(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週は選挙だよ

2010/07/05 02:46|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週も波乱的な展開となった。もっと下げ渋り見せるかと思ったが、日経平均
は一気に年初来安値を更新してきた。」

M「ああ。昨日は小幅に反発したモノの、それまでは連日下落する展開だったから
な。」

T「まあ警戒はしていたが、今週は米景気減速懸念がより強まってしまった。それ
が売り込まれた要因だといえる。」

M「そうだな。欧州懸念も依然として燻ってはいたものの、何と言っても今週は景
気減速懸念が相場を押し下げた。」

T「重要な経済指標が今週は多かっただけに正念場だったんだが、ことごとく米経
済指標には裏切られたからな。」

M「ああ。火曜日のコンファレンスボード消費者信頼感指数、水曜日のADP雇用統
計、木曜日のISM製造業景気指数、中古住宅販売成約指数。いずれも市場予測より
悪く嫌気された。」

T「んで、昨日の雇用統計だな。ただこれは警戒したほど悪かったと言うわけでも
ない。」

M「そうだな。非農業部門雇用者数、内訳で民間部門雇用者数が予測を下ブレたも
のの、もともとブレの大きな指標だけに、それを考慮すればブレた内には入らない。
それだけにある意味、事前予想の範囲内だったと言える。」

T「ああ。失業率は予測より良かったし、警戒されていた分、予測範囲内で安心感
出たと言う感じか・・・。」

M「だろうな。まあ発表直後は市場もどう反応して良いのか解らないのか、為替市
場は乱高下となった。米国市場は朝方プラスとなる場面もあったんだが、買い一巡
後はあっさりと売り込まれる動きになってしまった。」

T「雇用統計でアク抜けという期待もあったんだが、ダウは一時120ドル安となる
場面もあり、とてもアク抜けと言う状況にはならなかった。」

M「ただ米国は3連休前と言うこともあり手仕舞い売りも出やすかったと言う面も
あるだろう。まあそれでもあれだけ売られたんだ。市場心理悪い状況が続いている
と言うのは確かだけどな。」

T「ただ引けにかけ下げ幅を縮小したのは、まだ幸いか・・・。」

M「そうだな。今週は重要な経済指標発表が多く、その殆どが予測より悪く、それ
らにより市場も十分痛めつけられた。それだけに市場心理も急速に悪化している。」

T「それが来週以降心配だな。リスク回避の動きが続く恐れもあるからな。」

M「今週は商いは盛り上がらず、薄商いの中売り込まれている格好だ。それだけに、
これだけ急ピッチに売り込まれているにも関わらずセリングクライマックスという
状況になる気配が見られない。」

T「それだけにタチ悪いよな。結局リスク回避の動き強まっているだけに、押し目
買いも入りにくい状況で、少ない売り物で大きく下げて来た。それだけに投げも出
きっていないと言えるからな。」

M「ただ逆に言えば、それだけ下げ過程でのシコリも乏しいといえ、戻し始めれば
結構楽に戻せるという可能性もあるだろう。」

T「なるほど。確かにそれはありそうだな。何せ日経平均チャート見ると穴ぼこだ
らけだ。つまり窓空けまくりで下げてきている。更に言えば、下げてくる前には戻
り相場となっていたが、その時も窓空けまくり上げている。」

M「ああ。それだけに上値には言うほどシコリもないかもな。あるとすればもっと
上値だろう。」

T「ただ問題は上値買っていく材料が出てくるかどうかだろ。今のような悪材料が
ゴロゴロ転がっている状況で、好材料を探すのも難しい。」

M「確かにそうだな。無理に探せば、テクニカル的に売られ過ぎ感が多少出て来た
と言うことや、ファンダ的に割安感も出て来たと言うくらいか・・・。」

T「確かに割安感は強まっているよな。でも今の相場は今後景気が減速していく事
を想定している。つまりそうなれば、企業業績の回復も鈍化し、再び悪化していく
のではという事も警戒されている。そう考えれば今割安でも、いずれ業績悪化し割
高になるという見方もある。」

M「そこまで市場が織り込みに来ているのなら、確かに買える状況ではない。でも
市場はそこまでは織り込んではいない。というより迷っている状況だろう。つまり
どこまで織り込んで良いのか解らない状況であり、それを見極めている段階だ。」

