(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.20【8月SQ値を挟んでの膠着が続きそう】

2010/08/20 11:22|未分類CM:0
新規失業保険申請件数が予想より増加
フィラデルフィア連銀指数が予想より悪化
ってか雇用統計がよくないのに
新規失業保険申請件数がなぜ減ると予想してるのか意味が分からないが
ってことで大幅下落
為替は85円割ったけど
すぐに85円回復

今日はとりあえず
景気対策があるってことで
寄り買い増しして利確
レオパレスは寄りで利確
早売りだった
JXはやっぱりだめで逆指し値カット
全体が上げようと下げるときは下がる銘柄なんで

場中は今日の頂点で空売り入れたけど
全然下がらず
買い戻したら一気に落ちた

後場
チャイナが下げてダラ下げ
強いソフトバンクを下で拾って
利確する作業
ちょっと買いすぎて
ちょっと早売り

スイカバーの種がうまいよね


[株式オープニングコメント]
政策期待で押し目買い意識は強い
 米国株の下落の影響からシカゴ先物清算値は9215円であり、これにさや寄せする形
でのオープニング・ギャップからのスタートになる。ただ、さや寄せした後は、引き
続き金融緩和期待から下げ渋りをみせる展開を想定したい。
 昨日は日銀が臨時の政策決定会合を開くとの思惑が強まったことが上昇のきっかけ
だったが、米経済指標に対する警戒感が無視されていた訳ではなかった。そのため、
売りが先行することにはなるが、ネガティブ・サプライズという訳ではない。
 また、昨日の日経平均の9360円辺りの上昇は一目均衡表の転換線レベルでもあり、
短期的には達成感も出るところである。シカゴにさや寄せすることになるが、引き続
き8月SQ値をサポートとして意識させることになろう。そのほか、今晩の米国市場で
は重要な経済指標の発表はなく、一方で週明けには菅首相と白川総裁による会談が予
定されていることもあり、売り込む流れにはなりづらいとみられる。民主党代表選を
9月に控え、小沢氏との党内分裂といった懸念もくすぶっている時でもあり、何らか
のインパクトのある政策を出してくるとの思惑も売り込みづらくさせる。
 なお、19日のNY市場はダウ平均は144.33ドル安の10271.21、ナスダックは36.75
ポイント安の2178.95。シカゴ225先物清算値は大証比145円安の9215円。ADRの日
本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ソニー
<6758>、コマツ<6301>、京セラ<6971>、日電産<6594>、シャープ<6753>、オリックス
<8591>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル85.36円換算)で全般軟調だった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米半導体製造装置BBレシオ、7月は1.23倍に上昇
・NY金4日続伸、安全資産として資金流入
・バルチック海運指数、11日続伸
・東証REIT指数、5日続伸
・経済対策原案、「環境」軸に内需・雇用増

弱気材料
・米失業保険申請件数、先週分は予想外に増加
・米8月フィラデルフィア連銀業況指数、予想に反しマイナス圏に落ち込む
・NYダウ大幅反落、相次ぐさえない経済指標を嫌気
・米半導体SOX4日ぶり反落、マカフィー買収のインテルも軟調
・米デル、決算発表受け時間外で一段安
・欧州株式市場、景気後退懸念強まり全面安
・LMEニッケル、続落
・DRAMスポット、4日続落

留意事項
・米インテル、インターネット・セキュリティーのマカフィー買収
・日立など14社、高機能電子部品の共同開発でコスト削減
・シャープ、液晶パネル減産
・7月電力需要、猛暑で家庭用が最高
・7月エチレン生産、前年同月比7.2%増
・7月百貨店売上高、1.4%減で29ヶ月連続で減少
・中国、レアアース輸出削減でHVや家電に影響も
・ドル/円(85円31銭-33銭)
・ユーロ/円(109円25銭-30銭)
・NY原油先物、続落(1バレル=74.43ドル)
・NY債券市場、続伸(10年債利回り0.059%低下)
・長期金利、上昇(10年債利回り0.930%)
・7月鉄鋼生産
・7月コンビニエンスストア売上高



[サポート&レジスタンス]
終値            9363
5日移動平均        9243
200日移動平均     10146
先行スパンB       10092
100日移動平均     10058
標準偏差+2σ       9811
先行スパンA        9561
25日移動平均       9448
レジスタンス(2)     9443
基準線           9437
レジスタンス(1)     9403
転換線           9366
ピボット          9323
サポート(1)       9283
サポート(2)       9203
標準偏差-2σ       9085

