(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.30

2010/07/30 11:25|未分類CM:0
ユーロ安でドイツとかフランスの景気がいいとか
アメリカも強いし
結局日本だけ下がるのか

持ち越し
ホンダとか持ってたんだけ車じゃここ別格の強さじゃね?
今日決算だからさっさと利確
イビデン今日も強い
寄って下がったところ追加して利確
ソニー持ち越しとけよ

政府は何で為替をどうかしようとしない

後場
ドレッシング売り
決算どこもいいのに
地合に潰されすぎだろ

たいして円高でもないのに
決算ピークで買い手控えてるところに
先物主導の売り仕掛けか

藤井の円高容認
菅、野田の円高放置プレイ
マジで何もしないならやめてくれ


[株式オープニングコメント]
米GDP控え全般こう着、材料系の決算銘柄での短期トレード
[株式オープニングコメント]
 本日7/30は一段とこう着感の強い相場展開となりそうであり、7月SQ値(9636.23
円)辺りでの攻防が続きそうだ。米4-6月期GDP速報値の発表を控えており、様子
見ムードが強まりやすい。為替市場ではドル/円が86円台半ばで推移しているが、日
中は上値の重さが意識されることになり、GDPへの警戒から円高方向に進みやすい
であろう。
 また、決算を手掛かりとした物色が中心となるが、本日は600社近くの発表が予定
されており、第一弾のピークを迎える。そのため、発表を受けてのピンポイントでの
取引は困難に近く、瞬間的な乱高下に振らされてしまう可能性がある。割り切りスタ
ンスで仕掛け的なトレードもあろうが、結局のところは模様眺めムードにつながるこ
とになりそうだ。
 ただ、これまでの流れでは、発表翌日以降も評価されている銘柄も多く、瞬間的な
リスク取りよりもパフォーマンスが上がる状況でもある。イレギュラー的な価格形成
となる場面では、押し目を狙うのも一考であろう。決算でも材料系銘柄への物色に向
かいやすく、ツガミ<6101>、オークマ<6103>、中国塗料<4617>、日本金属<5491>、イ
ーグル工業<6486>、日本ピラー工業<6490>などには思惑的な資金が向かいそうであ
る。そのほかテーマ性では、政府による住宅エコポイント制度延長方針が伝えられて
おり、住生活G<5938>などの動向が注目される。
 なお、7/29のNY市場はダウ平均は30.72ドル安の10467.16、ナスダックは12.87ポ
イント安の2251.69。シカゴ225先物清算値は大証比50円安の9640円。ADRの日本株
はNTTドコモ<9437>、ソニー<6758>、京セラ<6971>、三井物<8031>が堅調。半面、ト
ヨタ<7203>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、三井住友<8316>が冴えないなど、対東
証比較(1ドル86.79円換算)で高安まちまちだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米失業保険申請件数、先週分は減少
・ユーロ圏7月経済信頼感、市場予想を上回る
・NY金上昇、ドル安などを受け
・LMEニッケル、反発
・バルチック海運指数、10日続伸
・ソニー<6758>やパナソニック<6752>など電機大手、好調な決算を発表

弱気材料
・NYダウ続落、ハイテク企業の冴えない業績見通しを嫌気
・米半導体株SOX、3日続落
・NYドル/円、円高進行(86円68銭-70銭)
・欧州株軟調、米4-6月期GDP発表を控え警戒感
・DRAMスポット、9日続落
・東証REIT指数、続落
・UBS、日本株の投資判断を「オーバーウエート」から「アンダーウエート」へ
・OECD景気先行指数、伸び鈍化

