(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.27【材料系銘柄での決算を手掛かりとした短期売買】

2010/07/27 11:31|未分類CM:0
ダウは3日連続で100ドル以上の上昇

さすが日本クソ弱い
とうとうダウと1000以上差が開いた
売る材料がない中
落とそう落とそうという悪意に満ちてるね
おっかな

今日は寄りの雰囲気が弱かったんで
三井住友を寄りで売ってみたけど
なんだか強かったんで2545付近でで利確して逆に買い
規制緩和とか材料出てたのね危ない
それにしても銀行ってリーマンショックの時より安くなってるって
増資したとしても
あの時は赤字で今黒字なのに

あとは今日は火曜ってことで
クルーズ持ち越ししてたんだけど良い感じに伸びてくれた

後場
悪意に満ちてるねー
どうしても売りたいのかね
日経マイナス

みずほの時みたいに国際石油のPOが
重しになってるのかね


[株式オープニングコメント]
材料系の決算銘柄への思惑的な物色
 欧州、米国株式ともに堅調な展開となり、シカゴ日経225先物も9500円を回復して
いる流れを受け、日経平均は再び25日線突破を目指す展開が期待される。為替市場で
はドル/円が87円台、ユーロ/円が113円台で推移していることもあり、オープニン
グ・ギャップによって25日線をクリアしたいところである。ただ、この外部環境下で
も25日線での攻防が続いてしまうようだと、市場参加者の様子見姿勢は一段と強まっ
てしまうことになる。決算発表が本格化する中、決算内容を受けての日計り的な物色
にとどまってしまう可能性はある。
 決算については、概ね好調な内容が目立つ状況である。主力銘柄の決算については
サプライズに乏しいものの、これまで売られていた状況でもあるため、嫌気売りとい
うよりもアク抜けにつながりやすい。また、昨日のツガミ<6101>、鬼ゴム<5196>の急
騰が、連動性の高い他の材料株へ波及したことは評価される。本日7/27に決算が予定
されている材料系銘柄は日本精線<5659>、芝浦メカ<6590>、山洋電気<6516>、富士通
ゼネ<6755>、新神戸電<6934>など。ツガミ、鬼ゴムなどが引き続き強含みで推移する
ようであれば、これら銘柄への思惑的な資金流入がみられそうである。
 そのほか、国際帝石<1605>の公募価格決定によって、ショートカバーが一段と強ま
るかが注目される。「グローバル鉄道関連株オープン」が本日7/27に設定されるが、
市場観測では当初設定は20億円程度との見方がされている。
 なお、7/26のNY市場でダウ平均は100.81ドル高の10525.43、ナスダックは26.96
ポイント高の2296.43。シカゴ日経225先物清算値は大証比45円高の9535円。ADRの
日本株はNTTドコモ<9437>、三井物<8031>、京セラ<6971>、オリンパス<7733>が小
じっかり。半面、トヨタ<7203>、任天堂<7974>が小安いなど、対東証比較(1ドル
86.9円換算)で高安まちまちだった。



[株式市場強弱材料]

強気材料
・NYダウ3日続伸、予想上回る新築住宅販売を好感
・米半導体株SOX3日続伸、約1ヶ月ぶりの高値水準
・米6月新築住宅販売件数、市場予想を上回る増加幅
・欧州株堅調、ストレステスト通過で銀行株上昇
・LMEニッケル、5日続伸
・バルチック海運指数、7日続伸
・東証REIT指数、続伸

弱気材料
・NYドル/円、円高進行(87円01銭-03銭)
・NY金続落、欧州信用不安の後退で売り優勢
・DRAMスポット、6日続落
・株売買高、低迷際立つ
・TV用液晶パネル、中国など在庫過剰で一段安

留意事項
・日米欧、国債にマネー滞留
・レアアース、価格が一段と高騰
・上半期訪日外国人35%増
・中国国有企業、1-6月は57%増益
・6月白物家電、家庭用エアコン回復で6.2%増
・6月外食売上高、W杯の影響で2.3%減
・ユーロ/円(112円91銭-95銭)
・NY原油先物、変わらず(1バレル=78.98ドル)
・NY債券市場、反発(10年債利回り0.002%低下)
・長期金利、低下(10年債利回り1.060%)
・決算発表、JFEHD<5411>や日立建<6305>、キヤノン<7751>など
・6月企業向けサービス価格
・米5月S&Pケース・シラー住宅価格指数
・米決算発表、オフィス・デポやデュポンなど


