(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.18【底堅さ目立つが、投資妙味はなく】

2010/08/18 11:20|未分類CM:0
ユーロ堅調で
アメリカも指標が良く
個人消費関連銘柄ホームデポの決算も良好
肥料株のM&A
商品市況好転でデフレ懸念後退とか
色々で上昇

それに比べて日本弱すぎてワロタ
為替が下がれば先物も下がって
先物が下がれば為替も下がるって感じで
中国市場が開くまで目も当てられない

昨日為替が上がるイメージが全然できなかったんで
売りも交えて持ち越したんだけど
そういう時はアメリカ良く上がる
三井住友買いのりそな売りみたいな
りそなは寄りで買い戻し
三井住友も寄りで利確したんだけど
強いんで再び買いとか

先物下がってきたところで
買ったが最後の前日終値割れのぶん投げで
何個か逆指値に引っかかった

後場
寄ってからの下げと
引けにかけての下げは通常装備ですかそうですか
任天堂とかホンダとかトヨタとか日産とか
為替が場中に円高に動いたのに強かった
そろそろ上昇に転じるのかな

三井住友を2610とかで買って利確とか
ホンダ買って利確とか

ガリガリ君のチョコチップが全然売ってないんですけど


[株式オープニングコメント]
8月SQ値を支持線に100円程度の値幅か
 ウォルマートなど米小売大手の好調な決算を受けたNY市場の上昇により、シカゴ
日経225先物(9220円)にさや寄せする形で、オープニング・ギャップからのスター
トになろう。スタート段階で8月SQ値(9188.79円)を超えてくることになり、SQ値
が支持線として意識されることになる。ただし、イブニングで9250円まで上昇してい
ることで織り込まれている面もあり、上値も限られると考えられよう。テクニカル面
ではボリンジャーバンドのマイナス1σが9290円辺りに位置しているため、目先的な
抵抗線として意識される。そのため上下の値幅は100円程度になるため、オープニン
グ・ギャップ後は、これまで同様、狭いレンジ内での膠着相場が続くこととなろう。
 先週末8/13の米小売売上高が予想を下回っていたため、ウォルマートなど小売企業
の好決算は評価される。また、その他注目された経済指標については、住宅着工が予
想を下回ったほかは、鉱工業生産指数、生産者物価指数などが概ね予想通りである。
小売株への波及のほか、住宅着工がネガティブ視されなかったことで不動産、鉱工業
生産を受けての素材株への波及が期待される。ただ、米MBA住宅ローン申請指数の
発表を控えており、米国経済指標に敏感な時期であるため、引き続きオーバーナイト
のボジションは取りづらいところではある。
 また、今週は後場に入ると下値で信託銀経由とみられるインデックス買いが観測さ
れている。上値を積極的に買うわけではなく、主力の高配当銘柄や内需系への買いが
中心であるものの、8月SQ値レベルでの買いが観測されてくるようだと、リバウン
ド機運が強まる可能性はある。さほど期待されている訳でないが、週明けに予定され
ている菅首相と白川総裁の会談、政府による経済対策が控えていることも、下支えと
なろう。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ6日ぶり反発、小売大手の相次ぐ好決算を評価
・米半導体SOX、続伸
・米ウォルマートやホーム・デポ、増益を発表
・米7月鉱工業生産、前月比1.0%増と市場予想0.5%増を上回る
・欧州株式市場しっかり、資源株中心に堅調
・NY金続伸、1カ月半ぶり高値
・LMEニッケル、続伸
・バルチック海運指数、9日続伸
・東証REIT指数、3日続伸

弱気材料
・メリル8月FM調査、日本株弱気が増加
・米7月住宅着工件数、1.7%増で市場予想を下回る
・ムーディーズ、スペインの財政見通しを懸念
・独8月ZEW景況感指数、市場予想を下回る
・DRAMスポット、続落

