(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.28【3日続伸、米国株高や円高一服など好感】

2010/05/28 11:17|未分類CM:0
円安がキター
ナスダック爆上げキター
昨日は中国がユーロ圏の債券保有を見直しているとの報道を否定で円安に
ってかこういう風説の流布の報道したところは
何かしら責任取るべきだろ

適当に持ち越しを少し利確したが
下げたら買おうっていう感じで全然下がらない
失敗だったか
様子見ながら押し目待ってるけどやることなし
押し目ないのかな

後場
押し目がキター
そして買ったー
引け間際上がったー

なんだかTOPIXが第一生命を組み入れに伴うリバランスとか週末やらなんやらで
他の銘柄が後場に入って必要以上に売られた
リバランスは第一生命を700億円分買って
他のTOPIX銘柄を少しずつ合計700億円分売るパターンのやつね
この需要を先回って買って失敗すると今日の第一生命みたいになる
おっぺけぺー
第一生命 リバランス


[株式オープニングコメント]
終値で9783円クリア出来れば心理好転
 欧州の信用不安への懸念後退からNYダウは大幅高となり、シカゴ先物は9785円
(円建て)で取引を終えている。これにさや寄せするギャップアップからのスタート
が期待されるが、ちょうど週足の一目均衡表の雲上限にあたるため、これをクリア出
来るかが注目されることになる。終値でこれをクリアすることができると、長い下ヒ
ゲを形成しての雲突破となり、テクニカル面でも来週以降のリバウンドムードが強ま
ることになろう。
 そのため、この水準では強弱感が対立しやすいところでもある。欧州不安が後退し
たとはいえ、日々好悪材料に振らされている状況であるほか、北朝鮮問題による地政
学リスク、米軍普天間飛行場の移設問題を巡り、3党首会談を経て今夕に首相記者会
見が予定されている。TOPIXパッシブファンドのリバランスが大引けで行われる
こと、週末要因でオーバーナイトのポジションが取れないことなども動きづらくさせ
よう。公的年金による買いがこのところ観測されているが、押し目は買っても上値追
いは考えづらい面もある。
 終値で9783円クリアなら、1万円の節目やマド下限の10200円、上限の10400円など
が次第に意識されてくる。一方、クリアできないと雲に上値を抑えられる状況から、
雲下限の9100円割れへの警戒はくすぶることになる。 なお、27日のNY市場はダウ
平均は284.54ドル高の10258.99、ナスダックは81.80ポイント高の2277.68。シカゴ
225先物清算値はドル建てが大証比140円高の9790円、円建ては同135円高の9785円。
ADRの日本株はトヨタ、ドコモ、ホンダ、任天堂、三菱商、京セラ、日電産、オリ
ックス、TDK、三菱UFJなど対東証比較(1ドル90.96円換算)で全般堅調だっ
た。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・中国、ユーロ建て債券の保有率引き下げ報道を否定
・NYダウ大幅反発、欧州の信用不安後退で
・半導体株SOX大幅反発、メモリ関連株の上昇目立つ
・欧州株全面高、金融やエネルギーセクター中心に大幅高
・ユーロ円相場、円安進行(112円19銭-23銭)
・NYドル円相場、円安進行(90円86銭-89銭)
・LMEニッケル、反発
・東証REIT指数、小幅続伸

弱気材料
・北朝鮮の地政学リスク
・普天間移設に伴う政局リスク
・ドバイ政府系DIC、債務返済の延期を要請
・NY金相場小幅反落、利益確定売り優勢
・バルチック海運指数、5日ぶり反落

留意事項
・ソフトバンク、米アップル「iPad」の国内代行販売開始
・電子書籍、ソニーや凸版など4社連携で新会社
・政府、北朝鮮に追加制裁へ
・海底油田掘削、米が解禁延期を表明へ
・スペイン、緊縮財政案を僅差で可決
・NY原油先物、大幅続伸(1バレル=74.55ドル)
・NY債券市場、続落(10年債利回り0.168%上昇)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.250%)
・DRAMスポット、変わらず
・4月家計調査
・4月完全失業率、有効求人倍率
・4月消費者物価指数
・英5月GFK消費者信頼感調査
・米4月個人所得、個人支出
・米5月シカゴ購買部協会景気指数
・米5月ミシガン大学消費者マインド指数


