(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.19【大幅反発、米金融不安の後退を期待】

2008/09/19 11:11|未分類CM:5
続々と対応策が出まくったNYが大幅高
更に引けてからもダウ先物が暴騰で日本も堅調だけど
ダウ先が上げてる割には上昇はたいしたことない

米ブッシュ大統領 必要ならいかなる措置も講じる
2008年09月19日(金) 09時31分
米ブッシュ大統領は、金融システムの信頼を揺るがす危機の直面に関して、「市場の安定化に必要ならいかなる措置も講じる」との考えを示したとブルームバーグが報じている。ブッシュ大統領は、「米国民は、政府当局者が引き続き金融市場の強化と安定および投資家の信頼感の改善に向けて行動するとおもっていい」と演説したとしている。

09月19日10時17分
時間外取引でNYダウ大幅高、米株先物は全面高へ
 FRB議長などによる金融危機の打開に向けた協議が断続的に実施されている。それを好感した動きで、時間外で取引されているNYダウの先物は200ドルを超える上昇をたどっている。また、S&Pやナスダックなどの先物も高く、米株の先物は現在全面高の様相。


しかも円がめちゃんこ安い
昨日104.05円でドル買って
幻の103円台でロスカットしたのは何だったの
20080919025540.jpg

ちょっ、場中にやめて

human21 民事再生手続き開始
2008年09月19日(金) 14時41分
Human21<8937>は、民事再生手続き開始と発表した。負債総額は464億円。

あんまり影響なかったけどね
ってかずっと新興不動産が弱かったのはこの影響だったのか

先物、踏みすぎ
ってか商社も海運もめっちゃんこ上がってるじゃん
今日買うより昨日買うほうが正解だろ
昨日上げろよ

一旦月曜押してくれなきゃ買えないぞ
ぬるぬるっと12000くらいまで簡単に戻しちゃう様な気もするけど


株式オープニングコメント
これだけやったらさすがに上がるだろう

 18日のNY市場は大幅反発。ダウ平均は410.03ドル高の11019.69、ナスダックは
100.25ポイント高の2199.10で取引を終了した。朝方はCP(コマーシャルペーパー)に
よる資金調達が難航しているとの観測から信託銀行各社に売りが広がった。しか
し、米SECが全銘柄に空売り規制措置、英規制当局が来年1月中旬まで金融株の空
売りを全面禁止したほか、ポールソン財務長官が整理信託公社(RTC)型の対策を発
表するとの思惑から引けにかけて急反発する展開となった。セクター別では銀行や
不動産を中心に全面高となった。シカゴ225先物清算値は大証比350円高の11760円。
ADRの日本株は富士フイルム、コマツ、日電産、松下、ソニー、京セラ、トヨ
タ、キヤノン、みずほFGなど対東証比較(1ドル105.55円換算)で全般堅調。
 昨夕の日銀、FRB、ECBなど日米欧の6カ国・地域の中央銀行による総額1800
億ドルのスワップ協調行動のほか、米SECによる全銘柄対象・英規制当局による
金融株への空売り規制措置、米国版整理回収機構設立観測に加え、ロシアでは総額2
兆円規模の株式買い支え策、中国では国有投資会社に対する銀行株買い増し指示や
先行き第2次、第3次の利下げ示唆など、「これだけやったらさすがに上がるだろ
う」といったところである。昨日下げを主導していた金融関連主導により、日経平
均は前日の下落分を吸収してくることになろう。ただ、これまでの動きをみても外
部要因を受けて寄り付き段階で大きく振れ、その後は先物ベースで100-150円レベル
の価格範囲内でのこう着が続いている。本日も寄り付き段階で急騰した後は手掛け
づらくなり、アジア株の上昇を意識するとなれば前引け間際に買って、後場寄り付
き辺りで売却するといった短期的な値幅取りとなろう。また、シカゴ先物レベルは
直近割り込んだ3月安値レベルであり、5日線なども位置する。ボリンジャーバンド
のマイナス2σも位置しているため、これらが上値抵抗線として意識されるほか、テ
クニカルリバウンドの範囲内となるため、積極的な上値追いもしづらいところであ
ろう。
 各国の金融システム安定化策を好感するものの、過去日本が経験したように金融
正常化には長い時間がかかるため、金融不安払拭というよりは金融不安後退に向け
た取り組みを評価といったところにとどまろう。戻りの鈍さが意識され始めると、
玉切れで次の一手(対策)への期待も後退する中、不安定な相場へ向かってしまう
可能性もありそうだ。昨日は金融のほか、主力大型株の下げが目立っていたが、A
IGの政府救済もあって海外勢による売りなども出てきていると考えられる。ま
た、空売り規制で買い戻しを入れた場合には、買っていたものは売却で相殺させる
可能性もあるため、日本への波及を想定すると流れとしてはディフェンシブ系で需
給妙味の大きいところへの買い戻しを狙ったスタンスが続くとみられる。