留意事項
・ウクライナ政府、穀物輸出を年末まで制限へ
・日本電産、米でモーター事業買収
・6月消費者向け貸付、過去最大33%減
・為替特会、円高で赤字10兆円
・新興企業、4-6月経常益2倍に
・DRAM価格、8月前半分が2%下落
・ドル/円(85円56銭-58銭)
・ユーロ/円(110円17銭-21銭)
・NY原油先物、6日ぶり反発(1バレル=75.77ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.071%上昇)
・長期金利、横ばい(10年債利回り0.945%)
・6月景気動向指数
・イングランド銀行、8月金融政策委員会議事録
・米MBA住宅ローン申請指数(先週)
・米決算発表、アプライド・マテリアルズやターゲットなど


[サポート&レジスタンス]
終値            9162
5日移動平均        9223
200日移動平均     10156
先行スパンB       10153
100日移動平均     10088
標準偏差+2σ       9853
先行スパンA        9517
25日移動平均       9477
基準線           9437
転換線           9377
レジスタンス(2)     9249
レジスタンス(1)     9205
ピボット          9145
標準偏差-2σ       9102
サポート(1)       9101
サポート(2)       9041

[ランチタイムコメント]
底堅さ意識も入るタイミングは難しい
 日経平均は小幅上昇。37.89円高の9199.57円(出来高概算7億2000万株)で前場の
取引を終えた。ウォルマートなど小売企業の決算が好感された米国市場の上昇を受け
たオープニング・ギャップによって、8月SQ値(9188.79円)を超えて始まった。た
だ、寄り付き直後につけた9264.96円を高値に、その後は上げ幅を縮める格好とな
り、前場半ばには一時9153.42円と下げに転じる場面も。ただ、アジア市場が上昇し
て始まったほか、政府・日銀による円高対策や政府による追加経済対策への期待感も
あり、下には売り込めない状況でもあった。
 東証1部の騰落銘柄は値上り1010に対して値下り472、変わらず174と、値上り数は
全体の6割を占めている。セクターでは鉱業、石油・石炭、海運、卸売など資源系セ
クターが上位に。また、銀行株がメガバンクにとどまらず、地銀など全般堅調だっ
た。一方、情報・通信、電力・ガスなど内需・ディフェンシブ系、円高メリットとし
て位置付けられるセクターは全般小安い。

 日経平均は8月SQ値を下回る場面もみられたが、前引けにかけて再び回復してお
り、後場も同水準での攻防となりそうである。今週に入って後場からの信託銀経由と
みられる資金流入も観測されており、日経平均の9100円割れ接近では売り込めないで
あろう。11日のドル円の85円割れから、政府はようやく対応策への重い腰を上げた
が、日銀総裁との会談は来週、政府による追加経済対策は民主党代表選前後と、対応
の遅さから期待感はない。8月末には普天間の結論も迫られており、対策期待によっ
て買い意欲を強めることはなさそうだ。ただ、先回り期待はないものの、下を売る動
きも出にくいとみられ、日経平均は昨年11月安値をボトム水準として意識した底堅さ
は出てくることになる。
 為替市場は若干ながら円高傾向で推移しているが、これまでのような過剰な反応は
なさそうである。信託銀経由とみられる資金が流入するようだと、8月SQ値をサポー
トとした見方にもつながる。上値の重さが意識されようが、下値の堅さが確認される
ことによって、材料株など個別対応ではロングポジションからのトレードがしやすく
なる。ただ、ツガミ<6101>をみると寄り付きが高値水準であり、入るタイミングは難
しそう。本日は半導体製造装置や液晶パネルに対してネガティブな見解が出ている
が、オーバーナイトが厳しい環境下では、大引けにかけてのショートカバーを狙った
押し目買い戦略もあろう。

