(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.22【イブニングに備え、日中は一服】

2010/07/22 11:14|未分類CM:0
アメリカはバーナンキ使えねー売りで下落

引き続き弱いけど
銀行は買い戻し

寄りから強かった銀行を買い増し
鉄持ってたけど捨てた
住金じゃなくJFEだったか

PBR1倍割れかな
こんなに安くなったら
日本企業が中国に買われちゃうんだじゃねーの

後場
なぜかGD
何それ流行ってるの?

で13時下抜けるのかと思ったら上昇
信越化学の好決算が原因らしい
三井物産とか材料が出てたんで買い
ソニーが為替に逆行して上昇してたんで買い

政治家が遊んでる間に
日本潰されかけてるけど大丈夫か

東証はお昼休みをなくすとか
大証が先物を昼も動かすだから
大証は小銭が欲しくてしょうがないらしい
お昼休みなくして
1時半で終了にして欲しい


[株式オープニングコメント]
猛暑関連などでの個別対応に
 NY市場の下落、ユーロ/円相場の110円台突入を受けて、手掛けづらい相場展開が
続きそうだ。シカゴ日経225先物は9200円で終えており、一昨日7/20のイブニング安
値9160円を付けに行く可能性もあろう。ただ、昨日7/21の段階で既にFRB議長の議
会証言に対する警戒感が強まっていたほか、明日7/23に控えている欧州銀行のストレ
ステストの結果公表を前にしていたこともあり、オープニング・ギャップ後はこう着
感を強めることになろう。
 みずほFG<8411>のTOPIXリバランスは通過したが、本日7/22はMSCIのリ
バランスが予定されている。TOPIXに比べて規模は小さい(約390億円)が、大
引けにかけて他銘柄への影響などが警戒されるところである。
 物色としては、内需・ディフェンシブ系にシフトしやすい面はある。欧州ストレス
テスト通過後のアク抜けを想定した金融株への押し目買いの流れなども出てくる可能
性はありそうだ。しかし、下落過程で信用買い残高が積み上がりやすく、需給整理の
進ちょくがみられないことからみると、その戻りも限られそうである。
 そのため、コア銘柄というよりは、回避的な流れから材料株などに向かいやすい。
その材料株についても、中核的な銘柄の需給関係が悪化しているため、日計りを中心
とした割り切りスタンスとなろう。テーマ性では猛暑関連としての食品セクター、小
売、電機など。中国政府による新エネ投資報道を背景として、スマートグリッド関連
なども注目されよう。また、決算発表では信越化<4063>が予定されている。資金回転
は速そうだが、決算を受けての思惑が交錯しよう。
 なお、7/21のNY市場でダウ平均は109.43ドル安の10120.53、ナスダックは35.16
ポイント安の2187.33。シカゴ225先物清算値は大証比80円安の9200円。ADRの日本
株はNTTドコモ<9437>、トヨタ<7203>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、デンソー
<6902>、京セラ<6971>、日本電産<6594>、オリックス<8591>、TDK<6762>など、対
東証比較(1ドル86.96円換算)で全般冴えなかった。

[株式市場強弱材料]

強気材料
・欧州株しっかり、米企業の好決算を好感
・米モルガン・スタンレー、4-6月期決算は市場予想上回り大幅高
・NY金相場、小幅続伸
・LMEニッケル、続伸
・バルチック海運指数、4日続伸
・東証REIT指数、3日続伸
・中国、新エネに65兆円投資を検討

弱気材料
・米FRB議長、米国経済に慎重な見通しを示す
・NYダウ3日ぶり反落、バーナンキFRB議長発言を嫌気
・米半導体株SOX、反落
・NYドル/円、円高進行(86円93銭-95銭)
・ユーロ/円、円高進行(111円93銭-97銭)
・DRAMスポット、3日続落