株式ランチタイムコメント
空売り禁止ならヘッジ対象は?

 世界的な金融システム安定化に向けた流れを受けて金融関連株主導でリバウンド
基調を強めており、378.90円高の11868.20円(出来高概算12億2000万株)で前場の
取引を終えている。日経平均は5日線が位置する11800円近辺で戻り一服の動きをみ
せていたが、アジア市場の急騰のほか、米SECが追加の規制措置を検討している
と伝えられていることなどが刺激となり、前引けにかけてやや上げ幅を広げてきて
いる。セクターでは銀行、保険、証券、ノンバンクなど金融関連のほか、海運、鉄
鋼など売り込まれていた銘柄のリバウンドが目立つ。一方、パルプ紙、水産農林、
電力ガス、医薬品、陸運、食品といったディフェンシブ系は冴えない。東証1部の騰
落銘柄は値上り1064に対して値下がり588、変わらず66と値上り数が全体の6割を占
めている。規模別指数では昨日下げが目立っていた大型株指数の上昇が目立ってい
る。
 これだけ各国で対策を打ち出してくれば、いやでも上がるであろう。ただ、上昇
を主導している金融関連の多くがストップ高で張り付いてくるようであれば安心感
につながろうが、その動きが出てこないとなると不安感の払拭にはつながらない。
米SECが空売り規制から一時的な空売り禁止へ動き出しそうであり、波及効果か
ら目先リバウンド基調が続きそうであるが、オーバーナイトのポジションは取りづ
らい状況は変わらず、海外など外部要因に振らされる流れが続きそうである。底打
ち確認の意味合いから、まずは金融関連の多くがストップ高を付けてくるかが目先
注目されるところであろう。一方、米国が一時的にも空売り禁止ともなればヘッジ
対象を見つけなければならず、対象として日本への売り圧力が強まる可能性も意識
して置く必要がありそうだ。