[サポート&レジスタンス]
終値            9640
5日移動平均        9633
標準偏差+2σ      11504
先行スパンA       11110
先行スパンB       10638
100日移動平均     10588
25日移動平均      10459
200日移動平均     10352
基準線          10313
転換線           9866
レジスタンス(2)     9806
レジスタンス(1)     9723
ピボット          9559
サポート(1)       9476
標準偏差-2σ       9413
サポート(2)       9312

[ランチタイムコメント]
心理的だが終値の9783円クリアしたいところ
 日経平均は上昇。165.74円高の9805.46円(出来高概算9億9000万株)で前場の取引
を終えた。欧州の信用不安への懸念後退からNYダウは大幅高となり、シカゴ先物は
9785円(円建て)で取引を終えていたこともあり、これにさや寄せするギャップアッ
プからのスタートなった。その後は、テクニカルの反転ポイントとして意識される週
足の一目均衡表の雲上限(9783円)レベルでの攻防が続く中、前引け間際にこの水準
を捉えてきている。
東証1部の騰落銘柄は値上り1412に対して値下り181、変わらず80と、値上り数は全体
の8割を占めている。セクターでは商品相場の上昇もあって、鉱業、石油・石炭など
が上位に位置しているほか、電気機器、機械なども堅調。一方、ディフェンシブ系の
上げ幅は小さい。
 日経平均は心理的な節目を捉えてきている。引き続き、週足の一目均衡表の雲上限
(9783円)を終値でクリア出来るかが注目される。これをクリアすることによって、
調整トレンドの中ではあるが、リバウンドに向う形状がみえてくる。欧州不安が完全
に払拭されているわけではなく、北朝鮮問題による地政学リスク、米軍普天間飛行場
の移設問題を巡る政策リスクなどもある。TOPIXパッシブファンドのリバランス
が大引けで行われること、週末要因でオーバーナイトのポジションが取れないため参
加しづらい状況は続く。
 ただし、積極的なポジションは取れないが故に、ロングにも傾くことなく、ポジシ
ョン調整で大引けにかけて失速する動きもなさそうである。リバランスについても手
当てされている感もある。過度な期待がない分、意外とすんなり雲上限をクリアして
くることもありそうだ。

[クロージング]
3日続伸、米国株高や円高一服など好感
5月28日の日経平均株価は3日続伸。米国株市場の急伸、ユーロ安・円高の一服など、
外部環境の好転を好感した買いが先行し、前場中ごろには上げ幅を180円超へ拡大さ
せた。ただ、週末を迎えているほか、大引けには第一生命<8750>のTOPIX組み入れに
伴うリバランスの影響も警戒され、その後は伸び悩む展開となった。後場は手控え気
分が強まるなか、上げ幅を60円程度まで縮小させる場面があった。大引け概算の日経
平均株価は前日比123.26円高の9762.98円。東証1部市場の売買高は23億1857万株、売
買代金は1兆7762.34億円。騰落銘柄数は値上がり1229、値下がり348、変わらず97。
業種別では電気機器、機械、卸売業などが上昇。一方、電気・ガス、その他金融業な
どが下落。個別ではレナウン<3606>、ファナック<6954>、エルピーダ<6665>、東芝
<6502>などが上昇。一方、オリックス<8591>、第一生命<8750>などが下落。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均9762.98 +123.26
TOPIX878.52 +8.63
東証2部指数2163.78 +29.38
日経ジャスダック平均1254.69 +10.73
マザーズ指数402.04 +3.93
ヘラクレス指数615.41 +14.33
東証1部売買代金1兆7762億円
東証1部出来高23.18億株
東証1部騰落レシオ75.45%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅上昇し、ダウは1万ドルを回復。中国がユーロ圏国債の保
有を見直すとの前日の報道を否定したことから、ユーロが買い戻しの動きに。そ
れにより安心感強まり幅広い銘柄が買われる展開。終始堅調な推移でほぼ高値圏
で引けている。日経平均は米株高と円安を好感して大幅高で始まる展開。ただ週
末と言うことやTOPIXリバランスの売り警戒もあり、上値は追えず揉み合いが続く。
売り込む動きも見られずに底堅い推移が前場引けまで続いたが、後場は手仕舞い
売りに押される展開で日経平均は上げ幅を縮小する展開に。ただ後場後半には買
い戻し優勢の動きとなり、再び上げていく動きに。終値で9800円台は回復できな
かったが、日経平均は2日連続で3桁の上昇で終了。日経先物の主な買い越し証券
はJPモルガン、みずほ、GS、モルガンS、BNPパリバ。売り越しはメリル、ニュー
エッジ、大和、バークレイズ、野村、クレディスイスなど。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
8750第一生命 148100円 -2200
前場から後場寄り直後までは堅調だったが、その後は売り優勢の展開。今日の引
値基準でTOPIXに組み入れられる。それに伴う買い需要は700億円以上と言われて
おり、それに期待した短期資金の買いも入っていた様子。ただ既に上場時から解
りきっていたイベントであり、期間も十分あったことから、ある程度の買い付け
は済んでいると思われる。それだけに今日は期待先行で買われたが、上値追えな
い為、短期資金による見切り売りが後場出て来たようだ。大引けに前には乱高下
するも結局引けは売り優勢となり安値引け。