留意事項
・米セントルイス連銀総裁、米経済の日本型デフレリスクを警告
・米グーグル、中国におけるネット検索や広告表示の機能が停止との報道
・パナソニック<6752>、商品ブランド統一で「SANYO」消滅
・台湾TSMC、設備投資上積み
・食品卸4社、経営統合に向けた協議を開始
・住宅版エコポイント、来年度から省エネ給湯器も対象に
・ユーロ/円(113円35銭-40銭)
・NY原油先物、反発(1バレル=78.36ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.004%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.080%)
・決算発表、武田や日立、三菱重、ホンダ、三菱商、三菱UFJなど
・6月完全失業率、有効求人倍率
・消費者物価指数(全国6月と東京都区部7月中旬)
・6月鉱工業生産
・ユーロ圏7月消費者物価指数速報
・ユーロ圏6月失業率
・米4-6月期期国内総生産速報
・米7月シカゴ購買部協会景気指数
・米決算発表、シェブロンやメルクなど


[サポート&レジスタンス]
終値            9696
5日移動平均        9576
先行スパンB       10365
100日移動平均     10243
200日移動平均     10196
標準偏差+2σ       9900
先行スパンA        9889
レジスタンス(2)     9776
レジスタンス(1)     9736
ピボット          9693
サポート(1)       9652
サポート(2)       9609
基準線           9551
25日移動平均       9495
転換線           9468
標準偏差-2σ       9090

[ランチタイムコメント]
後場はツガミの値動きが注目される
 日経平均は下落。145.84円安の9550.18円(出来高概算9億3000万株)で前場の取引
を終えた。米国市場の下落影響から利食い優勢のスタートとなった。寄り付き前に発
表された6月の鉱工業生産が、前月比1.5%低下と市場予想(横ばい)を下回ったこ
と、為替市場ではやや円高傾向で推移していることも利食いに向わせた格好である。
ただし、ソニー<6758>が買い気配から始まるなど、決算を評価した流れはみられてお
り、全体としては底堅さが感じられた。
 しかし、前場半ば辺りから為替市場では円高の流れが次第に強まっており、日経平
均もやや下げ幅を広げてきている。セクターでは不動産、鉄鋼、非鉄金属、石油・石
炭、倉庫・運輸などが軟調。東証1部の騰落銘柄は値上り167に対して値下り1397、変
わらず95と、値下り数が全体の8割を占めている。

 為替市場での円高の流れが警戒されているようである。今晩の米4-6月期GDP速
報値の発表を控えており、景気鈍化懸念から円高に向かいやすい地合いでもある。ま
た、決算を手掛かりとした物色がみられているものの、本日は第一弾のピークを迎え
るため、これを見極めたいとするムードも強まりやすい。オーバーナイトポジション
を取る向きは限られており、週末要因もあって、ピンポイントでの物色にとどまりそ
うだ。
 後場注目されるところでは、前引け後に決算を発表したツガミ<6101>。先日の観測
報道もあってサプライズはないが、先回りもなかったことで、改めて評価した動きが
強まるかが注目されるところ。ツガミが強含みで推移するようなら、他の材料株への
刺激材料になる。そのほか、ザラバの決算では、後場寄り付き辺りに双日<2768>、住
友化学<4005>。13時予定の東ソー<4042>、三菱商事<8058>、13時半予定の三井化学
<4183>、三菱電機<6503>、三菱重工業<7011>辺りが注目されよう。

