(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.15【出来高膨れるまでは主力より材料株に】

2010/06/15 11:23|未分類CM:0
GIANT KILLING
五分五分くらいかと思ったけど
日本がカメルーンに勝ったでー
やる前から勝てないってやつ多すぎ
どんだけ負け犬根性染み付いてるんだよ

で、アメリカはやっと押し
ムーディーズがギリシャ国債の格付けを4段階引き下げとかでかな?
もうすでにジャンク債扱いだし
別にと言った感じ

今まで弱かった証券、金融、不動産が強い
証券はレーティング上げらしい
商社は相変わらず弱いね
ほしいものが全然下がらないんで
ほとんど見てるだけだった

後場
後場ずっと続いたもみ合いを
引けにかけてヨーロッパの
ギリシャ格下げの反応が見たいとのことで
途中から売り優勢に
それにあわせて為替も同時攻撃されたみたいで
ちょろっと拾って持ち越したけど逆ザヤすげーな

クリック証券、5回トレードしただけで25万貰える
面白いキャンペーンやってる




[株式オープニングコメント]
利食いが出やすい環境、まずは底堅さを確認
 ムーディーズは、ギリシャ国債の格付けを4段階引き下げて、「ジャンク(投機
的)」級とした。これについては市場は冷静を保っているが、市場では次のターゲッ
トとなるスペインに対する警戒感を強めているようである。週明けのNY市場は高安
まちまちであり、為替相場も横ばいで推移しているため落ち着いたスタートが予想さ
れるが、こう着感の強い相場展開が続きそうである。また、シカゴ先物(円建て)の
高値は9930円であるが、これにさや寄せするというよりは、直近3営業日で400円超の
上昇に対する利食いが出やすいであろう。特に昨日上昇の目立っていた輸出関連など
景気敏感セクターに対する売りは警戒されるところである。
 まずは底堅さを確認したいところであるが、昨日の上昇で日経平均はSQ値
(9747.59円)および週足の一目均衡表の雲上限の9827.12円を超えている。週足の雲
の攻防となればベストであるが、これを割り込んだとしてもSQ値のサポートが確認
されるようであれば、押し目買いの動きを強めてくる可能性はある。外部環境の受け
やすい環境が続いているため、テーマ性などの材料株や売り込まれていた銘柄に対す
る見直しの動きが強まりやすい。1月高値期日接近など需給関係は良くないが、値ご
ろ感からのリバウンドは意識されるため、ここしばらくは需給を無視したテクニカル
リバウンドに向かいやすいであろう。
 また、政府が6月中にまとめる新成長戦略案の全容が報じられている。2020年まで
に、海外への鉄道や原発などのプラント輸出を含め、19.7兆円の社会基盤整備の市場
創出を目指すことが柱。成長分野を「環境・エネルギー大国」「健康大国」など7分
野に分けており、環境・エネルギーの分野では20年までに、50兆円超の新規市場を開
拓し、140万人の新たな雇用を生み出すとしている。関連物色へ向う流れがみられる
かが注目されよう。
 なお、14日のNY市場はダウ平均は20.18ドル安の10190.89、ナスダックは0.36ポ
イント高の2243.96。シカゴ225先物清算値は大証比40円安の9840円(円建て)。AD
Rの日本株はNTTドコモ、TDK、オリンパスが小じっかりな他は、三井住友、任
天堂、パナソニック、三井物、日電産など対東証比較(1ドル91.59円換算)で全般冴
えない。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・ユーロ圏4月鉱工業生産、市場予想を上回る
・ユーロ/円、円安進行(111円93銭-97銭)
・半導体株SOX、3日続伸
・欧州株堅調、銀行や鉱山関連中心にしっかり
・LMEニッケル、大幅続伸
・東証REIT指数、3日続伸

弱気材料
・ムーディーズ、ギリシャ国債格付けをジャンク級の「Ba1」に格下げ
・NYダウ小幅反落、ギリシャ格下げでまちまち
・NY金相場反落、欧米株高を受け
・英政府、来年成長見通しを下方修正
・英石油大手BP、費用負担膨らみ続ける
・バルチック海運指数、12日続落