3606レナウン 299円 +70
大幅上昇で年初来高値を更新。後場にはストップ高まで買われる場面も見られた。
引き続き、中国企業傘下入りとなることへの期待感から物色されている。去年6月
に8202ラオックスが中国企業傘下入りを発表した時、随分と派手な相場を演じて
いる事から、同社株もそうなるのではという思惑もある様子。一部ではチャイナ
マネーが買っているとの噂も出ているようだ。ただ短期資金も非常に多いと思わ
れるだけに、相場続くとしても乱高下は必至だと・・・。

8574プロミス 631円 -10
前場大幅高となっていたものの、後場に入って急失速。逆に大幅安の水準まで売
り込まれている。前場引け後にムーディーズが同社の長期発行体格付けと無担保
債務格付けをBa1まで2ノッチ引き下げたと発表。これにより来月完全施行される
予定の改正貸金業法への警戒が再燃したようだ。デイトレ的な空売りも多いとは
いえるが、先行き不安から手仕舞いに動いてきた向きも多い様子。この影響でそ
の他金融株が後場総じて軟調に。

2792ハニーズ 1045円 +100
大幅上昇で4/13に付けた年初来高値射程圏まで迫る場面も見られた。ドイツ証券
が同社の投資判断を新規でBUYとし目標株価を1350円にしたことが材料視されて
いる。今期(2011.5月期)は4期ぶりに増益転換し、来期(2012.5月期)も増益
続けると予想しているようだ。昨日は配当と優待の権利落ち日で下落していたが、
早くも権利落ちを埋める格好。ただ来週には月次売上高発表もあることから積極
的に上値は買いにくいとの見方も多い。まずは上値追うより1000円を固めるのが
先だと・・。

3858ユビキタス 224000円 +6500
上値重い展開。昨日から反転基調の動きとなっており、今日も買い集めていたも
のの、上値追いは限定的。人気株だけに下げの過程で個人投資家の押し目買いも
結構入っていたと思われ、戻り売り圧力も強いようだ。2月、3月、4月と派手な
相場を魅せてきただけに、暫くは日柄調整が必要だと見る向き多い。それだけに
リバウンド後は、再度20万円割れとなる場面も出てくるのではと・・・。株価が
落ち着いて横ばいの動きになってからでも仕込みは遅くないとの声も。