[クロージング]
慎重がコンセンサスなのに据え置きが嫌気される地合い
 日経平均は下落。158.72円安の9537.30円(出来高概算21億1000万株)で取引を終
えた。米国市場の下落影響から利食い優勢のスタートとなった。寄り付き前に発表さ
れた6月の鉱工業生産が、前月比1.5%低下と市場予想(横ばい)を下回ったこと、為
替市場ではやや円高傾向で推移していることも利食いに向わせた格好である。その後
しばらくは7月SQ値(9636.23円)レベルでの攻防が続いていたが、前場半ば辺りから
円高の流れが強まり、後場寄り付きはオープニング・ギャップの格好から9505.64円
まで下げ幅を広げた。
 その後はサポートとして意識される25日線接近で下げ渋りをみせた格好だが、第一
弾のピークを迎えた決算を見極めたいとのムードも強かった。発表銘柄数が多く、業
績上方修正発表も好感する流れは限られる一方、通期据え置きで嫌気される状況であ
った。材料系の銘柄で注目されていたツガミ<6101>についても、観測報道に沿った内
容であったが、嫌気売りにつながっていた。
 決算については四半期は上振れ、通期は慎重見通しというのが市場のコンセンサス
であったが、結局は大幅な上方修正を出してこないと、材料視されづらいようだ。相
場全体の地合いが不安定であるため、売り仕掛けのトレードの方が収益に結びつきや
すい面もあろう。
 引き続き決算が続くことになり、個別対応となる。今晩の米4-6月期GDP速報値
が通過することでアク抜けも意識されるが、来週末には米雇用統計が控えているた
め、積極的な参加者は限られよう。なお、材料系ではイーグル工<6486>が引け後に決
算を発表、通期業績予想を上方修正した。この辺りが週明けに強い動きをみせられな
いと、個人のセンチメントは低下してしまいそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9537.30 -158.72
TOPIX849.50 -11.77
東証2部指数2135.59 -3.61
日経ジャスダック1221.90 -2.58
マザーズ指数398.48 -5.44
ヘラクレス指数602.99 +1.12
東証1部売買代金1兆3849億円
東証1部出来高21.16億株
東証1部騰落レシオ77.15%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は先週の新規失業保険申請件数が良かったことなどから買い優勢で
始まったが、買い一巡後は売られる展開。セントルイス連銀総裁が米国の金融政策
は日本のようなデフレに陥る可能性を高めていると警戒感を示した事が嫌気された
面もあるようだ。一時大幅安水準まで売られたが、その後は切り返し小幅安で引け
ている。為替が円高進行しており日経平均は軟調に始まる展開。寄り後は先物主導
で下げ幅拡大していく。為替が更に円高進行していることも重しとなっているよう
だ。後場は中国株の下落や更に円高進んだ事も嫌気し、日経平均一段安。しかし
9500円では底堅さを見せ、その後は先物買い戻しの動きに。大引けにかけ再度売ら
れてしまい日経平均大幅安で終了。日経先物の主な買い越し証券は、バークレイズ、
大和、カブコム、松井、SBI、ゴールドマン、楽天、メリル。売り越しはクレディ
スイス、みずほ、シティG、ニューエッジ、JPモルガン、BNPパリバなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6101ツガミ 541円 -51
大幅安。同社は前場引け後に決算を発表。4-6月期は黒字転換となったものの、既
に日経新聞で報じられた数字とほぼ同じ。中間期、通期見通しも修正しておらず、
進捗率もさほど高くないことから失望されたようだ。計画通りの順調な決算ながら
後場の売られ方見る限り、余程期待した向きが多かった様子。先日にはコスモが強
気なレポート出していたこともあり、期待は高まっていただけに売られるのも仕方
ないと・・・。暫くは弱含みの揉み合い相場になりそうだと見る向き多い。

6135牧野フライス 520円 -32
大幅安。ツガミが決算発表後派手に売り込まれており、連想的に他の工作機械株へ
も後場売り圧力強まった様子。同社は引け後に決算発表を控えているだけに、尚更
警戒高まったようだ。引け後に発表された決算は前年同期比で赤字幅縮小したもの
の、中間期、通期の赤字見通しも修正しておらず、計画通りの決算。今日派手に売
られただけに、改めて売り込まれる決算でもないものの、買われる状況にもなりそ
うもないと・・・。同様に引け後決算発表した工作機械の6103オークマも計画通り
ながら赤字決算となっている。

