(○´_ω`σ)σ 株上等!週+10%で年64倍だべ

壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
http://myankoblog.blog118.fc2.com/

募金

プロフィール


ミャンコ先生。
性別:♂
年齢:30代
デイトレ歴:6年
株メイン口座: 岡三オンライン証券
サブ口座:クリック証券
日経先物口座:クリック証券
夜間口座:松井証券
CFD口座:ひまわりCFD
FX口座:エコトレFX(自動売買)
CX口座:ドットコモディティ
ツール:マーケットスピード
メインPC:Vostro™ 200 ミニタワー
デル株式会社
↑ミャンコのパソコン

FX用ブログ
株ホームページ
旧ブログ

フリーエリア

トップパイロット

※いつか超空中戦を対等に打ち合う予定w
【ミリオントレーダー】
■降臨さん
■株之助さん
■うり坊さん
■ブラックパール船長
■お芋さん
■avexfreakさん
■hiroppiさん
■ほいみさん
■猫戦車さん
■土慈大壱さん
■温泉三昧さん
■ハム太郎ちゃんずさん
■ひろさん
■たいまんせんせい
■ほいみんさん
■ぼんしゃん
■大学中退男さん
■傷だらけの剣士さん
■KKさん
■株ライダーさん
■エスさん
■裏筋さん
■ぱりてきさすさん
■TAKAさん
【目指せミリオントレーダー】
■唄さん
■むらやんさん
■株職人さん
■燃志さん
■テスタさん
■カチコウさん
■上総介さん
■かまぼこさん
■株丸さん
■kazさん
■Qさん
■hirobowさん
■静太さん
■こばやんさん
■おまめさん
■ちーころさん
■Fumiさん
■恒星さん
■のびたさん
■ぎゃくばりおんさん
【先物・OPトレーダー編】
■Larry49さん
■Teraさん
■ひろさん
■ふぐり玉蔵さん
■aiailauさん
■てつやさん
■lark1さん
【為替トレーダー編】
■favoriteさん
■forex2008さん
■YUTOさん
■宴さん
【CFDトレーダー】
■三空さん
【番外編】
■ミミさん
■ぐっちーさん
■heritさん
■yuraku_loveさん
■まりおさん(FX)
■まりおさん(不動産)
■まりおさん(過去)
■タダケンさん
【休止又は不定期】
■D/Aさん
■けむさん
■toppy.jump♂さん
■好転さん
■にゃんすけさん
■pinkさん
■あやのさん
■キュウリさん
■傷だらけの剣士さん
■株鬼さん
■ナオポンさん
■うさぎさん
■runさん
■(Goo・Θ・)ゞ!!さん
■天昇さん
■しょぼくれさん
■ともさん
■homさん
■homさん
■チャレンジマンさん
■きゃんどるさん
■やすのりさん
■武者修行中さん
■TAKA兄ぃさん
■HMさん
■ぷ~太郎さん
■K-1000さん
■boniさん
■KABUJIさん
■びびりおんさん
■ごん助さん
■遅れさん
■だめ男さん
■迅(=゜ω゜)ノさん
■サジタリウスさん
■RINGさん
■ゆきゆさん
■ウタタネさん
■ずれさん
■どぶさん
■ともさん
■nevadaさん
■TAKAさん
【成績報告ページ】
■株式・投資一般板@2ch資産ランキング
■クリックトレードアイランド

お友達~♪

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.14【買い手掛かり材料難から反落】

2010/05/14 11:18|未分類CM:0
下げたほうが強い
意外と地合がいい

アメリカは心理が悪い中小さいレンジでもみあって
引けにかけて売られるパターン
別に理由がない売り
金融が売られて素材が買われたとか

とりあえず買い増しして利確
まだ持ってれば
日本電産こいつヤラシイ動きするんだけど
平均9030で3500株買ってちまちま利確
下げるときはどんどん売られて
リバウンドしだすと止まらない

後場
ツガミ580で一押しを待つか考えてる間に急騰
指しても指しても置いて行かれた
ってなぜ上を買わないのか?
なぜベストを尽くさないのか?