T「そうかもな。世界景気が減速して来ているのは恐らく間違いないだろう。問題
はどこまで減速するかと言うことだからな。」

M「ああ。減速しても悪化していかなければ基本的には問題なく、今の株価は安い
ものが多いと言うことになるだろう。ただ悪化していき、再び業績悪化していくと
言うことになれば、今の株価でも高いかも知れない。」

T「つまり景気の二番底を探りに行くようなことになれば、今の株価も割安だとは
言えないと言うことだな。」

M「基本的にそのような状況なると思っている向きは乏しいだろう。でも絶対なら
ないと思っている向きも乏しい。なぜなら欧州財政問題など不透明な面が非常に多
いためだ。」

T「それに景気の二番底を探りに行くような状況になった場合、今度は立ち直りに
非常に時間がかかる恐れがあるんだよな。」

M「ああ。リーマンショック後の景気悪化は、各国が財政出動して景気を立て直し
てきた。ただ今度はそうはいかない。特に欧州は財政懸念を抱えている国が多く、
とても財政出動して景気刺激策なんてできっこない。」

T「まして景気悪化となれば、今まで以上に資金調達が困難になる。そうなると尚
更財政悪化となっていく可能性があり、悪循環に陥ってしまう。」

M「それに日本もそうだが、米国もユーロも政策金利を非常に低金利まで引き下げ
てきているだけに、更なる金融緩和するにも限界がある。」

T「考えただけで恐ろしいな。恐らく市場は万が一、景気の二番底を付けに来た場
合、そのような最悪の状況に陥る恐れがあるだけに、少ない可能性も無視出来ない
んだろうな。」

M「そうだな。景気の二番底となる可能性低いと思っても、なかなか株を本格的に
買えないんだろう。」

T「実際そうなる可能性は低いだろうが、時間をかけて投資家の安心感を取り戻し
ていくしかない。」

M「ああ。とにかく欧州の財政危機が懸念される国はいち早く財政再建していくし
かない。特にスペインは・・・。スペインはギリシャなどと違い欧州諸国への影響
度が強い。それだけに財政破綻は何としても避けないと。」

T「でも昨日発表されたスペインの失業率は19.9%で過去最悪だ。この状況で財政
再建のために公務員減らして、更に増税を行うんだろ。今後もっと失業率悪化する
だろうし、景気も悪化するのは間違いない。」

M「ただ破綻するよりはマシだろう。破綻してしまえば欧州中心に金融危機に発展
する恐れがある。そうなれば、リーマンショックの二の舞だ。」

T「だろうな。欧州金融機関が世界中から投資資金を引き揚げることになれば、確
かに日本や米国だって無害ではいられない。」

M「ああ。それだけにスペインの財政再建はある意味急務だと言えるだろう。ただ
財政危機の懸念が乏しい国は景気刺激策を続けるべきだ。特に中国は・・。」

T「確かに・・。今や中国経済頼みと言う面もあるだけに、中国転けてしまうと皆
転ける恐れもあるからな。」

M「今週発表された中国PMIは市場予測より大きく低下してしまった。ただまだ悲観
する程悪いわけでもないものの、このまま鈍化していくようだと非常にまずい。」

T「そうだな。そうなる前に、新たな景気刺激策でも打ち出してくれれば良いのだ
が・・。」

M「来週末には中国の6月貿易収支が発表される。前回は強い数字となり好感された
が、一気に鈍化が見えるとちょっと怖いかもな。」

T「どういう数字出されるのか注目だな。」

M「他には出来ればドイツも景気刺激策をやって欲しい。今でもドイツの景気はユ
ーロ安の恩恵によりかなり良くなっているが、とことん景気良くなれば、財政再建
を行っているスペインなどもドイツの好景気のおこぼれを貰える可能性あるからな
。」

T「同じ欧州だけに当然好影響はあるだろうからな。」


M「まあ、欧州財政問題は今後も無視出来ない状況が続くと思うが、何とかこの危
機を乗り越えて欲しい。」

T「そうだな。さて来週の相場だが、先週も今週も株価はほぼ一貫して下げてきた
だけに、取りあえず反発して欲しいモンだ。まあ一時的な反発より本格反発して欲
しいが・・・。」

M「その為にはサプライズが無いとな。とにかく来週どういう展開になるのか注目
したい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。