4239ポラテクノ 132000円 +5900
しっかり。有沢製作所が大幅上方修正してから、同社株への決算期待が一気に高ま
っており連日強い動きとなっている。同社は本日引け後に決算発表予定しているこ
とから、先回り買いが入っているようだ。引け後には期待通り好調な決算を発表。
同時に中間、通期の上方修正も発表している。ただ驚くほどの上方修正ではなく、
期待されていることを考慮すれば出尽くし濃厚になりそうだと見る向き多い。週明
けの動向が注目される。

6301小松製作所 1816円 -29
後場一段安に。後場始まる前の中国上海市場が1%以上の大幅安となっていたことか
ら、中国関連株とも言える同社株に売り集まった様子。全体的な地合の影響も強い
ものの、一部では来週への警戒感も強まっているようだ。明後日の8月1日には中国
がPMIを発表する予定であり、市場コンセンサスを下回るのではという見方が強まっ
ているようだ。仮に悪い数字となれば、週明けの日本市場では中国関連株の同社株
などが売られやすいのではという警戒から手仕舞い売り出た様子。

7263愛知機械 279円 +28
大幅上昇。一時297円まで買われる場面も。昨日発表した決算が好感されている。通
期業績見通しは修正していないが、営業利益進捗率は1Qで約80%となっており上方
修正必至の状況。株価は昨日動意付いているとはいえ、まだまだ安値圏だというこ
ともあって見直し買い入ってきたようだ。まだまだ評価不足との見方多いが、普段
は商いも乏しく流動性リスクある銘柄なだけに、この勢いで何処まで上げられるか
だと・・。今日は連想的に日産系自動車部品会社である7260富士機工や7248カルソ
ニックもしっかり。

===============
◆◇8/2(月)の主な予定!◇◆
===============
6月毎月勤労統計(10:30)
7月自動車販売(14:00)
青森ねぶた祭り(~7日 青森)
帝人、イビデン、宇部興産、アステラス、日製鋼、IHI、リコー、伊藤忠、
日本製鋼所、船井電機、ブラザー、マルハニチロ、アステラス、フジクラなど
決算発表
カナダ市場休場
米7月ISM製造業景気指数(23:00)
[動いた株・出来た株]