なぜ自分からこけるのか?



[株式オープニングコメント]
売り先行後は底堅さを試す展開か
 本日の日経平均株価は、米国株安を受けた売り先行後は底堅さを試す展開が見込ま
れる。CME日経平均先物の円建て清算値は大証比160円安の10480円で引けた。また
米GLOBEXの主要指数は通常取引で終盤にかけて下げ幅を広げた流れを受け継い
で軟調に推移しており、序盤の日経平均株価はCME円建て清算値からさらに下値を
探る場面もありそうだ。
 13日引け後に今11年3月期の最終損益が500億円の黒字転換を果たす見通しを発表し
たソニー<6758>だが、今期見通しがコンセンサスを大幅に下回る内容だったことから
米預託証券(ADR)が大幅下落(円換算値では約8%下落)となったことも相場の
重しとなりそうだ。為替市場では対ドル・対ユーロともに円高方向へ振れていること
もあり、日経平均株価が下げ渋る場面では、前日安値(10535円)程度に上値が限定
される可能性もある。
 一方、主要企業の今11年3月期見通しは、前期比で大幅な増収増益が相次いでお
り、13日段階での日経平均採用銘柄の予想PERは20.42倍まで低下した。過去のレ
ンジでは決して割安とはいえない水準だが、収益モメンタムを踏まえれば下支え要因
にはつながろう。本日は東証1部上場企業の前10年3月期決算発表がピ-クを迎え、取
引時間中も発表後に乱高下する銘柄が散見されそうだが、好業績銘柄への物色意欲が
高まっていることも総じて下支え要因につながろう。さらに本日は5月限オプション
のSQ算出日に相当するが、終値ベースでSQ値を上回れるかというアノマリーに対
してもポジティブに働くと思われる。
 なお、月13日の米国株市場は大幅反落。NYダウは前日比113.96ドル安の10782.95
ドル。ナスダックは同30.66ポイント安の2394.36ポイント。シカゴ225先物清算値は
ドル建てが大証比145円安の10495円、円建ては同160円安の10480円。ADRの日本株
はトヨタ、NTTドコモ、ホンダ、キヤノン、三井住友、ソニー、京セラ、コマツな
ど対東証比較(1ドル116.97円換算)で全般冴えない。


[株式市場強弱材料]

強気材料
・4月街角景気、現状判断指数は5ヶ月連続で上昇
・4月工作機械受注、前年同月比3.2倍
・半導体製造装置、軒並み受注回復
・LMEニッケル先物、3日ぶり反発
・バルチック海運指数、小幅続伸
・東証REIT指数、3日ぶり反発

弱気材料
・NYダウ反落、ハイテクや小売大手の冴えない決算を嫌気
・米新規失業保険申請件数、市場予想を上回る
・半導体株SOX指数、反落
・シスコシステムズの弱気見通しが米ハイテク株を押し下げ
・ユーロ円相場、円高進行(116円20銭-28銭)
・NY金3日ぶり反落、利益確定売り優勢
・DRAMスポット、反落

留意事項
・5月オプションSQ
・米連邦検察当局、JPモルガンやシティなど6社を捜査
・欧州株まちまち、財政問題と好決算で強弱感が対立
・NYドル円相場(92円72銭-76銭)
・NY原油先物、続落(1バレル=74.40ドル)
・NY債券市場、続落(10年債利回り0.040%下落)
・長期金利、上昇(10年債利回り1.310%)
・ヤクルト、エーザイ、板硝子、住友電、三井住友、みずほなど決算発表
・米4月小売売上高
・米4月鉱工業生産
・米5月ミシガン大学消費者マインド指数
・米3月企業在庫


[サポート&レジスタンス]
終値            10621
5日移動平均        10464
標準偏差+2σ       11576
25日移動平均       10977
先行スパンA        10870
基準線           10833
転換線           10735
レジスタンス(2)     10701
レジスタンス(1)     10661
100日移動平均      10618
ピボット          10598
先行スパンB        10591
サポート(1)       10558
サポート(2)       10496
標準偏差-2σ       10377
200日移動平均      10342