留意事項
・信越化<4063>、第1四半期決算発表
・米金融改革法が成立
・米、北朝鮮に追加制裁を検討
・経産省、再生エネを15-20円で買い取り
・7月月例報告、判断据え置きも米欧景気の先行き懸念
・電子マネー決済、10年上期は前年同期比39%増
・英航空ショー、航空機需要回復鮮明に
・富士通<6702>、方針転換でSIMロック解除を容認
・NY原油先物、反落(1バレル=76.56ドル)
・NY債券市場、続伸(10年債利回り0.068%低下)
・長期金利、低下(10年債利回り1.085%)
・民生用電子機器、国内出荷
・5月全産業活動指数
・ユーロ圏7月製造業PMI速報
・ユーロ圏7月サービス業PMI速報
・独7月製造業PMI速報
・独7月サービス業PMI速報
・英6月小売売上高指数
・米6月中古住宅販売件数
・米決算、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、キャタピラーなど


[サポート&レジスタンス]
終値            9279
5日移動平均        9494
先行スパンB       10393
100日移動平均     10283
標準偏差+2σ      10240
200日移動平均     10212
先行スパンA        9841
基準線           9672
25日移動平均       9624
転換線           9519
レジスタンス(2)     9478
レジスタンス(1)     9378
ピボット          9305
サポート(1)       9205
サポート(2)       9131
標準偏差-2σ       9008

[ランチタイムコメント]
後場は信越化に限られた資金が集中か
 日経平均は下落。63.53円安の9215.30円(出来高概算14億2000万株)で前場の取引
を終えている。米FRB議長議会証言が嫌気されたNY市場の下げや、為替市場の円
高基調を受け、シカゴ先物(9200円)にさや寄せする格好からのスタートとなった。
ただ、昨日の段階からFRB議長証言を見極めたいとするムードが強かったほか、23
日の欧州銀のストレステストの結果公表を控えて積極的な商いは限られており、下へ
のバイアスは強まらずに、こう着感を強めている。また、為替市場での円高が警戒さ
れる一方、指数インパクトの大きいFリテイリング<9983>が強く、売り仕掛けしづら
い面もあった。

 出来高は14億株に乗せているが、うち8億株はみずほFG<8411>であり、実質は6億株
程度の閑散である。また、朝の外資系経由の売買注文動向についても、1000万株の買
い越しだったが、みずほFGの買い注文が占めているとみられる。みずほFGについて
は、公募参加の見切売りに対して、ショート筋の買戻しといったところか。そのほ
か、一部では年金資金が流入しているとの見方もされていたが、目立っていない状況
である。
 日経平均は9200-9250円辺りでのこう着である。底堅さは意識されているが、昨日
の価格帯レンジを下回っており、基調としては弱い。ランチタイムでの為替市場の動
向やアジア市場の動きによるオープニング・ギャップがあるかが注目されるところ。
前場の価格水準から始まるようであれば、欧州銀のストレステスト待ちから、一段と
こう着感を強めやすく、且つ、明日に対してのトレード意欲も後退しよう。
 また、みずほFGのMSCIリバランスが大引けに控えており、リバウンドは期待し
づらいところ。後場の手掛かり材料としては、信越化<4063>の決算後の動向といった
ところか。物色対象が限られ、参加者も限定的となれば、短期筋の逃げ足の速い資金
が集中しやすく、決算発表後の乱高下の展開が想定される。