*リョービ<5851> 284 +12
上半期営業利益は20億円から40億円に大幅上方修正。

*山陽特殊鋼<5481> 447 +17
前日に発表した好決算など引き続き評価の動きで。

*住友化学<4005> 375 +13
上半期営業益は140億円から500億円まで大幅上方修正。

*ネットワン<7518> 106100 +3400
第1四半期の受注好調などから見直し買いの動きに。

*日ユニシス<8056> 616 +19
大和では妥当株価を750円-850円と試算と。

*ノーリツ<5943> 1568 +47
前日に上半期業績上方修正、営業益は27億円から36.5億円に増額。

*日本通運<9062> 352 -38
通期営業益は455億円から385億円に下方修正へ。

*大和工業<5444> 2108 -162
場中に決算発表、通期営業益は70億円から35億円に減額修正。

*マキタ<6586> 2496 -177
通期予想は下方修正、営業益は330億円から300億円に。

*第一中央汽船<9132> 240 -16
後場に決算発表、最終損益などの進捗率は低く。

*東洋水産<2875> 1867 -124
後場寄りに決算発表、第1四半期は2ケタ営業減益に。

*牧野フライス<6135> 520 -32
ツガミの決算後の急落などから、決算前に警戒感先行へ。

*東ソー<4042> 231 -14
第1四半期決算発表、想定比上ブレもインパクトまでは強まらず。


(前場)
*愛知機械工業<7263> 282 +31
第1四半期営業利益は通期計画の78%の進捗率に。

*富士機工<7260> 197 +13
愛知機械の好決算受けて連想感も高まる格好か。

*アコム<8572> 1499 +71
昨日の決算を受けて、シティでは投資判断を格上げ。

*プロミス<8574> 704 +31
アコムと同様に、シティでは投資判断を「3S」から「2S」に。

*東洋鋼鈑<5453> 487 +19
上半期営業利益は30億円から45億円にまで上方修正へ。

*パナソニック<6752> 1118 +41
昨日の下げは過剰反応との見方にも、好決算発表も見直しにつながり。

*ソニー<6758> 2702 +91
前日の第1四半期決算はポジティブサプライズと捉えられる。

*東京製綱<5981> 220 +7
太陽電池生産向け機器製造、海外シフトなどと報じられている。

*大建工業<7905> 226 +7
好決算や自社株買い、提携先のパナ電工の再編などそれぞれ好材料視。

*東光電気<6921> 522 +16
第1四半期好決算、通期営業益は4.5億円から7.8億円に増額。

*中国塗料<4617> 621 +19
好決算期待高める展開か、本日決算発表予定で。

*日本テレビ放送網<9404> 12230 +370
第1四半期大幅増益、上半期営業益は81億円から102億円に。

*フジ・メディアHD<4676> 124900 +3700
第1四半期営業益は上半期計画を超過で。

*ティーガイア<3738> 146200 +3900
特に材料見当たらず、ショートカバーなどが先行か。

*新生銀行<8303> 76 +2
第1四半期の純利益は上半期計画を超過しており。

*アンリツ<6754> 518 +13
引き続き、想定以上の好決算評価の動き継続で。

*富士重<7270> 495 +9
本日決算発表予定で期待感先取りの動きにも。

*電化<4061> 448 +8
新規の材料観測されないが、決算接近で好業績期待か。

*ワコム<6727> 121300 -14300
第1四半期の大幅減益決算に失望売り。

*三洋電機<6764> 136 -13
パナソニックのTOB価格138円に鞘寄せする動きへ。

*松屋<8237> 635 -60
昨年10月の安値水準も一気に割り込んでおり。

*サンクス<6860> 499 -45
パナ電工の子会社として前日に思惑買いの反動。

*三菱製鋼<5632> 182 -16
前日に好決算発表も期待感は先取りされていたため。

*東海理化<6995> 1449 -126
トヨタ車リコールの影響見極めへ、UBSで格下げも。

*新光電気工業<6967> 1134 -78
前日に第1四半期決算発表、上方修正などもなく。

*センコー<9069> 270 -18
昨日決算発表、短期的な出尽くし感にもつながるか。

*一休<2450> 57400 -3400
昨日決算発表、第1四半期営業益は5割強の減益に。

*JVCケン<6632> 305 -17
引き続き、増資懸念など拭いきれない状況にもあり。

*ルネサスエレ<6723> 812 -45
昨日はリストラ評価で上昇、戻り売りが優勢となる。

*太陽誘電<6976> 1105 -61
村田製作所の株価急落が連想される格好へ。

*パナホーム<1924> 526 -28
