(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQ過ぎてCME軽くなった

2010/06/14 01:45|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は波乱で始まった1週間となったが、終わってみればある程度戻しており、
何とか凌いだ週だったと言えるだろう。」

M「そうだな。先週末に発表された米雇用統計に失望抱き波乱相場で始まり、水
曜日には日経平均、TOPIX共に年初来安値を更新した。」

T「ハンガリーや英国の財政懸念も浮上し欧州危機も強まったからな。」

M「ああ。しかし景気が下値を支えた。景気も先行き不透明から減速懸念が強まっ
ていたものの、水曜日夕方には中国の輸出が想定以上に拡大したとの観測報道が流
れた。」

T「実際に翌日発表された5月の中国貿易統計では輸出が前年比48.5%も増加し、
景気減速懸念が一気に払拭された格好だ。」

M「さすが中国という感じだ。中国も景気減速気味との見方も出てきていたが、ま
だ加速している格好だ。輸出に関して言えば、前月の30.5%増から増加幅一段と加
速しているからな。更に言えば、欧州向けの輸出も前年比49.7%増と大きく増加し
ている。」

T「これを見る限り、欧州財政問題の影響など微塵も見られないという感じだが・
・。」

M「ああ。ただ貿易統計はやや遅行指数ともいえ現状を表しているとは言い切れな
い。通常、輸出は、受注から出荷、更に決済まで進むには約3ヶ月かかるからな。」

T「つまり現状の状況は3ヶ月後の貿易統計に表れると言うことだな。」

M「まあそうだな。それだけに欧州財政問題が中国経済に悪影響与えないとは言え
ないだろう。」

T「とにかく今回は強い数字となり、過度な懸念が後退したのは確かだな。」

M「そうだな。それによって今週後半は相場も戻り基調になってきたわけだからな
。」

T「ただ中国経済強ければ強いほど、新たな懸念も出てくるからな。金融引き締め
や人民元の問題だなと・・・。」

M「ああ。しかし全ての中国の経済指標が伸び加速していると言うわけでもないだ
けに、金融引き締めに関しては、まだ猶予がありそうだけどな。」

T「何はともあれ今週は相場も落ち着きを取り戻したといえるだけに、来週は一息
付けそうだ。」

M「それなら良いが・・・。昨晩の米国で発表された小売売上高は予想に反して前
月より減少した。先週末の雇用統計もそうだが米国ではチラホラと経済指標に懸念
が見え始めている。今後、米経済の減速懸念強まらなければ良いのだが。」

T「ああ。まあ昨晩の米国市場はそれを嫌気し結構売られる場面もあったんだが、
その後発表されたミシガン大学消費者信頼感指数が市場予測を上回ったために落ち
着いた。」

M「共に個人消費を示すような経済指標であり、小売売上高の悪さを相殺した格好
だ。ダウは終始小幅安水準での揉み合いだったが、引けにかけ買われてプラスで引
けた。ただハイテク株は終始堅調気味だったと言えるし、市場心理は悪くないと言
えるだろう。」

T「もう悪材料に反応するのも飽きてきたんじゃないのか。つまり売り飽きが出て
きたと・・。」

M「それも言えるかもな。市場も最近までは売り材料ばかり探っていたような感じ
だが、ここ数日は買い材料を探す動きになってきたように思える。つまり買う理由
を探している投資家が増えてきたのかも知れない。」

T「ある意味それは、売りも一巡してしまったと言うことかもな。既に売ってしま
った投資家達が、今後は再度の買い場を探っている。それだけに買う理由を探すよ
うになってきたと・・・。」

M「実際そうならば非常に良いことだ。そう言う状況であれば、悪材料が出てきて
もそれほど反応しなくなってくるという可能性もあるし、反応しても限定されると
いう期待もある。」

T「ただ欧州財政問題はそう簡単に解決する問題ではないからな。今後も何度も懸
念材料が浮上しそうだし・・・。」

M「しかし市場は随分と過度に懸念しすぎてきたと言う面もあるだろう。先週末に
懸念浮上しデフォルト懸念まで出たハンガリー問題だが、冷静に考えればデフォル
ト懸念は極めて低い。GDPは2四半期連続のプラス成長だし、財政赤字のGDP比
率はギリシャやスペインなどと比較しても極めて低い。」

T「なるほど。確かにそれを考慮すればデフォルトというのは過度な懸念だといえ
るわな。ただ新政権がデフォルト観測は誇張ではないと言ったんだぞ。現政府が自
国のデフォルト懸念を示すなんて前代未聞だ。」

M「だよな。恐らくハンガリー新政権も自分の発言がこれ程マーケットに影響を与
えるとは思っていなかったんだろう。つまり軽率な発言だった。現に今週9日にはデ
フォルトの危険性は無いと表明している。」

T「つまりデフォルトリスク発言を否定したわけだな。」

M「ああ。勘弁して欲しいよな。これだけ欧州危機が世界中を懸念にさせているの
に、そのような状況でデフォルト宣言するような発言すれば、混乱するのも当然だ。
ちょっと考えれば解るようなモンだが・・・。」

T「前政権を批判する意味合いで、このような安易な発言をしたのではと見る向き
は多いようだ。全く外部への悪影響は考えず・・・。」

M「まあとにかく、その発言も否定し、ユーロ安も落ち着いた。他にも今週はポル
トガルやスペイン、イタリアの国債入札が順調だったとも安心感に繋がった。」

T「ちょっと流れ変わったかなと期待させられるよな。欧州問題が落ち着いてくれ
ば、過度に懸念しすぎた分を是正する動きになるという可能性はある。ユーロや株
式市場もな。」

M「そうだな。それにサッカーのワールドカップも始まった事だし、サッカー好き
の欧州はひとまず悪材料も止まる期待もあるだろう。欧州問題の落ち着きに加え、
景気回復続いているとなれば、日本株や米国株も今の水準は売られ過ぎとも言える
からな。」

T「日本政府は来週にも景気回復宣言を行う可能性があると報じられているし、来
週以降良い流れになっていけば良いけどな。」

M「ああ。期待したいモンだな。とにかく来週どういう展開になるのか楽しみだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。