(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.13【インテル期待もオープニング・ギャップで一巡か】

2010/07/13 11:26|未分類CM:0
アメリカは日本時間でダイブ売られてたけど
上昇で返ってきた
引け後発表されたアルコアの決算を好感して
時間外で上昇

なのに日本は相変わらずよっわ
素材位は強いかと思ってたけど
持ち越しは素材とか商社とか
まあ寄り高かったんで様子を見て利確
商社は弱かったんで空売りして
銀行も弱かったんで空売りして
ソフトバンク強かったんで買って
トレール入れて利確

最近閑散がぱなくない?

後場
全面安
適当に寝てた

銀行の引け間際の動きを見ると
今日みずほ公募価格決まりそうだね
いつも思うんだけど
証券会社は今日公募価格決まるって漏らしてもいいのかな?


[株式オープニングコメント]
基本こう着だが、ハイテク、銀行主導で強含みも
 7/12のNY市場は本格化する4-6月期決算を前にこう着感を強めており、シカゴの
日経225先物も大証終値を若干上回る程度の水準である。為替市場も前日の水準から
やや円高傾向にあり、基本的にSQ値(9636.23円)を前にもみ合いが続きそうであ
る。
 ただし、米アルミニウム大手アルコアや鉄道大手CSX、半導体製造装置ノベラス
が発表した決算は、いずれもアナリスト予想を上回っている。これによりインテルの
決算への期待感も自ずと強まることになり、先回り的な買いが期待されるところであ
る。
 また、みずほFG<8411>の公募価格決定期間(13~15日)に入り、今夕に公募価格
が決まる可能性があるため、年初来安値圏で推移している同社株へのアク抜け感を想
定した買戻しの流れが大引けにかけて強まる可能性もある。そのため、基本的にはこ
う着感が強い相場展開が想定されるが、ハイテク、銀行株の動向によって強含みの展
開となる可能性があろう。
 なお、7/12のNY市場でダウ平均は18.24ドル高の10216.27、ナスダックは1.91ポ
イント高の2198.36。シカゴ225先物清算値は大証比30円高の9580円。ADRの日本株
は対東証比較(1ドル88.64円換算)で高安まちまちだった。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・米アルコア、第2四半期決算は市場予想を上回り時間外で上昇
・NYダウ5日続伸、ハイテク関連上昇が下支え
・米半導体株SOX、続伸
・欧州株しっかり、英BPが急伸

弱気材料
・ユーロ/円、円高進行(111円59銭-63銭)
・NY金相場、反落
・LMEニッケル、5日ぶり反落
・バルチック海運指数、32日続落
・東証REIT指数、反落

留意事項
・日産4工場、半導体部品不足で生産中断 
・米マイクロソフト、クラウドでデルなど3社と連携
・中国、今年の粗鋼生産は1割増の見通し
・東芝<6502>、サウジアラビア原発計画に米社と共同提案
・NYドル/円(88円67銭-69銭)
・NY原油先物、反落(1バレル=74.95ドル)
・NY債券市場、4日続落(10年債利回り0.013%上昇)
・長期金利、低下(10年債利回り1.115%)
・DRAMスポット、変わらず
・5月鉱工業生産確報値
・6月消費動向調査
・英6月消費者物価指数
・独7月ZEW景況指数
・米5月貿易収支
・米6月財政収支
・米決算、インテル


[サポート&レジスタンス]
終値            9548
5日移動平均        9457
先行スパンB       10402
100日移動平均     10328
標準偏差+2σ      10258
200日移動平均     10237
先行スパンA        9992
基準線           9672
レジスタンス(2)     9671
25日移動平均       9664
レジスタンス(1)     9609
ピボット          9572
サポート(1)       9510
サポート(2)       9472
転換線           9362
標準偏差-2σ       9069

[ランチタイムコメント]
引けにかけてのみずほFGの動向に注目
 日経平均は小幅上昇。32.12円高の9580.23円(出来高概算7億1000万株)で前場の
取引を終えた。週明けのNY市場は小動きであったが、取引終了後に米アルミニウム
大手アルコアや鉄道大手CSX、半導体製造装置ノベラスが発表した決算は、いずれ
もアナリスト予想を上回ったことが好感されている。これにより日経平均は寄り付き
直後に一時9629.98円まで上げ幅を広げる場面をみせている。しかし、昨日同様SQ
値(9636.23円)が上値抵抗線として意識されており、その後は上げ幅を縮める格好
に。
 東証1部の騰落銘柄は値上り737に対して値下り723、変わらず212と、高安まちま
ち。規模別指数では大型、中型株が小幅ながらプラスレンジで推移する一方、小型株
指数は小幅安だった。セクターでは、鉱業、その他製造、保険、情報通信、ガラス・
土石、水産・農林、精密機器が堅調な半面、パルプ・紙、鉄鋼、銀行、証券、石油・
石炭、陸運、卸売が冴えない。

