成約指数の発表を受けてのオープニング・ギャップであろう。その
後は週末の雇用統計を見極めたいとのムードから膠着感を強めやすい。
 ただ、本日のGSユアサ<6674>を見る限り、ニューショートのポジションを出しや
すい銘柄ほどしっかりである。また、日本橋梁<5912>のように低位で単元株数でも手
掛けやすい材料株などは、参加者が限られていることでそれ程パワーがなくとも急騰
させやすい。一方、楽天<4755>のように懸念要因が払拭されたとしても、いったん需
給が悪化した銘柄の戻りは鈍い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9062.84 +135.82
TOPIX819.42 +8.02
東証2部指数2055.54 -4.13
日経ジャスダック1171.74 +1.12
マザーズ指数364.05 -4.02
ヘラクレス指数561.12 +3.13
東証1部売買代金1兆1418億円
東証1部出来高15.80億株
東証1部騰落レシオ83.61%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に上昇。ADP雇用統計は悪かったものの、中国PMIが良かっ
たことから過度な景気減速懸念が後退し買い優勢で始まる展開。その後発表され
た米ISM製造業景気指数が市場予測を大幅に上回った事から一段高に。終始しっ
かりの展開で主要指数はいずれも大幅高。それをうけ日経平均は大幅高で始まる
展開。しかし寄り後は買い続かず、上げ幅縮小する展開に。日経平均9000円も割
り込む場面も見られたが、そこでは下げ渋る動き。しかし後場には為替が円高へ
と進行したこともあり、更に垂れる展開に。日経平均は9000円を割り込んでの推
移。後半には先物の買い戻しの動きにより戻していき、日経平均は9000円以上で
引けている。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、ドイツ、クレディス
イス、JPモルガン、大和、ABNアムロ。売り越しはモルガンS、野村、BNPパリバ、
ゴールドマン、バークレイズ、UBSなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4755楽天 60000円 -1600
乱高下。前場は5400円安となる56200円まで売られる場面あったが、後場は前日
終値近辺まで戻す場面も見られた。目立った材料は見られないが、一部ではファ
イナンスの思惑が浮上しているとの話。それを理由にヘッジファンドなどの投機
資金が空売りしてきたようだ。しかしながら、同社関係者がファイナンス計画は
ないと否定した模様。これが伝わると買い戻し優勢となり、派手に踏み上げる動
きも見られている。ただ買い戻し一巡後は改めて売られていることから、依然と
して空売りしてきている向きは多いようだ。明日以降の動向が注目される。

1899福田組 168円 +19
連日の大幅高で上げ加速気味に。小沢氏関連株として短期資金集まっているが、
空売りが増えてきており踏み上げの思惑も強まっているようだ。小型株だけに更
に空売り集まれば逆日歩が跳ね上がるという期待もあるだけに、そう言った思惑
の買いも入ってきている様子。売り禁になるまでにどの程度空売り誘い込めるか
で、相場の寿命が決まるとの見方も。ただ相場崩れても代表選投開票の14日辺り
までは度々物色される場面出て来そうだと・・。

5912日本橋梁 188円 +50
ストップ高。特に個別の材料は見当たらないが、小沢氏が代表選に勝ち総理とな
れば、公共事業が増えるとの思惑から建設株には追い風との見方が強まっている。
橋梁も恩恵を受けるとの見方から、それを理由に短期資金が物色してきた模様。
同社株は値動き軽く、勢い付けば少ない商いで暴騰する事から、それを狙って短
期筋が突いてきたのではとの見方。同社株のストップ高に刺激を受け、他の橋梁
株も刺激受け動意付いたものの、買い続かない銘柄目立っている。基本的には続
く物色にはなりそうもないと冷静な声多し。

6665エルピーダメモリ 918円 -35
大幅安。特に新たな悪材料は見当たらないが、一部ではヘッジファンドなどの投
機筋が借り株により空売りしてきているとの見方も浮上している模様。朝方は地
合の良さもあり+30と大幅高で始まったものの寄り後は売り込まれる展開に。後
場に入っても弱い動きで一段安となっている。年初来安値水準で空売りしてきた
ということは、ターゲットは結構下値だと警戒する声もあるようだ。目先節目の
900円で下げ止まれるかが注目される。

7203トヨタ自動車 2850円 -7
朝方は堅調に始まったものの、寄り後は売られてマイナスに転じている。後場に
は年初来安値に迫る2811円まで売られる場面も見られた。最近は同社株の弱さが
目立っており、国内外の機関投資家の手仕舞い売りが継続的に出ているようだ。
また株価下落によって個人投資家の投げも出ているようで、積極的な買い手が不
在だけに、なかなか下げ止まれない様子。一部ではトヨタからホンダに乗り換え
る向きや、トヨタ空売りホンダ買いといったペアトレードも見られているようだ。
2006年にホンダが株式分割してから、初めて終値でトヨタはホンダを下回った。