[クロージング]
底堅さ目立つが、投資妙味はなく
 日経平均は3日ぶり反発。78.86円高の9240.54円(出来高概算15億8000万株)で取
引を終えた。前場半ばに一時9153.42円とマイナスに転じる場面もみられたが、8月SQ
値(9188.79円)レベルでの底堅さが意識され、上値はボリンジャーバンドのマイナ
ス1σ水準に上値を抑えられるなど、想定内での値動きであった。
 ただ、このところ続いていた9100円割れ水準での信託銀経由と観測される買いが8
月SQ値レベルでみられたこと、また、本日はアジア政府系ファンドによる買いとの見
方もされており、安心感につながっている。とはいえ、コア銘柄中心によるインデッ
クス買いであるため、材料系を好む個人投資家にとっては、指数の底堅い値動きほど
投資妙味はなかったであろう。
 引き続き下値の堅さは意識されているが、政府による経済対策への期待が下支えと
いったところ。調整トレンドが継続しているほか、米景気への先行き不透明感、これ
を受けての為替動向など、手掛けづらい相場環境には変わりはない。
 今夕には英・イングランド銀行の金融政策委員会(MPC)議事録が発表される。
また、今晩の米国市場ではMBA住宅ローン申請指数や、アプライド・マテリアルズ
などの決算も予定されているため、本日の上昇分はあっさりオープニングで消されて
しまう可能性は十分考えられよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9240.54 +78.86
TOPIX835.23 +8.45
東証2部指数2065.04 -0.05
日経ジャスダック1175.15 -0.54
マザーズ指数371.81 +3.67
ヘラクレス指数566.60 +2.50
東証1部売買代金1兆948億円
東証1部出来高15.88億株
東証1部騰落レシオ83.05%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に上昇。ウォルマートやホームデポの決算が良かったこと
や、鉱工業生産、生産者物価指数が市場予測を上回ったことも好感された。住宅
着工件数は市場予測に届かなかったものの、3ヶ月ぶりの増加となり、過度な景
気減速懸念は後退。小売株や景気敏感株中心に買われていた。為替も円高一服気
味となっており、日経平均も大幅高で始まる展開。ただ寄り後は買い続かず。中
頃には再び為替が円高方向に振れてきたことから、先物売り圧力強まって日経平
均はマイナス圏まで垂れてしまう。ただその後は達成感から戻す動き。後場、中
国市場がマイナスとなっていることが重しとなり垂れ気味で始まったものの、そ
の後は日経平均上げ幅を拡大していく。先物のショートカバーの動きもあり、前
場高値をも超えてくるがそこまで。大引けにかけやや上げ縮小して引けている。
日経先物の主な買い越し証券は、ニューエッジ、みずほ、モルガンS、楽天、
シティG、BNPパリバ、メリル。売り越しはアーク、ゴールドマン、UBS、
ABNアムロ、野村、安藤、松井など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4555沢井製薬 8250円 +290
ジェネリック医薬品株が総じて高い。インドの製薬会社が日本の製薬メーカー3社
と株式取得に向けて交渉を進めていると現地メディアが報じたと、ブルームバー
グが報じており思惑が浮上しているようだ。その3社は沢井製薬、4553東和薬品、
4554富士製薬との事で、いずれも大きく買われている。現地メディアの報道だけ
に事実だとの見方も多いようだが、逆にインドメディアだけに信用出来ないとの
声も・・・。なお東和薬品はこの報道に関して後場に否定IR出している。更に思
惑で買われていくのは新たな情報が必要との見方多い。

4997日本農薬 472円 +24
大幅高。昨晩海外市場では資源大手のBHPビリトンがカナダの肥料大手のポタシュ
に買収を提案。ポタシュはそれを拒否しており、昨晩の米国市場では農業関連株
に思惑買いが集まっていた。それをうけ、日本市場でも農業関連株に思惑買い入
ってきたようだ。同社株以外にも、4996クミアイ化学、4003コープケミカルも多
少買いが見られていた。ロシアの穀物輸出禁止をうけ、日本農薬やクミアイ化学
は最近強い動きを続けていたが、新たな思惑も加わったことから明日以降も注目
だと期待する声もあるようだ。