[クロージング]
8月SQ値を挟んでの膠着が続きそう
 日経平均は下落。183.30円安の9179.38円(出来高概算15億5000万株)と、8月SQ値
(9188.79円)を若干ながら下回って取引を終えている。前場こそ、米国株安の流れ
を受けてギャップ・ダウンで始まったが、金融緩和期待の下支えもあって、その後は
じりじりと下げ幅を縮める展開であった。しかし、その流れも続かず、後場に入ると
じりじりと下げ幅を広げてしまっている。一部で臨時の政策決定会合が行われるとの
見方があったが、これが肩透かし。また、経済対策に関して閣僚発言が相次ぐもの
の、いずれも期待感を強めるものではなかった。
 来週も引き続き、米国景気の先行き不透明感、中国経済の減速懸念などから方向感
の定まらない中、国内の政策要因がカギを握ることになる。週明け23日には、菅首相
と白川日銀総裁による会談が行われる予定であり、まずはこの会談の内容を見極める
ことになろう。内容次第では、再びドル円相場は84円台に突入するリスクがあるが、
一方で、いつ何らかのインパクトのある政策を出してくるとの思惑も売り込みづらく
させるため、8月SQ値を挟んでの膠着が続くことになりそうだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9179.38 -183.30
TOPIX829.59 -14.39
東証2部指数2059.87 -7.85
日経ジャスダック1174.72 -2.53
マザーズ指数375.40 -3.64
ヘラクレス指数570.30 -4.38
東証1部売買代金1兆449億円
東証1部出来高15.56億株
東証1部騰落レシオ80.09%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に反落。新規失業保険申請件数やフィラデルフィア連銀景
気指数が予測より悪い数字となったことが嫌気された。景気減速懸念が再燃し幅
広い銘柄が売られ主要指数は大幅安に。為替も円高へと進行しており、日経平均
軟調に始まる展開。ただ売り一巡後は金融緩和期待や公的資金買い期待により下
げ幅を縮小していく。しかし前場引けにかけては緊急会合が今日は無いのではと
いう見方も強まり再度売られてしまい、後場は中国株安も手伝って一段安に。大
した戻りも見せずに、結局日経平均は今日のほぼ安値圏で引けている。日経先物
の主な買い越し証券はモルガンS、三菱UFJMS、クリック、ドイツ、JPモルガン、
ゴールドマン、みずほ、安藤。売り越しはクレディスイス、ニューエッジ、メリ
ル、野村、ABNアムロ、松井、楽天など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8848レオパレス21 180円 ±0
今日のような地合での朝は買い優勢で始まり、寄り後も買われ206円まで上昇する
場面も見られた。ただその後は手仕舞い売り優勢となり前場引け前にはマイナス
に転じる場面も。後場も更に売られるものの、後場後半は戻り基調となり再びプ
ラス圏まで戻したものの結局変わらずで引けている。今日の動きからも一相場終
わったと見る向きも多いが、今日提出された大量保有報告書ではみずほ証券など
が保有株を増やしたことが判明しており、来週も思惑から物色続く可能性もある
のではと期待する市場筋も多いようだ。

8801三井不動産 1417円 -25
軟調。朝方は地合の影響もあり軟調に始まったものの、前場後半へ向け買われて
いき一時プラスに転じる場面も見られた。今日も前場には日銀が緊急会合を実施
するとの噂が浮上し、金融緩和期待から不動産株には地合のわりに底堅い銘柄目
立っていた。しかし後場に入ると緊急会合期待大きく後退し、更に日銀は結局追
加緩和やらないのではという懸念も浮上し、手仕舞い売りに押される展開に。大
手不動産株は昨日まで4連騰していたこともあり、週末と言うことも手伝って手
仕舞いに動いてきた向きも多いようだ。ただ追加緩和の可能性が完全に消えたわ
けでも無いため、下値も限定的ではと見る向きも・・。

4185JSR 1318円 -61
軟調。UBSが同社の投資判断を買いから中立に格下げしたことが重しとなってい
る。格下げ理由は液晶パネル業界の生産調整の影響などにより、下期の液晶用部
材の需要減少からUBSの業績予測を下方修正したため。それでも会社計画は上回
る見込みながら、地合の悪さも手伝って見切り売り出ているようだ。またみずほ
が強気継続ながら目標株価引き下げたことも重しとなっている。更に今朝の報道
ではシャープが液晶パネルを減産すると報じられており、タイムリーな悪材料に
素直に反応したようだ。他の液晶関連株にも軟調となっている銘柄目立っている。