===============
◆◇9/3(金)の主な予定!◇◆
===============
4-6月期法人企業統計(8:50)
自民党が独自の経済対策の骨格を取りまとめる見通し
SUMCO、クックパッド、東栄住宅、日本駐車場開発など決算発表
ブラジル4-6月期GDP(21:00)
米8月雇用統計(21:30)
米8月ISM 非製造業景気指数(23:00)
[動いた株・出来た株]

*日本橋梁<5912> 188 +50
特に材料なし、商いも少なく仕掛け的な動きに反応の形。

*スター精密<7718> 791 +58
前引け後に業績予想の上方修正、並びに自社株買い発表で。

*ITHD<3626> 942 +56
改めて三菱UFJの投資判断格上げなど受けての押し目買い強まる。

*パルコ<8251> 686 +36
スピード調整一巡感、改めて政投銀との資本提携効果を期待で。

*ネットワン<7518> 101200 +5300
綺麗な右肩上がりの上昇、機関投資家のリバランスの動きか。

*ケーズHD<8282> 1729 -59
前日には自社株買いの取得終了を発表で。

*SUMCO<3436> 1434 -48
買い一巡後は伸び悩み、決算発表接近など警戒視。

*ABCマート<2670> 2476 -81
引け後に発表の8月月次動向は落ち込み目立つ内容に。

*Uアローズ<7606> 1054 -33
月次の発表を控えて警戒感も先行か。



(前場)
*メガネトップ<7541> 624 +63
8月の既存店売上高は8ヶ月ぶりにプラス転換で。

*ノリタケ<5331> 283 +20
特に目立った材料観測されず、週初の高値からのスピード調整もあって。

*CHIグループ<3159> 348 +23
中国の電子書籍最大手企業と業務提携と伝わる。

*加藤製作所<6390> 158 +10
中国が収益の稼ぎ頭になっている企業と紹介される。

*内田洋行<8057> 240 +14
決算と同時に発表した自社株買いの実施が評価材料に。

*日本ゼオン<4205> 619 +35
前日には三菱UFJが投資判断を新規に「1」で。

*日本カーバイド<4064> 198 +11
追加の新規材料はないが、液晶関連の材料株として関連銘柄上昇刺激に。

*日東電工<6988> 2847 +137
電子部品の在庫効率改善報道などもプラス材料視。

*関東電化工業<4047> 504 +24
リチウム電池関連の出遅れ的な感覚で物色も。

*巴コーポ<1921> 233 +11
政策期待などが根強い材料株であり。

*福田組<1899> 156 +7
「小沢氏」関連として物色、足元では取組妙味も強まる。

*JUKI<6440> 137 +6
昨日発表されている中国PMI上ブレを材料視も。

*フジクラ<5803> 378 +16
CSでは訪問取材の印象はポジティブとも。

*日野自動車<7205> 384 +16
シティでは目標株価下げも買い推奨は継続へ。

*コニカミノルタ<4902> 774 +31
前日には事務器管理受託を強化 世界で本格展開などと伝わる。

*GSユアサ<6674> 551 +22
CSでは投資判断を「アウトP」格上げ、630円目標としている。

*サニックス<4651> 155 +6
月次発表接近なども期待材料視へ。

*東芝テック<6588> 312 +12
足元では貸借倍率改善、短期買戻しの動きか。

*富士重<7270> 477 +18
前日にはシティが強気を継続している。

*THK<6481> 1468 +55
8月受注は前年同月比で拡大が続く。

*JSR<4185> 1280 +45
GSが液晶ガラス強気転換で液晶関連全般に見直し向かう。

*太陽誘電<6976> 970 +34
直近ではTIWやみずほインベが格上げで。

*ピジョン<7956> 2681 -354
上半期業績は下ブレ着地、コスモでは格下げ観測。

*沢井製薬<4555> 7580 -860
CBを発行して最大300億円を調達へ、需給・希薄化懸念強まる。

*ハニーズ<2792> 1203 -103
8月の既存店売上高は3ヶ月ぶりのマイナス転換へ。

*アインファーマ<9627> 2711 -191
本日が公募株の受渡期日となっており。

*ティーガイア<3738> 125400 -6900
特に目立った材料なし、ボラ高まりやすい銘柄だが。

*東和薬品<4553> 4875 -195
CB発行発表の沢井製薬が株価急落で連想感も。

*くらコーポ<2695> 1321 -39
引き続き先に発表した決算内容が嫌気される格好で。

*イズミヤ<8266> 323 -9