8848レオパレス21 156円 +25
大幅上昇。最近は金融緩和期待から追い風となる不動産株に買いが集まりやすく
なっており、ここにもその手の買いが入ってきたと・・。ただ低位株なだけに短
期資金中心との見方は多い。業績悪く最近まで売り込まれていたものの、ここ数
日商い伴って底堅さ見えていることから流れが変わったと見る向きも多い。それ
だけに物色まだ続くのではと・・。本日付けで野村證券、フィデリティ投信が大
量保有報告書を出しており、保有株を大きく減らしていることが判明している。
特にフィデリティ投信の保有株は0.03%まで減っており、その売り圧力が無くな
ったことから戻り基調になってきたのではと。ただ野村証券がまだ6%程度保有
しており、それも売ってくるのではと懸念する向きも・・。

6146ディスコ 4670円 -215
日経平均に逆行安となっており、直近安値を割り込み、2月に付けた年初来安値
4600円が射程圏に。ドイツとモルガンSが同社株を揃って格下げしていることが
嫌気されている。8/9には今期業績上方修正と増配を発表し、翌日は反発したも
のの、その後は再び売り基調となっている状況。半導体業界の先行き懸念が相変
わらず強い状況であり、今期業績良くても来期減益だとの見方多い様子。今日は
他の半導体製造装置関連株も弱い銘柄目立っている。暫く関連株はリバウンドあ
っても戻り売りに押され鈍い展開続くのは仕方なさそうだと見る向き多し。

7122近畿車輛 419円 +23
後場一段高に。前場引け後に、8058三菱商事が6502東芝、7122近畿車輛と共同で
エジプトの運輸省トンネル公団との間でカイロ市内を走る地下鉄の車両供給契約
を結んだと発表。三菱商が取りまとめ役で、東芝が車両向け動力や照明など電気
関連を担当し、近畿車両が車両製造を請け負うと・・。エジプトは交通渋滞解消
を目的に公共交通機関の整備を進めているだけに、今後も受注が期待できると思
惑も強まったようだ。同社株は長期トレンドで昨年8月から調整続けているだけに、
そろそろトレンド変わるのではと期待する声もあるようだ。取りあえずは緩やか
に500円を目指すのではと・・。

===============
◆◇8/19(木)の主な予定!◇◆
===============
6月全産業活動指数(13:30)
7月全国百貨店売上高(14:30)
あいHDなど決算発表
トルコ中銀金融政策決定会合
米新規失業保険申請件数(21:30)
米7月コンファレンスボード景気先行指数(23:00)
米8月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(23:00)
北米7月半導体製造装置BBレシオ(20日 7:00)
セントルイス連銀のブラード総裁が米経済について講演(米・アーカンソー州)
セールスフォース・ドット・コム、デル、ヒューレット・パッカードなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*レオパレス<8848> 156 +25
フィデリティ投信の保有比率はほぼゼロになり。