[サポート&レジスタンス]
終値            9504
5日移動平均        9347
先行スパンB       10393
100日移動平均     10260
200日移動平均     10201
標準偏差+2σ      10109
先行スパンA        9855
基準線           9672
レジスタンス(2)     9588
25日移動平均       9548
レジスタンス(1)     9546
ピボット          9520
転換線           9492
サポート(1)       9478
サポート(2)       9451
標準偏差-2σ       8987

[ランチタイムコメント]
決算を手掛かりとした日替わり物色に
 日経平均は小幅上昇。12.77円高の9516.43円(出来高概算8億6000万株)で前場の
取引を終えている。海外市場の堅調な値動きが好感されるものの、25日線レベルでの
上値抵抗意識が強く、9500円を挟んだこう着感の強い展開が続いている。日中の値幅
も50円程度と狭く、相場全体の方向性は掴みづらいため、決算を手掛かりとした個別
対応での日替わり的な物色が中心に。東証1部の騰落銘柄は、値上り788に対して値下
り676、変わらず178と、高安まちまち。規模別指数では大型株、小型株指数はプラス
だったが、中型株指数はマイナスだった。売買代金は5000億円を下回っており、連日
で1兆円割れとなる可能性がある。

 物色は業績を手掛かりとした短期的な物色が目立っている。昨日材料株をけん引し
たツガミ<6101>は利食いに押されているが、本日は日本車両<7102>の強い値動きが、
近畿車輛<7122>、東洋電<6505>に波及している。また、きょう決算を控えている新神
戸<6934>、芝浦メカ<6590>、富士通ゼネ<6755>、日本精線<5659>なども、思惑買いが
先行している。逃げ足が速い資金で短期的なトレードが中心ではあるが、コア銘柄で
相場をけん引できない状況下では、材料系の銘柄での短期売買を強めやすいであろ
う。
 後場はJFE<5411>の決算が予定されているが、主要鉄鋼株は総じて軟調に推移し
ており、JFEが刺激材料として引っ張ることが出来るかが注目される。ただ、日経
平均が25日線レベルでもたもたしている状況でもあり、主力処は手がけづらいのが現
在の地合いではあるが。