留意事項
・インド、追加利上げ観測
・新型「iPhone」、予約受付を開始
・4月普通鋼鋼材受注7ヶ月連続増加
・ソフトバンク、米社と提携しアジアでゲーム配信
・NYドル/円(91円61銭-63銭)
・NY原油先物、反発(1バレル=75.12ドル)
・NY債券市場、反落(10年債利回り0.020%上昇)
・長期金利、横ばい(10年債利回り1.230%)
・DRAMスポット、変わらず
・5月マンション発売
・白川日銀行総裁、記者会見
・EU25カ国5月新車販売台数
・英5月消費者物価指数
・ユーロ圏6月ZEW景況指数
・ユーロ圏4月貿易収支
・ユーロ圏1-3月期雇用者数
・米5月輸入物価指数
・米6月ニューヨーク連銀製造業景況指数
・米6月NAHB住宅市場指数
・中国端午節で休場(16日まで)


[サポート&レジスタンス]
終値            9880
5日移動平均        9621
先行スパンA       10784
先行スパンB       10747
標準偏差+2σ      10564
100日移動平均     10462
200日移動平均     10309
基準線          10011
レジスタンス(2)     9923
レジスタンス(1)     9901
25日移動平均       9881
ピボット          9861
サポート(1)       9839
サポート(2)       9799
転換線           9670
標準偏差-2σ       9199

[ランチタイムコメント]
個別では売られ過ぎによる修正リバウンドでの上値余地はある
 日経平均は小反落。17.98円安の9861.87円(出来高概算6億9000万株)で前場の取
引を終えている。ムーディーズは、ギリシャ国債の格付けを4段階引き下げて、「ジ
ャンク(投機的)」級としたが、これによる影響は限定的となっている。ただ、日経
平均は直近で400円超の上昇となっていたこともあり、利食い先行といった格好。下
値の堅さは意識されているが、スペインへの警戒が強まっている状況であり、上値も
追いづらい。出来高は7億株を下回っているのをみても、参加者は限られている。
 東証1部の騰落銘柄は値上り617に対して値下り837、変わらず206と値下り数が過半
数を占めている。規模別指数は大型、中型、小型株指数ともに下げているが、小幅な
下げにとどまっている。セクターでは、保険、パルプ・紙、卸売、その他金融、精密
機器、海運、鉄鋼、機械などが冴えない。一方、証券、鉱業、輸送用機器、小売の一
角が小じっかり。

 日経平均の値幅は50円程度と狭いレンジ内でのこう着だが、週足の一目均衡表の雲
上限を上回っている状況であり、底堅さは意識されている。出来高は低水準であるほ
か、中国の休場によって手掛かりに欠ける状況でもあり、後場もこう着感の強い相場
展開が予想される。
 そのため、物色も材料株やテーマ銘柄などにとどまりそうである。資金回転が速い
ため、物色も定まりづらいところではあるが、それ故に需給改善の進ちょくも速い。
グリー<3632>は昨日の上昇分を帳消しにしているが、出来高面から需給整理は一巡し
ているであろう。メリルリンチによる買いカバレッジを改めて評価してくる可能性は
ある。
 また、調整が長期化していた銘柄などは、ここにきて4営業日続伸といった動きも
みられている。需給妙味がない銘柄だとしても、売られ過ぎによる修正リバウンドで
の上値余地はあると考えられる。ここしばらくは需給を無視したテクニカルリバウン
ドを意識しておきたい。