株式クロージングコメント
底打ち意識もオーバーナイトできず

 日経平均は大幅反発。431.56円高の11920.86円(出来高概算26億3000万株)で取
引を終えている。世界的な金融システム安定化に向けた流れを受けて金融関連株主
導でリバウンド基調を強め、5日線が位置する11800円近辺で戻り一服の動きをみせ
ていたが、アジア市場の急騰のほか、米SECが追加の規制措置を検討していると
伝えられていることなどが刺激となり、大引けにかけて再び上げ幅を広げている。
セクターではメガバンクや損保の一角にストップ高が相次ぐなど、銀行、保険、証
券、ノンバンクといった金融関連のほか、海運、鉄鋼など売り込まれていた銘柄の
リバウンドが目立っていた。
 米SECが空売り規制から一時的な空売り禁止へ動き出しそうであり、波及効果
から目先リバウンド基調が続きそうであり、金融関連株へのリバウンドの流れが続
く可能性が出てきている。本日の引け味は良いため、今晩の米国市場が一段高とな
るようならば、目先的な底打ち感も次第に強まってきそうである。ただし、来週は
祝日を挟むほか、期末要因から積極的な売買は手控えられることが考えられる。そ
のため、米国などの動向に左右させられるほか、海外資金の影響を受けることにな
ろう。底打ち意識が出てきたとしても、オーバーナイトのポジションは取りづらい
状況は変わらなさそうである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均11920.86 +431.56
TOPIX1149.12 +51.44
東証2部指数2444.42 +27.33
日経ジャスダック平均1302.20 +12.76
マザーズ指数447.79 +7.53
ヘラクレス指数688.26 +4.68
東証1部出来高26.33億株
東証1部騰落レシオ84.61%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅上昇。米政府が不良債権買い取り機関を設立検討という報
道を好感して金融株中心に買い戻されほぼ全面高状態に。為替も円安で返ってき
ており日経平均も大幅高で始まる。寄り後もしっかりの展開で、今まで売り込ま
れていた景気敏感株中心に買い戻され終始しっかりの展開。時間外で米先物が大
きく上昇していたことも安心感に。後場には日経平均一段高となり見事な高値引
け。日経先物の主な買い越し証券はGS、JPモルガン、野村、メリル、UBS、ドイツ、
BNPパリバ、岡三、クレディスイス、立花、三菱UFJ、水戸、モルガンS。売り越し
はリーマン、ニューエッジ、楽天、松井、カブコム、SBI、大和、トレイダーズな
ど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
4314ダヴィンチ 39950円 -2600
朝方は地合の影響もあって堅調だったが、後場にはマイナスに転じて軟調推移。
今日は不動産ファンド株に軟調なものが目立っている。大和が同社株や4321ケネ
ディクスの投資判断を格下げしており、それを嫌気されているとの声も。また週
末と言うこともネックとなっているようだ。大引け間際には8937Human21が
民事再生法申請との発表をしており、まだまだ新興系不動産企業は破綻懸念が拭
えていないと・・・。

5401新日鐵 442円 +43
大幅反発。昨日は年初来安値を更新していたが、今日は大きく反発。全体的に地
合の底入れ感が昨晩の米国市場の動向からも強まっており、買い戻しや見直し買
いが全体的に強まっている。特に最近は鉄鋼、商社株などの売り込まれ方が大き
く、今日はそれらが大きく上昇している。中国が株取得の際にかかる印紙税を廃
止と発表しており本格的に株価対策に動き出しており、その影響もあって今日は
中国株派手に暴騰していることも、鉄鋼、商社、海運株などの新興国関連株には
追い風になっているとの見方もあるようだ。

4847インテリジェントウェイヴ 21500円 -3000
ストップ安。7912大日本印刷が同社に対してTOBを実施していたが、それが不
成立に終わったと発表。応募数が買い付け予定数に達しなかったため。TOB価
格は29740円だったが、その価格では多くの株主が不服のようだ。取りあえずTO
B終了してしまい不成立に終わったことから今日は失望売りが出ている模様。た
だ売り一巡後は、再び買われる期待は強いと見る向きは多い。

8031三井物産 1551円 +193
大幅上昇。今日は商社株が総じて堅調。原油相場の下落や地合悪化によって随分
と売り込まれており、低PER、高配当利回り状況になっている商社株も目立つ。
ただここに来て原油相場の下げ止まり感が見られてきたことや、地合が大きく改
善してきたことから見直し買いが商社株に集まっているようだ。中間配当の権利
取りも間もないだけに、長期資金も買いに来ているとの見方。ここからの押し目
は買いだと見る向き多い。

7956ピジョン 2775円 -140
大幅安。特に悪材料は見当たらないが、最近地合に反して逆行高してきただけに、
急いで買い向かう投資家は乏しい模様。今日は地合の流れが大きく変化してきた
ことからポジション整理により、利益乗っている銘柄を売り、売られすぎた銘柄
を買うという向きも多い。また今日提出された大量保有報告書でAIGインベストメ
ンツが新規で大量保有していることが判明。今後売ってくるとの思惑も売り材料
にされたのではと・・・。