5214日本電気硝子 954円 +3
地合の悪さと、シャープが液晶パネル減産するとの報道を嫌気し、朝方は売り優
勢で始まっていたものの、寄り後は下げ渋る展開に。後場地合が軟化した際にも
底堅さを見せており結局プラス圏維持して引けている。相次ぐ液晶パネル生産調
整は当然同社の液晶用ガラス需要減に繋がるだけに、シャープ減産報道は悪材料
ながら、既に先行して昨日まで大きく売り込まれてきただけに売り込みにくさも
強まっている様子。既に売り急ぐ向きの投げは一巡しているのではとの見方も・
・。来週も底堅さ続けられるか注目だと。

4704トレンドマイクロ 2281円 +98
一時2358円まで買われる場面も見られた。昨晩の米国ではインテルが、セキュリ
ティーソフト世界2位のマカフィーを買収すると発表。それをうけ世界1位のシマ
ンテックも昨晩の米国市場で6%以上も上昇していた。それだけに世界3位のトレ
ンドマイクロにも思惑の買いが集まったようだ。インテルがマカフィー買収に踏
み切った事からセキュリティーソフトの重要性が改めて示された格好であり、同
社にも買収の思惑やハイテク企業との連携期待などが強まったようだ。今朝の
GRAILメールで取り上げた本日の注目材料銘柄の一つ。

===============
◆◇8/23(月)の主な予定!◇◆
===============
7月全国スーパー売上高(14:00)
ASEAN経済閣僚会合(ベトナム・ダナン)
[動いた株・出来た株]