[クロージング]
出来高膨れるまでは主力より材料株に
 日経平均は小幅ながら4営業日続伸。8.04円高の9887.89円(出来高概算15億4000万
株)で取引を終えた。ムーディーズによるギリシャ国債の4段階格下げの影響は限ら
れたが、スペインへの警戒が強まっている状況であり、上値は追いづらい状況。一
方、金融政策決定会合での安定化策や、年金資金とみられる資金流入によって下値の
堅さも意識されていた。出来高は15億株台と低水準であり、参加者が限られる中、日
経平均は狭いレンジでのこう着相場を続けている。ただ、寄り付き直後の安い場面
(9826.44円)もあったが、週足の一目均衡表の雲上限がサポートとして機能してお
り、目先的な底打ちへの意識が強まりやすい。物色としては材料株や中小型株などで
の短期的な値幅取り狙いの商いが中心だった。
 積極的な参加者は限られている。しかし、材料株などの物色については資金の逃げ
足は速いものの、トレンドが出てきている。オーバーナイトのポジションは取りづら
い状況だが、翌日に改めて参加するといったところであろう。ポジション調整から大
引けにかけては株価は乱高下しやすいが、翌日改めて仕切り直し的にトレードされて
いる。また、相場全体の目先的な底打ち意識が強まってきており、売り込まれていた
銘柄を見直す動きも目立ってきている。需給関係は悪化している状況ではあるが、株
価の位置関係からリバウンドを想定した資金が向かいやすいであろう。
 外部環境に左右させられる展開が続いており、明日もギャップからのスタートとな
ろうが、ギャップ一巡後には材料株や中小型株での値幅取りを意識した物色が続くと
みておきたい。また、出来高が膨らまない状況であるため、コンスタントに20億株を
超えてくるまでは主力より材料株となる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9887.89 +8.04
TOPIX878.83 +0.27
東証2部指数2195.12 +0.23
日経ジャスダック平均1265.61 +0.53
マザーズ指数418.97 -5.77
ヘラクレス指数627.30 -0.69
東証1部売買代金1兆675億円
東証1部出来高15.41億株
東証1部騰落レシオ83.25%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は一時大幅高となっていたものの、ムーディーズがギリシャ格付け
を4段階引き下げ投機的水準にしたことを嫌気し、上げ幅を消す動きに。ダウは小
幅安、ナスダックは小幅高で引けている。それをうけ日経平均も軟調に始まるも、
寄り後は底堅い推移。今日も参加者乏しいようで売り込む動きも見られず。後場
は香港株がしっかりとなっていることを好感し、日経平均プラスに転じる。その後
は揉み合いだったが後半は手仕舞う動きも見られ、日経平均やや上げ幅縮小して引
けている。日経先物の主な買い越し証券は、シティG、メリル、クリック、JPモル
ガン、藍澤。売り越しは三菱UFJMS、楽天、野村、クレディスイス、モルガンS、バ
ークレイズなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
2138クルーズ 365500円 +33000
大幅上昇で年初来高値を更新。一時387500円まで買われる場面も。特に新たな材料
は出ていないが、昨日の取引で再び証金ベースで株不足状態となったことが刺激と
なっているようだ。昨日分の逆日歩が1株1400円に決まると、前場引けにかけ急騰。
今日は火曜日で同様に逆日歩発生すれば3日分となることから、逆日歩期待の買い
や、逆日歩回避の売り方の買い戻しなどが入った様子。一部では誘導している短期
筋が介入しているとの思惑も浮上しているようだ。いずれにしろ短期資金中心であ
り逃げ足早く注意は必要だと・・。

4305IMJ 34800円 +2900
一時ストップ高まで買われ年初来高値を更新。スマートフォンやiPad向けの集客支
援サービスを開始すると今朝の日刊工業新聞で取り上げられている事が刺激になっ
ている。既にこのサービスは今月3日から始まっているものの、改めて報じられたこ
とから物色のきっかけになったようだ。今月に入ってから上げ下げ繰り返しながら
も上昇トレンド描いていることから、短期資金も集まりやすかった模様。今朝の
GRAILメールで本日の注目材料株として取り上げた銘柄の一つ。

4344ソースネクスト 31300円 +5020
ストップ高。物色されずに大人しい展開だったが13時頃からいきなり動意付きスト
ップ高まで。同社はiPad対応アプリケーションを開発し年内発売予定だと発表した
ことが材料視されているようだ。年内25タイトル、年度内に50タイトル以上の発売
を目指すと・・・。6/1にはエバーノート社と提携を発表し翌日以降派手に物色され
たものの、その後は調整気味だった。材料豊富なだけに、今後も短期資金集まって
物色されていくのではと期待する市場筋多い。

7613シークス 1104円 +91
大幅上昇。みずほ証券が強気継続で目標株価を1700円まで引き上げたことがきっか
けとなっている模様。足下の売上は堅調に推移しており、今期業績は計画上ブレる
と見ているようだ。同社株は先月タイ政情不安から大きく売り込まれて来ており、
最近は1000円付近で底堅い揉み合いを続けていた。同社はタイに生産拠点を持つこ
とから、その影響が警戒され買いにくさもあったようだが、みずほの強気なレポー
トで買い安心感出たようだ。25日移動平均線を上回っているだけに更なる上値を期
待する声も多いが、目先は雲抜け出来るか注目だと・・・。