*近畿車輛<7122> 419 +23
三菱商事などとのカイロ地下鉄の車両受注発表で。

*牧野フラ<6135> 502 +23
米国鉱工業生産の想定比上ブレなどで見直しも。

*JVCケン<6632> 248 +10
ヒビノと資本業務提携と一部で伝わっている。

*カカクコム<2371> 422500 -19500
月初の上ヒゲ水準では戻り売り圧力なども強まりやすいか。

*林兼産業<2286> 98 -3
株価100円台回復で一旦達成感も。

*AQインタラ<3838> 99700 -6300
決算発表後は手仕舞い売りやニューショートの動きなど優勢に。

*任天堂<7974> 23350 +1030
22250円付近が下落の限界水準との見方など一部で紹介され。



(前場)
*浜松ホト<6965> 2608 +158
MSCI新規採用に伴うインデックスファンドの資金流入先取りへ。

*さが美<8201> 121 +7
前日のレナウンやルックの株高が刺激か。

*ゴールドウイン<8111> 162 +9
消臭下着への期待感なども手掛かりにリバウンドの格好へ。

*テーオーシー<8841> 339 +18
不動産株高のなか、リバウンドによる値幅取り狙いの動きも。

*日本農薬<4997> 472 +24
BHPの買収提案拒否で米肥料メーカーが急騰となっており思惑も。

*FCC<7296> 1828 +88
前日には野村の投資判断「1」格上げが観測されている。

*ルネサス<6723> 677 +31
下値の堅さも確認で、ヘッジファンドなどのショートカバー優勢か。

*飯野海運<9119> 468 +20
投資ファンドの株式取得など思惑材料視とも。

*あおぞら銀行<8304> 117 +5
メリルでは「アンダーP」から「中立」に格上げ。

*ABCマート<2670> 2786 +114
MSCIリバランスではFIFが唯一引き上げられており。

*沢井製薬<4555> 8260 +300
インドの製薬会社が日本の製薬3社と株式取得で交渉と。

*住友信託銀行<8403> 469 +16
中央三井との統合比率報道伝わり再編の前進確認を評価も。

*日本車輌製造<7102> 385 +13
特に材料見当たらない、出来高も減少で買い戻し優勢か。

*日新製鋼<5407> 149 +5
メリルではニッケル市況の見通しを引き上げとも。

*日立金属<5486> 938 +31
前日には野村が業績予想を上方修正へ。

*ツガミ<6101> 487 +16
米国鉱工業生産指数上ブレなどもリバウンドのきっかけか。

*パイオニア<6773> 274 +9
中国の蘇寧電器との提携効果などを期待する動き再燃へ。

*JXHD<5020> 466 +14
岡三では投資判断を「弱気」から「中立」に格上げ。

*サンリオ<8136> 1415 +42
前日にはキャラクターのTV番組登場で思惑買い強まる。

*アインファーマ<9627> 2694 -381
公募増資の実施による希薄化・需給懸念で。

*アドバネクス<5998> 91 -6
心理的な支持線となる100円レベルを割り込んでおり。

*日本写真印刷<7915> 1788 -80
メリルでは目標株価を2300円から1600円に引き下げ。

*ディスコ<6146> 4680 -205
モルガンやドイツなど投資判断格下げの動きが相次ぐ。

*ルック<8029> 118 -5
前日にレナウンに連れ高の動きとなった反動。

*IIJ<3774> 205800 -7800
昨日はクラウド関連として相次ぐ好材料に敏感な反応をみせていたが。

*エディオン<2730> 611 -21
7月安値水準割り込んで処分売りの動きが一段と加速化へ。

*一休<2450> 47300 -1500
足元の業績悪を嫌気した処分売りの動き、引き続き優勢で。

*ソニーFH<8729> 271800 -8400
戻り鈍く、押し目買い狙った短期資金の売り圧力も強まり。

*日合成<4201> 448 -13
液晶関連の一角としても警戒視、信用買い残も高水準で。

*カシオ計算機<6952> 578 -16
モルガンでは「イコールW」から「アンダーW」に格下げ。

*ケーズHLDG<8282> 1928 -52
家電量販店各社の下げ目立つ、エコポイント一巡後の反動懸念で。

*三菱UFJ<8306> 424 +11