[ランチタイムコメント]
決算で週明けの物色対象を探る動き
 日経平均は下落。170.73円安の10449.82円(出来高概算11億5000万株)で前場の取
引を終えた。米国市場の下げにさや寄せする格好からのギャップダウンで始まり、そ
の後は一時10390.77円まで下げ幅を広げる場面をみせていた。また、為替市場ではユ
ーロ/円が115円台で推移していたことも嫌気売りにつながっている。
 ただ、次第に為替相場も落ち着きをみせ、前引けにかけて先物市場での大口買いな
ども入りSQ値(10435.41円)を回復したこともあって、下げ幅を縮めてきている。
東証1部の騰落銘柄は値上り381に対して値下り1170、変わらず117と、値下り数が全
体の7割を占めている。
 ソニーが大幅安となる一方でアルプスが大幅高となるなど、決算発表や今期見通し
の影響を受けている。決算以外手掛かり材料難であることも影響していようが、材料
出尽くしとならず、明確に好悪の反応がみられている点は物色意欲の強さをうかがわ
せる。
 本日は決算ピークで焦点を絞り切れない面があるが、発表直後の乱高下も、翌日に
は改めて評価する動きもみられている。週末要因から短期的な値ざや取り狙いの商い
が中心ではあるが、週明けの物色対象を探る動きはみられよう。なお、後場のザラバ
中に発表が予定されている銘柄は、分かる範囲でも150社はある。

[クロージング]
買い手掛かり材料難から反落
5月14日の日経平均株価は反落。米国株安に加え、対ユーロを中心とする円高進行、
さらには今11年3月期の業績見通しが嫌気されたソニー<6758>の大幅下落などが重し
となり、序盤から輸出関連株を中心に売りが先行した。日経平均株価は下げ幅を約
230円に広げる場面もあったが、下値圏では値頃感に伴う押し目買いが入った。後場
に入ると、円高がやや一服したほか、アジア株市場の下げが限定的となったことで下
げ渋りを示す場面もみられたが、10500円を上回る水準では再び売りが優勢となっ
た。大引け概算の日経平均株価は前日比158.04円安の10462.51円。東証1部市場の売
買高は25億7032万株、売買代金は1兆8230.39億円。騰落銘柄数は値上がり441、値下
がり1133、変わらず102。
業種別では倉庫・運輸、水産・農林業などが上昇。一方、電気機器、輸送用機器、化
学、精密機器、鉄鋼などが下落。個別ではアルプス電<6770>、パイオニア<6773>など
が上昇。一方、ソニー<6758>、日産自<7201>、三井物<8031>などが下落。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経平均10462.51 -158.04
TOPIX936.45 -11.45
東証2部指数2289.39 -9.37
日経ジャスダック平均1312.07 +1.14
マザーズ指数456.22 -4.22
ヘラクレス指数677.61 -0.23
東証1部売買代金1兆8230億円
東証1部出来高25.70億株
東証1部騰落レシオ90.18%(25日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨晩の米国市場は大幅反落。前日引け後に決算発表したシスコシステムズが売ら
れている事が重しに。また住宅ローン関連商品に関する金融機関への調査が拡大
していることも嫌気され金融株売られている事も重しに。為替も円高進行して返
ってきており、日経平均は大幅安で始まる展開。寄り後も弱含みの展開でSQ値
10435.41円を下回っての推移だったが、更に売り込む動きも限定的で前場引けに
かけSQ値を超えてくる。後場にはSQ値上回った事も買い安心感に繋がり、先物買
い戻しも手伝い日経平均下げ幅縮小する展開。一時10550円台まで戻したものの、
大引けにかけ再度売られて結局大幅安で節目の10500円も割り込んで引けた。日
経先物の主な買い越し証券は、メリル、バークレイズ、立花、JPモルガン、UBS。
売り越しはクレディスイス、ニューエッジ、みずほ、カブコム、モルガンS、
野村など。

