(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保障の充実より、働きたい人がすぐに働けて食うに困らない給料がもらえる社会構造作りをしたほうが良いと思う

2010/06/20 20:25|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は期待通り戻り相場が鮮明になり、日経平均は約1ヶ月ぶりに1万円の大
台を回復した。まあここ二日間ほど1万円割れの状況で引けてはいるが・・・。」

M「ああ。25日移動平均線も上抜き、6/4の戻り高値も抜いてきている。更に言え
ば一目均衡表の基準線も上抜いた。さすがに1万円台乗せでは上値追えなくなった
が、短期間でこれだけ戻してきたんだ仕方ないだろう。」

T「そうだよな。シコリも十分あるような状況で、短期間でここまで上げたんだ。
短期間で下げるのとは訳が違う。」

M「ああ。やはり今週の上昇要因はユーロだろうな。つまり欧州懸念が後退した
ことに尽きる。結果的にはユーロは先週の時点が安値となっているが、今週は取
りあえずの底打ち感が鮮明になってきたからな。」

T「ただ週頭にムーディーズがギリシャ国債を一気に4段階引き下げジャンク等級
としたことにはヒヤッとしたものの、影響は殆ど見られなかった。」

M「まあ織り込み済みという形で流された格好だな。ただそれに伴いECBがギリシャ
国債に追加で5%ヘアカットを適用する事になった。これによりますますギリシャ
国債の価値が下がることになるが、市場は殆ど嫌気していない。」

T「まあECBは国債買い入れを実施しているし、追加で5%程度なら許容範囲と言う
ことなんだろうな。」

M「そうだな。担保率下がろうが取りあえず担保として通用していると言うことだ
から、言うほど嫌気する向きも少ないということだろう。」

T「あとは市場の関心が既にギリシャからスペインへと変わってきているというこ
ともあるだろうな。」

M「ああ。やはり今の最大の懸念は欧州経済で影響度高いスペインだろうな。財政
赤字のGDP比率ではギリシャに次ぐ大きさだからな。」

T「今週はスペインの短期債、長期債の入札があったんだが、いずれも順調にこな
し安心感に繋がった。」

M「ただユーロドルではユーロ買い基調が続いているが、ユーロ円ではユーロの上
値重くなってきているのが気になる。今の水準で戻り終了なんて事になれば、日本
の輸出企業の今期想定為替レートより、まだまだ円高水準だからな。」

T「そうだな。多くが1ユーロ125円としており、まだ10円以上も円高水準で推移し
ていると言うことになる。」

M「10円以上はでかいよな。想定為替レート125円に設定しているソニーでいえば、
1ユーロ115円で年間推移するような、約700億円も営業利益を押し下げることにな
る。」

T「同社の今期営業利益計画は1600億円だけに、下手すりゃ半減する懸念もあるわ
けだな。」

M「ああ。まあソニーは比較的にユーロ安の悪影響をうけやすい企業だが、他の企
業も決して無視できる水準ではないと言えるだろう。せめて1ユーロ120円辺りまで
は戻してくれないとな・・・。」

T「ユーロ円の戻り鈍くなってきたのは、ドルだろうな。」

M「ああ。今週はドルが売られており、それがドル円を円高へ向かわせ、クロス円
でも円買いになりやすくなっている。それがユーロ円の上値を抑えていると言える
だろう。」

T「ドルが弱くなってきた要因は、ユーロ買いの流れから相対的にということか。」

M「もちろんそれもあるが、それだけじゃない。やはり米経済指標の弱さが目立っ
てきたためだろう。それがドル売りに繋がっている。」

T「なるほど。先週末の小売売上高、今週の住宅市場指数に住宅着工件数、新規失
業保険申請件数、フィラデルフィア連銀景気指数がいずれも市場予測を下回り弱い
数字だった。」

M「ああ。市場心理悪いときなら、大きく下落しても不思議無い材料だ。まあ、ま
だ良い経済指標も見られることから、確かに悲観する程ではないんだが・・。それ
だけに今後の米経済指標はしっかりと見極める必要がある。」

T「どうも6/4の雇用統計辺りから、弱い経済指標が目立ち始めてきたといえる。」

M「ああ。それだけに来月発表の次回雇用統計は要注意だろう。」

T「とにかく今は、まだ欧州の財政問題へと関心が集まっており、それがひとまず
落ち着いていることが好感されているからな。今後投資家の目が米経済へと向けら
れてくると流れも再び変わる恐れもあるかもな。」

M「ただある程度の景気減速は欧州財政問題で派手に売られてきた分にある程度織
り込まれているともいえるからな。それだけに今後米国の経済指標良くないモノ続
いても、それほど懸念されないという期待はあるかもな。」

T「それなら良いが・・・。」

M「期待していた国内の政府による景気回復宣言は見送られてしまった。事前に報
じられ期待感煽っていただけに、これが来週どう影響するのか注目したい。」

T「でもそれで嫌気され売られると言うことにはならないだろ。その期待だけでこ
こまで買われてきたわけでもないし。」

M「もちろんそうだな。ただ景気回復宣言により海外勢の日本株買い意欲が強まる
という期待は後退したと言えるけどな。」

T「確かにそうだが、いずれにしろ外部要因頼みなんだし、今はそれに期待するし
かないからな。」

M「まあそうだな。取りあえずはやはりユーロ買い戻しの動きが続くかどうか注目
だな。」

T「ああ。まあユーロ買われてもユーロ円が円安進行するかは微妙だが、取りあえ
ずユーロドルが更に買われていけば、米株が上昇していくという期待は強いからな
。」

M「そうだな。ユーロの買いはイコール欧州財政懸念後退を表すとも言えるからな
。」

T「あの著名投資家のジムロジャーズがユーロを買っていることを先日明らかにし
たし、ユーロ買いの流れ来週も続きそうだけどな。」

M「ただジムロジャーズは先月テレビのインタビューでユーロはいずれ消えて無く
なるとの見解を示している。」

T「ああ。ただ彼曰くユーロが消えるのは10年から15年先であり、それまではユー
ロ買いに参入し、売りの相手方を務めるときだと発言している。」

M「そうだな。彼の発言は、ユーロ売りポジションを依然として大量に抱えている
ヘッジファンドなどへの牽制ともいえる。果たして今後、ヘッジファンドなどがど
ういう動きをしてくるのか注目だ。」

T「更にユーロ売り乗せしてくるのか、本格的に買い戻しに動くのか・・。」

M「ああ。まだ現状は単なるリバの水準だと言えるし、戻した場面は絶好の売り場
と見ている向きはまだまだ多い。しかし一定ラインを超えてユーロ上げてくると、
恐らく怒濤の踏み上げ相場に発展するという可能性もある。」

T「こりゃ今後どうなっていくのか見物だな。取りあえず来週はどういう展開にな
っていくのか注目しておきたい。」

M「ああ。株式市場も強い展開続いていくようだと良いけどな。まあ期待したいモ
ンだ。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。