(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパは粉飾天国、粉飾した国はつぶれればいいのに

2010/06/06 05:21|未分類CM:0
=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週はようやく戻り基調になり、市場もだいぶ落ち着いてきた。」

M「ああ。先週末比で比べれば、しっかりと上昇し1週間終えたからな。流れ的に
来週はいよいよ日経平均は大台回復かという感じだった。」

T「ところがどっこい、なんだ昨日の米国市場は・・・。」

M「ああ。せっかく為替も落ち着き円安基調になっていくかという期待もあった
んだが、一気に円高懸念が再燃してしまった。」

T「まあ欧州問題はいつ再燃しても不思議なかっただけに、仕方ないとは言える
んだが、問題は雇用統計だよな。」

M「そうだな。昨晩の米国市場は欧州財政問題が再燃した事や、雇用統計が期待
はずれに終わったことが嫌気され、随分と派手に売り込まれてしまった。」

T「ダウは再び1万ドルを割り込んでしまい、ほぼ年初来安値水準まで下げたから
な。」

M「失業率は予測より改善されたものの、非農業部門雇用者数が予測に届かなか
った。前月比43.1万人増と、前回より増加幅大きくなったんだが、事前予測が50
万人増以上だっただけに嫌気された。」

T「内容も良くない。民間部門の雇用者数は僅か4.1万人増にとどまった。予測で
は18万人増程度だっただけに、まさに失望する数字だろう。」

M「しかも民間部門だけで見れば、前回より大きく増加幅小さくなったからな。」

T「でも、これ程予測下回るなら、なぜ事前に期待させるような事を言ったんだ
ろうな。大統領など・・・。」

M「ああ。大統領も副大統領も事前にかなり強い数字が出るようなことを示唆し
ていたからな。当然単なる憶測で言ったわけでもあるまい。ある程度の数字は聞
いていたと思われる。」

T「そんなの期待させすぎれば、マーケットの期待は高まりハードル高くなるの
は当然だろ。」

M「まあ大統領なども、そこまでは考えていなかったんだろう。数字的に見れば
確かに前回より大幅雇用者増だからな。市場予測まで加味していなかったと思わ
れる。」

T「ゴールドマンなんて直前になって雇用者数の予測をわざわざ上方修正したか
らな。」

M「ああ。50万人増との当初予定から、60万人増に上方修正した。それにより市
場は更に期待高まってしまったと言えるだろう。」

T「それだけに、実際に出された数字ではマーケットが失望するのも無理はない
。」

M「しかし先行き懸念は強まったな。雇用統計は遅行指数だ。それだけにこんな
モンなのという数字が出されたと言うことは、市場が思っているほど、景気はま
だ回復していないとも言える。」

T「まあ重要なのは民間部門の雇用者数であり、それだけ見れば前回より増加が
減少していることから、もしかして雇用改善の流れも終わったという懸念が出て
も不思議はない。」

M「ああ。下手すれば、再び減少基調になっていくのではという警戒が浮上した
のは確かだろう。」

T「本格的な景気回復には雇用の改善が必要不可欠だ。それだけに雇用が改善す
る前に、景気が再び減速でもしようモンなら、本当に景気の二番底が今後来ると
いう恐れもあり得る。」

M「ギリシャ問題に端を発した欧州懸念があることから、企業も雇用者を増やす
事を躊躇っている可能性はありそうだな。」

T「まあ今回の数字だけでは当然判断は出来ないが、次回の数字はかなり重要に
なりそうだ。特に民間部門の雇用者数が・・。それが今回が増加が鈍化したのだ
が、次回も更に鈍化したり、逆に減少になっていったりすれば、えらいことだな
。」

M「ただ今週発表された米ISM製造業景気指数の雇用指数は非常に高水準でし
っかりと改善している事から、基本的には問題はないと思うけどな。」

T「しかし欧州危機などが今後も強まり、世界景気が明らかに減速していくなら、
雇用は悪化していくと言う懸念は当然あるだろ。」

M「そうだな。いずれにしろ現状では世界景気減速していくと決めつけるのは時
期尚早だろう。まあマーケットは既にそれをも織り込みに来ているようにも思え
るけどな。」

T「昨晩の欧州市場では欧州危機懸念が再び浮上した。それによりユーロドルは
4年半ぶりの安値を更新している。しかも米雇用統計発表前に・・・。」

M「幾つか要因があるが、やはりハンガリーだろうな。ハンガリーが財政危機か
らデフォルトの可能性があるとの懸念が浮上している。またタチ悪いことに、こ
の噂に関し、ハンガリー首相が、デフォルトの噂は誇張ではないと発言したそう
だ。」

T「その可能性があると首相が認めたようなモンじゃないか。」

M「ああ。ハンガリーはユーロ加盟国ではないものの、欧州全体的に財政問題広
がっているということだからな。ハンガリー破綻すれば、当然欧州経済に悪影響
を及ぼす。」

T「ドイツとの経済的繋がりも強いようだしな。」

M「それに英国にまで財政懸念も浮上している。英国政府が約1兆円をかけて高速
鉄道車両を新型車両に置き換える事業を見直すと英FT紙が報じている。この受
注はすでに日立が獲得し内定していたんだが、今回正式受注を取りやめる可能性
があるとのことだ。」

T「財政問題が要因か・・・。

M「ああ。財政赤字削減のため、そんな大規模な事業は行えないと言うことだろ
う。」

T「本格的に財政問題が、経済へ悪影響を与えてきたと言うことが言えるかもな
。」

M「まあ、FTの報道だけに信憑性に疑問もあるが、財政問題を本気で何とかす
るなら、その代償で景気を悪くさせることになるのは避けられそうもないかもな
。」

T「景気も良くし、財政悪化も解消させると言うのは、虫が良すぎると言う訳か
・・。」

M「これが欧州だけで済めば、まだ良いんだが・・。そんなことは考えにくい。
欧州経済悪化すれば、中国経済だって怪しくなる。中国経済に頼っている状況の
日本や米国も当然悪影響が出てくるだろう。」

T「となれば、ここは何としても中国に踏ん張って貰うほか無いかもな。」

M「当然、中国経済は欧州への輸出だけで支えられている訳じゃない為、踏ん張
れる期待はあるんだが・・・。」

T「先行き不透明感強まってきたのは確かだというわけか・・。」

M「来週は米雇用統計への失望感や、欧州危機再燃により、再び軟調になりそう
だが、しっかりと踏ん張れるか注目したい。」

T「そうだな。円高へと進行しているが、ドル円は結構粘っているし、新首相が
決まり来週にも新政権が始まることから期待したいモンだな。」

M「ああ。菅さんお得意の円安誘導でして欲しいモンだ。」

T「来週どういう展開になるのか注目しておきたい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。