=================
◆◇市場筋の噂ウワサうわさ!!◇◆
=================
7915日本写真印刷 2724円 -431
大幅安。昨日発表した決算が嫌気されている。今期見通しは市場コンセンサスを
大きく下回る数字となっている。営業利益は3期連続で減益になる見通し。期待
のタッチパネル事業が価格下落などに伴い収益率が悪化する見通し。先週決算発
表しているタッチパネル関連の7908KIMOTOが大幅下方修正していただけに、同社
への決算は期待されていなかったが、想定以上に厳しい状況だったと・・・。こ
れだけ下げても割安感は感じられないとの見方多く、まだ下値余地ありそうだと。

6758ソニー 2950円 -215
大幅安で久しぶりの3000円割れでの引けに。昨日発表した決算が嫌気されている。
今期見通しは市場コンセンサスを大きく下回っている。欧州財政問題などやユー
ロ安の影響から、かなり保守的な見通しを出すことは警戒されていただけに数字
自体には驚きはないものの、業績計画の前提となる想定為替レートが1ユーロ125
円ということが嫌気されている。為替に関して全く保守的に想定しておらず、そ
れでこの業績見通しはネガティブだと・・。同社は対ドルより対ユーロでの円高
が業績に大きく影響を与えることから、ユーロ安状況は重しとなる。依然として
ユーロ下げ止まり見られていないことから先行き不安も強まっている様子。

6101ツガミ 607円 +50
大幅上昇。昨日発表された工作機械受注が好感されているようだ。同社の受注額
は前月よりは減少したものの45.67億円となっており同社にとっては依然として
高水準。また昨日前場引け後に発表した決算を改めて好感する動きもあるようだ。
昨日は決算発表後は出尽くし的な動きになっていた。今日も朝方は地合の影響も
あり軟調気味で始まったものの、寄り後はしっかりと買われて後場には一段高と
なっている。ディーラーなどの短期資金が集まってきたとの見方も多いが、中長
期資金も入ってきているのではと見る向きも・・・。

4819デジタルガレージ 179500円 -27900
大幅安。昨日同社は第3四半期決算を発表。中間期より赤字拡大している状況で、
通期業績の下方修正も発表した。ツイッター事業への期待感強かっただけに、足
下の業績悪化で見切り売り相次いだようだ。ツイッター利用者が急増し、運営費
が増加したことが下方修正の主な要因。ツイッター事業が収益寄与してくるのは、
早くても来期からというのは周知の事実ながら、来期業績も運営費が圧迫するの
ではという警戒も強まったようだ。今日は200日移動平均線で下げ止まった格好だ
けに、来週以降そのラインを維持できるか注目される。ただ更に下げれば買いた
い向きも多い銘柄だと・・。

5602栗本鉄工所 124円 -44
大幅安。後場ザラバ中に発表した決算を嫌気されている。今期見通しは大幅な減
益見通しであり、最終損益は黒字転換ながら15億円となっており、想定よりも黒
字が小さく失望されているようだ。四季報では最終利益60億円と予測していたこ
とから期待していた向きも多い様子。また同社は資本準備金の減少も発表してお
り、財務懸念を改めて意識された面もあるようだ。この失望決算を受け、空売り
しかけてきた短期資金もいるようでストップ安射程圏まで売られていた。それだ
けにリバウンドもありそうだが、3月から派手に相場作ってきただけに上値のシ
コリも多大だと・・・。

===============
◆◇5/17(月)の主な予定!◇◆
===============
3月機械受注(8:50)
4月企業物価指数(8:50)
4月首都圏・近畿圏マンション販売(13:00)
電通、ゼリア新薬、東洋インキ、eまちタウン、TDF、日本トムソン、ティラド、
アシックス、東日CLG、エンシュウ、ニチイ学館など決算発表
米5月ニューヨーク連銀製造業景気指数(21:30)
米4月ネット長期TICフロー(22:00)
米5月HAHB住宅市場指数(18日2:00)
[動いた株・出来た株]