[クロージング]
材料系銘柄での決算を手掛かりとした短期売買
 日経平均は小幅下落。6.81円安の9496.85円(出来高概算17億4000万株)で取引を
終えた。日経平均は9500円を挟んでの狭いレンジ取引が続いていたが、25日線のプレ
ッシャーが相当強く、大引けにかけてポジション調整の売りに押された格好であろ
う。後場半ばに決算を発表したJFE<5411>が弱い動きをみせたことや、バーゼル委
の新銀行規制に関連した思惑などからか、先物が瞬間売られる場面もあり、警戒感を
強めたようである。また、為替市場でもドル/円が87円、ユーロ/円が113円乗せの場
面で勢いづかなかったことも、支援材料に欠ける格好に。
 物色は決算を手掛かりとした流れに傾いてきている。昨日材料株をけん引したツガ
ミ<6101>は利食いに押されているが、本日は日本車両<7102>の強い値動きが、近畿車
輛<7122>、東洋電<6505>に波及。決算を控えている新神戸<6934>、芝浦メカ<6590>、
富士通ゼネ<6755>、日本精線<5659>なども、思惑買いが先行していた。ただ、先回り
期待を強めるというよりは、発表前で1トレード完成、決算後で1トレードといった形
での短期売買であろう。
 明日も今日発表された銘柄が寄り付き後早い段階で織り込まれ、そのパフォーマン
ス次第で当日予定されている銘柄への思惑買いへのシフトにつながろう。逃げ足が速
い資金で短期的なトレードが中心ではあるが、コア銘柄で相場をけん引できない状況
下では、材料系銘柄での決算を手掛かりとした短期売買を強めやすいとみておきた
い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9496.85 -6.81
TOPIX846.12 +0.24
東証2部指数2134.78 -3.84
日経ジャスダック平均1221.52 +0.68
マザーズ指数398.12 +1.41
ヘラクレス指数594.15 -1.88
東証1部売買代金1兆0817億円
東証1部出来高17.41億株
東証1部騰落レシオ73.53%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に続伸。貨物大手のフェデックスが業績見通しを上方修正
したことや、新築住宅販売件数が市場予測を上回ったことが好感された。ただ為
替がいまいち円安へと進んでおらず、日経平均は大人しく始まる。寄り後はプラ
ス圏での推移ながら上値は重く揉み合いが続く展開。後場も揉み合いだったが、
上値の重さを嫌気した売りが出て来たようで日経平均マイナスに転じる。売り込
む動きも限定的だが、戻りも限定的で結局日経平均は9500円割れの小幅安で終了。
日経先物の主な買い越し証券はメリル、ドイツ、水戸、野村、バークレイズ、
JPモルガン、ゴールドマン。売り越しはBNPパリバ、アーク、ニューエッジ、
カブコム、クリック、岡三、ABNアムロなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
5411JFEHD 2656円 -86
大幅安。14時に決算発表しており、それを機に派手に売り込まれている。前場引
けには、13時にインド大手鉄鋼メーカーのJSWスチールとの包括提携に関して詳細
を発表すると報じられ、後場は大幅高に。しかし目新しい内容はなく発表後は、
14時の決算発表を見極めたいとの動きから手仕舞い売りが優勢に。その決算で今
期業績見通しを同社は初めて発表。しかし市場コンセンサスを大幅に下回る数字
となり、発表後は失望売りにより大きく売り込まれる展開に。暫くは買いにくく
なったとの声多いが、下値も限定的ではと見る向き多い。

2138クルーズ 302500円 +21000
久しぶりに30万円台に乗せて引けており、25日移動平均線を回復。空売りが増加
しており逆日歩継続的に発生していることから、踏み上げ期待の相場になってき
ている様子。今日は火曜日であり、持ち越せば受渡で週末挟むことから、逆日歩
発生すれば3日分となる。それだけに逆日歩回避の売り方の買い戻しや、逆日歩
目当ての買いなどにより物色されているようだ。更に空売り増加するようだと明
日も物色期待されるものの、買い戻し進んでしまえば明日はあっさり反落と言う
展開が想定される。

1605国際帝石 437000円 +7000
堅調。昨日公募価格が41万7100円に決定。公募価格決定によりアク抜け感もある
ようだ。また同社は昨日から売り禁となっており、新たなつなぎ売りが乏しいこ
とも追い風になっている。それに既に公募引き受け予定でつなぎ売りを入れてい
る向きも多いようで、公募価格より下値でも結構その手の売り入っていたことか
ら、現渡しせずにつなぎ売りを買い戻す動きもあるようだ。ただ買い戻し一巡後
は再び需給悪化懸念から売られてしまう展開を警戒する声も多い。

7102日本車輌 393円 +34
大幅上昇。昨日同社は1Q決算と一緒に通期業績も上方修正。株価は安値圏にあっ
たことから、見直し買い強まったようだ。またグローバル鉄道関連株オープンと
いう投信の設定が今日予定されていたことも追い風となっている様子。今後何処
まで戻り基調続けられるか注目されており、取りあえずは雲にぶつかるまでと見
る向きは多い。7122近畿車輛も連想的にしっかりと買われている。

5486日立金属 985円 -35
大幅安。同社は13時に1Qと中間業績の大幅上方修正を発表。通期業績は据え置い
たものの、発表直後は好感され上げ幅を拡大する場面も見られた。しかし買い一
巡後は売り優勢となりその後は派手に売り込まれている。期待感あったことから
出尽くしの動きもあるようで、更に通期業績据え置いたことから失望売りもあっ
たようだ。全体的に買い手控えムード強いことも影響している様子。ただ通期業
績の据え置きは保守的であり、今後上方修正されるとの見方は多い。