前日はパナソニック主導の再編波及期待で思惑買いもあったが。

*ケネディクス<4321> 14720 -780
今後の公募株の市場還流などを控えて需給警戒の動き。

*レナウン<3606> 254 -13
払い込み完了を受けて短期的な出尽くし感にも。

*神戸製鋼所<5406> 186 -9
前日に通期予想を公表、コンセンサスは下回るレベルで。

*みずほFG<8411> 140 -3
本日決算発表予定だが、期待感などは高まらず。

*日立製作所<6501> 352 -7
決算発表後の短期的な出尽くし感も警戒で。

*日本郵船<9101> 363 +5
業績上ぶれ目立った海運株の中でも好決算目立つと。

*東芝<6502> 451 -11
前日に好決算発表もインパクトは限定的で全体株安に押される。

*鬼怒川ゴム工業<5196> 398 +9
需給妙味強まるなか、週末要因から買い戻し先行か。

*日産自動車<7201> 667 -2
好決算発表でUBSは格上げも、為替円高の影響など警戒視で。

*昭和電工<4004> 173 +3
前日の取引時間中には上半期業績予想を上方修正しており。

*新日本製鉄<5401> 292 -9
引き続き、業績の下ブレなどをネガティブ視する動き。

*ツガミ<6101> 589 -3
前引け後の決算発表を控えて様子見ムード。

*富士通<6702> 598 +9
前日に決算発表、コンセンサス上ブレの好決算に。

*パナソニック電工<6991> 1101 -23
パナソニックによるTOB価格1110円に鞘寄せする動きへ。

*川崎汽船<9107> 369 -9
前日は好決算発表で急伸も短期資金の利食い優勢に。

*エルピーダ<6665> 1306 -53
前日に決算発表、みずほでは目標株価1200円にまで下げ。

*ソフトバンク<9984> 2600 +5
好決算を発表も先の観測報道の水準には届かずで上値重い。

*シャープ<6753> 944 -24
前日に決算発表、好業績だが在庫水準やや懸念などとも。

*三井物産<8031> 1108 -28
株安場面では総合商社などに資金向かいにくく。

*トヨタ<7203> 3050 -20
日米でリコール実施などと伝わっており。

*国際帝石<1605> 420500 -2500
来週には公募株の市場還流など需給悪化懸念残り。

*京セラ<6971> 7640 -200
電子部品の一角が軟調、先行き懸念が強まる格好となっており。

*TDK<6762> 5170 -140
前日に好決算発表も、村田製作所の先行き悪化見通しなども影響か。

*イビデン<4062> 2565 +32
前日にはドイツが投資判断を「バイ」に格上げしている。

*Oakキャピ<3113> 123 -11
引き続き、株式併合に伴う下落余地の広がりを意識。

*村田製<6981> 4245 -280
昨日順調な決算を発表しているが、先行きの受注鈍化を示唆で。

*TOWA<6315> 657 +30
上半期業績予想を大幅上方修正、営業益は5億円から19億円に。

*オムロン<6645> 2130 +13
一昨日発表の好決算を評価して、大和では投資判断を「2」に格上げ。

*島精機<6222> 1913 -120
前日に第1四半期決算発表、経常利益以下は下方修正の形で。

*スタートトゥ<3092> 269700 -16600
野村では投資判断を「1」から「2」へと格下げ。

*サイバーエージ<4751> 126200 -5500
第3四半期決算はコンセンサス通りの内容で出尽くし感強まる。

*ニューフレア<6256> 72200 ウ
第1四半期の営業損益が12億円の赤字となり。

*IndexHD<4835> 5640 +150
いちよしが投資判断を「B」から「A」へと格上げ。

*ワークスAP<4329> 39700 -1050
前期営業利益を16.4億円から14.4億円へと下方修正したことを嫌気。

*メディア工房<3815> 144700 -6200
昨日ストップ高の反動から利益確定売り。

*シニアC<2463> 3170 +370
過年度決算短信の一部訂正を発表で悪材料出尽くし感。

*バックスグループ<4306> 9770 +750
上期純利益見通しを900万円から5000万円へと上方修正。

*プラネックス<6784> 91400 +2300
FX事業をインドネシアで展開すると発表。

*菊水電子<6912> 465 +35
今期業績見通しと配当予想の上方修正を好感。

7月30日(金)

H「月末で週末の日経平均は大幅安となってしまった。結局、一昨日派手に上昇した分を昨日今日で殆ど吐き出してしまった格好だ。」

K「ただ仕方ないよな。一昨日派手に上昇した要因は主に円安進行だ。為替が円安へと大きく進行したことを好感し派手に買われた。しかし現状の為替は、その時円安進行した分を全て吐き出し、円高状態になってしまったんだから。」