*IIJ<3774> 245000 +35700
前引け後に上方修正、想定を上回る今期業績見通しを好感で。

*ウッドワン<7898> 327 +39
前日に決算発表、前期実績上ブレで今期は大幅増益見通しに。

*藤倉化成<4620> 539 +64
場中に決算発表、今期営業利益は89%の大幅増益見通しに。

*タクマ<6013> 247 +27
場中に決算発表、今期最終益は約6倍の見通しに。

*バンドー<5195> 311 +26
場中に決算発表、想定を上回る今期業績見通し好感。

*ツガミ<6101> 607 +50
昨日伝わっている4月の工作機械受注も引き続き好調持続で。

*ユニチカ<3103> 85 +7
前引け後に決算発表、今期は想定以上の大幅増益見通しに。

*山一電機<6941> 455 +36
前日に続き人気化、値動きの軽さが短期資金誘うか。

*住友倉庫<9303> 466 +33
前日の取引時間中に発表した決算は従来予想を大きく上回り。

*関西ペイント<4613> 736 +50
場中に決算発表、前期実績は計画比大幅に上ぶれ着地へ。

*栗本鐵工<5602> 124 -44
場中に決算発表、想定外の今期大幅減益見通しに失望売り。

*高田機工<5923> 212 -30
今期は8割超の大幅営業減益見通しとなり。

*大氣社<1979> 1434 -144
場中発表の決算では、前期上ぶれも今期減益見通しに。

*中外炉<1964> 247 -15
場中に決算、今期の経常2ケタ減益見通しを嫌気。

*大チタ<5726> 3270 -190
多結晶シリコン製造設備の操業一時停止の影響など引き続き懸念か。


(前場)
*エイベックス<7860> 1071 +150
昨日発表した好決算を受けてドイツでは「バイ」に格上げ。

*アルプス電気<6770> 819 +96
引き続き一昨日に発表した好決算好感で上値追い。

*ゼクス<8913> 396 +46
本日が四半期報告書の提出予定日となっているが。

*ペガサスミシン<6262> 261 +27
後場に決算発表予定で期待感先行の格好か。

*ベルーナ<9997> 552 +54
昨日決算を発表、今期純利益は倍増の見通しに。

*東洋鋼鈑<5453> 533 +52
前期業績は上ぶれ着地、今期も5割超の営業増益見通しで。

*住友倉庫<9303> 476 +43
前期の実績は従来計画を大幅に上ぶれて着地へ。

*ツカモト<8025> 97 +8
前場半ばに決算発表、最終益の黒字転換見通しなども評価か。

*パイオニア<6773> 360 +28
前日の決算がポジティブインパクト、想定以上の黒字見通し。

*品川リフラクト<5351> 296 +19
前日引け後に決算発表、今期は営業倍増見通しに。

*北川鉄工所<6317> 176 +11
今期の大幅黒字転換見通し受けて短期資金物色へ。

*アイダエンジ<6118> 408 +25
今期の黒字転換見通し受けて買い安心感強まる展開に。

*シロキ工業<7243> 264 +16
前日に決算発表、今期最終損益は2.7倍見通しに。

*日新電機<6641> 513 +31
前日に決算発表、今期は2ケタ増益見通しと想定以上で。

*椿本興業<8052> 230 +13
今期の業績急回復見通しを好感する動きに。

*アサヒHLDG<5857> 1778 +100
前期実績の上ぶれや今期の2ケタ増収増益見通し発表で。

*市光工業<7244> 164 +9
決算発表を控えて今期業績回復期待など思惑視か。