*エイベックス<7860> 1157 +45
寄り付きから右肩上がりの上昇と機関投資家の買い戻しが主導か。

*東京個別<4745> 291 +9
引き続き、自社株買いなどの需給妙味が下支えか。

*ピジョン<7956> 3270 +60
直近ではパリバが新規「バイ」としている。

*住友大阪セメ<5232> 146 -9
スイスのセメントメーカーが決算嫌気で株価急落と。

*レナウン<3606> 206 -11
週末要因に伴う手仕舞い売りの動きも。

*富士紡<3104> 114 -6
液晶ガラス用研磨材の先行きなど警戒感も。

*アロカ<7704> 559 -29
超音波診断装置の海外生産拡大など伝わるが反応薄、もみ合い下放れで追随売り。

*クラレ<3405> 987 -50
液晶用ポバールフィルム手掛けシャープの減産の影響など懸念へ。

*SBI<8473> 10780 -540
値幅取りと見られる動きに前日急伸した反動。

*三菱マテ<5711> 241 -12
非鉄市況の下落に加えて、セメント関連としても。

*日立化成<4217> 1515 -74
液晶関連材料の先行き懸念など波及へ。




(前場)
*コロナ<5909> 837 +108
前日に発表した自社株買いの実施を買い材料視。

*サイボウズ<4776> 27400 +1630
前日からは売り込まれた中小型株のリバウンドの流れが強まり。

*日本輸送機<7105> 196 +11
三菱重と共同でフォークリフト中国生産と伝わる。

*トレンド<4704> 2302 +119
インテルのマカフィー買収で連想感が波及する。

*ケネディクス<4321> 15790 +680
前日には新規アセットマネジメント契約の受託を発表で。

*山一電機<6941> 226 +9
ファイナンスを嫌気した動きも短期的に一巡感で。

*ルック<8029> 126 +5
前日辺りからの個人のマインド改善映す流れとも。

*理想科学工業<6413> 1103 +42
足元の好業績や割安感、自社株買いなど評価材料多く。

*東プレ<5975> 578 +21
コロナ同様に自社株買い発表銘柄には関心向かいやすい。

*木村化工機<6378> 568 +19
引き続き、六ヶ所村の一時貯蔵受け入れ表明などで。

*日本カーバイド<4064> 193 +6
決算発表後の高値も更新で需給改善期待など高まる。

*シップヘルス<3360> 65200 +1800
政策効果への期待も高い内需系ディフェンシブとして評価も。

*ツガミ<6101> 522 +12
底打ち感も強まり、ファンドのショートカバーの動きも強まるか。

*ラウンドワン<4680> 350 +8
個人の値幅取り対象となりやすい銘柄が昨日から活況で。

*ユーシン<6985> 663 +15
社長公募に大量の応募、業容再建期待なども先取りへ。

*東光<6801> 116 -7
もみ合い下放れで高水準の信用買い残も重しとなる。

*JSR<4185> 1321 -58
UBSでは「バイ」から「ニュートラル」に格下げ。

*日本板硝子<5202> 208 -9
ガラス株安や信用需給への警戒感、ユーロ動向の不透明感などで。

*ダイセキ<9793> 1557 -67
特に材料は観測されず、戻りの鈍さを嫌っての見切売りか。

*ヤマダ電機<9831> 5190 -220
経産省コメントから、エコポイント効果の反動など改めて意識も。

*グリー<3632> 6580 -250
新興市場株高のなかで前日も伸び悩み、個人の物色シフトも意識か。

*日産化学工業<4021> 908 -34
みずほでは目標株価を1600円から1300円に引き下げ。

*日信工業<7230> 1205 -45
下半期以降の事業環境悪化懸念強い自動車部品は物色対象になりにくく。

*DOWAHD<5714> 459 -17
前日にはCSの投資判断格下げが観測されており。

*JXHD<5020> 461 -17
原油市況の下落で戻り売りが優勢にも。

*ハニーズ<2792> 1311 -47
猛暑による秋物商戦への警戒感などはあるもよう。

*JVC・ケン<6632> 234 -8
再度の安値更新で処分売りかさむ格好に。

*三菱電機<6503> 722 -24
三菱UFJでは投資判断を「2」から「3」格下げ。

*三菱UFJ<8306> 424 -5
住宅ローン債権買い戻し要請の可能性などで米国金融株が安い。

*レオパレス21<8848> 181 +1
前日に続き買い戻し先行も、一巡後は伸び悩む。

*野村HLDG<8604> 505 -6
株式市場の反落に歩調を合わせる形ともなり。

*東芝<6502> 422 -7
デルが決算発表後に時間外取引で下落なども。

*新日本製鉄<5401> 288 -4
米経済指標受けて世界的な景気減速懸念が再度高まり。

*ソフトバンク<9984> 2530 +52
明確な材料観測されないが、内需ディフェンシブで選別物色も。

*井関農機<6310> 254 +5
ディアの決算内容も刺激材料につながる格好か。

*日本郵船<9101> 348 -6
UBSでは目標株価引き上げも、資源価格などの下落を映して。

*トヨタ<7203> 3035 -50
JDパワーでは米自動車販売予想を引き下げと。

*東京エレク<8035> 4410 +40
CSでは目標株価引き下げもバリュエーション面から下値限定的と。

*国際帝石<1605> 400500 -4000
原油市況の下落を受けて戻り売り圧力強まる。

*シャープ<6753> 859 -18
月内に液晶パネルを減産と報じられている。

*アライドテレ<6835> 120 -9
前日に自己株式の取得終了を発表しており。

*日本電産<6594> 7840 +110
引き続き、大型買収戦略を評価の動きが続く。

*アズジェント<4288> 73500 +3500
米インテルがマカフィーを買収したことでセキュリティーソフト関連として物色。

*Dガレージ<4819> 133400 +4200
決算通過後はアク抜け感から強い動きが続く。

*一建設<3268> 2475 +105
マッコーリーが新規に投資判断「アウトパフォーム」、目標株価を3700円とする。

*スターティア<3393> 268000 +17500
アリババマーケティングと資本提携を行うと発表。

*アクセルマーク<3624> 47200 +7000
引き続き、モバイルコンテンツ関連には見直しの動き。

*フォトニクス<7708> 10200 -530
今期営業損益見通しが3000万円の赤字継続となったことを嫌気。

*いい生活<3796> 33300 +2300
発行済み株式数の1.92%にあたる1250株を上限とする自社株取得枠を設定。

*スカイマーク<9204> 523 -23
連日の高値更新で過熱感強まり利益確定売り優勢。

*パピレス<3641> 3025 +105
公開価格2700円からの反転で買い安心感高まる。

*エプコ<2311> 1250 +39
株式新聞で社長インタビューが取り上げられたことを材料視。

8月20日(金)

H「週末の日経平均は大幅安となってしまった。昨日まで良い流れになりつつあったのに、米国市場が水を差した。」

K「仕方ないな。結局は日本市場は外部要因に左右されて動く市場だ。ただ今の日本市場には金融緩和期待があっただけに、それが何処まで効果を発揮するか注目されたが、終わってみれば結局昨晩の米ダウ以上に日経平均は下げて終わった。」

H「前場は下げ渋り感も見せ、下げ幅を縮小する場面もあったんだが、緊急会合が今日はどうも無さそうだという事から、後場売り優勢となってしまった。」

K「それに最近前場終盤から後場に度々観測されていた公的年金買いも今日は観測されなかった。それが後場失望売りに繋がった面もあるようだ。売り方としては安心して売れる状況になったといえ、先物売り仕掛けてきた向きもいたようだし・・。」