===============
◆◇7/28(水)の主な予定!◇◆
===============
新日鐵、三井住友FG、JR西日本、NRI、コマツ、NEC、フォスター電機、ダイハツ、
パナ電工、アドバンテスト、日野自動車、オムロンなど決算発表
米5年国債入札(370億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米6月耐久財受注(21:30)
米地区連銀経済報告(ベージュブック 29日 3:00)
ビザ、コーニング、ボーイング、シマンテックなど決算発表
[動いた株・出来た株]

*日M&A<2127> 295000 +12900
突っ込み警戒感からのリバウンド続く、短期資金の値幅取り妙味も強く。

*日立金属<5486> 985 -35
決算発表後は徐々に軟化、通期上方修正なく出尽くし感優勢に。

*ジャフコ<8595> 2119 -73
さえない市場動向などもネガティブ視で。

*津田駒<6217> 147 -5
短期リバウンドにも一巡感、信用需給懸念など残り。

*カカクコム<2371> 395000 -13000
月初の高値水準では戻り売り圧力も強まり。

*旭ダイヤ<6140> 1402 -46
設備投資関連の一角が軟調、すでに第1四半期業績観測も伝わっており。

*KOA<6999> 955 -31
好決算や格上げなどで直近の株価上昇目立ち。

*ヨータイ<5357> 369 +22
特定資金の介入観測などが依然として強いもようで。



(前場)
*ダイトエレク<7609> 544 カ
前日に業績上方修正発表、上半期営業益は2.7億円から5.5億円に。

*フィデック<8423> 15960 +2940
前日からのリバウンド継続、1万円大台が心理的な支持線にも。

*日本車輌製造<7102> 397 +38
通期営業利益は51億円から60億円にまで上方修正している。

*サンシティ<8910> 2939 +220
出来高も伴ってリバウンドの流れが一段と活発化へ。

*レナウン<3606> 266 +17
前日は低位材料株の一角が賑わい、本日は同社などに資金シフトの動きも。

*近畿車輛<7122> 399 +24
日本車両の業績上方修正などが思惑材料視される。

*新神戸電機<6934> 758 +42
本日決算発表予定で好決算を期待の動きか。

*サカイオーベ<3408> 147 +8
低位材料株循環物色の一環と捉えられ。

*芝浦メカトロ<6590> 370 +20
本日の決算発表に対する期待感とも。

*日本インター<6974> 134 +7
8/1からは2部に指定替えも、インデックスファンドの売り圧力なども織り込み。

*日本新薬<4516> 1045 +51
三菱UFJでは新規に「1」、1400円目標としている。

*フジクラ<5803> 419 +20
UBSでは「バイ」に格上げ、目標株価500円としている。

*セイコーエプソン<6724> 1154 +47
今第1四半期の営業黒字化観測報道を好感する。

*メルコHLDG<6676> 3015 +119
前日発表の第1四半期決算好感、進捗率など高く。

*富士通ゼネラル<6755> 474 +18
本日の決算発表を控えて期待感も先行する格好か。

*日東紡績<3110> 196 +7
決算発表接近で住宅版エコポイント効果期待も。

*セイコーHLDG<8050> 286 +10
エプソンの株価上昇なども刺激材料視か。

*大垣共立銀行<8361> 274 +9
前日にはCLSAが新規に「バイ」としている。

*ティーガイア<3738> 140500 +4500
特に材料観測されず、浮動株比率低くボラティリティ高まりやすいが。

*日本精線<5659> 470 +15
本日の決算発表を控えて期待感先行と。

*三井住友FG<8316> 2599 +82
バーゼル委の新銀行規制案緩和方向などがメガバンクの買い材料にも。

*沢井製薬<4555> 7760 +240
特に材料ないが、ショートカバーも優勢にリバウンド本格化の格好へ。

*ダイキン<6367> 3210 +90
富士通ゼネラルの急伸などで猛暑関連として改めて物色。

*キヤノンMJ<8060> 1213 -92
前日に上半期決算発表、4-6月期は想定以上の大幅減益に。

*中山製鋼所<5408> 130 -9
前日の取引時間中に発表した業績下方修正引き続き嫌気へ。

*イトーキ<7972> 267 -18
前日に業績下方修正、上半期営業益は10億円から7億円に。

*ミスミグループ<9962> 1651 -109
野村では投資判断を「1」から「2」へ格下げ。