 日経平均は前日の価格レンジでの推移が続いており、次第に様子見ムードが強まっ
ている。今晩の米インテルの決算を控えているとはいえ、アルコアなどの評価が限ら
れている状況をみると、インテル効果も期待しづらいところではある。ただ、下値の
堅さは意識されるとみられる。みずほFG<8411>の公募価格が今夕にも決まる可能性
があるほか、米金融改革案についても上院での可決のメドがたったと報じられてい
る。23日の欧州ストレステストの結果待ちから積極的には動きづらいとはいえ、ショ
ートに傾いているポジション調整の流れは次第に強まろう。
 また、NYダウが25日線を突破する一方、ナスダックについては5営業日続伸なが
ら、25日線を明確に突破出来ないでいる。米インテルに対する警戒感もあろうが、反
対に織り込んでいない状況でもある。決算を受けてトレンドを強めてくる可能性もあ
り、売り込まれていたハイテク株への押し目買い意識が強まるかが注目されるところ
である。

[クロージング]
インテル期待もオープニング・ギャップで一巡か
 日経平均は小幅下落。10.88円安の9537.23円(出来高概算18億7000万株)で取引を
終えた。週明けのNY市場は小動きであったが、取引終了後に米アルミニウム大手ア
ルコアが発表した決算が好感され、上昇して始まった。しかし、昨日同様SQ値
(9636.23円)が上値抵抗線として意識されたほか、後場に入ると上海株の下落影響
によってギャップ・ダウンからのスタートとなり、あっさり下げに転じてしまってい
る。結局、日経平均の値幅は前場65円程度、後場は40円程度と、方向感の掴みづらい
相場展開であった。
 東証1部の出来高は18億7000万株であるが、公募価格決定を控えている、みずほ
FG<8411>の出来高を除けば13億株程度であり、参加者は限られている。物色は低位材
料株や中小型株の一角に集中する流れであるが、資金回転の速さから割り切りスタン
スの資金であろう。
 今晩の米インテルの決算、これを受けた時間外のナスダック100先物などの動向
が、明日のオープニング・ギャップとして表れることになろう。ただ、その後は引き
続き、こう着感を強めてしまいそうである。15日に予定されている中国の経済指標が
リークされていたが、それでも結果待ちの心理状態となる。23日の欧州ストレステス
ト通過までは、大きな資金を動かさないとの見方もされている。
 みずほFGがアク抜けで反発をみせてくるようだと、やや盛り上がりもみられそうだ
が、全体への波及は限られそうである。そのため、やや日替わり的ではあるが、クラ
ウド関連などの中小型株の循環物色が続きそうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9537.23 -10.88
TOPIX854.39 -3.31
東証2部指数2149.14 -3.97
日経ジャスダック平均1229.31 -2.95
マザーズ指数396.58 +0.33
ヘラクレス指数599.85 -1.95
東証1部売買代金1兆922億円
東証1部出来高18.77億株
東証1部騰落レシオ93.70%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場はしっかりと5日続伸。先週大きく上げたことや引け後にアルコア
決算控えていることもあり、手仕舞い売りも目立ち軟調推移となる場面多かった
ものの、下値も限定的で結局戻して小幅にプラスで引けている。アルコア決算は
市場予測を上回り時間外で大幅上昇。それをうけ日経平均堅調に始まる展開。た
だ買い一巡後は上げ幅縮小の動き。後場は上海市場が大きく下げていることを嫌
気し、日経平均マイナスに転じる。中国市場は中国政府が不動産規制を緩和しな
いとの報道が嫌気されているようだ。日経平均9500円付近では下げ渋りも戻りも
限定的で安値圏揉み合いが大引けまで続いた。日経先物の主な買い越し証券は
メリル、カブコム、ABNアムロ、JPモルガン。売り越しはニューエッジ、モルガンS、
三菱UFJMS、野村、バークレイズ、クレディスイス、BNPパリバなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================