*福田組<1899> 183 +10
第1四半期の決算を発表、営業益は上半期計画を超過へ。

*ユニプレス<5949> 1330 +70
昨日決算発表、実績は従来計画を大きく上ブレで。

*もしもしホット<4708> 2002 +97
前日に決算発表、前期実績は計画を大幅に上ブレへ。

*平和<6412> 934 +42
今期営業利益は前期比2.5倍と想定以上の増益見通しで。

*GMOペイ<3769> 156900 +6900
目立った材料なし、リバウンドに伴う値幅取りの動きが続くか。

*プレス工業<7246> 296 +13
本日の後場に決算発表予定、好業績先取りの動きにも。

*CSK<9737> 514 +20
引き続き、決算を受けての大和レポートなどポジティブに捉え。

*ゴールドクレ<8871> 2358 +88
昨日の決算を受けて、野村では投資判断「2」から「1」格上げ。

*日清食品<2897> 3155 +115
昨日発表の決算を受けて、JPMでは「オーバーW」格上げ。

*カカクコム<2371> 356500 +12500
前日に決算発表、今期も2ケタ増収増益見通しを発表で。

*日本写真印刷<7915> 2767 -388
前日に決算発表、今期営業益は24%減と連続減益見通しとなり。

*タチエス<7239> 978 -133
昨日の決算発表で出尽くし感、今期は減益見通しで。

*日本海洋掘削<1606> 4075 -440
今期の約6割減益見通しに失望売り。

*シスプロカテナ<2317> 64800 -5900
今期業績拡大見通し発表も想定線で出尽くし感先行。

*三井松島産業<1518> 177 -14
前日に決算発表も、今期は27%の営業減益見通しで。

*ソニー<6758> 2958 -207
昨日決算発表、今期大幅増益見通しもコンセンサス水準達せず。

*アルバック<6728> 1962 -128
昨日の決算発表を受けて、JPMでは投資判断を格下げ。

*東光<6801> 140 -9
決算発表後の出尽くし感もあり、信用整理売りの動きに押される。

*三和HLDG<5929> 317 -18
決算受けて前日は長い上ヒゲ残す格好ともなり。

*帝国ピストン<6463> 728 -40
上値抵抗線では戻り売りに押される格好へ。

*いすゞ<7202> 312 -16
短期的な上昇ピッチの速さに過熱警戒感なども。

*コニカミノルタ<4902> 1059 -54
昨日決算発表、今期増益見通しもコンセンサス届かず。

*東亜道路工業<1882> 159 -8
昨日決算発表、今期の大幅減益見通しを嫌気する。

*サンデン<6444> 305 -15
前日に決算発表、今期は経常2ケタ減益見通しで。

*アサックス<8772> 103000 -5000
プロパストの民事再生法申請などで不動産関連の環境悪改めて認識も。

*日産化学工業<4021> 1163 -56
UBSでは投資判断を「バイ」から「ニュートラル」へ格下げ。

*コジマ<7513> 720 -34
今期は経常減益の公算との観測報道を嫌気で。

*戸田建設<1860> 306 -14
前引け後の決算発表を受けて昨日のゼネコン株の決算内容警戒。

*みずほFG<8411> 163 -2
本日の決算発表控えファイナンスリスク警戒も。

*三菱UFJ<8306> 454 -8
米検察当局の捜査拡大報道などで米金融株軟調。
*長谷工コーポ<1808> 98 +1
今期営業益は約5割の増益見通しとしており。