H「まあ緊急会合もなく、公的年金買いも入らない。しかも今日は週末で外部要因も悪い。まさに売り仕掛けとしては最適な状況になったと言えるのかもな。」

K「ああ。結局、今週は日銀緊急会合に踏み切らなかった。ここに来て、どうも日銀は追加緩和もやらずに状況観察を続けるのではという見方も強まっている。」

H「それこそ肩透かしになってしまう。市場は完全に金融緩和されるもんだと言う見方で織り込んでいる。それが無いとなれば、ちょっと怖いよな。」

K「ただどうだろうな。市場状況次第では緊急会合開催し即金融緩和に踏み切ると言うことも出来るだけに、牽制にはなるかも知れない。ただ今日、仙谷官房長官や野田財務相が、菅首相と白川日銀総裁の会談の予定は知らないと発言している。それだけに会談すら流れる恐れも市場は警戒している。」

H「取りあえず会談はして欲しいモンだが・・。というか、彼らは危機感がないのかね。」

K「まあ市場にそう捉えられても仕方はないだろうな。今の円高状況は投機筋による影響が強いと言いながらも、その阻止に懸命さが感じられない。」

H「恐らく投機筋による影響が強いだけに、今の円高状況はそうそう続かないと考えているのかもな。あくまでも一時的な円高状態だと・・・。」

K「それは相場というものを理解していない考え方だな。相場動向によって実需だって動かされるんだ。まして為替なんて株価と違い、適正水準が幾らだなんて判断は誰も出来ない。まあ適正為替レートを算出する方法は色々とあるとはいえ、実際に適正為替レートに落ち着く事なんて殆ど無いのが実態だからな。」

H「算出方法によっても結構ばらつきがあるしな。」

K「政府、日銀が結局口だけで何もやらないと見透かされれば、投機筋は容赦なく仕掛けてくる恐れもある。それだけに来週、政府日銀がどういう動きを見せるのか非常に重要だ。」

H「外部要因はますます悪化してきているし、為替は円高圧力が高まっている。それだけに悠長な事言っていられない状況なんだけどな。」

K「そうだな。昨晩の米国で発表された経済指標はどれもかなり悪かった。新規失業保険申請件数は節目の50万件まで増加した。驚いたのはフィラデルフィア連銀景気指数だ。予想中央値では前回より増加する見通しだったが、減少してしまった。更に悪いことにマイナスに転じた事だ。」

H「ああ。市場ではプラスとマイナス間違いじゃないかと思った市場関係者も多かったようだ。景気判断の分かれ目とされる0を下回ったのは昨年7月以来の事だ。」

K「月曜日に発表されたNY連銀景気指数はそれほど悪くなかっただけに、市場の失望は大きかった。」

H「しかし米国も景気減速懸念強まったり、弱まったりと不安定だな。それだけ経済指標もまちまちというわけなんだが・・。」

K「恐らく、この様な展開は当分続きそうだな。全ての経済指標が悪いと言う状況ではなく、良い物も出てくれば悪い物も出てくると言う感じだ。つまり一番振り回されやすい相場動向になりやすい。」

H「結局は今の景気は踊り場に差し掛かっていると言うことなんだろうな。それだけに経済指標も不安定だし、相場も不安定になりやすい。」

K「そうだな。ただ実際に踊り場ならまだ良いが、踊り場でなく今は景気の天井という懸念を抱く向きも当然いる。景気の踊り場というのは、その後は再び景気良くなっていくんだが、逆に景気悪化していく、つまり景気減速していくなら、今は景気の踊り場でなく景気のヤマだと言うことになる。」

H「つまり景気の二番底を探りに行くと言うことだな。」

K「ああ。ただその可能性は実際には乏しいと思うけどな。しかし市場はそう言った懸念も少なからずあるだけに、どうしても不安定に動きやすくなるし、過度に売られてしまったりとする。」

H「日本の場合は、今が景気の踊り場になるのか、ヤマになるのか、為替動向によっても変わってくると言うこともあるからな。」

K「ああ。それだけに政府日銀は今の円高状況をもっと懸念視するべきだ。まあ今日、野田財務相は今は景気の踊り場だと思っていないと発言したようだ。景気は着実に持ち直してきているとの見方だそうだ。つまり景気回復はまだ続いていると・・。」

H「だったら尚更、景気回復続けられるよう、もっと円高抑制策を打ち出すなりした方が良いんじゃないのか。」

K「野田財務相は注意深く見守っていきたいとさ。一体いつまで見守るつもりか知らないが、この発言からも危機感を感じられない。」

H「取りあえず来週、政府日銀がどういう動きを見せるのか注目だな。」

K「ああ。期待したいモンだ。」
2010.8.20先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。