8411みずほFG 135円 -3
軟調で年初来安値を更新。今年一番の大商い。早ければ今日にも公募価格が決定
する予定だけに、出来るだけ公募価格を安くしたい向きの売りが引き続き強いよ
うだ。また公募引き受ける予定数だけ事前につなぎ売りしておき、公募株手に入
れてからそれを返すという短期的なさや取り絡みの空売りも多い様子。貸株市場
で株券仕入れて、市場で売り叩く向きも多いようだ。今日は見事に安値引けとな
っている。公募価格決定すればアク抜けから買われるとの見方も多く明日以降の
動向が注目される。

2056日本配合飼料 118円 -2
一時125円まで買われる場面もあったが引けにかけ失速。ただ、この4日間商い伴
って相場を作っている。派手さはないが底堅い展開で上値追う動き続けており市
場の話題になっているようだ。4営業日前の後場、突如買い気配で始まってから
今回の相場が始まっているが、その日は3408サカイオーベックスが後場から売り
禁に設定されており、ディーラー筋がサカイオーベックスの次なる物色銘柄とし
て目を付けて、同社株に資金が流れてきたとの見方も・・・。今日に引け方悪い
だけに明日以降不透明だが、終わったと決めつけるのはまだ早いと。

5741古河スカイ 235円 +9
しっかり。米アルミ大手のアルコアが発表した決算が市場コンセンサスを上回り、
時間外で大幅高となっている事が刺激となっているようだ。アルコアは今年の世
界アルミ消費量見通しを10%増から12%増に引き上げており、同社の今後の業績
も期待できるのではという思惑もあるようだ。朝方は245円まで買われたものの、
その後は地合の影響もあり上げ幅縮小している。PBR1倍割れで低PER、配当利回
りも悪くなく、割安感もあるものの、上値はまだまだ重そうだと見る向き多い。

9984ソフトバンク 2493円 +50
今日は通信株が総じてしっかり。インテル決算を控えているだけに比較的にディ
フェンシブ性ある銘柄として物色されているようだ。同社株に関しては昨日放映
されたテレビ番組「カンブリア宮殿」に同社社長の孫正義氏がゲスト出演してお
り、同社の特集などを放映。それが刺激になっている面もあるようだ。来週も孫
正義氏がゲストであり、昨日の続きが放映されることから物色続くのではと期待
する声も・・・。

3501住江織物 178円 -7
昨日、前期業績の大幅上方修正を発表。それを好感して朝方は買われて始まるも
買い続かず、後場にはマイナス圏まで売られている。地合の影響もあるが、同社
は本日引け後に決算発表を引けており今期業績見通しへの警戒もあるようだ。前
期良かっただけに今期減益という懸念もある様子。引け後に発表された今期見通
しは営業利益はやや増益ながら、経常利益、純利益はやや減益となっており、微
妙だとの見方。

6769ザインエレクトロニクス 152900円 +2100
しっかり。先週末に発表した中間期上方修正を好感し昨日は物色されていたが、
今日はいちよしが強気なレポートを出しており好感されているようだ。格付けA、
目標株価30万円を継続しており、下期も収益回復が見込めると指摘している。同
社は8/4に中間決算発表と説明会を予定している。一部ではその時に通期業績も
上方修正されるのではと期待する向きも多いようだ。ただ信用買い残非常に多い
だけに上値はまだまだ重いと見る向きも・・・。

5411JFEHD 2704円 -66
鉄鋼株が弱い。業種別指数では値下り率トップとなっている。大連で開かれた全
国鉄鋼工業フォーラムで、中国の李毅中工業情報化相が粗綱生産能力の過剰問題
の深刻化を受け、能力増強のペースを抑える意向を示したと、日経新聞などで報
じられている。これにより中国での鉄鋼需要鈍化懸念や採算性悪化懸念が強まっ
ているようだ。またクレディスイスが鉄鋼セクターの投資判断を弱気継続として
おり、嫌気されている面もあるのではと・・・。

===============
◆◇7/14(水)の主な予定!◇◆
===============
日銀金融政策決定会合(~15日)
フランスのフィヨン首相が来日
電気自動車開発技術展(EVEX)2010(~16日 パシフィコ横浜)
クリーン発電&スマートグリッドフェア(CSF)2010(~16日 パシフィコ横浜)
サマンサ、松竹、ディップ、クリエイトR、津田駒、島忠、三協立山HD、
アデランスHDなど決算発表
インド6月卸売物価(15:30)
米30年国債入札(130億ドル)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米6月小売売上高(21:30)
米6月輸入物価(21:30)
FOMC議事録(15日 3:00)