*小糸製作所<7276> 1299 -75
前日に好決算発表、業績上方修正も短期的な出尽くし感につながる。

*レオパレス21<8848> 193 -9
ファンドの空売りや信用買い残など需給不安依然強く。

*THK<6481> 1739 -81
野村では投資判断を「1」から「2」格下げ。

*JSR<4185> 1521 -69
昨日の決算を受けて目標株価引き下げの動きは目立ち。

*ケネディクス<4321> 15050 -680
本日から公募価格の決定期間入りとなり。

*ツガミ<6101> 555 -22
前日の人気化で利食い売り、好業績観測に関してはインパクト乏しいと。

*黒崎播磨<5352> 329 -12
ツガミや鬼ゴムの上昇による思惑買いの動きも一巡で。

*サンクス<6860> 505 -18
パナ電工の上方修正を思惑視した動きにも一巡感で。

*日本電気硝子<5214> 1080 -36
前日に決算発表、好決算ながらインパクトは乏しく出尽くし感先行へ。

*シスメックス<6869> 4870 -160
足元ではキャピタルGの保有比率低下など観測。

*みずほFG<8411> 139 +3
銀行新規制案の緩和方向が伝わっており、銀行株の買い材料に。

*鬼怒川ゴム<5196> 376 +2
大幅な上方修正を評価する動き継続で。

*東芝<6502> 458 +8
パワー半導体の増産報道などが伝わっている。

*大阪機工<6205> 143 -1
ツガミの失速なども響く格好へ。

*東レ<3402> 459 +9
蝶理の好決算発表なども安心感につながる。

*商船三井<9104> 601 +12
バルチック指数の連騰などで安心感も。

*ソフトバンク<9984> 2579 +41
引き続き、週末に伝わった第1四半期の好業績観測がポジティブインパクトに。

*三井物産<8031> 1129 +7
資源価格は総じて堅調な推移となっているが。

*国際帝石<1605> 434000 +4000
昨日公募価格決定で安心感も先行する状況へ。

*トヨタ<7203> 3055 -35
先週末に伝わった観測報道は弱い印象との見方が多く。

*キヤノン<7751> 3490 -40
本日の引け後に決算発表が予定されているが。

*ヤフー<4689> 35350 +600
三菱UFJでは投資判断を「3」から「2」格上げ。

*花王<4452> 2124 +36
昨日第1四半期決算発表、実績値は想定以上の推移に。

*JFE<5411> 2715 -27
本日の取引時間中決算発表で警戒感先行も。

*ユニチャーム<8113> 10560 +170
前日には好業績観測報道が伝わっていた。

*アビリット<6423> 87 +10
特に材料なし、前日の下げ止まり受けて自律反発期待にも。

*シーシーエス<6669> 162000 +19200
三菱化学とLED事業に関して業務提携すると発表。

*セイクレスト<8900> 209 カ
中国の太陽電池メーカーと業務提携すると発表。

*楽天<4755> 66900 -200
三菱UFJでは投資判断を「3」から「4」へ格下げ。

*大証<8697> 438000 +12500
本日決算発表が予定されており上方修正期待高まる。

*ベクター<2656> 103100 +2100
いちよしが第2四半期以降は成長モメンタムが高まるとのレポートをリリース。

*東映アニメ<4816> 1437 +37
今期営業利益見通しを14億円から21億円へと上方修正したことを好感。

*BBH<3719> 81 +30
「継続企業の前提に関する注記」の記載解消を材料視。

*デュオシステム<3742> 12600 +1490
自治体クラウド関連として短期の値幅取り資金集中へ。

*YKT<2693> 130 -6
上期営業利益見通しを4000万円から2700万円に下方修正したことを嫌気。

*カービュー<2155> 131900 +6400
本日は決算発表が予定されており先回りの動きも。
7月27日(火)

H「日経平均は反落し、今日も25日移動平均線を上抜けられずだ。このまま戻り基調続けるかと期待したが、どうも雲行き怪しくなってきた。」

K「まるで閑散相場だな。売り手も乏しいが買い手もいない。先物売買も乏しいだけに裁定取引も当然乏しい。」

H「閑散に売り無しというが、買い手も居ない。米国市場あれだけ上げても、日本市場これじゃ参加者もますます減りそうだな。」

K「まあ決算発表シーズンだけに、それを見極めたいと言う向きは多いのだろう。それにやっぱり円高が機になると言う向きも多い。米国市場は強いよな。ダウは3日連続で三桁の上昇となっている。」