H「そうだな。ドル円相場は1ドル86円台付近まで円高が進み、円は今年の最高値を更新した。ユーロ円でも円高が進んでおり、日本株の今日の下落も致し方ない。」

K「ああ。日経平均大幅安となっているが、円高を考慮すればもっと下げても不思議はないとも言える。そう考えれば、ある意味日本株も底堅いと言えるかもな。」

H「まあ、企業決算も良いもの多いだけに市場心理もまだ悪くないんだろう。」

K「それに今日の下落は先物主導と言う面も強いだろう。手口を見るとクレディスイスが大量に日経先物を売っている。一昨日にはクレディスイスが大きく買い戻していたが、その分を殆ど今日再び売ってきたと言う感じだ。」

H「TOPIX先物もクレディスイスは結構売っている。確かに円高進行して輸出株にも売り出ていたが、この手口見ると先物主導と言わざる得ない。」

K「しかしこの円高懸念はやっかいだな。更なる円高懸念を残しているからな。昨晩の米国市場では、セントルイス連銀総裁が、米国経済デフレ懸念を示したことにより、ドルが売られやすい状況になっている。」

H「ああ。それに量的緩和策として国債買い入れが適切だと指摘しているからな。基本的に国債買い入れはドル売り要因となる。」

K「そうだな。輸出企業は円高を吸収しても好決算を出す企業が多いだけに、非常にもったいない。この状況で為替が円安へと進行していく流れとなれば、輸出企業の株価は大きく居場所を変える期待があるんだけどな。」

H「更なる円高懸念がある以上、足下の業績好調でも先行き不透明が強いだけに上値もなかなか買いにくくなるからな。」

K「まあ、ドル円相場は1ドル85円がかなりのポイントであるといえ、基本的には円高もそこまでだと見る向きは多い。それ以上の円高はさすがに許容できず、日銀や政府も何らかの手を打たざるを得なくなる。」

H「実際に日銀などがそれ以上の円高を阻止してくれるなら、確かに問題はないだろうが、それを見込んで強気に投資する訳にもいかないだろう。」

K「ああ。とにかく日本はデフレを止めないことには、円高も止まらないかもな。手遅れにならないうちに、手を打って欲しいモンだが・・・。」

H「日経平均はなんとか節目の9500円を維持しており、25日移動平均線もまだキープはしている。ただ今晩更に円高進むようだと来週再び下値を模索なんて恐れも出てくるからな。」

K「来週はまた色々と動きにくい一週間だな。米国では重要な経済指標も多いことから、為替も大きく動きやすい。まあ米経済指標は既に警戒感もあるだけに、それほど波乱要因にはならないとは思うが、取りあえず確認するまでは投資家は動きにくいだろう。」

H「そうだよな。あと明後日の日曜日には中国PMIが発表され、これも警戒されている。」

K「また何で日曜日に発表するんだろうか。まあ中国PMIは曜日関係なく毎月1日に発表しているんだが・・。それを受けて一番最初に開く市場が日本だからな。」

H「今回の中国PMIは前回より低下する見込みだが、市場予測も下回るのではという警戒も強まっているようだ。今日の日本市場ではその警戒売りも結構出ていたようだぞ。」

K「この指標は50が景気の分かれ目とされている。前回は52.1だったが、今回は51程度が見込まれている。仮に50を下回るような事があれば、結構ヤバイかもな。市場心理的に・・。」

H「だろうな。そこまで落ち込む可能性は乏しいとはいえ、中国PMIは2009年3月から50以上を続けている。今回発表されるのは7月分だが、仮に50下回ると17ヶ月ぶりの事となる。」

K「ああ。中国の景気が世界景気を引っ張っているといっても過言ではないだけに、50を割り込んでしまうと、世界景気の減速懸念が強まるからな。」

H「ただ逆に強い数字が出されれば、一転して世界景気の減速懸念が後退すると言う期待はあるだろ。」

K「そうだな。そう考えれば週明けは、明後日の中国PMIに懸かっているといえるだろうな。」

H「まずは、それに期待したいモンだな。」

K「ああ。その前に今晩米国では4-6月期GDP発表があるけどな。まあどういう結果となるのか注目しておきたい。」
2010.7.30先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。