海外関連株高支援に、本日は銀行株にも出遅れ物色資金向かう。

*日立製作所<6501> 357 +9
三菱UFJでは「強気」推奨を継続へ。

*新日本製鉄<5401> 286 +3
4-9月の造船用厚板3割弱値上げで決着と伝わり。

*いすゞ<7202> 271 +6
物色環境の落ち着きで自動車株は総じて堅調に。

*全日本空輸<9202> 313 +4
岡三の格上げに続き、シティでも目標株価を引き上げへ。

*マツダ<7261> 193 -3
米国でのリコールなどもマイナス材料視へ。

*富士電機<6504> 214 +2
本日は事業説明会の予定であり。

*スクリーン<7735> 414 -7
モルガンでは半導体製造装置各社を一斉に評価引き下げで。

*三井物産<8031> 1193 +28
資源価格の上昇受け海外株同様に資源関連はしっかりへ。

*日本郵船<9101> 352 +4
バルチック指数など含め、資源価格の上昇を手掛かりに。

*シャープ<6753> 854 -11
CSでは液晶関連のネガティブなレポートをリリースへ。

*国際帝石<1605> 388000 +9500
突っ込み警戒感も強まるなか、原油市況の上昇など背景に。

*キヤノン<7751> 3580 +35
最先端の生産技術を海外にと報じられている。

*三井不<8801> 1396 +15
不動産市況の好転を受けて不動産大手は堅調推移続く。

*日電硝子<5214> 952 -11
液晶関連銘柄への先行き懸念は一段と強まる状況に。

*東京エレク<8035> 4130 -5
アプライドマテリアルの決算発表控えて様子見も。

*ニコン<7731> 1514 +26
ドイツでは「バイ」に格上げ、2000円目標とする。

*ヤマダ電機<9831> 5270 -80
エコポイント延長などの政策期待も高まる様子なく失望売り。

*大和システム<8939> 103 -8
前日の急騰でリバウンドの動きにも一巡感へ。

*JST<5919> 527 +30
TOB価格530円に鞘寄せの動きが続く。

*日本電産<6594> 7500 +350
米企業のモーター事業部門買収との報道を好感へ。

*ヨータイ<5357> 267 -20
マド埋め後も下げ止まらず、処分売り圧力一段と。

*船井電機<6839> 2482 -94
ウォルマートの決算は買い材料にはつながらず。

*レーザーテック<6920> 922 +32
いちよしでは投資判断を「B」から「A」へ格上げ。

*ビットアイル<3811> 81200 +2600
クラウドコンピューティングを利用し電子書籍ビジネスに参入と伝わる。

*スカイマーク<9204> 489 +25
いちよしがフェアバリューを870円から1000円へと引き上げたことを好感。

*SHO-BI<7819> 580 +20
東証2部市場への上場が承認されたと発表。

*スタートトゥ<3092> 245200 +7700
目立った材料はないがマザーズ市場の主力株には見直しの動き。

*サムコ<6387> 1073 -77
半導体装置関連の格下げが相次ぎ連想売り。

*エイチワン<5989> 569 +15
新興市場の自動車部品各社は業績が急回復していると伝わり。

*キャンバス<4575> 311 -22
バイオ関連には処分売りの動きが目立つ。

*ディア・ライフ<3245> 23700 +1300
引き続き、自社株買いの発表を材料視。

*セゾン情報<9640> 685 +35
クラウド関連のほか高配当利回りが手掛かり材料とも。

8月18日(水)

H「日経平均はようやくまともに反発した。まあここ2日で下げた分を戻しただけだが・・・。」

K「ただ最近は日経平均も底堅さを見せていたからな、公的年金などの買い支え的な動きもあったとはいえ、9100円割れは売り込めないという見方が強まっていた。それだけに下げなきゃこの程度は戻しても当然だな。」

H「しかし、やはり戻りの鈍さは目立っている。今日だって日経平均は前場にはマイナス圏まで落ち込む場面も見られたし、後場戻したと言っても朝方の水準に戻した程度だ。最後は結局垂れて寄り値は維持出来なかった。」

K「仕方ないだろう。今の市場心理は非常に悪い。先行き懸念は非常に強く、無理して買おうという向きは乏しくなっている。それだけに上げれば取りあえず戻り売り出すという向きも多いだろうし、疑心暗鬼相場は依然として続いている。」