[動いた株・出来た株]

*エムスリー<2413> 390000 +19500
前日には6月の上値抵抗線を突破、買い戻しの活発化につながる。

*あさひ<3333> 1173 +41
突っ込み警戒感からの押し目買いの動きとも。

*しまむら<8227> 8360 +240
セクター内での相対的な好業績に見直しの動きも。

*日トムソン<6480> 577 -32
特に材料は見当たらないが、機関投資家の処分売りか。

*ルック<8029> 162 -8
出来高減少など需給妙味は大きく低下しており。

*旭ダイヤ<6140> 1378 -67
大幅水準訂正を果たした銘柄でもあり、利食いの対象にはなりやすい。

*サイゼリヤ<7581> 1625 -75
引け後の決算発表を控えて出尽くし感を警戒も。

*インテリックス<8940> 68600 -5200
前日に決算発表、増収営業増益見通しながら短期的な出尽くし感も。




(前場)
*ソースネクスト<4344> 30400 +1850
クラウド関連としての期待感など背景に、短期資金の値幅取り商い向かう。

*東京個別指導学院<4745> 256 +13
足元の業績悪化も織り込み、改めて需給期待から押し目買いへ。

*コーナン商事<7516> 968 +45
前日に第1四半期決算を発表、経常3割増益と想定以上の好業績に。

*古河スカイ<5741> 237 +11
米アルコアの株価上昇でアルミ関連の一角として買われる。

*三協立山HD<3432> 114 +5
決算発表接近で、住宅版エコポイントの特需期待改めて。

*共同印刷<7914> 216 +9
特に材料観測されず、下値到達感からの自律反発狙いか。

*日本インター<6974> 148 +6
再建期待など高める動きからリバウンドの流れが続く。

*タムラ製作所<6768> 284 +11
値動きの軽い材料株としてリバウンドへの関心強まる格好に。

*芦森工業<3526> 142 +5
業績上ぶれ期待や割安感などはやされ、先週後半から人気づく。

*ユーシン<6985> 794 +27
昨日の後場に発表した好決算を改めて評価する流れにも。

*ホギメディカル<3593> 4305 +145
昨日発表した第1四半期決算受けて買い安心感も強まる。

*スター精密<7718> 927 +31
業績上ぶれ期待など改めて高める展開にも。

*スギHLDG<7649> 1881 +58
本日の決算発表控えて期待感とも。

*電気硝子<5214> 1045 +29
CLSAでは1930円目標で「バイ」を継続。

*住友ゴム<5110> 854 +20
目立った材料なく、ショートカバー優勢の展開か。

*マネックスG<8698> 37000 -1850
CSでは前日に、松井証券との間でペアトレードの機会と。

*東洋電機製造<6505> 422 -21
前日発表した前5月期決算は従来計画を大幅下ブレへ。

*千代田化工建設<6366> 660 -32
メリルの新規買い推奨もあって連日の上昇となっていたが。

*新生銀行<8303> 67 -3
株価下落が手仕舞い売りを一段と強めさせる格好にも。

*シミック<2309> 23640 -820
リバウンド一巡感から短期資金の売り対象にも。

*タカタ<7312> 1714 -53
再度安値接近、信用買い残の整理も急がれる格好に。

*ポイント<2685> 4300 -130
衣料品各社の一角では業績の低迷など目立ってきており。

*ヒューリック<3265> 599 -18
5月安値明確に割り込んで、下値不安強まる展開に。

*ナブテスコ<6268> 1365 -41
戻り売りに押される、足元の業績上ぶれ期待などは反映済みと。

*みずほFG<8411> 138 0
本日から公募価格決定期間入りで強弱感対立へ。

*三菱UFJ<8306> 414 -3
銀行株には海外勢の売りオーダーが集まっているとの観測もあり。

*東芝<6502> 455 +2
サウジ原発計画、米社と共同提案で合意と伝わる。

*日立製作所<6501> 346 -3
日産へ供給しているエンジン部品の入荷遅れが伝わり。

*商船三井<9104> 587 -2
バルチック指数の連続下落が止まらず。

*新日本製鉄<5401> 305 -3
中国の今年の粗鋼生産見通しは1割増などとも伝わる。

*三井物産<8031> 1149 -4