H「ああ。それだけに今日の日本市場期待したものの、寄り付きからやる気の無さ見え見えだ。小幅高程度で始まり寄り後も全くやる気無しと言った展開で、上げも下げも限定的だった。日中の値幅は非常に狭く、これじゃ先物ディーラーは商売あがったりだ。」

K「ただ今日はメガバンクが久々にしっかりだった。自己資本規制の緩和が好感され買われている。先日大量の公募増資を実施した8411みずほFGがしっかりと上げているのは好感できる。」

H「そうだな。個人投資家もかなり公募を引き受けているだけに、この株が上がってくれば、個人投資家の投資資金が膨らむことに繋がるからな。」

K「ただ今日は全体に好影響が見られていないけどな。まあ、今後メガバンクがしっかりと上げていく展開となれば、市場心理かなり良くなっていく期待はあるんだが・・・。」

H「昨晩の米国市場は朝方は軟調となる場面もあったが、下値も限定的だった。貨物大手のフェデックスが上方修正を発表し、景気減速懸念後退に繋がった。先週の同業とも言えるUPSの好決算からも、物流は悪くない。物流が良いと言うことはそれだけ景気も良いと言えるからな。」

K「そうだな。それに新築住宅販売件数も発表されたが、これが市場予測を上回った事も好感されたようだ。」

H「住宅関連指標は先月から予測下回るものが非常に多かったからな。それだけに予測上回った事がポジティブサプライズになったようだ。大した上ブレでも無いんだが・・・。」

K「しかも前回分が大幅に下方修正されている。それを考慮すれば手放しで好感は出来ない。」

H「ただ昨晩の米国市場ではしっかりと好感されており、その後も終始底堅い揉み合いだった。んで大引けにかけショートカバーの動きだと思うが一段高となり引けている。」

K「昨日の上昇で米ダウは今年プラスに返り咲いた。日経平均は年初から見てまだまだ大幅にマイナスだ。」

H「今月だけの動きを見ても、米ダウと比べ日経平均は弱さが目立っている。」

K「米国市場は企業決算が好感されるモノが多いからな。それにやっぱり為替だろう・・・日本株が米株に比べ重いのは。」

H「そうだな。取りあえず日本市場もこれから続々出てくる企業決算で流れ良くなってくれれば良いけどな。」

K「どうだろうな。既に主力企業の業績観測報道も結構出ているが、やはり反応は鈍い。結局、為替の先行き懸念が重しとなり、好感しきれないと言う面もあるんだろう。」

H「つまり決算良くても、為替の先行き懸念あるだけに、素直に好感しきれないというわけだな。」

K「ああ。それに日本企業は保守的な経営陣が非常に多い。まあそれは市場も考慮して判断はしているだろうけどな・・・。」

H「結局は日本市場が全体的に上げて行くには、企業決算だけでは難しいと言うことだろうな。それよりも外部要因の好転が重要なようだ。」

K「ああ。特に為替な。ただ日本市場引け後には為替も円安へと進行しており、イブニングで先物も大きく上昇している。このまま明日の朝まで良い流れが続けば良いけどな。」

H「そうだな。今の状況だと結局買わざるリスクを感じない相場だからな。無理に慌てて買う必要も無いと思う投資家が多く、これだけ薄商いとなってしまう。しかし外部要因強い状況続いていけば、自然と持たざるリスクを感じる投資家が増える。」

K「そうなれば、上値を買ってくる投資家も増えるし、自然と上げていくことになるからな。上げてくれば戻り売りもこなせるため、上値で掴まっている投資家の資金も回り始める。それが新たな買い手となり相場を押し上げていく。」

H「そういう好循環相場になっていくようだと面白い。」

K「期待はまだ乏しいが可能性はあるだろう。まあ取りあえず今晩の米国市場と為替、日本株に追い風となるような展開を期待したいモンだ。」
2010.7.27先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。