===============
◆◇5/31(月)の主な予定!◇◆
===============
4月鉱工業生産(8:50)
4月毎月勤労統計(10:30)
4月自動車生産(13:00)
4月住宅着工戸数(14:00)
くらコーポ、パーク24など決算発表
米国・英国市場休場
インド1-3月期GDP
2010年日中経済協力会議(~6/1 中国・瀋陽)
第2回ASEAN・湾岸協力会議(GCC)外相会合(~6/1 シンガポール)
[動いた株・出来た株]

*ネクスト<2120> 70600 +5900
中小型不動産株のリバウンドなども支えに押し目買いへ。

*アインファーマ<9627> 3270 +271
TOPIXリバランスで組入れ需要が発生。

*メガネトップ<7541> 622 +42
月次発表接近で期待感も優勢に。

*GMOペイメント<3769> 143800 +9700
リバウンドを狙った短期資金の値幅取り商いも。

*第一パン<2215> 113 +7
100円水準を下値支持線として意識へ。

*AOKI<8214> 1314 +80
ハニーズやパルなどがドイツの買い推奨で人気化したことも。

*横河ブリ<5911> 540 +32
500円レベルを支持線として意識も。

*黒田電気<7517> 1269 -55
前日リバウンドもすかさず戻り売り、直近では岡三が格下げ。

*ユニデン<6815> 251 -9
信用買い方の戻り売り圧力も強い状況か。

*タカラレーベン<8897> 361 -11
決算説明会など受けてのリバウンドの反動も。



(前場)
*レナウン<3606> 290 +61
全体相場の反発も背景に、買戻しの動きが優勢となる。

*ハニーズ<2792> 1075 +130
ドイツでは新規に「バイ」、1350円目標とする。

*パル<2726> 3350 +379
ドイツでは新規に「バイ」、4600円目標とする。

*ユニダックス<9897> 711 +79
TOB価格720円に鞘寄せの動きが続く。

*ルック<8029> 167 +17
レナウンの急伸がリバウンドの手掛かり材料にもつながる。

*日信工業<7230> 1471 +144
シティでは「1H」に格上げ、1810円目標とする。

*アイフル<8515> 119 +11
世界的な株価反発を受けて信用収縮懸念も低下の方向で。

*山善<8051> 384 +34
株式新聞が取り上げ評価高める動きにつながる。

*日本無線<6751> 211 +18
防衛関連の出遅れ的位置づけも反発材料か。

*神栄<3004> 159 +12
株式新聞では注目銘柄に取り上げている。

*大阪チタ<5726> 3105 +218
資源価格上昇でリバウンド期待、ファンドの買戻しも。

*AOC HLDG<5017> 607 +42
原油高メリット銘柄として原油市況の急伸に反応へ。

*ジャフコ<8595> 2545 +168
マザーズ指数なども急伸の展開となっており。

*日本ケミコン<6997> 368 +24
GSでは430円目標で投資判断「買い」を継続。

*クレハ<4023> 461 +30
東海東京では投資判断を「4」から「3」に格上げ。

*東洋電機製造<6505> 492 +32
新規材料観測されず、突っ込み警戒感からの自律反発狙い。

*カルソカンセイ<7248> 277 +18
みずほでは目標株価を340円から380円に引き上げ。

*NOK<7240> 1477 +95
一昨日にメリルがレポート、第1四半期発表時にも上方修正の可能性と。

*エルピーダ<6665> 1673 +95
半導体株高の流れに乗り、リバウンドが鮮明化へ。

*三井金属<5706> 267 +15
UBSでは投資判断「バイ」に格上げ、330円目標とする。

*スクリーン<7735> 432 +24
半導体株高のなか、足元で下げの目立った関連銘柄として。

*大京<8840> 182 +10
穴吹工務店を支援との報道も買い材料につながる。

*アコーディアG<2131> 89700 -2000
特に材料は観測されないが、リバウンド狙いの対象とはならず。

*キョーリン<4569> 1224 -21
前日にはシティが目標株価を引き下げている。

*四国銀行<8387> 268 -4
地銀株にはバスケット売りと見られる動きも。

*キャンドゥ<2698> 93200 -1200
権利落ちに伴う処分売りの動きが継続へ。