[クロージング]
イブニングに備え、日中は一服
 日経平均は下落。57.95円安の9220.88円(出来高概算26億5000万株)で取引を終え
た。米FRB議長議会証言が嫌気されたNY市場の下げや、為替市場の円高基調を受
け、シカゴ先物(9200円)にさや寄せする格好からのスタートとなった。後場寄り付
き直後には一時9176.12円まで下げ幅を広げる場面もみられたが、指数インパクトの
大きいFリテイリング<9983>が終日堅調であったこと、信越化<4063>が4-6月期決算
発表後に堅調な値動きをみせたことなどが下支えに。また、為替市場での円高、これ
を受けての株先売り、債券先物買いの流れが強まっていたが、23日の欧州銀のストレ
ステスト通過までは大きなポジション取りは限られ、トレンドが出難いようである。
 出来高は26.5億株に膨らんだが、みずほFG<8411>が12.8億株弱を占めており、実質
14億株割れの閑散相場であった。明日も欧州銀のストレステスト待ちから、日中はこ
う着感を強めることになる。予定では23日の欧州市場の終了後に発表される予定であ
るが、一部では取引開始前に発表と報じられている。取引開始前となれば、なおさら
日中は動けないであろう。225先物イブニングに備え、日中は一服といったところ
か。
 また、回避的に材料株などへのシフトも想定されるが、材料系の中核処が総じて軟
調であり、需給関係は相当悪化している。また、新興市場の中小型株についても、様
子見ムードが強く短期筋のトレードも限られ、薄商いの中で調整を強めている銘柄が
目立っている。ストレステスト公表前のアナウンスなどで動意付く場面もあろうが、
逃げ足の速い資金が中心であることは意識しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9220.88 -57.95
TOPIX825.48 -3.87
東証2部指数2117.19 -8.57
日経ジャスダック平均1211.75 -5.17
マザーズ指数383.41 -4.50
ヘラクレス指数581.17 -5.18
東証1部売買代金1兆2195億円
東証1部出来高26.58億株
東証1部騰落レシオ69.31%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅に反落。アップルやモルガンSの決算好感され買い優勢で始
まったもののバーナンキFRB議長の議会証言控え手控え感強い状況。前日終値近辺
での揉み合い続いていたが、議会証言の内容伝わると失望感から売り込まれて大
幅安に。期待された追加の金融緩和に言及したものの、具体的な内容は示さなか
ったことが失望されたようだ。為替は円高進行しており、日経平均軟調に始まる
展開。寄り後も弱含みの動きで、円高更に進んだこともあり日経平均は9200円も
割り込んで来る。前場はその水準で下げ渋ったものの、後場には再び売り込まれ
る動きに。しかし下値はやはり限定的で、その後は買い戻し優勢となるも、戻り
もまた限定的。結局そのまま弱含みの揉み合いで終了。TOPIXは年初来安値を更新
している。日経先物の主な買い越し証券はニューエッジ、三菱UFJMS、UBS、モル
ガンS、岡三、ゴールドマン。売り越しはメリル、シティG、JPモルガン、ABNアム
ロ、野村、バークレイズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
6594日本電産 7630円 -300
大幅安。今日はHDD(ハードディスクドライブ)関連株が総じて軟調。昨晩の米国
市場でHDD製造大手の米シーゲートが発表した決算が悪かったことが嫌気されてい
るようだ。同社はHDD用モーターを手掛けており、連想的に売られている。同社は
明日決算発表を控えていることから、警戒が高まった様子。他にもHDD関連株とし
て6762TDKや6479ミネベア、7240NOK、7741HOYA、5991ニッパツ、6471日本精工な
ども大きく売られている。

7974任天堂 24180円 -320
軟調だが、24000円割れ水準では下げ渋りも見られている。今日はシティGが格下
げしており、目標株価も引き下げている。新型DS「ニンテンドー3DS」の海外販売
想定時期を年内から2月下旬に変更したため、従来業績予想を下方修正したことが
理由。7/29に発表予定の1Q決算は経常利益は赤字と予測しているようだ。大幅下
方修正リスクが短期的な株価にネガティブに作用すると・・・。ただ既に他のア
ナリストレポートでも大幅下方修正を見込むもの多いだけに、かなりの部分が織
り込み済み状態だと見る向きは多い。それだけに決算発表直前には逆に買い戻し
優勢の動きになるのではと見る向きも。

8031三井物産 1113円 +25
軟調な推移だったものの後場急伸している。13時過ぎに共同通信が、米メキシコ
湾原油流出事故で、一部権益を保有する同社子会社の三井石油開発系現地法人社
長が、取り決めでは全ての運営上の責任は被害補償を含め、英BPが負担するとの
はり軟調地合や世界景気先行き懸念などもあるだけに、見直し買いも限定的では
と見る向きも多い。やはり地合が改善していかないことには戻りも限定的ではと
・・・。今日はこの材料を機に短期資金もかなり入ってきたようだ。

4063信越化学工業 4135円 +60
しっかり。今日13時に決算発表を予定しており、前場から買い戻し優勢の動きで
プラス圏での推移となっていた。決算発表後は改めて買われて一段高に。決算数
字にはサプライズはないものの、先行き不透明という理由で期初には今期業績見
通しを開示していなかったものの、今回は中間期、通期共に開示してきたことが
好感されているようだ。株価は安値圏ということもあり、見直し買いも入ってき
た様子。今日は同社の決算発表を機に、先物に買い戻しの動きが強まり日経平均
は下げ幅を縮小する動きとなっているだけに、今後本格化する企業決算に期待す
る声も多いようだ。