連日の株価急落、信用買い方の処分売り続く格好か。

*日本コークス<3315> 115 -3
直近では原料炭の値下げ報道なども伝わっており。

*りそなHLDG<8308> 799 -19
足元ではヘッジファンドのニューショート目立つもよう。

*サイゼリヤ<7581> 1578 -37
7月以降の安値更新で手仕舞い売り圧力強まる。

*安川電機<6506> 571 -13
MFグローバルが「売り」に格下げとも。

*NTT都市<8933> 63700 -1400
前日には直近安値を更新、手仕舞い売り圧力強まる。

*日本新薬<4516> 1050 -22
目立った材料なくディフェンシブとして利食いの対象にも。

*筑波銀行<8338> 240 -5
一昨日に株価急騰の反動売りが続く格好で。

*岩手銀行<8345> 3660 -75
売出価格決定でもあく抜け感が強まらず。

*不二製油<2607> 1257 -25
業務用食用油上昇報道なども影響か。

*みずほFG<8411> 132 +2
米中の景気指標好転で銀行株にも期待感波及。

*日立製作所<6501> 352 +4
引き続き、HDD子会社の米市場上場などを期待材料視で。

*いすゞ自動車<7202> 290 +5
日野自動車の株価上昇も刺激に。

*トヨタ自動車<7203> 2839 -18
米国自動車販売も相対的に低迷が目立つ格好で。

*全日本空輸<9202> 313 +6
足元では投資判断や目標株価引き上げの動き目立ち。

*商船三井<9104> 547 +14
バルチック指数上昇、他の資源価格も総じて上昇で。

*エルピーダ<6665> 935 -18
足元ではヘッジファンドの空売りのニューショートも目立ち。

*住友重<6302> 413 +14
大型設備投資実施など中国での積極展開を評価へ。

*ホンダ<7267> 2861 +54
トヨタとの株価逆転なども話題になる。

*ソニー<6758> 2416 +41
画像センサーの生産能力4割増と報じられる。

*三菱商事<8058> 1828 +20
環境技術で米バテルと提携すると報じられており。

*国際帝石<1605> 399000 +10000
原油市況は2.7%強の上昇となっており。

*ファストリ<9983> 11700 +50
本日月次発表予定、警戒感から上値重い展開に。

*第一生命<8750> 102600 +1600
株高期待強まるなかでリバウンド狙いの対象にも。

*トランスG<2342> 51900 -10000
MSワラントの発行を発表し希薄化懸念強まる。

*田中化研<4080> 985 +21
引き続き、GSユアサの強い動きが刺激材料に。

*J・TEC<7774> 72500 -3500
連日のストップ高で高値警戒感強まり。

*キャンバス<4575> 650 カ
抗癌剤候補化合物の概要が学会で紹介されたと発表。

*楽天<4755> 57900 -3700
目立った材料はないが、年初来安値更新で見切り売り圧力も強まる。

*アクロディア<3823> 33500 +5000
子会社の統合ECフルフィルメントがアパレルブランドの公式ECサイトに採用と。

*ASJ<2351> 41200 +3650
電子書籍関連の一角として短期資金による物色。

*スタートトゥ<3092> 201700 -5600
主力のネット関連株には利益確定売りが目立つ。

*メガネスーパー<3318> 105 +16
引き続き、低位株物色で短期資金が流入となり。


9月2日(木)

H「日経平均は大幅に続伸した。昨日も三桁の上昇となったが、今日も連日で三桁の上昇となった。節目の9000円も何とか回復したしな。」

K「ああ。昨晩の米国市場がこれまた派手に上昇した。米ダウは8月下落した分の半分以上を昨晩一日で取り返した格好だ。」

H「朝方発表されたADP雇用統計が予測を下ブレ、前月比で減少に転じたのにはキモ冷やした市場関係者多かったようだが、米国市場は大幅高で始まった。」

K「ああ。日本のザラバ中に発表されている中国PMIやオーストラリアのGDPが良かったことが好感されているようだ。欧州の経済指標悪かったんだが、やはり新興国の景気減速懸念も強かっただけに、中国PMIの上ブレを見てその懸念が後退したんだろうな。」

H「まあ言ってみれば、昨日の日本市場もそれで上げたようなモンだからな。」

K「それにADP雇用統計良くても悪くても、結局は週末の雇用統計が重要なだけに、気にしても仕方ないと言う面もあるだろう。ADP雇用統計は政府発表の雇用統計を占う上では重要だが、決して相関性高いとは言えないからな。」