H「昨晩の米国市場は久しぶりに大幅に上昇し、結構ムードも良くなるかと期待したんだが・・。」

K「そうだな。ただやはり為替の戻りが鈍いのがネックになっていると言えるだろう。昨晩の米国市場の上昇で、円高も一服していたが、まだまだ円高水準であり、戻り基調といえるほど円安に振れたわけでもないからな。」

H「今日の前場には再び円高へと進行する場面も見られたし、米国市場上げても円安進行が限定となると、結構日本株には厳しいかもな。」

K「やはり円高へと再度進行させようとする市場の総意みたいなモノがあるように思える。」

H「ただ米国市場も反発したし、経済指標も言うほど悪くはなかった。」

K「そうだな。インフレ指標の一つである米PPIが昨晩発表されたが、4ヶ月ぶりの上昇となり、コア指数は市場予測を上回った。米国はデフレ懸念も出ていただけに、その懸念が後退した格好だ。」

H「それに鉱工業生産も市場予測を上回っており、ウォルマートやホームデポの決算も良かった。それにより過度な景気減速懸念は後退したし、この状況でドル売り込むのも厳しいように思えるが・・。」

K「そうだな。ただこれからも米経済指標発表があるし、主力系の企業決算発表も控えている。それら次第ではここぞとばかりに仕掛け的にドル売りの動きとなる懸念はあると思われる。」

H「まあそうなっても一時的なら良いけどな。」

K「今日、6594日本電産が米電機大手のエマソンエレクトリックのモーター事業部門の買収を発表した。永守さんは円高効果で安く買えたと会見で言っているように、今の円高状況も活用次第では日本企業にとってはチャンスだと言える。それだけに日本企業は円高懸念ばかり抱かず、もっと前向きに考えて欲しいけどな。」

H「最近は海外でもM&Aが結構活発になってきた。それだけ企業に攻める余裕が出てきたと言うこともあるし、株価自体も割安になってきていると言うことだろう。」

K「ああ。企業はリーマンショック以降、資金調達やコスト削減徹底し、ようやく景気も回復してきたため、キャッシュを多く抱えている企業も少なくない。景気の二番底を警戒し、そのキャッシュを抱え込むのではなく、日本電産のように今は攻める時期だと言えるかもな。」

H「そうだな。しかも低金利だけに安いコストで資金調達も可能な状況だ。特に日本企業にしてみれば、円高効果もあるだけに海外企業が安く買えるチャンスだからな。」

K「日本電産によって、それに気付かされた企業経営陣も多いんじゃないのか。市場では、今回の日本電産の米企業買収が、企業の経営陣が円高を前向きに捉える転機になるのではと期待する声も少なくない。」

H「どうだろうな。日本企業の経営陣は保守的な考えの持ち主が多いからな。」

K「日本でも今後M&Aが活発になってくれば面白くなるんだが・・・。」

H「まあ期待したいモンだな。昨日、メリルが実施したファンドマネジャー調査によれば、もっとも投資したくない市場が日本株になったようだ。この調査結果からも海外勢の日本株離れは明らかだ。このままだと、ますます日本株離れは強まってしまう。」

K「そうだな。これだけ円高進行しても政府も日銀も動き鈍く、失望されるのも仕方がない。それに加え、企業経営陣も保守的だなんて言うイメージ強まれば、尚更日本株に魅力感じなくなるだろう。」

H「だよな。日本電産のM&A発表を受け、海外勢の日本株への見方も好転すれば良いんだけどな。」

K「難しいだろうな。日本電産は以前からM&A積極企業だと言うのは海外勢にも浸透しているし、他の日本企業も円高活用し積極的にM&Aに踏み切るとは考えないだろうな。」

H「やはり実際にM&Aがもっと活発に行われないと海外勢の見方も変わらないか・・。」

K「ああ。まあ他企業も積極的に攻めに動くよう期待したいモンだな。」

H「そうだな。取りあえず今晩の海外市場どういう展開になるのか注目しておきたい。」
2010.8.18先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。