4330セラーテム 126000円 +5500
一時132500円まで買われる場面もあったが、その後は上げ幅縮小して引けている。
今朝の日経新聞トップでは中国が新エネルギー分野に約65兆円規模を投じる方向
で検討に入ったと報じている。スマートグリッドに関しては全国規模で導入する
と・・。先日同社は中国でスマートグリッド関連プロジェクトを2件受注したと発
表したばかりであり、関連株として買い集まったようだ。ただその材料が出て買
われた一昨日も13万円台では上値の重さ見られており、今日も同様で13万円台で
の売り圧力見られていた。やはりその水準では売っている大口でもいるのではと
・・・。中国新エネ関連では6255エヌピーシーや2766風力開発も買い集めている。

8600トモニHD 313円 +35
大幅高。徳島銀行と香川銀行を傘下に持つ銀行持ち株会社だが、特に物色される
ような材料は見当たらない。一昨日辺りから商い増加して拾われてきている様子
が伺えることから、何処かのファンドが買ってきたとの見方。海外ファンドとの
思惑も出ているようだ。それにより動意付いたことから個人投資家の空売りが入
り、短期資金も巻き込んで踏み上げ的な動きも手伝っているとの見方。小型株で
はないだけに派手な踏み上げ相場は期待できないが、明日以降の動向が注目だと
・・・。

===============
◆◇7/23(金)の主な予定!◇◆
===============
2198アイケイケイがジャスダックに新規上場
日本電産、KDDI、KOA、小糸工業など決算発表
独7月Ifo景況感指数(17:00)
英4-6月期GDP速報値(17:30)
欧州の銀行に対するストレステストの結果が公表
ハネウェル、マクドナルド、フォード、サンパワー、バイドゥ、サムスン電子
など決算発表
[動いた株・出来た株]