*JUKI<6440> 176 +6
東証では増担保措置を解除へ。

*第一生命<8750> 160100 +1300
モルガンでは新規「オーバーW」、目標株価25万円とする。

*名村造船<7014> 572 +80
前日に決算発表、大幅増益見通しにサプライズで。

*サノヤス<7020> 413 +30
名村造船の好業績見通し発表が刺激となる。

*オートバクス<9832> 3505 +235
決算と同時に自社株買いの実施なども発表で。

*TOWA<6315> 796 -31
今期の大幅黒字転換見通し発表も出尽くし感。

*プロパスト<3236> 980ウ
民事再生手続開始の申立てが東京地裁に受理されたと発表し失望売り。

*Dガレージ<4819> 183500 -23900
今期営業損益見通しを3億円の黒字から9.7億円の赤字へと下方修正。

*楽天<4755> 70500 -1100
1-3月期営業利益は最高益更新も市場予想通りの内容となり。

*ADワークス<3250> 26800 -2190
連日の年初来高値更新で短期的な過熱感強まり。

*アールテック<4573> 89400 +7000
今期営業利益見通しは前期比40%増となり四季報予想を上ブレ。

*朝日インテック<7747> 1706 +50
第3四半期決算を受け、みずほでは目標株価を2100円から2400円へ。

*フェローテック<6890> 1060 +58
11年3月期営業利益が前期推定比5倍になる見通しとの観測報道を好感。

*ジオマテック<6907> 1019 +107
前期営業利益を従来予想2億8000万円から3億8000万円へと上方修正。

*ガーラ<4777> 51400 -7600
今期営業利益見通しは前期比51%と大幅増益も、四季報予想下ブレとなり。

*ガンホー<3765> 231000 -20800
1-3月期営業利益が前年同期比56%減となったことを嫌気。

*アドエンジ<6260> 265 -21
上期最終損失の大幅拡大を引き続きネガティブ材料視。

*ニューフレア<6256> 128500 -12700
今期営業利益は大幅増益見通しも、コンセンサスである30億円に届かず。
5月14日(金)

H「日経平均は大幅に反落してしまった。しかし派手に下げたり、派手に上げたり忙しいな。」

K「まあ日本だけじゃないけどな・・荒いのは。米国市場も随分と派手に上げ下げしている。前にもいったが今はボラティリティが非常に大きくなっている。それだけ市場心理が不安定な証拠だが、相場も不安定だけにリスクは結構高い状況だ。」

H「そうだな。こんな状況だと安易にオーバーナイトもしにくいよな。売りでも買いでも。」

K「まあ結局はレンジ相場なんだろうけど、そのレンジが依然として定まっていないし、幅も広いし、かなり読みにくい状況だからな。まして不安要素が複数はらんでいるというのもネックだろう。」

H「かといって売り込みにくさもあるからな。足下の業績は懸念するほど悪くはないし、景気だって回復基調は続いている。」

K「ただここに来て先行きは結構不安になってきたと感じる向きも増えている。つまり景気回復も先行き怪しくなってきたと・・・。」

H「確かにそれはあるかもな。ただ、景気が再び悪化に転じるとは言い切れない。それだけに、それを見込んで売り込むにも無理があるだろう。」

K「ただそれを警戒して保有株処分を進める向きは多くなってきているんじゃないのか。取りあえずリスク資産を減らす動きが出てくるのも無理はない。」

H「まあこれだけ懸念要素が多いと確かにそうかもな。」

K「しかし今の状況は下げればまだまだ買いたい向きは多いと言える。それが下値を支える期待はあるが、上値を買っていく向きが乏しいのは確かだな。それに目先上げれば、取りあえず売っておくと言う向きも多いだろう。」

H「となれば、暫くは良くて揉み合いが続くと言う展開か・・。悪ければもう一下げあってから揉み合いとかな。」

K「そうかもな。日本市場の場合は如何せん為替が落ち着かないことには、上値は追っていけないだろう。ドル円は揉み合っているものの、ユーロ売りが依然として止まっておらず、更なるユーロ円の円高進行が懸念される。そう言う状況ではなかなか日本株は買いにくい。」

H「昨日決算発表した6758ソニーだが今期の想定為替レートが1ユーロ125円ということだ。随分と楽観的じゃないのか。多くの企業が1ユーロ120円想定としている中、125円って・・・。」

K「まあ年間通して考えれば、その位が確かに妥当かも知れないが、足下の為替が1ユーロ115円台という状況では、確かに同社株を買いたい向きは乏しいかもな。今がユーロの底だって言うなら別だが、まだ底見えていない状況だからな。」

H「今後どこまでユーロ安が進むか見極めないことには確かに動きにくい。」

K「しかも欧州財政懸念が払拭されたわけではないからな。度々、安心感出てもその安心感が続かない。それだけ根深い問題だと言うことだろう。」

H「それに加えて金融機関問題だよな。昨日の米国市場の下落要因はやっぱり主にはそれだろう。ここに来て相次いで金融機関を調査する動きが出て来ているからな。」

K「ああ。米政府はここぞとばかりに徹底的に金融機関を叩く気かもな。ようはゴールドマン訴追問題がいよいよ本格的に広がってきたといえる。このまま更に拡大していくのか、フェードアウトしていくのか注目される。」

