(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格付け屋ってこの世でもっともいらない仕事だよね

2010/06/27 23:35|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「先週はしっかりの展開だったものの、今週は軟調な展開だった。ある意味、
波乱とも言える週だったと言えるかもな。」

M「ああ。先週末から見れば波乱って程の下げてもないが、月曜日派手に上げて
いるだけに、火曜日からいえばまさに波乱と言っても良いかもない。この4営業日
で日経平均約500円も下げていることになるからな。」

T「結果を見ると月曜日の派手な上昇が余計だったように思える。それにより下
手なシコリ作ってしまったといえるし・・・。」

M「月曜日は中国が人民元相場の弾力性を高めると発表した。それにより人民元
引き上げ期待から日本市場は大きく上昇した。中国向け輸出企業に恩恵が出てく
ると言うことや、中国の購買力が強まるという期待からだ。」

T「中国関連株などの上昇は凄かったモンな。」

M「ああ。当初、人民元引き上げは円高へと進行するため、短期的にはネガティ
ブに反応するとの見方が占めていたが、月曜日の日本市場が開く前の為替動向は
言うほど円高へと反応しなかった。これが安心感に繋がった。」

T「円高へ進行しないなら、買いだという見方になったわけだな。」

M「ああ。人民元引き上げは中長期的に見れば、恩恵を受ける日本企業は非常に
多いからな。それは日本に限らず、米国や欧州も同様だ。」

T「それを期待し月曜日の株式市場は派手に上昇したんだが、米国市場が肩透か
しに終わってしまった。」

M「まあ月曜日の米国市場も一時は140ドル以上も上昇したんだが、その後悪材料
が出てしまったからな。」

T「またしても欧州問題だよな。」

M「ああ。フィッチがBNPパリバを格下げしてきた。これにより欧州金融不安が再
燃した格好だ。戻り基調続けていたユーロもそれを機に、戻り基調が止まってしま
ったからな。」

T「それでも中国人民元が徐々に上昇していけば、まだ良かったんだが、次の日に
は中国は急速な人民元高を警戒して、元売り介入してきたからな。」

M「結局それにより、今までと何も変わらず、元相場は従来通り固定じゃねえかっ
てことになってしまった。介入したことにより中国は人民元高をまだ容認している
訳ではないという見方に市場がなってしまった。」

T「それで完全に人民元高という材料は市場から消えてしまったと言うことになる
。」

M「ああ。結局は米国などの圧力により仕方なく取った措置だと言うことだろう。
G20控えている事から、単にポーズを取ったに過ぎない。」

T「だよな。」

M「もちろん市場だって急速な元高になるとは思っていない。ただ中国が人民元相
場の弾力性を高めるという声明は、ある意味中国当局が介入をやめるという意思表
示だと市場は受け止めた。今までは市場介入して無理矢理固定相場にしていたんだ
からな。」

T「介入やめると言うことは、中国も元高を容認してきたということだからな。で
も実際は介入は続いている。それで市場は期待剥落してしまったと言うことだな。」

M「ああ。そもそも元相場というのは中国人民銀行が毎日基準値を決め、それを中
心に±0.5%しか変動できない。この基準値というのは通貨バスケットを参考して決
められるそうだが、この通貨バスケットの中身は中国が決めているわけだし、しか
も公表していない。ようは大袈裟な話基準値は中国当局が自由に決められると言う
ことだ。」

T「それにも関わらず、基準値から±0.5%すら変動させたくないと言うことで、今
までは介入して実質固定相場にしていたんだよな。」

M「ああ。まあ、それでも今までよりは多少動きも出てきただけに、徐々にでも元
高へと向かっていけば良いけどな。とにかくG20が終わった後の来週の人民元動向に
注目だろう。今回の弾力化声明が単にG20へのポーズだけならば、来週から再び介入
強め完全固定相場になる可能性がある。」

T「そうだな。それで中国の姿勢がある程度解るかもな。」

M「介入せずに徐々にでも元高へと進行していくならば、市場の支えになる可能性
あるからな。」

T「ああ。期待したいモンだな。」

M「今週は欧州懸念が再燃しつつあるが、それに加えて米国経済の雲行きが怪しく
なってきた。」

T「今までは欧州財政懸念も、足下の景気の良さが支えになっていた面もあるから
な。いよいよ景気先行き危ないとなれば、景気の二番底を警戒する動きになってき
ても不思議はない。」

M「今週発表された米国の経済指標はどれも悪く、しかもFOMC声明には景気先行き
に慎重な姿勢を盛り込んできた。まあ米経済指標の弱さは既に雇用統計辺りから目
立ってきていたものの、欧州懸念が一服していたと言うこともあり言うほど悪材料
視はされてこなかった。しかしこれだけ悪い数字続くと、さすがに市場も無視でき
なくなってきたと言うことだろう。」

T「それに欧州懸念も再び意識されてきたからな。ギリシャ国債のCDSスプレッドは
過去最高を更新してしまった。ある意味、デフォルトを想定している水準だといえ
る。」

M「そうだな。来週もこの懸念が強まっていくのか注目だろう。何度も言うが、い
ずれにしろこの問題は短期的に解決できることではなく、今後も度々と相場の邪魔
をすることになる。つまり懸念は度々浮上する。」

T「それと時間をかけて付き合っていくしかないからな。」

M「ああ。ただ欧州懸念が今後も度々浮上しても、徐々に懸念視される度合いは小
さくなっていく可能性はあるだろう。」

T「そうなっていけば良いけどな。今回も再び浮上しているが、すぐに収まってく
れば良いのだが・・・。」

M「ただ欧州懸念が再燃した時に、他の悪材料要因があると、相場は波乱を呼ぶこ
とになる。今回で言えば、米経済の先行き懸念だ。」

T「来週には米国で重要すぎる経済指標がわんさかある。まずはそれを見極めたい。」

M「ああ。米経済の減速感はある程度は既に織り込まれているともいえ、許容を超
えなければ基本的には問題はない。株価的にも今週は売られてきたわけだし、想定
内であれば見直し買いも期待できる。」

T「そうだな。さっき言ったように中国元高が進んで行くとか、新たな材料でも出
てくればベストだけどな。」

M「ああ。今日明日で開催されるG20で材料でも出てくれば良いけどな。期待は乏し
いとは思うが・・・。」

T「とにかく来週は正念場だ。しっかりとした相場展開を期待したいモンだ。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。