*トプコン<7732> 426 +20
目先の処分売りにも一巡感で買い戻しの動き優勢か。

*エイベックス<7860> 1068 +38
目立った材料なし、1000円レベルまでの調整で押し目買いも。

*北国銀行<8363> 343 +10
地銀の一角が相対的に堅調、同行はショートカバーなど優勢か。

*ルック<8029> 146 -10
低位材料株も全般的に資金流入強まらずで。

*帝国ピストン<6463> 624 -39
信用買い残高水準で個人の見切売りに押される。

*ティーガイア<3738> 135700 -6900
上昇トレンド下放れで処分売り急がれる。


(前場)
*トモニHLDG<8600> 295 +17
前日には貸し株残が急増で買い戻し優勢か。

*アーネストワン<8895> 942 +40
パワービルダー各社の好決算などから連想感も高まる方向か。

*ワコム<6727> 131700 +5500
メリルでは新規に「買い」、目標株価194000円とする。

*ヤマダ電機<9831> 5900 +240
20・21日の販売額が猛暑で急増とも報じられ。

*一休<2450> 57800 +2100
前日急落の反動高、ネット関連株への関心高まるなか。

*スルガ銀行<8358> 796 +28
530万株を上限とする自社株買いの実施を発表で。

*塩野義製薬<4507> 1785 +61
抗エイズ薬がフェーズ3試験に進むこと決定とも伝わり。

*CCC<4756> 368 +12
特に材料なく、突っ込み警戒感からの自律反発狙い。

*森永乳業<2264> 336 +10
猛暑関連銘柄の一角として関心、買い戻し圧力も強いか。

*電源開発<9513> 2892 +80
猛暑による電力需要の拡大期待なども。

*ドワンゴ<3715> 152100 +4200
今週に入ってネット関連循環物色の動きにも。

*日本ケミコン<6997> 410 +11
三菱UFJでは新規に「1」、目標株価600円としている。

*カシオ計算機<6952> 568 +15
第1四半期は7四半期ぶりに営業黒字化との観測報道で。

*ガイシ<5333> 1351 +29
CSでは投資判断を「アンダーP」から「ニュートラル」格上げ。

*住友ゴム<5110> 841 +17
三菱UFJのブリヂストン格上げなども追い風か。

*五洋建設<1893> 117 -7
特に目立った材料も観測されず、個人の処分売りか。

*JUKI<6440> 147 -8
足元ではヘッジファンドの売り圧力とも。

*レオパレス21<8848> 196 -10
下値メド見出しにくく、需給整理の動きも急がれる。

*ディスコ<6146> 5140 -260
第1四半期業績速報発表も、売り材料視される格好に。

*シーラボ<4924> 275200 -13800
上値の重さも意識で利食い売り優勢の格好にも。

*シーケーディ<6407> 542 -27
株価下落が信用買い方の処分売り圧力強めさせる。

*ユニデン<6815> 232 -11
円高をマイナス材料視、高水準の信用買い残も懸念視。

*ケネディクス<4321> 14160 -660
株式価値の希薄化など警戒する動きが優勢にも。

*芝浦メカ<6590> 335 -15
総じてSPE各社などには弱い動きが目立ち始め。

*保土谷化学<4112> 268 -12
5月安値水準割り込んで下値不安も強まり。

*北川鉄工所<6317> 138 -6
今年前半人気化の低位材料株には総じて手仕舞い売り圧力強まり。

*ソースネクスト<4344> 26150 -1080
26000円処の節目水準意識した動きにも。

*ツガミ<6101> 463 -19
HDD関連の一角としても売り対象に。

*みずほFG<8411> 134 +1
公募株の還流日となり出来高急増で強弱感も対立。

*三菱UFJ<8306> 398 -2
米国市場では金融株のさえない動きが目立ち。

*いすゞ<7202> 242 -9
第1四半期好業績観測も伝わり、出尽くしムードは強い状況。

*野村HLDG<8604> 460 +5
前日にきつい下げとなった反動高の様相にも。

*三菱重工業<7011> 309 +3
神戸の商船建造撤退などとも伝わっており。

*新日本製鉄<5401> 287 -3
世界的な景気減速懸念根強く、戻り売り圧力強い。

*全日本空輸<9202> 295 -7
足元で逆行高が続いてきた反動。

*三菱商事<8058> 1810 -44
原油市況下落などが総合商社の売り材料にも。

*川崎汽船<9107> 343 -11
前日には第1四半期好業績観測も伝わり目先の材料出尽くし感も。

*国際帝石<1605> 397000 -6000
来週初には公募価格の決定期間入りともなり。

*トヨタ<7203> 3025 -5
為替の円高進行、自動車株のネガティブ材料に。

*東京エレク<8035> 4535 -125
マッコーリーでは「アウトP」から「ニュートラル」に格下げ。

*TDK<6762> 4875 -155
海外HDDメーカーの決算悪化を警戒視で。

*エルピーダ<6665> 1257 -45
前日にはドイツが目標株価引き下げ。

*信越化学<4063> 4080 +5
後場の決算発表を控えて様子見ムードも強い状況か。

*日本電産<6594> 7650 -280
シーゲートに続いてウエスタンデジタルの決算内容も嫌気で。

*日風開<2766> 118700 +17700
引き続き、上場廃止懸念の後退で値幅取り資金が集中。

*セラーテム<4330> 128000 +7500
中国政府は新エネ投資に約65兆円を投じる方針と伝わりスマグリ関連として。

*エヌピーシー<6255> 1660 +72
太陽電池装置の全自動化生産ラインを納入開始と報じられている。

*アエリア<3758> 79600 +1300
発行済株式総数の約5%にあたる自社株取得枠の設定を発表。

*日本通信<9424> 7190 -340
昨日ストップ高の反動から利益確定売り優勢。

*アストマックス<8734> 18600 +1900
発行済株式総数の約2.5%にあたる自社株取得枠の設定発表を好感。

*ドーン<2303> 64500 カ
引き続き、発行済株式総数の約30%にあたる自己株式の消却を材料視。

*LTTバイオ<4566> 32150 +2150
同社事業がNEDOの助成事業に採択されることが決定したと発表。

*ベクター<2656> 117500 -6400
本日の決算発表を控え警戒感も高まり。

*スパークス<8739> 8400 +620
直近における日風開の大幅上昇で警戒感後退となり。
7月22日(木)