===============
◆◇9/22(月)の主な予定!◇◆
===============
自民党総裁選・投開票
7月全産業活動指数(8:50)
8月全国スーパー売上(14:00)
8月コンビニ売上高(16:00)
金融政策決定会合議事要旨
東栄住宅など決算発表
国際原子力機関理事会(ウィーン~26日)

9月19日(金)

H「日経平均は爆上げだ。こりゃ完全に流れ変わったろ。」

K「そのようだな。チャート的にも取りあえず底打ち感は出ていると言える。大底になるか、一時的な底なのかは現状ではまだ判断出来ないが、取りあえず流れが変わったのは間違いない。」

H「まあ昨日の後場の戻しからも、期待感はあったが、昨日の米国市場の爆上げが決定的となった。」

K「そうだな。米国もやはり必至だな。公的資金投入した以上、株安を何としても止めたい腹が見え見えだ。まあ当然の事だが、徹底的にやるぞと言う姿勢は好感出来る。」

H「昨晩の米国市場は一時垂れる場面もあったが、米政府が不良債権買い取り組織の設立を検討していると報じられ大きく流れが変わって、それまで売り優勢だった金融株が総じて反発を始めた。それによってダウナスダック共に大幅高に駆け上がっている。」

K「これを実際に設立するのであれば、非常に好材料だ。金融機関の損失が今後まだまだ拡大するとの懸念が一気に無くなる。これは大きい。ある意味、金融不安が一気に後退する事になる。」

H「しかし現実的にこのような買い取り組織設立が可能かどうか疑問もある。実際に不良債権買い取りを行うには、かなりの資金が必要だ。米国は、それでなくてもファニーメイやフレディマック、更にAIGと公的資金投入するだけに、米国自体の財務がやばいんじゃないかと言う懸念も出てくる。」

K「確かにその懸念はあるけどな。しかし完全に捨てる金でも無いし懸念はされるものの、問題はないだろう。」

H「仮に設立出来たとしても、それでも金融不安は後退しないとの見方もある。その理由として既に弱まった資本を回復出来るわけではないとの事だ。確かに損失はこれ以上増えないと言う事になっても、失われた財務は悪化したままだ。脆弱な資本状況ではなんなか立ち直るのも厳しい。」

K「ただ、そうなれば資本注入は比較的に楽に出来る。つまり金を出すところは世界中にいる。今の状況で資本増強が困難なのは、一体幾ら資本を注入すれば良いのか解らない為だ。増資を引き受けても、更に損失拡大によって再び資本が衰えてしまえば、出資した向きにしてみれば無駄になる。その場凌ぎの為に金を捨てているようなモンだ。」

H「なるほど。不良債権買い取りの組織が出来れば、それを買い取って貰うことによって損失が確定する。そうなれば、幾ら資本を入れれば良いか解る訳だな。もう損失拡大しないだけに、比較的に安心して出資出来るわけだ。」

K「ああ。そうなれば出資する向きは恐らくかなりいるだろう。だからこれが実現すれば金融不安はかなりの確率で後退する事になる。」

H「金融不安が完全に後退すれば、徐々に景気回復期待が強まってくるからな。ただ実現には色々と問題もありそうで、そう簡単には出来そうもないとの見方も多い。」

K「確かにそうだが、取りあえずは安心感出たのは間違いなく、来週は戻り相場が期待出来るんじゃないか・・。」

H「そうなればいいけどな。まずは今晩の米国市場がしっかりと上昇出来るかどうかだろう。」

K「まあ今日は終始時間外で、米先物大きく上昇していたからな。恐らく昨日の米国市場の上昇だけでは、まだ消化不足だ。不良債権買い取りの組織設立を検討しているとの報道が出たのが、昨晩の後半だっただけに、完全には織り込まれていないといえる。今晩の米国市場で織り込みに来るだけに、しっかりと上昇するのは間違いないだろう。」