3632グリー 6910円 +20
底堅いが上値重い。メリルがインターネットセクター9社を一斉にカバレッジ開始し
ており、同社株に関しては新規買いで目標株価10500円としているが反応薄といえる。
昨日はテレビ放映されることから先回り的な買いが入って大幅高していたこともあ
り、今日は出尽くし的な動きから売りも目立っていた。前場は200円安となる場面ま
で売られるも、後場は売り一巡感強まったようで、押し目買いによりプラスに転じ
る。ただ上値追いは限定的。同社株に対する強気なレーティングはもはや目新しさ
は乏しく改めて材料視する向き乏しい模様。やはり暫く揉み合い相場が続きそうだ
と見る向き多い。

===============
◆◇6/16(水)の主な予定!◇◆
===============
通常国会会期末
4月第三次産業活動指数(8:50)
6月金融経済月報(14:00)
次世代自動車産業展2010(~18日 東京ビッグサイト)
スマートグリッド展2010(~18日 東京ビッグサイト)
香港市場休場
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米5月生産者物価(21:30)
米5月住宅着工・着工許可件数(21:30)
米5月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
[動いた株・出来た株]

*ソースネクスト<4344> 31300 +5020
「iPad」に対応したアプリケーションを開発、年内発売予定と発表。

*ハニーズ<2792> 1194 +128
株価の上放れがファンドのショートカバー誘う形か。

*曙ブレーキ<7238> 462 +27
北米自動車部品メーカーの業績回復などで見直しの動きへ。

*出光興産<5019> 7040 +360
原油市況の反発など手掛りか、先週はシティが買い推奨格上げも。

*シーラボ<4924> 268800 +13600
引き続き、いちよしの目標株価36万円をはやす。

*サンデン<6444> 263 +13
ユーロの落ち着きなどを映して買戻しが先行の展開に。

*新電元<6844> 306 +14
安値期日も接近で再度買い戻し集まるか。

*電気硝子<5214> 1129 +51
ユーロの安定化から自律反発の動き継続の格好。

*SMK<6798> 441 +19
株式新聞が注目銘柄に取り上げる。

*愛三工業<7283> 672 -28
上値の重さ嫌気した手仕舞い売りか、特に材料見当たらず。

*メルシャン<2536> 151 -6
不適切取引発覚での影響懸念が続く。

*酉島製<6363> 1383 -53
同社が大株主となっている日本風力開発の急落で。



(前場)
*日本鋳鉄管<5612> 152 +32
株式新聞で取り上げている。

*飯田産業<8880> 811 +76
前日に決算発表、前期実績は上ぶれ着地に。

*日本精線<5659> 445 +41
旭ダイヤから連想感と日本証券新聞で取り上げる。

*サカイオーベ<3408> 104 +9
低位材料株循環物色の動き、ルックなどから物色向かうとも。

*シークス<7613> 1104 +91
みずほでは目標株価を1500円から1700円に引き上げ。

*オリジン電気<6513> 436 +24
5月の高値更新で上値余地も広がる展開か。

*武富士<8564> 290 +14
消費者金融株には買戻しと見られる買いが流入で。

*レオパレス21<8848> 338 +16
売られ過ぎの反動狙いからリバウンドの動き継続。

*レナウン<3606> 347 +16
日中で共同ブランド、既存4商品中国販売へと伝わる。

*ルック<8029> 225 +10
レナウンと連動した動きが継続で。

*みずほ証券<8606> 229 +9
CSでは「アウトP」格上げ、255円目標とする。

*クラリオン<6796> 208 +8
株価上昇に伴って買い戻しの動きも一段と活発化へ。

*シンフォニア<6507> 196 +7
新四季報では小規模スマートグリッドシステム開発とも。

*日本電産サンキョー<7757> 819 +26
搬送機器などを手掛けており、省力化投資関連の一角として。

*山陽特殊製鋼<5481> 451 +14
大同特殊鋼など特殊鋼の一角が買われる。

*大同特殊鋼<5471> 393 +12
買戻し圧力も強まりリバウンドが一段と鮮明化。

*日産自動車<7201> 667 +20
マッコーリーでは「アウトP」格上げ、750円目標としている。