H「日経平均は今日も下落してしまい、これで5日続落だ。TOPIXは年初来安値を更新した。相変わらず買われていく要素が見当たらない。」

K「そうだな。商いは依然として低調であり、積極的な動きが未だに見られずだ。まあ、今日も8411みずほFGが大商いとなり、出来高増やしているものの、其れ以外の商いは非常に低調だといえる。」

H「みずほFGは今日から公募株が売れるようになり、過去最高の出来高を記録した。これだけで約12.8億株も出来ており、それを除けば東証1部出来高は確かに非常に低調だ。」

K「上値のシコリも考慮すれば、この商いでは確かに上値は追えないわな。まあ明日欧州でストレステストの結果発表があるだけに、それまで動けないという向き多いのだろう。」

H「昨晩の米国市場は大幅に反落してしまった。期待したバーナンキFRB議長の議会証言だが、失望に終わってしまったことが要因だ。」

K「まあ一部では追加金融緩和に近く踏み切ると見られていただけに、あの内容では失望するのも仕方ない。」

H「そうだな。追加金融緩和に関しては言及したものの、具体的な事が何一つ言及しておらず、肩透かしに終わった。」

K「景気見通しに関しても非常に不透明だと言うことを示しており、投資家心理を冷やした面もあるようだ。ようはFRBはこの先、景気がどうなっていくのか全く解らないと言うことだ。」

H「ああ。こんな内容では余計投資家を迷わせ、押し目買いも引っ込むのも仕方ない。」

K「まあ、今晩は下院金融委員会で議会証言があり、もっと具体的な発言があるかが注目される。」

H「どうせ同じような事しか言わないんだろうけどな。」

K「どうだろうな。昨日、自身の発言で株価が大きく下がっただけに、今晩はもっと踏み込んだ事に言及するという可能性はある。」

H「そうなればいいのだが・・・。」

K「昨晩のバーナンキFRB議長の議会証言をうけ、せめて為替がドル買いとなり円安に振れてくれれば良かったのだが、残念ながら円高へと振れてしまったからな。」

H「ただ正確には議会証言をうけ、ドル買いの動きにはなっている。対ユーロではな。ただ対円ではドルが売られ円が買われた。」

K「ああ。対ユーロではドルが買われユーロが売られたため、ユーロ円も円高進行してしまった。まあドル買い円買いの流れになったと言うわけだ。いわゆるリスク回避の動きだな。日本にとってはある意味最悪だ。」

H「ただその割りには今日は下げ渋りも見せていたと言えるんじゃないのか・・。」

K「どうだろうな。今日で日経平均もTOPIXも5連敗であり、日経平均この5日間で570円以上も下げている。そりゃ少しぐらいは下げ渋りも見せるだろう。」

H「確かに・・・。」

K「ただ、冷静に考えれば、今の状況というのは結構最悪な状況を織り込んでいるとは言えるけどな。つまり過度に先行きを警戒している可能性はあるといえる。為替にしても、企業業績にしても、世界景気にしても・・。」

H「それが払拭されてくれば、必然的に見直されていくと言うことだな。」

K「結局、そのきっかけが市場は掴めない状況が続いているということだろう。それだけに明日のストレステストの結果発表が、一つのきっかけとなれば良いんだけどな。」

H「昨日のバーナンキFRB議長の議会証言のように、肩透かしに終わるんじゃないのか・・。」

K「どうだろうな。ところで、そのストレステストの結果発表が前倒しにされるとの噂が欧州で飛び交っている。その影響でユーロが買い戻され、夕方になってから円安へと戻してきたようだ。」

H「前倒しされると言うことは、内容的に悪くないと言う事じゃないのか。」

K「まあ市場はそう言う思惑で反応しているようだけどな。」

H「このまま流れが変わっていけば良いけどな。今晩の米国市場は期待したいモンだ。」

K「ただ今晩も米国では重要な経済指標や主力企業の決算もいくつもあるからな。どう転ぶか引けてみるまで解らない。ある意味、引けてからも米主力企業の決算発表次第では為替も動くことあるだけに、解らないけどな。」

H「確かに。」

K「とにかく今はタイミング待ちだ。今の株価は過剰に警戒された水準であり、いずれは是正されるだろう。」

H「それが早い時期に来れば良いけどな。まあ今晩の米国市場期待したいモンだな。」
2010.7.22先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。