*河西工業<7256> 313 -4
信用倍率高く個人投資家の戻り売りか。

*日立製作所<6501> 374 +6
今年度調達費2000億円圧縮と伝わる。

*東芝<6502> 474 +12
全体相場リバウンドのなか半導体関連の上昇目立つ。

*三菱UFJ<8306> 450 +5
株式市場の上昇により金融株にも買い安心感。

*いすゞ自動車<7202> 287 +7
調整一巡感で改めて好業績評価の動きにも。

*野村HLDG<8604> 575 +6
株式市場の反発基調を好感する動きへ。

*日本電気<6701> 261 +2
三菱UFJの格下げで相対的に鈍い動き。

*日産自動車<7201> 672 +17
円安反転は自動車株の好材料に。

*新日本製鉄<5401> 319 +5
厚板の1万円値上げ報道なども伝わっており。

*マツダ<7261> 237 +9
自動車株のなかでは対ユーロの円安反転ポジティブに。

*DIC<4631> 149 +3
公募売出価格も決定しており徐々に安心感。

*三井化学<4183> 278 +11
景気敏感株の一角として全体相場反発の流れに乗る。

*川崎汽船<9107> 370 +12
バルチック指数下落も資源価格の上昇を受けて。

*東京瓦斯<9531> 400 -4
本日はディフェンシブ系から資金流失へ。

*GSユアサ<6674> 623 +20
調査会社によるリチウム電池の市場予測なども好材料視。

*三井物産<8031> 1329 +26
原油市況の上昇など資源価格の底打ち期待で。

*第一生命<8750> 154200 +3900
本日TOPIX組み入れで短期的な需給期待も。

*トヨタ<7203> 3335 +60
5月の米国販売伸び悩み観測から上げは限定的に。

*キヤノン<7751> 3785 +105
コア銘柄のなかでは輸出比率高く、円安で安心感。

*ファナック<6954> 9680 +440
前日にはCSの強気レポートが話題ともなっていた。

*ソニー<6758> 2869 +81
ユーロ高に加えてPBR水準も1倍割れまで調整で。

*ホンダ<7267> 2790 +15
中国でのストを受けて相対的に伸び悩みへ。

*三菱地所<8802> 1443 +36
みずほでは目標株価を1750円から1800円に引き上げ。

*国際帝石<1605> 574000 +27000
前日の原油市況の大幅上昇が好材料視される。

*NTT<9432> 3735 +10
GSでは「買い」推奨継続も、コンビクションからは削除。

*三井不動産<8801> 1426 +41
みずほでは「アウトP」格上げで1800円目標に。

*コニカミノ<4902> 1029 +31
ユーロ高に加えて、シティが投資判断「1H」に格上げ。

*船井電機<6839> 3640 +185
前日にはドイツが投資判断を「バイ」に格上げしている。

*オムロン<6645> 1938 +71
東海東京では投資判断を「3」から「2」へ格上げ。

*インフォテリア<3853> 116900 +16900
「iPad」の国内発売開始を受け、関連銘柄として短期資金が集中。

*MKCM<2478> 37700カ
今期最終損益は1.5億円の赤字から9300万円の黒字転換見通しとなり。

*スターティア<3393> 295500 +45500
ソニーなどが電子書籍配信の新会社設立で、電子書籍関連として物色。

*セラーテム<4330> 85300カ +15000
引き続き、「iPad」向け製品の提供発表を材料視。

*アクロディア<3823> 92000 +1500
「au」携帯端末の夏モデル8機種に同社製品が搭載されたと発表。

*アイサンテクノ<4667> 168 +24
第三者割当を実施し三菱電が第2位株主となると発表。

*メディア工房<3815> 76700カ
引き続き、上方修正の観測報道を手掛かりとした物色。

*リンク・ワン<2403> 7100 -500
東証が債務超過の猶予期間入りを発表。

*ベリトランス<3749> 54900 +1900
中国向けネット通販の出店企業を50社に倍増させると伝わる。

*京写<6837> 225 +23
株式新聞で取り上げられたことを材料視とも。


2010.5.28先物チャート
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。