*シンプレクス<4340> 64500 +1900
野村の「1」格付け以降は上値追いが続く。

*大和システム<8939> 134 -8
先行き不透明感拭えず、連日上昇からは戻り売り。

*センコー<9069> 283 -12
本日から公募価格の決定期間入りとなる。

*トッパンF<7862> 908 -35
目立った材料見当たらないが、リバウンド一巡感から戻り売り。

*アドバネクス<5998> 134 -5
東証では日々公表銘柄に指定へ。

*ダイヘン<6622> 408 -15
スマートグリッド関連、ロボット関連として人気化していたが。

*沖電線<5815> 150 -5
高値水準接近で戻り売り圧力も強まる格好に。

*サイボウズ<4776> 39550 -1250
第1四半期決算受けて前日に急伸した反動安。

*コクヨ<7984> 761 -24
もみ合い下放れで見切売り、特に材料は観測されず。

*リンナイ<5947> 4700 -140
立会外取引で自己株式を取得したと発表へ。

*日新電機<6641> 472 -14
スマートグリッド関連などにも利食い売りが優勢に。

*日本写真印刷<7915> 2578 -76
ヘッジファンドの目先の買戻しも一巡で。

*大阪機工<6205> 142 -4
連日の株価上昇を受けて利食いが先行する。

*オリックス<8591> 6540 -180
短期的な自律反発の動きにも一巡感で。

*JUKI<6440> 210 +5
低位材料株の中心的な位置づけとなり、短期資金の流入続く。

*みずほFG<8411> 158 -1
ファイナンス実施懸念など依然として拭いきれない情勢で。

*野村HLDG<8604> 546 +15
CSでは投資判断「アウトP」格上げ、660円目標と設定。

*黒崎播磨<5352> 371 -4
東証では日々公表銘柄指定解除も、前日賑わった反動安で。

*三井物産<8031> 1095 -17
英BPの株価下落に連れ安する展開へ。

*全日本空輸<9202> 289 +7
モルガンでは「オーバーW」格上げ、380円目標に設定へ。

*大和証券<8601> 406 +11
CSでは「アウトP」に格上げ、460円目標としている。

*ツガミ<6101> 630 +14
前日からの好地合い継続、材料株の中心として期待感も。

*ジェイテクト<6473> 936 -5
TOPIXファンドの資金流入も一巡で。

*プロミス<8574> 650 +12
消費者金融株には買戻しと見られる動きが先行で。

*商船三井<9104> 625 -12
バルチック指数は5%強の下落率となっており。

*三井住友FG<8316> 2671 +25
野村では目標株価を3700円から3900円に引き上げ。

*三井不動産<8801> 1366 +20
野村では投資判断「1」に格上げ、1620円目標とする。

*DeNA<2432> 2842 -59
メリルでは新規「買い」も極めて反応薄の展開に。

*旭ダイヤ<6140> 1582 +22
踏み上げ狙った需給相場の様相が強まる格好で。

*グリー<3632> 6750 -140
前日にはTV番組で特集されたが短期的な出尽くし感に。

*日風開<2766> 143600 ウ
10年3月期有価証券報告書の提出遅延で、東証は監理銘柄(確認中)に指定。

*MPHD<3734> 45000 -3500
今期最終損益を1500万円の赤字から1.3億円の赤字へと下方修正。

*サイバーエージ<4751> 142500 -2300
MLが新規に投資判断「アンダーパフォーム」、目標株価16万6100円とする。

*フルスピード<2159> 21600 -2250
引き続き、今期業績見通しの大幅下方修正を嫌気。

*京王ズ<3731> 32600 -2900
通期業績予想の上方修正期待高まるも、業績予想据え置きで失望感。

*IMJ<4305> 38900 +7000
スマートフォン向け集客支援サービスを開始と報じられたことを材料視。

*楽天<4755> 65000 -900
MLが新規に投資判断「買い」、目標株価10万6800円とするも反応薄。

*ソフトフロント<2321> 23280 +4000
イスラエルのラドビジョン社と、国内で業務提携を行うことで基本合意と発表。

*日本テレホン<9425> 34300 +5000
今期業績見通しの黒字転換がポジティブサプライズ。

*Dハーツ<3620> 165000 +5500
フジテレビ向けデバッグサービスの提供開始を材料視。

6月15日(火)