非鉄市況など資源価格の下落が総合商社の売り材料にも。

*三菱マテ<5711> 244 +1
JPMでは新規に「オーバーW」、目標株価300円としている。

*日産自動車<7201> 646 -9
エンジン部品の納期遅れで4工場生産停止と伝わる。

*住江織物<3501> 189 +4
前日に通期業績予想の上方修正を発表で。

*日本郵船<9101> 335 +2
貨物船の発注を再開すると報じられている。

*富士通<6702> 579 +7
前日にはマイクロソフトとクラウド事業で提携と伝わるが消化難で。

*三菱重工業<7011> 320 +3
水を使わない太陽熱発電を商用化へと報じられる。

*国際帝石<1605> 447500 +10000
引き続き、一昨日急落からの買い戻しの動きが先行する。

*ソニー<6758> 2549 +17
外部環境も良好で前日からの好地合い継続、割安感への関心も強まり。

*トヨタ<7203> 3130 +10
CLSAでは「アンダーP」から「バイ」に格上げ。

*東京エレク<8035> 4910 +80
三菱UFJでは投資判断格下げも、前日の株価下落から押し目買い先行。

*エルピーダ<6665> 1418 +13
日立のエンジン部品納期遅れ受けて、半導体の需給逼迫期待とも。

*JR東<9020> 5880 -110
JPMでは投資判断を「ニュートラル」から「アンダーW」に格下げへ。

*第一生命<8750> 117800 +2000
前日も安値更新と軟調地合いが継続、さすがに突っ込み警戒感も。

*富士フイルム<4901> 2752 +46
第1四半期業績観測報道、コンセンサスは上ブレとの見方に。

*ファストリ<9983> 12770 +200
午後に合弁設立に関して記者会見などと伝わる。

*HOYA<7741> 2042 +43
ガラス基板の新工場をベトナムに稼動させると前日に伝わっている。

*任天堂<7974> 26120 +620
前日はGSの目標株価引き下げが、マイナス材料にもつながったが。

*TOWA<6315> 626 -19
昨日は長い上ヒゲ、リバウンドにも一巡感。

*さくら<3778> 176600 +6400
上期営業利益見通しを4.3億円から5.4億円へと上方修正。

*フォトニクス<7708> 15900 +660
モバイルコンテンツ配信事業を手掛けるオールエリアと事業提携を協議。

*レカムHD<3323> 2880 -300
6月の月次売上高が会社計画未達となったことを嫌気。

*BBタワー<3776> 86900 +7900
さくらの上方修正でデータセンター関連には業績上ブレ期待高まり。

*ニューフレア<6256> 81500 +4800
米インテル決算を控え半導体関連の出遅れとして先回りも。

*ボルテージ<3639> 2636 +56
手掛かり材料難から直近IPO銘柄への物色が目立つ。

*DAC<4281> 38650 +1900
中国広告代理店と提携しネット広告の配信技術などを提供すると伝わる。

*応用技術<4356> 44700 カ
今期営業利益見通しを5000万円から7500万円へと上方修正。

*セガトイズ<7842> 393 +27
引き続き、男児向け人気玩具を拡充すると報じられたことを材料視。

*ASJ<2351> 50000 +3550
電子書籍関連としてのテーマ性を蒸し返す動きとも。

7月13日(火)

H「日経平均は小幅に続落だ。朝方は結構上げていたんだが、今日も25日移動平均線、SQ値までも届かずだ。」

K「昨晩の米国市場は先週の上昇の反動もあり手仕舞い売りも目立っていた。まあ主力企業の決算発表本格的に始まることから手仕舞いする動き出るのも当然だけどな。ただ、当然期待感もあるだけに、下値も限定的だった。」

H「そうだな。結局、プラス圏まで戻して引けている。注目のアルコア決算が米国市場引け後に発表されているが、好感できる決算だった。」

K「ああ。市場コンセンサスを上回っており、時間外取引ではアルコア株大きく上昇していた。その影響もあり、S&P500先物やNASDAQ100先物も時間外でしっかりだった。」

H「為替も円安へと振れてきていたし、それらを好感して日経平均も堅調に始まったんだけどな。やはり買い続かなかった。何てったって今晩の米国市場ではインテル決算を控えているからな。」