H「それによって今後の地合動向も大きく変わるな。」

K「まあフェードアウトしていくとは思えないけどな。やはりこの問題の幕引きは金融規制改革案の成立だろう。どの程度の内容で成立するかは不透明だけどな。それまでは、この問題更に拡大していくか、懸念として燻り続けることになるんじゃないのか。」

H「結局、欧州財政懸念もそうだが、金融機関問題も当面燻り続けると言う訳か・・・。」

K「ある意味、爆弾だよな。いつ爆発しても不思議がない爆弾だ。今後徐々に市場心理が良くなって相場もある程度戻したとしても、いきなりそれらが爆発する恐れがあると言うことだ。」

H「まあそれは仕方ないからな。とにかくまずは落ち着いて欲しいもンだが・・。」

K「取りあえず欧州財政懸念は来週のギリシャ債大量償還を無事通過すれば落ち着くと期待されているが、ここに来て欧州の景気悪化が警戒されて来ている。足下の景気はまだ悪化していないが、今後実際に悪化が見えてくるようだと結構厳しい。」

H「まあ、財政破綻しないようギリシャだけでなく、スペインやポルトガルが赤字削減策などを打ち出しているだけに、当然景気には悪影響だからな。」

K「今までは景気の良さが、相場を支えていた面もあるだけに、これで景気悪化懸念強まるようだと、一体相場は何が支えるんだ?」

H「だよな。ただ欧州の景気悪化しても、新興国や米国経済への悪影響は限定的では?」

K「そんな事は絶対にない。米国も中国も欧州への輸出比率も高く、欧州経済の悪化は当然米国経済や中国経済に悪影響を受ける。そうなれば日本経済も当然悪影響を受けることになる。」

H「まあそうだな。とにかく景気悪化懸念強まるようだと、今後の流れが大きく変わるだけに注意が必要だな。」

K「ああ。取りあえず今晩の欧米市場どういう結果で終えるのか注目しておきたい。欧州市場は景気悪化懸念により随分と下げているが、米国市場までこのムード引き継がれるとやっかいだな。」

H「そうだな。為替も現状円高進行しているだけに、なんとか明日朝まで戻して欲しいもンだな。まあ今晩どういう展開になるのか注目したい。」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

経済指標カレンダー

フリーエリア

日経平均
日経平均
マザーズ指数
マザーズ指数
OCN
image

ニュース

リンク

このブログをリンクに追加する

トレードバイブル


カリスマトレーダーと言われてる人たちが書いた本を買う金があるなら
この本1冊買ったほうが良い
即効性は薄いかもしれないが
どうすれば勝てるトレーダーなれるかが書いてある
『損失を避けることは出来ない、いかに損失をコントロールするかで勝てるトレーダーかが決まる』
トレーディングにおける7つの大罪
1、『すぐに損きり出来ないこと』
2、『利益を勘定すること』
3、『時間軸を変更すること』
4、『より多くを知ろうとすること』
5、『過度に自己満足に陥ること』
6、『間違った勝ち方をすること』
7、『正当化』
など

絶版本が復刻。

人の心はいついの世も変わらず、
変わるのは人々の顔ぶれであり、
財布の中身であり、
カモにされる連中であり、
株価を操ろうとする連中であり、
戦争であり、
天災であり、
技術である。
しかし、
そうした要素が以下に変化しようと、
株式市場は変わらない。
人の心が変わらず、
人の心こそが市場を動かすとすれば、
市場もまたいつの世も変わらないのだ。
市場の動きに理屈はない。
経済学で動くわけでもないし、
理論に従って動くものでもない。
市場を動かすのは人間の感情にほかならず、
なぜかといえば、
人々はなし得るほとんどすべてのことを市場に持ち込むからだ。
・・・『はじめに』からの一文
1

逆アクセス

QRコード

QR

 |  未分類 | 株のこと | 決算 | 優待 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 壁]ω・)ニヤ 今日のミャンコ(デイトレ&スイング)
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。