H「日経平均は辛うじて上昇しており、これで4日続伸か・・。上値の重さもあるものの、この薄商いでは仕方ないかもな。」

K「ただ薄商いの内に上げるだけ上げてしまった方が良いようなきもするが・・。まあ今日は上出来だろう。昨晩の米ダウは小幅ながらも反落したからな。」

H「まあそうだな。それにムーディーズがギリシャ国債を一気に4段階も引き下げ、投機的水準としたからな。」

K「ああ。それらを考慮すれば上出来だろう。まあ問題は今晩の欧州市場でギリシャ格下げにどう反応を示すかどうかだが・・。」

H「ただ基本的には織り込み済みだろ。確かにこの格下げは欧州市場がクローズしてから出たモノだけに、織り込まれていないと言えるが、格下げされることは既に想定されていたことだし、米国市場やアジア市場も反応薄だったことから、欧州市場でも言うほど反応はしないんじゃないのか。」

K「基本的にはそうだろうが、次はスペインなどという懸念でも強まれば、警戒されるかもな。まあ欧州市場がそれで下げたとしても、ユーロが言うほど売られなければ問題はない。」

H「昨晩の米国市場はユーロ圏鉱工業生産が予測を上回った事を好感され、景気敏感株などが買われた。それによりダウは一時110ドル以上も上げたんだが、そのムーディーズのギリシャ格下げにより下げてしまっている。」

K「その動きからも取りあえず欧州財政問題が、景気を減速させるという懸念は乏しくなってきていると言えるだろう。先週の中国経済指標は良かったし、欧州の経済指標も悪くない。それだけに過度な懸念は後退しているのは間違いない。」

H「ギリシャ格下げが取りあえず手仕舞い売りのきっかけとなったものの、売り込む動きではないからな。」

K「ああ。ユーロにしても格下げを機に売られてしまったが、今日の日本市場では比較的にしっかりだった。」

H「ただ日本市場引けた頃から、ユーロ安進んでいるけどな。」

K「ああ。豪州準備銀行、いわゆるRBAが欧州問題に懸念を示したようだ。それによりリスク回避の円買いに動いている。まあソシエテジェネラルが巨額損失という懸念が再燃した面もあるようだ。更に一部では日銀が追加緩和に踏み切るとの期待もあったようで、それが無かったことから円買いに動いたとの見方もあるけどな。」

H「ソシエテジェネラルが巨額損失はまずいんじゃないのか・・。」

K「確かにそれが事実であればやっかいだが、損失出したのが事実でも巨額ではないとの見方が多い。いずれにしろ現在は噂の域を出ておらず、それだけでユーロ売り込むにも限界がある。」

H「それに市場心理も大夫良くなってきていることから、そう過度に反応しないという可能性もあるからな。」

K「ああ。明日になれば円安に戻して返ってきているんじゃないのか・・。」

H「随分、楽観的だな。」

K「そうじゃないが、基本的に売りたい向きは既に売ってしまっているとも言えるし、現状は買うかどうか迷っている向きが多い状況だと思われるからな。」

H「まあ、日経平均も昨日の上昇で新値3本足が陽転しているからな。」

K「ああ。新値3本足が陽線立てたのは4/5以来の事だ。4/5といえば日経平均が年初来高値を付けた日だ。それ以来、新値足は陰線を繰り返していたが、昨日ようやく陽転した。これが陽転すると暫く新値足は陽線続けることが非常に多い。」

H「そうだな。」

K「それに今週末にEU首脳会議を控えており、ユーロなど売り込みにくさも強いと言える。好材料が飛び出すという期待は乏しいモノの、やはり事前にユーロ売りはしにくいだろう。」

H「確かにそうだけどな。まあ悪材料探せばキリが無いが、市場も既に売り飽きている面もあるだけに、今はどちらかといえば好材料を探す動きになってきている様子だしな。」

K「ああ。問題は好材料が出てくるかどうかだけどな。好材料探す動きになっているとしても、その好材料出なければ意味はない。」

H「明日は上海に加え香港市場も休場だけに、薄商い相場になりそうだが、上海市場連休明けとなる明後日が注目だな。」

K「まあそれで即商い増えてくるとは思えないが、取りあえず上海市場しっかりとなれば、それはそれで日本市場に取って好材料にもなるからな。」

H「昨日はワールドカップでサプライズ的に日本勝った事だし、株式市場も良いムード続いて欲しいモンだ。」

K「ああ。まずは今晩の欧米市場や為替市場がどういう結果で返ってくるのか注目しておきたい。」
2010.6.15先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。