K「まあ、半導体製造装置のノベラスも決算発表しているが、これも良く時間外で買われていた。それだけにインテル決算への期待も強まったんだけどな。」

H「そうだな。ただ買いは続かなかった。まあ半導体製造装置関連株には、しっかりの銘柄もあったんだが・・・。」

K「というより、今日の下落は中国だろうな。中国市場が結構下落しており日本株の重しとなった。それに為替も結構円高へと進行してしまったしな。」

H「中国市場の上海総合指数は一時2%以上も下落する場面あったからな。重しとなるのも仕方ないか・・。」

K「ああ。昨日は主要金融機関が3件目以降の住宅購入の為の融資を再開したと報じられており、不動産規制緩和の思惑が浮上していた。しかしながら、今日中国は複数住宅購入者向け融資規制を維持する方針を示したと報じられた。」

H「それに失望され売られた訳か・・・。」

K「ただその割りに日本市場は小幅安にとどまっている。節目の9500円も維持しているしな。」

H「そうだな。まあインテル決算期待もあることから、売り込みにくさもあるんだろう。」

K「香港市場も小幅安にとどまっているしな。ただそれだけに明日の動向が気掛かりだ。インテル決算が期待通り、もしくはそれ以上に良ければ問題はないだろうが、期待外れとなった場合の反動が懸念される。」

H「確かに・・。ただ結局期待以上に好決算と言うことになりそうだけどな。」

K「インテル決算良ければ、正確には見通しが良ければ、景気減速懸念は更に後退し、今後の企業決算への期待がより強まる。」

H「そうなりゃいいけどな。」

K「それに今日は8411みずほFGの公募価格の値決めが予定されていたことも、上値重かった要因だろう。同社株は引けにかけ売り込まれ年初来安値を更新し安値で引けた。」

H「希に見る大商いだ。同社株だけで5億6770万株以上も出来ている。今日の東証1部売買高が18億7720万株であり、約30%がみずほFGの出来高と言うことになる。」

K「大引けだけで1億8000万株出来ているからな。異常といえる。まあ公募価格を出来るだけ安くしたいと言う向きがかなり多かったと言うことだな。」

H「そのようだな。見事な安値引けで、公募価格は130円に決まった。これが同社株の長期的な安値になればいいけどな。」

K「そうだな。強引に下げてきた面も強いだけに、基本的には130円という公募価格は当面の安値と言うことになる可能性はあるだろう。」

H「先物手口みるとメリルがTOPIX先物を大量に売り越している。メリルがこれほど偏るのは珍しい。約5000枚以上も売り越している。」

K「変わりに日経先物は買い越しているけどな。恐らく、みずほFGを出来るだけ下げさせたかったTOPIX先物売りだとの見方もある。それだけに明日以降、逆に今日売った先物を買い戻す動きが出て来ても不思議はない。」

H「なるほど。みずほFGの空売りもかなり入っているようだからな。もちろん日証金からの貸し株だけでなく、貸株市場で機関投資家などから調達した向きもかなり多いようだ。」

K「ああ。公募イベントはヘッジファンドなどにとっては短期で儲けるチャンスだからな。ましてこれだけの大規模な公募となれば尚更だ。」

H「貸株市場で株券を大量に調達し、それを市場で売り叩き、公募株を引き受け、それで借りた株を返す。それだけで市場で売った値と公募価格のサヤが利益となる。もちろんコストはかかるが、公募株さえ確実に貰えれば、かなりの確率で利益になるからな。」

K「ああ。問題は公募株の引き合い強く、予定数調達出来ない場合だ。そうなった場合、公募株で足りない分は市場で買って返す必要が出てくる。それが踏み上げの動きに繋がる。」

H「昨年10月に実施した8604野村HDの公募がそう言う展開になった。」

K「まあ、あの時の野村HDは公募価格決定前に、引き合いの強さが判明したため、公募価格決定日から暴騰始めたけどな。ただ今回のみずほFGの場合、当初あまり引き合い強くないとの見方も多く、微妙な状況だ。」

H「まあ引き合い強くないだけに、安心して借り株で叩き売った向きもいそうだけどな。」

K「そうだな。まあ、みずほFGの公募イベントは市場で注目されていただけに、明日の同社株の動向は注目されるだろう。堅調となれば市場心理に好影響を与えるが、軟調だと悪影響を与えかねない。それだけに注目だ。」

H「ああ。まあ、明日はそれよりインテルの方が影響度強いだろうけどな。とにかくそれら注目しておきたい。」
2010.7.13先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。