H「他に好材料があったことから、取りあえず昨晩は見て見ぬふりをしたと言う訳か・・・。」

K「だろうな。しかも、寄り後に発表されたISM製造業景気指数、つまり米PMIは市場予測を大きく上回り前月より増加に転じた。中国PMI同様に4ヶ月ぶりの増加であり、過度な景気減速懸念が更に後退した。」

H「それによりダウは一段高となり、景気敏感株中心に値を伸ばした。その後も底堅い推移で高値圏揉み合いが大引けまで続いている。」

K「昨日の米PMIは確かに強い数字だ。前々回よりも増加しており好感出来る。中国PMIと揃って良かっただけに、市場は尚更好感したと言える。」

H「そうだな。市場は本当に過度に警戒し過ぎていたのかもな。実際はそれほど景気減速して行かないと言う可能性もありそうだ。」

K「どうだろうな。週末の雇用統計で再び景気減速懸念再燃しても不思議はないけどな。ただ今の株価水準は過度に警戒し過ぎているというのは確かだろう。しかしながら、そう市場が確信するには昨日の経済指標だけでは物足りない。」

H「確かにそうかもな。やはり好感出来る経済指標が相次いで出てこないと・・・。」

K「ああ。昨晩の強い米経済指標をうけ、為替は円安と進行したものの、円高基調の流れが変わったとは言えないからな。」

H「そうだな。日本時間には結構円高へと戻してしまっているし、基調はまだ円高方向というのは変わりない感じだ。」

K「下手すりゃ週末の米雇用統計へ向け、一段と円高へと進行するという懸念もある。その後は雇用統計次第だろうけどな。まあ雇用統計が想定内に収まれば、出尽くし的にドル買い戻されるという展開はあるだろうけどな。」

H「今日は日経平均大幅高で始まったんだが、後場にはマイナスになるのか?という場面まで見られた。節目の9000円だって割り込んでいたからな。この動きを見る限り、やはり昨日の米経済指標では流れは変わっていないと言えるかもな。」

K「仕方ないだろう。雇用統計控えているだけに、積極的には上値は買えない。月曜日の金融緩和で上昇した場面で買い向かってしまった投資家も多いだろうし、そう言う向きのやれやれ売りが出て来ても不思議はない。」

H「引け後に先週の投資主体別売買動向が発表された。先週は日経平均9000円割れとなり波乱含みの展開だったが、主な売り手は海外勢だった。」

K「そうだな。一方で買い手は信託銀行だ。まあこれは公的年金買いと見て良いだろう。日経平均8800円台では公的買いが見られていたしな。実際にしっかりと買っていると言うわけだ。」

H「個人投資家も少ないが買い越しだった。ただ規模小さく積極的に押し目買い入れていると言う感じではない。」

K「ただ投げも出ている感じでもないからな。しかし信用買い残減ってきているといえ、評価損益率は-18%以上もあり、かなり厳しい状況だ。再度下抜けてくるようだと投げが加速するという懸念もある。」

H「そうならないためにも明日の米雇用統計しっかりとした数字が出てくれば良いけどな。」

K「もちろんそうだが、個別株を見ると強引に売り込む動きがチラホラ見られているのが気になるよな。既に十分売られている銘柄が多いが、まだ空売り入れてきているヘッジファンドも多いようだ。」

H「しかしこの時期から空売ってくると言うのも解せないよな。借り株だって中間期末近いだけに、調達もそう簡単でも無いはずだが・・・。」

K「短期勝負なんじゃないのか。この時期は国内機関投資家の中間期末に伴う整理売りが出やすいからな。それを見込んで空売ってきているということもある。まあ、何かきっかけがあれば、すぐに買い戻してくると言う期待はあるだろう。」

H「そのきっかけが週末の米雇用統計になればいいのだが・・。」

K「取りあえず、派手に上げた翌日となる今晩の米国市場がどういう展開を見せるのか注目だな。」

H「ああ。雇用統計前だけにそう強い動きは期待できないだろうけどな。それでも、しっかりとした展開魅せて欲しいモンだ。」
2010.9.2先物チャート
スポンサーサイト
コメント
>>年金の話


なるほどね!!!
そりゃそうかもしれないね!!!!!!
かま #-|2010/09/02(木) 22:15 [ 編集 ]
かまぼこさん、どもー
生命保険だと男と女で値段変わってくるですが謎です。
ってか年金なんか払わず自分で運用したい
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2010/09/03(金) 08:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。