H「今日の日本市場の上昇はある程度は、今晩の米国市場の上昇も織り込まれているだろうから、どの程度上げられるかだな。」

K「ただ今晩の米国市場が期待通り上げれば、素直に来週の日本市場も続伸するだろう。確かに今晩の米国市場の上昇も織り込まれた面もあるが、完全に織り込まれているとは言えない。週末と言う事から様子見した向きもいるだろうし、昨日年初来安値更新しており投資家の多くは疑心暗鬼だ。つまり病み上がりだけに、どうしても手控え感がある。」

H「なるほど。これだけ上げても、まだまだ控え目だと言う事か。」

K「ああ。更に言えば、今日の先物手口見ると何とリーマンが12月物を15500枚も売ってきている。破綻後初めて手口に出てきている。売り一手であり、先週末の建玉を見るとロングで15747枚建てていた。恐らくこれを全て返済してきたんだろう。」

H「明らかに損切りだな。3月物もきっちり返済してきたようだ。しかし15500枚の売りとなると、今日の先物の出来高の約10%だ。これはでかい。」

K「ああ。明らかにリーマンの売りが上値を抑えた面もある。これだけ上げているが、それでも上値抑える要因がこれだけあるんだ。来週はまともに考えれば更に上げるという期待は強いだろ。」

H「なるほど。まあ結局は今晩の米国市場次第だけどな。何もなければ恐らく派手に上げそうだが、意外と上げ幅縮小し小幅高程度だと、週明けは微妙な状況になりそうだ。」

K「ただ悪材料でも飛び出さなければ、下げた場面は拾われるだろうし、基本的には戻り相場が続くという見方で良いんじゃないか。怖いのは新たな破綻だな。金融機関に限らず、そこそこ名の通った企業が破綻となれば、再び懸念強まるからな。」

H「まあ細かい地銀などの破綻は、まだまだ米国で出てくるとは思うが、大きなところの破綻はリーマンを最後にして欲しいモンだ。取りあえず今晩の米国市場期待通り派手に続伸となって欲しいモンだな。」
2008.9.19先物チャート
スポンサーサイト
コメント
ミャンコ先生おちち~♪

りそな強いね♪
okuはチキンなので前場で手放しちゃた(´・ε・`)

昨日はユロ円やってて、ドル円忘れてた
ユロ円ちょ~値がとぶから狼狽しちゃう
かきまわされて熱くなっちゃったぜw
しぇんしぇいでも底売りとかあるんだね★なんか安心した

okuもだめ押しの下げでLCされてあがっていくと
心折れてもう買えないもんw
oku #-|2008/09/19(金) 14:48 [ 編集 ]
okuしゃん、おちち~♪
せっかく昨日ここってドル買ったのに
逆指値104に置いたら
ディーラーのウンコやろーに
わざと割らせられて投げさせられた
割った瞬間104.20くらいまで飛んでそのまま上昇v-294

そのあとの初押しとらせていただいて寝たけど
ここまで上がるとは
FX恐ろしいw
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/09/19(金) 20:35 [ 編集 ]
鰯さん、いまだにFXの乱高下の動きが読めないんで
買った瞬間OCO注文出してます。
だから上昇したら勝手に利確
下がれば勝手にロスカット
買うところだけに全力集中してます。

クリックのデモトレってシストレFXかな?
ミャンコ先生。 #sSHoJftA|2008/09/19(金) 20:51 [ 編集 ]
【OCO(オーシーオー)注文】は、「One side done then Cancel the Other order」の略で、片方の注文が成立したら他方の注文は取り消すという意思の注文方法です。

同時に2つの異なる注文を発注することができます。
選択できる注文種別は、【指値】と【逆指値】になります。
ミャンコ先生。 #aIcUnOeo|2008/09/19(金) 20:56 [ 編集 ]
シストレじゃないです。

OCO注文じゃないと金曜のようなときSで入って
LC遅れるとヤバイ感じなので、
OCO必須ですね。

まだ、デモトレですが、
慣れたら1000通貨単位でできそうなとこで、
実弾演習してみるつもりです。
鰯 #-|2008/09/21(日) 16:51 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。